ハイター。 カビキラーとカビハイターの違いは1つだけ!この違いは大きい・・

ハイター

ハイター

花王のハイター・キッチンハイターで次亜塩素酸ナトリウム消毒液を作る希釈の目安 ハイター・キッチンハイターの次亜塩素酸ナトリウムの濃度は5%程度? 市販されている次亜塩素酸ナトリウム(ハイターなど)は5~6%の濃度といわれますが、実は、 ハイターの主成分が次亜塩素酸ナトリウムであることは成分表示で分かりますが、濃度がどれくらいであるかは公開されていません。 花王のハイター・キッチンハイターのキャップは1杯25ml 花王のハイターのキャップ1杯は約25mlです。 花王の公式ホームページに掲載されている希釈の目安 花王のホームページに掲載されている目安を見ると 以下が公式な次亜塩素酸ナトリウム0. 05%、0. 1%の液の作り方になっています。 花王の塩素系漂白剤で、次亜塩素酸ナトリウム0. 05%、0. 1%の液は作れるの? 次亜塩素酸ナトリウムを含む花王の塩素系漂白剤は台所用の「キッチン泡ハイター」「キッチンハイター」と、衣料用の「ハイター」です。 希釈の目安(例)を下表に示します。 ご使用の際には注意が必要ですので、ご使用前に必ず、各商品に表示している内容をご確認ください。 下の製品画像をクリックするとごらんいただけます。 希釈の目安(例) 商品名 0. 次亜塩素酸ナトリウム(ハイター・キッチンハイターなどの「塩素系漂白剤」(濃度約 5%))• ペットボトル(今回は汎用性が高い2リットルのペットボトルを使用) ドアノブ、手すり等の消毒の場合の消毒液の作り方(0. 02%)• 2リットルのペットボトルに水を入れる。 2リットルのペットボトルにハイターのキャップ「1杯より少し少ない量(20ml)」のハイターを入れる。 (キャップ1杯は25ml) 嘔吐や汚染の可能性がある物が付着した床等の処理の場合の消毒液の作り方(0. 1%)• 2リットルのペットボトルに水を入れる。 2リットルのペットボトルにハイターのキャップ「約4杯(100ml)」の塩素系漂白剤を入れる。 (キャップ1杯は25ml) リンク ハイターなど塩素系で消毒液を作り消毒するときの注意点 次亜塩素酸ナトリウム消毒液は塩素系漂白剤等を希釈して作りますが、使い方を間違えると効果がなくなるだけでなく、思わぬ事故につながることがあります。 ハイターなどで消毒するとき、生ごみや食べ物にかけたまま放置すると有毒ガスが発生する 花王のハイターなどは、次亜塩素酸ナトリウムを主成分とする「塩素系」の漂白剤(洗浄剤)なので、酸性タイプの洗浄剤とまざると塩素ガスが発生する危険があります。 「 まぜるな危険」というやつです。 注意したいのは、酸性タイプの洗浄剤だけでなく、お酢、アルコールなどと混ざった場合や、いろいろなものが混じった生ごみなどに液がかかった場合も、塩素ガスが発生する危険があります。 ハイターなどの希釈液はスプレーで噴霧して使うと危険 次亜塩素酸ナトリウム消毒液は、スプレーボトルに入れて噴霧して使うことは推奨されていません。 理由としては、ウイルスが拡散する可能性があるためとされています。 スプレーすることにはその他にも噴霧されたアルカリ性の消毒液を吸い込んでしまい、呼吸器を傷つける可能性があることなども心配されます。 また、目に入ると重篤な症状が起きる可能性もあるため、スプレーボトルで噴霧する使い方は避けた方がよいでしょう。 キッチン泡ハイターなどのようにもともとスプレータイプとして販売されている消毒剤もありますが、スプレーして数分で洗い流すことが前提で、かつピンポイントで噴出されるスプレーになっています。 感染予防の方法はこちらも.

