ビー玉 無限 ループ。 小3と中2の姉妹が作った「ハムスターのぬいぐるみがスープを調理する動画」に早くも才能を感じる

ビー玉無限ループの真相がヤバイ?!

ビー玉 無限 ループ

タイトル「ハムスターがスープを作っておともだちを呼ぶお話」 撮影 次女 編集 長女 — こやまこいこ koyamacoico タイトル「ハムスターがスープを作っておともだちを呼ぶお話」 撮影 次女 編集 長女 とのコメントとともに投稿された45秒のコマ撮り動画では、ハムスターのぬいぐるみが軽快なBGMに合わせて、鍋やボウルを手にスープを作る様子から始まる。 食卓の準備をする際、ポットや大きなスプーンを頭に乗せて移動する姿などは、何とも言えない可愛らしさだ。 また料理が完成した後、ハムスターが電話で小さなお友達を電話で誘うが、その際の呼び出し音や「えっ! おいしいごはんができたの!? すぐいくねー」というやりとりはマンガのような吹き出しで表現。 端々に工夫が凝らされている。 そして、ハムスターがテーブルや椅子をセッティングし、食器などを並べているところにかごに入った小さなネコとイヌがチャイム音とともに到着。 みんなでテーブルを囲んだところで、動画は終了となる。 この楽しさにあふれた動画に対して、 「 え、すごすぎる…!! このシリーズでYouTuberデビューしてみては…?! 」「 頭に物を乗っけて運ぶアイデアが可愛すぎる!」「 クリエイター魂感じます!!! 」と、多くのユーザーから称賛の声が上がり、4. 5万のいいね!を集めている。 (2月19日現在) この動画を投稿したのは、『宇宙兄弟』(講談社)で知られる小山宙哉さんの妻であり、 マンガ『次女ちゃん』(扶桑社)などの作品を手がける、漫画家・イラストレーターのこやまこいこ( koyamacoico)さん。 なんでもこの動画は、こやまさんの次女(小学3年生)がコマ撮りアニメ制作アプリ「KOMA KOMA」で撮影し、長女(中学2年生)が「iMovie」を使って編集を担当したという、 姉妹共同作品だというのだ。 効果音などを録音したのは長女、吹き出しの台詞やハムスターのしぐさなどを考えたのは次女だというが、こんなにステキな作品はどうやって生まれたのか? 動画を投稿した、こやまさんに話を聞いた。 動画制作に要したのは約1時間 ーーまず、この動画を作ったきっかけについて教えて。 次女が「ハムスターのぬいぐるみと工作で作ったキッチンがぴったりだった。 自分で作ったネコとイヌの紙粘土の人形も撮りたかったから」と、楽しそうに動画を撮っていたところ、学年末テスト前で勉強していた長女もウズウズしてきて、「やってあげる〜!」と編集した結果、この動画が生まれました。 ーーこうした動画を作ったのは初めて? 長女は次女を主人公に短い映画のようなものをよく撮っており、小学校の夏休みの宿題ではクレイアニメーションを真似て、写真を何枚も撮ってパラパラアニメを作っていました。 次女はそういった姿を見ていたので、「自分でも撮りたいなぁ」と感じたのだと思います。 ーーこの動画を作るのにどのくらいの時間がかかった? たぶん1時間くらいです。 ーーハムスターのぬいぐるみは、お子さん愛用のものなの? はい。 声を真似っこしながら動く電池式のタイプで、かつてたくさん遊んでいました。 もう電池を替えても動かなくなってしまったのですが、大事にしています。 ーーちなみにハムスターを飼っていたりする? 3年前くらいに「くるみちゃん」というハムスターを飼っていました。 くるみちゃんも大好きでしたが、今回の動画の参考にはしていません。 うまくいった箇所は「ハムスターが頭に物を乗せるところ」 ーー「ハムスターがスープを作る」というアイディアは、どこから発想したの? 次女によると「スープ好きなところから発想した」とのことです。 ーー動画で一番工夫した部分、「うまくいった!」と思った部分はどこ? 次女は 「ハムスターが頭に物を乗せるところ」と話しています。 ーー「KOMA KOMA」と「iMovie」を使ったとのことだが、この2つを使いこなせばみんなが同様の動画を作れそう? はい。 お気に入りのぬいぐるみやミニカーを右から左に少し動かすだけでも、とっても楽しいと思います。 ーー両親がクリエイターという環境も、こうした制作に影響していたりする? それはわかりませんが、iPadで簡単に何か表現できるこの時代のおかげかなと思います。 こやまさんの話す通り、ソフトやアプリなどの進化によって、誰もが手軽に多くの人を魅了する作品を作れる時代となってきた。 このような小さい頃からスマホなどを使いこなす世代から、今後は新たなクリエイターが次々と誕生していくことだろう。

