ふたご の 村 カミル。 花婿候補 牧場物語ふたごの村

カミルについて

ふたご の 村 カミル

マーベラスは,ニンテンドー3DS用ソフト「」を 本日(2017年12月14日)発売した。 本作は,ニンテンドーDSで発売された「」をベースとして,さまざまな追加要素を用意したアップグレード版とも言えるタイトルだ。 本稿では,そんな本作のプレイレポートをお届けする。 期待に胸を膨らませて馬車を走らせる主人公だったが,山道で動物を避けようとして転倒し,気絶してしまう。 ほどなくして主人公は, ルドガーと イルサという人物の声で目を覚ます。 2人は山のふもとにある2つの村の,それぞれの村長だ。 引っ越し先を探すプレイヤーの事情を知った2人は,互いに「自分の村に来たほうが良い」と話し,ついには言い争いをはじめてしまう。 どうやら2人の村長はひどく仲が悪いようだが……。 というのが,本作のプロローグだ。 プレイヤーは最初に,ルドガーが治める西洋風の村 「ブルーベル村」と,イルサが治めるアジアンテイストな村 「このはな村」という2つから移住先を選ぶことになる。 このはな村の村長,イルサ。 村長としての責任を重く受け止めており,いつでも村人の暮らしを守るための努力を惜しまない また,ゲーム開始時にプレイヤーキャラクターの性別や見ためを設定する際,追加要素として,ゲーム開始時に 「動物好き」「釣り好き」「お金持ち」「人気者」「普通」の中から1つを選択できるようになった。 釣り好きだと良い魚を釣りやすい,お金持ちだと所持金が少し多い……といったように,選んだ項目に応じてゲーム開始時の状況が少し変化するので,自分好みの条件で牧場生活をスタートすることが可能だ。 「普通」を選べば,オリジナル版と同じ状態でゲームを始められる 本作最大の特徴は,移住先にどちらの村を選ぶかによって,プレイヤーのできることが変化する点だ。 ブルーベル村を選んだ場合は 「動物」,このはな村を選んだ場合は 「農業」が生活の中心となっていく。 村によって住民も異なり,ふだん交流する相手も変化することになるので,最初はよく考えて選ぶと良いだろう。 なお,移住先を決めた後に,選ばなかった方の村に訪問することは可能だ。 ゲームを進めることで,もう一方の村への引っ越しも行えるようになる。 物語の序盤で馬と馬車を入手できる。 結婚候補キャラクターも互いの村に分かれているが,住んでいる村が異なっていても結婚はできる。 「あの子と仲良くなりたかったのに話せない!」といった事態は発生しないので安心してほしい。 定時になったら自動で換金される ここからは,ゲームの流れを紹介するとともに,各村の住民や特徴を紹介していこう。 ゲーム内には時間の概念があり,時間は村人の行動や天気などとリンクしている。 早朝は村のお店も開店していないので,牧場の作業をすることになるだろう。 ただし,作業をすると体力が減っていき,0になると倒れてしまうので,一度に働きすぎないように気をつけたい。 牧場の作業が終わった後は自由行動。 村人とのコミュニケーションを取ったり,村と村の間にある山に登ってアイテムを探してみたり,虫取りや魚釣りを楽しむのもまた一興だ。 山では「たけのこ」や「クルミ」といった食材や,シリーズでお馴染み「ムーンドロップ草」などの草花を採取できる。 アイテムの内容は季節ごとに変化するので,季節が変わったらいろいろな場所を巡ってみよう 草むらに潜む虫や浅瀬の川にいる魚などは,近づいてAボタンを押せば採取できる。 ちょっとした副収入になるだけでなく,採取した生き物は図鑑に記録されていくので,コンプリートを目指してみるのも良いだろう おつかいは選択しなかった村の掲示板からも請けられるので,余力があれば山を越えて両方のおつかいをこなそう もし山に登るなら,村人達が「おつかい」の依頼を張り出している掲示板をチェックしておくと効率的だ。 山でアイテムを採取するものや,単に買い取りを依頼するものまでさまざまあるおつかいをこなすと,お礼のアイテムをもらえるだけでなく,依頼人である村人とも仲良くなれる。 