うる とら ブギー ズ キング オブ コント。 うるとらブギーズとは

KOC準優勝のうるブギが初のルミネ単独! 10年分の濃いネタ放出

うる とら ブギー ズ キング オブ コント

この記事は2019の決勝の感想文を書いているため、 シャレにならないくらい2019の決勝ネタバレをしているので、録画や配信を見ていない人はさっさとブラウザバックしましょう。 今年は前文なしです。 その分後ろの総評が2倍あります。 「催眠術」観客に催眠術をかける男、しかし選んだ観客が「他人が喋ると同時に喋ってしまう」という癖の持ち主で…。 催眠術という設定以上に観客の奇癖が主軸。 ただ「催眠術で癖を治しに来た」というドラマ性も取り入れているのが良い。 また、多くの観客のセリフを「そういう癖を持った人」に言わせるシステムで分からせるのも良かった。 「あんたに言ってんの!」、「遊ぶのは良くないと、思います」と、システムを使い切る台本、練習量のいるシステムを大舞台でこなす技量、ともに完璧だった。 「野球部」女性マネージャーが夜遊びしている、という噂を聞いた。 早速その話を別の部員にしたところ、その部員とマネージャーが付き合っていて… 追い込まれていくのコミカルさを軸としたネタの多いトリオ。 このネタもそうなのだが、「身から出た錆」を体現する自滅ぶりなので、悲壮感は皆無。 むしろ、相当口の軽いアホである。 しかし、のビジュアルのおかげで、憎みきれず、追い込まれていく面白さがどんどん立っていく。 そして、ボソッという一言が面白い。 「何か俺、言っちゃって〜」「武器持ってた…」「間違えた…」など、のコメディアンとしての表現力が活字以上の笑いを生み出していく。 モンスター化してからの「本当は…バスケがしたかった…」という粗すぎるボケ含めの真骨頂だったと思う。 「タクシー」。 今時、あまりにもベーシックな「変な運転手にツッコミ入れる客」のコント。 一個のひねった設定を掘り下げるタイプのコントも好きだが、「トランペットにヘチマが詰まっていたんで返金しに行った」なんてワードは、そういうタイプのコントじゃなかなか出てこない。 そんな自由奔放なコントと思わせて、中盤から衝撃の展開に。 そういえば、「コントってのは、ボケの人が何でそういう言動をするのか説明がつかないといけない」って聞いたことあります。 大オチ、「自分と似た人がいたからタクシーに追わせる」という絶妙な共感できなさ、ここも何かっぽくてよかった。 「知らない街」。 知らない街に来た男女が出会う。 「上だけ見て歩いてたら知らない街に来ちゃった」という第一声を筆頭に以上にれた設定で、無秩序なボケが生み出され続ける展開…かと思いきや、中盤BGMが流れ出し、しっかりとした「軸」が生まれる。 何を食べてたら、こんなシステム、こんなネタを思いつくんだろう。 「サン!」「デー!」「マン!」「デー!」のシステムズラしも巧みだった。 お笑い見て、 ちょっと新しすぎるぜ… って久々に思わせてくれました。 ありがとう、ありがとう。 「野球部」。 うるブギ同様、シチュエーションではなく、福徳の声のシステムがネタになっているコント。 あれほど凄い現象を「周波数」の一言で済ましてしまうのが凄い。 境界線で日本語と英語を切り替えるシステムを演じる力量もさることながら、システムを過信せず、溺れることなく、展開を用意しているのもさすが。 「天井が錆だらけで…」から始まる無意味な日本語が飛び出す展開もいいが、シンプルな「ふざけてるやん」がまた最高。 オチも何かを舐めている感じがしてっぽい。 こんな大舞台であんなダジャレで終われる?• どぶろっく 「女神」。 母親が不治の病に冒された男の元に女神が現れる。 「願いを一つ叶える」という女神に男がした願いは…。 大きくフってイチモツ、そりゃ面白いし、被せたら被せただけ面白いですよ。 ただ、これが500点中480点でいいのか?というと、う〜〜〜〜ん………と、ならざるをえない。 ももも芸歴を散々重ねて、終着点はイチモツでいいのか?う〜〜〜〜ん………まあ、ただ、めっちゃ笑ったかめっちゃ笑ってないかでいうと………• 「プロポーズ」。 プロポーズをしようと花束を買ってまで喫で待った男。 最初、システムが分かりにくかったが、そこは彼らの表現力と日めくりカレンダーの気配りでしっかりと乗り切った。 まあ、もう少し大きいカレンダーでも良かった気はするけど 個人的には、最初ループものかと思ったのは秘密。 全部見せると丸一日かかるものをハイライトで見せる、ショートコントなのに繋がっている。 まさに新感覚、大発明としか言いようがない。 ただ、「もっと見たい」ってところで終わってしまった感。 尺が定まっているから、暗転を挟みまくるとは悪くなっちゃうのかなあ…。 あと、後ろの日めくりカレンダーが「21日の土曜日」なのがらしい気遣いで良いよね。 みたいで。 「女芸人」コンビ結成したての女芸人が、彼氏に相方を連れてきてネタを見せる。 そのネタがブスイジリで…。 安直な女芸人のブスイジリへの皮肉にも見えるが、ブスをイジることそのものの善悪に目は向いていない。 女芸人が安直にブスキャラと扱われることへの皮肉なのか、しかし、「安直に」というのが肝なのかもしれないし、そもそも皮肉でもないかもしれない。 ホログラムみたいに、見る人の角度次第でどうとでも見えそうなコントである。 この、ストーリーを重視しすぎないバランスに技を感じずにはいられない。 突然「市役所」が出てくるセリフ回しも良かった。 「記者会見」不倫の会見を行う芸能人。 彼は腹話術師で…。 設定の一貫したシンプルさはらしい。 しかし、とんでもない設定を思いついたものである。 あくまでも一人芝居というに近しいものとして腹話術に目をつけた時点でほぼ完成されたようなコント。 人形の雰囲気も怖いような愛らしいような感じで絶妙。 後ろを向いた男に対し、「お前だよ!」