次の

ビー玉が無限ループするピタゴラ装置の音がとっても気持ちいい!「もっともっと長く見ていたい」

ビー玉 無限 ループ

スポンサーリンク ビー玉無限ループについてのニュース記事 新型コロナウイルス感染拡大防止で外出を控えている中で、特に子供たちは、新年度に入っても休校が続いている学校が多く、時間を持て余しているのではないだろうか。 【画像】工作が動いている様子を見る しかし、自分のために使える時間が増える、家族と触れ合う機会が増えるなど、この機会に何か1つのことをじっくりやれるチャンスとポジティブにとらえている人もいるのだ。 そのような中、Twitterに投稿された小学生の工作が話題となっている。 それがこちらだ。 小6の息子がダンボールとモーターでビー玉の無限ループ作ってた。 第1弾らしい。 2つの穴が空いた円形の仕掛けにより、モーターによって回転する仕掛けも施されている。 動画を見ると、たしかにビー玉が転がり続けている。 たまたまだろうが、青いビー玉がなかなか円形の穴に入れないのも味わい深い。 そして、この穴を通り抜けるとまたビー玉は転がっていき…ずっと見ていられる。 そもそも、なぜビー玉が止まることなく転がり続けているのかというと、横から見るとその仕組みが分かる。 円形の仕掛けの後ろの箇所が一番高くなっており、そこから徐々に高さが低くなっていくことでビー玉が落ちていくのだ。 そして、最後は円形の仕掛けが回転することで、また1番高い部分にビー玉が運ばれるといくのだ。 Twitterでは「お子さんの技術力の高さに驚いた」「青玉がすべてをかっさらっていくスタイル」などの声が上がり、約2万件のリツイート、約8万4千件いいねがつくなど話題となっている。 このような工作をそもそもなぜ作ろうと思ったのか、また何か参考にしたのだろうか? 制作者である小学6年生の息子さんに話を聞いた。 ふむふむ・・・ スポンサーリンク ビー玉無限ループについての世間の反応 凄いなぁ。 当方休校中の大学生ですが、基本ダラダラしてる生活で恥ずかしくなりました。 算数・国語など色んなことをある程度出来ることは大事ですが、せっかくの機会ですから子供たちには自分の興味を持ったものに打ち込んでみて欲しいですね。 いずれは自分が好きなもののプロフェッショナルになれるよう頑張ってほしいです。 こういう長期休暇という名の監禁中に、腐らずに想像力を活かして面白い装置を制作ができるのは、凄いと思います。 外に行かないと子供が息苦しくなってしまう…と言う前に、こういう遊び方を教えるのも、ひとつの『勉強』。 クオリティやモーター使用に文句をつける人もいるようですが 何か、可哀想な人種ですよね 、「小6男子が」これを「自力で」作ったという事が凄いんであって、今の段階では、別にクオリティ云々は置いといて良いと思います。 こういう子は、多分そのうち『今、批判をしてくる大人』さえ唸らせるレベルで、何かを作り上げて来ると思います。 すごい!楽しそうとか面白そうと思ってもなかなか作るという実際の行動は起こしにくいもの。 興味があるとはいえ、ちゃんと作り上げてて素晴らしい!時間がたっぷりある今、こうしたことをやってみるのは良いと思う。 個人的には青いビー玉がんばれ!って力が入ったわ 笑 こんな事を言うと批判するかもしれませんが、子供の純粋な考え感じ方は、本当に素晴らしいです。 大人と違って見る所が違う。 ずっと家に閉じこもってストレスが溜まっているはずなのに、こうやって楽しみを見つけて物づくりをしているなんて、日本の宝ですよ。 将来が楽しみです。 大人も見習わないといけないかも。 良く思い付いたな。 学力の差って授業の事だけじゃなくて、何もできない時間をどのように使うかってことの方が重要だと思う。 このような発想力をどんどん伸ばして欲しいですね。 作っている物も、作ってみようと思った気持ちも凄い。 何かをやらされるのではなく、自分からやってみようと思える気持ちを、少しでも多くの人が出来ると良いんだけど。 実際は明日やろう…まだ時間あるしの日々。 自分は小4の時に物理的な電気抵抗だけを使ったスロットを作った。 スロット部分の仕組みは硬貨をいれると一定時間詰まり 振り子時計と同じで、10円の重さより少し軽い重りを付けた自重で下がるとストッパーが開く仕組み 詰まってる間ギアの比率が違う3つのドラムが回る、硬貨が落ちるとドラムも勝手に止まる。 絵柄が揃うとアラームが鳴る… この休みの時間を活かしていろんなことに取り組めてる子供たちを見ると、こういう子たちが将来日本の最先端を担っていくのかなぁ、なんて希望に満ちた気分になりますね。 好きこそ物の上手なれ、まさにこの言葉通りであり、さらに先を目指してるところがいい感じです。 なにか一緒に作ってみたい!と思うものの わたしには知恵も技術もなく断念、、、.

