副鼻腔炎 体験談。 慢性副鼻腔炎「蓄膿症」の手術を2度経験したリアルな体験談

【悲惨】一度、副鼻腔炎(蓄膿症)になると癖になる。【マヌカハニーで予防すべし】

副鼻腔炎 体験談

もくじ• 副鼻腔炎 蓄膿症 とは? 「副鼻腔炎(ふくびくうえん)」は、鼻の奥にある副鼻腔という空洞がウイルスや細菌によって炎症を起こしてしまうことです。 別名「蓄膿症(ちくのうしょう)」とも呼ばれています。 鼻の奥には、上顎洞(じょうがくどう)・篩骨洞(しこつどう)・前頭洞(ぜんとうどう)・蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)からなる4つの副鼻腔があります。 急性副鼻腔炎 一時的な風邪によるウイルス感染が原因で、急に炎症が起こることを急性副鼻腔炎と言います。 期間は1~2週間程度、長くても1ヶ月程度で治癒します。 慢性副鼻腔炎 副鼻腔炎の症状が長引いたり、繰り返しかかってしまったりすることを慢性副鼻腔炎と言います。 鼻と副鼻腔をつないでいる自然孔と呼ばれる孔が、さまざまな原因により狭くなり、副鼻腔に膿がたまってしまうことが主な原因です。 副鼻腔炎の症状 副鼻腔の炎症が悪化すると、黄色や緑色のドロドロとした鼻水が出るようになります。 炎症により鼻の粘膜が腫れるため鼻づまりが起こりやすくなり、においや味がわからなくなったり、息苦しさを感じたりします。 また、副鼻腔の炎症によって頭や顔に痛みを感じ、頭痛や発熱の症状が出ることもあります。 ドロドロとした鼻水が喉に落ちることで痰が絡み、喉の痛みや咳が出る人も多いようです。 私は鼻水が喉に落ちやすく、鼻風邪を引くと喉も痛くなります。 特に寝ている間に落ちやすいみたいです。 妊娠中の副鼻腔炎は何科に行けばいい? 産婦人科と迷う妊婦さんもいるかもしれませんが、鼻水の吸引や消毒など適切な治療を行ってもらうためには、耳鼻科へ行くと良いでしょう。 鼻の洗浄やネブライザーの処置をしてもらうだけでも、だいぶすっきりしますよ。 耳鼻科で処置してもらえる副鼻腔炎の治療法をご紹介します。 鼻の洗浄や鼻水の吸引 副鼻腔炎の治療法として、鼻の洗浄や鼻水の吸引があります。 専用の洗浄液や生理食塩水を使って鼻の中を洗浄することで、ウイルスや花粉、鼻水などを洗い流すことができますよ。 こまめに鼻水を取り除くことで、副鼻腔炎の予防や治療に効果があるといわれています。 ネブライザー療法 耳鼻科に行った際、最後に喉や鼻に蒸気を当てる治療を行ったことはありませんか。 これがネブライザーです。 薬の液を霧状にし、鼻や喉から吸い込むことで、副鼻腔や気管支の奥にまで薬を届けることができます。 内服治療 副鼻腔炎の治療では、内服薬を処方されることが多いようです。 抗生物質を使っての治療が一般的で、症状によって炎症の痛み止めや、鼻水・痰を切る薬などが処方されることがあります。 妊娠中に副鼻腔炎になった体験談 もともと滅多に風邪を引くことはなく、鼻風邪自体も1年以上ぶり。 熱はなかったので、いつものように放っておけば治るかなと甘くみていました。 息子に鼻風邪をうつされた! 妊娠10ヶ月に入ってすぐに、保育園に通う息子から鼻風邪をうつされたのが最初でした。 子供の風邪って、親にうつると重症化しやすいんですよね…。 妊娠中なので市販薬に頼ることができず、つらい鼻づまりに耐えながら自然治癒を待つこと1週間。 妊娠中でも飲める薬なので大丈夫ですよ。 喉の痛み止めは妊娠中は出せないですけど。 鼻水の吸引、喉の消毒、鼻の洗浄、ネブライザーをしてもらい、抗生剤を処方してもらいました。 妊娠中なのに抗生剤!?と思ったのですが、妊婦さんでも使える薬があるそうですよ。 鼻水の吸引と洗浄で、久しぶりに鼻が通ってかなりすっきりしました! ちなみに鼻の洗浄は、生理食塩水を片方の鼻の穴から注ぎ、もう片方の鼻穴と口から出すというもの。 