ご査証のほど。 「ご査収の上よろしくお取り計らい」の使い方や意味・例文

間違う人も多い「ご査収」の正しい意味・使い方・例文

ご査証のほど

「ご確認」は「確認」に「ご」という言葉が付くことで、丁寧な表現になります。 同じような言葉で「ご安心」「ご注文」、また「お」をつけた言葉で「お答え」「お話」などがあります。 そして「ご確認」の後に続く言葉の使い方が大切になってきます。 例文を通して説明していきます。 例文 ご確認ください 「ご」「お」をつけた言葉を使う時に続く言葉は「ください」になります。 似ている言葉に「してください」という言葉があります。 しかし「してください」は依頼の敬語の尊敬語にあたりますので、前につく「ご確認」が謙譲語ですので、二重敬語になってしまい敬語としては間違っています。 「ご確認ください」はメールなどでよくやり取りする相手に1番使いやすい言葉です。 ・詳細につきましては、添付いたしました資料をご確認ください。 ・この件に関しましては、添付資料の20ページでご確認ください。 ・カタログは郵送させていただきましたので、ご確認ください。 「ご確認をお願いします」とすると、「ご確認ください」よりも強制的な響きがなく、もう少し丁寧な表現になります。 ご確認のほど 「~ほど」という言葉には、強制的なニュアンスを避けて、柔らかい雰囲気とより丁寧に聞こえる効果があります。 目上の方や社外の方へのメールに使うのに適当な丁寧さがあります。 ・ご確認のほど、よろしくお願いいたします。 ・ご確認のほど、お願い申し上げます。 「~のほど」は、「ご協力のほど」「ご支援のほど」「ご指導のほど」などがあります。 ご確認の上 「~の上」は「~した後で」、「~の結果」などの順序や前提を示している表現になります。 つまり、何かをして(この場合確認して)、次になんらかの動作や反応をお願いしたい時に使われる表現になります。 丁寧で具体的な表現になりますので、顧客や社外の方、目上の方に使えますが、「~の上」の後の文章に気を付けて使いましょう。 ・添付資料をご確認の上、ご連絡ください。 ・お送りいたしました商品をご確認の上、受領印を押してください。 ・記載内容をご確認の上、折り返しご返送くださいますようお願い申し上げます。 「ご査収」との違い 「ご査収」は「ごさしゅう」と読みます。 「査収」は「よく調べたうえで受け取る」「よく確認して受け取る」という意味があり、「確認」と同じように「ご」がついて丁寧な表現になります。 「ご確認」との大きな違いは、受け取るものがあるということが前提なります。 ない場合に「ご査収」を使用すると、意味が通らなくなって相手を混乱させてしまいますので注意しましょう。 「ご査収」が使えるのは、書類やデータを送ったときだけと覚えておくといいでしょう。 また、細かい点ですが既に送ったことのある資料の最終版などを送付する際は、すでに何度か目を通していただいているので「ご確認ください」で十分です。 ・明日の会議の資料を送付しますので、ご査収ください。 ・データを提出させていただきます。 ご査収くださいますようお願い申し上げます。 ・提出書類一式を送付させていただきましたので、ご査収願います。 