次の

キッチンハイターの使い方|液体と泡を使い分けて上手に除菌・漂白を

ハイター

キッチンハイターにはお風呂のヌメリやカビの除去に効果的な成分が含まれる ハイターは塩素系漂白剤であり、主にお風呂場の他に、キッチンなどでも使えます。 ハイターのなかでも洗浄成分がプラスされており、特にヌメリや黒カビを除去しやすくしているのがキッチンハイターです。 主に水回りの除菌でカビや黄色ブドウ球菌などを殺菌する、または布やタイルに根を張り内部まで入ってしまったカビなどを漂白して取り除くという使い方をします。 ただ脱色効果も生まれてしまうので、色のついたタオルなどには使えず、使うと色落ちしてしまいます。 主に白物専用の漂白剤や除菌剤として使うことができ、お風呂場のタイルやその間のゴム部分、排水口などに使えます。 使用すると塩素のニオイが蔓延しますので、お風呂場やキッチンなどの水回り以外では使うことはなく、たとえば壁や床の板材に使うとそのまま塩素が染みこんでしまい良くありません。 タイルやステンレスなど、内部まで塩素が染みこまないようなところに使用します。 キッチンやお風呂場では黒ずんだところやヌメリが気になるような場所にふりかけて使用します。 特にブラシなどでゴシゴシとこする必要はなく、ふりかけて数分置き、その後シャワーで洗い流すだけできれいになりますので、とても簡単にキッチンやお風呂場の掃除が出来ます。 キッチンハイターとお風呂用ハイターの違い 塩素系漂白剤には「次亜塩素酸ナトリウム」が含まれていて、カビ取りに高い効果があります。 一般的にお風呂のカビ取りには塩素系漂白剤のお風呂用ハイターを使いますが、 同じく塩素系漂白剤であるキッチンハイターでも代用できます。 では、その二つにはどのような違いがあるのでしょうか。 答えは、次亜塩素酸ナトリウムの濃度の違いです。 キッチンハイターの濃度は6%ですが、お風呂用ハイターの濃度はさらに低くなっています。 お風呂用ハイターの濃度が低い理由は、カビ取りの目的だけであれば高い濃度である必要がないということと、大変強いアルカリ性であるため 高濃度の溶液をお風呂掃除に使うのは危険だからです。 お風呂掃除の場合は、キッチンで使用するよりも「溶液が目に入る」、「飛沫を吸い込む」、「手に付く」などのリスクが高いと考えられます。 そのため、お風呂用ハイターはカビ取りに最低限必要な濃度に調整されています。 キッチンハイターの場合は、本来カビ取りが目的ではなく布巾や食器の漂白や除菌などです。 通常は、それらの目的に合った濃度に水で薄めてから使います。 お風呂のカビ取りに使用する場合は、キッチンハイターをそのまま薄めずに使うと塩素の臭いで気分が悪くなってしまう恐れがありますので、必ず水で薄めるようにしましょう。 お風呂掃除で必要な道具 それでは、キッチンハイターを使ったお風呂掃除に必要な道具を紹介します。 準備するもの ・ゴーグルまたはメガネ ・ゴム手袋 ・マスク ・空の容器とハケまたはスプレーボトル キッチンハイターは原液で使わずに、少なくとも2,3倍以上に薄めて使うほうが安全です。 キッチンハイターを薄めた溶液をスプレーボトルに入れて吹きかける方法か、薄めた溶液を空の容器に入れてハケで塗っていく方法がいいでしょう。 カビ取りをする際は、必ずゴーグルまたはメガネ、ゴム手袋、マスクを着用しましょう。 天井のカビ取りも行う場合は、天井から溶液が垂れ落ちてくる可能性がありますので、 メガネよりもゴーグルがあるとより安全です。 ゴーグルには水泳用、花粉症用、医療用などいろいろな種類がありますが、掃除用のゴーグルとして販売されているものもあります。 掃除用ゴーグルは、サイズ調整が容易で、フレームが柔らかくてフット感があり、レンズが透明で見やすく、メガネの上からもつけられるものがお ハイターは注意点を守って正しく使いましょう ハイターを含めた塩素系漂白剤は、混ぜるな危険という注意書きが必ずあり、 酵素系漂白剤と混ぜると有毒ガスが発生し吸い込むと危険です。 このために、酵素系漂白剤と混ぜて使う、一緒に使うようなことはでせず、ハイターを他の容器に移すのもしてはいけません。 またタンパク質を溶かす効果もありますので、 使用するときはマスクをする、ゴーグルをする、ゴム手袋をして使うということを行ないます。 スプレータイプだと飛び散る危険もありますので、注意しましょう。 万が一手に付いた場合は、すぐに流水によってよく洗い流します。 使用すると塩素ガスが発生しますので、ガスを吸い込まないように、 よく換気を行ないながら使用します。 換気扇があれば回しておく、窓は開けて通気を良くするということを行ないながら使用しましょう。 くれぐれも窓や換気扇の無いような密閉した空間では使用しない方が良いです。 ちなみにスプレーのようにして使うようなタイプのハイターは、すべてが液体が泡状になるようになっており、これは原液が飛び散って体などに付かないように配慮されているからです。 またハイターを使用してふりかけたところは、よく水で洗い流して、ハイターの成分が残らないようにしましょう。 ハイターの使用方法を覚えましょう まずはハイターを使用する前には、使う場所の換気扇を回す、窓を開けるなど通気を良くして、最低でもゴム手袋は着用し準備します。 そして次に黒カビやヌメリのある部分にふりかけて、数分置いておきよく染みこませます。 その後、十分に染みこませたら、シャワーなどを使用し、水でよく洗い流すと、カビやヌメリが洗い流されてきれいになります。 ただスプレーしても、タイルの壁などではそのまま垂れて液体が床に流れて、あまり効果を発揮しないこともあります。 