ぶんぶん どり む 効果 なし。 にゃんこ大戦争 ぶんぶん先生の倒し方と推奨キャラ

ブンブンどりむとZ会

ぶんぶん どり む 効果 なし

小学生の作文の通信教育、 ブンブンどりむを、実際に子供がやって よかったと思うことを書きます。 また、 これはイマイチだったな、と思うことも書いてみたいと思います。 ブンブンどりむをやってみたいけど、どうしよう?と迷っている方に、参考にしていただけるとうれしいです。 親が「作文の勉強しなさい」と言わなくても、 子供が勝手に作文の勉強をしているんです。 作文が好きで、何も言わなくても勝手にたくさん書いて、上達してしまう、というお子さんだったらいいですよ。 うちの子は違います。 市販の言葉や文の学習によさそうなドリル、日記、テーマを決めた作文… 親がいろいろ考えてやらせようとしても、なかなかのってきませんでした。 でもブンブンどりむは、届くと自分で開封して、テキストをどんどん読むんです。 そして、いつのまにかテキストの問題を自分で終わらせてしまっています。 課題は、難しい時はヒントを出したりもしましたが、1人でも取り組めるものが多かったです。 学年末に、長い作文にチャレンジするんですが、それも張り切って書いていましたね。 ブンブンどりむの楽しい教材のおかげです。 親が教えることにこだわっていたら、 今ごろ作文嫌いがこじれて、大変なことになっていたかもしれないな、とふと思うことがあります。 作文の苦手意識がなくなった よかったことの2つ目は、 学習の効果があったと実感できることです。 うちの子供は、 作文が苦手でした。 100文字程度で考えや説明を記述する問題や、400字程度の作文を、 何も書かずに提出する、ということが、何度もありました。 何を書いたらいいのか、思いつけないんだそうです。 でもそういったことは、ブンブンどりむで作文の勉強を続けるうちに、減っていきました。 書くべきことを自分で思いついて、作文を書き出すことができるようになってきたんです。 公立中高一貫校を目指すにあたり、6年生の今は作文をたくさん書いています。 正直まだまだ、作文が得意といえるところまでは達していないと思います。 でも、作文を書くことを嫌がらず、いろんなテーマの作文を、自分で考えて書くことができるようになってきました。 あんなに苦手だったのに… どうも作文が苦手そうだな、と思った低学年の時、ブンブンどりむに出会ってよかったな、と思っているんです。 学年に応じた長さの作文を書くことに慣れた 小学生は、作文だけではなく、長めの文章を書く機会が意外と多くあります。 国語で考えや感想を文章に表す。 算数で、考え方を式と文章で表す。 理科や社会のレポート。 総合の時間に調べたことを、新聞としてまとめる。 音楽や図工の時間に、作品を鑑賞して感想文を書く。 運動会や学芸会の前後に意気込みや感想の作文を書く。 いろんなテーマや形式の作文を書くことに、ブンブンどりむで慣れていたことが、学校でもとても役に立ったと思います。 また、夏休みの宿題として、 読書感想文を書くことになっている学校も多いと思います。 ブンブンどりむは、夏休みの時期には読書感想文の書き方の小冊子がついてきました。 学年によっては、ちょうど夏休みの時期に、読書感想文につながるようなテーマの課題に取り組んだこともあり、とても助かりました。 もう少しスッキリしたデザインでもいいかも ここまで、ブンブンどりむをやってよかったと思うことを書いてきましたが、ここはイマイチだったな、と思うことについても書いておきます。 ブンブンどりむの教材はキャラクターのイラストやマンガがふんだんに使われています。 そのおかげで、子供が興味をもって自分から取り組むというのは確かにあるので、いいんですが… やっぱりもう少しだけ、スッキリしたデザインだったらいいのにな、と思うことがありました。 カラフルで、絵がいっぱいで、にぎやかというか、 少しゴチャゴチャしているなぁと。 でもこれは、ただの親の好みの問題です。 子供に好まれる、キャラクターやマンガを使った教材だからいい、と言っておきながら、もっとスッキリしたデザインの方がいい、というのは、矛盾していますし… だから、この点は、少し不満ですが、しょうがないと納得して、受講していました。 実際、 勉強するのは親ではなく子供です。 その子供が、イヤがらずに作文の勉強をしていた、という大きな効果を見ていますから、選んでよかったと思っています。 ブンブンどりむの感想まとめ ブンブンどりむを小学生の子供が受講して、よかったと思うこと、イマイチだったと思うことについて書いてみました。 よかったこと• 子供が進んで取り組む楽しい教材• 苦手意識が薄れ、学習の効果があったと実感できる• 学校で作文や文章を書く時にも役立つ イマイチだったこと• 教材のデザインが少しゴチャゴチャしている こんな感想で、結論としては、わが家では、 ブンブンどりむをやってよかったと思っています。 やってみようかな、どうしようかな、と迷っている方には、小学生のどなたにも、 できれば受講したほうがいい教材としておすすめしたいです。 特に、将来大学進学を考えているお子さんや、公立中高一貫校を受検する可能性があるお子さんには、早めに始めてほしいと思います。 ぜひ、 無料体験キットで、お子さんがブンブンどりむを気にいるかどうか、試してみてくださいね。