大変くどい言い回しになりますので、よく調べた上で受け取ってほしい場合は、別々に使った方がいいでしょう。 ・本日資料を送付いたしましたので、よろしくご査収願います。 ・ご確認の上、お受け取り下さい。 こちらも別々に使った方がいいでしょう。 ・ご検討の上、よろしくお願い申し上げます。 ・ご確認の上、ご判断ください。 ビジネスメールでは、返信メールも重要です。 あまり時間を置かずに返信することが大切で、返信が遅いと、時間をうまく使えない・重要度を見極められないなど信頼を失うきっかけになりかねません。 また、的確な言葉をもっての返信は重要です。 「ご確認ください」に対する返信 確認したことを伝えるメールですので、簡潔に短いものでも十分です。 メールを頻繁にやり取りする相手には「内容を確認いたしました。 ありがとうございます。 」で十分です。 目上の方や社外の方へ、もう少し丁寧に返答したい場合は、 「確かに拝受いたしました。 ありがとうございました。 」 「内容を確認いたしましたので、ご連絡申し上げます。 ご配慮いただきありがとうございました。 」 と答えましょう。 いずれも「ありがとうございました。 」と加えると丁寧です。 ・書類を確認させていただき、特に問題ございませんでした。 ご送付いただきましてありがとうございました。 以上のように、目を通して確認したということを伝える必要があります。 「ご査収」に対しては「中身を確認して受け取りました」という返答をすることを覚えておいてください。 「ご確認」と同じような意味や使い方の言葉 「一読」とは「ひと通り読むこと。 ざっと読むこと」で、「ご」をつけて丁寧に表現した言葉になります。 ビジネスメールやビジネス文書で頻繁に使われていますが、特に文章を相手に確認してもらいたい場合の丁寧な表現として使うと便利です。 ・先日の会議の議事録を送付させていただきました。 ご一読くださいますようお願い申し上げます。 ・先程メールを送らせていただきました。 ご一読いただければ幸いです。 お目通し・ご高覧 「お目通し」は後ろに「いただく」をつけて正しい敬語表現になります。 「お目通し」というのは自分が何かを見るときに使うのではなく、誰かに何かを見てもらう時に使います。 よって、「いただく」という表現がつきます。 かなり丁寧な表現なので、目上の人や社外取引相手に使っても失礼に当たらない表現といえます。 ・お目通しいただきたくお願い申し上げます。 ・お目通し頂ければ幸いです。 ・お目通しいただけますよう、お願い申し上げます。 また特に丁寧な言い回しが「ご高覧」です。 「ご覧いただく」以上の「見てもらう」の丁寧な言い回しです。 目上の人や、取引先など特に敬意を払いたい相手に使う言葉とされています。 また、公の場で自分の商品や芸術作品を宣伝したり、お知らせをする時にも使われます。 その際は、文の最後に「ご高覧いただければ幸いです。 」、「ご高覧ください」と表現します。 ・このたび、貴社のホームページを立ち上げましたので、是非ご高覧ください。 ・このたび、季刊誌を発行いたしましたので、ご高覧いただければ幸いです。 敬語を正しく使いましょう.

