盛 熟語。 「盛」の読み方・部首・画数・熟語・四字熟語・ことわざ

「盛」の付く熟語・用語リスト '.4.'ページ目:文章言葉図書館

盛 熟語

「あ行」の面白い四字熟語 非常に困ったり、苦しんだり、悩んだりするときに発するため息。 またそのようなときの状態。 困難や心配を乗り切ることができそうもなく、苦しみ悩む様子、または状態のこと 悪い行為や評判は、またたくまに世間に知れ渡ること。 あっけにとられて、思わず笑ってしまうこと。 むだな表現が多い下手な文章やつまらない議論をさしていう言葉。 無用の口論をさしてもいう。 天を突き上げるほどに盛んな意気込み。 意気込みがとても高揚としたようす。 すごく元気。 非常に物堅く、融通のきかない人。 努力を少しだけして、そのあと怠けることが多いことのたとえ。 気が変わりやすく、ちょっと努力するだけで飽きてしまったり、怠ったりすることの多いこと。 または、ばくちのこと。 美人のこと。 一度の微笑みが千金にも程の価値があるということから。 急に富貴な身分になることや金持ちになること。 思いもよらず高い地位や財産を得ること。 にわかに身分が高くなること、財を持つこと。 ほんのわずかな恩義のこと。 また、その恩返しをきちんとすること。 ほんのわずかな恵みのことでも、それを忘れてはいけないという戒めの言葉です。 顔に表れるわずかな表情。 ちょっと顔をしかめたり、ちょっと笑ったりするようなわずかな表情の変化のこと。 心に起こる欲望や心の乱れを抑えることができないこと。 欲望や執着が強いため心の制御ができなく、心が乱れていることのたとえ。 煩悩や情欲、妄念などの欲望のために心が落ち着かないことのたとえ。 物事の悪い状況が好転するたとえ。 自分なりの考えや方針がなく、利害や都合次第であちらについたり、こりらについたりする、節操のない人のたとえ。 我を忘れるほどに大喜びする様子。 【スポンサーリンク】 「か行」の面白い四字熟語 大声をあげて笑うこと。 時期が外れてしまったため、無用なもの、役に立たないものを示す。 夏の火鉢と冬の扇のことで、時季外れの無用なもの、転じて今となっては役に立たない人物やもの。 例えば、君主の信用や寵愛を失った者、恋人に捨てられた女性の意味でも用いる。 遠慮せず、正しいと思うことを主張して議論すること。 また議論のさかんなことをいう。 ひるまず述べて盛んに議論をするさま。 はばかることなく直言するさま。 非常にかたくなで、一度決めたらあくまでも自分の考えや態度を変えようとしないさま。 または、そういう性質。 たくらみや偽り、たくらみ偽る心のこと。 または、策略をめぐらす考え。 「奇技」は珍しい技芸、「淫巧」はぜいたくな技巧(ぎこう)のことで、快楽だけを求めた不必要な技や度を越した技巧のこと。 常識では理解できない不思議なさま。 非常に怪しく不思議なさま。 または、許せないくらいけしからぬこと。 喜びが顔いっぱい表れていること。 喜びを隠しきれず、うれしそうな表情のようす。 顔中に喜びや嬉しい気持ちが満ちあふれているさま。 喜び、怒り、かなしみ、楽しみの代表的な4つの感情のこと。 人はさまざまな出来事に触れ、さまざまな感情を抱くものであるということ。 牛が水を飲み、馬が草を食べるように際限なく飲み食いすること。 やる気がなく、だらしない人を教育することはできないということのたとえ。 または、役に立たないもののたとえ。 「朽木は雕るべからず、糞土の牆は檣はぬるべからず」を略した言葉。 互いに策略の全てを出して、全力で戦うこと。 または、嘘と真を混ぜ合わせながら、互いに腹の内を探り合うこと。 何があっても決して慌てず、落ち着いていることのたとえ。 大声で歌を歌ったり、周りを気にせずに詩を吟じたりすること。 知識や才能がなく、存在していても全く役に立たない人のこと。 便所で用を足す意。 ありふれた日常生活のたとえ。 のんきで何も思い悩むことなく暮らしている人をからかっていう言葉。 「さ行」の面白い四字熟語 あちらに三、こちらに五、というように散らばっていることから、人や家が散在するさまをあらわす。 また、少人数ずつで連れだって動くこと。 転じて、ひとびとがちらほら道を行く(歩く)ようすの表現にも使われる。 