腹痛 鈍痛 続く。 下腹部の鈍痛|家庭の医学|時事メディカル

お腹痛い原因 ずっと続く時は病気?わからない時に読む記事です

腹痛 鈍痛 続く

腹痛はさまざまな原因によって起こりますが、お腹のどの部位に痛みが現れているかで原因が異なる場合があります。 お腹が張っているような感じが続いて左下あたりが痛くなってきた• 変な物を食べた記憶はないのに、お腹の左下に痛みが出て下痢っぽい、吐き気もある• お腹の左下が痛くてトイレに行ったら便に血が混じっていた このようにお腹の左下に痛みがある場合、何が原因になっているのでしょうか。 左下腹痛の原因として考えられる病気 お腹の左下に痛みがでる原因の多くが胃や腸などの消化器の病気です。 また、他にも女性の内性器(子宮や卵巣など)や泌尿器の病気が原因になっていることもあります。 胃や腸などの消化器の病気 お腹の左下に痛みがでる消化器の病気には、便秘や、、炎症性腸疾患、虚血性などがあり、特に大腸の病気でよくみられます。 便秘 便秘とは、排便が順調に行われない状態のこといい、排便回数や排便量が少ない場合だけでなく、水分の少ない硬い便が出る、うまく便が出せないなども含まれます。 便秘には、大腸の働きの異常が原因で起こる機能性便秘と、腸の病気が原因で起こる器質性便秘に大別され、いずれも腹痛を伴うことが多く、特にお腹の左下に痛みを感じることがあります。 原因によって異なりますが、他の症状として腹部や食欲低下、吐き気・嘔吐などがみられる場合もあります。 憩室炎 憩室 けいしつ とは、消化器の壁の一部が袋状に突出してできたものです。 そこに細菌感染などで炎症が起きた病気をといい、特に大腸に起こることが多く、大腸にできた憩室が炎症した場合にはと呼びます。 憩室があるだけでは無症状ですが、炎症が起こることで持続する腹痛が生じます。 痛みがでる場所は憩室ができる部位によって異なりますが、お腹の左下に位置する大腸のS字結腸などにもよくみられます。 腹痛のほかに発熱を伴うこともあり、憩室が出血した場合にはがみられることもあります。 腸炎 とは、細菌やウイルスなどによる感染、薬物やなどによって腸管に炎症が起きる病気です。 原因によって症状は異なりますが、腹痛、吐き気・嘔吐、下痢などが典型的な症状です。 原因によっては発熱やを伴う下痢がみられることもあります。 炎症性腸疾患 炎症性腸疾患とは、大腸または小腸の粘膜に慢性の炎症や潰瘍が生じる原因不明の病気のことで、とが代表的なものに挙げられます。 症状として慢性的な腹痛と下痢、時にはを伴う下痢がみられ、腹痛はお腹の左下に起こることもあれば、右下や全体に起こることもあります。 ほかにも発熱や体重減少などの全身症状がでる場合もあります。 虚血性腸炎 虚血性とは、腸の血流が悪くなって起こる病気で、高齢者に多くみられます。 主な症状は腹痛(左下腹部も多い)と吐き気・嘔吐ですが、腸の粘膜が損傷を受けて粘膜が腸管壁からはがれ落ちると、下痢やがみられる場合もあります。 消化器以外の病気 胃や腸といった消化器の病気以外に、以下のような病気も左下腹部が症状のひとつとして現れることがあります。 婦人科の病気 卵巣に腫瘍ができる、卵巣が周囲の血管や組織を巻き込むように捻じれる らんそうけいねんてん 、受精卵が子宮内膜以外の場所に着床するなど、婦人科の病気でも左下腹痛が生じることが多く、時には激しい痛みが起こります。 女性の激しい腹痛は注意が必要です。 尿路結石 とは、腎臓から尿道までの尿路に石ができることを指し、発生する部位によって腎結石、、膀胱結石、尿道結石に4つに大別されます。 このうち左下腹痛を生じることが多いのがと膀胱結石で、では激しい痛みが現れます。 痛み以外では、で血尿や吐き気、膀胱結石で頻尿や残尿感もよくみられます。 腹部の腫瘍 腫瘍とは、過剰に増殖してできた組織のかたまりのことで、体のさまざまな部位に発生します。 発生する部位のうち、消化管や泌尿器、子宮・卵巣などお腹の臓器や組織、骨などに腫瘍ができることでも、左下腹痛が現れる場合があります。 受診の目安とポイント このように、左下腹部の痛みはさまざまな病気が原因となって起こります。 痛みが激しい場合や、などを伴う場合には早期の受診が必要です。 腹痛が、歩いたり咳をしたりして響くときにはになっていることがあります。 痛みが軽くても発熱や吐き気・嘔吐、下痢など他の症状がある場合にも、早めに病院を受診するようにしましょう。 受診科目は胃や腸の病気であれば消化器内科が適していますが、原因がどこにあるのかということは自分で判断をつけづらいこともあります。 迷う場合には近くの内科や、かかりつけの医療機関で相談してみましょう。 受診の際には、どのような痛みか(ズキズキ・ピリピリ・チクチク、鈍い痛みなど)、どのように痛みが現れたのか、痛みがどのくらい続いているか、痛み以外にどのような症状があるかなど、分かる範囲で詳しく伝えましょう。

