電気 代 消費 税。 【消費税改正】電気料金等の税率等に関する経過措置について〜電気、ガス、水道、携帯料金などが対象です〜

消費税10%増税後の電気代への影響と10%適用日と経過措置を解説 | 電気料金比較ポータルサイト【エネポタ 】

電気 代 消費 税

Contents• イメージは次のようになります。 もう少し具体的に見てみましょう。 不特定多数に対して継続的な契約をしていること 電気、ガス、水道 水の供給等を不特定多数の者に対して継続して行うために定められた供給規定等に基づく条件により、長期間にわたって継続して供給等することを約するものをいいます。 例えば、プロ パンガスの供給契約で、ボンベに取り付けられた内容量メーターにより使用量を把握し、料金が確定するものも含まれます。 10月 1日~ 10月 31日までの間に料金が確定すること 電気、ガス、水道などは検針を行い、1ヶ月ないしは2ヶ月分の料金を計算することになります。 ちなみに、携帯電話の通話料なども同じ考え方です。 電気料金等の経過措置の具体例 制度の概要を説明しましたが、具体的な例があった方がイメージがつきやすいと思います。 いくつかの具体例を見ていきましょう。 定額の通話料やインターネットの通信料金 携帯の通話料や自宅のネット回線などは、使用量に関わらず料金が定額というプランも多いと思います。 このような定額制のプランの場合、検針等により料金が確定するものではないため、経過措置の適用対象となりません。 」のように利用料に応じて段階的に引き上がる場合には、その使用量に応じて料金が確定することにな流ので、経過措置の対象となります。 マンションの大家さんが受け取る電気料金や水道料金 マンションによっては、光熱費込みの家賃設定になっている場合もあると思います。 (私が大学時代に一人暮らししていたマンションは水道が定額制でした) このような大家さんが光熱費を入居者に対して請求する場合は、「不特定多数に提供する」という条件を満たさないため、経過措置の対象とはなりません。 ただし、 大家さんが電力会社などに支払う光熱費は「不特定多数」という条件を満たすので、経過措置の対象となります。 11月以降に初めて検針がある水道料金 水道料金の検針は2ヶ月ごとというのが一般的ではないかと思います。 このように、10月31日までの間に一度も料金が確定しない場合の取り扱いは次のようになります。 まとめ この経過措置は電気料金だけでなく、通話料や通信料金など、身近な支出にも影響するものです。 事業者は事業用の光熱費や通信費の消費税の切り替えのタイミングを正しく把握して、消費税の処理の間違いがないように注意する必要があります。 通信費などでは対象になるもの・ならないものがありますし、携帯料金は通話料と分割払いの本体料金、オプション料金などが合算して請求されることになります。 きちんと処理しようと思うと、明細をきちんと見ないと分からない、ということになります。 面倒な部分もありますが、きちんと処理できるように気を付けましょう。 関連記事 消費税改正関連の記事をまとめています。 こちらも参考になれば幸いです。

次の

【消費税改正】電気料金等の税率等に関する経過措置について〜電気、ガス、水道、携帯料金などが対象です〜

電気 代 消費 税

宮城県の工場と考えたい電気代と消費税について 2019年9月17日 公開 カテゴリー: 宮城県について 宮城県は、東北地方の南東部に位置する県です。 県庁所在地は仙台市となっています。 東側は太平洋に面しており、西側は奥羽山脈に接しています。 平野部では稲作の他に、イチゴやナシなどの果物の栽培も盛ん。 また漁港も多くあり、特に気仙沼漁港、石巻漁港、塩釜漁港など、複数の漁港があり、様々な魚が水揚げされています。 製造業などでは、それら水産物を加工する水産加工業が多くあります。 臨海部には石油・鉄鋼・製紙などの素材型工業が集中しています。 内陸部では電気機械や電子部品、自動車などの加工組立工業が多くあります。 しかしどの産業も、2011年の東日本大震災により大きな被害を受けました。 しかし震災からの復興もだいぶ進んでおり、様々な起業の誘致などが進められています。 地元企業と連携して、宮城県はますます発展していくことでしょう。 そうした宮城県の工場の皆様と考えていきたいのが、電気代と消費税についてです。 10月となると、もうまさに目の前ですね。 そして消費税は電気料金にも適用されるのかどうか、となると……これは当然ですが適用されます。 もしお手元に電気料金明細書をお持ちでしたら、是非確認してみてください。 「消費税」の項目が、明細書に必ず記載されているかと思います。 今回の消費税では、軽減税率が導入される事が判明していますが、軽減税率の対象となるのは食料品や新聞などと非常に限られております。 そして電気代には残念ですが、軽減税率は適用されません。 電気会社を変えれば税率が変わる、というようなことも一切ありません。 消費税が上がれば、それに伴って電気代が値上がりする事は確実です。 そうした中、どうすれば少しでも電気代を下げることが出来るでしょうか。 電気の大量消費者である皆様にとっては、一番興味あるところだと思います。 電気代を値下げする最も確実な方法は、すでにこの「工場電気ドットコム」で何度もご紹介をしていますが、「新電力に切り替えて電気代基本料金を値下げする」方法だと言えるでしょう。 電気代基本料金を値下げすることで、電気代全体を値下げする事が可能となります。 という事は消費税分の値上がりは、ほぼ値下げでカバー出来る、という事になるわけです。 しかしこれはあくまでも概算です。 実際にはなかなかそうは上手くいかないかもしれません。 もちろん逆にもっと大きく値下げが可能になるかもしれません。 より詳しい値下げ幅を知りたいという方には、お見積りをご提出させていただきます。 お見積りは無料にてお出しいたしますので、どうぞお気軽にご連絡ください。 電気料金は、固定費用です。 毎月必ず必要になるものです。 そして製造業や工場の方であれば、毎月大量の電気を使っています。 ですので、消費税増税の影響を他業種よりも大きく受けやすいと言ってもいいでしょう。 しかし電力自由化により、いまや電気代は安いところを自由に選択することができるのです。 地方電力会社にこだわっている必要は、全く無いと言ってしまっていいでしょう。 であれば、自由に選択できるということを最大限利用して電気会社を切り替えるのが、最も賢いやり方だという事になります。 工場電気ドットコムでは、皆様の電気代についてのご相談やお問い合わせを、無料にて受け付けております。 まずはお気軽にご連絡ください。

次の

消費税法等改正に伴う電気料金単価・ガス料金単価等の見直しについて|関西電力 個人のお客さま

電気 代 消費 税

光熱費は、2019年10月1日から消費税10%にならない 消費税率が2019年(令和元年)10月1日より8%から10%になりました。 電気代、水道代、ガス代も当然、消費税率が上がります。 これらは、検針がありますので、10月1日使用分から消費税10%になるのではありません。 それでは、電気代、水道代は、いったいいつから消費税10%になるのでしょうか。 そして、具体的な経理処理はどうなるのでしょうか。 電気代、ガス代、水道代には消費税経過措置が適用される 2019年(令和元年)10月1日以後に事業者が行う消費税の課税売上や課税仕入れであっても、経過措置が適用されるものについては、旧税率(8%)が適用されることとなります。 その中には、継続供給契約に基づき、31年施行日前から継続して供給している電気、ガス、水道、電話、灯油に係る料金等で、2019年(令和元年)10月1日から10月31日までの間に料金の支払を受ける権利が確定するものが含まれています。 したがって、電気代やガス代、水道代には、消費税の経過措置が適用されるため経理処理には注意が必要です。 詳細は、次の頁をご覧ください。 MGで楽しく経営力と経理を学んでみませんか。

次の