プラスチック用接着剤。 プラスチック同士をくっつけるボンドってどんなのですか?? 木工用くらいしか思いつきません。ホームセンターで売ってる市販されてる一般的なので充分なんで(特注じゃなくて)、なんていうボンドですか???

タミヤのプラモデル用接着剤の種類と違い、使い方について

プラスチック用接着剤

もくじ• 「プラリペア」って何? プラリペアは、簡単に言えばプラスチックを強力に結合補修する造形補修材です。 プラスチックの切断面を溶かして接着し、さらに接着剤自体も強力なプラスチックになるので、接着剤というより造形補修剤。 A液、B液を混ぜ合わせる2種混合タイプですが、画期的なのは 素体の粉のA剤とアクリル溶剤のB液の組み合わせですかね。 普通2液を混ぜ合わせて使うんですが、これは粉をひいておいて溶剤を垂らして使うって方法ができるのが面白いです。 硬化時間も5分程度と超速乾。 ABS樹脂にも使えるので、使い方次第で家の中のプラスチック製品のほとんどの修理、車やバイクのバンパーやカウルの修理ができてしまう、こんなにすごいのは見たことがないッス!! ガラス繊維のシートを使っての高強度の方法もあって、マジで今までの苦労は何だったのか・・・ ぶっちゃけね、この手の修理ってやったことがある人だったら分かると思うけど、結構大工事になっちゃうんだよね。 裏側からガラス繊維のテープを貼って補強用のプラスチック版を張り付けて穴開けてピン止めして、下手するとバーナーで焼いて溶かして接着とかねwww。 もっと早く教えてもらいたかったわ! 私が手に入れた上の写真のやつは近くのライコランド バイク用品店 に行ったらあったやつです。 デイトナの名前が入ってますが、いわゆるBP商品でしょう、そんだけ優秀なものっていうことの証です。 販売元は武藤商事で同じなので、一般的にホームセンターやWebで販売されてるのと中身は同じです。 プラリペアの使い方 プラリペアの使い方ですが、切断面を削って溝を掘り、流し込む部分を裏っ側に作って、そこにプラリペアをたっぷり流し込むって方法です。 接着っていうより金属溶接にイメージは近いかもね。 使い方は見た方が早いかな。 メーカーやユーザーが分かりやすい動画を何本か公開してるので、私が説明するよりわかりやすいと思います。 プラリペアの説明動画 プラリペア(補修剤)突起物の復元. mp4 多分この手の修理がカウルやバンパーの次に一番多い悩み事だと思います。 意外と簡単に型取君とプラリペアの組み合わせで補修できてしまいますよ。 最初ちょっとコツがいりますが、そんなに難しくはないです。 あとはすぐ乾くけど結構溶剤の臭いが強い。 室内でやるときには換気は必要ですよ。 プラリペアで実際に補修・再生に挑戦 早速プラリペアを使って補修・再生をしてみました。 力がかかって、簡単で分かりやすいものって何かないかなぁって見まわしたら、見つけました、使い古しのプラスチックハンガー。 これだったらそこそこ圧力がかかるので 強度・耐久性も検証できます。 意外と頑丈だったので、電ノコでブッた切ってみました。 結構プラスチックが分厚い。 裏側にルーターでプラリペアを流し込む溝を掘っていきます。 表面からマスキングテープで固定しました。 今回は電ノコで切断したのでピタッとくっつけると歯の厚さ分だけ短くなってしまうのでちょっと隙間を開けて固定します。 いよいよ溶剤の用意です。 ちなみにこの針の先端は穴が開いてるけどあんまり溶剤は出てこないです。 針の途中ぐらいに穴が開いてて、そこから溶剤が垂れて出てくるっていう構造のようですね。 先端部分は使っているうちにプラリペアで埋まって溶剤が出てこなくなるので、その辺の使い方を誤解してるとドバっと溶剤が出てしまうので要注意。 今回はニードル法だと面倒くさくなりそうなので、ふりかけ法を繰り返して埋めていく作戦。 耳かきを使って粉を溝に埋めていき、溶剤を流し込みます。 分割してるのは、溶剤を流し込むと流れてしまうので、ある程度固まるまでぐるぐる回しながら水平を保っているからです。 こんなものでしょうか。 圧がかかる肩部分なので、裏面は盛り上がるぐらいにしてあります。 カラーはクリアー、ホワイト、ブラックの3種類あるのですが、私が買ったのはクリアーなので、マスキングテープが透けて見えてますwww。 マスキングテープをはがしてみると、あれ? ちょっと表面は足りてないかな? 表面にもプラリペアを足してちょっと盛り上げてみます。 雑ですが、表面を削って平らにしました。 ハンガーなので洋服に引っかかっちゃダメですからバリがないようにしました。 透明なので、ちょうど電ノコの歯の厚さ分だけつけ足されているのが分かりやすくてよかったかもwww。 強度はかなりのものです。 重い革ジャンかけてバッサバサ上下にゆすってもビクともしません。 かなりの強度でくっついてるみたいですね。 安心感はハンパないです。 プラリペアの感想 かなり雑な仕上がりになってしまいましたが、これ、相当すごいです。 元々はバイクのカウル修理のために購入したんですが、こんなに簡単にこの強度が手にできるとは思ってもみなかったです。 マジ神だわwww。 今回この程度の修理では一番小さなサイズを買っても全然減ってないですね。 あと50回分ぐらい残ってます。 どこか直せるところがないか物色中です。 ただ溶剤の臭いだけは強烈、これだけは要注意。 蒸発もしやすいので100円ショップの小さいタッパーとかに入れてまとめて密封しといた方がいいですね。 おじさんDIYで大抵のものは自分で作ったり直したりするチマチマしたことが大好きなタイプなもので、今回は私も大満足ですwww。 私の一番の大物は友人宅に下地のコンクリ打ちから建てたガレージづくりで、半年もかかっちゃいましたね。 自分ちのフローリングの張替えも本格的に自分でやろうとして今、家族に止められてますwww。 こういうタイプの人って、多いよね。 そういう人には今回のプラリペア、何かあったときのために情報だけでも頭の隅に入れとくといいですよ。