ってボケが人形のお陰でちゃんと笑えるものになるというのは一つの発見であろう。 「興奮して立っちゃう奴はバカだ」と人形が大人の説教をするギャップも、「結局腹話術じゃん…」という思いと複雑に絡むすごい設定。 腹話術を生かした終わり方まで全部最高だった。 シチュエーションはなかなか個性的だが、「変な店員と客」というベーシックコント。 彼らの初決勝進出時の「コールセンター」などに見られる、のメインウェポン。 掴みの速さ、手数、店員がジャンプするという印象付きやすい後半の展開、と賞レース向きの作りになってはいるが、どうしても「ベーシックすぎるコント」の域は脱せず。 10組で最下位決めるなら…という目線で見てしまうとどうしても妥当な結果な気はする。 面白いけどな〜…。 ここから2本目• 「泥棒」。 して部屋に侵入したら家主がいた。 話を合わせて乗り切ろうとする。 初期の代表作「嘘つき通す奴」を彷彿とさせるネタで、としてはややベタ寄りのネタではある。 最初に嘘をついた泥棒がどんどん気味悪くなっていく逆転も、としてはどうしてもベタすぎる。 ただ、演技力・表現力は目を見張るものがあり、まさにらしいネタになっていた気もする。 そして、最後のオチ、あれは何だ。 ああいうことはでやりなさい。 「実況」。 仕事を忘れ仲良く話す、実況と解説の2人。 話し込んでいる間に試合は展開し…。 その昔、は「面白いと楽しいは違う」と思っていたそうで、実際友達と話している時なんてのは、楽しく笑っていても、よーく考えると面白くはないもの…。 そんなわけで、このコントの笑いどころは言うまでもなく、「本来まじめにサッカーを実況解説すべき人たちが、サッカーそっちのけで不毛な雑談をしている」というところな訳だが、その不毛さが本当に絶妙も絶妙。 「百歩譲ってね、ならわかるんですよ」「下から読んだらコンバンハ。 それならよかった」いやー、この面白くなさ、不毛さ。 そして、楽しそうな雑談の演技が上手い! あと、「ゴォーーール!!!…嘘でぇぇーーーす!」これはもう白眉でしたね。 どぶろっく 「女神」。 斧を池に落としてしまった木こり。 そこに女神が現れる。 「私が落としたのは鉄の斧です」と正直に言った木こりに女神が授けようとしたものは…。 完全に1本目の被せ。 準決勝を2回やっているけど、準決勝で被せ成立させたら2回ウケて勝てるっていうはどうにかならんのか。 ならないから、ゴールデンで2回もイチモツ連呼されちゃうんだろうな。 1本目と評価はあまり変わらない。 「どこが面白いのかわからなかった」とかは全くないので優勝に異論はない…はずなんだけどねえ…みたいな感じ。 これも、1本目でも言えることだが、尋常じゃない大きさのイチモツを出そうとしてるのは面白い。 2度とギター弾けなくなるぞ。 総評 はっきりいうとハイレベルに団子な戦いだった。 まあ、どぶろっくは競技が違うのでレベルで比較できないところがあるけど。 しかしまあ、「メンバーかな?」とか「と両方いる?片方でよくない?」とか「5人って少ねえな」とか言われていた審査員の偏りが変な方向に出た優勝ではあるかな、と。 元々2015年以降、コロチキやライスの優勝、ロッチ準優勝から、天丼がウケがちというザックリした傾向はあったが、5人の好みは結局「イチモツの天丼」というのがはっきりしてしまった。 こうなると、次は決勝ステージでウンコ漏らすような奴が現れまくるかもしれない。 そういえばライスはおしっこ漏らして優勝していた気がするし。 とにかく、審査が偏っているとずーっと言われているのに改善せず放置した結果がイチモツ優勝だと思うので、次回はどうか審査員を集めてほしい。 でも、KOC終わるたびに審査員の株が下がるのを見ると難しいと思わざるを得ない。 審査はどぶろっくがさすがに高すぎる感あるのと、うるブギの1本目がそこまでハマらなかったのと、逆にのどんでん返しは結構自分にハマっていたの以外はわりかし妥当だった気がする。 まあ、妥当も何も446点で団子作っていたような気もしますが。 あと、審査傾向でいうと設楽だけに高得点だったのが興味深かったですね。 というのも、彼は2017年のアキナ バイト休憩 にも一人だけ高得点だったんでね。 音楽をかぶせるショートコント好きなのか。 なんとなくどちらも、感あるのはわかるけど。 あと、審査員もファイナリストも紹介VTRも平場で楽しそうだったりボケ倒したりするのはいいね。 のクレイジャーニーイジりや、名前テロップのSEに驚く審査員に始まり、お守りをカバンに入れて置いてきてしまったうるブギ八木、脱落になるかどうかの瀬戸際で「お笑いのある世界に生まれてよかった」と思っていた水川、無駄に満面の笑みで「ノビノビできたら最高です!!!!」の後藤、ネタ後に2015年のの2本目のボケを入れ込んでくる 、イジリをナイツ、ブラジャーに始まりガンガンボケをていくわらふぢ、そして何よりも、「喋ってる人と一緒に喋ってしまう」という1本目のネタを2本目前まで引っ張り続け、2本目への期待感を煽ったうるブギ。 単なる羅列になってしまったが、こういうのが見れるのはKOCという多くの芸人が集まる番組だから起こることだと思う。 いやー、楽しかった。 あと、観客ね。 観客はなかなか良かった。 のタクシー運転手だったり、腹話術人形を持っているだったり、ちょっと変わった見た目で笑う軽さはどう出るかと思ったけど、重いより100倍マシだし、の飛び降りくらいでしか悲鳴上がらなかった点も優秀だった。 素晴らしかった。 観客集めにおいてはいい仕事したぞ、KOC運営。 ここで褒めとかないと褒めるところないからなKOC運営。 二度とジジイに結果発表ってがならせるなよKOC運営。 もう少し色々頑張れKOC運営。 最後は運営の悪口になっちゃったけど、でもKOC自体は何だかんだ言って好きです。 最高でした。 良かった良かった。 うるブギ売れてほしいな…あと、も…。

