大型バス運転手 求人。 ドライバージョブ

送迎バス運転手求人をお探しなら日本運転手求人センターへ

大型バス運転手 求人

通勤・通学にお買い物、通院、デートに家族サービス。 小さなお子さんからお年寄りまで、仙台市民の日常に欠かせない移動手段である路線バス。 もちろん、経験は不問。 免許取得後も、自信を持って乗務できるよう、指導員のサポートのもと、同時入社の仲間とともに切磋琢磨しながら運転手デビューを目指せます。 事実、元・営業をはじめ、多くの未経験スタートの先輩がイチからバス運転手のイロハを学び、今では立派に活躍中。 何より安全第一の仕事なので、過重労働にならないよう十分に配慮された勤務体系です。 心身ともに余裕を持ち、長く腰を落ち着けて働ける環境です。 所属は、仙台市交通局。 仙台の安全で快適な移動を支える市バスの運転手(仙台市交通局職員)として、ずっとこの街で活躍し続けるという選択肢はいかがでしょうか。 仙台市民の安全で快適な移動を支える、市バスの運転手としてご活躍いただきます。 そのためにも、採用後の3ヶ月間は、バスの運転に必要な大型二種免許取得に集中していただきます。 費用はもちろん交通局負担。 万全の体制でお迎えするので、未経験の方も安心して挑戦してください。 教習のない日は、事務業務や先輩の運転するバスに添乗して運転以外の業務を学んだり、営業所の駐車場で運転の練習をしたりして、デビューに備えます。 次に約20日間、3~5名のグループで乗務研修を実施。 その後、指導員同乗のもと営業運転を行ない、単独乗務を目指します。 業務報告を行ない退勤します。 安全を第一に考えているため、運転手の負担をできる限り少なくできるような勤務体系をとっています。 週の実働時間は40時間(30時間の所定労働時間に10時間の超過勤務を基本とした労働時間)と、無理なく働ける環境です。 募集背景 <採用予定人数:20名> 世代交代に備えて、新たな運転手の育成をスタートします。 その根幹を支えているのが、街中の第一線でハンドルを握る運転手たちです。 しかしながら、現状、運転手の過半数が50代以上。 この先10年で約8割の職員が定年を迎えることになっており、次世代の育成が急務となっています。 そこで今回、育成を前提に新たな仲間を大幅に増員することになりました。 免許取得後は契約社員(嘱託職員)として原則雇用を継続します。 【 正職員登用制度あり 】 単独乗務の経験を2年以上積んだら、正職員登用に向けた試験の受験資格を得ることができます。 詳しくは、下記「キャリアプラン」をご覧ください。 元・営業をはじめ、未経験入社の先輩も多く在籍しています。 「小さい頃からバスの運転手に憧れていたから」「地元である仙台に貢献できると思ったから」「公務員ということで、安定して頑張れると思ったから」「専門性の高い仕事に就きたいと思ったから」など志望動機は様々ですが、皆がイチから大型二種免許を取得し、今では立派な運転手として活躍しています。 若い世代の職員が増えてきたこともあってか、営業所内は非常に和やかで活気のある雰囲気です。 先輩に相談を持ちかけたり、時にはみんなで野球をしたり。 オンとオフのメリハリのある和気あいあいとした環境で、のびのびと働いています。 大型二種免許取得後、2年程度の単独乗務経験を積んだ者には正職員登用試験の受験資格が与えられます。 今年度(H. 30)も15名の契約社員(嘱託職員)が試験に合格し、正職員の座をつかみとりました。 正職員になった後には、現場の第一線を本部から支える仕事などにもチャレンジできます。 また、女性運転手が現在8名活躍しており、働くママとして家事や育児と両立している職員もいます。 それぞれの状況に応じて、多様な働き方をサポートする体制が整っていますので、是非とも長くご活躍いただけることを期待しています。