そのような場合は、まずは 壁にティッシュペーパーを貼り付け、そこにハイターをスプレーすると、液体が垂れて落ちずに、壁の黒カビなどを十分に除去してくれます。 ティッシュペーパーを使うときも、最後は水で洗い流せばきれいになります。 排水口にも、ふりかけると詰まったり悪臭がしたりしているような場合も、きれいにすることができます。 またキッチンの油汚れであれば、やはりそのままふりかけて、水で洗い流しても良いです。 広い部分を除菌するならば、タオルなどを使用し、ゴム手袋を装着し、キッチンなどの平らな部分を拭いて掃除する事も出来、ガスレンジの上などの掃除にもおすすめです。 タオルを使う場合は、必ずハイターを水で50倍に薄めて、薄めた液にタオルを浸して絞り、そのタオルを使って拭いて除菌します。 カビ取りするときのコツ それでは、次にキッチンハイターを使ったカビ取りのコツを紹介します。 カビは表面だけに付着したものであればブラシでこするだけでも落とすことができますが、菌糸を奥深くまで伸ばしたカビは、 表面をこすっただけでは落ちません。 奥に残った菌糸が生き残っていれば、そこからすぐにまたカビが表面に出てきます。 特にパッキンなどのように柔らかい素材にカビが付着すると奥まで菌糸を伸ばしやすいため、キッチンハイターの溶液を奥まで浸透させて死滅させるような工夫が必要です。 キッチンハイターはそのままの溶液で使うと濃度が濃いので、少なくとも2、3倍以上に水で薄めて使いましょう。 奥まで浸透したカビをしっかりと除菌するためには、キッチンハイターの溶液がお風呂場の水滴でさらに薄くならないようにしましょう。 そのためには、カビ取りの前に壁の水分を拭き取っておくか、お風呂場が完全に乾いていてからカビ取りをスタートします。 カビは 溶液を染み込ませたキッチンペーパーでパックをするか、溶液を塗ったあとに食品用のラップを貼り付けてパックをすると流れ落ちずカビのある箇所で液が奥まで染み込みやすくなります。 パックした後は、1時間~数時間ほど浸け置きしてカビが完全に死滅するまで待ちましょう。 カビが消えてきれいになったらパックを外し、水で洗い流して溶液が残らないようにします。 ピンクカビや黒カビなど代表的なものがありますが、床や壁、天井などに発生する黒ずみや黄ばみ、水垢や湯垢などは、発生場所や汚れの種類によって掃除方法や使う洗剤などを変えたほうが効果的です。 そのため、一般の人が綺麗にお風呂掃除をしようとしてもなかなか難しいところがあります。 そのような場合は、一度ハウスクリーニングを考えてみてはいかがでしょう。 ハウスクリーニングの場合、 専門のスタッフが専用の器具と薬剤を使って効率良く掃除します。 そのため、普段掃除してもなかなか落とすことができなかったカビや各種の汚れなども、プロのテクニックで驚くほど短時間で綺麗にすることができます。 このようなお風呂場のスペシャルケアを一般の人が同じように行おうとすると、手間や時間ばかりがかかってしまいます。 掃除が趣味という場合は別として、忙しくて掃除に時間が取れないと感じている人こそハウスクリーニングに依頼し、プロの手に任せてみましょう。 お風呂掃除をプロに任せた体験談 では、実際にベアーズに届いたハウスクリーニングを利用した人の声を紹介します。 「きれいになったお風呂に家族で感動しながら入りました!夜は、浴室クリーニングできれいになったお風呂に家族で感動しながら入りました。 今後もぜひ利用させて頂ければと思います。 」 引用元: 「壁や天井がピカピカです!清掃後、数日経ちましたがお風呂に入る度に綺麗になったなぁと実感し、頼んだ甲斐があるとしみじみ思っています。 壁や天井が特にピカピカに落ちて、非常に満足しています。 」 引用元: 「お手入れアドバイスをいただけて嬉しかったです。 2名で来てくださり、一生懸命やっていただきました。 特に、蛇口が新品のようにピカピカになったので本当に感動いたしました!」 引用元: 以上のようにベアーズのハウスクリーニングを利用した人は、 「お風呂がピカピカになったことで、お風呂の時間が楽しみになった」と喜びのメッセージを寄せています。 日常のお手入れでなかなか落ちない汚れやカビがある場合は、時間をかけてその汚れと格闘するよりも、ハウスクリーニングにお任せしてしまうほうが簡単です。 新品のように綺麗になったお風呂はとても気持ちのいいものですので、毎日のバスタイムが待ち遠しいと感じることでしょう。 (まとめ)お風呂掃除にキッチンハイターは使えるの?• お風呂掃除をするにもキッチンハイターは有効といえます ハイターは、お風呂やキッチンに出来てしまったヌメリや黒カビを除去するのに有効です。 使うときは 手に付かないように注意し、発生するガスを吸い込まないようにしましょう。 キッチンハイターにはお風呂のヌメリやカビの除去に効果的な成分が含まれています ハイターは塩素系漂白剤であり、ヌメリや黒カビを除去するのに有効です。 使うときは汚れの部分にふりかけるだけでよく、そのあと数分置いてから水で洗い流すだけでよいです。 ハイターは注意点を守って正しく使いましょう ハイターは塩素系漂白剤であるため、体には有害であり、使用方法は注意が必要です。 手や顔や目などに付着しないようにする、付着したらよく水で洗う、使用する場所は通気良くして換気しながら使用します。 ハイターの使用方法を覚えましょう ハイターを使って黒カビやヌメリを取り除くには、 汚れている部分にふりかけます。 その後数分放置して水で洗い流すだけできれいになります。 また50倍に薄めたハイターなら、タオルを使い拭いて除菌するという使い方もできます。