次の

KOC準優勝のうるブギが初のルミネ単独! 10年分の濃いネタ放出 | ガジェット通信 GetNews

うる とら ブギー ズ キング オブ コント

うるとらブギーズについて うるとらブギーズは 「キングオブコント」で 準決勝まで進出したことがある 実力派コント師で 八木崇さん 佐々木崇博さん のコンビです。 ちなみに 今まで出場した 「キングオブコント」は 2014年と2017年で いづれも準決勝進出です。 うるとらブギーズはどんなところが演技派? 演技派芸人として 紹介されたうるとらブギーズですが どんなところが演技派かというと バカリズムさん曰く 「笑っちゃう演技ってすごい難しい」 「本気で笑ってるんじゃないの?って思えるレベルまでやってる」 とその演技力を絶賛しています。 つまり あれって、演技? と思わせる演技ができるってことですね。 確かにコントを見てて 本当に笑っちゃってるんじゃないの? って思ってしまいました。 流石です。 うるとらブギーズのネタ動画は? そんな気になるうるとらブギーズのネタ YouTubeに上がっていました。 管理人 :えぬし こんにちは、管理人のえぬしです。 最近話題のテーマを中心に「そんなことまで!?」といったマイナーなネタまでかゆいところに手が届くような記事を目指していきます! アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

