カレント トランス。 今さら聞けないトランスの基本Vol.10 カレントトランス編

トランス

カレント トランス

変流器の基本動作 変流比は、一次と二次電流の比である。 変流比を K 、一次巻線、二次巻線の巻数をそれぞれ N 1 ・ N 2 、一次電流、二次電流をそれぞれ I 1 ・ I 2 とすると次のようになる。 二次端子が開放状態になると、二次端子に高電圧が発生し、による巻線の破損、計器の破損を起こす危険があるためである。 また、普段から導体貫通部などの点検や電磁的ノイズの測定を行い、絶縁破壊の兆候を見逃さないようにしなければならない。 構造 [ ] 楕円形零相変流器の一例 零相変流器(れい [ぜろ] そうへんりゅうき, : ZCT, Zero-phase-sequence Current Transformer)は、地絡故障時に流れる零相電流を検出する変流器である。 これは、貫通型のものに三相共ケーブルを貫通させ、電流のベクトル和を見るもので、通常のベクトル和は相殺されて0になるが、地絡すると、グランドを電路とし電流が流れるため、ベクトル和が0にならないことを利用したものである。 光CT [ ] 電流による磁場の変化を、により検出する方式の変流器。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 この項目は、・に関連した です。 などしてくださる()。

次の

電流トランス の通販

カレント トランス

A ベストアンサー 4です。 周波数は供給が安定しているかどうかの指標であっていくらになればブラックアウトになるというものではありません。 発電所が停止するのはオーバーロードです。 全国のほとんどの発電所は並列になっています。 ということは周波数は完全に一致しています。 周波数だけでなく出てくる交流電圧の位相 +-の極性変化のタイミング も完全に一致しています。 ひとつの発電所の負荷が増して周波数が下がると位相にも差が出来ます 最悪の場合では他の発電所の+-と逆になる。 するとショートに近い状態になり発電所間に無効な電流が流れます。 つまり発電所同士で足を引っ張り合うとになりバックアップではなく余計な荷物になります。 当然のことですがその発電所の負荷は急激に増すので保護装置が働いて停止します。 電力の発電量と使用量 送電での損失も含む は完全に一致しています。 家に帰ってクーラーのスイッチを入れると使用量が増えます。 全国レベルで見ればごくわずかですが、でも増えます。 しかし発電量は増えないので使用量の方が多くなったように見えますが使用量は変化しません。 電圧が下がることで使用量は変わらないのです。 つまりあなたがクーラーのスイッチを入れると全国の家の明かりはほんのわずかですが暗くなっているのです。 極めて僅かな変化なので誰も気付きませんが。 水力、原子力はそんな微調整は苦手そうですし 一般に原子力発電所は常に最大出力で運転しています。 発電コストが最も安いこと この考え方も変わりつつありますが 、出力を変化させると炉の温度や圧力が変わって機器の寿命に影響するというのが理由です。 水力は出力調整は簡単なのですが 落す水の量を調整するだけ ダムの水量を見ながらの運転になるので難しいところがあります。 多くのダムでは洪水防止の役目もあるので電力需給だけを目的とした運転は出来ないのです。 近時の水力発電所は揚水式が多くなりました。 これは上下2つのダムを使う発電所で、夜間の余裕のある電力を使って下ダムの水を上ダムに揚げておき、電力が逼迫した時に発電します。 短時間の運転しか想定していないのでダムの大きさにくらべて非常に大きな発電機を持っています。 一種の蓄電池ですね。 4です。 周波数は供給が安定しているかどうかの指標であっていくらになればブラックアウトになるというものではありません。 発電所が停止するのはオーバーロードです。 全国のほとんどの発電所は並列になっています。 ということは周波数は完全に一致しています。 