次の

慢性腹痛と反復性腹痛

腹痛 鈍痛 続く

腹痛や下痢が続いていませんか? いつもの腹痛や下痢ならばトイレに行くと、 大抵の場合は治ります。 しかし、トイレに行っても治らないし、 何日も 下痢が続く・・・。 もともと胃腸が弱いからと仕方ない、 良くある事だと思っていたら、 実は 病気かも知れませんよ。 こんな症状ありませんか?• 下痢と便秘を繰り返す。 いつもお腹に不快感がある。 通勤電車でよくお腹が痛くなる。 会議やテストが始まるお腹が痛くなる。 渋滞になるとお腹が痛くなる。 知らない場所に行くとお腹が痛くなる。 病院に行っても腸などに異常がない。 この症状がある人は、 注意が必要です。 腹痛が慢性的に起こるあなたには、 病気の可能性があります。 一緒にみていきましょう。 通勤・通学のバスや電車の中。 大切な会議や商談中。 学校のテスト中。 車の運転中。 旅先などでトイレが分からない時。 食事をした後。 上記で分かるように、過敏性腸症候群の人が症状が出るのは、 トイレに簡単に行けない状況の時が多いのです。 腹痛が起こっても簡単にトイレに行けないと思うと、 ストレスがかかり下痢になったりします。 症状が酷くなるとトイレがどこにあるか分からない状況で、 お腹が痛くなると パニックになる人もいてます。 過敏性腸症候群の人は、 常に腹痛の恐怖がありますので、 行きたい場所に行けなかったり、人との付き合いも億劫なり、 普通の生活が送れなくなる事もあります。 私も電車や車に乗っている時に、 よく腹痛に襲われた経験があります。 トイレを我慢出来ないのに、トイレに行けない状況を、 思い出すだけでも恐ろしいです。 今思えば 過敏性腸症候群になっていたのかも知れませんね。 あの当時は、急な腹痛に良くなっていたので、 通勤を3本早い電車に乗ったり、晩御飯を制限したり、 朝から何回もトイレに行ってました。 考えれば考えるほど、ストレスがたまり、 腹痛が続く 悪循環ですね。 通常お腹の調子が悪い時に受診するのは、 胃腸科や消化器科です。 しかし、過敏性腸症候群は精神的な要因が多いので、 心療内科か精神科なのか? 結論で言うと、まずは 消化器科を受診してください。 腹痛や下痢が続く病気は他にあります。 まずは、お医者さんにきっちりと診断してもらいましょう。 消化器科で治療をしても改善しない場合に、 心療内科を受診するという順番が理想です。 自己判断で決めつけるのが、一番危険です。 医療のプロのお医者さんに診断してもらい、 判断をあおぎましょう。 最後に 私の場合はお医者さんで診断した訳では無いのですが、 今回の症状を見ていると同じような経験があります。 どうにか治らないのか色々試しました。 今思えば病院に行ったら良かったのですが、 まさか病気とは思わなかったので…。 少しぐらいなら トイレを我慢出来るという自信が付いて、 電車や車に乗る恐怖がなくなりました。 ストレスや恐怖がなくなったので、 腹痛の回数が減りました。 私の場合は軽度だったのか、 今では症状が出ません。 過敏性腸症候群は 治りにくい病気だとも言われます。 しかし、お医者さんの診断を受けて、処方された薬で、 2、3回で治った人もいます。 過敏性腸症候群を治すには、お医者さんの診断を受けて、 公私共に生活環境を改善して、ストレスを減らす事が、 一番の近道かも知れませんね。