次の

【ブンブンどりむ】1年生の効果は?難しい?使ってみた感想と評価

ぶんぶん どり む 効果 なし

この前新学期が始まったばかりだというのにもう1学期も折り返し。 夏休みの旅行やレジャーの予約を考える時期になってきましたね! 楽しい事もいっぱいの夏休みですがあれも待ってます。 作文ってどうやって書かせたらいいんだろう?と調査をしていた所、作文の通信教育がある事を知りました! この記事では早生まれ娘が夏のお試しキャンペーンで2ヵ月、作文の通信教育をやってみた事をご紹介します。 早生まれ母はそもそも早生まれ娘の作文力にすごく不安を感じていた 早生まれ娘は幼稚園の年長さんから公文の国語をやっていたので読むことについては不安は感じていませんでした。 でも国語って読む力だけでなく書く力も必要です。 インプットの後にアウトプットがあるのでまずはインプットする力「読解力」を公文で養ってアウトプットする力は読解力が備わってきてから考えようと思っていました。 夏休みが近づくと書店で読書感想文の書き方のような本がたくさん販売され始めます。 作文指導の本を買ったりしたのですがやっぱり教える自信が無い。。。 誰かに指導をしてもらいたい。 でもそんな塾とかあるのかな?と思ったらなんと作文の通信教育があるではありませんか!! 作文の通信教育「ブンブンどりむ」 ブンブンどりむ。 なんかインパクトに残る名前ですよね 笑 株式会社どりむ社が運営している通信教育です。 教育学者の齋藤孝先生が監修していると記載されています。 量はそんなに多くない 1日10分がコンセプトなので本当にあっという間に終わります。 書くのがスーパー苦手な子でも取り組みやすいようにでしょうか。 算数・理科・社会(低学年は生活)のワークブックもついている 作文だけではなくて算数・理科・社会(低学年は生活)のワークブックもついています。 学校の勉強とはちょっと違った感じを受けました。 でもそんなに難しいわけではないので取り組みやすいです。 やってみて・・・ 書くのがまぁまぁ得意な子には簡単すぎるけど意味はあった ブンブンどりむをやってみて、作文のワークブックにもスラスラと記入していたので早生まれ娘は上手か下手かは分かりませんが自分で文章を書くという事はあまり困らないんだなという事が分かりました。 採点はホメちぎってくれる所がすごく良い 凄いホメちぎってくれます。 1年生の作文でよくここまでホメてくれるなっていうぐらいホメてくれます。 そして採点してくれる方の字がとてもキレイ。 苦手な子でもこれだけホメてくれたら嬉しくなるんじゃないでしょうか。 楽しかったです。 」 しか書けない状態だったらそのまま続けたと思います。 苦手な子が作文に取り組むにはすごく良い教材だと思ったからです。 夏休みだけ2ヵ月のキャンペーンを毎年やっている 早生まれ母もこれを利用したのですが、2ヵ月ポッキリで終わるので退会申請などもせず楽です。 最初から2ヵ月とわかっていれば気が楽ですし、体験ではなく本物の教材が来るので教材の良し悪しがハッキリわかります。 ブンブンどりむは作文訓練ができる数少ない教材 早生まれ娘はたまたま作文の宿題をだしてくれる先生だったので1年半日記を書き続ける事ができ、作文力が向上しました。 成長したからじゃないの? と思われるかもしれませんが、早生まれ娘のクラスだけ他のクラスに比べ廊下に張り出してある作文の文章が長いのです。 コツも大切ですが、継続して訓練するという事がとても大切なんだなと実感しました。 でも親が子に「日記を書きなさい!」っていうとまぁ大惨事になるのが目に見えてますよね。 お値段高めに感じますが、毎日書く練習ができることや教材の内容とほめちぎってくれる採点を考えると値段相応かなと思います。 作文能力は0から1は難しいけど1から2,3はそこまで難しくない 早生まれ娘を見ていると作文能力は0から1にすることは難しいのですが、1になってしまえばあとは自然と向上していくように感じました。 小学校生活では作文を無視して生活する事はできません。 特に男の子は作文が苦手な子が多いのでなるべく早いうちに対策してあげたほうが後々楽になると思います。