次の

大型車両回送運転手の面白ネタ|大型車両回送|ドライバーのためのノルワークスお役立ち情報|ドライバー・バス/タクシー運転手の求人・バイトなら【ノルワークス】

大型バス運転手 求人

ドライバーの求人情報ならドライバージョブ ドライバージャパンジョブはトラック運転手の求人情報を扱う求人サイトです。 全国から様々な業種の求人情報を集めています! トラック運転手の転職動向 今、トラック運転手の需要がどんどん増えていることをご存知ですか? 配達の需要が急激に増えたことで、運送業界が深刻な人手不足に陥っていることが原因です。 運送会社がより多くの働き手を求める中、働き手であるドライバーは、自分にあった会社をしっかり選別することができるようになっています。 ドライバージョブで求人を調べ、自分にぴったりの会社を見つけましょう! トラック運転手の労働環境 トラック運転手の労働環境は、決していいものとは言えません。 普通の仕事に比べて長時間労働であったり、勤務時間が不規則だったりと、いわゆる「ブラック」と呼ばれることが多いです。 また、運送業界は企業によってその待遇が大きく異なります。 人手不足を受け、労働環境を改善している企業もあれば、過酷な労働環境でドライバーを働かせる企業もあります。 トラック運転手は今売り手市場です。 つまり、就職する側のトラック運転手は、運送会社を見極め、より好条件の企業を選ぶことができるのです。 人手不足の今だからこそ、しっかりリサーチして、自分にぴったりの企業を選ぶことが大切です。 トラック運転手の平均年収 トラック運転手の平均年収はどれくらいなのでしょうか?賃金構造基本統計調査によると、2015年のトラック運転手の平均年収は437万円でした。 これは、2010年に比べ30万円以上高くなっており、今後も上がっていくことが期待されます。 長距離ドライバーになると、月収の手取りが30万円を超えることもあります。 歩合制の会社が多いため、走れば走るほど給料が上がります。 ただし、会社によって給料の基準は異なるため、自分のスキルや仕事のスタイルにあった会社を選ぶ必要があります。 仕事内容のご紹介 長距離ドライバー 長距離ドライバーは、荷物を日本全国に届けるトラック運転手を指します。 一般的に大型トラックやトレーラーなど、大きな荷物を遠くまで運ぶ仕事です。 長距離ドライバーは長い時間運転するため、車内で休憩を取ったり食事をしたりすることが多くなります。 一人の時間が長く気楽な分、10時間以上運転し続けないといけないため、体力と精神力が求められる仕事です。 その代わり、トラック運転手の中でもっとも稼げる仕事です。 中距離ドライバー 中距離ドライバーは、日帰りでできる運送業務を行います。 主に個人宅への宅配や、スーパーやコンビニへの荷物配送が仕事になります。 中距離ドライバーになるには、普通免許または準中型・中型免許が必要になります。 小型トラックであれば普通免許でも運転できますが、より多くの荷物を運ぶためには中型免許が必要になります。 長距離ドライバーに比べ拘束時間が短く、生活が昼夜逆転することもないため、自分のライフスタイルに合わせた働き方をすることができます。 トレーラー トレーラーとは、運転手が乗るトラックとトレーラーと呼ばれる荷台が繋がったものを指します。 大量の荷物を遠くまで運ぶときに、非常に重宝されるトラックです。 トレーラーの運転は他のトラック運転に比べ高いスキルが求められ、必要な免許も多くなります。 「大型免許」はもちろん、トレーラーの総重量が750kgを超える場合は、「牽引免許」という免許も必要になります。 大型トラック 大型トラックは11t以上のトラックのことです。 大型トラック、ダンプカー、バス、タンクローリーなど、大型免許で様々な種類の大型車が運転できます。 月収が30万円を下回ることはないと言われるほど、大型トラック運転手は待遇のいい仕事が多いです。 これは、大型トラックが長距離を走れること、より多くの荷物を運ぶことができることが理由です。 中型トラック 中型トラックは7. 5t以上11t未満のトラックを指します。 普通免許を2年以上保持していれば、中型免許を取得することができます。 中型免許の取得により、運転できるトラックの範囲が広がり、長距離の運送も可能なため、給料アップが狙えます。 面接の時も、中型トラックを運転できることで有利になることが多いです。 小型トラック 小型トラックは、2〜3tのトラックを指します。 普通免許で運転ができるため、まだ資格はないけどトラック運転手に転職したい、という人におすすめです。 仕事内容は主に地域配送になります。 宅配便を届けたり、コンビニやスーパーに荷物を届けたりという仕事になります。 直接人に届ける仕事なので、他のドライバーに比べ人とコミュニケーションをとる機会が多い仕事です。 比較的小さい荷物を運ぶことから、小型トラック運転手は女性でもなりやすい仕事です。 準中型トラック 2017年より新しくできた免許が「準中型免許」です。 5t〜7. 5tの中型トラックを運転するための免許となります。 特徴として、18歳以上であれば免許取得できるという点と、普通免許を持っていなくても免許が取れるという点の2つが挙げられます。 運転経験が少ない高卒のドライバーにとって敷居が高かった「中型免許」ですが、「準中型免許」が誕生したことでより身近なものとなりました。 準中型トラックは宅配便やコンビニ配送などの近距離の配送に多く使われます。 フォークリフト フォークリフトは荷物の積み下ろし作業ができる重機のことです。 重い荷物を軽々と持ち上げることができるので、フォークリフト免許は作業現場で重宝される免許です。 実は国家資格であり、フォークリフト免許を一度とれば一生物の資格となります。 配送業だけでなく、建築業や産業廃棄物など様々な業種で潰しがきく免許です。 引っ越しドライバー 引っ越しドライバーは引越しの荷物を運ぶ仕事です。 荷物の運送だけでなく、引越し元から荷積みから、新しい部屋まで荷物を運ぶまでの作業を全て行います。 他のトラック運転手と比べ、体力が求められる仕事です。 引越しドライバーの利点は、日中の仕事がほとんどのため、規則正しい生活が保てることです。 また、1日何件と引越しの件数が決まっており、引越し作業が早く終われば早く帰ることができるため、時給にするとお得な仕事だったりします。

