いただきますと幸いです。 幸いですの意味と類語と使い方、ビジネスメールで使える例文16個

ご放念の意味2コ・例文5コ・使う場面・言い換え表現

いただきますと幸いです

「幸いです」の意味と使い方 「幸い」とは、その人にとって望ましく、ありがたい事を意味します。 文末で使われる「幸いです」は、「こうしてくれれば嬉しい」「ありがたい」という意味の謙譲語です。 「幸いです」は、自分の気持ちをへりくだって伝える事で、間接的に相手の行動を促す表現です。 依頼の意味以外にも、「気に入っていただければ幸いです」のように、こちら側の好意を伝える際にもよく使われます。 「幸いです」の例文• 来週までに返信いただけると幸いです。 お手すきの際に、ご確認いただけると幸いです。 ご笑納(しょうのう)くだされば幸いです。 ご教示いただければ幸いです。 お口に合えば幸いです。 ご参加いただければ幸いです。 お知らせいただけますと幸いです。 して頂けるとありがたいです。 して頂けるとありがたく存じます。 して頂ければ幸甚です。 して頂けますでしょうか。 していただきたく存じます。 お願い申し上げます。 お願いいたします。 助かります。 「幸いです」のビジネスメールでの注意点は? 文末の「幸いです」は謙譲語なので、目上の人にも使える表現です。 ただし、ビジネスメールにおいては使い方に注意が必要です。 前述したように「幸いです」は「こうしてくれれば嬉しい」という意味です。 「こうしてくれれば嬉しい」という事は、裏を返せば、やるかやらないかは相手に任されていることになります。 なので、「幸いです」は、急ぎのお願いの際に使うのにはふさわしくありません。 「幸いです」は、期限が差し迫っておらず、かつ相手の判断にゆだねる事柄に関して使うのが良いでしょう。 しっかりとお願いをしたい場合は、「お願い申し上げます」「して頂けますでしょうか」などとはっきり伝える方が良いです。 また、「幸いです」だけでは目上の人への敬語として物足りないと感じる場合もあると思います。 そういう時は、「幸いに存じます」や「幸甚(こうじん)に存じます」という表現を使いましょう。 「幸いです」よりも、もっと丁寧な文章になりますよ。 「幸甚」とは、「とても幸せである」事を意味します。 手紙言葉なので、特に丁寧にしたい場合などに使ってみましょう。 何かを依頼された時、それに対する返事として「承知いたしました」や「承りました」だけでは素っ気なく感じる時があります。 そういう場合、「お役に立てれば幸いです」や「お力になれれば幸いです」と一言入れる事によって、相手に良い印象を与えることが出来ます。 まとめ いかがでしたか? 「幸いです」は、とても便利な表現ですよね。 相手に強要する訳ではないけれど、自分の希望を間接的に伝えることが出来ます。 ただ、急な用事の際には使わない方が無難ですね。 また、目上の人に対してはさらに丁寧な「幸いに存じます」や「幸甚です」という表現もあります。 これらを使って相手や状況に応じて、スムーズなコミュニケーションが取れるように頑張りましょう! 宜しければ参考にしてみてください。

