ギガライト ギガライト2 違い。 【繰り越しはなし?】ドコモのギガライトのメリット|ギガライト2との違いまで徹底解説

ドコモの新プラン・ギガホとギガライトは本当に安いか旧プランと比較!

ギガライト ギガライト2 違い

変えないほうがよかったり、変えるときの注意点を今回はまとめていくよ。 現在のプランより安くなる• 現在のプランの方が安い 単純にこれだけですが何がポイントになるのか解説します。 dカードはドコモが発行しているVisaまたはMasterのクレジットカードで年会費0円なので基本的にデメリットはありません。 月々の料金が高くなるなら無理に変える必要はありません。 申込みは• でのオンライン手続き• インフォメーションセンター 151• ドコモショップ店頭 でのいずれかで可能です。 今からプラン変更をしてすぐに解約しようと思っても、即時で安くならないので気をつけましょう。 解約をしなければ違約金は発生しないので、無理に高いプランにすると無駄な料金を払ってしまうことになります。 例外として、次回更新月から数ヶ月で解約や乗り換えをする予定があるなら変えてもいい程度に考えておきましょう。 適正化どうかの確認はを利用すると割と正確な結果が出ます。 つまり最初から解約金が1,000円になるため、気に入らなければ乗り換えや解約がしやすくなっています。 しかし、短期解約は次回以降ドコモを契約できなくなる恐れがあるため注意が必要です。 つまりキャリアを行ったり来たりすれば得だったわけで、それを短期間に繰り返すと契約不可になりました。 「ドコモ 短期解約」などで検索するとでてきますが、特別な理由がない以上は短期解約は控えましょう。 大まかに下記7つは熱いキャンペーンなので必見です。 公式サイトへのリンクを貼っていますが、別途記事にまとめているものをその下で紹介します。 Amazonプライムはこちらの記事でまとめています。 まとめ• プラン変更の場合は更新月をすぎるまで違約金は9,500円• 違約金が1,000円、dカードを支払いにしていれば0円なので乗り換えしやすい• 短期で乗り換えを繰り返すことはNG 今まで自分でプランを最安になるよう組み込んでいなければ安くなる可能性もあるので一度診断をしてみるといいかもしれません。 格安SIM等に乗り換えを検討している方は現在の更新月に注意しましょう。

次の

【2020年7月版】docomo(ドコモ) 最新料金プランまとめ!