おつかいでしか手に入らない道具もあるので,できるだけ毎日チェックしたいところだ。 続いては,各村の特徴と結婚候補キャラクターを紹介をしていこう。 以下の情報が,最初に村を選ぶ手助けになれば幸いだ。 先に紹介したとおり,ブルーベル村の牧場ではさまざまな動物とのふれあいが楽しめる。 本作からの新機能として,動物の世話をするときには 「なでなでアイコン」が登場するようになった。 タッチペンを使って動物を上手になでると「仲良し度」がアップして副産物の品質が上がっていく。 毎日欠かさずに世話をしてあげよう。 村民達もプレイヤーと同じように庭先に畑を持っていて,季節にあわせた作物を作っている。 畑の作物は,土を耕して種をまき,毎日水をあげることで成長していく。 毎日すべての種に個別に水をあげていると体力がすぐ尽きてしまうが,耕す際に連続する「うね」を作ると,つながっている場所には一気に水を撒ける。 効率の良い形を探してみよう。 人付き合いが苦手で,そのことを少し気にしている様子 最高の料理をふるまって,2つの村の関係を修復しよう 行事の日程や内容は,家の中にあるカレンダーで確認できる ゲームを進めていくと,定期的に開催されるお祭りやコンテストといった 「行事」に参加できるようになる。 お花見や天体観測,虫取り大会など内容はさまざまで,結果に応じて村人達とより仲良くなることも。 特定のアイテムが必要になる場合もあるので,そうした場合は事前に用意しておこう。 行事の会話イベントでは,普段は見られない村人達の一面も見られる 料理の評価は,グルメマンことピエールさんが下してくれる。 料理大会でしか登場しない,ある意味ではレアなキャラクターだ そうした行事の中でもとくに重要なのは,ブルーベル村とこのはな村の住民が一堂に会して行われる 「料理大会」だ。 最初に両村の村長が言い争っていたように,ゲーム開始時の2つの村の関係はよろしくない。 そんな両者が集う貴重な機会である料理大会でプレイヤーが活躍すると,だんだんと両者の関係が修復されていく。 この,2つの村の関係の修復はゲーム全体をとおして目指す長期的な目標となるので,急がず気長に挑戦しよう。 その昔,洞窟でつながっていた2つの村だが,互いの村長が喧嘩を始めたことが女神の怒りにふれ,今ではその洞窟が封鎖されてしまったらしい。 関係の修復状況は,牧場物語シリーズではお馴染みの「女神さま」が教えてくれる 本作はとくにチュートリアルが親切で,さらに動物と農業というメインとなる牧場の仕事が2つの村に分かれているため,段階的に作業を覚えられる仕組みになっている。 牧場物語シリーズに初めて触れるプレイヤーには最適な作品だろう。 今回のプレイで,筆者はリコリスさんを追いかけていた。 リメイクにあたって画面も見やすくなり,さまざまな面がブラッシュアップされた本作。 プレイヤーのタイプごとに異なる楽しみ方が見いだせるゲームなので,オリジナル版のDS版を未プレイの人にもぜひ遊んでみてほしい。

次の

住人データ、愛情度、仲良し度 NDS用ゲーム 牧場物語ふたごの村攻略メモ

ふたご の 村 カミル

もくじ• 1位:牧場物語 3つの里の大切な友だち 牧場物語20周年を記念して作られた「3つの里の大切な友だち」 何を隠そう、現在私が一番プレイしたい牧場物語シリーズです。 3つの里のタイトル通り、古き良きアメリカ西部の雰囲気が漂う「ウェスタン」和の雰囲気漂う「つゆくさの里」南国の「ルルココ村」と、3つの里の人々と交流をしながら、牧場を経営していきます。 牧場は、3つの里内にあるのではなく、独立した場所にあるようですね。 3つ里の魅力といえば、「ファームサークル」と呼ばれる新しい牧場レイアウトシステムではないでしょうか? 今までの牧場物語は、畑・鶏小屋・牛小屋とすべてレイアウトが決まっていましたよね? 