鼻穴と口から水がドバドバ出るのでびっくりしますが、痛くはなかったです。 (人には見せられない姿ですが…) 薬代込みで、お会計は1,500円ほど。 鼻のつまりがつらいときは、来られるときに洗浄に来てくださいとのことでした。 翌日から喉の痛みが解消し、鼻水に変化が 耳鼻科の診察を終え、投薬治療を始めた翌日。 喉の痛みがなくなり、膿のように緑色でドロドロしていた鼻水の色が薄くなっていました! かんでもかんでも鼻づまりが直らなかったのに、鼻をかめば鼻が通るように。 早速症状が快方に向かっていることが感じられて、安心しました。 妊婦の副鼻腔炎で薬は飲んでもいい? こちらが、今回私が処方された薬です。 1日3回服用、4日分の薬をもらいました。 サワシリン錠:ペニシリン系の抗生物質で、感染症を治療する薬。 カルボシステイン:粘膜を正常にして痰を出しやすくする薬。 ムコダインのジェネリック。 抗生剤って妊娠中はNGなのかと思っていましたが、使える薬もあるようです。 妊娠週数によって薬の種類が異なる可能性があるので、診察時は妊娠週数を正確に伝えてくださいね。 病院で適切に処方された薬なら問題ないですが、市販薬を自己判断で服用するのは避けた方が無難です。 薬に頼りたいくらい副鼻腔炎がつらいときは、耳鼻科で薬をもらったほうが安心ですよ。 授乳中の現在また副鼻腔炎になってしまい、耳鼻科で上記とまったく同じ薬をもらって飲んでいます。 医師には「授乳中だけどしっかり薬を飲んで治しましょう」と言われました。 妊娠中と同じく、授乳中の副鼻腔炎も無理せず病院を受診し、必要ならば薬を飲んだ方が早く治りますよ。 副鼻腔炎は自然治癒する?症状の緩和方法は? 急性副鼻腔炎は、長くても1ヶ月ほどで自然治癒することが多いようです。 とはいえ、1ヶ月間も不快な症状に悩まされるのはつらいですし、ストレスになりますよね。 薬に頼れない妊婦さんでもできる、副鼻腔炎のつらい症状を緩和する対処法を紹介します。 あくまで一時的な対処法なので、長引く場合や症状が悪化する場合は、我慢せず病院に行ってくださいね。 温かい飲み物 お茶、白湯、ハーブティー、しょうが湯、ホットミルク、みそ汁など温かい飲み物をゆっくりと飲んでみてください。 鼻と口を湯気に近づけて蒸気を吸い込むことで、鼻づまりが緩和しますよ。 何度でも試せる手軽な方法です。 お風呂に入る 妊娠中はお風呂掃除や入浴がおっくうになってしまうこともありますが、なるべくゆっくりと湯船に浸かるようにしましょう。 長い時間湯気を吸いこんだり身体を温めたりすることで、つらい鼻づまりを解消し不快感を取り除くことができます。 頭痛や顔面痛がある場合、お風呂の中で痛い部分をマッサージするとよいでしょう。 加湿器の活用 乾燥しやすい冬場は、加湿器を活用して部屋の湿度を上げましょう。 加湿器がない場合は、タオルを濡らし、水が滴らない程度に絞ってからハンガーなどにかけて部屋干しすると加湿器の代わりになります。 自分の近くに置いて使える、持ち運びしやすい卓上タイプの加湿器もおすすめです。 なた豆茶を飲む は、副鼻腔炎や花粉症などの鼻づまりや、鼻水が喉に落ちて痰になる症状がスッキリするとされています。 特に、慢性副鼻腔炎や花粉症のように、長期間症状に悩まされている人に効果が期待できます。 また、鼻風邪が悪化しやすい人は予防のために飲む人もいるそうです。 妊娠中のつらい副鼻腔炎は無理せず病院へ 副鼻腔炎(蓄膿症)は放置しておくと長引きやすいうえに、なかなか不快感が取れず症状も悪化しやすい病気です。 ただの鼻風邪だと思って我慢していると、完治まで時間がかかってしまうかもしれません。 妊婦さんでも受けれる治療や飲める薬はあるので、症状がつらいときは我慢せず、耳鼻科に行って治療を受けてくださいね。 参考文献: あわせて読みたい.