ギガライト ギガライト2 違い

2019年10月1日より提供開始されている、新しいギガホ、新しいギガライトへの変更手続きを実施してみました。 私が元々利用しているのはギガホですが、今回は ギガホ2ではなく、「 ギガライト2」へと変更してみることにしました。 10月以降、旧プランであるカケホーダイプランなどから変更される場合には、ギガホ2/ギガライト2のみが選択できる形となり、旧ギガホ/ギガライトは選択できなくなりました。 そもそも何が違うのか、どう変わるのか、どういう風に変更手続きをすればいいのか、詳しく解説していきます。 関連記事:「」 目次• ギガホとギガホ2/ギガライトとギガライト2の違い 2019年9月30日まで提供されていたギガホ/ギガライトと、10月1日以降に開始されたギガホ2/ギガライト2は、それぞれどういう違いがあるのでしょうか。 基本的なプランの料金についてはどちらも全く変わりはないのですが、変わった点として、 2年定期契約を選択した際の解約金、そして2年定期契約を選択しなかった場合の月額料金が異なります。 以下の通りです。 また、dカード/dカード GOLDを所有している場合には、定期契約を選択しなくても、月額料金が170円アップすることなくそのままの料金で利用し続けることができるため、メリットはより大きいです。 まったく縛られることなく、いつ解約しても解約金がかからない状態にしつつ、料金はそのまま維持することができる、というわけです。 仮にdカード/dカード GOLDを所有していなかったとしても、月額料金が170円アップしても問題ないなら、2年定期契約を利用せず解約金なしの状態で利用することも可能です。 とはいえ、早々にドコモを解約することは考えていない、という人が大半でしょうから、旧ギガホ/ギガライトを利用していても慌てて変更する必要はないようにも思えると思います。 それはその通りなのですが、注意したい点としては、 仮にギガホ2/ギガライト2への変更をしたとしても、次の更新期間まで現状の解約金は留保される、という点です。 つまり、今すぐ私がギガホからギガホ2に変更したとしても、解約金は次の更新月までに解約をするとそのまま9,500円かかってしまう、というわけです。 そして、 次の2年定期契約期間に入る前までにギガホ2/ギガライト2への変更をしておかないと、また2年、解約金9,500円のままで契約が延長されてしまう、というのが最も気を付けたいポイントです。 そういう意味で、更新月によってはすぐに急いで変更手続きをしておいが方がいい人もいる、ということです。 仮にすぐにギガホ2/ギガライト2への変更手続きを実施したとしても、2019年9月までが更新期間で10月から次の2年に入ってしまった人は、最長で約2年、 解約金9,500円がかかる状態が続くことになります。 まぁ、いずれにしてもドコモの解約を考えていなければ関係ないのですが。 ギガホ2の料金詳細 ドコモのギガホ2の料金詳細を改めて確認します。 以下、すべて税抜価格です。 さらに2020年1月1日からは、 ギガホ増量キャンペーンにより、30GBの容量が60GBへ大幅増量となります。 ギガライト2の料金詳細 ギガライト2の料金を確認します。 以下すべて、税抜価格です。 従来のギガライトのまま利用されている場合は、早めにギガライト2に変更しておきましょう。 ドコモ光セット割は、ギガライトのステップ1では適用なしですが、ステップ2で500円引き、ステップ3、ステップ4では月額1,000円引きになります。 みんなドコモ割は以下の通りです。 1回線 2回線 3回線以上 割引額 なし -500円 -1,000円 割引適用後の料金 ~7GB 5,980円 5,480円 4,980円 ~5GB 4,980円 4,480円 3,980円 ~3GB 3,980円 3,480円 2,980円 ~1GB 2,980円 2,480円 1,980円 3回線以上で1回線あたり1,000円引きになるので非常にお得です。 是非家族で利用したいところですね。 ギガホからギガホ2/ギガライト2への変更方法 ということで、私は解約予定は今のところ全くないのですが、縛られるよりは縛られない方がいいので、早速変更手続きを実施してみました。 