世にも 奇妙 な 物語 2019 春。 世にも奇妙な物語2019(春)の放送日はいつ?キャストとあらすじは?

【世にも奇妙な物語 2019 春】永遠のヒーローのあらすじネタバレ「郷ひろみとイバライガーがコラボ」

世にも 奇妙 な 物語 2019 春

『永遠のヒーロー』のあらすじ 科学の進歩により、人体の能力を最大限まで引き出す改造人間技術が発達した世界で、その技術を悪用する怪人が現れ始め、市民の生活と安全を脅かすようになっていました。 この緊急事態に日本政府は警察庁内に怪人対策室を設置し、怪人たちに対応するため、最新科学技術を駆使したヒーロースーツを開発しました。 怪人対策室警部の大場博人(郷ひろみ)は怪人検挙数トップを誇り、レッドライガーと呼ばれ活躍していましたが、仕事が忙しすぎて、世界で一番大事な娘の大場亜希(上白石萌音)となかなか会えず、テレビ電話で会話することしかできない毎日を送っていました。 来年の定年を期に幼い頃に妻を亡くし、寂しい思いをさせていた娘とゆっくり暮らせると思っていましたが、怪人マスターカイザーから48時間以内に今まで逮捕した怪人を解放しないと、致死率99%のKウイルスを世界中にバラ撒くという予告が届きます。 テロを防ぐため、今まで捕まえた怪人からの聴取や、街に出ての聞き込みなどをしますが、成果は得られず、テロ予告の時間まで、あと1時間となり、怪人マスターカイザーの居場所を突き止めた室長(村杉蝉之介)は大場博人(郷ひろみ)に報告し、みんなが来るのを待つように言いますが、大場博人(郷ひろみ)は時間がないので、1人で怪人マスターカイザーの元に乗り込みます。 1人で乗り込んだ大場博人(郷ひろみ)は怪人マスターカイザーの攻撃の前にピンチを迎えますが、大場亜希(上白石萌音)からテレビ電話で「お父さん諦めないで!」との声に、息を吹き返し、怪人マスターカイザーを倒して、世界の平和を守ったのでした。 大場博人(郷ひろみ)はテレビ電話で、怪人マスターカイザーを倒して世界の平和を守ったことを大場亜希(上白石萌音)に報告すると「だから何…何がマスターカイザーよ…そんなことして何になるのよ…」と言って、電話を切られてしまいます。 大場博人(郷ひろみ)は大場亜希(上白石萌音)に会いに行くため、室長(村杉蝉之介)に休みを申し出ますが、申し出は却下されてしまいます。 その後、大場博人(郷ひろみ)は家に帰ると、空き地になっていて、室長(村杉蝉之介)にそのことを問いただすと、大場亜希(上白石萌音)はAIで、ヒーローが戦うモチベーションを維持するために、1人1人にしか存在しないバーチャルな家族や恋人だという事実を告げられてしまいます。 大場博人(郷ひろみ)は、その事実を信じられないと言いますが、室長(村杉蝉之介)は改造手術を受けた時にすり替えられた偽りの記憶であると告げられてしまいます。 そして、室長(村杉蝉之介)は真実を告げれば、みんなの士気が下がるので、みんなには黙っているように告げます。 真実を知った後、大場亜希(上白石萌音)からのテレビ電話に出た大場博人(郷ひろみ)は、ヒーローをやめようと思っていることを告げると、大場亜希(上白石萌音)は「お父さんがヒーローをやめたら世界の平和はどうなるの?」と言い、大場博人(郷ひろみ)は「もういいよ!わかってるんだ!お前はAIなんだろ?コンピューターの中にしか存在しない。 現実には存在しないんだ!お前は偽物なんだ!」と言い放ちます。 すると、大場亜希(上白石萌音)は「そうだったら良かったのに…明日…手術を受けるの…手術が成功する可能性はほんのわずか…もし成功したとしても、病気が完全に治ることはない…正義は勝つ…そんあの嘘よ…現実にはヒーローなんかいないのよ…」と言います。 実は大場博人(郷ひろみ)は大場亜希(上白石萌音)が作り上げたゲームの中のキャラクターで、実在しないのは大場博人(郷ひろみ)の方だったのです。 あまりの事実に大場博人(郷ひろみ)は混乱して「俺は一体何のために…」と頭を抱えますが、大場亜希(上白石萌音)は「でも、お父さんがいたから、どんなつらい時も諦めずに頑張ってこれた。 お父さんは私のヒーロー、強くて優しくて猫舌で、私だけのヒーロー、お父さんありがとう。 今までありがとう。 」と言って、電話を切ります。 翌日、大場博人(郷ひろみ)は怪人対策室に戻り、再び世界の平和のために永遠のヒーローとして戦い続けるのでした。

次の

世にも奇妙な物語2019雨の特別編動画無料見逃し配信<土曜プレミアム>はこちら

世にも 奇妙 な 物語 2019 春

ここでは各話の、出演者、制作者、などを一覧表にして記載する。 『世にも奇妙な物語』はから一般ドラマ枠で放送が始まり、に「第1シリーズ」、に「第2シリーズ」、に「第3シリーズ」が放送された。 その後は期の()枠でされている。 目次 一般ドラマ( - - ) 特別編( - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ) アバンストーリー(超短編)( - - - - - )- 凡例 脚: 監: 演: この色の付いたセルはスペシャル枠で放送された特別編または劇場公開された映画版。 他にも「 」と記載されている作品については、実際に制作を請け負っているのは である。 1990年(第1シリーズ) [ ] 放送日時 タイトル 主演 準主演 その他の出演者 制作会社 スタッフ 原作・原案 (木) 視聴率:14. 共同テレビ 戸田山雅司(脚) 星護(演) 「予知能力」 遅すぎた恋人 共同テレビ (脚) 鈴木雅之(演) (木) 17. セントラル・アーツ 信本敬子(脚) 小椋久雄(演) 「夏の夜の獏」 こけし谷 セントラル・アーツ 武上純希(脚) (演) さよなら蔵町キネマ セントラル・アーツ (脚) (演) (木) 黒魔術 大映テレビ (脚) (演) 廃校七番目の不思議 大映テレビ (脚) (演) 峠の茶屋 大映テレビ 棟居仁(脚) (演) (木) コレクター (脚) (演) 極楽鳥花 フジテレビ (脚) (演) 運命の赤い糸 フジテレビ 関澄一輝(脚) (演) (木) 私じゃない 共同テレビ 野依美幸(脚) 星田良子(演) 家族の肖像 共同テレビ 林誠人(脚) 鈴木雅之(演) モルモット 共同テレビ 君塚良一(演) (演) 落合正幸(演) (木) コインランドリー オフィス・トゥー・ワン (脚) (演) 受験生 オフィス・トゥー・ワン (脚) (演) 石田部長代理の災難 オフィス・トゥー・ワン (脚) (演) (木) PDS (脚) (監) 離れません PDS 小野沢美暁(脚) 津崎敏喜(監) (原案) PDS 小野沢美暁(脚) (監) (木) 