宅建 予想問題集 2018。 住宅新報社のパーフェクト宅建基本予想問題集2018年版の250ペ...

宅建試験おすすめテキスト、問題集

宅建 予想問題集 2018

出題傾向と攻略法 宅建士の試験を効率よく攻略するためには、何問目でどんな内容が問われているかを把握しておくと良いです。 どの部分で何問正解するかを想定し、しっかりと攻略法を組み立てましょう。 記事後半では、得点源についての理想パターンについても掲載していますので、参考にしてください。 では、直近の出題傾向を含めて検証していきたいと思います。 出題の順番については、前後することもありますので、何問目で出題されるかを気にする必要はありません。 区分して考えることで得点配分を考えやすくなるので、出題箇所の区分けをしています。 また、区分けをすると、『 売買』・『 賃貸』・『 不動産全般』等の出題バランスが見えてくる効果もあります。 ここでの得点設定は、 1問正解とします。 問4~問6 直近では、問4~問6で最も出題されているのは、 抵当権や 債権関連です。 売買や 時効についての出題もチラホラといったところです。 今年に関しては、 法改正部分からの基本的な出題があると睨んでいます。 詳細については、ピンポイント予想記事の方で取り上げる予定です。 ホームページに掲載予定ですので、ためにチェックしてみてください。 債権という広いカテゴリーの中からは、と等が比較的によく出題されています。 不動産売買に関連性が深い部分なので、2020年度についても同傾向だと考えています。 抵当権の問題では、確実に 1問を獲得しましょう。 その上で、 法改正部分の中から 1問獲得するイメージで試験に臨みたいところです。 頑張れる人は、2問正解を目標にしてください。 関連テキスト 問7~8 問7と問8については、 賃貸系の問題が多い傾向があります。 出題される場所は、問7と問8に限りませんが、民法からは 賃貸系の出題枠が2問分用意されているように見えます。 年度によって、 売買系の設問と前後することもありますから、問4~問8の区切りの中で出題されると考えると良いと思います。 今年に関しては、「 売買契約」・「 契約の解除」等からの出題も要注意です。 ここでは、 賃貸借 を中心に勉強し、補助的に 売買契約、 契約の解除 等を学んでください。 民法のピンポイント予想については、別記事を用意する予定ですので、そちらでより詳しく絞っていきます。 時間に余裕のある人は、補助的に 民法第521条から第548条の「 契約」についても目を通し、要点くらいは掴んでおいてほしいところです。 ここでの目標は、相続で 1問正解です。 民法の優先順位 民法は、範囲が広いので出題予想に頼りたくなる法令です。 しかし、ピンポイントで予想しようとする程、予想の的中率は下がります。 それでも、民法については、時間的に的を絞るしかない状況になる人が多い法令ですよね。 2019年度では、これが前年以上に的中しましたので、この勉強法に賭けた人はかなり楽をして合格できたと思います。 時間の無い人等には参考になるはずですので、最短で合格を目指す人はこれに賭けてみるのも一考かもしれません。 ピンポイント予想については、作成でき次第、当サイトホームページに掲載します。 問11~12 過去5年以上を遡っても、ここでは 借地借家法についての設問が必ず出題されています。 これほど明確に出題し続けるのは、 賃貸系の設問として必須の内容だからだと考えて良いでしょう。 借地借家法は、理解するまで少し大変なところもあると思いますが、確実に出ます。 ですから、ここで努力し、必ず2問の得点をしてください。 目標得点 3問正解 無料テキスト 問23~24 ここは、税金関連の法律からランダムに2問が出題されています。 毎年、固定資産税と 不動産取得税が交互に出題されていて、順番的に予測すると2020年度は 不動産 取得税の年になります。 2020年度は、固定資産税については、読み通す程度にしておく作戦をとる人が多いのではないでしょうか。 もう1問分は、 印紙税、登録免許税、贈与税、所得税等から出題されており、対策が講じにくいところです。 2020年度は、相続とも関連性の高い「 贈与税」の可能性もありそうです。 2019年度の対策としては、 固定資産税を中心に学習し、それ以外は軽く読み流す程度でも良いかもしれません。 余裕が出たら、少し力を入れていくことにし、税法関連での目標は 1問正解とします。 民 法 10 ( 4)• 借地借家法 2 ( 2)• 区分所有法 1 ( 1)• 不動産登記法 1 ( 1)• 都市計画法 2 ( 2)• 建築基準法 2 ( 1)• 土地区画整理法 1 ( 1)• 宅地造成等規制法 1 ( 1)• 農地法 1 ( 1)• 国土利用計画法等 1 ( 0)• 税 法 2 ( 1)• 地価公示法 1 ( 0)• 宅地建物取引業法 19 ( 17)• 特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律 1 ( 1)• 独立行政法人住宅金融支援機構 1 ( 1)• 不当景品類及び不当表示防止法 1 ( 1)• 統 計 1 ( 0)• 土地の知識 1 ( 1)•