まだ手持ちの回線は旧プランであるカケホーダイプランやシェアパック利用回線がほとんどなのですが、1回線だけ先日ギガホに変更したので、その回線でMy docomoにて手続きしました。 ギガライト2/ギガホ2、ギガライト2:2年定期/ギガホ2:2年定期の4パターンから選択ができました。 私は今 ギガホ利用中かつ dカード GOLD所有なので、普通にそのまま変更するなら ギガホ2の定期なし(dカードお支払割が適用するため)ですが、もう容量はそれほど使わないので、 ギガライト2の定期なしを選びました。 ギガホからギガライトなので、翌月適用になりました。 先月中にギガライトへの変更手続きをしておけばよかったですが、まぁ仕方ないです。 注意点として、ギガホ割が終了しますよ、という案内が出てきて、ギガライト2の注意事項が延々と出てきました。 特に私の場合は問題になる点はありませんでしたが、読み飛ばすことなく、しっかりと読んでおきましょう。 その後、非常に重要なポイントが出てきました。 Xiギガホの廃止予約が確定した場合、解約金(10,450円)は契約期間内は保留になります。 解約金保留期間中に回線契約等を行った場合、保留したXiギガホの解約金(10,450円)を請求させていただきます。 解約金保留期間終了月の翌月以降は、Xiギガホの解約金(10,450円)は破棄となります。 先に上で案内した部分ですね。 次の更新期間までに解約をすると、引き続き解約金9,500円(税別)がかかるということです。 ただし、今回「ギガライト2・定期契約なし」に変更することで、次の更新期間以降の解約金は破棄され、解約金なしとなります。 そのまま登録し、これで手続き完了です。 翌月、11月以降はギガライト2となり、定期契約はなしですが、dカードお支払割により、料金は170円アップすることなく2年定期契約ありと同じ水準の料金で利用することができます。 手続きは非常にカンタン・とにかく忘れることにだけ注意! 以上の流れで、旧ギガホ/ギガライトを利用されている方は、簡単にMy docomoから変更手続きができるため、忘れずに早めに実施しておきましょう。 最悪なのは、何度も言いますが手続きを忘れに忘れて、更新月をさらにそのまままたいでしまい、延々と解約金9,500円の状態が継続されてしまう状況です。 それぞれ、以下の各記事も参考にされてください。 ドコモの電話料金をd払いにする、ということはできません。 電話料金はdカード払いのままで問題ないと思います。 d払いを買い物で利用される場合の支払い設定は、dカード GOLD払いにした方が、d払い分とdカード分2重でポイントが獲得できてお得です。 その場合、すべてdカード GOLDの明細の中に、ドコモ電話料金やd払いで利用した決済分も含まれます。 ただ、d払いで利用した分もdカード利用分として明細が出てくるので、どれがd払いなのか、ということは判断がつきませんし、d払いの利用履歴からも追えませんので注意が必要です。 そういう意味では、d払い(dカード支払い)を利用するこということは、そのままdカード決済を使っているのと同じイメージ、と考えていいかもしれません。 つまりdカードの決済履歴にて、すべて管理が可能です。 ちなみに、d払い(電話料金合算払い)にしている場合は、ドコモの利用履歴から追えます。 ちょっと言われている意味がよくわからなかったのですが、ギガライトの表記は公式の案内ページも上記記事も基本的にはすべて「税別」です。 ステップ1なら2年定期ありで2980円(税別)、定期契約なしで3150円(税別)です。 記事内に貼っている、My docomoでの表記時には、税込み価格が記載されたりもしますが、その場合、ギガライト・ステップ1で2年定期ありで3278円(税込)、定期なしで3465円(税込)です。 また、ギガライトが上記基本料金内にISPサービス分の料金(spモード料金)を含んでいるため、330円(税込)が3278円または3465円の中に含まれている、というような記載となりますが、ここは気にする必要はありません。

