ウィズ コロナ と は。 ウィズ(with)コロナ

ウィズ・コロナに踏み出すシンガポール

ウィズ コロナ と は

ウィズコロナとは 「 ウィズコロナ」とはどのような考え方でしょうか。 ウィズコロナとアフターコロナの違いを含めて考えていきましょう。 ウィズコロナとは ウィズコロナとは新型コロナウィルスとウィズ(with 共にあるということです。 つまり、 コロナウィルスと共存する世界を指しています。 新型コロナウィルスは世界的に蔓延し、完全になくすことは難しい状態となっています。 ワクチンや特効薬が開発されて、コロナの恐怖から解放されるアフターコロナの時代。 これを待っているだけでは生活できなくなる時がきます。 コロナと共存するという「ウィズコロナ」の考え方が今必要なのかもしれません。 2020年はウィズコロナの時代 ワクチンや特効薬が開発されない限り、アフターコロナの時代は簡単には訪れません。 ワクチン開発にはまだまだ時間がかかるといわれており、2020年はウィズコロナの時代といえるかもしれません。 自粛しながら働く・自粛の緩和と自粛を繰り返しながら働く。 どちらにしてもコロナウィルスがすぐ近くにあるものと捉えながら働くしかありません。 緊急事態宣言が解放されたところで、全てが自由になるという甘い考えは持たないことがウィズコロナの考え方です。 アフターコロナはこないかもしれない 「 アフターコロナはこないかもしれない」と考えておくこともウィズコロナの考えの1つといえそうです。 インフルエンザのほうが年間の死亡者数は多いのですが、インフルエンザにかかってもそれほど人は驚きません。 これは、 みんながインフルエンザと共にあることを受け入れているからです。 ウィズコロナも同様に、コロナウィルスに感染してもそれほど驚かないような世界がウィズコロナの世界かもしれません。 ウィズコロナの働き方 ウィズコロナの時代に生きているということは、この状態でも経済をまわさなければなりません。 ウィズコロナの働き方を考えてみましょう。 自粛し続けることはできない 緊急事態宣言で自粛している業界も、 いずれ事業を再開しなければ倒産してしまいます。 再開しなければ従業員の給料は払えなくなり、家賃なども払えなくなってしまいます。 観光業界も飲食業界も固定費はかかっているのです。 働いている従業員の給料が払えなくなり、失業者も増えていく懸念があります。 事業再開と自粛の繰り返しや違う形で事業を行うことも踏まえて、自粛し続けることは経済的に破綻しています。 コロナが近くにあっても経済を回すことを考える必要があるのです。 リスクヘッジしながら働く 感染リスクを低減させながら働くことが大切です。 在宅で働く リモートワーク・テレワークを始めた会社はたくさんあります。 移動にリスクが大きい以上、在宅勤務の仕組み作りは継続したほうがよさそうです。 実店舗への集客業態は非常に厳しい経営が求められます。 事業再開をしなければならなくなったときには、コロナリスクを最小限にした経営が必要です。 マスクの着用や3密とならない環境づくりをして、どう集客するのかを考えてみましょう。 ウィズ(with で働く 新型コロナウィルスへの感染者が従業員に発生することも考えておくべきです。 そのときに会社はどうするのかを考えておきましょう。 自宅待機や当分の間出勤できなくなる従業員の分を誰かが補う必要があります。 または全体的に一定期間自粛することも必要かもしれません。 自粛と事業再開の繰り返しはウィズコロナの働き方となるはずです。 最悪を想定しておくことが、実際に起こった未来に活きるはずです。 ウィズコロナとは まとめ 新型コロナウィルスを自粛して終わるのを待つのではなく、コロナウィルスと共存しながら生活するウィズコロナ。 今自粛できない会社を咎めるよりも、自分たちがどう共存すべきかを考えるべき時がきています。 ウィズコロナの働き方をも一度考えてみましょう。

