千 と 千尋 の 神隠し 年齢。 千と千尋の神隠しのリンの年齢と性別は?正体が人間なのか考察した!

【リンの正体】は白狐、それとも人間!?「千と千尋の神隠し」の裏話

千 と 千尋 の 神隠し 年齢

Contents• 千と千尋の神隠しで千尋の名前は? 千と千尋の神隠しで千尋の名前ですが、実は名字は一度も呼ばれていません。 そのため千尋の名前で名字を知っている人は少ないのではないかと思います。 その千尋の名前は・・・ 荻野千尋 と言います。 では千尋の名前が荻野千尋だとわかったのはなぜか? 千尋は引越しの途中に異世界に迷い込んでしまいましたが、ハクや釜爺の助けもあって湯婆婆と契約して油屋で働けることになりました。 そして湯婆婆と契約する際に契約書を交わしていますが、この時に名字も書いていました。 しかしここで一つ気になることが! 名前を書いた際に 「荻」の字を間違えています! これが意外と重要! 湯婆婆に名前を奪われると 名前を忘れてしまう 帰り道がわからなくなる ということが起こりましたよね。 ただ千尋は名字の漢字を間違えています。 そのため自分の名前を最後まで忘れなかったと言われています。 Sponsored Links 千尋の年齢は? 千尋は小学生。 これは 体の大きさ 車の中にあったランドセル 両親からこれから通うことになる小学校の話をされている これらからわかります。 まぁそもそも小学生にしかみえませんが。 その千尋の年齢はというと・・・ 10歳 です。 ちなみに千と千尋の神隠しの中で年齢設定がわかっている人物は3人います。 千尋は 10歳 ハクは 12歳 リンは 14歳 のようです。 ハクはわかりますが、リンの年齢14歳は結構衝撃ですよね。 20代でも全然おかしくない気がします。 千尋のモデルとなった人物は? 千と千尋の神隠しの主人公である千尋には明確にモデルとなった人物がいると言われています。 その千尋のモデルは・・・ 日本テレビの映画プロデューサー奥田誠治さんの娘の千晶(ちあき)さん のようです。 これはすでに宮崎駿さんや鈴木敏夫さんなども言っています。 そして映画内のエピソードで千尋が幼い頃に川に落ちて片方の靴が川に流されていくシーンがありましたよね。 実はこれは川に落ちてはいませんが、靴を落として流れていってしまったというのは本当にあったことのようです。 今回は千と千尋の神隠しの主人公である千尋についてみていきました! 千と千尋の神隠しは千尋の他にもハクや湯婆婆やカオナシなど魅力的なキャラクターが多いですよね。 またストーリーも非常におもしろいので、歴代映画興行収入No. 1になるのも納得です! 今猛追している映画がありますが・・・.

次の

千と千尋の神隠しに「節子」がいた!?驚きの都市伝説!