3つ里では、畑やオブジェ・建物をひょいっと持ち上げて、簡単に自分好みの牧場にレイアウトすることが可能です。 牧場物語シリーズ初の作物もあるんだとか! 3つ里はそれぞれの里ごと結婚候補キャラがいる ゲームのシステムも大切だけど、牧場物語をより魅力的にしてくれているのが、素敵な結婚候補キャラですよね~! 3つ里の結婚候補キャラはこちらです! まずはお嫁さん候補の女の子キャラ。 一番人気はリシェットではなかろうか?と憶測しています。 王道ゆるふわ娘• しっかり者のお姉さんキャラ• ぼくっ娘 全然違った!• 双子キャラ(絶対に性格が正反対) と、恋愛ゲームでも王道なタイプを集めておりますね! 続いて婿候補キャラはこちら!• 王道の王子系キャラ• 中性的な美人• かわいい弟系• 頼れるお兄さんキャラ と、こちらもしっかりキャラ分けされていてgood!! 「」の記事でも書いていたように、私の歴代の婿は皆色黒! なのでやっぱりルデゥスがいいな~と思っていますが お兄さんキャラもツボ 、ヒナタも気になります。 ああー、やっぱり実際にプレイしたい……! 2020年5月12日追記 実際に3つの里をプレイした感想はこちらの記事で書いています。 キャラクターも個性的だし 今まで初代から始めた牧場物語の中で一番いい作品だと思います。 引用元 個人的には三つの里が一番面白かったですね。 イベントの多さや濃さを重視したい方なので、そんな感想です。 三つの里は、3箇所の集落 ? とのコミュニティレベルを上げていく事で、出来ることを増やしていったり、交流を広げていきます。 キャラごとのイベントも、関係者の好感度を上げることも条件に含まれていたりして、交流メインで楽しみたい人には結構合うんじゃないかなと思います。 引用元 20周年の牧場物語のシステムの集結性、住民との交流イベントの多さなど、私の中で牧場物語において譲れない条件があっさりとクリアされている3つ里。 やはり文句なしの1位判決です! 2位:ルーンファクトリー4 牧場物語10周年を記念して作られた「ルーンファクトリー」ですが、牧場物語からスピンオフしつつ、現在ルーンファクトリー4まで発売されています。 ルーンファクトリー4になって初めて、主人公の性別が選択可能になりました! ルーンファクトリーの魅力といえば、やはり冒険要素ですね。 出てくるモンスターは、かわいいものからちょっと見た目が怖いものまでありますが、それほど恐ろし気なモンスターは少ないので、女性でも安心です。 ポケモンほどかわいいデザインではないけれど、モンハンよりかわいい。 個人的な判断基準です 笑 冒険なので、今までの牧場物語シリーズと違い、回復薬や武器などを合成したり、ダンジョンで謎を解いたりと、まさに「新牧場物語」に相応しい作品。 また、シリーズが進むごとにストーリーも長くなり、自分の子供や家族と一緒に冒険が出来るところもおもしろいですね。 モンスターまで!?ルーンファクトリー4の結婚候補たち 公式サイトに一覧で載っている絵が無かったので、ちょっと小さい絵ですみません。 ルーンファクトリー4では、主人公が男女選べられるので、結婚候補キャラも男女6人ずつと、豊富です。 みなさん個性的ですが、今回はモンスターも結婚候補キャラなんです! 今までエルフのハーフとかは結婚候補キャラにいましたが、モンスターは初ですね。 自分のペースでできる所が一番気にいっています。 パッケージ版を初めに購入し、あまりにもよく開くのでダウンロード版も購入しました。 素敵な作品に出会えて良かったです。 もっと早くにプレイしていれば良かったです。 引用元 どんなゲームも、少し時間が経ってからまた始めようとすると、やり方を忘れてしまったり、重要なイベントを飛ばしてしまいそうで結局やらなくなってしまったりしましたが、これはそういった煩わしさがなく😃 気が向いた時に気軽にプレイできて、長く遊べそうです😂 引用元 3位:牧場物語 つながる新天地 つながる新天地は、文字通り、貿易や主人公以外の4人の牧場主、友達の牧場など、「つながり」をメインにした作品になっています。 