次の

ドコモの5Gギガホ・5Gギガライトプランまとめ!4Gとの違いや料金・キャンペーン・特徴を徹底解説

ギガライト ギガライト2 違い

2019年6月1日にドコモで新料金プランがスタートします。 その名も「ギガホ」「ギガライト」。 新プランは旧プランから最大4割値下げされているということですが、果たしてそれは本当なのでしょうか? 「プランの内容」や「割引サービス」「5月で新規受付停止するサービス」などを解説すると共に、旧プランや他社との料金比較をして、新プランの実力を検証したいと思います。 2020年1月1日から「ギガホ増量キャンペーン」開始で、「ギガホ」の月間データ量が30GBから60GBに! ( 2019年11月27日更新)• 2つの基本プラン 新料金プラン。 今まで以上にシンプルになりました。 選べるのは この2つだけ。 以前のように、様々なプランからパズルのように組み合わせる必要がなくなりました。 非常に分かりやすくなっています。 では基本プランの中身を紹介しましょう。 SPモード(300円)は6980円に含まれています。 別途、通話代が30秒につき20円かかります。 家族間通話は 無料。 30GBの上限を超えて速度制限がかかった後も、送受信 1Mbpsの速さで利用出来ます。 制限にかかったとしても、webサイトの閲覧やの利用などはストレスなく快適です。 「ギガホ」は、ネットや動画、、ゲームなどを頻繁に使う方にオススメのプランです。 出来ない、遅い ・オンラインゲーム ・などの動画を高画質で見る ・アプリのダウンロード webやLINEなど基本的なことは出来るので、何も出来なかった時よりは遥かに便利です。 「ベーシックパック」と同じような形です。 SPモード(300円)は月額料金に含まれています。 上限は 7GBまで。 上限を超えると、速度制限が入ります(128kbps)。 ギガホとは違い、制限後は128kbpsまで速度が落ちるので、ヘビーユーザーには厳しいです。 「ギガホ」と同じく、通話代が別途30秒に付き20円かかります。 家族間通話は 無料。 動画閲覧やゲームなどを頻繁にするわけじゃない方は、こちらのプランがオススメです。 「ギガライト」まとめ ・毎月のデータ通信量によって、月額料金が変わる従量制プラン(SPモードの料金も含まれる) ・上限は7GB ・7GBを超えた場合、送受信128kbpsになる(旧プランと同じ) ・通話代が別途30秒につき20円かかる(家族間通話は無料) 音声オプション(加入は任意) 基本プランの通話代は 定額ではありません。 30秒につき20円がかかります。 通話をよくする方は音声オプションに加入しましょう。 用意されているオプションは2つ。 「5分通話無料オプション」は、 1回に付き5分以内の通話が無料になるサービスです。 旧プランの「カケホーダイライト」に位置するオプションです。 「かけ放題オプション」は、文字通り 時間回数問わず、かけ放題のサービスです。 旧プランの「カケホーダイ」に位置するオプションです。 加入は 任意なので、普段通話をあまりしない方はオプションに加入しないで大丈夫です。 その他のプラン(、など) 、のプランも2019年6月1日から新しくなります。 各プランの詳細に関しては公式ページをご覧ください。 「プラン名」「プラン内容(2年契約時の月額料金、データ量)」は変わりませんが、 「2年契約時の解約金」と「定期契約なしプラン」が値下げされることになりました。 新プランの対象は「2019年10月1日以降に新プランへ申し込んだ方」です。 新プランの特徴1 2年契約時の解約金が1000円に設定 プランの「ギガホ」「ギガライト」、プランの「ケータイプラン」の2年契約時の契約解除料(解約金)が9500円から 1000円に値下げされます。 更は今まで通り、解約金0円。 解約金が「1000円」に設定されたことで、今まで以上に他社へ乗り換えがしやすくなるので、ユーザーには大きなメリットだといえます。 新プランの特徴2 定期契約なしプランがお得な料金設定に変更 2年契約を結ばない 「定期契約なしプラン」が大幅値下げで、今まで以上にお得な月額料金で利用できるようになりました。 これまで「2年契約プラン」と「定期契約なしプラン」の月額料金では、1500円もの差がありましたが、新プランでは「定期契約なしプラン」が大幅値下げしたことで、わずか 170円と差が非常に小さくなっています。 【注意】 現ユーザーも新プランへ移行可能だが、次の更まで解約金は9500円のまま 2019年9月までに「ギガホ」「ギガライト」に加入している方も、「解約金1000円」の新プランに移行する事が可能です。 移行時に解約金もかかりません。 ただし、 プラン変更した後も次の更までは、変更前に契約していたプランの解約金(9500円)が発生しますのでご注意ください。 ギガホで使える月間データ容量が、なんと 30GBから60GBへ倍増します! これはの「データプラン50GB+」を上回るデータ量なので、非常にお得。 もちろん料金はそのまま。 ギガホ契約者は自動的に適用されます。 プラン契約特典 「会員 1年間無料」 「ギガホ」を契約中の方もしくは新たに契約した方は、 「会員」の特典を1年間無料で利用出来ます。 プライム会員の特典期間について 特典を申し込み後、の会員規約に同意して、利用登録が完了した日から1年間が適用されます。 よくある質問1 「特典終了後はどうなる?」 1年間の特典が終了した後は、会員資格が 自動更新になります(年会費が自動発生)。 特典の利用を終了したい方は、 自分でのサイトから会員登録のキャンセルをする必要があるのでご注意ください。 よくある質問2 「既にプライム会員だけど、対象外なの?」 いいえ。 既にプライム会員の方も特典の対象です。 すでにプライム会員の方は、会員期間が1年間延長されます。 「お支払い割」適用後の月額料金 上の図を見ても分かる通り、(もしくはGOLD)で携帯料金を支払うユーザーは、 常に解約金0円で格安な「2年契約プラン」が使えるということです。 