リンデロンvg軟膏市販。 リンデロンの種類と違い|虫刺されに使えるものは?

リンデロンVGと同じ市販薬はある?成分と効果から似ている市販薬を紹介

リンデロンvg軟膏市販

リンデロンV、リンデロンVGの特徴と成分 リンデロンVはベタメタゾン吉草酸エステルというステロイドの成分を含む外用剤()、リンデロンVGはベタメタゾン吉草酸エステルと抗生物質のゲンタマイシン硫酸塩を含む外用剤です()。 リンデロンVは湿疹や皮膚炎など、リンデロンVGは細菌感染を伴うか、もしくはその恐れのある皮膚症状の場合に使われます。 リンデロンV、リンデロンVGに含まれるステロイドの強さは、3群の「strong」に分類され、1〜5群のうちの中間に分類されるステロイド成分です。 適度な抗炎症効果の強さを持つ使いやすい成分であり、幅広い世代に処方される薬です。 なお、リンデロンの中でも「リンデロンDP」は強さが異なるので注意してください。 また、リンデロンV、リンデロンVGには軟膏、クリーム、ローションの3種類があり用途によって使い分けます。 このようなリンデロンV、リンデロンVGですが、市販薬で全く同じ薬は販売されていないため、市販や通販で買うことは基本的にできません。 しかし、成分として含まれる「ベタメタゾン吉草酸エステル」は市販でも販売されている成分であり、市販薬として購入することができます。 リンデロンV、リンデロンVGの代用となるもの 前述の通り、リンデロンV、リンデロンVGに含まれるステロイドの成分「ベタメタゾン吉草酸エステル」は市販薬としても販売されています。 この成分を含む塗り薬が「ベトネベートクリームS」と「ベトネベートN軟膏AS」です。 ベトネベートクリームSは100g中にベタメタゾン吉草酸エステルの成分を0. 12g含む塗り薬であり、この割合はリンデロンVと同じです。 したがって、リンデロンVと同程度の効果が期待でき、リンデロンVの代用薬として向いています。 効能効果は以下の通りです。 ベトネベートクリームS 効能・効果 しっしん,皮膚炎,あせも,かぶれ,かゆみ,しもやけ,虫さされ,じんましん ベトネベートN軟膏ASはベタメタゾン吉草酸エステルの他に、抗生物質として、フラジオマイシン硫酸塩を含みます。 リンデロンVGに含まれる抗生物質は、ゲンタマイシン硫酸塩であるため、抗生物質の成分は異なるものの、「ベタメタゾン吉草酸エステル」+「抗生物質」を含む塗り薬として、リンデロンVGの代用になりうるものです。 ベトネベートN軟膏ASの効能効果は以下の通りです。 ベトネベートN軟膏AS 効能・効果 化膿を伴う次の諸症:湿疹,皮膚炎,あせも,かぶれ,しもやけ,虫さされ,じんましん 化膿性皮膚疾患(とびひ,めんちょう,毛のう炎) 薬剤師の立場から使用の注意点 前述の通り、リンデロンVとリンデロンVGにはステロイドの同じ成分を含むものが市販や通販で買うことができます。 しかし、処方薬と市販薬との大きな違いとして、医師の診察を受けているか否かという大きな違いがあることも理解しておきましょう。 市販薬を自己判断で使用する場合、自分が考えていた原因ではないケースも考えられ、その場合は使う薬が間違っている可能性もあるため、結果として症状がよくならないということも有り得ます。 今回紹介したベトネベートクリームSとベトネベートN軟膏ASについても、「5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。 」という注意喚起があるため、自己判断で継続するのは5〜6日程度と考えておくのが安全でしょう。 ステロイドを含む塗り薬は効果が出やすい分、間違った使い方をすると思わぬ副作用がでるケースもあるため、しっかしと説明書を確認し、正しい使い方をすることが重要です。

次の

リンデロンVG軟膏は顔の使用可能?市販薬を使う時には注意が必要!

