好き な 人 から line が 来 ない。 好きな女性から3日LINEの返信が来ないのは優先順位が低いから脈...

LINEを返信してこない男性、4つの理由って?嫌われた…と悩む前に

好き な 人 から line が 来 ない

「魔術師」が正位置で現れています。 あの人は、とても個性的な人です。 まわりの流行や他人の言葉に振り回されない、安定した自分を持っている素晴らしい人ですね。 みんながラインを使っているからといって、自分も用もないのに誰かに連絡を取るようなタイプではありません。 連絡手段としてしかたなく入っているグループラインでも、既読スルーばかりしていますよ。 それでも、性格が良いので友達に嫌われたりはしていません。 「あいつ、変わってるからな」という目でみんなはあの人を認めています。 あなたにラインが来るのは、かなり先です。 もしかすると来ない可能性すらあります。 でも、それが、あなたに興味がないということにはなりません。 あなたに興味がないからラインをしないのではなく、スマホばかり見ている人々にうんざりしているから、ラインをしないだけです。 あの人に会えるときには、できるだけ直接話しかけてくださいね。 ラインを愛情のバロメーターにするには、あの人は個性的すぎます。 ワンポイントアドバイス あの人からのラインを楽しみにしているあなたにアドバイスしますね。 あの人は、普通の人と違う才能を持っています。 常に個性的で、新しいこと、他人がまだしていないことや自分がやってみたいことばかり追い求めています。 みんなが同じことをしているということに、興味がないのです。 そのため、一部の人からは「付き合いが悪い」とか「失礼なやつ」と思われているかもしれません。 あなただけは、あの人の長所を認めてあげましょう。 ラインやメールを楽しみに待つのは可愛らしものですが、あの人には通用しません。 勝負は「実際に会っている時間」のみと考え、笑顔で好印象を与えてくださいね。