真夜中 KANOX (脚) (演) 鏡 KANOX 伴一彦(脚) (演) ど忘れ KANOX 伴一彦(脚) (演) (木) 呪いの紙人形 フジテレビ 武上純希(脚) (演) 「ブラックマジック」 息子帰る フジテレビ (脚) 舛田明廣(演) 占いセット フジテレビ (脚) 舛田明廣(演) (木) にっかつ撮影所 両沢和幸(脚) (監) にっかつ撮影所 野依美幸(脚) (監) にっかつ撮影所 (脚) 金澤克次(監) 放送日時 タイトル 主演 準主演 その他の出演者 制作会社 スタッフ 原作・原案 (木) 言う事を聞く子 東宝 (脚) (演) 不眠症 東宝 中園健司(脚) (演) 目覚まし時計 東宝 (脚) (演) (木) 目撃者 共同テレビ 浜田金広(脚) 鈴木雅之(演) 伝言板 共同テレビ 月島水樹(脚) 河野圭太(演) 女優 共同テレビ 野依美幸(脚) 星護(演) (木) ルームメイト テレパック 江頭美智留(脚) 大室清(監) 奇跡の子供 テレパック (脚) (監) 着せ替え人形 テレパック 吉村和久(脚) (監) (木) 三人死ぬ 大映テレビ 棟居仁(脚) (監) 覆面 (声:) 大映テレビ 棟居仁(脚) (脚) 河崎実(監) (原案) 切腹都市 〜ハラキリシティ〜 大映テレビ 棟居仁(脚) 一瀬隆重(監) (題字) (木) シンデレラ (脚) (監) 夢 キティ・フィルム 鈴木たか子(脚) (監) 秘密の花園 キティ・フィルム 鈴木たか子(脚) (監) (木) ともだち KANOX (脚) 瀧川治水(演) 心霊写真 KANOX 土屋斗紀雄(脚) 猪原達三(演) ベビーシッター KANOX 土屋斗紀雄(脚) 国本雅広(演) (木) あの世への 伝言サービス 小野沢美暁(脚) (演) 笑う女 アズバーズ (脚) 戸田山雅司(脚) (演) ユリコちゃん アズバーズ 戸田山雅司(脚) (演) 「ユリコちゃん」 (木) 百円の脳みそ フジテレビ (脚) (演) タイム・スクーター 佐藤麻衣子 フジテレビ (脚) (演) 西岸良平 「タイム・スクーター」 我が家はどこだ フジテレビ 関澄一輝(脚) 舛田明廣(演) (木) 残像 共同テレビ 戸田山雅司(脚) 星護(演) (原案) 嘘八百屋 共同テレビ (脚) 河野圭太(演) 「嘘八百屋」 リフレイン 共同テレビ (脚) 落合正幸(演) (木) おれに関する噂 にっかつ撮影所 (脚) 川崎善広(演) 「おれに関する噂」 ボタン にっかつ撮影所 野依美幸(脚) (演) つまらない男 にっかつ撮影所 北川悦吏子(脚) 金澤克次(演) (木) この気持ち伝えて フジテレビ 綾瀬麦彦(脚) (演) 19XX フジテレビ 水橋文美江(脚) (演) 記憶の沼 フジテレビ 武上純希(脚) 舛田明廣(演) (木) ボロボロ 共同テレビ (脚) 河野圭太(演) (原案) 大蒜(にんにく) 共同テレビ 月島水樹(脚) 星護(演) 柵 共同テレビ 小山協子(脚) 落合正幸(演) (木) ま・ば・た・き オフィス・トゥー・ワン 末谷真澄(脚) (演) 告白パーティ オフィス・トゥー・ワン (脚) (演) パパは犯罪者 オフィス・トゥー・ワン (脚) 助田卓(演) 放送日時 タイトル 主演 準主演 その他の出演者 制作会社 スタッフ 原作・原案 (木) 替え玉 セントラル・アーツ 林誠人(脚) (監) 人格改造ドリンク セントラル・アーツ 水橋文美江(脚) (監) 仙人 セントラル・アーツ 宮本敬子(脚) 小中肇(監) 「仙人」 (木) 整理癖 東宝 (脚) (監・演) ビデオドラッグ 東宝 中園健司(脚) (監・演) 冗費節減 東宝 関澄一輝(脚) (監・演) (木) 長い一日 (脚) (監・演) カラオケBOX ニユーテレス (脚) (脚) 杉山登(監・演) もう酒ヤ・メ・タ! ニユーテレス 関澄一輝(脚) (監・演) (木) 赤い雲 フジテレビ 武上純希(脚) 舛田明広(演) 西岸良平 「赤い雲」 耳鳴り フジテレビ 綾瀬麦彦(脚) 樋口徹(演) 真夜中の ディスクジョッキー フジテレビ 綾瀬麦彦(脚) 舛田明広(演) (木) 聞こえる オフィス・トゥー・ワン 及川中(脚) (演) 死にたくない オフィス・トゥー・ワン (脚) (演) ボクの好きな先生 オフィス・トゥー・ワン 末谷真澄(脚) 高橋尚樹(演) (木) バイパスの夜 アズバーズ (脚) (演) 「バイパスの夜」 STILL アズバーズ 戸田山雅司(脚) (演) 死神 アズバーズ (脚) (演) 「」 () (木) 未来の思い出 北川悦吏子(脚) (演) 「未来の想い出」 ボールペン 東北新社 (脚) (演) みどり紙 東北新社 (脚) (演) (木) 無人艦隊 大映テレビ 棟居仁(脚) (演) あやしい鏡 大映テレビ 棟居仁(脚) 今関あきよし(演) 阿刀田高 「あやしい鏡」 驚異の降霊術 大映テレビ あんじょうふみお(脚) 河崎実(演) 「シャーロック・ホームズの口寄せ」 (木) 前世の恐怖 中山乃莉子(脚) (演) 三日間だけのエース テレパック 北川悦吏子(脚) (演) そこではお静かに テレパック (脚) 大室清(演) (木) シガレット・ボム! (脚) (演) 悲鳴 ザ・ドラマティック・ カンパニー 川上英幸(脚) (演) 行列 ザ・ドラマティック・ カンパニー (脚) (演) (木) チャネリング KANOX 土屋斗紀雄(脚) (演) 毛皮が脱げない KANOX 土屋斗紀雄(脚) (演) 海亀のスープ KANOX 土屋斗紀雄(脚) 久世光彦(演) 「海亀のスープ」(原案) (木) ホーム・ドラマ にっかつ撮影所 江頭美智留(脚) (監) まだ恋は始まらない にっかつ撮影所 (脚) (監) 佐藤・求む にっかつ撮影所 北川悦吏子(脚) 両沢和幸(脚) 川崎善広(監) (木) 神様 キティ・フィルム (脚) 小久保利己(演) ハネムーン キティ・フィルム 鈴木貴子(脚) (演) もうひとり キティ・フィルム (脚) (演) 1992年(第3シリーズ) [ ] 放送日時 タイトル 主演 準主演 その他の出演者 制作会社 スタッフ 原作・原案 (木) けむり男 オフィス・トゥー・ワン 末谷真澄(脚) 助田卓(演) デンデラ野 オフィス・トゥー・ワン 及川中(脚) 高橋尚樹(演) 血も涙もない オフィス・トゥー・ワン (脚) 助田卓(演) (木) (脚・監) アスプロデュース (脚) (監) 精神力 アスプロデュース (脚) (監) (木) 瞬 (脚) (監) すてきな休日 松竹 (脚) (監) 顔 松竹 (脚) (監) (木) 食べ過ぎた男 共同テレビ (脚) 落合正幸(演) 逆探知 共同テレビ 笠原邦暁(脚) (脚) 星田良子(演) 青い鳥 共同テレビ (脚) (演) (木) タガタガの島 大映テレビ 棟居仁(脚) (演) 声が聞こえる 大映テレビ 棟居仁(脚) (演) 「声が聞こえる…」 もれパス係長 大映テレビ (脚) 河崎実(演) 清水義範 「もれパス係長」 (木) リフレクション (脚) (演) 人形 アズバーズ (脚) (演) 「人形」 お前が悪い! アズバーズ (脚) 林高明(演) 「お前が悪い! 