次の

UT110|接着剤|家庭用|セメダイン株式会社

プラスチック用接着剤

みなさんこんにちは。 本間です。 このたび店長になりました、よろしくお願いします。 このブログでは、お客様からよく聞かれること、疑問点を中心に書いています。 2回目は「接着剤の違い」についてです。 プラモデルには接着剤が必要なんですが、どれを買えばいいのかわからないとよく聞かれます。 今いろんな種類が出ていますので、まずはそれぞれの違いについてご説明しますね。 ご紹介するのは以下の種類になります。 タミヤセメント• タミヤセメント(流し込みタイプ)• タミヤリモネンセメント• ABS樹脂用接着剤 タミヤセメント まずはこちら。 基本の タミヤセメントです。 白いふたのビンと六角形のオレンジのふたのビン。 中身は同じで、容量が違います。 パーツに塗ってから、別のパーツに接着します。 ちょっとトロみがついていて、乾燥までの時間が比較的長めでガッチリ接着できるので、位置決めを慎重にしたいとき、しっかり接着したいときなどに使いやすいです。 パーツにつけすぎてしまうと(トロみがあるためつけすぎてしまいやすい)、接着したときにはみ出して汚くなってしまうので、付けすぎないように注意するのが綺麗に仕上げるコツです。 パーツに塗ってから別のパーツに接着する• 乾燥までの時間が長い• つけすぎないようにするのがポイント タミヤセメント(流し込みタイプ) 次は タミヤセメント(流し込みタイプ)です。 通常のタミヤセメントに比べてサラサラしているので、パーツ同士のすき間にスーッと流れて接着することができます。 先にパーツ同士を合わせてから、次に接着剤をつけます。 ここが一番の違いです。 はみ出しても、すぐ乾くので、表面が荒れにくいことも利点。 写真左が通常の流し込みタイプ、右が速乾タイプです。 左のものは、ちょっと急げばパーツに塗ってから別のパーツにつけるくらいの時間はあるので、どれか一つだけ買うのなら、まずこれを買うのがオススメです。 速乾タイプは塗って5秒もあれば乾いてしまうので、パーツに塗ってから別のパーツと接着する、というやり方はできません。 利点としてははみ出しても塗料を溶かす間もなく乾くので、塗装済のパーツを接着する時には使いやすいです。 あとはやっぱり急いで作りたいときに便利ですね。 先にパーツ同士を合わせてから接着剤をつける• 通常タイプと速乾タイプがある• 急いで作りたいときに便利 タミヤリモネンセメント 次に タミヤリモネンセメントです。 左が通常のもの、右が流し込みタイプです。 この二つの違い・使い方は、上で説明したのと同じと思ってもらって構いません。 オレンジの皮の成分がプラスチックを溶かす性質があることがわかり、これを利用して作られたのがリモネンセメントです。 利点はなんといっても シンナーの影響がないこと。 安全なのでお子さんが作るときや、寒い日に換気しながらやりたくない!なんて時にいいと思います。 ただ難点もいくつかあります。 まず接着までに時間がかかること。 通常の2倍から3倍くらいの時間がかかります。 (ただその分ガッチリつきます。 きちんと使えば最終的な接着力は一番強いのです) 塗って一呼吸置いてから接着に移るのが大事です。 またプラスチックだけに反応し、(他の接着剤と違って)塗料を侵さないことも特徴。 