主人公以外の牧場主、貿易、サファリエリアで野生動物を含む動物のお世話と、新しい要素がまたもや盛りだくさん! もちろん主人公や牧場、町のオブジェのカスタマイズも可能と、今回も楽しみがいのある要素がめいっぱいつまっています。 優秀なキャラデザ!つながる新天地の結婚候補キャラ 全体的にほんわか~した女の子キャラたちが多いですね。 そして、ふたごの村で登場していたリコリスが、つながる新天地にも登場しています! しかもふたごの村よりもかわいさがマシマシになっとるー!! 続いては婿候補キャラです。 ナディ、君に決めた!! そして婿候補キャラには、ふたごの村からカミルが再登場。 こちらもぐっとイケメン度が上がってますね。 ふたごの村のプレイ記録や+のプレイ感想はこちらにまとめてあります。 ちょっと奥さん!(誰) つながる新天地は、とっても魅力的なキャラが多いと思いません? 正直キャラデザインだけ見れば、堂々の1位です 笑 そして、告白して恋人同士になった後のイベントが、恋愛ゲーム並みに良い……!(公式サイトを確認しただけなのですが) 牧場物語で恋愛を楽しみたいときには、ぜひおすすめしたい作品です。 牧場主同士で競争して勝たないと育てられない作物がテンコ盛り。 よって、やりたいことよりも、勝つための運営をしなければならない。 ほのぼのなんてものではない。 自由度が高いようで、陣地取りゲームでしかないような印象でした。 しかも、ある程度基盤をつくってから戦に勝とうとしてもその頃には周りもレベルを上げ、最初に陣地と取れなかった場合、間違ってセーブをしてしまったら最初からやり直したほうがいい位のゲーム。 この前の作品が比較的長い目でゆったりと遊べていたので、落差にがっかりしました。 キャラデザのみですかね、いい部分は。 引用元 購入前に様々なレヴューを読み、難易度が高すぎる。 との意見が多く、購入を悩んでいましたがアップデート情報を知り購入。 ゲーム開始前に「しんまい牧場主」「ベテラン牧場主」の選択が可能になりました。 「しんまい牧場主」を選択して、今1年目の秋です。 牧場物語は64時代から遊んでおり、これの前に遊んだのが「風のバザール」です。 昔に比べて、作物や動物の種類が増えているのはもちろんのこと、貿易・エディット・加工品の多さに驚きです。 春よりも夏、夏よりも秋。 と季節を追うごとに新しい要素が増え、毎日が楽しくあっというま。 みなさんのレヴューにあるとおり、お祭りの内容の薄さやキャラクターの会話の少なさは多少気になりますが それ以外はかなり良い出来だと思います。 洋服にコメントをもらえるので日常会話が少ないのは仕方ないかと思います。 キャラクターの好みも知ることが出来るので積極的に衣装チェンジしていれば会話については楽しめると思います。 「貿易」のせいで毎日出荷できない。 との意見も多いですが 「風のバザール」から比べれば、週に2回は出荷できますし、 秋ごろになれば貿易相手も増え(現在4箇所)自分のお店をもつことも可能なので不便はありませんでした。 陣取りは最初から全てを取るのは大変ですが、今回はここ!と目標を決めて戦えば勝つことが可能です。 あせらず、じっくりと楽しむゲームの良作だと思います。 引用元 やることが多すぎて大変という辛口のレビューもありますが、そこをうまくやりくり 目標を1つに定める 工夫が必要みたいですね。 また、お祭りや会話が少し物足りないようですね。 でも……それを補うキャラデザの良さよ! プレイする時は、新米モードがおすすめのようです。 これまた個性派ぞろい! 個人的には異国の王子様キャラ・シュミットが気になりますが、王道のアレンやニールも気になりますね! はじまりの大地は、セーブデータ2つじゃ足りなさそうだ 笑 人を選ぶ、とんでもない作業ゲー。 以前までのシリーズを面白いと感じた人なら、 これもオススメできます。 序盤の金策やイベント消化が激しく、 効率的にこなす事が求められます。 