その時その時という意味。 物事が引き続いて起こることをいう。 また、次第次第や時を追ってという意味。 自分の言ったことやしたことが自分を縛りつけ、自由に振舞えずに苦しむこと。 何度失敗してもくじけず、果敢に立ち上がって努力すること。 不退転。 人生の浮き沈みの激しいことのたとえとして用いることもある。 あまりのおかしさを押さえきれずに、食べている飯を噴き出して笑ってしまうこと。 また、その飯のこと。 周りを敵に囲まれて苦しい立場に陥ったこと。 誰の助けもなく孤立すること。 弱いものが強いもののえじきになること。 強い者が弱い者を思うままに感じて繁栄すること。 顔かたちを飾らないことのたとえ。 囚人のように、梳 と かし整えられていない髪と、喪中 もちゅう の人が顔を洗わないように、汚れた顔の意から。 ぜいたくの限りを尽くした盛大な宴会のこと。 また、みだらな宴会のたとえ。 非常にばかばかしくて、おかしいこと。 また、そのさま。 いかにも気の毒という場合に使われることもある。 外見はやさしそうでおだやかでありながら、内心は陰険なものをもつこと。 冷酷で、恩義や人情をわきまえず、恥を知らない人のこと。 人の顔をしていながら、心は獣のような人間ということから、破廉恥で無慈悲、残虐な人間に対して用いる。 物事の善悪を客観的にはっきり決めること。 正しいことは正しいとし、悪いことは悪いとして、道理にしたがって、私心をはさまず、公正に判断すること。 正しい判断を表すことば。 定見のないこと。 ねんごろに事こまかく善をすすめて、励ますこと。 自分の失敗を認めずに、へりくつを並べて言い逃れをすること。 負け惜しみの強いこと。 「た行」の面白い四字熟語 男女の情愛のこと。 目の前の違いに心を奪われて、結果が同じになることに気がつかないこと。 また、ことば巧みに人をだますこと。 非常に人気があることのたとえ。 また、大変な美少年のたとえ。 晋の藩岳は容貌が非常に美しく、町を行くと婦人たちは彼をとりまいて果物を投げつけ、果物で車がいっぱいになったという故事から。 飾ることなく自然のままの姿があふれ出ている様子のこと。 明るく純真で無邪気なこと。 節操が堅く、常に変わらないことのたとえ。 松やこのてがしわといった常緑樹は、色を変えることなく冬も夏も青々と茂っていることから。 利用できるときだけは重用されるが、利用できなくなるとすぐに捨てられるということのたとえ。 元は、戦乱の世が終わって平和になると、武勲をあげた武将は必要なくなって殺されるということをいった言葉。 【スポンサーリンク】 「な行」の面白い四字熟語 驚いたり失敗したときに「南無三」と略して発する言葉。 容姿が非常に不細工なこと。 特に女性に対して蔑んで言う言葉。 三割は人間に見えるが、残りの七割は化け物に見えるという意味から。 「は行」の面白い四字熟語 にっこり笑うこと。 仙人になること。 また、急に富貴になること。 卑しいものが急に出世すること。 人の意見や批評を心に留めず、聞き流すこと。 また、何を言っても反応がないこと。 持っている地位に見合った能力がないこと。 または、言いなりになるだけの無能な大臣のこと。 いつまでも年をとらず、死なないこと。 自分にしっかりとした考えがなく、他人の言動にすぐ同調すること。 ひれ伏して頭を下げ、恐れ入ること。 ひたすら謝ること。 ぺこぺこすること。 好きなように姿を現したり消したり、思い通りに姿を変えたりすること。 「変幻」は幻のようにあっという間に消えたり現れたりすること。 形をいろいろと変え、また姿も変えること。 度を過ごして飲食すること。 むやみに飲んだり食べたりすること。 まわりに他人がいないかのように勝手にふるまうこと。 周囲の状況を気にせず、自分勝手な振る舞いをすること。 人前をはばからず勝手に振る舞い、他人を無視して思うとおりのことをすること。 思うまま好き勝手に振る舞うこと。 「放蕩」は好き勝手に振る舞うこと。 「不羈」はなにものにも縛られないこと。 腹をかかえて、ひっくり返るほど大笑いすること。 余りのおもしろさに、腹をかかえて転げまわるほどに笑うこと。 大事なことと、つまらないこととが反対になること。 