周波数だけでなく出てくる交流電圧の位相 +-の極性変化のタイミング も完全に一致しています。 ひとつの発電所の負荷が増して周波数が下がると位相にも差が出来ます 最悪の場合では他の発電所の+-と逆になる... A ベストアンサー 大学までの物理は基本的な知識を学ぶことが目標なので、教科書を読んで独学可能です。 その際、微積分の解析学や、固有値問題などの線形数学やベクトル解析などの基本的な数学の知識も学ぶ必要があります。 これも独学可能です。 一方、大学院では教科書に書いてあるようなことを学ぶのが目的ではなく、自分の関わった分野に対して、まだ人類が何も知らない新しい知見を提案するのが目的です。 ですから、教科書を読むなどのいわゆるお勉強をいくらしても、その新しい知見を加えられるようにはなれません。 その知見の加え方は、経験の積んだ研究者に一対一の直伝で伝授される以外にない。 その場合、経験の積んだ研究者から、その分野で何が今だに解っていないか、また、いくらでもある解っていない問題の中で、どの問題が重要な問題か、あるいはどうでも良い問題かを直伝で教わる必要があります。 そういう意味で、大学院の段階では独学は桁違いに効率が悪い。 歴史に残るような抜きん出た頭脳の持ち主ならいざ知らず、そのような経験の積んだ研究者から指導なしでは、まず討ち死にすることは間違い無しです。 そういう意味で独学は極端に難しいと言えます。 ところで、研究で一番難しいのは、その分野で何が今だに解っていないか、また、いくらでもある解っていない問題の中で、どの問題が重要な問題か、あるいはどうでも良い問題かを判断する能力です。 それに比べて、一旦提起された問題を解決する能力は桁違いに易しいのです。 ですから、たとえ大学院に進んだとしても、問題の重要度を適切に判断できない先生に付いてしまうと、たとえ有名大学を出たという理由で食いっぱぐれの無い地位につけたとしても、良い研究成果を出せずに一生を終わってしまう可能性が大になります。 その逆に、たとえ有名大学を出ていなくても、問題の重要度を適切に判断でる先生に運よく巡り会えた場合、大学院の段階ですでに良い研究成果を出すことすらできます。 大学までの物理は基本的な知識を学ぶことが目標なので、教科書を読んで独学可能です。 その際、微積分の解析学や、固有値問題などの線形数学やベクトル解析などの基本的な数学の知識も学ぶ必要があります。 これも独学可能です。 一方、大学院では教科書に書いてあるようなことを学ぶのが目的ではなく、自分の関わった分野に対して、まだ人類が何も知らない新しい知見を提案するのが目的です。 ですから、教科書を読むなどのいわゆるお勉強をいくらしても、その新しい知見を加えられるようにはなれません。 その知見... A ベストアンサー 自由電子は半導体にも存在します。 むしろ、自由電子を有する物質は金属と半導体に分類できると言うことが出来るでしょう。 半導体の自由電子は金属の自由電子に準じる特性を有しますが、決定的に異なる点もあります。 第1に、金属の自由電子の密度は、金属原子と同程度の値であって、その値は温度で変わりません 絶対零度でも変わらない。 ところが、純粋な半導体の自由電子の密度は、金属よりも圧倒的に少なく、しかも指数的な温度依存性があって低温になるほど密度が小さくなります。 このため、零下20度程度でも動作しなくなる半導体素子もあります。 反対に温度が高くなるとの自由電子密度が大きくなって、早晩、半導体素子の制御が出来なくなります。 高電圧が加わっている場合には、破壊に至る熱暴走を引き起こすのが通例です。 金属の自由電子よりも大幅に小さく、しかも温度の平方根に比例して小さくなります。 半導体の教科書には、もちろん第1の特性がもたらされる理由が説明されています。 ところが、第2の特性についての説明がないのが不思議です。 自由電子は半導体にも存在します。 むしろ、自由電子を有する物質は金属と半導体に分類できると言うことが出来るでしょう。 