次の

休校中の小6男子が初めて作った“ビー玉無限ループ”がずっと見ていられる

ビー玉 無限 ループ

ビー玉無限ループのtwitter動画で10万近くのいいねが!動画はこちら! 新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続く中、小学校や中学校などの学校も休校が続いています。 そんな中、ある小学6年生の子がこの家での時間を活用して、驚きの工作を作り、その動画がtwitterに投稿されて大反響を呼んでいるのです! ビー玉が無限に転がり続ける「ビー玉無限ループ」なる見事な工作に、twitterの動画を見た人たちから10万近くもの「いいね!」があつまり、2万件もリツイートされるほど注目を集めています。 では、早速このビー玉無限ループのツイートされた映像をご覧ください。 こちらです。 小6の息子がダンボールとモーターでビー玉の無限ループ作ってた。 第1弾らしい。 すごいと思うことは多々ありますが、それを実行に移すところがすごいなぁと思います。 また、この工作の案は何かを参考にしたのではなくて、自分で考案したというから驚きです。 おうちでの充実時間が叫ばれる中、このような工作を作った!という経験は1つの自信につながるでしょうし、またtwitterに投稿することで、世の多くの人たちにいい影響を与えたと思います。 ビー玉無限ループの作り方はコチラ! このビー玉無限ループの作り方は、ダンボールとモータを使って工作しているようですね。 円形のダンボールをつくり、それにビー玉が通る穴を2つ開ける。 この円形のダンボールのすぐ後ろ側を一番高くして、この部分から少しづつ高さを低くしてビー玉の通り道・坂道をダンボールでつくる。 そのビー玉が落ちてきた一番下の部分に円形の仕掛けを設置。 この円形の仕掛けにモーターをつけて回転させることで、円形の仕掛けの穴にビー玉がハマるように微調整する。 ビー玉が穴にはまると、円形の仕掛けが回ってビー玉が1番高い部分に運ばれるように微調整する。 このようにこのビー玉無限ループは作られたようですね。 しかし、この工作を自分で考案して作るとは、、なかなかの出来栄えですね! これは第1弾ということなので、次の第2弾を心待ちにしたいと思います! ビー玉無限ループの世間の反応は? 小学校6年生の子が工作したビー玉無限ループについての世間の反応を見てみたいと思います。 どうぞ! 「凄いなぁ。 当方休校中の大学生ですが、基本ダラダラしてる生活で恥ずかしくなりました。 算数・国語など色んなことをある程度出来ることは大事ですが、せっかくの機会ですから子供たちには自分の興味を持ったものに打ち込んでみて欲しいですね。 いずれは自分が好きなもののプロフェッショナルになれるよう頑張ってほしいです。 」 「こういう長期休暇という名の監禁中に、腐らずに想像力を活かして面白い装置を制作ができるのは、凄いと思います。 外に行かないと子供が息苦しくなってしまう…と言う前に、こういう遊び方を教えるのも、ひとつの『勉強』。 」 「すごい!楽しそうとか面白そうと思ってもなかなか作るという実際の行動は起こしにくいもの。 