マイfxブック。 Big Boss(ビッグボス)

①便利!便利な My Fx Book(マイエフエックスブック)

マイfxブック

インヴァスト証券株式会社 本社:東京都中央区、代表取締役:川路 猛 がリリースした「育てるFXトレードAI『マイメイト』」の成績を、月間レポートにて定期的にお届けしております。 マイメイトはインヴァスト証券に口座開設いただいたお客様が無料でご利用いただけるFXシグナル配信サービスです。 2020年夏ごろにAIによる実取引化を予定しています。 3月は新型コロナが引き起こした相場変動に対応し利益を伸ばし、4月も継続して利益を上げ、コロナ禍相場を乗り切っていたマイメイトも5月は苦戦した結果となりました。 「AIエージェント」とは、お客様が選んだ4つの選択肢(通貨ペア、テクニカル指標、ニュース、教育方針)に沿って誕生したお客様ごとの FXトレードAIキャラクターを指します。 AIエージェントは、作成したユーザーがAIの取引結果を評価することで「目指すべき取引」を理解しようとし、継続学習を通してお客様好みのAIエージェントに成長していきます。 マイメイトのAIエージェント1体あたりの損益指標となります。 5月においては右肩下がりのチャートを描きマイナスが継続した結果となりました。 ユーロドルとドル円は、損失ではあるものの、損失額を抑えた運用であることが見て取れます。 一方、ポンドドルは後半にかけてマイナスを出し続けています。 ポンドドルのAIエージェントの多くが、5月後半の上昇トレンドを捉えられず逆張りのトレードをしてしまったことが原因の一つと考えられます。 6月の動向に注目 マイメイトサービス開始から現在までのマイメイトFX総合指数の推移が下図となります。 5月のマイメイトFX総合指数は-29. 5pipsとマイナスでしたが、これまでのリターンに対する損失幅は小さく、異常値とは言えない程の値です。 損失幅の小ささはマイメイトの特徴の一つといえます。 ポンドドルは値動きが大きな特性のある通貨ペアであるため、利益および損失が大きくなりやすい傾向があります。 6月は、ポンドドルのAIエージェントが直近の失敗を学習し、5月後半から始まったマイナストレードを克服できるかがポイントとなります。 作成後、お客様がエージェントの売買を評価し、育てていくことで自分好みのトレードを学習させることができる、これまでにはないコンセプトです。 2020年の夏頃には実取引化する予定です。 当情報は当社が信頼できると判断した情報をもとに作成しておりますが、その情報の正確性、完全性を保証するものではありません。

次の

①便利!便利な My Fx Book(マイエフエックスブック)

マイfxブック

インヴァスト証券株式会社 本社:東京都中央区、代表取締役:川路 猛 がリリースした「育てるFXトレードAI『マイメイト』」の成績を、月間レポートにて定期的にお届けしております。 マイメイトはインヴァスト証券に口座開設いただいたお客様が無料でご利用いただけるFXシグナル配信サービスです。 2020年夏ごろにAIによる実取引化を予定しています。 3月は新型コロナが引き起こした相場変動に対応し利益を伸ばし、4月も継続して利益を上げ、コロナ禍相場を乗り切っていたマイメイトも5月は苦戦した結果となりました。 「AIエージェント」とは、お客様が選んだ4つの選択肢(通貨ペア、テクニカル指標、ニュース、教育方針)に沿って誕生したお客様ごとの FXトレードAIキャラクターを指します。 AIエージェントは、作成したユーザーがAIの取引結果を評価することで「目指すべき取引」を理解しようとし、継続学習を通してお客様好みのAIエージェントに成長していきます。 マイメイトのAIエージェント1体あたりの損益指標となります。 5月においては右肩下がりのチャートを描きマイナスが継続した結果となりました。 ユーロドルとドル円は、損失ではあるものの、損失額を抑えた運用であることが見て取れます。 一方、ポンドドルは後半にかけてマイナスを出し続けています。 ポンドドルのAIエージェントの多くが、5月後半の上昇トレンドを捉えられず逆張りのトレードをしてしまったことが原因の一つと考えられます。 6月の動向に注目 マイメイトサービス開始から現在までのマイメイトFX総合指数の推移が下図となります。 5月のマイメイトFX総合指数は-29. 5pipsとマイナスでしたが、これまでのリターンに対する損失幅は小さく、異常値とは言えない程の値です。 損失幅の小ささはマイメイトの特徴の一つといえます。 ポンドドルは値動きが大きな特性のある通貨ペアであるため、利益および損失が大きくなりやすい傾向があります。 6月は、ポンドドルのAIエージェントが直近の失敗を学習し、5月後半から始まったマイナストレードを克服できるかがポイントとなります。 作成後、お客様がエージェントの売買を評価し、育てていくことで自分好みのトレードを学習させることができる、これまでにはないコンセプトです。 2020年の夏頃には実取引化する予定です。 当情報は当社が信頼できると判断した情報をもとに作成しておりますが、その情報の正確性、完全性を保証するものではありません。

次の

カニトレーダーさんのオーダーブック手法一覧

マイfxブック

インヴァスト証券株式会社 本社:東京都中央区、代表取締役:川路 猛 がリリースした「育てるFXトレードAI『マイメイト』」の成績を、月間レポートにて定期的にお届けしております。 マイメイトはインヴァスト証券に口座開設いただいたお客様が無料でご利用いただけるFXシグナル配信サービスです。 2020年夏ごろにAIによる実取引化を予定しています。 3月は新型コロナが引き起こした相場変動に対応し利益を伸ばし、4月も継続して利益を上げ、コロナ禍相場を乗り切っていたマイメイトも5月は苦戦した結果となりました。 「AIエージェント」とは、お客様が選んだ4つの選択肢(通貨ペア、テクニカル指標、ニュース、教育方針)に沿って誕生したお客様ごとの FXトレードAIキャラクターを指します。 AIエージェントは、作成したユーザーがAIの取引結果を評価することで「目指すべき取引」を理解しようとし、継続学習を通してお客様好みのAIエージェントに成長していきます。 マイメイトのAIエージェント1体あたりの損益指標となります。 5月においては右肩下がりのチャートを描きマイナスが継続した結果となりました。 ユーロドルとドル円は、損失ではあるものの、損失額を抑えた運用であることが見て取れます。 一方、ポンドドルは後半にかけてマイナスを出し続けています。 ポンドドルのAIエージェントの多くが、5月後半の上昇トレンドを捉えられず逆張りのトレードをしてしまったことが原因の一つと考えられます。 6月の動向に注目 マイメイトサービス開始から現在までのマイメイトFX総合指数の推移が下図となります。 5月のマイメイトFX総合指数は-29. 5pipsとマイナスでしたが、これまでのリターンに対する損失幅は小さく、異常値とは言えない程の値です。 損失幅の小ささはマイメイトの特徴の一つといえます。 ポンドドルは値動きが大きな特性のある通貨ペアであるため、利益および損失が大きくなりやすい傾向があります。 6月は、ポンドドルのAIエージェントが直近の失敗を学習し、5月後半から始まったマイナストレードを克服できるかがポイントとなります。 作成後、お客様がエージェントの売買を評価し、育てていくことで自分好みのトレードを学習させることができる、これまでにはないコンセプトです。 2020年の夏頃には実取引化する予定です。 当情報は当社が信頼できると判断した情報をもとに作成しておりますが、その情報の正確性、完全性を保証するものではありません。

次の