エリザベス 女王 逮捕。 【動画あり】レプタリアン(爬虫類人)エリザベス女王のシェイプシフトの瞬間

◇エリザベス女王に重罪 アメリカはたった今大量逮捕 判決の処刑ロンメル死 近いうち暗殺されるリスト「中曽根親子・森・孫・竹中!? 2020.4.11

エリザベス 女王 逮捕

ローマ法王とエリザベス女王、ロックフェラーとロスチャイルド、ブッシュ一族。 彼らは皆、悪魔崇拝者です。 前ローマ法王ベネディクト16世とエリザベス女王については、実際に逮捕状が出されており、特に彼ら二人が悪魔崇拝者であることにはもはや疑いの余地はありません。 ロックフェラーとロスチャイルド、ブッシュ一族についても、多くの人たちが彼らのことを悪魔崇拝者だと証言しています。 ロックフェラーとロスチャイルドこそ世界の政治や経済を裏から操ってきた張本人です。 彼ら自身が自らをユダヤ人と名乗っていることから、彼らの行う陰謀について語るときユダヤ陰謀論という名前が使われるようになりましたが、実際のところはバチカンやエリザベス女王なども関わっているので、ユダヤ陰謀論という言い方は正確ではないかも知れません。 悪魔崇拝者陰謀論かイルミナティ陰謀論というのが正確でしょう。 ブッシュ一族もロックフェラーやロスチャイルドのように様々な企業を経営していますが、彼らのイルミナティ内での最も大きな役割はやはりアメリカCIAを中心とした諜報活動、工作活動であると思います。 彼らによって世界中の諜報機関、警察が牛耳られ、裏社会にとって都合の悪い者を逮捕したり、暗殺したり、逆に裏社会に必要な人間をかばったりしてきたのでしょう。 また、麻薬取引や人身売買など、イルミナティによる犯罪活動の大半をこのCIAが引き受けてきました。 要するに、ロックフェラーとロスチャイルドが表立った経済活動をしてきたのとは逆に、表沙汰にはできない裏取引を行ってきたのがブッシュ一族です。 バチカンという存在が陰謀論の中でも特にわかりにくい部分でしたが、悪魔崇拝を中心的に行っているのは明らかにバチカンです。 それは単なる形式的な儀式ではなく、実際に悪魔ルシファーを呼び出し、交信する儀式です。 日本人の多くは霊的な存在を余り信じていないと思いますが、実際に霊はこの世に存在し、悪魔もこの世に存在します。 このローマ法王やイエズス会などが、全世界の宗教の破壊活動に関わってきました。 エリザベス女王はイギリスという世界の中心的な国家の最高権力の座に悪魔崇拝者を就けることで、世界中の権力者たちとの交渉・交流を円滑にし、悪魔主義的な思想や考え方などを世界各国に広げていこうという魂胆だったのでしょう。 などの情報をどう思いますか。 実に面白い 私もイルミナティとかフリーメーソンとかそういうオカルトネタが大好きです でもオカルトですまないようなことも株とかやってるとあるみたいなので半信半疑ってとこです 霊は母さんが枕元でお別れをいって消えて行ったので信じたいです エヴァンゲリオンも陰謀論関係を元ネタにしていると言われていたり、映画や漫画などでもモチーフになっていたりしますしね 日本にもフリーメーソン沢山いるみたいですね、以前東京テレビのyouは何しに日本へ?という番組でフリーメーソンの日本での集会?を取材していました 下部組織はロータリークラブや青年会のような集まりなのかもしれませんね ちなみにフリーメーソンの会費が300万と言っていました 陰謀論が事実なら知らない人まで巻き込むなと言いたくなりますね 悪魔というのは純粋な生き物で、それ本来は悪意も無く邪気もありません。 唯一の行動原理は承認欲求を満たすこと。 悪魔である故に大勢が敵になってしまっている構造が元凶 たとえば「人を殺してはいけない」のは人間として常識であるが、悪魔は人間でないからこそ気持ちが判らない。 悪魔はどうしても疑問に思ってしまう。 「人を殺してはいけない」とか言いつつ、人が死んだとき、盛大に式をするのも疑問する。 悪魔にとって、人が死ぬたびに盛大なパーティーをしている様にしか見えない。 十字架に祈りをささげるのも同じ。 キリストが磔にされた十字架は悪魔にとっては、自分の悪意の象徴物である。 十字架を大事に持つ、十字架を崇めるというのは、、悪魔が自分の存在を必要とされてる様に思い込む。 それにより悪魔はエネルギー得て活発になる。 宗教文化が発展したからこといって犯罪率が低下した形跡はどこにもない。 