KOC準優勝のうるブギが初のルミネ単独! 10年分の濃いネタ放出

うる とら ブギー ズ キング オブ コント

10月9日 水 、16日 水 放送の「冗談騎士 ナイト 」 毎週水曜夜11:00-11:30、BSフジ に、GAG、ゾフィー、河邑ミクが登場する。 同番組では、年末に行われるユニットコントの頂上決戦「冗-1グランプリ」への出場権を懸け、月間チャンピオンを決める戦いが繰り広げられている。 毎月、3組の芸人たちが同じ事務所の芸人とチームを組み、お題に沿った2本のコントを披露。 MCの鈴木おさむに選ばれたチームが月間チャンピオンに輝く。 今回は、GAGがうるとらブギーズ、ゾフィーがポンループとあぁ〜しらき、河邑が森本サイダーと駆け抜けて軽トラとユニットを結成。 「WEBザテレビジョン」では、その中から、GAGの坂本純一、福井俊太郎、宮戸洋行にインタビューを実施。 うるとらブギーズとのユニットコントや、「冗談騎士」の前身である「冗談手帖」に出演した時のこと、そしてキングオブコントという大会に懸ける思いなどを聞いた。 キングオブコントの決勝を控えているかもしれない中での収録ですが、今は「冗談騎士」に集中しています。 宮戸:昨日も5人でこのネタの稽古をしましたから。 福井:かなり力が入っています。 今回の方が、5人が一体になっている感じがしました。 福井:佐々木 崇博 くんに対しては、必要以上にしてしまった気がします。 彼はたぶん嫌がっていると思います。 言われたことをそのまま 笑。 坂本:あと、佐々木くんと福井くんはプライベートでも仲が良いので、言いやすいということもあると思います。 それがあるから逆にきつくなって、佐々木くんは傷ついていましたね 笑。 言わないでいいことも言っていたりとか。 福井:前回のネタ合わせでも、僕が演技に対して言っていたんですけど、うわさによると佐々木くんのお母さんが放送を見て、「福井さんってどんな子なん?」って聞いてきたらしいんですよ 笑。 宮戸:大人になってからはなかなか聞かんせりふやね。 福井:お母さんには申し訳ないことをしているんですけど、仲が良いからこそです。 坂本:あの頭は僕が作りました!なんとなくね、「これ、すぐできるな」って、僕くらいになると分かるんですよね〜。 宮戸:芸術家のテイストで言うてるやん。 福井:ほんで10メートルくらい離れてる人に喋ってる。 坂本:小道具は、3人のネタでも僕が作るので、今回も僕が担当しました。 福井:結構リアルを求めるところがあって、僕が演じたキャラクターの髪の毛もリアルにしようとしすぎて、前髪が1本、僕の顔に完全に被っているものがあったんですよ。 「顔、見えへんやん」と思ったので、しれーっとむしり取って本番に出ました。 それから、ここがいいかなと、はめ合わせていく感じですね。 まあ、まだたぶん無理じゃないですかね〜。 宮戸:作れへんわ。 必要ないよ。 それから、坂本さんのネコの衣装は、「冗談手帖」に出演された時 2017年5月3日放送 と同じものですよね? 坂本:よく気が付きましたね〜!あの時もネコちゃんの格好を作っていて、それをそのまま。 今回もネコということになったので、それだったら前のやつあるよと。 坂本:そうだニャー。 宮戸:いや、いいです。 急にネコの感じ。 福井:急にネコ語で喋られても。 宮戸:ネタ中もネコ語なかったし。 他に「冗談手帖」の時のことは覚えていらっしゃいますか? 宮戸:あの時は、「リズムネタ」というお題を与えれられてネタを作ったんですけど、おさむさんに「今のはリズムネタか?」って言われて。 前回、「冗談騎士」のユニットコントでも、「特技披露やんな?今のがユニットコントなんか?」って、ことごとくおさむさんの注文を裏切っているなと思います。 福井:よく何回も呼んでくれるよな。 こんなミスばっかりしているのに。 上がっているかどうか分からない坂ってあるじゃないですか。 その感じだとは思います。 宮戸: 笑。 下がってはいないよね。 目に見えないほどの右肩上がりだと思います。 