次の

宅建保有者が「ココが出る!宅建 予想 問題 2018」①を漏らすんです【黒すぎる宅建士】

宅建 予想問題集 2018

こんにちは。 黒すぎる宅建士です。 梅雨明けしてから、 ブログを全く更新していませんでした。 いよいよ宅建試験まで いつの間にか100日を過ぎて、 あと95日!驚きですね〜。 そろそろ焦ってますよね、皆さん。 そんな皆さんに、私からのプレゼントです。 7%で、 昨年の増加から再び減少 ・ 貸家は419,397戸で、 同+0. 2%で、 6年連続の増加となった ・ 分譲マンションは114,830戸で、 同+0. <内訳> ・平成28年度の 宅地建物取引業者数は123,416業者で、 前年度122,685業者に比べ、+0. <内訳> ・平成30年地価公示によれば、 商業地及び全用途平均では 地価の変動率は 3年連続の上昇となった ・平成30年地価公示によれば、住宅地の公示地価は 三大都市圏では住宅地・商業地ともに 各圏域で上昇した。 ・平成30年地価公示によれば、住宅地の公示地価は 地方圏の住宅地は 下落幅縮小が継続している。 商業地では26年ぶりに 上昇に転じた。 以上、5問免除の部分になるかと思いますが… 5問免除を使わず自力で 50問を解く受験者の皆さん、 参考にするかしないかはアナタ次第ですが、 応援してるので、頑張って下さいね〜!! ================================== 「保有者が語る、宅建の攻略法(総合)」は 「保有者が語る、6月時点での宅建勉強時間の目安」は、 「保有者が、宅建合格した時の暗記方法」は、 「保有者が、宅建合格した時の勉強方法」は、 「保有者が、宅建勉強のやる気が維持できなかった時」は、 ==================================.

次の

【2018年宅建士試験】問題と解説の目次

宅建 予想問題集 2018

各社の合格ライン予想が36〜38点とされていた今年の宅建士ですが、過去最高の37点で確定しました。 合格率は15. 6%と例年同様ながら過去最高の合格点となったのは意外でしたね。 今年の宅建士の試験は「勉強の仕方に左右されやすい傾向」が強く40点近い受験者と、30点にも届かない受験者の二極化が強かっただけに37点というボーダーラインであれば、もう少し合格率が下がるかなと思っていました。 自分の予想では36か37でしたが、この合格率については予想外です。 また、この合格ラインを踏まえると来年の宅建士の試験は厳しくなりそうですね。 今年の試験で露骨に見て取れた勉強範囲の広がりは、そのままにして問題のレベルを上げてくるかも知れません。 特に今年は姿を消していた民法問題や、個数問題などが増えてくる可能性が高くなるかなと予想します。 ちょっと気合が必要となる2019年の宅建士試験となりそうです。 まぁこれも当たらない可能性が高いですが… 合格点37 合格率15. 6 — ねこあんど nekoand24 試験後にアップした記事では37点が安心できるギリギリかと書いていましたが、そのとおりになりました。 6%でしたが、毎年合格率を基準として合格点を算出しているようです。 2017年も同じ合格率で35点。 2016年は15. 2015年は少し難しく15. これは宅建士の試験の性質が一定基準をクリアしたものを合格させるのではなく、一定の合格者を生み出すというものだけに納得なのですが、今年の問題なら36点を基準にしても良かったのではないかと、素人なりに考えてしまいます。 ひょっとしたら36点にすると合格率が跳ね上がったりするのかも知れないので難しいところですね。 2019年の宅建士試験対策 基本は今年の試験対策と同じ手順になると思いますが、さらに必要なのは問題を解くスピード。 特に問題文が難解で理解しにくい傾向は強くなりそうですし、見直しの時間も確保したいとなると今まで以上にスピードが問われるでしょう。 こちらも参考にして頂ければと思います。 とりあえず年明けぐらいから頑張りましょう。 合格発表について 合格発表については平成30年12月5日の9時30分より、以下のリンクにて確認が出来ます。 みごとサクラサク結果になった方は免許登録の必要がありますが、まずは何よりも祝杯を上げてほしいと思います。 そして残念ながらサクラサカズの方は来年こそリベンジですね。 これから36点、37点がボーダラインになるかも知れませんが考えようによってはチャンスで、勉強範囲をしっかりすれば解ける問題が多いということです。 時間をかけて勉強すればチャンスあり。 年明けからエンジン全開で頑張っていきましょう。

次の