次の

慢性副鼻腔炎「蓄膿症」の手術を2度経験したリアルな体験談

副鼻腔炎 体験談

副鼻腔炎(蓄膿症)の重症者、sbatonのプロフィール、自己紹介など 副鼻腔炎(蓄膿症)の重症者、sbatonについて• ペンネーム sbaton• 年齢、性別 アラフォー男性• 病歴 慢性副鼻腔炎(蓄膿症) サイト目的等 副鼻腔炎(蓄膿症)について、実体験を元にした情報発信、情報共有を目的としています。 重症者視点での情報を発信していきます。 サイトへの思い 私は、約40年間、鼻の病気とともに歩んできました。 その私が副鼻腔炎(蓄膿症)と診断されたのは小学校に上がってからのことですが、すでにそれ以前から鼻づまりの状態であり、物心ついた時には慢性的に鼻が詰まっている状態でした。 小学校に上がる前までは、耳鼻科には行ったことがなかったのです。 ですから、ずっと副鼻腔炎。 幼き頃から慢性副鼻腔炎(蓄膿症)だったと思われます。 私が子供だった頃よりも医療や薬もより良くなっているようですが、今も私が経験したような苦しみやツラさをかかえて生活している子供たちがいるようですので、その子供たちやご家族に少しでも役立つような情報を発信していきたいと思います。 また、学校関係者の方や病院関係者の方など、実際に慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の子供に接するような方々にも情報として何らかの価値を持つようなサイトにしたいと思っています。 このサイトでの情報がきっかけになり、本当に苦しい思いをしている子供たちの環境が少しでも良くなればと思っています。 副鼻腔炎(蓄膿症)の症状は人によって様々である一方で、情報発信の内容としては病院の先生方を中心とした情報が多く、個人の方のものでは症状の程度が比較的軽い方の情報が多いように感じます。 重い症状で大変に困ったのだろうなと分かる人も中にはいるのですが、物心ついたころから既にその状態だったという「副鼻腔炎(蓄膿症)」患者さんからの情報発信という点でいえば、全くと言っていいほど見当たりません。 経験者の私の視点から(つまり私の独断と偏見が入った視点から)、極めて重大な状況に陥っている患者さんからの情報が見当たらないのです。 ですので、患者側視点の情報が欲しいという方を考えれば、情報の不足を感じている人もいるのかもしれないと思っています。 副鼻腔炎(蓄膿症)について、風邪をこじらせた延長線上にあるような印象で考えることなど全くできないほど重い症状に陥っている人もいると思います。 そうなると、その本人にとっては単に鼻づまりというだけの問題ではなくなってきます。 人生に関わってくる問題になることも十分に想定できるはずです。 実際、私自身も副鼻腔炎(蓄膿症)がこれまでの自分の人生に大きな影響を与えたと思っています。 この副鼻腔炎を単に鼻の病気という感じで捉えるだけに終わっている情報ばかりであることにも私には違和感が少しだけあります。 副鼻腔炎(蓄膿症)が重症化するほどに、生活の色々の点で困ったことが出てくると思うからです。 違和感がある一方で、そういった状況になっている背景なども私には何となく察する部分がありますが、そういった情報はあまり見かけないです。 ですので、重症者としての私の視点から発する情報はそれなりに役立つかもしれないと思っています。 そこで、物心ついた時から既に副鼻腔炎(蓄膿症)だったと思われる私の視点から、副鼻腔炎がどれだけ注意すべきものなのかについても整理していきたいと思います。 重症患者視点のサイトですので、少し重たい印象になりますが、出来るだけ色々な人の役に立つように工夫をしていきたいと思います。 表現方法などについても、より良いものを意識して出来る限り更新していきたいと思います。 因みに私が使う「重症」という言葉の意味は医学的な判断を確認して使っているものではなく、蓄膿症の手術まで経験した一人の患者による経験判断で書いているものですので、その点はあらかじめご承知おきください。 私にとっての副鼻腔炎(蓄膿症) 物心付いた頃、まだ小学校にも上がる前の幼い頃から私は鼻水を垂らしていた記憶があります。 ですので、この鼻の病気と私の人生はいつも隣り合わせ。 悩み、苦しんで、それでもどこかで自分からもそのことを隠してきたところがあるように思います。 子供の頃、うまく言葉に出来ない時期が長かったのです。 物心ついたときには既にそのような鼻の状態でしたので当たり前の身体の状態が分からないというか、どのように言葉にしたらいいのか分からないというか、そのような感じだったと思います。 そもそも言葉の発達が遅れていたということもあります。 ですから、私にとって副鼻腔炎(蓄膿症)は、単なる鼻の病気ということだけでなくて、物事の感じ方や考え方、それから生き方にまで大きな影響を与えてきたと思います。 正常(健康)な状態を知らないで成長していくことになったのです。 