大事な点と、どうでもいいこととを取りちがえること。 肝心なことを忘れてしまいつまらないことにかかずらわっていること。 「ま行」の面白い四字熟語 「一」の字のようにまっすぐなこと。 一直線であることや、わき目も振らないこと。 根拠の無い適当なことを言いたい放題に言うこと。 「漫言」は大して考えずに口から出た言葉。 「放語」は言い散らすこと。 僧侶の修行をしても三日も続かないということから、飽きやすく長続きしないことやその人のこと。 地位や権力を手に入れてすぐに失うこと。 戦国時代、明智光秀が織田信長を討ち取り天下を奪ったが、すぐに豊臣秀吉に奪われた故事から。 特に才能や特技もない人が、食事だけは人並み以上に食べること。 または、そのような人のことを蔑んでいう言葉。 「無芸」は技術や特技を何も身につけていないこと。 知恵や学問がないために物事の道理を理解することが出来ず、愚かなこと。 策略を巡らせて、実際に戦わずに勝つことや、その方法。 または、誰かに教わることなく、自身で考え出したやり方のこと。 何も思わず何も考えない無心の状態のこと。 または、特に何も考えていない思慮の足りない様子を指すこともある。 非常に迷惑なこと。 「千万」は数が非常に多いという意味から、程度のはげしさをあらわす言葉。 直接目の前にいる時は気に入られるように振る舞い、その人がいないところでは、その人のことを悪く言うこと。 相手におとなしく従うふりをしながら、心の中で相手に歯向かうこと。 「面従」は面と向かい合っている時だけ従うこと。 「腹背」は心の中で歯向かうこと。 おとなしく従うふりをして相手を安心させ、裏では相手の地位や立場を脅かすような策をめぐらすこと。 心から仏道修行に励むために出家するのではなく、仕事をしたくないという、単なる怠け心から僧侶 になること。 訪ねてくる人が全くいないさびしい様子のこと。 「門前雀羅設くべし」を略したもので、主に「門前雀羅を張る」という形で使う言葉。 【スポンサーリンク】 「や行」の面白い四字熟語 兄弟関係や友人関係が良好で、仲むつまじいことのたとえ。 夜、雨の音を聞きながら、兄弟が寝台を並べて仲よく眠るという意味から。 心中が抱いている大きな望みに満ちあふれていること。 「野心」は人に知られないように抱いている大きな望み。 「満満」は満ちあふれているさま。 自分の力量も知らずに、偉そうに振舞うこと。 「夜郎」は中国、漢代にあった国の名前。 夜郎国の王が漢の大きさを知らずに、漢国の使者に自分の国の大きさを自慢して、夜郎国と漢国のどちらが大きいか尋ねた故事から。 この世で自分だけがすぐれていると増長すること。 勇ましい気力が非常に増大すること。 「勇気」は、物事を恐れぬ、勇ましい気力。 すぐれた度胸。 「百倍」は、非常に多くなること。 失敗や危険を恐れず気力に溢れていて、勇ましい様子。 名前ばかりでその中身がないこと。 名前だけが立派でその名前に見合った実質が伴っていないさま。 人知を超えた怪しい化け物のこと。 「妖怪」「変化」ともに化け物という意味。 うわべや宣伝文句は立派だが、中身や実質がともなわないこと。 「ら行」の面白い四字熟語 根拠のない噂話のこと。 「流言」と「蜚語」はどちらも世の中に飛び交うでたらめな話という意味。 はじめは勢いが盛んで、終わりになるにしたがってふるわなくなること。 尻すぼみ 中身のない話が長くてしつこいこと。 「縷縷」は糸のように細く長いことで、「綿綿」は休みなく続くこと。 冷や汗が三斗出るということから、きわめて恐ろしい思いをすることや恥ずかしい思いをすること。 「斗」は体積の単位。 老女が子や孫をよくいつくしむ意。 慈愛の心が深く厚いこと。 また、必要以上に世話を焼くこと。 文字を書き間違えること。 「魯」と「魚」、「亥」と「豕」の字の形が似ていて間違えやすいことから。 くだらない文章や、聞くだけ無駄な話のたとえ。 「驢鳴」は動物のろばの鳴き声。 ろばや犬の鳴き声のように、意味の無い話という意味から。 「わ行」の面白い四字熟語 日本と西洋の様式を適度に取り入れて混ぜ合わせること。 「和洋」は日本と西洋、「折衷」は様々なものの中から良い所を選び、両極端な部分を捨ててうまく調和させること。