これを買って以来 気がついたら休日が終わっています。 引用元 自由度がすごく上がったな~と思います。 アクションとか、RPGではないけど、箱庭ゲームとしてのゲーム性が上がったと思います。 結婚候補も、今風の絵柄やキャラクターに寄せてきていますね。 反面、箱庭ゲームとしての、生活感はかなり薄れています。 ライバルたちも結婚して子どもを産んで、主人公の子どもと同じように成長して、子ども同士のイベントがあって…というような生活感か欲しいのですが。 主人公以外ずっと結婚しないの、不思議だなあと思ってしまいます…。 ゲームとしては進化してると思いますけど、そういう、町のなかで生きてる、生活してる、という疑似体験が出来た 昔の牧場物語のようなゲームを、今の技術で 作ってもらいたいなあ… もう無理なのかなあ… 引用元 「面白いんだけど……」のレビューが目立ちます。 どうやら、はじまりの大地はものすごく「ほのぼの」から離れた牧場生活を送るようですね。 5位:牧場物語 ふたごの村+ DS版ふたごの村をリニューアルした、3ds版ふたごの村です。 山の両ふもとにある、畜産が盛んなブルーベル村、農業が盛んなこのはな村、気に入った村に住んで、仲が悪くなってしまった村同士を仲良くさせます。 引っ越しも可能なので、両方の村で暮らすことができます。 ふたごの村+の結婚候補キャラ ふたごの村+では、ブルーベル村とこのはな村の住民+隠し結婚候補キャラがいます。 つながる新天地にも登場していたリコリス。 元祖はこんな感じです。 続いては婿候補! こちらにも元祖カミルがいまーす! そして、私が実際ふたごの村をプレイして、いつも結婚しているのがキリクです! ふたごの村+は、恐らく他の3ds版牧場物語の中でも、恋愛イベントが薄いと思われます。 キャラごとの恋愛イベントはもちろんありますし、結婚して子供も誕生します。 しかし、恋愛イベントも、ラブラブ度は少ないと思います。 そして、何より残念なのが、季節で行われる恋愛行事 聖夜祭やお月見 などが、家族と団らんするイベントになっていること。 結婚式ですら普段着だからな 実はふたごの村+の評価は、2ds版ふたごの村をやっているか否かによって、大きく異なります。 手が痛くなるダッシュ操作に音をあげて、やり込む前に手放してしまった無印版。 今作「ふたごの村+」は、そのダッシュ操作が改善(スライドパッドだけでOK)されているとのことで、 あらためて楽しみたくなり購入を決めましたが・・・失敗でした。 数年前の作品なので、ストーリーも含めほとんど記憶も薄れていたのですが、 最近の作品で快適さを味わったためか、以前はそこまで気にならなかった点までも苦痛に感じます。 そんな状態なので、当時から不満だった点(お店の雨天休業、月1増築等)には 尚更イライラ。 というよりは、ガックリ感(やっぱり変わらないのね)の方が強かったかもしれません。 追加されているのは、公式サイトで紹介している主人公のタイプ選択や 通信、結婚後のエンドイラスト等の微々たるもの以外、本当にないのでしょう。 これからダウンロードコンテンツの配信も予定されているようですが、期待は薄い。 結局は次の新作までの、繋ぎの作品なのかなぁと感じました。 正直、牧場物語のどの層(新規、今作未プレイ、古参)をターゲットにしているのか わかりませんでした。 無印版のファンでこの作品に思い入れがある方以外、 満足するのは難しいように思います。 唯一よかった(?)のは、変わってるところがほぼないので 昔の攻略情報がそのまま使えるところでしょうか。 攻略本も以前の中古版でいけると思います。 とりあえず、エンドイラストが見たいので結婚までは頑張ってみるつもりですが・・・ モチベーションが上がりません。 後悔しながらプレイ中です。 引用元 「」の記事でも書いていますが、ふたごの村をプレイ済みでふたごの村+を新たに購入しても、あまり違いがありません。 