絆2 テーブル at。 バジリスク絆2

バジリスク絆2のテーブルの仕組み

絆2 テーブル at

3つのポイント 絆2の通常時は内部モード、内部状態、テーブルの3つのポイントが存在。 良いテーブルが選ばれれば、モードも優遇され、高確や超高確に移行しやすい。 結果として、BC・BTに当選しやすくなる。 テーブル• 内部モードを管理する16種類のテーブル。 このテーブルよってBCスルー後の内部モードを決定。 テーブルは有利区間移行のタイミングで抽選。 基本的に6スルー後にモードDに移行しBC当選でBT確定。 テーブル5のみ7スルーまで存在。 内部モード• 通常時はモードA〜モードDの4種類。 モードが高いほどBC当選時のBT期待度UP。 BC当選でモード移行抽選。 内部状態• 内部状態は低確・高確・超高確の3種類。 高確、超高確時はレア小役成立でBC・BT当選率UP。 超高確中はハズれなどレア小役以外からの当選率もUP。 」が表示された時に、リール左横のサブ液晶画面をタッチするとボイスが発生。 セリフ テーブル期待度 弦ノ介「出立の刻じゃ」 全テーブル示唆? 朧「では参りましょう」 弦ノ介「怪しき気配じゃ」 8・9・13・14・15・16 朧「何かが起こる予感がします」 8・9・11・12・13・14・15・16 絆ランプ点灯 15・16 モード詳細 朧終了画面 終了画面 次回モード期待度 通常パターン 通常パターン 星空よりもモードBorCに期待 モードB以上確定 モードC以上確定 モードD確定 演出 モードA モードB モードC モードD 星空 50. 【陽炎】 後ろを向く < ため息 < 左肩を出す < 両肩を出す < 妖艶なポーズ モードDの可能性大• 【天膳】 去る < 不機嫌 < 微笑 < 笑う < 大笑い モードDの可能性大 ステージ移行矛盾• 【弦之介】 後ろを向く < 書を出す < 刀を抜く < 刀を構える < 刀を構える+オーラ大 超高確濃厚• 【朧】 転ぶ < 扇子を出す < 舞の構え < 舞う < 舞う+回転 超高確濃厚 状態移行抽選 高確以上当選率 モード 共通ベル 弱チェ 強チェ その他 モードA 10. 共通ベル・弱チェリー時の高確以上移行率 モード 共通ベル 弱チェ モードA 10. モード 共通ベル 弱チェ 強チェ その他 モードA — — — — モードB — — — — モードC 0.

次の

バジリスク絆2

絆2 テーブル at

BT終了画面のボイス BT終了画面でサブ液晶にタッチすると次回のテーブル示唆のボイスが発生• 弦之介「出立の刻じゃ」… デフォルト• 朧「参りましょうぞ」… デフォルト• 朧「旅の支度が整っております」… テーブル15or16 通常時のモードは、• A〜Dが存在• 状態移行率に影響• 高状態・高モードほどBC当選時にBTに突入しやすい といった役割があります。 モードはスルー回数に応じて決定し、そのパターン テーブル は 全部で16種類存在。 また、BCに当選するまではチャンス目を引くごとにモードの昇格抽選も行われています。 このモードはA<B< C< D 確定 の順番でバジリスクタイムの突入に期待でき、 高モードだけを打つことが必然と勝ちやすくなります。 前作同様にモードC以上であれば期待値が見込めると予想し、モードCの判別方法や狙い方について解説します。 終了画面振り分け 終了画面 モードA モードB モードC モードD 星空 50. 弦之介 チャンス告知• 朧 後告知• 天膳 完全告知 これら3つの告知を任意で選択することができます。 中でも モード判別に一番向いているのが「朧BC」。 BT非当選時は 月や星でモードを示唆します。 5つの示唆の内、モード狙いで使えるのは 「月」と「赤満月」のみです。 流星群もモードB以上確定と一見強そうに見えますし、打てそうに思えるのですが… 絆2においてモードBを打たされるのは結構なマイナスポイントです。 基本的に「月」と「赤満月」のみ狙うようにしましょう。 まとめ モード判別記事いかがでしたでしょうか。 前作のバジリスク絆は状態移行率から高モードを察知することがメインでした。 バジリスク絆2はどちらかと言うと演出での判別がメインとなりそうです。 打感としてはモード示唆演出が案外出やすいのでそちらをメインに見ておくと良いかなと思います。 状態移行率に関しては前作同様に 「ハズレからの超高確5G」に注目。 モードBでも出てしまうのが厄介なのですが… モードAかどうかを判別するのには役立つかと思います。 あとはチャンス目でのモード昇格率も気になる所ですね! 解析が出ればその辺りも解説しようと思います。 最後までお読みいただきありがとうございます! 以上、 「バジリスク絆2 モード判別記事」でした!.