千 と 千尋 の 神隠し 年齢

こんにちは。 きよです。 ディズニー・ピクサーの映画『リメンバーミー』をご覧になったことはありますか? 『リメンバーミー』って、なんだかディズニー版の『千と千尋の神隠し』っていう感じがした人も結構いるんじゃないでしょうか? 『リメンバーミー』は「生者の国と死者の国」がテーマ 『千と千尋の神隠し」は「この世と神さまの国と魔法」がテーマ う~ん、確かに思い返してみると 『リメンバーミー』には魔法が一切登場しませんでしたし、ミュージカル的な要素の設定は『千と千尋の神隠し』にはないけど、ストーリーの設定とか雰囲気は確かに似てませんか? メキシコの死生観についてちょっとでも知識があれば設定が違うので『千と千尋の神隠し』だなんて全く頭に浮かばないはずなんですけどね^^; けど、 日本のことしか知らない人が見たら、ディズニー版の『千と千尋の神隠し』という設定だと思う人がいてもおかしくないですよね? でわでわ、 『リメンバーミー』と『千と千尋の神隠し』は何か関係があるのか?について詳しく調べてみました! また、リメンバーミーの世界観の設定についてもお伝えしていきたいと思います。 スポンサーリンク Contents• リメンバーミーと千と千尋の神隠しは関係があるの? リメンバーミーは千と千尋の神隠しの影響を受けていた? 『リメンバーミー』の映画の中で 「ミゲルがデラクルスのギターを弾いた瞬間から、死者がガイコツの姿で見えるようになって、逆に生者からはミゲルが見えなくなってしまう上に、触れることもできなくなってしまう。 」という設定のシーンがありますね。 あれって『千と千尋の神隠し』で、 千尋が迷い込んだ神さまの国から出られなくなって、体が消えそうになっていく設定のシーンとなんだか似てませんか? それと、『リメンバーミー』の ヘクター はミゲルを死者の国から生者の国に返そうと協力する設定になってますよね? それって、『千と千尋の神隠し』の ハク と同じ役割設定なのかな~と思ったりもします。 そうそう、あと『リメンバーミー』の ダンテ も ハク と同じ役割設定なのかなーと思ったりして。 また、全体的な流れとして 「主人公がいつの間にか異世界に迷い込んでしまい、何とか元の世界に戻ろうと必死に努力する」という物語も『リメンバーミー』と『千と千尋の神隠し』に共通する設定ですよね? そして、『リメンバーミー』の死者の国の雰囲気の設定も、どことなく『千と千尋の神隠し』の油屋の雰囲気と似てると思いませんか? ムムッ!!これだけ似てると 、メキシコ版『千と千尋の神隠し』なんじゃない?と思ってしまいますよね! リメンバーミーと千と千尋の神隠しは関係があった! 同じくディズニーピクサーの映画『トイストーリー3』では焼却炉を目の前にしたおもちゃたちが、もはやどうすることもできずに手をつないで自分たちの死を覚悟するシーンがありましたね? 『リメンバーミー』の監督のアンクリッチ氏とプロデューサーのアンダーソン氏は、そんな 「緊迫感」や「危険性」は言葉でキャラクターにしゃべらせるのではなく、映像で伝えることを大切にしているそうです。 確かに『トイストーリー3』のあの場面では「私たち焼かれて死ぬんだわ」なんていうセリフはありませんでしたが、 映像を見ただけで危ない状態や緊迫感は伝わってきましたよね? 一方『リメンバーミー』の中でミゲルは死者の国に迷い込んでしまうという設定になっています。 そして日の出までに出られなければ死者になってしまうという、 タイムリミットが設定されています。 その タイムリミットが迫る中、じわりじわりと死の気配を漂わせるために、監督のアンクリッチ氏はどういった手法をつかったのか? そう、 「肉体が透けてガイコツになってしまう」という設定を使って観客に緊迫感を与えていったのです。 まるで宮崎駿監督作『千と千尋の神隠し」で千尋の体が消えていくみたいにです。 『リメンバーミー』の監督のアンクリッチ氏は「『千と千尋の神隠し』には間違いなく影響を受けたよ!」と前置きした上で、『リメンバーミー』にとっては、なくてはならない見せ方であったと言っています。 やっぱりそうなんですね!! そして 『リメンバーミー』の監督のアンクリッチ氏は、宮崎駿監督の映画が好きで、特に『千と千尋の神隠し』が大好きなんだそう。 しかしアンクリッチ氏は 「『リメンバーミー』を作るときに『千と千尋の神隠し』のことを特に意識していたわけではなかったと思う。 」といっています。 なるほど、『千と千尋の神隠し』は好きで影響は受けているけど、作品を作るときには特に意識してなかったんですね! そして『リメンバーミー』ではミゲルに迫っている危険性を表現する必要があったのだそうです。 そうです、 「肉体が透けてガイコツになってしまう」という設定を使って観客に緊迫感を与えていったのです。 監督はインタビューで、 「もしミゲルが死者の国に長くいすぎたなら、何か危険なことが起きると観客に感じてほしかった、それは『千と千尋の神隠し』のように彼が消えていなくなってしまうということじゃなかった」と『千と千尋の神隠し』との表現の違いを説明しています。 