なので、 まとめ 今回は、牧場物語3ds版でおすすめの作品を、皆さんのレビュー&実体験をもとにランキングにしてみました。 ただ、どんなにシステムや操作性に問題があったとしても、お目当てのキャラがいれば無問題なのも事実。 意外と3ds版でも牧場物語シリーズが出ていて、そしてそれをあまりプレイしていない事実に、牧場物語ファンとしてヤバいんじゃないかと思いました 笑 ランキングを作っていたら、やっぱりやりたくなってきたので、来年は3つ里かつながる新天地を買おうかな~なんて思ってます。 そうしたらまたこのランキングが変わるのかな~?なんて。 実際にプレイした牧場物語シリーズのランキングは、「」からどうぞ! なお、公式サイトから画像を引用しています。 では、今日もブログに遊びに来てくれてありがとう。 恐らく今年最後の記事かと思われますので、よいお年をお迎えください。

次の

「牧場物語 ふたごの村+」プレイレポート。リメイクを経てより遊びやすく,シリーズ初心者でも迷わず遊べる作品に

ふたご の 村 カミル

マーベラスは,ニンテンドー3DS用ソフト「」を 本日(2017年12月14日)発売した。 本作は,ニンテンドーDSで発売された「」をベースとして,さまざまな追加要素を用意したアップグレード版とも言えるタイトルだ。 本稿では,そんな本作のプレイレポートをお届けする。 期待に胸を膨らませて馬車を走らせる主人公だったが,山道で動物を避けようとして転倒し,気絶してしまう。 ほどなくして主人公は, ルドガーと イルサという人物の声で目を覚ます。 2人は山のふもとにある2つの村の,それぞれの村長だ。 引っ越し先を探すプレイヤーの事情を知った2人は,互いに「自分の村に来たほうが良い」と話し,ついには言い争いをはじめてしまう。 どうやら2人の村長はひどく仲が悪いようだが……。 というのが,本作のプロローグだ。 プレイヤーは最初に,ルドガーが治める西洋風の村 「ブルーベル村」と,イルサが治めるアジアンテイストな村 「このはな村」という2つから移住先を選ぶことになる。 このはな村の村長,イルサ。 村長としての責任を重く受け止めており,いつでも村人の暮らしを守るための努力を惜しまない また,ゲーム開始時にプレイヤーキャラクターの性別や見ためを設定する際,追加要素として,ゲーム開始時に 「動物好き」「釣り好き」「お金持ち」「人気者」「普通」の中から1つを選択できるようになった。 釣り好きだと良い魚を釣りやすい,お金持ちだと所持金が少し多い……といったように,選んだ項目に応じてゲーム開始時の状況が少し変化するので,自分好みの条件で牧場生活をスタートすることが可能だ。 「普通」を選べば,オリジナル版と同じ状態でゲームを始められる 本作最大の特徴は,移住先にどちらの村を選ぶかによって,プレイヤーのできることが変化する点だ。 ブルーベル村を選んだ場合は 「動物」,このはな村を選んだ場合は 「農業」が生活の中心となっていく。 村によって住民も異なり,ふだん交流する相手も変化することになるので,最初はよく考えて選ぶと良いだろう。 なお,移住先を決めた後に,選ばなかった方の村に訪問することは可能だ。 ゲームを進めることで,もう一方の村への引っ越しも行えるようになる。 物語の序盤で馬と馬車を入手できる。 結婚候補キャラクターも互いの村に分かれているが,住んでいる村が異なっていても結婚はできる。 「あの子と仲良くなりたかったのに話せない!」といった事態は発生しないので安心してほしい。 定時になったら自動で換金される ここからは,ゲームの流れを紹介するとともに,各村の住民や特徴を紹介していこう。 ゲーム内には時間の概念があり,時間は村人の行動や天気などとリンクしている。 早朝は村のお店も開店していないので,牧場の作業をすることになるだろう。 ただし,作業をすると体力が減っていき,0になると倒れてしまうので,一度に働きすぎないように気をつけたい。 牧場の作業が終わった後は自由行動。 