次の

【第20回】気になるからだの危険信号 痛み - 腹痛 -|マッサージチェアのパイオニア フジ医療器(1954年創業の美と健康の総合メーカー)

腹痛 鈍痛 続く

空腹時に痛いものは、『胃潰瘍』や『十二指腸潰瘍』を疑います。 右の下腹部痛は、『虫垂炎(ちゅうすいえん)』の場合も多いですが、熱がないときは、便秘が原因のことも。 また、脂っこいものを食べた後に激しい右上腹部痛が起こるのは、『胆石症』。 胃腸薬などで対処しても取れない痛みは、一度医療機関の受診をお勧めします」 一方、熱がある場合、腹痛+熱(38度以上)の症状なら腸管の内圧が上がり粘膜が外に出てしまう『大腸憩室炎(だいちょうけいしつえん)』、腹痛+発熱+下痢の症状なら『感染性胃腸炎』が考えられるそう。 下痢が長引く場合は『潰瘍性大腸炎』の可能性があり、症状が強くなると腹痛に合わせて発熱を起こすことも。 さらに、50代女性で、注意すべき腹痛は、婦人科系疾患や『大腸がん』。 「女性は、卵巣や子宮の病気なども考えられます。 定期的に婦人科を受診したり婦人科検診をしておくと、これらの病気を見逃さずに済みます。 また、大腸がんは50歳以上でハイリスク。 継続する腹痛、血便、貧血、下痢、体重減少などから見つかることもあります。 閉経が近くなると、ホルモンバランスの乱れから子宮内膜が厚くなり、ダラダラ出血したり、一度に大量に出血したりする場合があります。 一方で、不正出血には子宮体がんなどの病気が隠れている場合もあり、閉経後の出血は特に注意が必要です。 茶褐色のおりものが出る場合は、子宮頸がんや腟炎の可能性も。 出血をくり返すと、貧血が重くなる場合もあります。 早めに婦人科を受診して原因を調べてもらいましょう。 【50代の「不正出血」から考えられる病気】 ・機能性出血(ホルモンの異常、卵巣機能不全、無排卵) ・子宮頸がん、子宮体がんなどのがん ・子宮筋腫 ・子宮頸管ポリープ ・腟炎(萎縮性腟炎、細菌性腟炎) 危険な腹痛についてこんな症状は要注意 病気の早期発見に欠かせない定期検診。 胃の検査では、胃カメラとバリウムが選べる場合もあり、迷うところ。 「バリウム検査は胃の動きや形全体を見るのに有用で、胃カメラ検査は食道・胃・十二指腸の粘膜表面を直接撮影、診断できるメリットがあります。 50歳以上で、ピロリ菌がいるといわれた、ピロリ菌の除菌をした、萎縮性胃炎がある。 このような方には、胃カメラを勧めますね」と岡崎さん。 近年増えている大腸がんに関しては、年1回の便潜血検査(検便)を忘れずに。 詳しくは専門医に相談してください。 おとなの初診外来BOOKシリーズ 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 『おとなスタイル』Vol. 7 2017春号より 取材・文/及川夕子 構成/伊藤まなび.

次の