次の

アラサー女子が語る、ウィズコロナ期間に生まれた「4つのトレンド」

ウィズ コロナ と は

新型コロナウイルスの感染拡大に一服感が広がり、5月14日から25日にかけて段階的に、全ての都道府県で緊急事態宣言が解除されました。 とはいえ、治療法が確立され、ワクチンが開発されるまでは、「新しい生活様式」に基づいて、まん延防止を第一としつつ社会経済活動との両立を図っていかねばならないでしょう。 ワクチンの世界的な普及には早くて1年から1年半はかかるとみられています。 「新しい生活様式」とは、身体的距離の確保(最低1m、できるだけ2m空ける)やマスクの着用、手洗いに加え、日常生活での「3密」(密集、密接、密閉)を回避する生活様式です。 また、新しい働き方として、在宅勤務 テレワーク やローテーション勤務、時差出勤や自転車通勤、オンライン上での会議や名刺交換などにより、人と人との接触を低減することが要請されています。 新型コロナウイルスを「克服」するまでは、第2波、第3波の感染拡大を警戒した「新しい生活様式」に基づいて生活する「ウィズコロナ」がしばらく続く見通しです。 「新しい生活様式」で注目されるリモート化 信用収縮が実体経済の悪化につながった2008年リーマンショック時とは異なり、今回は人為的に経済活動を抑制したことで実体経済が縮小しています。 世界各国での移動制限が、工場閉鎖など生産活動の停滞や、サプライチェーンの分断、供給不足を引き起こしました。 「移動の制限」は消費の減退も招いています。 小売りや外食産業は、政府から休業を要請されました。 旅行や観光など移動を前提とするサービスのほか、コンサートやスポーツ観戦などのエンターテイメント、アパレルなども不要不急の外出と判断され、店舗は一時的な閉鎖に追い込まれました。 「移動の制限」による経済活動の停止は、雇用や所得の先行き不安を生みだし、倹約的な消費行動を促しています。 これに対して、主要な先進国は、大規模な経済政策によって企業や家計への資金繰りや生活支援を実施。 同時に、各国中央銀行は過去に例を見ない規模や購入対象資金の拡大により、金融市場への資金供給を急増させました 図。 こうした支援策により、都市封鎖下での経済活動の減少による企業の業績悪化や信用リスク、個人の雇用や所得の悪化をできる限り緩和するよう努めています。 世界景気は今年後半から回復に向かう見通しですが、世界的な感染拡大の第2波、第3波が2020年冬や2021年に生じ、再びロックダウンせざるを得なくなると、景気が再び下押しされる可能性が高まってきます。 そのような観点から見ても、感染拡大を克服するまでは、第2波を封印するための「新しい生活様式」が継続すると考えられます。