」 (木) 電気じかけの幽霊 セントラル・アーツ 扇澤延男(脚) (監) 「AC100V」 セントラル・アーツ (脚) 坂本太郎(監) 「史上最大の生中継! 共同テレビ (脚) 星田良子(演) (木) にっかつ撮影所 (脚) (演) にっかつ撮影所 (脚) (演) 「城」 ネチラタ事件 にっかつ撮影所 野依美幸(脚) 両沢和幸(演) 星新一 「ネチラタ事件」 (木) トラブル・カフェ アスプロデュース (脚・監) 人間国宝 アスプロデュース 笠井健夫(脚) (監) 贈り物 アスプロデュース (脚) 飯田譲治 (監) (木) 髪 ニユーテレス (脚) (演) 奇跡を呼ぶ男 ニユーテレス (脚) (演) 「」 つぐない ニユーテレス (脚) (演) (木) 逆転 フジテレビ 君塚良一(脚) (演) おやじ フジテレビ (脚) (演) スローモーション フジテレビ (脚) (演) (月) (関東枠) 被害者の顔 ザ・ドラマティック・ カンパニー 川上英幸(脚) 浅川順(演) サムライが斬る! ザ・ドラマティック・ カンパニー 川上英幸(脚) (演) 蟹缶 ザ・ドラマティック・ カンパニー (脚) (演) 1990年 [ ] 放送日時 タイトル 主演 準主演 その他の出演者 制作会社 スタッフ 原作・原案 (木) 絶対イヤ! 共同テレビ 土屋斗紀雄(脚) 星護(演) ミッドナイトコール 共同テレビ 戸田山雅司(脚) (演) そこに扉があった 共同テレビ 深谷仁一(脚) 星田良子(演) 代打はヒットを打ったか? [ ] 共同テレビ (脚) 鈴木雅之(演) 「代打はヒットを打ったか?」 幸福の選択 共同テレビ (脚) 小椋久雄(演) 1991年 [ ] 放送日時 タイトル 主演 準主演 その他の出演者 制作会社 スタッフ 原作・原案 (木) 大予言 共同テレビ 浜田金広(脚) 鈴木雅之(演) 王様の耳はロバの耳 共同テレビ 中園ミホ(脚) (演) 帰れない 共同テレビ (脚) 小椋久雄(演) さよなら6年2組 共同テレビ (脚) 落合正幸(演) 復讐クラブ 共同テレビ 深谷仁一(脚) 星護(演) 「復讐クラブ」 昔みたい 共同テレビ (脚) (演) (木) 偶然やろ? 共同テレビ 戸田山雅司(脚) 星護(監・演) (原案) 朝まで生殺人 共同テレビ 中園ミホ(脚) 星田良子(監・演) 急患 共同テレビ 君塚良一(脚) 落合正幸(監・演) もう一人の花嫁 共同テレビ 月島水樹(脚) 鈴木雅之(監・演) 夢を買う男 共同テレビ 林誠人(脚) 松田秀知(監・演) 「夢売ります」 (木) 共同テレビ (脚) 鈴木雅之(演) 「ニュースおじさん」 バーチャル・リアリティ 共同テレビ 戸田山雅司(脚) 星護(演) 戦争はなかった 共同テレビ 君塚良一(脚) 落合正幸(演) 「戦争はなかった」 開かずの踏切 共同テレビ (脚) 松田秀知(演) 40年 共同テレビ 金子成人(脚) 藤田明二(演) 月島水樹 (原案) (木) 王将 共同テレビ 中村功一(脚) 星護(監・演) 午前3時のノック 共同テレビ 月島水樹(脚) 笠原邦暁(脚) 松田秀知(監・演) 「午前3時のノック」 犬の穴 共同テレビ 笠原邦暁(脚) 星田良子(監・演) 山田正紀 「犬の穴」 23分間の奇跡 共同テレビ (脚) 河野圭太(監・演) 「」 ハッピーバースデー ツー・マイホーム 共同テレビ 君塚良一(脚) 落合正幸(監・演) 1992年 [ ] 放送日時 タイトル 主演 準主演 その他の出演者 制作会社 スタッフ 原作・原案 (木) シャドウ・ボクサー 共同テレビ 中村功一(脚) 星護(演) 笑いの天才 共同テレビ 戸田山雅司(脚) (演) (原案) 奇遇 共同テレビ (脚) 鈴木雅之(演) 「世にも奇遇な物語」 震える愛 共同テレビ 君塚良一(脚) 落合正幸(演) 気づかれない男 共同テレビ 田辺満 戸田山雅司(脚) 松田秀知(演) (水) 妄想特急 共同テレビ 中村功一(脚) 鈴木雅之(演) 「妄想特急」 48年目の約束 共同テレビ 倉沢左知代(脚) (演) ロンドンは 作られていない 共同テレビ 戸田山雅司(脚) 松田秀知(演) 清水義範 「唯我独存」 穴 共同テレビ 深谷仁一(脚) (演) 星新一 「おーい、でてこーい」 私の赤ちゃん 共同テレビ 小山協子(脚) 落合正幸(演) 共同テレビ 高山直也(脚) 星護(演) 1993年 [ ] 放送日時 タイトル 主演 準主演 その他の出演者 制作会社 スタッフ 原作・原案 (金) 非常識宴会 東映 戸田山雅司(脚) 大井利夫(監) 隣の声 東映 北川悦吏子(脚) 落合正幸(監) ガード下の出来事 東映 岡田惠和(脚) 坂本太郎(監) 上野顕太郎 「帽子男は眠れない」 ラブチェアー 東映 野依美幸(脚) 山田大樹(監) 大木三千代 「ラブチェアー」 いじめられる女 東映 田辺満(脚) 小椋久雄(監) 「愛の衝撃」 1994年 [ ] 放送日時 タイトル 主演 準主演 その他の出演者 制作会社 スタッフ 原作・原案 (木) 心の声が聞こえる 共同テレビ 田辺満(脚) (監) (原案) 言葉の戦争 [ ] 共同テレビ 戸田山雅司(脚) 鈴木雅之(監) 清水義範 「言葉の国」 ルナティック・ラヴ ザ・ドラマティック・ カンパニー 岩井俊二(脚・監) 岩井俊二 (原作) にぎやかな食卓 東映 沢村一幸(脚) 井坂聡(監) (原案) ふたり 東映 戸田山雅司(脚) (脚) 辻野正人(監) (水) 転校生 共同テレビ 沢村一幸(脚) 木下高男(演) 時間よ戻れ! 共同テレビ 高山直也(脚) (演) 「私、こういうものです」 ある朝パニック! 