郵便局 荷物受け取り 時間。 実際に郵便為替証書を換金してわかった受け取り場所と書き方

郵便局の受付時間は?速達の配達日数や土日に出したい場合の方法も

郵便局 荷物受け取り 時間

突然郵便為替証書を受け取って、どうしていいのかわからず悩んでいませんか? 私が郵便為替証書を受け取った経緯は、ネット回線のフレッツ光を光コラボに転用した特典としてです。 転用の特典で5000円のキャッシュバックがあるとは聞いていましたが、その受け取りが郵便為替証書でした。 ですが、郵便為替証書という存在自体を知らなかったし、どうやって換金するのかも全く知りませんでした。 受け取ったときは、 ・郵便為替証書はどこで換金できるの? ・コンビニでもできる? ・土日でもできる? ・どうやって書けばいいの? など、たくさんの疑問が湧きました。 実際に私が郵便為替証書を換金してわかったことをまとめますので参考にしてください。 スポンサーリンク 郵便為替証書の換金場所 郵便為替証書は、ネットや口座を介することなくお金を送る方法の一つで、ゆうちょ銀行が提供する送金・決済サービスです。 ですので、コンビニや銀行では換金できず、郵便局のみでしか換金できません。 コンビニに郵便為替証書を持っていっても、「何ですかそれ」と言われるので注意しましょう。 郵便為替証書は土日でも換金できる? 平日は仕事で郵便局やゆうちょ銀行に行く暇がなく、土日しか行けない人もいると思います。 ですが、郵便為替証書は郵便局の貯金窓口でしか換金できません。 大型郵便局では、土日でも営業していますが、営業しているのは郵便窓口のみなので、平日しか換金することができません。 郵便局の貯金窓口は大型店舗以外は平日9時〜16時まで、大型店舗は平日9時〜18時までとなっているので、早めに仕事を切り上げて大型郵便局で換金するか、代理人に頼むかしてください。 郵便為替証書の書き方 [指定受取人おなまえ] この欄がもともと空欄の場合は、特に記入しなくてもOK。 ここに記入があるのは、送付人が記載されている人以外の人が不正に換金できないようにしている場合などですが、郵便為替証書の指定受取人おなまえは記載されていない場合が多いと窓口の方が教えてくれました。 [おところ・おなまえ] 実際に窓口で換金する人の住所・氏名を記入して、捺印します。 代理人の人に換金を頼む場合、「指定受取人おなまえ」にもともと記載がなければ、代理で受け取る人の名前をおところ・おなまえに書けばOK。 万が一、「指定受取人おなまえ」に名前の記載があり、本人以外の人が換金する場合は、裏側の代理人欄に代理人の名前と住所と押印をします。 郵便為替証書の換金方法 郵便為替証書に換金する人の住所・氏名・押印があることを確認し、ゆうちょ銀行(郵便局)へ持参します。 ゆうちょ銀行(郵便局)の貯金窓口へ提出すると、為替証書を確認して、すぐに現金をもらうことができました。 私は受取金額が5000円だったので本人確認書類の提出は求められませんでしたが、10万円を超えるような大きな金額を受け取る場合、本人確認書類(免許証やパスポート)が必要になるので、換金の際には念のために持っていってください。 郵便為替証書の有効期限 郵便為替証書には有効期限があります。 有効期限は、発行日より6ヶ月となっているので、受け取ったらなるべく早く換金しましょう! 期限切れの郵便為替証書はどうする? うっかり忘れていて、為替証書の有効期限が切れてしまった!という場合、再発行の請求が必要です。 窓口で、有効期限が切れたことを伝えると、裏面に再発行請求・住所・氏名・押印をします。 為替証書を回収され、後日新しい郵便為替証書が郵送されます。 また、発行日から5年間為替証書の再発行または為替金の請求がない場合には、受取人は、為替金を受け取りができなくなるので注意が必要です。 まとめ 普段あまり目にすることのない郵便為替証書を受け取った時、どうしていいかわからないと思いますが、受け取る人の住所と名前と押印をしてゆうちょ銀行(郵便局)の貯金窓口に提出すれば、すぐに換金することができます。 有効期限が6ヶ月なので、期限内に忘れずに換金するようにしましょうね!.