坂本:賞レースに対して、そこばかりに焦点を当ててやっていてもという考えの芸人さんが増えていますけど、福井がよく言っているように、僕らは「獲るか死ぬか」「獲るまでやる」という感じです。 福井:獲るか死ぬか…獲るか辞すか…。 宮戸:格好つけるのやめてよ。 辞すって音声でなかなか聞けへんねん 笑。 宮戸さんは、女性を演じるにあたってのこだわりはありますか? 宮戸:僕は、「アメトーーク!」 毎週木曜夜23:20-0:20ほか、テレビ朝日系 の「顔面イケてない芸人」に呼ばれたりもしているんですけど、うちのコントの世界観では、いい女性だったり美人だったりするので、できるだけ見ている人に「いやいや、ブスやないか」と思わせないように、動きなどでカバーしようと思っていますね。 僕らの演出家の方が女性なので、その方に立ち方とか座り方、表情とか手とか、あと、そういうキャラクターの女性はこう動きますということを教えてもらっているんです。 宮戸:その方に「女性が普通に歩くように」とかも言われるんですけど、女装をするまでは、女性がどう歩いているかも分からなかったので、街で女性をよく見るようになりましたね。 女の人って、ああいうふうに電車では座るんやとか。 だいぶ周りから見たら不審者やとは思うんですけど 笑。 福井:見られている人は怖いよね。 宮戸:それから、最近は、女性芸人と楽屋で喋るときに、メークを見たりするようになりました。 チークの位置、ここなんやとか。 劇場に出る時は、ほぼ自分でしています。 福井:だから、最近、ネタ合わせもメーク室でやることが多くなりました。 長いことメークをしているので、僕らがその後ろに行って、「じゃあネタ合わせしようか」と。 ゾフィーは、前の収録の時にも一緒で、東京ホテイソンチームとして上田くんがネタを2本とも作っていたんですよ。 上田くんのユニットコントライブに僕が呼んでもらったこともあったので、面白いのは分かっていたんですけど、その時から、上田くんはユニットコントが得意だというイメージがありました。 河邑さんは、初めてお会いしましたが、演技がめちゃくちゃ上手でしたね。 坂本:うるブギとのこれだけだよね。 福井:うるブギとしかやったことがないです。 前回と今回と、あとは僕らの単独ライブで1回だけ。 だから、本当にいちずな感じです。 坂本:唯一無二ですね。 宮戸:どこがいいところなんや、それ。 うるブギは、二人合わさったときの人気のなさが突出しているので、見ていて笑えるものがありますね。 でも、男にはすごく人気があるんですよ。 坂本:僕は八木 崇 ちゃんと仲が良いんですけど、37歳で僕より年上なのに、高校球児くらいご飯を食べるんですよ。 宮戸:何、その情報。 福井:それもいいところかもしれないですね。 パワフルですよね。 37歳でめちゃくちゃご飯を食べるって。 宮戸:全然ユニットコントで活かせる2点じゃないな 笑。 福井:あと、哀愁というか、そういうのが二人には漂っているので、僕らとは合うかなと思うんですよね。 相性がいいというか。 福井:おさむさんが言いやすい空気を、いじりやすい空気を、うるブギが作ってくれるんだと思います。 そこもいいですよね。 福井:そうですね。 でも、たぶん、おさむさんは本気で言っているんですけど 笑。 宮戸:前回が最下位だったので、本当に汚名返上したいなという思いでやってきましたし、他の二組のネタも見ましたが、ただただお笑いファンとして楽しかったです 笑。 自分たちのネタも含め、ただただ面白い6本やったなと。 なので、見ていただきたいですよね。 坂本:なかなかないよね。 ユニットコントをがっつり流せる番組。 福井:お遊びとかじゃなくて、本気でユニットコントをやっている番組というのはここしかないと思うので、そこは確かに見どころだと思います。 坂本:あと、僕のパーマと。 福井:パーマをあててるんですよね。 そのことを言ってるんだと思うんですけど。 2カ月くらい前です。 宮戸:確かに、かけたての人のコメントですよね 笑。 (ザテレビジョン).

次の