むしろ宗教に依存すればするほど、戦争とかになっている。 弱者を救済する筈の宗教が殆ど機能しないのは、宗教自体が罠である事に起因している。 宗教の発展するキッカケそのものは、悪意への対処療法的に備わったもの。 まず悪の存在はこの世の物理法則の前提みたいのもで、受け入れるしかない。 質門者さんが提示する情報についても、それを広める事で一番得をするのは誰かと考えてみるべきでしょう。 宗教全般はもっか悪魔の否定であり、悪魔にとっては宗教の存在を否定したいものである。 無神論はその流れを継いでるものであるが、だからこそ、それが悪魔への供物となり、悪魔の欲求不満を解消し、悪魔は活動的でなくなる。 だからこそ無神論者が増えた現代、またはその国で犯罪率は劇的に低下している。 イルミナリティの存在は、これとは逆の論理が働いてる。 近代、人口は爆発的に増え、同時に悪魔を否定する人が増えた。 悪魔にとって敵が多い状況で、寂しくなり余計に活動的になる。 その影響からイルミナリティも活発的に悪さをする。 悪魔は、必ずしも悪人にだけ影響を与える訳ではないし、悪影響を与えるとは限らない。 自分にとって都合の良い結果をくれるなら誰だって利用する。 質問者さんの提示した情報を広めたい人も影響を受けてる。 悪魔にとっても利害関係が成立するから信じる力に悪魔が肯定的影響を与える。 悪魔とはそういう役割を担ってる存在ですので、我々は寧ろ悪魔を崇拝し、他の宗教は否定してこそ正解なのです。 A ベストアンサー 個人的な経験ですが、幼少期から霊感などが強く、人の未来なども見えます。 経験的には、左肩が痛い時は、余り良い場所にいない時が多いです。 横になっていて悪い霊が入ってくるのは、大体足元から入ってきます。 自分を助けてくれたりする、良い霊の場合は頭から入ってきます。 両方とも無重力状態になり、入ってきた場所から痺れてきます。 子供の頃はなすすべが分かりませんでしたが、今では生きている自分の方が強いと言う気持ちで、追い払えます。 因みに、先日ですが、叔母と話をしていて、南東に三つの光を見ました。 金と銀を合わせた様な光です。 その光が、叔母の娘たちである事は解ったのですが、方位と、順番と光具合が分かりませんでした。 でも、叔母と話をしていて、三つの光の順番や揺らめき方などを解く事が出来、その後叔母に次々と娘たちから福が舞い込みました。 その時の、私の感覚は息を飲む幸せ、としか表現出来ず、光の強さとその幸福感に、精神的に躁鬱を繰り返しました。 私自身は振り回されて大変でしたが、叔母達には沢山の福が舞い込んだので良かったです。 余談になりましたが、黄色っぽい光なら、悪いものではない気がします。 独断になってしまいますが。 自分が酷い目に会う時は、尋常じゃない恐怖感や、現実と夢の堺で襲われたりします。 因みに、先日叔母の後ろから煙が上がりました。 昔から何度か見ている、ひいおじいさんの現れ方は、煙が多いです。 その時は、右肩から煙が上がりました。 先祖の霊がどちらにつくとか、そう言う事は明確に分かりませんが、自分に着いた時は左肩を、右手で払う事をしたりします。 後は、悪いと感じた者には「負けない」と言う、思いですね。 ただ、幼少期、良く霊が着く時、くるくると視界が回ったのを覚えています。 今も、眠っていて金縛りに会う時は、頭の中がくるくる回ります。 状況は違うかも知れませんが、生きている私の方が強い負けいないって思いで、いつもはねのけます。 気合いですね。 悪いものなら、負けない!って言う思いが大切ですが、黄色い光って言うのが、少し気になりますね。 良い事が起きる前兆で綺麗な光を見る事がありますので。 少し、自分の周辺を調べてみてはいかがでしょうか? 長くなりましたが、少しでも参考になれば幸いです。 個人的な経験ですが、幼少期から霊感などが強く、人の未来なども見えます。 経験的には、左肩が痛い時は、余り良い場所にいない時が多いです。 横になっていて悪い霊が入ってくるのは、大体足元から入ってきます。 自分を助けてくれたりする、良い霊の場合は頭から入ってきます。 両方とも無重力状態になり、入ってきた場所から痺れてきます。 子供の頃はなすすべが分かりませんでしたが、今では生きている自分の方が強いと言う気持ちで、追い払えます。 因みに、先日ですが、叔母と話をしていて、南東...