東映 (脚) 小中肇(監) 「ある朝パニック」 指名手配の男 ザ・ドラマティック・ カンパニー 下山天(脚・監) (原案) かげふみ 東映 (脚) (監) (木) 罰ゲーム 共同テレビ 高山直也(脚) 土方政人(演) 「罰ゲーム」 時の女神 共同テレビ 小山協子(脚) 落合正幸(脚・演) 「時の女神」 共同テレビ (脚) 星護(演) (月) 出られない 共同テレビ 田辺満(脚) 佐藤祐市(演) 高山直也 (原案) 君だけに愛を 共同テレビ 戸田山雅司(脚) 落合正幸(演) 思い出を売る男 共同テレビ 林誠人(脚) 土方政人(演) 1995年 [ ] 放送日時 タイトル 主演 準主演 その他の出演者 制作会社 スタッフ 原作・原案 (水) ブルギさん 共同テレビ 田辺満(脚) 佐藤祐市(演) 星新一 「もてなし」 鍵 東映 高山直也(脚) 土方政人(演) 最後の喫煙者 共同テレビ 田子明弘(脚) 落合正幸(演) 筒井康隆 「」 そのボタンを押すな 共同テレビ 中村樹基(脚) 星護(演) 夢のつづき 共同テレビ 中村樹基(脚) 河野圭太(演) 星新一 「はやる店」 (月) 指環(リング) 共同テレビ 笠原邦暁(脚) 土方政人(演) 友子の長い朝 共同テレビ (脚) 本広克行(演) 「友子の長い朝」 トイレの落書き 共同テレビ (脚) 落合正幸(演) 笑う頭脳 共同テレビ 戸田山雅司(脚) 小椋久雄(演) 地図にない町 共同テレビ 高山直也(脚) 木下高男(演) (水) 23歳の老人 共同テレビ 戸田山雅司(脚) 土方政人(演) 「浦島太郎」 友子の長い夜 共同テレビ (脚) (演) 藤野美奈子 「友子の長い夜」 地獄のタクシー 共同テレビ 中村樹基(脚) 星護(演) 殺人者の高橋さん 共同テレビ (脚) 落合正幸(演) マエストロ 共同テレビ 高山直也(脚) 鈴木雅之(演) 1996年 [ ] 放送日時 タイトル 主演 準主演 その他の出演者 制作会社 スタッフ 原作・原案 (木) 追っかけ 共同テレビ (脚) 本広克行(演) 赤ちゃん養育ソフト 共同テレビ 三上幸四郎(脚) 落合正幸(演) 共同テレビ 高山直也(脚) 佐藤祐市(演) 先生の『あんなこと』 共同テレビ (脚) 鈴木雅之(演) 熊の木本線 共同テレビ 戸田山雅司(脚) 小椋久雄(演) 筒井康隆 「熊の木本線」 (月) ミッドナイトDJ (声) 共同テレビ 三上幸四郎(脚) 落合正幸(脚・演) 年功不序列 共同テレビ (脚) 土方政人(演) 怪我 君塚良一(脚) 小椋久雄(演) 中井紀夫 「怪我」 (水) 不定期バスの客 共同テレビ 鈴木勝秀(脚) 佐藤祐市(演) 「不定期バスの客」 のどが渇く (脚) (脚・演) 壁の小説 共同テレビ 中村樹基(脚) 星護(演) すみません、握手して下さい 共同テレビ 北川悦吏子(脚) 松田秀知(演) 公園デビュー 共同テレビ 戸田山雅司(脚) 鈴木雅之(演) (原案) (火) ゴリラ (脚) 片岡K(演) 恐怖のカラオケ歌合戦 共同テレビ (脚) 小野原和宏(演) 「絶唱の瞬間」 テレパシー・ラブ 共同テレビ 高橋留美(脚) 松田秀知(演) 「テレパシー・ラブ」 主婦さち子の秘かな愉しみ 共同テレビ 浅田敦史(脚) 佐藤祐市(演) 共同テレビ 高橋留美(脚) 小椋久雄(演) 「四十四年後の証明」 1997年 [ ] 放送日時 タイトル 主演 準主演 その他の出演者 制作会社 スタッフ 原作・原案 (月) 完全治療法 共同テレビ 鈴木勝秀(脚) 小椋久雄(演) 渡辺浩弐 「また会いましたね」 管理人 共同テレビ (脚) 松田秀知(演) 山田正紀 「まだ名もない悪夢」 扉の先 共同テレビ 鈴木勝秀(脚) 落合正幸(演) 史上最強の転校生 東映 武上純希(脚) 辻野正人(演) 私に似た人 共同テレビ (脚) (演) (月) ウィルス 共同テレビ 高山直也(脚) 佐藤祐市(演) 渡辺浩弐 「特殊部隊」 無実の男 共同テレビ 鈴木勝秀(脚) 土方政人(演) 女は死んでいない 共同テレビ 落合正幸(脚・演) 渡辺浩弐 「0310-345の謎」 望みの夢 共同テレビ 中村樹基(脚) 星護(演) 自殺悲願 共同テレビ 三上幸四郎(脚) (演) 筒井康隆 「自殺悲願」 1998年 [ ] 放送日時 タイトル 主演 準主演 その他の出演者 制作会社 スタッフ 原作・原案 (水) サムライ化する男 共同テレビ 高山直也(脚) 土方政人(演) 共同テレビ 中村樹基(脚) 星護(脚・演) くしゃみ 共同テレビ 戸田山雅司(脚) 鈴木雅之(演) 5分後の女 共同テレビ (脚) 落合正幸(脚・演) そして、くりかえす 共同テレビ (脚) (脚・演) (金) 中学教師 共同テレビ 鈴木勝秀(脚) 落合正幸(脚・演) 黄色が恐い 共同テレビ 高山直也(脚) 土方政人(演) ダジャレ禁止令 共同テレビ 大野敏哉(脚) 福本義人(演) 懲役30日 共同テレビ 鈴木勝秀(脚) 小椋久雄(演) ホーム、スィートホーム 共同テレビ (脚) (演) 1999年 [ ] 放送日時 タイトル 主演 準主演 その他の出演者 制作会社 スタッフ 原作・原案 (水) パパラッチ (声) 共同テレビ (脚) 星護(演) 「パパラッチ」 親切成金 共同テレビ 大野敏哉(脚) (演) のぞみ、西へ ROBOT 小山薫堂(脚) (演) 協力者 共同テレビ 鈴木勝秀(脚) 小椋久雄(演) 時間のない街 共同テレビ 高山直也(脚) (演) 渡辺浩弐 「保存状態」 (月) モザイク 共同テレビ 鈴木勝秀(脚) 土方政人(演) マニュアル警察 共同テレビ (脚) 村上正典(演) 「マニュアル警察」 逆男 共同テレビ (脚) 小椋久雄(演) 私は、女優 共同テレビ 落合正幸(脚・演) 和服の少女 共同テレビ 高山直也(脚) 河野圭太(演) 2000年 [ ] 放送日時 タイトル 主演 準主演 その他の出演者 制作会社 スタッフ 原作・原案 (月) 銃男 共同テレビ 越智真人(脚) 村上正典(演) 記憶リセット 共同テレビ 相沢友子(脚) 西谷弘(演) 渡辺浩弐 「別れる方法」 奇数 東映 杉本達(脚・監) 「奇数」 冷やす女 東映 (脚・監) 最期の瞬間 共同テレビ (脚) 落合正幸(脚・演) (水) 断定男 共同テレビ 越智真人(脚) 土方政人(演) 発電課長 共同テレビ 大野敏哉(脚) 小椋久雄(演) (原案) よう、鈴木! 共同テレビ (脚) (演) バーゲンハンター アミューズ (脚) (脚) 李闘士男(演) さとるの化物 共同テレビ 落合正幸(脚・演) 小松左京 「さとるの化物」 (金・祝) 雪山 フジテレビ 東映 ポニーキャニオン IMAGICA 共同テレビ 日活 鈴木勝秀(脚) 落合正幸(脚・監・演) 携帯忠臣蔵 フジテレビ 東映 ポニーキャニオン IMAGICA 共同テレビ 日活 君塚良一(脚) 鈴木雅之(監・演) 清水義範 「識者の意見」 チェス フジテレビ 東映 ポニーキャニオン IMAGICA 共同テレビ 日活 中村樹基(脚) 星護(脚・監・演) 結婚シミュレーター フジテレビ 東映 ポニーキャニオン IMAGICA 共同テレビ 日活 相沢友子(脚) 小椋久雄(監・演) 2001年 [ ] 放送日時 タイトル 主演 準主演 その他の出演者 制作会社 スタッフ 原作・原案 (月・祝) エキストラ 共同テレビ 中村樹基(脚) 星護(演) 13番目の客 共同テレビ 深谷仁一(脚) 落合正幸(脚・演) BLACK ROOM 東北新社 (脚・演) 共同テレビ (脚・演) 「僕は旅をする」 オトナ受験 共同テレビ 大野敏哉(脚) (演) 「大人免許」 (木) 共同テレビ 大野敏哉(脚) 木下高男(演) 共同テレビ 高山直也(脚) 河野圭太(演) 太平洋は燃えているか? 