副鼻腔炎(蓄膿症)を取り巻く「現在」から考えたこと 副鼻腔炎(蓄膿症)は患った人にしか分からない苦しさ、ツラさがあるだけでなく、それを表現するための言葉の発達にも大きな影響を及ぼすためなのでしょうか、重症患者側の情報で整理されたものが少なく、このような重症患者視点の情報があまり共有されていないように感じます。 物心ついた時には自分にとって当たり前だった病気について、客観的に捉えて書くこと自体、かなり難しいことでもあると私は思います。 「客観的」ということが、自分の感じている世界、生きている世界の外側の人生や視点から書くことを意味するからです。 どうしても、ツライとか苦しい!とか、そういう表現になりやすいですし、その状態が当たり前の状態になっているのであれば、それ以上の言語化が難しいと思います。 その上、言語能力自体にも少なからず影響を与える病気だと私は自分の経験からも感じています。 もし、これを読んでいる方が副鼻腔炎を患うお子さんの保護者の方であれば、ひどい風邪を引いて鼻水が出て鼻の奥が腫れてしまい、緑色とか黄色っぽい鼻が詰まり、息苦しくなってしまうような状態を想像してください。 頭もボーっとして頭も少し重くて痛い状態です。 そんな時の言語活動が元気な時とは違うことくらいは誰にでも想像が付くと思います。 そんな状態が慢性的に続けば、言語能力にも影響するだろうという予測について、誰も不自然な印象は持たないと思います。 症状が酷ければ、なおさらですし、物心ついた時からそのような状態であれば、さらに深刻です。 保護者の方には、苦しい思いをしている子供たちの良き理解者であって欲しいですし、一番の味方であって欲しいと私は思います。 ですが、自分が患ったことのない苦しみやツラさを想像することは大変困難です。 ですので、出来る限り保護者の方々にも伝わるように役に立つように努力を心がけていきたいと思います。 「言語の発達」に影響を与える点も、語られることが少ないです。 ですが、重症者であるほど大きな影響を受けていると私は確信を持って推察しています。 はじめに伝えておきたいこと 病気に関して、あまり言わない方がいいといった世間の空気がまだ少しあることは承知しています。 (昔よりは随分良くなったと思います。 )そういった空気感の中で、普通に学校に行きながら慢性副鼻腔炎をかかえた子供たちは理解されずに苦しみ、ツライ状況に追いやられているケースがおそらく今でもあると思います。 そんな状況であっても、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)と診断されている本人たちは活発に遊びまわっているかもしれません。 うまく状況を捉えきれていなかったり、言葉による発達が遅れていたり、自分の身体への状況認識が成熟していなかったりすることがあると思います。 ですから、そういう子供を気遣うことの出来る大人が必要だと私は強く感じます。 私自身がそういう子供だったこともあり、その時の自分が置かれていた環境については、仕方がない状況だったという思いはあるのですが、見識ある大人が仮に周りにいれば全然違ったともいう確かな思いもあるのです。 特に幼き頃、物心ついたような時期から慢性副鼻腔炎にかかっている子供について、副鼻腔炎の見識を持っている大人の存在が必要だと自分の過去を振り返って本当にそう思います。 そういう大人が周囲に一人いるだけで子供の気持ちは全然違うものになると思います。 ですが、現状でも、そういった状況を期待できないと思います。 そこまで大したことはないはずだという思いを持つ人も多いのかもしれません。 ですが、病気になった人でないと、その辛さや苦しさはなかなか分からないと思います。 そもそもですが、幼き頃、物心ついたこから慢性副鼻腔炎(蓄膿症)になっていて、思春期も含めて、かなり長い期間にわたり苦しんだ経験を持つような人はその中にいないものと思います。 そういうこともあって、出来る限り全部書いた方が社会の役に立つと私も思うようになりました。 出来る限りの情報を残すことで、副鼻腔炎で苦しんでいるけれど誰も分かってくれないし、その点での味方がいない思春期の子供たちの力に少しでもなればと思います。 私自身、思春期にあたる高校生から大学に上がるまでが一番ツラかったからです。 もしかしたら、私が想像する以上に苦しくて辛い思いをしている子もいるかもしれません。 「何度も扉を叩くようにして耳鼻科に行ったけれど治らない。 」 「どんな薬でもダメだ。 」 「恥ずかしい思いを何度もしてきた。 」 「こんな辛い人生に何の意味があるのか分からない。 」 このような状況で苦しんでいる子供たちを想定して、過去の自分を思い出しつつ重症者視点での情報発信をしていこうと思います。 実際に私が思春期のときに求めていたものは、そういった情報だったからです。 そういった情報がないことで副鼻腔炎(蓄膿症)が重症化している子供たちが放置されていることにもつながっているように思います。 このような状況も見据えつつ、情報を整理して発信していくつもりです。