村人とのコミュニケーションを取ったり,村と村の間にある山に登ってアイテムを探してみたり,虫取りや魚釣りを楽しむのもまた一興だ。 山では「たけのこ」や「クルミ」といった食材や,シリーズでお馴染み「ムーンドロップ草」などの草花を採取できる。 アイテムの内容は季節ごとに変化するので,季節が変わったらいろいろな場所を巡ってみよう 草むらに潜む虫や浅瀬の川にいる魚などは,近づいてAボタンを押せば採取できる。 ちょっとした副収入になるだけでなく,採取した生き物は図鑑に記録されていくので,コンプリートを目指してみるのも良いだろう おつかいは選択しなかった村の掲示板からも請けられるので,余力があれば山を越えて両方のおつかいをこなそう もし山に登るなら,村人達が「おつかい」の依頼を張り出している掲示板をチェックしておくと効率的だ。 山でアイテムを採取するものや,単に買い取りを依頼するものまでさまざまあるおつかいをこなすと,お礼のアイテムをもらえるだけでなく,依頼人である村人とも仲良くなれる。 おつかいでしか手に入らない道具もあるので,できるだけ毎日チェックしたいところだ。 続いては,各村の特徴と結婚候補キャラクターを紹介をしていこう。 以下の情報が,最初に村を選ぶ手助けになれば幸いだ。 先に紹介したとおり,ブルーベル村の牧場ではさまざまな動物とのふれあいが楽しめる。 本作からの新機能として,動物の世話をするときには 「なでなでアイコン」が登場するようになった。 タッチペンを使って動物を上手になでると「仲良し度」がアップして副産物の品質が上がっていく。 毎日欠かさずに世話をしてあげよう。 村民達もプレイヤーと同じように庭先に畑を持っていて,季節にあわせた作物を作っている。 畑の作物は,土を耕して種をまき,毎日水をあげることで成長していく。 毎日すべての種に個別に水をあげていると体力がすぐ尽きてしまうが,耕す際に連続する「うね」を作ると,つながっている場所には一気に水を撒ける。 効率の良い形を探してみよう。 人付き合いが苦手で,そのことを少し気にしている様子 最高の料理をふるまって,2つの村の関係を修復しよう 行事の日程や内容は,家の中にあるカレンダーで確認できる ゲームを進めていくと,定期的に開催されるお祭りやコンテストといった 「行事」に参加できるようになる。 お花見や天体観測,虫取り大会など内容はさまざまで,結果に応じて村人達とより仲良くなることも。 特定のアイテムが必要になる場合もあるので,そうした場合は事前に用意しておこう。 行事の会話イベントでは,普段は見られない村人達の一面も見られる 料理の評価は,グルメマンことピエールさんが下してくれる。 料理大会でしか登場しない,ある意味ではレアなキャラクターだ そうした行事の中でもとくに重要なのは,ブルーベル村とこのはな村の住民が一堂に会して行われる 「料理大会」だ。 最初に両村の村長が言い争っていたように,ゲーム開始時の2つの村の関係はよろしくない。 そんな両者が集う貴重な機会である料理大会でプレイヤーが活躍すると,だんだんと両者の関係が修復されていく。 この,2つの村の関係の修復はゲーム全体をとおして目指す長期的な目標となるので,急がず気長に挑戦しよう。 その昔,洞窟でつながっていた2つの村だが,互いの村長が喧嘩を始めたことが女神の怒りにふれ,今ではその洞窟が封鎖されてしまったらしい。 関係の修復状況は,牧場物語シリーズではお馴染みの「女神さま」が教えてくれる 本作はとくにチュートリアルが親切で,さらに動物と農業というメインとなる牧場の仕事が2つの村に分かれているため,段階的に作業を覚えられる仕組みになっている。 牧場物語シリーズに初めて触れるプレイヤーには最適な作品だろう。 今回のプレイで,筆者はリコリスさんを追いかけていた。 リメイクにあたって画面も見やすくなり,さまざまな面がブラッシュアップされた本作。 プレイヤーのタイプごとに異なる楽しみ方が見いだせるゲームなので,オリジナル版のDS版を未プレイの人にもぜひ遊んでみてほしい。

次の