共同テレビ 中村樹基(脚) 星護(演) 心臓の想い出 共同テレビ 落合正幸(脚・演) 厭な子供 共同テレビ 鈴木勝秀(脚) 佐藤祐市(演) 「厭な子供」 (木) (再:) ドラマティック シンドローム 共同テレビ (脚) 土方政人(演) 仇討ちショー 共同テレビ 中村樹基(脚) 星護(演) おばあちゃん 共同テレビ 落合正幸(脚・演) 奇跡の女 共同テレビ 中村樹基(脚) 西谷弘(演) ママ新発売! (声) (声) (脚・監) (原作) 2002年 [ ] 放送日時 タイトル 主演 準主演 その他の出演者 制作会社 スタッフ 原作・原案 (水) 無視ゲーム 共同テレビ 鈴木勝秀(脚) 李闘士男(演) 「誰かいる」 おかしなまち 共同テレビ (脚) 松田秀知(演) トカゲのしっぽ 共同テレビ 中村樹基(脚) 星護(脚・演) 夜汽車の男 共同テレビ 橋部敦子(脚) 鈴木雅之(演) 「夜行」 マンホール 東北新社 (演) (木) 採用試験 共同テレビ (脚) (演) 知らなすぎた男 共同テレビ 旺季志ずか(脚) 河毛俊作(演) 連載小説 共同テレビ 武井彩(脚) 星護(演) 声を聞かせて 共同テレビ 高山直也(脚) (演) 「声を聞かせて」 昨日の君は別の君 明日の私は別の私 共同テレビ 相沢友子(脚) 中江功(演) 「昨日の君は別の君 明日の私は別の私」 2003年 [ ] 放送日時 タイトル 主演 準主演 その他の出演者 制作会社 スタッフ 原作・原案 (月) 顔を盗まれた 共同テレビ 鈴木勝秀(脚) 落合正幸(脚・演) レンタル・ラブ 共同テレビ 大野敏哉(脚) 木下高男(演) 追いかけたい 共同テレビ (脚) 植田泰史(演) 超税金対策殺人事件 共同テレビ (脚) 村上正典(演) 東野圭吾 「」 影の国 共同テレビ 落合正幸(脚・演) 「影の国」 (木) 鍵 共同テレビ 高山直也(脚) (演) 筒井康隆 「鍵」 パーフェクトカップル 共同テレビ 武井彩(脚) (演) 山田正紀 「ホームドラマ」 遠すぎた男 共同テレビ (脚) H. 03フレームの女 北川亜矢子(脚) 松木創(演) 「0. また、初期の特別編、20周年・秋ではストーリーテラーのタモリ自身が出演していた。 この項ではシリーズ別に記述する。 第1シリーズ〜第2シリーズ [ ] 『世にも奇妙な物語』90年4月の第1シリーズ〜91年の第2シリーズの前期(1月から3月)まで放送されていた導入部。 この時は視聴者を「奇妙な世界」へ誘うための役割を担い、「4つのモニター」「人差し指を当ててください」などの心理的なものや、「家族風景」「心電図」などのいわゆるドッキリ要素的なものも流されていた。 しかしながら、91年4月(第2期・中期)からのオープニング変更(第2期(館の外観)OP)に伴い、同年4月〜12月までは「名言・格言シリーズ」に構成変更した。 また、タイトルは当初から示されていないため、放送されたアバンストーリーの内容に準じて明記している。 第1シリーズ(1990年4月〜9月) 4つのモニター 「この4つのモニターのうち1つだけじっと見つめてください」のナレーション。 4つのモニターをじっと見ていると、右から2番目のモニターが爆発する。 底なし沼 子供が白い床のところを歩いている。 父が黒い床に足を入れると沈んで餌食にされてしまう。 そう、黒い部分は『底なし沼』だったのだ。 レストランのトイレ あるレストランにて。 男性客が「トイレ貸して」とウェイトレスに言うが「トイレは使用禁止です」と制止される。 制止を無視した男性客はそのままトイレへ。 心配になって様子を見に来たウェイトレスがトイレのドアを開けると、男性客がトイレに流されていた…。 台所 子供がを持って母親のいる台所に来る。 そして、おもむろに卵を作業台に置き「手伝ってあげる」と言って母親の制止を聞かずに持っていた金槌を振りかざすと、金槌が壊れる。 見かねた母親が一言「だから言ったでしょう」。 時計 8時を指している時計。 「あなたの時計は、正確ですか?」のナレーションのあと、秒針の速度が徐々に遅くなり、そのまま止まってしまう。 作品56「ボタン」 美術展に来た中年の男が、展示されている『作品56「ボタン」』を「押さないでください」の注意書きを無視して押すと突然、煙が出てくる。 その煙が消えると男が「石膏像」になり、作品名が『作品57「ボタンを押す男」』に変わっていた…。 ドールハウス 子供たちがドールハウスで遊んでいると、突然、部屋全体が明るくなり、子供たちが見上げる。 するとそこには「このドールハウスが欲しかったの」と喜んでいる巨大な少女が子供たちを見ていたのだった…。 2本のロウソク 回転している燭台に立てている火のついた2本の赤いロウソク。 「きれいなロウソクだね…」のナレーションのあとにロウソクが重なった瞬間、何もない空間に重なった火が点き、「おや?」と困惑したナレーションが流れる。 家族風景 ある家族の団欒風景。 父親がこちら(視聴者)側に気付き、続けて母親と娘が気付きこちらに近づく。 すると、勉強していた息子が近づいてきて「あぁ、うるせぇ!」と言い、(家族側の)テレビのスイッチを消す。 心電図 「胸に手を当てて聞いてください」というナレーション。 心電図をしばらく見ていると、突然「わっ!」と大声のナレーションが出る。 すると、心電図が直線になると共に「ピー」と音が鳴ると同時に「あっ、ごめん」のナレーション。 エレベーター 『男』と『女』の表示が書かれた2台のエレベーター。 男性社員が他の男性社員の制止を無視して『女』のエレベーターに乗る。 目的の階に着き、エレベーターから出ると男性社員がなぜか「女性社員(OL)」の恰好になっていた。 壊れたコピー機 とある会社のオフィスにて。 上司が女性社員に「資料」の拡大コピーを頼むが、「コピー機は故障中です」と女性社員は制止するが、その忠告を無視してコピーを取りに行かせる上司。 すると、「故障してるって言ったじゃないですか」という野太い声で言う女性社員、その声を聴いた上司は驚く。 