次の

にゃんこ大戦争 ぶんぶん先生の倒し方と推奨キャラ

ぶんぶん どり む 効果 なし

小学生の作文力をアップする通信教育講座『ブンブンどりむ』って何? 画像:ブンブンどりむのテキスト バッチリ完成コース 多種多様な作文の通信講座 前回アップしたように、作文の通信講座は、受験向けではないもの、作文講座に特化していないものも含めてたくさん開講されていて、それぞれに特徴があります。 したがって、それぞれのご家庭のニーズにマッチしたものが選択できるのではないかと思います。 我が家は最終的に作文特化型の通信講座に的を絞って検討しました。 ベスト?ベター? ガン子が当初志望していた公立中高一貫校は、過去問を見ると結構な文字数の作文を出題していました 既出のとおり。 当然、作文対策が重要と考えて、前回アップしたようにさまざまな作文の通信講座を比較検討しました。 はじめは進研ゼミの作文講座を考えましたが、カリキュラム上!? 受講できなかったため、悩みに悩んで作文特化型とされる『 』を受講することにしました。 まず作文特化型であったこと、そして、公立中高一貫校の受検記述対策をうたっていたことが『ブンブンどりむ』を選んだ主な理由です。 受検から受験へ 『ブンブンどりむ』は1年生から6年生までのコースがあり、学研のように学年横断はなく、本人の学年のコースを受講します。 6年生 =ガン子 向けは「バッチリ完成コース」という名称です。 受講費は、月額5,000円オーバーですから少し高い印象です。 割引があるため、我が家は1年払いにしました。 「ですがーっ!しかーし!!」 その後、ガン子の希望で公立中高一貫校から首都圏私立中学受験にスイッチしたため、当初考えていた作文対策が不要になってしまいました 汗。 「はて、どうしたものか?」 せっかく受講するつもりだったのに無駄になってしまったと思いました。 作文のみならず 『ブンブンどりむ』は作文特化型の通信講座とされていますが、公立中高一貫校の受検記述対策をうたっているだけあって、テキストには資料を読み取る問題、短い作文を書く問題などが掲載されています。 また、ちょっとひねりの入った漢字の問題もあります。 全編にわたってカラーまんが仕立てになっていますので、子どもが取り組みやすいようになっています。 月1回の模擬テストの中に読解問題とともに作文があり、それを添削してもらうために提出します。 受検から受験にスイッチしたものの、このテキスト・模擬テストを見て、よく練られているという印象を受けました。 時間的・量的な負担が少ないうえ、国語の勉強になると判断して、『ブンブンどりむ』をそのまま継続することにしました。 ブンブンどりむの難易度 『ブンブンどりむ』のテキストの難易度は決して高くありません。 首都圏私立の難関校を受験するお子さんにはおそらく簡単すぎると思います。 個人的な印象ですが、受講する対象は、上位校志望までではないでしょうか? レベル分けを難関校>上位校>中堅校>とするならば…。 上位校でも簡単と感じる子が多いかもしれません。 ガン子も難しいという印象を持たなかったようで、模擬テストも含めて身構えずサラッと学習できていたようでした。 資料を読み取ったり、テキストで短い記述、模擬テストで作文を書くことで頭の整理につながったようです。 漢字の問題は、日能研の『漢字マスター1095字』で鍛えた!? ガン子の漢字力の腕試しになりました。 ブンブンどりむの副教材 受講開始時に「作文かきかたBOOK 」という副教材が送付されてきて、まず作文の基本的なことを学習します。 それ以外に、時事問題対策の副教材として、毎日新聞社の『Newsがわかる』、「時事シート 1枚 」が毎月送られてきます バッチリ完成コース、他のコースは未確認。 「そうです!」 覚えている方もいるかもしれませんが、以前ご紹介したように、毎日新聞社の『Newsがわかる』は、時間を作るのが苦手なガン子の新聞代わりになった雑誌です。 薄い雑誌 月刊誌 ですが、毎月特集記事があり、重要なニュースがまとまっていて、後半には子どもが興味を引くマンガもあります。 政治信条的に毎日新聞社とは相容れないご家庭以外にとっては、とても良い雑誌だと思います。 我が家ではガン子の受験が終了した後も購読しています。 ちなみに我が家は毎日新聞購読者ではありません。 ブンブンどりむの効果のほどは? 「さて、効果のほどは?」 国語も含めてハッキリと実感するほどの効果があったと言えるのか、それともなかったと言うべきなのか…。 ただ、作文を書きつづけて、第三者に添削してもらうことで キッチリ添削してくれます 、自分の作文をより客観視できるようになり、作文に対する意識が「苦手ではない」から「得意」になったのではないかと思います。 参考 『ブンブンどりむ』の公式サイトによると、学習時間の目安は、 1日10分程度としています。 もちろん、模擬テストは10分ではできませんのでご注意を。 受講料ですが、1年生は月額4,860円 税込 、2~6年生は月額5,346円 税込 です。 6カ月払い、1年払いで割引があります。 また、きょうだい割引もあるそうです 2018年6月現在。

次の