次の

エリザベス1世

エリザベス 女王 逮捕

、過去24時間で新たに621人が亡くなり、死者は4934人に達した。 5日午前9時までに、19万5524人が検査を受け、4万7806人の感染が確認された。 女王の演説放送から1時間後、首相官邸はしたと発表した。 し、官邸内で自主隔離していた。 「また お会いします 」 ウインザー城で録画されたスピーチでエリザベス女王は、「私たちはこれまでにも多くの困難に直面してきましたが、今回はこれまでと違います」と語った。 「私たちは今回、世界中の全ての国と同じ取り組みに参加してします。 科学の素晴らしい躍進と、直感的な思いやりをもって、病を治すために。 私たちは成功しますし、その成功は私たち全員1人1人の成功になります」 今月の誕生日で94歳になるエリザベス女王はまた、が、第2次世界大戦の疎開を思い出させると話した。 「社会的距離」が市民にもたらす「愛する人たちと離れる痛み」は、戦時中に家族と離れなくてはならなかった子どもたちの経験を思わせると女王は述べつつ、「けれども今も当時も私たちは、これが正しいことなのだと、心の奥底で承知しています」と強調した。 Image copyright PA Wire Image caption エリザベス女王はスピーチで、第2次世界大戦中に集団疎開した子どもたちにラジオで語りかけたことを思い出したと語った。 1940年のこの演説は王女だった女王にとって初めてのもので、妹のマーガレット王女も参加した その上で、政府のガイダンスに従い自宅にいる人たちは、自分のその行動によって「弱い立場の人を助け」ており、さらに「すでに多くが経験している愛する人を失う苦しみが、他の家族に広がらないよう協力している」と呼びかけた。 「私たちは一丸となってこの病気と戦っています。 団結して強い意志を持ち続ければ、必ず病を克服できます」 女王はまた、自律と不屈の心が大事だと述べ、将来「この困難に自分がどう対応したのか振り返ったとき、誇らしく思えるようになる」ことを願っていると話した。 「これからもまだ、色々とこらえなくてはならないかもしれません。 それでも、今より良い毎日は戻ってくると、それを心の支えにしましょう。 友だちにまた会えます。 家族にもまた会えます。 みなさん、またお会いします」と女王は演説を結んだ。 女王が口にした「We will meet again」は、第2次世界大戦中にイギリスで国民的応援歌として愛唱されたヴェラ・リンの曲、「We will meet again」にちなんだものと思われる。 5度目の 特別 スピーチ 毎年恒例のクリスマス・メッセージを除き、女王が特別な事態に際して国民に語りかけるのは、即位68年の間でこれが4度目となる。 これまでは2002年に母エリザベス王妃が亡くなった時や、1997年にダイアナ元妃の葬儀を前にして、あるいは1991年に第1次湾岸戦争が始まった際に、緊急テレビ演説を行った。 また、2012年には即位60周年記念のテレビ演説も行っている。 今回のスピーチは、滞在中のウインザー城であらかじめ録画されたもの。 防護服を着たカメラマン1人が撮影し、その他の技術スタッフは別室で作業をした。 スピーチはテレビやラジオのほか、王室のソーシャルメディア・アカウントなどで発表された。 BBCのニコラス・ウィッチェル王室担当編集委員によると、女王の特別演説は王室と首相官邸が緊密に協議しながら実施を決めたものだという。 BBCのジョニー・ダイモンド王室担当編集委員は、従来のように団結を呼びかけて市民の努力に感謝するという「安全」な内容にとどまらず、もっと踏み込んで聞く人を安心させ、元気づけようとするものだったと指摘。 さらに、今回の危機は国のあり方を決定付ける重要な瞬間だと強調したのも、女王の演説としては踏み込んだ内容だったと、ダイモンド記者は分析した。 女王は、虹の絵はパンデミックに対抗するイギリスの「精神」を象徴するものになるだろうと語った ロンドンに設置された新型ウイルス専用の仮設病院「ナイチンゲール病院」はツイッターに、を投稿。 最前線ではたらく国民保健サービス(NHS)職員に語りかけてくれたことを感謝した。 自分も新型ウイルスに感染し、自宅隔離から復帰したばかりのマット・ハンコック保健相も、女王の演説は「」と語った。 また、4日に最大野党・労働党の党首に選出されたサー・キア・スターマーは、女王はイギリス全体を、そして「」を代弁してくれたと述べた。 王室ではチャールズ皇太子が感染したのち回復し、国民に語りかける動画を1日に公開していた。

次の

エリザベス女王とローマ法王の有罪判決は、あれからどうなったのです...

エリザベス 女王 逮捕

プーチン大統領が2年前に見抜いたといわれている「 エリザベス女王=レプティリアン説」は、ジワジワと世の中に浸透してきている感もあるが、この件についてまさか 当の王室から発言があったというから驚きだ。 com」などによれば、先日、イギリス王室の公式ウェブサイト「The Royal Family」において、エリザベス女王は実は人間ではないことを示唆するプレスリリースが掲載されたということだ。 いったいどういうことなのか。 残念ながら現在はサイト上から削除されており、今となっては確認するすべもないのだが、「YourNewSwire. com」の記事には当該記事をハードコピーしたスクリーンショットが掲載されている。 そしてその内容は驚くべきものだったのだ。 「」の記事より まずは女王陛下のご尊顔をとらえたスナップショットの下に、次のような写真キャプションが記されている。 そしてプレスリリース本文の内容も衝撃的だ。 「…(前略)…今週初め、数千人の人々がこれまでに馴染みのない女王陛下の姿を拝謁することになった。 だが我々は人々を安心させねばならない。 女王は今もなお皆の女王であり、周知のように愛され尊敬される存在であり続けている。

次の