リンデロンvg軟膏市販

この記事の目次• リンデロンとは? リンデロン(Rinderon)とは副腎皮質ホルモン剤の一種で、 ステロイド薬と言われる抗炎症薬です。 副腎皮質ホルモンとは、副腎という内臓から分泌されるホルモンで、一般的にステロイドホルモンと呼ばれています。 副腎皮質ホルモンには炎症を引き起こす物質に作用して炎症を抑える抗炎症作用をもっており、その働きを科学的に合成したものが、副腎皮質ホルモン剤です。 薬の形状は利用用途や利用するカラダの部位によって異なり、薬としても内服薬、塗り薬だと軟膏やクリーム、ローションもあったり、座薬でも提供されています。 塗り薬の場合はたいていは湿疹や、皮膚の腫れ、あかみやかゆみなどの皮膚の疾患が生じた際に使われる薬になります。 リンデロンVG軟膏について リンデロンVG軟膏とは、先ほど説明した リンデロンを含むステロイド薬の一種で、合成副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)「ベタメタゾン」と抗菌作用のある抗生物質「ゲンタマイシン」を配合した薬です。 難しくて聞いたことのない名前ばかりですが、 皮膚のかゆみや湿疹、腫れなど様々な炎症に効果のある抗炎症薬として有名な薬です。 細菌感染をともなうような湿疹・皮膚炎や乾癬などの治療に用いられますが、ウイルスや真菌(カビ)などの感染による炎症性の疾患には原則用いられません。 一般的にステロイド薬を使うと炎症を抑えられるのですが、同時に免疫力が落ちてしまうので、抗生物質がそれをカバーする役割をになっています。 またリンデロンVG軟膏には化膿止めの成分も含まれています。 どんな病気や症状に効くの? 塗り薬であるリンデロンVG軟膏を使用することの多い病気や症状は下記のものです。 単純性湿疹• 皮膚のかゆみ• あせも• ニキビ• 蕁麻疹• 虫さされ• 突発性湿疹• アトピー性皮膚炎• 皮膚感染症• 肉芽腫• 円形脱毛症• ケロイドの初期症状• 皮膚のかぶれなどの皮膚トラブル などの症状に有効性があります。 皮膚症状の病気に関する詳しい記述はこちらの記事を参考にしてみてください。 ・ ・ ・ ・ 水虫には効かない あらゆる皮膚症状に効果があるので水虫などの痒みを抑える効果が期待出来るものとして用いてしまいそうになりますが、上記でも紹介したとおり真菌による炎症性の皮膚疾患には効果は期待できません。 水虫は真菌(カビ)への感染による皮膚症状なのでステロイドは効果がありません。 ステロイド系の外用薬を水虫に使用すると逆効果になり、症状を悪化させてしまう可能性がありますので使用はしないようにしましょう。 作用・効果について 基本的には上記に記載した皮膚の炎症を抑える効果のある薬です。 ステロイドの効果によって短期間で炎症を鎮めることができることが特徴です。 ステロイド軟膏とは人工的に副腎皮質ホルモンを生成したものになります。 副腎皮質ホルモンには、細胞内の体液を保持したり、糖と脂肪の代謝を行ったり、炎症を押さえるなどの効果があるホルモンになります。 基本的には体内の腎臓の副腎皮質から生成されるものですが、これの働きを外用薬に応用したものがステロイド軟膏(ステロイド外用剤)になります。 基本的には本来体の中で自然に作られるものなので副作用などの問題とは無縁かと思ってしまいますが、ステロイドには長期的に使用することで副作用が発生することが認められています。 症状を治療するだけでなく、使用方法を誤ると問題になる場合がありますので注意しましょう。 副作用についての詳しい記述については下記でも紹介していきます。 用法・用量について 基本的には一日に1回〜数回を該当箇所に塗って使用します。 ただしステロイド剤は塗ったら塗っただけ効果が出るという薬でもないので、炎症箇所にうっすら塗るなどだけ、 症状に応じて決められた用法・用量を守って使うことが結果早い治癒完了につながります。 またステロイド剤は上記に記載したように使い方を誤れば強い作用をもつ薬でもあるので、髭剃り後や傷ついた皮膚、デリケートゾーンなど敏感な皮膚には使用しないなど、必ず医師または薬剤師の指導のもと使用をしてください。 またステロイド剤は症状を回復や治療する薬ではありません。 基本的には症状を抑えることが目的の治療薬ですので、皮膚症状を回復するためには原因物質や原因行動から離れるもしくは原因を排除し自然治癒力を高める必要があります。 ステロイドの使用量を増やせば治りが早くなるわけではないのでそのへんはしっかり把握しておきましょう。 副作用について 皮膚の炎症にリンデロンVG軟膏を使用する際に、以下の 副作用が発生したり、かえって症状が悪化したりするがあります。 