割引サービス2 「ギガホ割」 「ギガホ」を契約した方は、 毎月1000円の割引が 6カ月間適用されます。 4人家族全員で「ギガホ」を契約した場合、毎月の割引額は 4000円になります! 2019年9月30日までのサービスでしたが、10月以降も延長されることになりました。 終了時期は未定です。 割引サービス3 「みんなドコモ割」 同一「ファミリー割引」グループ内(家族内)で、条件を満たした回線数に応じて、各回線ごとに毎月 最大1000円割引されます。 三親等以内の親族であれば、同居や別居問わず、ファミリー割引のグループを組むことが出来ます。 毎月の割引額 割引の対象プラン 「ギガホ」「ギガライト」 回線数のカウント対象にならないプラン 「2in1」「プラス」「プラン」 モデルケース カウント対象は息子の「プラス」を除く3人(3回線)。 つまり、毎月の割引額は1000円となります。 「ギガライト」もしくは「ギガホ」を契約している母と娘に 毎月1000円の割引が適用されます。 父は回線のカウント対象ですが、 「ギガホ」もしくは「ギガライト」を契約していないので、割引されません。 割引サービス4 「ドコモ光セット割」 家族の誰か1人が「ドコモ光」を契約している場合、同一「ファミリー割引」グループ内(家族内)で「ギガホ」「ギガライト」を契約している方に 毎月1000円の割引が適用されます(各回線)。 「パケットパック(旧プラン)」も割引の対象です。 「新規受付が終了するサービス」でも記述しましたが、実は端末割引サービスである「月々サポート」「端末購入サポート」「 with」が廃止されます。 人気機種である「 XZ3」や「 64GB」の場合、「月々サポートなし」では端末価格が 9万1200円と、「月々サポートあり」に比べて3万~5万円ほど高い価格設定となります。 新しい端末割引サービスはないの? あります。 「月々サポート」「端末購入サポート」の代わりとして発表されたのが、「 おかえしプログラム」というサービスです。 新端末割引サービス おかえしプログラム 端末代金が安くなるサービスです。 機種代金を36回払いにして、その後を返却することで、 25か月目以降(残り12回分)の端末代金の支払が不要となります。 プログラムの月額料金は 無料です。 10万8000円のを24か月目で返却した場合 残り12回分(3万6000円)の支払いが免除されるので、実質価格は 7万2000円となります。 開始時期 2019年6月1日(土)~ 対象機種 2019年9月時点の対象機種です(対象機種は今後、入れ替わる予定あり)。 加入条件と割引適用条件 「おかえしプログラム」には、加入条件と割引してもらうための適用条件があります。 ただし、割賦残債務2万円以下の場合は割賦残債務相当額を上限とします) 注意 条件をクリアしないと、「支払い免除ナシ」もしくは「最低2万円がかかってしまう」 タダで12回分の支払いを免除してもらうには、 返却したの返却条件を満たし、かつ査定基準も満たす必要があります。 返却条件を満たさなければ、 支払い免除はナシとなるので端末代金が高くなります。 また、を返却出来ても査定基準を満たさなければ、故障時利用料として 2万円がかかります。 くれぐれも2つの条件にご注意ください。 ・ドコモは新プランと旧プランの2パターンを計算する ・との料金プランも比較対象とする ・は新料金プラン(「新ピタットプラン」「フラットプラン7プラス」「データMAXプラン」)を採用する ・機種変更時の料金を計算する ・端末は「 64GB」を買うとする ・「おかえしプログラム」を適用する ・通話は「かけ放題」とする ・「個人 1GB編」は、「かけ放題」と「かけ放題ナシ」の2パターンで比較 ・学割は適用しない ・「ドコモ光セット割」は付けない ・ドコモの「家族まとめて割」は新プランにも適用されると想定する 比較1 個人 1GB編 個人で毎月1GB使う場合はどうでしょうか? 端末は「 64GB」を例に計算しています。 2年間の合計金額だと旧プランより 5000円以上安い計算。 お得感はそこまで大きくない印象です。 旧プランからの値下げ額が少なかった理由は、 端末代金にあります。 新プランは「おかえしプログラム」が適用されているものの、「」の端末価格は大手3社の中で最も高い価格設定となっています。 また、旧プランに比べると、 2万4200円も値上げされています。 料金プラン自体は 旧プランより新プランの方が安いです。 旧プランからの値下げ率は 2割1分です。 プラン料金だけを見ると、ドコモ新プランはと並んで最もお得です。 旧プランからの値下げ率は 2割9分。 かけ放題プランで比較した時より、 値下げ率がアップしています。 新プランは、「 通話をあまりしない人」にお得なプランだといえます。 に比べると、使えるデータ量が1GB多く、なおかつ2年間の金額は 1万円以上安いです。 旧プランからの値下げ率は 1割9分。 1GBプランより値下げ率は低いです。 プラン料金で比べると、旧プランからの値下げ率は 2割3分。 2年間でなんと 6万円以上も安い計算です。 他社と比べてもプラン料金は最も安いです。 ただ、他社と比べた場合、最もお得なのは。 「毎月30GB超える方」は、データ量が無制限使えるも魅力です(「データMAXプラン」は2019年夏から提供開始)。 プラン料金だけを見ても、ドコモ新プランが 断トツに安いことが分かります。 旧プランからの値下げ率は 2割5分です。 3人家族だと2年間で 15万円近くも違います。 新家族向け割引サービス「みんなドコモ割」の効果も大きいです。 旧プランより10GB少ないですが、十分にお得だといえます。 ちなみに新プランは、データ(パケット)を 家族間でシェア出来ないのでご注意ください。 旧プランよりお得な新プランですが、 1GB当たりのお得度を比較した場合はに劣ります。 料金比較で分かった新プランのメリット、デメリット.

次の