すでに塗装済のものをくっつけたいときは、塗料を削り落とさないといけません。 逆にそれを計算に入れて塗装を進めれば、塗料を侵さない性質を利用して組み立てが楽になることもあるでしょう。 あとABS樹脂(次に説明しますね)は全く付きません。 これも注意です。 タミヤセメントやタミヤセメント(流し込みタイプ)とほぼ変わらない性質• シンナーの影響がないのでお子さまや非換気状態に最適• 接着までの時間はとても長いが最終的接着力は最強• プラスチックにしか反応しない ABS樹脂用接着剤 最後に ABS樹脂用接着剤です。 通常のプラスチックと違う、 「ABS樹脂」というもの同士をくっつけるための接着剤です。 通常のプラスチックよりしなやかで丈夫なので、折れづらいという利点があります。 ちなみにプラスチックとABSをくっつけるときは、通常の接着剤でも大丈夫です。 接着剤の違いの説明は以上です。 プラモデル用の接着剤は「通常の接着剤」と「流し込みタイプの接着剤」でどう使い分ける? さて次に「通常の接着剤と流し込みのものでどう使い分けるか」を、もうちょっと具体的に説明しますね。 しっかりダボ(パーツの位置決めの為の小さなでっぱりとへこみ)がついていて位置決めが必要なければいいのですが、そうじゃないパーツもいっぱいあります。 ・車のハンドル 接着剤のついたパーツを両手に持って、位置合わせをしながらくっつけます。 ・人形の腕 ダボがついてなく、片手で保持できないので接着剤をつけてから両手で位置を合わせながら接着する。 奥に接着部分があるので慎重に筆を届かせないと他の部分に付いて塗装したところが汚くなる危険があるので、あらかじめ接着剤を付けてから接着した方が良さそうです。 この性質が便利な反面、流れ込んでほしくないところに流れ込んでしまうことがあります。 小さいパーツを持って接着しようとすると指(とかピンセット)とパーツのすき間にも流れ込んでパーツを溶かしてしまう場合があります。 通常の接着剤ならばそういった事故を最低限で防げます。 人形の接着。 流し込み接着剤が床のモールドに流れてしまいそうで怖いです。 ここも通常の接着剤が良いでしょう。 流し込み接着剤のビンにも例として載っていますね。 通常の接着剤では相当急がないと、塗り終わるまでに塗り始めたところが乾いてしまうような、広範囲な接着が必要なところは、すき間に流し込みながら進められる流し込み接着剤がオススメです。 他には船の船体の接着や、戦車の車体や、砲身の接着なども同様に流し込み接着剤の方がいいでしょう。 また、接着ダボが長かったりすると、付けた接着剤が奥からあふれてはみ出したりします。 流し込み接着剤ははみ出すほどには流れ込まないので、常に適量で接着できます。 通常の接着剤だと、接着面にだけあとから塗ることができないので一回もぎ取ってまたくっつけるか、他の部分ごと無理やり多めに接着剤を染み込ませるしかありません。 どっちも汚く仕上がってしまう可能性が高いので、流し込んでスッと補強できる流し込み接着剤があると便利です。 —————————————————————————— さて今回のブログは以上です。 実際に作っていく中で「どっちのほうが使いやすいかな」と意識しながら使い分けていくと、自然と使いやすい接着剤に手が伸びるようになっていきますよ~。 —————————————————————————— それではまたよろしくお願いします。