たしかに、まったく同じ表現ではないですよね! そしてその方法を追求していったら ミゲルがガイコツになっていくという設定だったそうで、そしてそれを観客の気持ちをあまり動揺させないやり方でやろうと試みたのだそう。 もともと 時間が差し迫ってくるというアイディアはいろんな映画に出てきますよね。 『千と千尋の神隠し』にもあるし『バック・トウ・ザ・フューチャー』にもあるとアンクリッチ氏は言っています。 この 時間が差し迫ってくるというアイディアは、 「誰かが必要なことを達成しなければ、予期しない問題が起きる。 」そういうところから生まれてきたと監督は言います。 そして「肉体が透けてガイコツになってしまう」という設定はとてもクールだろうなと思ったそうです。 監督は、 もし小さな子供が、この『リメンバーミー』を見ていたら「スゲー!!ミゲルはガイコツになっちゃうんだ」とクールに感じると思うとも言っています。 タイムリミットが来ると「肉体が透けてガイコツなってしまう」っていう設定は大人だけでなくて子供にもわかりやすい設定ですよね。 スポンサーリンク リメンバーミーの設定は千と千尋の神隠しと似ている? リメンバーミーの設定は? 『リメンバーミー』の舞台設定の何よりの特徴は、メキシコの死者の日のお祭りを描いていることです。 (『千と千尋の神隠し』は神様の宴会という設定でしたよね?) 『リメンバーミー』の死者の日とは1年に1度、亡くなった人の魂が生者の国に帰ってきて、親しい人たちと再会するという行事という設定なんです。 (『千と千尋の神隠し』ではそんな行事的なものはなかったと思います。 ) 日本で言うところの「お盆」にとても近いものですが、 決定的に違うのは『リメンバーミー』の死者の日のお祭りは「カラフル」かつ「ポップ」であることなんです。 (『千と千尋の神隠し』も神様の宴会はカラフルで楽しそうでしたね!) 色とりどりの装飾品が街中に飾られて、家の入口にははマリーゴールドの花びらがまかれて、とてもカラフルなお祭りという設定です。 『リメンバーミー』では、その「人の死と楽しく明るい雰囲気が混在している」死者の日のイメージを、さらに膨らませたのが「死者の国」なのです。 (『千と千尋の神隠し』では神様の国?という設定でしたよね?) 『リメンバーミー』では実在するメキシコの街「グアナファト」を原型にして、想像力豊かに装飾された死者の国は、階層的にいくつもの家屋が並べられて、カラフルできらきらと光り輝いてうっとりしてしまう美しさです。 (『千と千尋の神隠し』の油屋もカラフルで美しかったと思います。 ) リメンバーミーの設定は千と千尋の神隠しと似ている? 次に 『リメンバーミー』と『千と千尋の神隠し』が似ている点をまとめていきたいと思います! それは違うでしょ?と言われるかもしれませんが私の独断と偏見でまとめていきます。 まず 主人公の年齢です。 ミゲルは12歳、千尋は10歳ということで二人とも小学生です。 主人公が小学生ということで設定が似ています。 世界観では 『リメンバーミー』では「生者の国と死者の国がある」、『千と千尋の神隠し』では「現実の世界と神様の世界がある」という点で似た設定となっています。 ストーリーでも 「ふとしたところから、主人公が異世界へ迷い込む」という設定が似ています。 それと 主人公の体が透けてしまうところ、これも似ていますよね。 もちろん、『リメンバーミー』では透けて消えるのではなくガイコツになるという設定で『千と千尋の神隠し』とはちょっと違いますけどね。 また 『リメンバーミー』の死者の国も『千と千尋の神隠し』の神様の世界も どちらも異世界が明るくて華やかな点が設定として共通しています。 さいごに、 登場人物について 『リメンバーミー』の ヘクターと『千と千尋の神隠し』の ハクが役回りが似ていると思いませんか? どちらも主人公が現世へ帰るために必死に協力する役という設定です。 そうそう『リメンバーミー』では ダンテも ハクに匹敵する役という設定ではないでしょうか? なんだかこじつけに近いかもしれませんが、私が設定が似ていると思うものをまとめてみました。 ミゲルが死者の国に迷い込むストーリーラインはまさに「千と千尋」ですね。 照明や色合いも似ています。 メキシコ版「千と千尋の神隠し」ですね。 — Iwash enaring8915 やはり他にも『リメンバーミー』と『千と千尋の神隠し』が似ていると感じている人がいましたね! まとめ 今回は 「リメンバーミーと千と千尋の神隠しは関係があるの?設定が気になる!」ということでお伝えしていきました。 『リメンバーミー』と『千と千尋の神隠し』は関係があるの?については、 『リメンバーミー』の監督のアンクリッチ氏は「『千と千尋の神隠し』には間違いなく影響を受けたとインタビューにこたえていましたね! ですので、『リメンバーミー』と『千と千尋の神隠し』には関係があります!! そして『リメンバーミー』の監督のアンクリッチ氏は『千と千尋の神隠し』が大好きなんだそうです! ですが、『リメンバーミー』は『千と千尋の神隠し』の表現を 単にパクったとかではなく、『リメンバーミー』に必要かどうかよく見極めた上で、独自の表現をしていると言っていました。