次の

ウィズコロナ時代の新たな応援スタイルに…日ハムのオンライン応援イベントに潜入

ウィズ コロナ と は

シンガポールは6月1日、部分的ロックダウン「サーキットブレーカー」を解除した。 4月7日から同国では新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、必須サービスを除く大半の職場が閉鎖されていた。 6月2日からは3段階で閉鎖が解除され、感染の第2波を警戒しながら経済活動を再開する「ウィズ・コロナ」の段階を迎える。 しかし、貿易活動の停滞と国内の消費活動の落ち込みにより、2020年のGDP成長率は最大で前年比7. 0%減へと落ち込む見通しだ。 シンガポールは、1965年の独立以来最大の危機に直面している。 低熟練労働者中心に感染拡大、東南アジア最多の感染者数に イスラム教徒にとって1年間で最も重要な断食明けを祝う行事「ハリラヤ・プアサ」の5月24日朝、国内最大のイスラム寺院「サルタン・モスク」には祈りに訪れる人もいなければ、周辺の店舗も多くが閉店していた。 シンガポールの約55万人のイスラム教徒にとっては、ハリラヤの日は朝にモスクを訪れた後、親戚を訪ねるのが恒例行事だ。 しかし、新型コロナウイルス感染拡大防止のため3月13日以降、モスクは閉鎖された。 4月7日から部分的ロックダウンが始まると()、同居家族以外の相互訪問が禁止となった。 食品など必須サービス以外の小売店が閉鎖され、飲食店の営業も持ち帰りやデリバリーに限る対応が続いている。 6月2日から部分的にロックダウンが解除されたが、第1段階では多くの小売店が閉店のままで、状況に大きな変化はない。 同国で最初の新型コロナウイルスの感染者が確認されたのは、1月23日のこと。 3月30日に低熟練外国人労働者専用のドミトリーで感染クラスターが確認された後、外国人労働者の間で感染が一気に広まった。 4月1日に1,000人だった累計感染者は6月1日には3万5,292人(うち、24人が死亡)。 2カ月間で3万人以上も感染者が増えたことになる。 そのうち3万3,027人がドミトリー在住の外国人労働者だ。 感染者の増加を受けて、政府は4月7日から、必須サービスや製造活動を除く大半の職場を閉鎖する部分的ロックダウン「サーキットブレーカー」に踏み切った。 当初5月4日までを予定していたが、政府は4月21日、感染者増加の加速を受けて職場閉鎖を6月1日まで延長することを発表。 それまで営業継続が認められていた職種も削減し、街を移動する労働者の割合をそれまでの20%から15%まで減らした。 また、4月21日午後11時59分からドミトリー在住の全ての外国人労働者の外出を禁止した(、政府の段階的規制強化は図1を参照)。 断食明けのハリラヤ・プアサの5月24日の朝、通常混み合う サルタン・モスク前は人気がない(ジェトロ撮影) 表1:政府の主な新型コロナウイルスの対策と段階的規制強化 月 日 政府の主な対応、感染状況 1月 22日 政府マルチタスクフォース設置 23日 感染者を初確認 29日 湖北省からの入国規制 30日 各世帯へのマスク(4枚)配布を発表 2月 1日 入国規制を中国全体へ拡大 7日 感染警戒レベルを2番目に高い「オレンジ」に引き上げ 18日 1回目の経済支援パッケージ(総額64億Sドル)発表 29日 累計感染者が100人超え 3月 5日 イラン、北部イタリア、韓国からの来訪者入国禁止 13日 クアラルンプールのイスラム教イベントの参加者から大量に感染者が発生したことを受け、イスラム寺院を閉鎖 15日 250人以上のイベント禁止 18日 マレーシアの移動規制開始、南部ジョホールとの国境も移動規制 24日 外国人の短期旅行者の入国全面禁止 24日 娯楽施設、塾、全ての宗教施設閉鎖 26日 2回目の経済支援パッケージ(総額484億Sドル)発表 1日 累計感染者1,000人 4月 6日 3回目の経済支援パッケージ(総額51億Sドル)発表 7日 必須サービスを除く職場閉鎖(サーキットブレーカー)開始 7日 経済的な打撃を受けた法人や個人の支援を目的とした「Covid-19 臨時)法」が成立 14日 マスク着用を原則義務に 20日 建設分野の低・中熟練労働者が自宅隔離に 21日 リー・シェンロン首相、職場閉鎖期限を5月4日から6月1日へと延長発表。 事業継続が認められる必須サービスの職種を一段と絞り込む 21日 累計感染者9,125人 21日 3回目の経済支援パッケージの雇用サポート・スキームと外国人雇用税の支払い免除の適用期間の延長 注:1シンガポール・ドル(Sドル)=約77. 太字は、感染状況。 出所:保健省、財務省、外務省の報道発表からジェトロ作成 5月に入り、ドミトリー在住の外国人労働者以外の国内の新規感染が大きく減少した。 これに伴い、政府の新型コロナウイルス対策タスクフォースは部分的ロックダウン解除前の5月5日から、菓子・ケーキ販売やペット店など一部の営業を少しずつ再開している。 しかし、長引くロックダウンに加え先行き不透明感から、消費活動は大きく停滞したままだ。 独立以来、史上最悪のGDP成長率に落ち込む見通し 部分的ロックダウンの中でも、ほぼ全ての製造活動と輸出入を支える物流は継続していた。 しかし、周辺国のロックダウンで国外からの資材調達や輸出に困難をきたすなど、グローバル・サプライチェーンが混乱し、その直撃を受けた。 