コピー機の前には抱え座りしている巨大な女性社員が…そう拡大されたのは『資料』ではなく、『女性社員』だった。 第2シリーズ(1991年1月〜3月) 真夜中の鏡 「真夜中に上弦の月が鏡に映ると、もう一人の貴方が映るそうです」のナレーション。 中央にある鏡に映る美女の顔が次第にガイコツへ変化していく… 成人式の帰り道 成人式を終えた3人の女性。 そのうちの一人はなぜかうっすらと光っている。 その女性が神社の石段を上ると「死んだ娘(こ)の歳を数えると二十歳でした」と言うのナレーションが流れ、石段を上り切った女の子が消える。 頑丈な卵 3つの卵を台の上に置き、右から順番に金槌で割っていく。 すると一番左の卵が頑丈で割れずに金槌が折れてしまう。 公衆電話 空港にて。 出国前の外国人男性が公衆電話で恋人の女性に別れの電話をかけている。 女性は「さようなら」と告げ、受話器越しにキスをする。 男性が「元気でな」と受話器を置くと、男性の頬に「キスマーク」がついていた。 もう一度見せてよ! 仕事から帰ってきた女性がテレビをつけるとすでに『世にも奇妙な物語』のエンディングが流れている。 落ち込んだ女性が「もう一度見せてよ!」とテレビ画面に向かって怒ると、エンディングから巻き戻されてそのままオープニングに。 面接 とある会社の面接にて。 《何か違和感のある》2人の男性面接官が「本当にうちの会社で働きたいんだね?」と面接に来た女性に尋ね、「はい」と返事が来たあと、女性にコーヒーを勧める。 すると、2人の首が入れ替わり、それを見た女性が驚いていると、2人は「どうかしたかね?」と尋ねる。 友人からの誘い 青年が『世にも奇妙な物語』を見ている最中に友人から誘いの電話がかかってくる。 仕方なく出かけることにした青年がテレビを消すと、画面は真っ暗。 洗面台 いつもの朝の風景。 男性が歯磨きをした後、鏡に向かって口臭チェックをする。 男性が立ち去るが、鏡の中の男性が留まり鼻をつまんで「ウッ!」と嗚咽するジェスチャーをする。 タバコ 歩きタバコをしている若い男が階段に座っている老婆の前でタバコをポイ捨てをする。 見かねた老婆がそのタバコを拾って、そのまま吸う。 すると、若い男が『老人』に階段に座る老婆が『若い女』になった。 キャンドル あるレストランにて。 キャンドルの火に写真やタバコをかざしていくと、その形に切り取られていく。 しばらくやっていると「無駄遣いしないでください」とウェイターに怒られる。 点かないマッチ 点かないマッチを必死で擦っている外国人男性。 「ガッデム、マッチ!」と怒りながらマッチを擦ると勢いよく炎を上げ、男性の顔が火だるまに。 特別編 [ ] 「特別編シリーズ」初期にはストーリーテラーのタモリ自身が出演するアバンストーリーが流されていた(ただし、94七夕と95冬は除く)。 1995年1月放送の「冬の特別編」以降は冒頭のアバンストーリーは流されていなかったが、2010年10月放送の「20周年・秋」で久しぶりに流された。 '90秋の特別編 途中下車 電車内にいるタモリ、タモリがその回の概要を言い終えた後電車から出ると宇宙から地球へ真っ逆さまに落下する。 '91冬の特別編 新年の挨拶 紋付袴姿のタモリが自宅のリビングで「新年の挨拶」を撮り終えた後、妻に呼ばれて外に出ると、そこには一本枯れ木以外何もない原っぱが…「どうなってるんだ」とタモリがつぶやくと眩い光とともに巨大な『世にも奇妙な物語』のオブジェが目の前に現れる。 それを見たタモリは「どうやら私は、『奇妙な世界』からやっぱり抜けられないようですね」と一言。 '92春の特別編 検問 とある国の検問所。 そこに貼ってある「指名手配犯」のポスターにはタモリの写真が載っている。 そこにパンク風の若者が乗った一台の車がやって来て、検問をパスする。 車は人気のない場所に停まり、若者が顔の顎の部分に手をかけると、それは「変装マスク」であり、変装を解いていく中でダッシュボードに隠してあったサングラスをかけると、そこにはタモリが…そう、検問を抜けるために若者に「変装」していたのだった。 そして「お久しぶりです」と告げ、テーマ曲が流れる中、「どこか」へと走り去っていった。 '92冬の特別編 カップルと家族 カップルと家族がテレビを見ている。 しかし、チャンネルも変えられず、音声も無音のまま。 その様子を映したモニターの隣にタモリが立っており、「これはとある国の実験で、互いが互いの様子をテレビの画面越しに見ていて…」と説明。 つまり、彼らは気付かない間にお互いを見ていたのだった。 その説明をするタモリが徐々に「戦争」の話をしだした途端に画面が切り替わり、『荒廃した世界』の中にある崩れた建物の真ん中に置いてあるモニターとそれを見ている。 そう、このモニターに映るものもまた、互いの『世界』を見ていたのだった。 '93真夏の特別編 国境 越境しようとする「とある人物」をとらえるために国境付近で待ち伏せをしている警官たち。 しかし、何者かに襲われて越境を許してしまう。 襲われた警官たちの乗っていたパトカーの中にはあの「黒猫」が…そう、タモリが再び「この世界」に帰って来てしまった…。 '94冬の特別編 念写実験 「念写実験」を行っている女超能力者とそれを見守る男性研究員とテレビ局の取材クルーたち。 「念写」が成功し、カメラから取り出した写真を見た女超能力者は怯え、様子がおかしいと感じた男性研究員はその写真を見て驚愕する。 その「写真」には「歪んだタモリの顔」が映っていた… '94秋の特別編 4つの電球 「この4つの電球のうち1つだけに気を集中してください」のナレーション。 4つの電球をしばらく見ていると、右から2番目の電球が破裂する。 '95冬の特別編 醜い顔(の同名エピソードが原型) 整形手術を終えた女性が包帯を取り手鏡を見ると、そこには美人になった自分の姿が。 しかし、女性はなぜか号泣する。 「失敗だ! 」と叫ぶ医者たちだが、その顔は、「怪物」の顔だった… 15周年の特別編 山田祭り 山田という男性()がある日の朝カレンダーを見ると、今日の日付の所に「山田・祭り」と書かれている。 そして家の外には、たくさんの人が山田をはやし立てて迎えてくれた。 山田は調子に乗って「俺が山田だ! 」と言ったり、胴上げされたりするが、その後地面に落とされてボコボコに殴られる。 カレンダーに書いてあったのは、実は「山田 血祭り」(「・」を拡大してみると「血」という文字)だったのだ。 トイレっと(「レストランのトイレ」のリメイク) 急いでトイレに駆け込む男()、しかしトイレは掃除中。 清掃員のおばさん()は「トイレは使用禁止なの」と言うが男性は無視して「使用禁止」のトイレに入った。 