次の

【プラスチック接着剤】おすすめランキング!口コミで人気のBEST3(Amazon・楽天)

プラスチック用接着剤

工作や修繕、 DIYに便利な瞬間接着剤。 すぐくっついて固まるのがメリットですが、場合によってはデメリットにもなります。 キャップをしっかり閉めていなかったり、はみ出してしまった接着剤が垂れてしまうことで、 つけたい部分ではないところに接着剤がついてしまうこともあります。 そうなってしまうと困ってしますよね。 誤って付けてしまった瞬間接着剤を無理やり取る方法ないかな🙄 対象はプラスチック。 — はねこ🎣 hanetumu [急募] プラスチックについてしまった瞬間接着剤を取る方法 — AME KOT AmenomiyA すぐ固まってしまうので「剥がせなくてそのまま・・・」という人もいるでしょう。 そこで今回は、 『プラスチックについてしまった接着剤の剥がし方』をご紹介していきます。 剥がせず放置している人、どうにかして剥がしたい人はぜひ参考にしてみてください。 プラスチックについた瞬間接着剤の落とし方 「やっぱり瞬間接着剤は落とせないの?」と不安を持つ人もいると思いますが、 実はプラスチックについた瞬間接着剤を落とす方法はいくつかあります。 もちろん付着してからどのくらい時間が経っているのか、プラスチックの形状などによっても落としやすさは変わってきますが、諦めずに下記方法を試してみてください。 では早速、 瞬間接着剤の落とし方を紹介していきますね。 リムーバーにも金属専用や布専用など種類がありますので、 必ずプラスチック用のリムーバーを使いましょう。 違う種類のものだと、成分が強すぎたり弱すぎたりしてきれいに剥がせない可能性がありますので注意が必要です。 落としたい瞬間接着剤をカッターで削ります。 削ったところをさらにヤスリで磨きます。 プラスチック専用リムーバーをコットンやスポンジに染み込ませます。 落としたい瞬間接着剤に被せて、しっかり浸透させます。 リムーバーを拭き取る、もしくは洗い流せば完了です。 取りきれなかった接着剤は手順 1~ 4を繰り返します。 お湯によって瞬間接着剤がゆるんで、そのままの状態よりも取りやすくなります。 必要な道具はヤスリだけですし、 ゆるむことでそんなに力を入れずに落とすことができます。 リムーバーは必ずプラスチック専用のものを使う• お湯は熱くしすぎない• 削るときは少しずつ行う ここからはそれぞれについて詳しく解説していきます。 しかし、プラスチックに薬剤を使うと、 表面が曇ったり溶けたりしてしまいます。 そのため、 必ず専用のリムーバーを準備しましょう。 そのため、 50~60度位を目安にすると良いでしょう。 目の粗いものだと数回でかなり削れてしまうので、 うっかり地のプラスチックも削ってしまうことがあります。 傷がついてしまうともったいないので、 様子を見ながら削ってくださいね。 低白化、無白化タイプの接着剤を使う• 乾いた布やブラシで擦り取る• はがし液を少量つけて拭き取る• サンドペーパーで削り取る の方法を試すと良いでしょう。 いずるにせよ「削って磨く」が一番確実な方法と言えます。 瞬間接着剤の保存方法 最後に 瞬間接着剤の保存方法について紹介します。 使おうと思ったときに固まって出てこない!なんてことがないように、きちんと保存する必要があります。 じつは瞬間接着剤は高温多湿に弱く、未開封でもこの条件下だと固まりやすくなってしまいます。 よく冷蔵庫に入れていると長持ちする、と聞くので冷蔵庫に入れている人も多いと思いますが、以下のように保存すると良いみたいですよ。

次の