次の

「盛」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

盛 熟語

四字熟語Flash 熟語・漢字一覧 NMSGさんのの四字熟語一覧を参考にさせていただきました。 これで全てだと思います。 全405語。 使用漢字719字。 漢字にカーソルを合わせれば使用されている熟語がすべて表示されます。 熟語一覧• 愛 情 表 現• 青 息 吐 息• 悪 戦 苦 闘• 悪 徳 商 人• 悪 霊 退 散• 阿 鼻 叫 喚• 安 全 第 一• 暗 中 模 索• 意 気 揚 々• 意 気 消 沈• 意 気 投 合• 異 口 同 音• 異 国 情 緒• 以 心 伝 心• 一 撃 必 殺• 一 期 一 会• 一 日 千 秋• 一 念 発 起• 一 罰 百 戒• 一 部 始 終• 一 網 打 尽• 一 目 瞭 然• 一 蓮 托 生• 一 攫 千 金• 一 家 団 欒• 一 喜 一 憂• 一 球 入 魂• 一 挙 一 動• 一 挙 両 得• 一 騎 当 千• 一 子 相 伝• 一 触 即 発• 一 所 懸 命• 一 進 一 退• 一 心 同 体• 一 心 不 乱• 一 世 一 代• 一 世 風 靡• 一 石 二 鳥• 一 朝 一 夕• 一 長 一 短• 一 刀 両 断• 一 発 必 中• 一 筆 啓 上• 一 方 通 行• 威 風 堂 々• 意 味 深 長• 因 果 応 報• 慇 懃 無 礼• 飲 酒 運 転• 右 往 左 往• 有 象 無 象• 雨 天 決 行• 海 千 山 千• 紆 余 曲 折• 栄 枯 盛 衰• 英 才 教 育• 栄 養 補 給• 汚 名 返 上• 温 故 知 新• 音 信 不 通• 開 口 一 番• 快 刀 乱 麻• 火 気 厳 禁• 各 個 撃 破• 臥 薪 嘗 胆• 花 鳥 風 月• 画 竜 点 睛• 感 慨 無 量• 頑 固 一 徹• 感 謝 感 激• 勧 善 懲 悪• 完 全 無 欠• 閑 話 休 題• 危 機 一 髪• 奇 々 怪 々• 危 急 存 亡• 起 死 回 生• 鬼 子 母 神• 起 承 転 結• 喜 色 満 面• 疑 心 暗 鬼• 奇 想 天 外• 喜 怒 哀 楽• 旧 態 依 然• 急 転 直 下• 狂 喜 乱 舞• 共 存 共 栄• 強 迫 観 念• 器 用 貧 乏• 興 味 津 々• 挙 動 不 審• 切 捨 御 免• 金 科 玉 条• 禁 断 症 状• 空 前 絶 後• 空 中 楼 閣• 群 雄 割 拠• 軽 挙 妄 動• 経 常 利 益• 経 世 済 民• 現 状 維 持• 捲 土 重 来• 権 謀 術 数• 豪 華 絢 爛• 厚 顔 無 恥• 綱 紀 粛 正• 巧 言 令 色• 荒 唐 無 稽• 公 明 正 大• 呉 越 同 舟• 国 士 無 双• 極 楽 浄 土• 極 悪 非 道• 孤 軍 奮 闘• 古 今 東 西• 誤 字 脱 字• 虎 視 眈 々• 五 臓 六 腑• 誇 大 妄 想• 木 端 微 塵• 固 定 観 念• 小 春 日 和• 五 分 五 分• 孤 立 無 援• 五 里 霧 中• 言 語 道 断• 懇 切 丁 寧• 渾 然 一 体• 才 気 煥 発• 再 起 不 能• 再 三 再 四• 才 色 兼 備• 左 右 対 称• 山 海 珍 味• 三 々 五 々• 三 者 三 様• 賛 否 両 論• 残 念 無 念• 三 位 一 体• 自 画 自 賛• 時 期 尚 早• 色 即 是 空• 自 給 自 足• 四 苦 八 苦• 試 行 錯 誤• 自 業 自 得• 自 己 矛 盾• 自 作 自 演• 子 々 孫 々• 事 実 無 根• 獅 子 奮 迅• 自 縄 自 縛• 四 捨 五 入• 死 屍 累 々• 時 代 錯 誤• 舌 先 三 寸• 七 転 八 倒• 七 転 八 起• 質 実 剛 健• 叱 咤 激 励• 失 地 回 復• 実 力 行 使• 自 動 改 札• 十 中 八 九• 疾 風 怒 濤• 士 農 工 商• 自 暴 自 棄• 四 方 八 方• 四 面 楚 歌• 自 問 自 答• 弱 肉 強 食• 社 交 辞 令• 縦 横 無 尽• 自 由 自 在• 自 由 奔 放• 十 人 十 色• 主 客 転 倒• 取 捨 選 択• 酒 池 肉 林• 首 尾 一 貫• 純 情 可 憐• 順 風 満 帆• 笑 止 千 万• 盛 者 必 衰• 情 状 酌 量• 正 真 正 銘• 常 套 手 段• 商 売 繁 盛• 賞 味 期 限• 諸 行 無 常• 初 志 貫 