次の

「いただけると幸いです」の意味と使い方|ビジネスメールでの例文

いただきますと幸いです

「幸いです」は相手にお願いするときに使う 「幸いです」は、主に相手に何かを依頼するときに用います。 しかし使うのは、軽いお願いのときに限られます。 何かを強くお願いするときには、「お願い申し上げます」などを用います。 また、贈り物を渡す際も同様に、「貰っていただければ嬉しいです」という意味を込めて、「幸いです」を多く使います。 必ずやってほしい時には幸いですを使わない 「幸いです」は、お願いする方がやってくれるとうれしいだけで、相手も幸せとは限りません。 先にも紹介しましたが、ビジネスシーンで必ずやってほしいことをお願いする時には、「幸いです」を使うのは避けるようにしましょう。 「幸いです」は目上の人には相応しくない 「幸いです」は、やわらかく丁寧な表現ですが、実は目上の人に対しては使わないのが無難です。 「幸いです」の言い切りに一方的な印象を持つ人もいるので、言い換えるのがいいでしょう。 謙譲の気持ちを込めて、「幸いに存じます」としたり、シンプルに「お願い申し上げます」などとできるでしょう。 「幸いです」の類語、代替できる言葉 「幸いです」の類語:「助かります」 「幸いです」のいい換え表現として「助かります」があります。 「助かります」は「幸いです」よりも砕けた表現です。 使用上の注意点として、 「助ける」には「本人が主体的にやっていることをお手伝いする」という意味があり、目上の人に「助かります」を使うことは失礼に当たります。 距離感の近い同僚、友人などに使うのがよいでしょう。 「幸いです」の類語:「幸甚です」 「幸甚 こうじん です」は「幸いです」よりも丁寧な表現です。 「幸甚です」は、「この上なく嬉しい・幸せだ」という意味を持ちます。 相手に対して敬意を払う表現であるため、目上の方にも使用できます。

次の

ご放念の意味2コ・例文5コ・使う場面・言い換え表現

いただきますと幸いです

ビジネスシーンでは、良好な人間関係を築くために「ご連絡いただければ幸いです」の表現は欠かせません。 一般的にビジネスシーンでは頻繁に使われる表現です。 上司、同僚、取引先などあらゆる関係性の間で重宝される表現ですが、どういった表現方法があるのか紹介します。 ビジネスでの一般的な例文とは? ビジネスではよく使われる表現として、「ご連絡いただければ幸いです。 何卒よろしくお願いいたします」「ご連絡いただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします」などが一般的です。 連絡をする際に相手に確認作業が発生して返事が必要な場合に使われる表現です。 相手が気持ちよく返事ができるように、急かさないソフトな表現として「ご連絡いただければ幸いです」はビジネスで重宝されています。 メールで「ご連絡いただければ幸いです」とは? 社内で社員からの返事を催促する際に、「ご連絡いただければ幸いです」といった表現はとても役立ちます。 年下、目上関係なく催促する場合に、どの人も不快にならない便利な表現です。 どういった使い方があるのか紹介します。 どうぞよろしくお願いいたします」が一般的です。 「ご連絡いただければ幸いです」の敬語とは? 相手に威圧感を与えないようお願いする方法として「ご連絡いただければ幸いです」といった表現はとても重宝されますが、ときに表現がソフトすぎて相手に緊急度が伝わりづらい場合があります。 せっかく相手を配慮する表現を使っているのに、本当は急ぎで返事が必要な場合でもなかなか返事をもらえずに困った経験がある人もいるでしょう。 返事の緊急度が高い場合にはどういった表現が適切なのか紹介しましょう。 相手によってはソフトな表現では伝わらない場合があるので、送る相手や状況に応じて使い分けるといいでしょう。 「幸いです」を含めた他の表現方法は? 立て続けにおなじ相手に確認依頼をする際に、「ご連絡いただければ幸いです」と伝えると少しおなじ表現を使いすぎと気にする人も多いでしょう。 おなじ表現を重複すると、人によってはソフトな表現を使っていても威圧感として受け止める場合があります。 「ご連絡いただければ幸いです」とおなじ意味として他にどんな表現方法があるのか紹介します。 「ご連絡いただければ助かります」 「幸いです」の代わりに「助かります」を使う「ご連絡いただければ助かります」といった表現があります。 意味合いはおなじで、「助かります」を使うことで相手に「返事をしてあげたいな」というサポートしたくなる表現として重宝されています。 「ご連絡いただければ幸甚です」 「幸いです」の代わりに「幸甚です」を使う「ご連絡いただければ幸甚です」といった表現があります。 「幸甚」とは「こうじん」と読みます。 「非常に幸いなこと」を意味するもので、一般にいう幸せよりはるかに幸せ度合が高いことを示します。 「幸甚」を含めた表現は、口頭よりかはメールや手紙で使われるのが一般的です。 やや堅い表現なので、ビジネスシーンで活用することをおすすめします。 「ご連絡いただければ幸いです」を英語でいうと?.

次の