次の

千と千尋の神隠しの坊は誰の子?年齢や父親はおしら(大根)様や釜爺説も調査!

千 と 千尋 の 神隠し 年齢

荻野家の3人は引っ越し中、千尋は父親が運転する車内で、不本意な転校に駄々をこねて不機嫌な様子です。 3人が乗る車は山道に迷い込み、その奥には不思議なトンネルがあり、興味本位で入って行く両親を追いかけて、千尋も一緒にトンネルを抜け「打ち捨てられたテーマパーク」のような世界に入ることに。 そこには、無人でありながら、おいしそうな食べ物が用意されていて、両親はそれを貪るように食べ始め次第に豚に姿を変えます。 怖くなった千尋はその場を離れ、車に戻ろうとしますが、野原だった場所は川になっていて帰り道を失い、身体が消え始めたところを謎の少年ハクに助けられ、油屋に連れて行かれるのでした。 油屋を経営する湯婆婆に「荻野千尋」という名前と引き換えに、「千」として雇ってもらうことに成功した千尋は、湯女のリンの下で働くことになります。 湯屋での生活に慣れて来た頃、千とリンが「 腐れ神」を担当することに。 千尋が「腐れ神」を薬湯に浸けて、刺さっていたゴミや自転車を引っ張り出すと一気に浄化され、龍神「名のある川の主」に戻り、そのお礼として千は「ニガダンゴ」をもらいます。 その団子を豚になった両親に食べさせれば、元の姿に戻れるかもしれないと希望をもつ千。 しかし、湯婆婆の指令で「魔女の契約印」を姉の銭婆から盗んだことで、深手を負った龍の姿をしたハクに、千はニガダンゴを半分食べさせて助けます。 その頃、千はお客と間違えてカオナシという化物を、湯屋の中に招き入れてしまいます。 カオナシは砂金を吐き出し、湯屋で豪遊をはじめますが、千が砂金を受け取ることを拒否したため、怒り狂い凶暴化し湯屋のひとびとを飲み込み出します。 それを鎮めるために、千はまたもや大事なニガダンゴを食べさせて、飲み込んだものを吐き出させ、片道切符の電車で、カオナシを連れて銭婆のところに「魔女の契約印」を返しに行きます。 千は両親を救い出し、もとの世界に戻れるのか、ハクの正体は? 『千と千尋の神隠し』は、10歳の少女千尋が不思議な世界で成長していく物語です。 カオナシは、神ではないため油屋に入りたくても入れず、いつも入口の前の太鼓橋に佇んでいる化物。 黒く細長い身体に白いお面をつけた姿で、「ア」「エ」といったか細い声を出すだけで、お面なので無表情。 登場当初は動きが少なく、言語でコミュニケーションが取れないため、見えていないのか、千尋以外の誰からも無視されています。 千尋がやさしさからカオナシを油屋に招き入れたため、カオナシは千尋を好きになり、気を引こうと、油屋のみんなが喜んでいた砂金を吐き出します。 砂金に群がり、カオナシの機嫌を取ろうとごちそうを運ぶ油屋の従業員たちでしたが、砂金を差し出された千尋は受け取りません。 千尋に拒否されて、カオナシはショックを受けて逆上し怒り狂って、油屋の従業員たちを飲み込みはじめます。 最初おとなしく、誰の目にもうつらないほどの存在感のなさだったカオナシが、たくさんの人間にちやほやされるも、一番愛されたいひとから拒否されて切れるのです。 宮崎駿監督は「カオナシは誰の心にも存在する」と語っています。 カオナシは人間の成長過程で通る、思春期の心の象徴で、坊がもっと小さい頃の幼児性の象徴といえるのではないでしょうか。 10歳の千尋は思春期の入り口に立っている年頃、カオナシはそんな思春期のモヤモヤした心をデフォルメしてあらわれた存在で、千尋はそんなカオナシを鎮め、自分がカオナシを招き入れたことへの責任を果たし、ひとつ成長するのです。 この油屋の浴槽はどこも仕切られていて個室風のつくり、VIP対応だからという理由もありますが、これはそれぞれのお客様に湯女たちが背中を流したり、特別なサービスをおこなうからなのです。 もともと江戸時代、吉原など公設の遊郭以外の浴場などで、風呂掃除や下働きと特別なサービスをおこなう女性たちのことを湯女と呼んでいました。 そして、それを裏付けるように、オリエンタルな油屋のしつらえにアンバランスな湯婆婆のドレス姿は、ヨーロッパの娼館のマダムを表しています。 湯婆婆の存在から、世界中のひとが、油屋が色々な側面をもつ「大人の世界」であることを感じられるのです。 宮崎駿監督は、「現代の社会を風刺的に描くため、あえて風俗店のような油屋を舞台にした」と語っています。 搾取される社会の象徴である油屋で、千尋はたくましく生きていくという設定です。

次の