特に、マレーシアの移動制限令は、資材調達だけでなく、同国南部ジョホール州からシンガポールの工場や物流現場へ越境通勤する労働者が足止めされるなどの支障をもたらした。 世界的に長引くロックダウンは、国内経済にも影を落とし始めている。 貿易産業省(MTI)は5月26日、第1四半期(1~3月)のGDP成長率(改定値)は前期比年率でマイナス4. 7%(季節調整済み)と、前期の0. 6%からマイナスに転換したことを発表した。 製造業では医薬品が好調だったことを受けて前期比37. 3%増だったが、サービス業は13. 3%減と2桁減少。 サービス業の中でも宿泊・飲食サービスは前期比69. 9%減と大幅なマイナスとなった。 外国人来訪者は第1四半期に266万人と、入国規制により前年同期比43. 3%と激減した。 2月以降、ほぼ全ての大型展示会や国際展示会も8月までは延期か中止となり、3月23日には短期滞在者の入国を全面的に停止した。 シンガポール航空が運航便数を9割以上削減するなど、東南アジアのハブ機能を持つチャンギ空港へ乗り入れる航空便も大幅に減便された。 6月2日現在、4つあるターミナルのうち、第2、第4ターミナルが閉鎖されている。 建設も民間建設受注の落ち込みにより前期比21. 8%の大幅減となった。 建設を取り巻く状況は一段と深刻化している。 部分的ロックダウン中で大半の建設活動が停止した上、低熟練外国人労働者の間での感染急増で建設労働者が隔離となった。 建設労働者の隔離は解除されつつあるが、建設工事の本格再開までには時間がかかると予想される。 MTIは上掲の発表でこうした国内外の経済環境の急速な悪化を受け、2020年通年のGDP成長率予測を「前年比7. 0%減~4. 0%減」へと下方修正した。 これにより2020年の経済成長率は1965年の独立以来最悪のGDP成長率へと落ち込む見込みだ。 新型コロナウイルスの対応は長期戦に 新型コロナウイルスに伴う経済状況の急速な悪化を受けて、政府は2月から5月までに4回、企業や個人への支援パッケージを発表している。 政府はパッケージの中で、雇用主に従業員の10カ月分の月給の25~75%を補助する「雇用サポート・スキーム(JSS)」を通じて雇用維持を支援し、不動産保有主を通じて商業物件のテナントの賃料に充てるなど経営コスト負担の軽減を図っている(注1)。 5円)と、GDPの19. 2%の規模に達している。 しかし、政府支援が継続される中、長引く国内景気の落ち込みは個人の生活も直撃している。 支援パッケージのうち、失業したか収入の3分の1を失った低・中所得者向けに一時金500Sドルを支給する「一時支援金(TRF)」の申請者は、4月の1カ月間で約59万人に上った。 地場銀行OCBCの調査(6月1日発表)によると、今回の新型コロナウイルスの影響で貯蓄を2割以上取り崩した21歳以上の国民は22%だった。 雇用を失った場合に6カ月以上生活を維持できる人は30%しかなく、雇用への不安が高まっている。 政府は6月2日から部分的ロックダウンを解除したが、経済活動の全面的再開には極めて慎重だ。 第1段階では労働力の3分の1が復帰するが、食品以外の小売店の開業や飲食店の店内でのサービスは第2段階にならないと始まらない。 また、人材省はオフィス業務については感染対策ガイドラインで「自宅勤務を基本」としていることから、6月2日以降も自宅勤務を継続している職場が多い。 同省は、第2段階でも自宅勤務を強く推奨している(注2)。 図2:政府の主な新型コロナウイルスの対策と段階的規制緩和 月 日 政府の主な対応、感染状況 1日 累計感染者 17,101人 5月 5日 漢方はり治療(痛み緩和のみ)、漢方薬販売の営業再開 12日 菓子、デザート製造販売、クリーニング、理容、ペット用品店など営業再開 19日 公立学校、段階的に開校 26日 第4弾の経済支援パッケージ発表 総額330億Sドル) 1日 累計感染者 35,292人 6月 1日 職場閉鎖(サーキットブレーカ)終了 2日 【第1フェーズ開始】 労働力の3分の1が職場復帰。 飲食店、小売店の多くが引き続きデリバリーのみの営業 未定 【第2フェーズ】飲食店、小売店、学習塾など営業再開、ほぼ全ての経済活動が再開 〔日程未定〕 【第3フェーズ:ニューノーマル】文化、宗教、私的な集会が人数を制限した上で再開。 映画館、バーなど娯楽施設も再開へ 〔日程未定、有効なワクチンが開発されるまで継続〕 注:太字は、感染状況。 出所:保健省、財務省の報道発表からジェトロ作成 政府は第1段階で新型コロナウイルス感染者の増加が抑えられれば、6月末前までに第2段階に移行するかどうかを6月中旬に決断すると発表している(、図2参照)。 リー・シェンロン首相は6月1日、自身のフェイスブックで「新型コロナウイルスへの対応は短距離レースではなく、マラソンのようなものだ。 ワクチンが開発されたとしても、以前の状況には戻らない」と述べた。 シンガポールは感染を警戒しながら慎重に事業閉鎖を解除していくという、長期にわたる「ウィズ・コロナ」の時代へと踏み出している。 注1: シンガポール政府による新型コロナウイルス関連の経済対策、事業者一覧はジェトロ:のPDF資料を参照。 注2: 職場での感染防止対策の指針は 参照。

次の