次の

マレーシアでのスムーズな郵便荷物受け取り方法をマスターしよう!

郵便局 荷物受け取り 時間

貯金窓口• 保険窓口• 郵便窓口 です。 それぞれ別々の業務として考えてくださいね。 貯金と保険は一緒の窓口になっていることも多いです。 振り込みなどは貯金窓口の利用ですね。 郵便局 貯金窓口と保険窓口の時間 平日 9:00~16:00(一部 10:00~17:00 、9:00~18:00) 貯金も保険も16時までの郵便局がほとんどです。 郵便局が開いていても16時をすぎると窓口での振込などはできなくなります。 17時・18時までやってる窓口も数は少ないですがあります。 ただどうしても人が集まってしまうので待ち時間も長いです。 なので銀行でするようなこと(振込とか)は16時までと思っておくといいかと思います。 貯金と保険の窓口は土日祝日は営業してません。 郵便局 郵便窓口の時間 普通郵便物だけなら切手を貼ってポストに投函でもOKです。 でも簡易書留のオプションをつけたり、内容証明など重要な書類を贈る場合はどうしても窓口に行く必要がありますよね。 この郵便窓口は郵便局によって営業時間が違います。 郵便局は中央郵便局などの郵便物が集まる大きなところと、町の小さな郵便局があります。 大きい郵便局 9:00~19:00 小さめの郵便局 9:00~17:00(一部 10:00~18:00) 基本的には17時までで、大きい郵便局は遅くまでやってるということになります。 郵便物を出したり受け取ったりするのは郵便局が開いていれば可能です。 この営業時間内でなくても、大きい郵便局の郵便窓口に限っては時間外の「ゆうゆう窓口」というものがあります。 ゆうゆう窓口の時間 時間外の郵便窓口である「ゆうゆう窓口」は郵便局によって営業時間が違います。 20時までだったり、都市の中央郵便局は24時間営業で深夜もやっていたり、さまざまです。 ちなみに朝は8時から開く窓口も多いですよ。 やってるかやってないか微妙な時間に行くのであれば、行く予定の郵便局の営業時間を調べてからの方がいいかと思います。 スポンサーリンク 郵便局 土日の営業時間について 基本的に郵便局は平日のみの営業ですが土日休日もやっている大型郵便局もあります。 でも貯金と保険の窓口は完全に平日のみの営業なので、全ての郵便局において土日・祝日など休日はやっていません。 開いていても郵便窓口(もしくはゆうゆう窓口)です。 土日・祝日に郵便窓口が開いているのは大型の郵便局や、都心・繁華街にある郵便局です。 ただし内容証明は一部の郵便局では平日しか取り扱いが出来ないようです。 あらかじめ郵便局に確認しておく方がいいですね。 郵便局の営業時間 土曜日 9:00~15:00(一部 9:00~17:00、10:00~18:00など) ゆうゆう窓口については24時間営業もあれば8時から営業している郵便局もあります。 郵便局の窓口 日曜日 日曜日は郵便窓口もゆうゆう窓口も営業時間がバラバラです。 午前中で終わりの場所があるので注意しましょう。 郵便局は祝日休み? 郵便局は祝日は日曜日と同じ扱いになります。 つまり大型郵便局や繁華街ならやっているところは多く、町の小さめの郵便局はお休みです。 その他には集配している郵便局ならゆうゆう窓口がやっていることが多いです。 保険や貯金の窓口はやってませんがATMならやっていることが多いですよ。 スポンサーリンク 郵便局の窓口は何時から何時まで?のまとめ 貯金と保険の窓口は土日祝日はやってません。 でもATMで可能なことであれば窓口を待たなくても良いかもしれません。 払込や返済などはATMでも出来る場合がありますよ。 郵便窓口については大型郵便局を探せば、ゆうゆう窓口があったり24時間営業してたりします。 ゆうパックであればローソン、ミニストップ、セイコーマートのコンビニ(一部店舗を除く)で取扱いしているので大型郵便局を探さなくても差し出せます。 平日の昼以外にもできることはあるので、まずは行きやすい郵便局の時間をチェックしてみてくださいね。 ゆうゆう窓口がある郵便局を調べることもできますよ。