次の

ご査収くださいの意味とは?間違いやすい使い方と言い換え表現も

ご査証のほど

「ご査証」とは「ごさしょう」と読みます。 そして、「ご査証」という言葉は、普段の生活の中ではなかなか使うことがない言葉ですが、社会人として勤めている場合には度々目にする言葉です。 ビジネスメールや検証依頼などで使う言葉ですので、その意味や使い方をみていきます。 「ご査証」の「査」とは調べるという意味で、「証」は証明するという意味です。 そして、「査証」とは調べて証明することを指します。 そして、それをお願いする場合に尊敬語として「査証」に「御(ご)」をつけて「ご査証」となります。 「査」は「調べる」の意味、「証」は「証明する」の意味、「査証」は「調べて証明すること」を意味します。 「ご査証」の使い方 ご査証とは、あることの証明をする必要があり、それを「ご査証のほど、よろしくお願いします」と伝えるのが正しい使い方になります。 ビジネス上のメールや、目上の方に対して厳しい状況である場合に使うため、使用の仕方を間違えると失礼な印象を相手に与えてしまう危険があることを頭においておきましょう。 そして、「ご査証のほど、よろしくお願いします」と言われた場合は、きちんとした答えを証明してくださいということなので、証明できる書類や証拠を添付して回答する必要が出てきます。 例えば、ある商品に対するクレームの「ご査証」であれば、そのクレームの相手に対しての弁明をするための補償を証明することになります。 「ご査証のほど」の例文 では、「ご査証のほど」を使った例文を見ていきましょう。 例)1. この度、弊社で採用している貴社製品についてクレームが寄せられました。 この製品の不具合についてのご査証のほど、よろしくお願いします。 例)2. 問題のあった手続きにつきまして、ご査証のほどよろしくお願いします。 「ご査証」と「ご査収」の違い 「ご査証」は前述でどういった意味であるのかを説明しましたが、では「ご査収」とはどのような意味なのでしょうか。 言い方が似ているので「ご査証」も「ご査収」も変わらないのでは、などと思っている方は全く違う意味なので注意が必要です。 「ご査収」の意味 「ご査収」とは「ごさしゅう」と読みます。 そして、「ご査収」の「査」とは捜査の査の意味からもわかるように「調べる」という意味です。 「査」自体は、こぼけという木の名前を指す漢字でそれが様々に転じていき「木を調べる=調べる」という意味になったといわれています。 「収」とは収めるという意味で受け取ることを意味します。 その「査収」に尊敬語として「御(ご)」をつけた言葉が「ご査収」となります。 「ご査収」とは、あることを調べて確認した上で受け取ることを意味します。 「査」は、捜査などのように「調べる」の意味、「収」は、収めること、受け取ること、「ご査収」は、あることをきちんと調べて確認した上で受け取ることを意味します。 「ご査収」の例文 「ご査収願います」という言い回しは、ビジネス上でもよく使う言葉です。 例えば、以下のような使い方をします。 (例文1)以前より問い合わせを受けていた資料となります。 ご査収ください。 (例文2)お手数ですが、ご査収いただいてからお返事をいただくようにしております。 (例文3)先ほど、メール便で資料をお送りいたしました。 資料などを送った場合に使うことの多い「ご査収願います」という言葉ですが、ただ「ご査収願います」だけだと、何を確認するのかわからないと言われることもあるかもしれませんので、具体的にチェックして欲しい内容を箇条書きにして添えると相手方もしっかりと確認してくれる確率が高まります。 また、相手方も確認しましたという返答もしやすくなります。 例えば、相手が内容に詳しくない場合は以下のような言い方で具体的に確認する内容を伝えた上で、「ご査収」を使えば、相手にも親切に思われ、実際の会議でもトラブルなく順調に進めることができる確率が高まります。 (例文) 「明日、会議で使う資料になります。 ご査収願います。 」 ご確認願いますの意味では「ご査収願います」が正しい 「ご査証」と「ご査収」は似ている言葉ですが、ご査証は生活ではもちろん、ビジネス上でもほぼ使わない言葉です。 査証という言葉が、調査して証明するという意味があることから、「ご査証のほどよろしくお願いします。 」というと何か不具合があったから、証明して説明しろという意味に近いからです。 そのため間違っても、似ているからといって「ご査収」と「ご査証」を言い間違えてはいけません。 念のため確認の上、お納めくださいとの意味で使うのは、「ご査収ください」「ご査収願います」の方であり、ご査証くださいでは、相手方を怒らせてしまう可能性さえあるのです。 但し、こちらが依頼していた内容に不具合があって、本当に検証して説明してほしいとお考えであれば、ビジネス上でも「ご査証願います」は正しい使い方になります。 自分がどの立場で、何を頼みたいのかをよく考えて使い分けてみてはいかがでしょうか。 「ご査収ください」の場合は、確認する資料等があるとき いかがでしたか。 「ご査証のほど、よろしくお願いします」というと、とても丁寧な言い回しなので相手に失礼なく「確認してください」という意味だと解釈していた方は、驚かれたのではないでしょうか。 査証が証明するという意味であることから、相手方に内容を証明して説明してください、という意味で使われるということを覚えておくと、今後ビジネスメールで間違って使ってしまったということもなくなるのではないでしょうか。 ビジネス上使われるのは、圧倒的に「ご査収願います」「ご査収ください」などの言い回しです。 こちらの方は、資料等を送ったときに添えられる言葉で「内容を確認の上、お納めください」との意味です。 「ご査証」と「ご査収」は似たような言葉ですが、間違って使うとトラブルになる可能性もありますので、くれぐれも意味を知った上で使うようにしましょう。