次の

【副鼻腔炎(蓄膿)】奥歯とほっぺが痛い!ツライ副鼻腔炎の体験談

副鼻腔炎 体験談

もくじ• 副鼻腔炎の原因 最も多い原因は風邪です。 風邪によって発生した鼻の粘膜の炎症が、副鼻腔まで広がり、蓄膿 症・副鼻腔炎を引き起こすことがあります。 花粉症などのアレルギー症状でも起こります。 もともとの鼻の形、鼻の真ん中を通る鼻中隔が成長とともに左右ど ちらかに極端に曲がっていると、片方の鼻の通りが悪くなりそれが 原因となる場合もあります。 また意外な原因として忘れてはいけないのは 「歯の炎症」です。 むし歯や歯周病の細菌が歯の根を伝い上顎洞内に侵入して炎症を 起こすと 歯性上顎洞炎といわれる状態となり副鼻腔炎と同様の症状 が起こります。 高熱が下がらない 私の場合は、子供から風邪がうつり5日ほど高熱が続きました。 はじめの高熱の原因はおそらく扁桃腺炎。 子供を産んでから、睡眠不足が続いているので免疫力が低下しがち。 扁桃腺炎を起こしやすくなっていました。 はじめは 内科へ行きました。 抗生物質 セフカペンボキシル塩酸塩錠 痰切り カルボシステ イン錠 を処方される。 5日飲んでも中々 熱が下がらず。。 喉を見ると扁桃腺が腫れて、膿が。 扁桃腺が真っ白です。 耳鼻科へ行きました。 抗生物質 サワシリン錠 痰切り カルボシステ イン錠 を処方される。 2種類めの抗生物質を飲み続けて4日。 扁桃腺の腫れが落ちついてくると次第に熱も下がっていきました。 ひ、ひとまず薬で様子をみてみたいです。。 ビビりの私はひとまず薬で様子をみる選択をしました。 2日に1度、 ネブライザー治療に通院。 抗生物質(ジェニナック錠) ムコダイン錠 鼻詰まりに効く漢方 葛根湯加 川芎辛夷を処方されました。 鼻水改善後も歯痛が止まらない ネブライザー治療と抗生物質ジェニナック錠を飲み始めて2日。 鼻水症状が少しずつ落ち着いてきました。 頬の痛みと歯痛は副鼻腔に膿が溜まっているので、まだ改善しません。 ネブライザー治療、抗生物質5日目。 やっと鼻水は止まり、 頬の痛みも改善してきました。 完治まで 鼻水が完全に止まったのは、抗生物質ジェニナックを飲み始めて5日目でした。 頬の痛みは、ほぼ消えましたが 奥歯の痛みは未だに感じます。 子供が鼻風邪をひいて、私にも少しうつったような症状が…。 これまでだと、うつっても水っぱなが短期間続くような経過が多かったのですが、 なんだか今回はすぐに粘り気のある鼻水に変わりました。 副鼻腔炎は再発しやすい。 聞いてはいましたが、こんなに顕著に症状が現れるなんて驚きです。 前回のような状態には戻りたくないので、耳鼻科の先生に勧められた「鼻うがい」を試しに始めてみることにしました。 鼻うがいの効果かはわかりませんが、今回は早めに診てもらったこともあり、重症化せずに済みました。 予防効果もあるのかは、わかりませんが鼻うがいするとスッキリして気持ちが良いので、今も鼻水が少し気になる時は積極的に行うようにしています。 その後の効果などは、また機会があれば記事にします。 何度か再発の兆しが見られてドキドキしましたが、鼻うがいを早めに行うことで最初のような重症化は防げていると思います! 高齢者の鼻水症状『老人性鼻漏』 『副鼻腔炎(蓄膿)』になると、私のように 黄色い粘っこい鼻水が止まらなくなる症状が現れます。 しかし、 無色透明でサラっとしている鼻水が止まらない症状も実は意外な病気が隠されていることがあります。 高齢者でこのような症状がある場合は 「老人性鼻漏(ろうじんせいびろう)」が考えられます。 老人性鼻漏は高齢になって粘膜機能が低下した方に発症しやすいといわれています。 粘膜機能が低下すると、粘膜が持つ水分吸着力(粘着性)も弱くなるため、水っぽい鼻水が流れ出てしまうのです。 風邪のような発熱、咳、くしゃみなどの症状がなくサラッとした鼻水だけが止まらない場合は要注意です。 老人性鼻漏では主に次の症状があらわれます。

次の