その場合は薬の相性や誤って適切ではない使用をしている場合も考えられるので早めに使用をやめたほうがいいです。 ・さらなる発疹、発赤、かゆみ、刺激感 ・目の痛み ・頭痛 ・吐き気 ・倦怠感 ・皮膚の乾燥 ・皮膚の劣化によるシワの増加 またリンデロンVG軟膏は副腎皮質ホルモン剤のステロイド剤なので、もともとは体内から分泌されるものであります。 そのため、長期間に渡り継続的に外部からホルモンが与えられることによって副腎皮質の機能の低下を招く場合もあり、 以下の重大な症状が出てきたら要注意です。 ・目の重い症状(緑内障、白内障など) ・骨の症状(骨粗しょう症) ・血液の症状(高血圧・高脂血症など) ・筋力の症状(筋力低下など) ・糖尿病 皮膚の炎症のためにステロイド剤を使用した場合には比較的短期的に症状の改善が見られるはずなので、ずっと薬を使用しているにもかかわらず、症状が改善されない、もしくは副腎障害などを表す症状を発病した場合などは、医師に相談をしてください。 ステロイド軟膏による重い副作用の発症確率は1%ほどとなっています。 誤った使用方法や長期間の使用での副作用の発症が多くなっていますので、使用期間や使用量についてしっかり医師からの指導を厳守し使用するようにしましょう。 使用期限について ステロイド外用薬にも使用期限がきちんと制定されています。 これは品質の保証のための物で、期間が過ぎてしまった薬品については薬用効果は担保されていません。 基本的なステロイド軟膏やローションやクリームなどの薬品の使用期限は3年間が一般的になります。 リンデロンVG軟膏も同様の3年間の使用期限が設定されています。 保存方法についても薬品の劣化が進行する可能性がありますので、直射日光の当たらない湿度の低い環境で保存するようにしましょう。 高温や低音の環境では、薬剤の粘度に変化が生まれてしまったり、水分が蒸発してしまう恐れがあります。 安全性検査において36ヶ月間の様々な温度、環境での検査では品質の劣化は若干確認されますが、基準値以内と言う結果にはなっていますが保存場所には十分注意しましょう。 ステロイドって大丈夫なの? ステロイド剤(ステロイド外用薬)には成分と作用に応じてもっとも強い1群から最も弱い5群までの5段階で強弱のレベル分けがされています。 今回のリンデロンVG軟膏はベタメタゾン吉草酸エステルが入っており、 3番目(strong)の強さに該当します。 副作用に気をつけながら、用法と用量を正しく守って使えば非常に効果が高いものだと言えるでしょう。 ステロイド外用薬の使用は減っている 上記での紹介した副作用の問題への懸念が高まり、ステロイドはなるべく使用しない使用法が主流になってきています。 一時期はステロイドが多用されていた時期はありましたがステロイドなしでも治療が目指せる場合は多少完治までの時間がかかったとしてもステロイドを使用しない方向での治療をおすすめする病院が増えてきています。 ステロイド治療薬は細菌感染に対しては効果が低い傾向があることが確認されています。 基本的には細菌感染の場合、炎症を防ぐためにステロイド剤を使用し、感染症の状態を悪化させないために抗生物質を併用し治療していきます。 ステロイド薬品は副作用が強いことや一度使用すると辞められなくなるなどの理由から使用をためらう患者も多く居ます。 最近ではこれらの理由からステロイド外用薬の使用は主流ではなくなっています。 皮膚科などでもしっかりと相談し、薬品の使用についてしっかり相談しましょう。 ステロイドを使用しない治療法の可能性などを探って、安全性の高い確実な治療を目指しましょう。 子供に使用しない 医師から大人の皮膚症状や大人のあせもなどの症状に処方されたステロイド剤を症状が同じだからといって子供に使用しないようにしてください。 汗疹(あせも)のような軽度の症状にステロイド剤が処方される事自体稀なケースになりますが痒みの症状がひどかったり、炎症の具合が進行している、掻きむしってしまい皮膚へのダメージが懸念されるなどの場合は医師の判断により処方されるケースがあります。 特に年齢の若い子供やおむつのかぶれ等でお尻の皮膚に汗疹の症状ができやすい赤ちゃんなどには使用しないでください。 ステロイド外用薬は成分の強い薬になりますので、赤ちゃんや子供には使用を控えましょう。 子供は特に皮膚が薄く成分が浸透しやすいので専用の成分の優しい薬で十分治療を図ることが出来ます。 子供専用の薬をしっかり処方してもらいましょう。 市販で手に入れるには? リンデロンVG軟膏は処方薬ですので購入には病院での処方箋が必要です。 基本的には皮膚科での処方を行っていますので、皮膚症状で皮膚科にかかれば、治療薬としてこちらの薬を処方してくれます。 また他のステロイド薬として有名なという薬もあるので、合わせてご覧ください。