徹• 職 権 濫 用• 私 利 私 欲• 支 離 滅 裂• 思 慮 分 別• 四 六 時 中• 人 海 戦 術• 心 機 一 転• 神 経 衰 弱• 真 剣 勝 負• 紳 士 協 定• 人 事 不 省• 神 出 鬼 没• 信 賞 必 罰• 新 進 気 鋭• 人 体 実 験• 新 陳 代 謝• 人 畜 無 害• 森 羅 万 象• 正 確 無 比• 生 殺 与 奪• 聖 人 君 子• 精 神 統 一• 正 々 堂 々• 生 々 流 転• 贅 沢 三 昧• 正 当 防 衛• 生 年 月 日• 整 理 整 頓• 精 力 絶 倫• 清 廉 潔 白• 世 代 交 代• 世 界 征 服• 切 磋 琢 磨• 絶 体 絶 命• 千 客 万 来• 戦 国 時 代• 千 載 一 遇• 千 差 万 別• 全 身 全 霊• 前 人 未 踏• 戦 々 恐 々• 先 祖 代 々• 前 代 未 聞• 全 知 全 能• 先 手 必 勝• 前 途 多 難• 潜 在 能 力• 千 変 万 化• 千 夜 一 夜• 創 意 工 夫• 相 思 相 愛• 粗 製 濫 造• 大 安 吉 日• 第 一 人 者• 大 器 晩 成• 大 義 名 分• 大 言 壮 語• 大 根 役 者• 大 胆 不 敵• 大 同 小 異• 大 名 行 列• 他 言 無 用• 多 事 多 難• 多 種 多 様• 多 情 多 感• 他 力 本 願• 単 純 明 快• 単 刀 直 入• 魑 魅 魍 魎• 中 華 思 想• 中 途 半 端• 中 肉 中 背• 朝 令 暮 改• 跳 梁 跋 扈• 直 立 不 動• 猪 突 猛 進• 津 々 浦 々• 適 材 適 所• 適 者 生 存• 敵 前 逃 亡• 徹 頭 徹 尾• 手 前 味 噌• 手 練 手 管• 天 下 泰 平• 電 光 石 火• 天 真 爛 漫• 天 地 無 用• 天 変 地 異• 当 代 随 一• 東 奔 西 走• 得 意 満 面• 独 断 専 行• 独 立 独 歩• 突 貫 工 事• 内 憂 外 患• 難 攻 不 落• 肉 体 労 働• 二 者 択 一• 二 束 三 文• 日 進 月 歩• 二 転 三 転• 二 人 三 脚• 女 人 禁 制• 二 律 背 反• 年 功 序 列• 年 中 無 休• 野 良 仕 事• 薄 利 多 売• 馬 耳 東 風• 八 方 美 人• 波 乱 万 丈• 罵 詈 雑 言• 半 死 半 生• 半 信 半 疑• 反 面 教 師• 美 辞 麗 句• 美 人 薄 命• 一 人 二 役• 眉 目 秀 麗• 百 戦 錬 磨• 百 花 繚 乱• 百 鬼 夜 行• 百 発 百 中• 表 裏 一 体• 疲 労 困 憊• 品 行 方 正• 品 種 改 良• 風 光 明 媚• 風 林 火 山• 不 可 抗 力• 不 可 思 議• 不 協 和 音• 複 雑 怪 奇• 不 言 実 行• 物 々 交 換• 不 平 不 満• 不 眠 不 休• 付 和 雷 同• 不 老 不 死• 粉 骨 砕 身• 文 武 両 道• 文 明 開 化• 平 身 低 頭• 変 幻 自 在• 暴 飲 暴 食• 傍 若 無 人• 茫 然 自 失• 抱 腹 絶 倒• 豊 年 満 作• 暴 力 反 対• 飽 和 状 態• 本 家 本 元• 本 末 転 倒• 満 場 一 致• 満 身 創 痍• 三 日 天 下• 三 日 坊 主• 身 分 相 応• 未 来 永 劫• 無 為 無 策• 無 我 夢 中• 無 芸 大 食• 無 茶 苦 茶• 無 病 息 災• 無 味 乾 燥• 無 理 難 題• 名 誉 毀 損• 名 誉 挽 回• 迷 惑 千 万• 滅 私 奉 公• 免 許 皆 伝• 面 目 躍 如• 物 見 遊 山• 門 外 不 出• 門 戸 開 放• 唯 一 無 二• 唯 我 独 尊• 優 柔 不 断• 優 勝 劣 敗• 有 名 無 実• 勇 猛 果 敢• 悠 々 自 適• 行 方 不 明• 油 断 大 敵• 用 意 周 到• 妖 怪 変 化• 容 姿 端 麗• 欲 求 不 満• 立 身 出 世• 竜 頭 蛇 尾• 理 路 整 然• 臨 機 応 変• 臨 時 収 入• 連 日 連 夜• 連 戦 連 勝• 老 若 男 女• 和 気 藹 々• 和 洋 折 衷• 焼 肉 定 食• 万 有 引 力• 不 良 債 権• 横 断 歩 道• 突 然 変 異• 空 中 分 解• 連 鎖 反 応• 約 束 手 形• 柔 軟 体 操• 民 主 主 義• 義 理 人 情• 三 面 記 事• 三 権 分 立• 三 角 関 係•