半導体の自由電子は金属の自由電子に準じる特性を有しますが、決定的に異なる点もあります。 第1に、金属の自由電子の密度は、金属原子と同程度の値であって、その値は温度で変わりません 絶対零度でも変わらない。 ところが、純粋な半導体の自由電子の密度は、金属よりも圧倒的に少なく、しかも指数的な温度依存性があって低温になるほど密度が小さくなります。 このため、零下20度程度でも... A ベストアンサー 「発電機の損傷」ではなく「発電所の損傷」でしょう。 発電用の蒸気タービンは、通常「発電機の負荷」を「供給蒸気」で回し、50Hz の電源周波数なら 3000 rpm (1分間に3000回転、つまり1秒間に50回転)あるいは 1500 rpm (1分間に1500回転、つまり1秒間に25回転)という高速回転しています。 蒸気タービンは、高圧の蒸気がタービンで仕事をするにしたがって低圧の蒸気になっていく各段階で効率よく利用するために、羽根の長さや構造・形状を段階的に変えたものが多段に渡って軸に取り付けられています。 このように、タービンは、大型の機器でありながら、その細部は「精密機器」のような精度で作られることになります。 mhps. この「共振振動数」は、羽根の長さや構造がまちまちなので、広い回転範囲にわたって存在します。 当たり前ですが、少なくとも「定格回転数」では共振点を外れるように設計されます。 このために、決められた定格回転数以外では、「高い側」(オーバースピード)にも「低い側」にも「局所的な振動」が発生する可能性があります。 そういった「局所振動」を設計の段階ですべて解析しておくことは困難なので、少なくとも「振動が起こらない」ことを確認した「定格回転数」周辺の運転範囲を逸脱したら「そこではタービンは運転しない」ということにしているのです。 送電線事故(送電線が切れるなど)が起これば、発電機の負荷が急にゼロに落ちますから、発電機は急に負荷が軽くなって回転数が急上昇します。 ただでさえ高速回転しているものが、さらに「オーバースピード」になればタービンは壊れますので、この場合にはただちに蒸気を遮断してタービンを停止します。 (オーバースピード側は、振動もありますが「羽根が抜ける危険性」の方が大きいかもしれません) 逆に、今回の北海道のように、どこかの発電相が故障で脱落すると、「発電機の負荷」が急に重くなります。 脱落した発電所の分まで、残りの発電所の発電機の負荷にぶら下がってしまうからです。 ということでタービンの回転数が落ちます。 頑張って回そうにも蒸気量の上限は決まっています。 なので、1基の脱落で、他の発電所は「余裕」を全部出しきっても「重い負荷」を背負いきれずに回転数が落ちました。 おそらく今回のケースでは 50Hz が 45Hz とか 40Hz 以下になる程度まで回転数が下がったのではないでしょうか。 そのような回転数では、タービンの羽根のどこかが「共振振動」を起こす可能性があるので、各発電所とも「自分の発電所のタービンの振動からの保護」の観点で次々に運転を停止したのだと思います(そのように「自動インターロック」が組まれているので、次々に自動的に停止した)。 今回の北海道のケースでは、各発電所でそういった「タービン保護」の観点からの「正常な対応」がなされた結果の出来事であり、「発電機」のコイルが焼き切れるといった事象は全く関係ありません。 ただし、各発電所での「正常な対応」が行われた上で、電力系統全体で停電するという事態が起こったわけで、それは電力会社としての運用に大きな問題があったのが原因です。 通常は、1基の発電所が脱落しても、他の発電所で「ただちに供給できる蒸気の余裕分」を確保することで周波数を所定の範囲内に保持できるように運用するのが普通です。 そうでなければ、何か緊急事態があったときに電力を供給できなくなっリスクがあるからです。 今回の北海道では、そのリスクを全く考慮していなかったのではないかと思います。 そういう「緊急時の対応」も誤ったではないかと思います。 