男が用を足したあとに洋式便所のレバーを回すと、突然トイレから悲鳴が…心配になって駆けつけた清掃員のおばさんは慌ててドアを開くと、男がトイレに流されているのを見てしまう…。 痛覚(「人差し指を当ててください」のリメイク) 「この黒い点に人差し指を当ててください」というナレーションの後に(視聴者側が)黒い点に指を当てると、そこから血が滴り落ちてくる。 運命の赤い糸(1991年2月21日放送の同名作品とは別物) 自分の小指に結ばれている運命の赤い糸が見える事に気付いた男性()が、その赤い糸を追っていくと、糸の先は刑務所の中へ続いていた。 刑務所への侵入を試みる男性だが、すぐ警察に捕まってしまう。 その横を、赤い糸が結ばれた、今出所したところである女性()が立ち去っていった。 サイコキネシス(「4つのモニター」のリメイク) 4つの人形があり、じっと見つめると左から2番目の人形が爆発する。 リモコン ビデオを見ている主婦・瑛子()の前に、小学生の娘()が来たので画面が見えなくなった。 見逃した部分を見ようと主婦がリモコンの巻き戻しボタンを押すと、娘が赤ちゃんになってしまった。 慌てて早送りすると、今度は高校生ぐらいになってしまった。 その後少し巻き戻しをして元に戻し、事無きを得た主婦は、このリモコンを美容に役立てる事にし、まず自分を若返らせた。 そしてその後は、美容店を開き、女性を若返らせる商売を始めて大成功を収めた。 占い 運勢を見てもらっている女性()に、占い師()が「あなたの一番身近な人に不幸が訪れます」と言う。 次の瞬間、UFOが女性の目の前に墜落し、占い師が死んでしまった。 オセロ 5人がけの椅子に、左端に長髪の人物、その隣3つに3人のはげた人物が座っていた。 そして右端の空いている椅子に別の長髪の人物が座ると、3人のはげた人物に髪が大量に生えた。 彼もまた 火事で逃げ惑う人々の中で、消火に駆けつけた消防士(、)は全身緑色の人物が逃げるのを目撃する。 ふと見ると、非常口のにある緑の人の絵がいなくなっていた。 横断歩道(「底なし沼」のリメイク) 横断歩道で遊ぶ子供達、偶然通りかかった子供・健二()の祖父()が「何しているのか?」と尋ね、「探検している、黒いところは底なし沼」と言うが、祖父は「道で遊んではいけない」と注意しようとして黒い場所に足を踏み入れると、子供の目の前で祖父が底なし沼に引き込まれる。 偶然通りかかった後ろの小学生も引き込まれ餌食にされた。 2006秋の特別編 超能力研究 男()がスプーンを念力で曲げようとしている。 しかし、曲がらない。 研究員に呆られながら念力を出し続ける男。 しかし、窓の外では徐々にが曲がっていた。 箱庭(「ドールハウス」のリメイク) 部屋の中にいる女の子。 父親が彼女のためにドールハウスを買ってきたため彼女は喜んでドールハウスの屋根を持ち上げて中を見ていると突然彼女の家の天井が明るくなり、見知らぬ女の子が彼女たちを見ていた。 オブジェ(『作品56「ボタン」』のリメイク) とある美術館。 怪しげな男()が館内をうろうろしていると、「ボタン」という名のオブジェを見つける。 そのオブジェに興味を持った男は「注意書き」を無視して「ボタン」を押すと、男の後にきたカップル(、)がある作品に興味を持っていた。 その作品は「ボタンを押す男」。 さっきの男がそのまま石膏化してしまったのだった。 拡大コピー(「コピー機」のリメイク) 残業している課長()とOL()、課長が「拡大コピー頼む」と言い資料をOLに渡す。 OLはコピー機に向かったがコピー機は壊れていたため「コピー機壊れている」と言うが、課長は聞かずにOLにコピーをさせた。 すると「やっぱりコピー機壊れている」と言うOLに何か言おうとした課長は驚愕。 OLの身長が頭が天井に付くくらいに巨大化していた。 「拡大」されたのは資料ではなくOLだったのだ。 20周年スペシャル・秋〜人気作家競演編〜 記念日 とある国の国道に停めてある1台の車、それには2人の男女が何やら話している。 女が「今日は何の『記念日』か覚えてる?」と男に尋ねるが、男は覚えていないのか返答に困っている。 そんな最中、地面が強く揺れだしたかと思えば、2人の乗る車の真横に巨大な隕石が落ちる。 2人が車を降り隕石をみるとそれには『世にも奇妙な物語』の文字が書かれ、また、2人の元に足音が近づく。 隕石に書かれた「文字」と謎の足音に慄く2人の目の前にタモリが現れて一言、「20周年の『奇妙な世界』へようこそ…」(ちなみにこの短編では「20周年」になぞらえて国道の標識(ルート〜)、車のカギについているキーホルダー、ドリンクホルダーに入っているドリンクのラベル、2人の記念日の年数のすべてに数字の『20』が振られている《ルート20や「2人が知り合って20年目」など》) '14秋の特別編 インターホン 部屋のインターホンが鳴り、画面を見る女性()。 始めは何も映っていなかったが、突然白い服を着た髪の長い女()が映り、次第に画面に近付いてきて、最終的にはインターホンの画面から出てくる。 女性は恐怖を感じて叫ぶが、髪の長い女はインターホンの画面に合わせたミニサイズだった。 シャドーボクシング ロードワーク中の男()が立ち止まり、軽い柔軟運動をしていると、壁に映った彼の影はシャドーボクシングを始める。 彼が影に向かって「もう終わった? 」と声をかけると、影が壁から出てきて彼を殴り倒し、そのまま走り去っていった。 クリームソーダ 喫茶店で、男()が女()に浮気をしたことを謝る。 その後、テーブルの上のクリームソーダを二人で飲み始めるが、最終的に女がストローで彼も一緒に吸い込んでしまった。 捨てられない女 自室に男()を招いた女()。 部屋には色々なものが雑然と置かれていたが、それは女曰く「捨てられない」からだという。 女がコーヒーカップを取ってくるために奥の部屋に行く。 そして女が出てくると、その部屋には十数人の男がいた。 標識 酔っ払って千鳥足で歩くスーツの男性二人組(・)。 傘を振り回していると、の標識に当たってしまう。 彼らは酔っ払いながら標識の人型に謝りその場を立ち去るが、その後標識の男性の人型から大量に鼻血が噴き出る。 男性の人型はハンカチで鼻血を拭き取り、再び子供の人型と手をつないだ。 25周年記念! 秋の2週連続SP 傑作復活編 ががばば '16秋の特別編 ずっとトモダチ LINEいじめがテーマ。 に耐えかねて自殺した女子高校生。 で友達登録していたがいじめっ子3人に復讐する。 '17春の特別編 ノック 面接を前にして腹痛でトイレに駆け込んだスーツの男()だったが、あいにく個室はどれも閉まっていた。 1つ目のドアを2回ノックすると、2回ノックの音が、2つ目のドアを2回ノックすると、「入ってます。 