次の

ハイターの成分と使い方!塩素系・酸素系漂白剤やキッチンハイターを解説

ハイター

水筒のゴムパッキンにハイターを使う時の注意点とハイターの臭いの取り方 子供から大人まで、毎日水筒を使っているというご家庭は多いのではないでしょうか。 毎日使うことで汚れもたまりますし、気になってきますよね。 特に ゴムパッキン の部分は茶色くなって、最悪の場合は黒カビが生えてしまうなんてことも。 ゴムパッキンの汚れをとるためにはハイターが効果的 です。 「ゴム製品にもハイターって使えるの?」と思われるかもしれませんが、使用方法を守ればちゃんと使えますよ。 まず普通の液体のキッチンハイターですが、こちらは非常に強力な漂白剤です。 ゴム製品にも当然薄めて使います。 汚れをとりたいからといって原液につけてしまうとゴムが劣化しやすくなりますので注意してくださいね。 漂白方法は簡単です。 ゴム製品の漂白方法 プラスチック製のボウルか洗面器に、ぬるま湯とハイターを10:1の割合で入れて漂白液をつくり、ゴムパッキンを入れて30分漬け置きします。 ときどき様子を見て時間を調整してくださいね。 汚れがとれたら流水でよくすすぎます。 しっかりすすぐことでハイターの臭いが取れます。 それでも気になるようであれば、熱湯にくぐらせてから乾燥させると気にならなくなりますよ。 乾燥させる場合は太陽光を当てるとより効果的です。 また、液体ではなくキッチン用の泡ハイターを使うことでも、ゴムパッキンの汚れをとることができます。 液体よりも使いやすいですが、スプレーしてから 長時間放置せずに5分ほどできちんとすすぐようにしてください。 液体のキッチンハイターと同様にすすぎと乾燥をきちんとすることで、ハイターの臭いを取ることができます。 漂白中に泡が流れてしまう場合には、 ラップしておくとより効果的 ですよ。 ハイターは金属を腐食させる?水筒の汚れとりにハイターを使って大丈夫? ゴムパッキンに使うことができるのは分かりましたが、できれば水筒本体の中身もきちんと洗いたいですよね。 でもハイターは金属を腐食させるという不安もありませんか? 実は 水筒本体の中身の汚れにも、ハイターを使うことができる んです。 しかしステンレス製の水筒は、アルカリ性であるハイターに長時間触れることで腐食してしまうというのも事実です。 そのため、水筒本体の中身を漂白したい場合には、5分ほどで洗い流すことができる泡タイプのハイターを使用してください。 液体タイプのハイターだと30分ほど漬け置きしなければいけないので使用することができません。 泡タイプのハイターはステンレス製の水筒本体にも使うことができますが、念のために使う前に裏面の説明書きを読んでくださいね。 水筒に塩素系の泡ハイターを使う自信がないというのであれば、 酸素系の漂白剤 を使うこともおすすめです。 塩素系の漂白剤と比べると洗浄力はやや劣りますがしっかりきれいになりますし、塩素系の臭いが苦手な方でも安心して使うことができますよ。

次の