このように、発電所や負荷の運用で、北海道電力ではダブルのミスを犯したのではないかと思います。 「発電機の損傷」ではなく「発電所の損傷」でしょう。 発電用の蒸気タービンは、通常「発電機の負荷」を「供給蒸気」で回し、50Hz の電源周波数なら 3000 rpm (1分間に3000回転、つまり1秒間に50回転)あるいは 1500 rpm (1分間に1500回転、つまり1秒間に25回転)という高速回転しています。 蒸気タービンは、高圧の蒸気がタービンで仕事をするにしたがって低圧の蒸気になっていく各段階で効率よく利用するために、羽根の長さや構造・形状を段階的に変えたものが多段に渡って軸に取り付けられています。 A ベストアンサー 空間の幾何学的な条件として、導線の長さ方向には「ず~っと同じ」、導線周りには「導線を中心とした円対称」ということです。 >それは導線の長さを無視するということなのですか? 「無視する」というよりは、「長さ」「端点」を考える必要がない、ということです。 どこまでも切れ目なく続く、ということ。 「論理的な想像力」を養う訓練をした方がよいです。 アインシュタインも「光と一緒に走ったらどうなるか」といった思考実験をしたようです。 Q 24歳男性です。 沢山動くと、身体が活性化して熱を帯びるので熱くなります。 なので疲れます。 逆に、ぼーっと立ち尽くした状態でいると、何も変化が起こりませんでした。 考えれば考える程、頭がパンクしそうになりますので質問した次第です。 まだ閉じられていませんね。 次のような回答ではいかがでしょう。 ポイントは、「温度とは、原子の運動・振動のスピード。 しかし、さらに難しい問題が・・」」 質問者さんも「止まっている=冷たい」と聞いたことがあるようですが、原子レベルでこれが起きることが「温度」です。 次のようにイメージされるといいと思いますがいかがでしょう。 また、原子や分子同士は、至近に近づくとお互いに静電気のような力で縛りあう性質があるので、まったく振動がないと互いに縛りあってきれいに並び、「固体」を形成する。 でも互いの縛りあいを断ち切るほどではないので形が保たれる。。 しかし、振動がさほど強くないので、すぐにまた縛られ、また断ち切られ・・・を繰り返し、形が自由に変わる「水」になっている。 ただし、一部の原子は空間に飛び出すので、徐々に「蒸発」する。 これは体にとっての異常事態なので、専用の神経が脳に警報を送る。 これが「冷たい」状態。 これが蒸発・沸騰であり、「熱い水蒸気」になる。 これが体にぶつかるとたんぱく質を引きちぎって分解してしまうが、水・お湯に比べて蒸気は密度(一定時間にぶつかる分子の数)が極端に小さいので、分解が皮膚の表面だけにとどまり、「やけど」に至らない場合もある(サウナ) なお、「冷気」は次のように理解するのはいかがでしょう。 これは、テーブルの上で止まっている10円玉に、もうひとつの10円玉をぶつけた場合に、止まっていたほうが動き出しぶつけたほうが止まるイメージ。 これが「熱を奪われてひんやり」する状態。 何しろ宇宙は真空なので、振動を奪う粒子がない。 少々難しいですが・・。 速度を持った原子同士がぶつかって跳ね返ると、もっとも単純な原理では速度の総和は同じはず。 (つまり温度は変わらない。 )しかし、原子はわずかながら静電気の力を持っているので、ある電磁気の原理から、振動や衝突の瞬間に、一瞬、電波が発生し、そのエネルギーの分の速度が低下する。 この電波が「赤外線」であり、その結果として発生する速度の低下(温度の低下)は「放射冷却」と呼ばれる。 お役に立てば幸いです。 こんにちは。 まだ閉じられていませんね。 次のような回答ではいかがでしょう。 ポイントは、「温度とは、原子の運動・振動のスピード。 しかし、さらに難しい問題が・・」」 質問者さんも「止まっている=冷たい」と聞いたことがあるようですが、原子レベルでこれが起きることが「温度」です。 次のようにイメージされるといいと思いますがいかがでしょう。 また、原子や分子同士は、至近に近づくとお互...