」と返事が返ってきた。 最後のドアを3回ノックすると、「どうぞ。 」と、返事が。 不思議に思った男だったが、「失礼します。 」と言って、個室の中に入って行った。 赤 「宇宙一赤いトマトジュース」のイメージキャラクターに起用されたカズ()だったが、そのトマトジュースの赤さを見ているうちに気持ち悪くなってしまった。 口紅、消火器、女子トイレの赤にも耐えられなくなった彼は男子トイレに駆け込み、自分の赤い服をも脱いでそのまま出てきたところ、カズの異変に気づいたなっちゃん()が彼に近づいてきた。 しかし彼女はトマトのキャラクターのコスプレをしていた。 周りの赤から力の限り逃げるカズだったが、とうとう階段から転げ落ちてしまう。 倒れ込んだ彼の眉間からは血が流れてきたが、その色は真っ青であった。 彼らのしりとりにはテーマ毎の「縛り」があり、家族の中で一番しりとりが苦手な父が答えられず苦悩する。 '17秋の特別編 写真 ナレーション(声:)とともに薄気味の悪い写真が出てくる。 視聴者がナレーションの指示の従っていると……?(「視力検査」オチと「目の体操」オチの2パターンを放送) 交換 スマホアプリのを使い、互いの顔を交換して楽しんでいる寛太()と泉()。 突然寛太が泉に「ねぇ、マジのやつやっていい?」と持ちかけ泉は二つ返事で了承してしまう。 そこへ偶然通りかかった友達()が二人の顔を見て驚いた。 二人は声はそのままに本当に顔が入れ替わってしまったのだ。 ががばば 新章 フジテレビを訪れる男。 というのも、久慈は行方不明になった沙織に瓜ふたつ。 男は取り押さえようとする警備員を押しのけ、待っていた車に乗り込む。 そこには、沙織の友達のエリと多香子、そしてなぜか刑事が待っていた。 ポニーテール ミキ()と一緒に大学内を散策していたマイ()。 マイは「恋が叶う」という噂から髪型をポニーテールにしたのだが、突然そのポニーテールが後ろに引っ張られた。 「もしかして恋?」と思い前に目を向けるとそこには学友の山田()が。 山田がマイに気づき、向かってくるにつれてポニーテールは強く引っ張られ、しまいにはマイは「もう無理!」と叫びながら後ろに飛んでいってしまった。 女子力 ビルの屋上から落ちそうになったユキ()の腕を片手で懸命に掴み、助けようとしている綾子()。 しかし、何故か二人はお互いが身につけている靴や服を褒め始める。 その中でユキが綾子のネイルを褒めた時に、綾子は自分のネイルを見るために掴んでいた手を離してしまいユキはそのまま下へ落ちてしまった……。 '18春の特別編 城後波駅 2018年3月25日に放送終了した『』。 とは慰安旅行に出かけたが、その道中でぱったりと姿を消してしまう。 二人を探し出すドキュメンタリーを撮りたいと考えたディレクターの岸本()は、元番組担当プロデューサー・武田()に失踪した二人の状況を聞き出し、二人が送ってきた最後の動画を見せてもらう。 その動画でとある都市伝説について話していたガチャピンとムック。 岸本は二人を探し出すべく二人が最後にいた現場、"久津々西駅"へと向かう。 すると目の前に、時刻表にない電車が現れた。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の

『世にも奇妙な物語2019年春の特別編』の放送日程はいつか【最新・予想・例年の傾向】

世にも 奇妙 な 物語 2019 春

もくじ• 「世にも奇妙な物語 2019年6月放送の雨の特別編」の「永遠のヒーロー」のあらすじとネタバレ 郷ひろみ、『世にも奇妙な物語』初主演 戦隊ヒーローに挑戦「変身にちょっとした憧れ」(写真 全9枚) — ORICON NEWS(オリコンニュース) oricon 「世にも奇妙な物語 2019年6月放送の雨の特別編」は、2019年6月8日21時~フジテレビ系で放送します。 世にも奇妙な物語は、毎回オムニバス形式で、短編ドラマが3話~4話放送されます。 郷ひろみが「レッドライガー」に変身 今回の2019雨の特別編の中で、注目される「永遠のヒーロー」で、郷ひろみさんと上白石萌香さんが親子役をします。 時代設定は、遠い未来・・・科学の進歩で改造人間技術が発達した世界で、人体の能力を最大限まで引き出せるようになっています。 その技術を悪用する怪人が現れて、市民の生活と安全を脅かすようになっていました。 緊急事態に備えて、日本政府は警察庁内に外部機関として怪人対策室を設置します。 最新科学技術を駆使したヒーロースーツを開発し、怪人たちに対応しています。 大場博人(郷ひろみ)は、怪人検挙数トップを誇り、活躍している「レッドライガー」怪人対策室の警部です。 刑事のような仕事ですが、変身して、日々、さまざまな怪人たちを撃退し、世界の平和を守っています。 娘の亜希を溺愛する大場博人! 仕事が忙しすぎて、溺愛する娘の大場亜希(上白石萌香)となかなか会えずに、テレビ電話で会話することだけが毎日の生き甲斐となっていました。 来年は、定年になるので、娘とゆっくり暮らせると思っていた時に、怪人・マスターカイザーから世界を揺るがすテロ予告が届いてしまう…。 怪人・マスターカイザーに勝利して、無事に定年退職を迎えられるのか? 娘の亜希(上白石萌香)と暮らせる日が来るのだろうか? タイトルの 「永遠のヒーロー」とはどういう意味なのか? 予想を超える奇妙な結末になっているとプロデューサーが語っています。 スポンサーリンク 郷ひろみの年齢・プロフィール 明日7日、フジテレビ「ノンストップ」(9時50分〜)に出演します。 若々しい郷ひろみさんが戦隊ヒーロー役をするのにも 違和感がないですね! さすがに、変身してからの「レッドライガー」は、アクション俳優が演じるようです! でも郷ひろみさんは何歳なの?と思いますね! 郷ひろみさんの年齢は、63才で、1955年10月18日生まれです。 (2019年5月現在) ちなみに福岡県出身で、身長は178㎝、血液型はA型です。 還暦を過ぎてますが、若々しい! 1971年に銀座でスカウトされて、ジャニーズ事務所に所属していました。 大河ドラマ「新・平家物語」で俳優デビューしてから、「男の子女の子」で歌手デビュー! デビュー47年目で、ドラマの出演は2017年のTBSドラマ「LEADERSリーダーズ」(佐藤浩市主演)以来です。 姉妹とも似てますが、並ぶと違いますね! 【 ・ 】 現在発売中の「週刊文春」<原色美女図鑑>に、上白石萌音と上白石萌歌のインタビューが掲載中です!! ぐっと大人っぽい雰囲気が漂うグラビアとともに、姉妹共演を果たした映画「羊と鋼の森」のことなど、たっぷり語っています。

次の