次の

バス運転手の求人

大型バス運転手 求人

40代でバス運転手としてのキャリアをスタートさせた社員が何人もいます。 前職は飲食の調理師など、 未経験からスタートした バス運転手が多数活躍する当社。 研修に3つの段階を設け、 新人の運転手デビューをサポートしています。 1)まずは、免許を取得 大型二種免許がない方は、 入社前に提携教習所で取得可能! 取得費用も支援します。 2)練習は空車からスタート 入社後およそ1ヶ月は、 お客様のいない空車での練習期間です。 先輩運転手が同乗し、 バスの大きさやルートに慣れていただきます。 3)慣れた段階で実車教習へ お客様を乗せて走るようになっても、 さらに1ヶ月程度は先輩が同乗します。 アドバイスやフィードバックを受けながら、 運転や接客の気遣いも身につけていきます。 当社では運転手デビューに 「若いうちじゃないと駄目」 のようなルールはありません。 30代後半や40代になってから 大型免許を取り運転手となった、 そんな社員も大勢活躍しています。 また、将来のステップアップに関しても いくつかの道をご用意しています。 経験を積めば大型の路線バスや 企業送迎などの貸切バスを、 運転できるようになります。 さらには運行管理者という バス運行の司令塔となる資格を取り、 正社員となることも可能。 もちろん、シフトや休みの融通が 利きやすい契約社員として 長く働き続けることもできます。 バスへの憧れや、将来の安定… 志望理由は問いません。 細い坂道を通るルートも多いので、走行速度もゆっくり安全に。 そのため運行ダイヤも時間に余裕を持って組み、 時間に追われることなく安全走行ができるようにしています。 慣れてきたら大型路線バスや、企業送迎などの貸切バスの運転もお任せします。 1時間ごとに10分といったペースで、小休憩を挟みながら運転します。 乗務は前半と後半に分かれていて、異なる路線を担当する場合も。 前半と後半の間は、事務所の休憩室でゆっくり休めます。 事務所で点呼と報告を行い、明日の予定を確認したら退社します。

次の