次の

バジリスク絆2:BT中のシナリオ・継続率詳細、シナリオ示唆演出

絆2 テーブル at

バジリスク絆 モードテーブル テー ブル スルー回数 0 1 2 3 4 5 6 7 1 B B A B A B D — 2 B A B A B A D — 3 B B A B B C D — 4 B A B A C B D — 5 A A A A A A C D 6 B B B C B C D — 7 B A C B C B D — 8 C C C C C C D — 9 C A C A C B D — 10 B C A B A B D — 11 C B B A B A D — 12 B C B C B C D — 13 C B C B C B D — 14 A C A D — — — — 15 A D — — — — — — 16 D — — — — — — — 内部モードCであれば、バジリスクタイム・バジリスクチャンスに当選しやすくなりますのでチャンス。 内部モードがDであればBC成立時のバジリスクタイムが確定しますので絶対にヤメてはいけない状態になります。 バジリスクタイム終了後のサブ液晶タッチによるセリフ バジリスクタイム終了後のサブ液晶タッチによるセリフは、バジリスクタイム終了後のテーブルを示唆しています。 タッチするタイミングは『パチスロは適度に楽しむ遊びです』の表示が出たタイミングです。 押せば何回でもセリフは聞けます。 以下に紹介するセリフ以外はデフォルトになりますので、全テーブルの可能性があります。 弦之介『怪しき気配じゃ』 テーブル8 or 9 or 13 or 14 or 15 or 16以外のテーブルが選択されません。 弦之介『怪しき気配じゃ』 テー ブル スルー回数 0 1 2 3 4 5 6 7 8 C C C C C C D — 9 C A C A C B D — 13 C B C B C B D — 14 A C A D — — — — 15 A D — — — — — — 16 D — — — — — — — 初回がモードAならテーブル14or15なので激アツですね。 このセリフは他に打つ台が無ければ打ってみてもいいかなって感じです。 初回がモードCなら朧BCで月だけ確認してヤメるのもありでしょう。 朧『何かが起こる気配がします テーブル8 or 9 or 11 or 12 or 13 or 14 or 15 or 16以外のテーブルが選択されません。 朧『何かが起こる気配がします テー ブル スルー回数 0 1 2 3 4 5 6 7 8 C C C C C C D — 9 C A C A C B D — 11 C B B A B A D — 12 B C B C B C D — 13 C B C B C B D — 14 A C A D — — — — 15 A D — — — — — — 16 D — — — — — — — 弦之介『怪しき気配じゃ』にテーブル11とテーブル12が追加されます。 一気にテーブルが読みにくくなるため、天井狙いであれば即ヤメを推奨します。 設定狙いで打っているのであればもう一回有利区間が切れるまで続行するのはアリかなと思います。 朧『旅の支度が整っております』 朧『旅の支度が整っております』 絆ランプ点灯 テー ブル スルー回数 0 1 2 3 4 5 6 7 15 A D — — — — — — 16 D — — — — — — — 有利区間内でのバジリスクタイム確定の激アツテーブル示唆です。 このセリフ発生時は液晶上部の絆ランプが点灯します。 セリフは聞こえなくてもかなりわかりやすく点灯しますので、絶対にヤメないようにしましょう。 終了画面で絆ランプ点灯後の台を実践! 前回の実践で終了画面で絆ランプが点灯しました。 この台が打ち出してすぐにBCに当選。 朧BCを選択しましたが、終了画面は流れ星・・・ 本当に次回モードDなのか少し不安でしたが、.

次の