次の

「盛」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

盛 熟語

盛の書き順【筆順】 読み方 『 盛』の字には少なくとも、 セイ・ ジョウ・ もる・ さかん・ さかるの5種の読み方が存在する。 さかん。 さかる。 いがい。 もりてる。 「盛会・盛儀・盛挙・盛況・盛業・盛時・盛事・盛暑・盛衰・盛装・盛大・盛典・盛年・盛名・殷盛 いんせい ・旺盛 おうせい ・全盛・隆盛・繁盛 はんじょう ・盛者 じょうしゃ 」• のなかにれる。 くみあげる。 「粢盛 しせい ・大盛 おおもり ・特盛 とくもり 」 熟語 四字熟語 「盛」の漢字を語中にもつ四字熟語5種を表にまとめる。 「盛」が入る四字熟語 栄枯盛衰 えいこせいすい ごうんじょうく ごおんじょうく じょうしゃひっすい 盛徳大業 せいとくたいぎょう 盛夏【せいか】 [気]夏の暑いさかり。 真夏 マナツ。 石盛【こくもり】 [歴]江戸時代、田畑の反当りの標準収穫高を定めること。 またはその数。 検地によって田畑を上・中・下・下々の四等級に分け、石高の決定や年貢徴収の基準とする。 敦盛【あつもり】 [人]『人名辞典』たいらのあつもり 平敦盛 [楽]能の曲名。 二番目物。 世阿弥作の修羅物。 熱盛【あつもり】 [食]熱盛蕎麦 アツモリソバ の略。 あつもりそば 熱盛蕎麦、敦盛蕎麦。 盛土/盛り土【もりど】 [Romaji]morido、[英語]embankment/banking [建]所定の高さにするため、低い地面の上に土を盛って高くすること。 また、その盛った土。 土は周囲の高い地面を切り取ったものや、他所からの土を使用する。 検字番号 検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。 国語施策.

次の