次の

郵便局からの荷物(ゆうパックなど)を不在で受け取れなかった時、保管期限は3日伸ばせました

郵便局 荷物受け取り 時間

貯金窓口• 保険窓口• 郵便窓口 です。 それぞれ別々の業務として考えてくださいね。 貯金と保険は一緒の窓口になっていることも多いです。 振り込みなどは貯金窓口の利用ですね。 郵便局 貯金窓口と保険窓口の時間 平日 9:00~16:00(一部 10:00~17:00 、9:00~18:00) 貯金も保険も16時までの郵便局がほとんどです。 郵便局が開いていても16時をすぎると窓口での振込などはできなくなります。 17時・18時までやってる窓口も数は少ないですがあります。 ただどうしても人が集まってしまうので待ち時間も長いです。 なので銀行でするようなこと(振込とか)は16時までと思っておくといいかと思います。 貯金と保険の窓口は土日祝日は営業してません。 郵便局 郵便窓口の時間 普通郵便物だけなら切手を貼ってポストに投函でもOKです。 でも簡易書留のオプションをつけたり、内容証明など重要な書類を贈る場合はどうしても窓口に行く必要がありますよね。 この郵便窓口は郵便局によって営業時間が違います。 郵便局は中央郵便局などの郵便物が集まる大きなところと、町の小さな郵便局があります。 大きい郵便局 9:00~19:00 小さめの郵便局 9:00~17:00(一部 10:00~18:00) 基本的には17時までで、大きい郵便局は遅くまでやってるということになります。 郵便物を出したり受け取ったりするのは郵便局が開いていれば可能です。 この営業時間内でなくても、大きい郵便局の郵便窓口に限っては時間外の「ゆうゆう窓口」というものがあります。 ゆうゆう窓口の時間 時間外の郵便窓口である「ゆうゆう窓口」は郵便局によって営業時間が違います。 20時までだったり、都市の中央郵便局は24時間営業で深夜もやっていたり、さまざまです。 ちなみに朝は8時から開く窓口も多いですよ。 やってるかやってないか微妙な時間に行くのであれば、行く予定の郵便局の営業時間を調べてからの方がいいかと思います。 スポンサーリンク 郵便局 土日の営業時間について 基本的に郵便局は平日のみの営業ですが土日休日もやっている大型郵便局もあります。 でも貯金と保険の窓口は完全に平日のみの営業なので、全ての郵便局において土日・祝日など休日はやっていません。 開いていても郵便窓口(もしくはゆうゆう窓口)です。 土日・祝日に郵便窓口が開いているのは大型の郵便局や、都心・繁華街にある郵便局です。 ただし内容証明は一部の郵便局では平日しか取り扱いが出来ないようです。 あらかじめ郵便局に確認しておく方がいいですね。 郵便局の営業時間 土曜日 9:00~15:00(一部 9:00~17:00、10:00~18:00など) ゆうゆう窓口については24時間営業もあれば8時から営業している郵便局もあります。 郵便局の窓口 日曜日 日曜日は郵便窓口もゆうゆう窓口も営業時間がバラバラです。 午前中で終わりの場所があるので注意しましょう。 郵便局は祝日休み? 郵便局は祝日は日曜日と同じ扱いになります。 つまり大型郵便局や繁華街ならやっているところは多く、町の小さめの郵便局はお休みです。 その他には集配している郵便局ならゆうゆう窓口がやっていることが多いです。 保険や貯金の窓口はやってませんがATMならやっていることが多いですよ。 スポンサーリンク 郵便局の窓口は何時から何時まで?のまとめ 貯金と保険の窓口は土日祝日はやってません。 でもATMで可能なことであれば窓口を待たなくても良いかもしれません。 払込や返済などはATMでも出来る場合がありますよ。 郵便窓口については大型郵便局を探せば、ゆうゆう窓口があったり24時間営業してたりします。 ゆうパックであればローソン、ミニストップ、セイコーマートのコンビニ(一部店舗を除く)で取扱いしているので大型郵便局を探さなくても差し出せます。 平日の昼以外にもできることはあるので、まずは行きやすい郵便局の時間をチェックしてみてくださいね。 ゆうゆう窓口がある郵便局を調べることもできますよ。

次の