興味があるとはいえ、ちゃんと作り上げてて素晴らしい!時間がたっぷりある今、こうしたことをやってみるのは良いと思う。 個人的には青いビー玉がんばれ!って力が入ったわ 笑 」 「こんな事を言うと批判するかもしれませんが、子供の純粋な考え感じ方は、本当に素晴らしいです。 大人と違って見る所が違う。 ずっと家に閉じこもってストレスが溜まっているはずなのに、こうやって楽しみを見つけて物づくりをしているなんて、日本の宝ですよ。 将来が楽しみです。 大人も見習わないといけないかも。 」 「作っている物も、作ってみようと思った気持ちも凄い。 何かをやらされるのではなく、自分からやってみようと思える気持ちを、少しでも多くの人が出来ると良いんだけど。 実際は明日やろう…まだ時間あるしの日々。 この抑圧されたストレスを抱えやすい状態でもこういった事を生み出せるって、社会に出てからも逆境にもめげずに目標を目指せるメンタルがある可能性という証明にもなるのでは?」 「この休みの時間を活かしていろんなことに取り組めてる子供たちを見ると、こういう子たちが将来日本の最先端を担っていくのかなぁ、なんて希望に満ちた気分になりますね。 」 「好きこそ物の上手なれ、まさにこの言葉通りであり、さらに先を目指してるところがいい感じです。 今回はネットでこういう子の話は拾われましたが、日本のあちこちに眠ってると思うので良いものを国が拾い上げてくれたら良いですね。 」 (ヤフーコメントより引用) コメントにもあるように、家でこのような想像力を働かせて物をつくるということも1つの勉強になると思いました。 まさに時間の有効活用ですね。 時間が過ぎゆくのを待つのではなく「どのように」その時間を活用するのか?という視点が重要だと感じました。 まさにこれからのモノづくり日本を背負っていく貴重な人材ですね。 ビー玉無限ループに次ぐ驚きの工作youtube動画はコチラ! ビー玉無限ループにじっと見とれてしまう、、そんな魅力的な工作ですが、Youtubeではいろんな驚きの工作が数多くアップされています。 そのうちの一部をご紹介したいと思います。 まずは、夏休みの工作で作ったという「ガウス加速器」です。 こちらも無限ループの工作となります。 どこかのお店やテレビで見るような感じです。 2つの階段をビー玉が上りながら、次々と降りて行ってまた昇っていく。。 の無限ループですね。 まとめ:ビー玉無限ループのtwitter動画で10万近くのいいね!作り方も ビー玉無限ループのtwitter動画のご紹介と世間の反応、そして、Youtubeにアップされているいろんな無限ループの工作も交えて、ご紹介させていただきました。 コロナ禍の中、外出自粛により多くの人たちがストレスを抱えがちですが、そんな中でも小学生の子がその時間を有効活用してこのような見事な工作を作り上げた!という話題は非常に気持ちを明るくしてくれますよね。 どのような逆境でもめげないくじけない、そんな時でも1つの物づくりに夢中になる。。 そのような純粋な子供心を思い出せたような気分になりました。

次の