次の

リンデロンVG軟膏の効能と副作用!市販薬はあるの?

リンデロンvg軟膏市販

リンデロンの軟膏には、リンデロンDP・リンデロンV・リンデロンVG・リンデロンAの4種類があります。 リンデロンは種類によって配合されている成分が異なり、それぞれ効果や使用できる部位も異なります。 ここでは、4種類のリンデロンのそれぞれの特徴について解説します。 リンデロンはステロイドと呼ばれる副腎皮質ホルモンが配合された薬で、皮膚症状全般に多く使用されます。 皮膚の炎症によるかゆみや腫れ、痛みなどの症状を速やかにおさえる効果があります。 ステロイドの強さは、抗炎症作用と血管収縮機能の強さによって以下の5段階にわけられています。 ステロイドのランク 特徴 リンデロンDP Very Strong:とても強い 大人は体幹部、子供は腕や足などに多く処方される リンデロンV Strong:強い 大人は全身~体幹部、子供の場合は顔や陰部を除く体幹部に処方されることが多い リンデロンVG Strong:とても強い リンデロンVと同成分で、さらに細菌感染した患部での細菌増殖を防ぐ抗生物質「ゲンタマイシン硫酸塩」を配合 リンデロンA Weakに相当(通常のステロイドとは異なる) 眼や耳などの特別な部位に使用される。 細菌感染した患部での細菌増殖を防ぐ抗生物質「フラジオマイシン硫酸塩」を配合 リンデロンDP ベタメタゾンジプロピオン酸エステルというステロイドを配合した薬です。 Very Strong(非常に強い)」に分類されます。 湿疹・皮膚炎・乾癬(かんせん)などから虫刺されまで幅広い皮膚症状の改善に使用されます。 薬の剤形は軟膏・クリーム・ゾル(液体)があります。 リンデロンV ベタメタゾン吉草酸エステルというステロイドを配合した薬です。 Strong(強い)」に分類されます。 湿疹・皮膚炎・虫刺されから円形脱毛症まで、さまざまな皮膚症状の赤み・はれ・かゆみをおさえる目的で使用されます。 耳の手術後の傷にも使用されることもあります。 薬の剤形は軟膏・クリーム・ローションがあります。 リンデロンVG ベタメタゾン吉草酸エステルというステロイドとゲンタマイシン硫酸塩という抗生物質を配合した薬です。 Strong(強い)」に分類されます。 リンデロンVの成分に抗生物質が配合された薬で、ステロイドの抗炎症作用と抗生物質の抗菌作用で、皮膚のかゆみ・赤み・はれなどをおさえます。 また、外傷ややけどなどの二次感染を防ぎます。 薬の剤形は軟膏・クリーム・ローションがあります。 リンデロンA リンデロンAは目や耳、鼻に用いられる薬です。 ベタメタゾンリン酸エステルナトリウムというステロイドとフラジオマイシン硫酸塩という抗生物質が合成された薬です。 Week(弱い)」に相当すると考えられています。 主に、細菌の感染が疑われる目や耳の周囲にできた皮膚の炎症に使用されます。 また、鼻炎の一種や耳鼻咽喉の手術後にも使用されることがあります。 薬の剤形は、目や耳用の軟膏に加え、点眼や点鼻用の液剤があります。 リンデロン軟膏は炎症を起こしている皮膚症状に高い効果を示すため、さまざまな皮膚症状に使用されています。 ただし、リンデロンの種類によって使用できる症状に違いがある場合があるので注意が必要です。 リンデロンDP・Vは虫刺されに使える リンデロン軟膏の中でも、リンデロンDP・リンデロンVは虫刺されの症状に使用することができます。 虫刺されの症状はアレルギー反応の一種でもある場合があるため、アレルギー反応によるかゆみなどの炎症に、ステロイド薬であるリンデロンDP・リンデロンV優れた効果を発揮します。 ただし、虫刺されの部位や症状によってはリンデロンを使用することが適切ではないこともあるので、自己判断で使用せずに一度病院を受診してリンデロンを使用しても良いかどうかを確認しましょう。 水ぶくれや化膿には使える? 水ぶくれや化膿の症状がある場合、基本的には自己判断でリンデロンを使用せずに一度病院を受診しましょう。 リンデロンは種類や症状によって使用できる部位が少し異なります。 リンデロンは陰部に使える? リンデロンは、陰部の皮膚の炎症に処方されることもあります。 ただし、陰部は皮膚が薄くデリケートな部位なため、ステロイドの副作用が出やすくなっています。 特に、リンデロンDPはステロイドのレベルが高い部類に分類され、副作用が起こりやすい薬なので、自己判断で使用しないでください。 また、リンデロンは妊娠中の方への長期使用や大量使用は推奨されていないため、使用する前に必ず医師に相談してください。 リンデロンは顔に使える? リンデロンは、に使用することもできます。 ただし、陰部と同様にリンデロンDPは副作用が起こりやすいので、自己判断で使用せずに、一度医師に相談してから使用しましょう。 リンデロンは処方薬なので、購入するためには病院を受診して医師の診察を受ける必要があります。 しかし、すぐに病院に行く時間がない場合には、市販薬を活用するのもひとつの手です。 現在、リンデロンとまったく同じ成分をもつ市販薬は販売されていませんが、類似の成分を使用し、似たような効果が期待できる市販薬は販売されています。 リンデロンと似た成分を配合した市販薬について、詳しくはこちらの関連記事をごらんください。

次の