次の

カレントトランスの使い方

カレント トランス

電流トランス(CT)と電気掃除機 質問: 最近のRAQに 電流トランスが登場しました。 電流トランスはどんなもので、 どう使用するのですか? 回答: 電流トランス(CT)は通常のトランスですが、少し使い方が異なります。 教科書には載っていますが、多くの技術者は見落としてしまうようです。 私は電流トランスを使って電気掃除機の電源を入れています。 一般にトランスとは、1:Nの巻数比で、磁気的に結合した2本のコイル(1次と2次)で構成されています。 トランスを電流トランスとして使用する場合、1次側からAC電流を流します。 架空の理想的トランスであれば、2次側の短絡電流は入力電流に比例し、巻数比に逆比例します。 2次側を短絡せず、抵抗に接続すれば、抵抗値があまり大きくないと想定する限り、この関係が成立します。 この方法で、2次側のAC電流を測定できます。 そこから1次側のAC電流を推定できるため、絶縁型回路でAC電流を測定することができます。 ライン周波数やオーディオ周波数では、一般的な部品店で購入した小さな鉄心トランスに巻線を足すスペースがあるならば、それで十分な場合がほとんどです。 既存の巻線のまわりにフックアップ・ワイヤを1~5回巻き、新しい1次コイルを作って使います。 市販の電流トランスは一般に環状巻鉄心で出来ており、環状体の中心を通るワイヤが一次側になります。 この環状体をヒンジで連結しているものもありますが、その場合はこれを開いて一次側を挿入します。 トランスのコアが飽和しないように、2次側の抵抗値を十分に低く抑える必要があります。 抵抗値が低いほど、所定のトランスの可能な動作周波数が低くなります。 抵抗帰還を持つオペアンプの反転入力にトランスの出力を接続した場合、抵抗値が非常に低いため、最小動作周波数もかなり低くなります。 AC電流を測定するだけでなく、電流トランスは制御目的で電流を検出することもできます。 たとえば、私は木工用電動のこぎりの電流を検出して集塵用の電気掃除機を動作させています。 電流トランスは、家庭の電力監視(電力量計)に広く使用されています。 著 James Bryant James Bryantは、1982 年から2009 年までアナログ・デバイセズの欧州地区アプリケーション・マネージャを担当し、つねに面白いプロジェクトを探求しています。 リーズ大学で物理学と哲学の学位を取得し、さらにC. Eng. 、Eur. Eng. 、MIEE、FBISの資格があります。 エンジニアリングに情熱を傾けるかたわら、アマチュア無線家でもあり、コールサインG4CLFを持っています。 関連ページ• PDF APR 2016• JUN 2012• JAN 2007• PDF MAR 2004• PDF JAN 2000 関連製品• 熱電対アンプ、タイプK熱電対用、トリミング済み、冷接点補償付き、モノリシック• 熱電対アンプ、タイプJ熱電対用、トリミング済み、冷接点補償付き、モノリシック 使用されるCookieは、次のように分類されます。 必要不可欠なCookie: analog. comの閲覧に必要、または機能的に提供される特定のCookieです。 顧客情報をネットワーク送信するという目的に使用されます。 お客様が要求するオンラインサービス(技術問合せ送信や、オンラインでの製品購入など)を提供するために必要不可欠です。 これにより、たとえばユーザーが探しているものを簡単に見つけられるようにウェブサイト上のリンクを設定/調整するなど、ユーザビリティの改善に役立ちます。 機能的Cookie: これらのCookieは、お客様が当社のウェブサイトに戻ったときにお客様を認識するために使用されます。 これにより、コンテンツをパーソナライズし、個人設定(言語や地域の選択、会員サービスへのログイン情報など)を記憶することができます。 これらのCookieの情報が失われると、サービスが機能しなくなる場合がありますが、ウェブサイトが機能しなくなることはありません。 ターゲティング/プロファイリングCookie: これらのCookieは、当社のWebサイトへのアクセス、およびサービスの使用、アクセスしたページ、追跡したリンクを記録します。 この情報を使用して、ウェブサイトとそこに表示される広告を顧客の興味に関連するものにします。 また、その目的のためにこの情報を第三者と共有する場合があります。

次の