次の

「ご査収の上よろしくお取り計らい」の使い方や意味・例文

ご査証のほど

「ご確認」は「確認」に「ご」という言葉が付くことで、丁寧な表現になります。 同じような言葉で「ご安心」「ご注文」、また「お」をつけた言葉で「お答え」「お話」などがあります。 そして「ご確認」の後に続く言葉の使い方が大切になってきます。 例文を通して説明していきます。 例文 ご確認ください 「ご」「お」をつけた言葉を使う時に続く言葉は「ください」になります。 似ている言葉に「してください」という言葉があります。 しかし「してください」は依頼の敬語の尊敬語にあたりますので、前につく「ご確認」が謙譲語ですので、二重敬語になってしまい敬語としては間違っています。 「ご確認ください」はメールなどでよくやり取りする相手に1番使いやすい言葉です。 ・詳細につきましては、添付いたしました資料をご確認ください。 ・この件に関しましては、添付資料の20ページでご確認ください。 ・カタログは郵送させていただきましたので、ご確認ください。 「ご確認をお願いします」とすると、「ご確認ください」よりも強制的な響きがなく、もう少し丁寧な表現になります。 ご確認のほど 「~ほど」という言葉には、強制的なニュアンスを避けて、柔らかい雰囲気とより丁寧に聞こえる効果があります。 目上の方や社外の方へのメールに使うのに適当な丁寧さがあります。 ・ご確認のほど、よろしくお願いいたします。 ・ご確認のほど、お願い申し上げます。 「~のほど」は、「ご協力のほど」「ご支援のほど」「ご指導のほど」などがあります。 ご確認の上 「~の上」は「~した後で」、「~の結果」などの順序や前提を示している表現になります。 つまり、何かをして(この場合確認して)、次になんらかの動作や反応をお願いしたい時に使われる表現になります。 丁寧で具体的な表現になりますので、顧客や社外の方、目上の方に使えますが、「~の上」の後の文章に気を付けて使いましょう。 ・添付資料をご確認の上、ご連絡ください。 ・お送りいたしました商品をご確認の上、受領印を押してください。 ・記載内容をご確認の上、折り返しご返送くださいますようお願い申し上げます。 「ご査収」との違い 「ご査収」は「ごさしゅう」と読みます。 「査収」は「よく調べたうえで受け取る」「よく確認して受け取る」という意味があり、「確認」と同じように「ご」がついて丁寧な表現になります。 「ご確認」との大きな違いは、受け取るものがあるということが前提なります。 ない場合に「ご査収」を使用すると、意味が通らなくなって相手を混乱させてしまいますので注意しましょう。 「ご査収」が使えるのは、書類やデータを送ったときだけと覚えておくといいでしょう。 また、細かい点ですが既に送ったことのある資料の最終版などを送付する際は、すでに何度か目を通していただいているので「ご確認ください」で十分です。 ・明日の会議の資料を送付しますので、ご査収ください。 ・データを提出させていただきます。 ご査収くださいますようお願い申し上げます。 ・提出書類一式を送付させていただきましたので、ご査収願います。 大変くどい言い回しになりますので、よく調べた上で受け取ってほしい場合は、別々に使った方がいいでしょう。 ・本日資料を送付いたしましたので、よろしくご査収願います。 ・ご確認の上、お受け取り下さい。 こちらも別々に使った方がいいでしょう。 ・ご検討の上、よろしくお願い申し上げます。 ・ご確認の上、ご判断ください。 ビジネスメールでは、返信メールも重要です。 あまり時間を置かずに返信することが大切で、返信が遅いと、時間をうまく使えない・重要度を見極められないなど信頼を失うきっかけになりかねません。 また、的確な言葉をもっての返信は重要です。 「ご確認ください」に対する返信 確認したことを伝えるメールですので、簡潔に短いものでも十分です。 メールを頻繁にやり取りする相手には「内容を確認いたしました。 ありがとうございます。 」で十分です。 目上の方や社外の方へ、もう少し丁寧に返答したい場合は、 「確かに拝受いたしました。 ありがとうございました。 」 「内容を確認いたしましたので、ご連絡申し上げます。 ご配慮いただきありがとうございました。 」 と答えましょう。 いずれも「ありがとうございました。 」と加えると丁寧です。 ・書類を確認させていただき、特に問題ございませんでした。 ご送付いただきましてありがとうございました。 以上のように、目を通して確認したということを伝える必要があります。 「ご査収」に対しては「中身を確認して受け取りました」という返答をすることを覚えておいてください。 「ご確認」と同じような意味や使い方の言葉 「一読」とは「ひと通り読むこと。 ざっと読むこと」で、「ご」をつけて丁寧に表現した言葉になります。 ビジネスメールやビジネス文書で頻繁に使われていますが、特に文章を相手に確認してもらいたい場合の丁寧な表現として使うと便利です。 ・先日の会議の議事録を送付させていただきました。 ご一読くださいますようお願い申し上げます。 ・先程メールを送らせていただきました。 ご一読いただければ幸いです。 お目通し・ご高覧 「お目通し」は後ろに「いただく」をつけて正しい敬語表現になります。 「お目通し」というのは自分が何かを見るときに使うのではなく、誰かに何かを見てもらう時に使います。 よって、「いただく」という表現がつきます。 かなり丁寧な表現なので、目上の人や社外取引相手に使っても失礼に当たらない表現といえます。 ・お目通しいただきたくお願い申し上げます。 ・お目通し頂ければ幸いです。 ・お目通しいただけますよう、お願い申し上げます。 また特に丁寧な言い回しが「ご高覧」です。 「ご覧いただく」以上の「見てもらう」の丁寧な言い回しです。 目上の人や、取引先など特に敬意を払いたい相手に使う言葉とされています。 また、公の場で自分の商品や芸術作品を宣伝したり、お知らせをする時にも使われます。 その際は、文の最後に「ご高覧いただければ幸いです。 」、「ご高覧ください」と表現します。 ・このたび、貴社のホームページを立ち上げましたので、是非ご高覧ください。 ・このたび、季刊誌を発行いたしましたので、ご高覧いただければ幸いです。 敬語を正しく使いましょう.

次の