次の

好きな人のLINEで「あなたを好きか?」丸バレ!その特徴8選!│coicuru

好き な 人 から line が 来 ない

Contents• 好きな人からLINEや連絡が来ない 関係を深めるにはコミュニケーションが重要だが 好きな人や気になる人に限ってLINEなどで連絡をしても返信が遅かったり、素っ気ない返事が返ってきたりすることがよくある。 例えば、みんなで遊んで解散した後に「今日は、楽しかったね、また遊ぼうね」などのメッセージを好きな人や気になる人に送ったりする。 あるいは、特に用事があるわけではないが、相手の声が聞きたかったり、相手とコミュニケーションが取りたくなって連絡をする。 コミュニケーションを増やすことは相手と親密な関係になっていくために必要不可欠なことなので、好きな人や気になる人には積極的に連絡をしたくなるのが普通である。 しかし、好きな人や気になる人に限って 連絡するのはいつも自分ばかりで、相手から先に連絡が来たことがない、などということは片思いの関係の中で非常によくあることの1つである。 もしも相手から積極的に連絡が来るようになれば、きっと二人の関係をもっとスムーズに進展させられるはずなのにと、もどかしい思いをしている人も多い。 先に連絡するのは何故かいつも自分から 好きな人や気になる人と一緒に過ごす時間は楽しい。 自分が楽しいのであれば、相手にとっても楽しいはずなのに、何故かいつも自分から連絡を取らなければ、好きな人や気になる人からは全く連絡が来ない。 いつも自分ばかりが先に連絡をするのは悔しいので、自分から連絡したい気持ちを我慢して相手から連絡が来るまで連絡しないでおこうと決めたりする。 ずっと連絡をしなければ、相手も我慢しきれずに連絡してくるはずだと考える。 しかし、そんな気持ちを相手に見透かされているかのように、好きな人や気になる人からの連絡は待てど暮らせどやって来ない・・・。 先に連絡した方が負けと言い聞かせて我慢に我慢を重ねても好きな人や気になる人からの連絡は無い。 このまま連絡しないでいるとそのままフェードアウトして関係自体が消滅してしまうので、またしても自分から連絡をしてしまう。 関係が思うように進展しない恋にはこのように相手から先に連絡が無いことが多い。 どうして先に連絡するのは自分からなのか?どうして相手からの連絡が来ないのか?どうすれば相手から連絡が来るようになるのか?その理由を考えてみる必要がある。 好きな人から連絡が来ない三大理由 好きな人や気になる人から連絡が来ない主な理由は三つである。 理由1. 好きな人があなたとの時間を楽しんでいない 理由2. 独りよがりで先走ってしまっている 理由3. 相手からのメッセージを待ち続けている 理由1:好きな人があなたとの時間を楽しんでいない 相手にとってあなたとの時間は特別ではない あなたにとって好きな人や気になる人と過ごす時間は、とても特別なもので、それ以上に素晴らしい時間は無いと思えるほど楽しい時間である。 他の用事があったとしても好きな人や気になる人と過ごせる時間があれば、何よりもそれを優先するほど大切な時間である。 なんとかして会う理由や連絡する理由を見つけては積極的に連絡をして、また会う切っ掛けをどうにかして作ろうとする。 好きな人や気になる人とできるだけ一緒に過ごしたいという気持ちはとても自然なものである。 なのでそのような気持ちは我慢するのではなく思い切り素直に表現するのが正解である。 楽しかったね!最高だね!また遊ぼうね!そんな気持ちを目いっぱいに表現すれば良い。 素直に表現すればするほど、その気持は相手にダイレクトに届くものである。 もしも相手も同じように一緒に過ごす時間を楽しんでいて、あなたとの時間がこれ以上にないほど楽しい時間と感じられていれば、相手からも同じように前向きな表現を得られるはずである。 例えば別れ際はいつまでも後ろ髪を引かれるし、別れた後もにすぐに連絡を取りたくなるものである。 相思相愛でお互いが惹かれるような恋はいつだってトントン拍子でシンクロするようにお互いがお互いを求め合うことができる。 それが最も自然な恋の在り方なのである。 ところが、お互いが楽しい時間を過ごしたはずなのに、相手から連絡が来ないというのは何かが間違っているということである。 要するに、 相手はけしてあなたと同じ気持ちではなかったということである。 相手はあなたとの時間を楽しいと思っていないか、少なくともまた積極的に関係を続けたいと思えるほどは楽しんでいないのである。 あなたとの時間を特別とは考えてはいないからこそ、積極的にあなたと連絡を取ろうとしないのである。 興味の無い人には積極的に連絡を取らないものである 人は自分が興味の無い相手に対しては積極的に連絡をとることはない。 それはあなた自身で考えてみても当てはまるはずである。 あなたは日頃から特に意識していないような人に積極的に連絡をするだろうか?そのような人に会うために、いろいろと理由を考えたりするだろうか?あるいは、一緒に居て楽しいと思えない人に積極的に連絡を取ってまた会おうとするだろうか? きっと連絡をとらないはずである。 あなたの好きな人や気になる人が あなたに連絡をして来ないのもそれと同じ理由である。 相手があなたのことを嫌いではない場合は、あなたからの誘いがあれば誘いに乗ることはあるだろう。 しかしあなたに対して興味がなければ自分から積極的に連絡することは基本的には無いと考えて間違いが無い。 要するに完全に恋愛の対象外なのである。 対処策 もしも好きな人と仲間を交えて一緒に遊べるような仲であれば、あなたが嫌われている可能性は低いかもしれない。 嫌われていれば同じ空間に居ることさえ敬遠されるからである。 なのでうまく関係を構築できれば、まだチャンスはあるように思えるが、いつもあなたから連絡をして相手からは事務的な返事しか返って来ないようであれば、二人きりで会うような関係にはなれないだろう。 あなたが好きな人や気になる人が意図的にあなたとの距離を保とうとしているからである。 あなたが近付こうとすれば、相手はあなたから離れるという感じで、近づきすぎないように距離を置かれているのである。 仲良しグループの中に好きな人がいると、いつかはグループから抜け出して二人きりで会いたいと思うのは自然なことであるが、相手から連絡が来ないような段階で、二人きりで会おうとするのは禁物である。 そんな関係で無理に二人で会おうとすると、相手が余計に警戒してしまい、それまで以上に距離を置かれてしまうことになりかねない。 もっと近づきたいと深追いしてしまうと、相手からすればストーカーのように思われてしまう危険もあるのである。 なので、相手から積極的な連絡を貰えないような時は、焦って二人きりで会う時間を作ろうとするよりも、長期戦を覚悟する必要がある。 仲間と一緒に会う機会をできるだけ多くして、一緒に楽しい時間を共有しながら虎視眈々とチャンスを待つのである。 相手との距離感を縮めることに注力して、相手からも自然と連絡が来るようになるのを待つしかない。 長期戦は精神的にも疲れてしまうものではあるが、昔から「遠くて近きは男女の中」と言われるように、チャンスさえしっかりとつかめれば男女の関係は急展開することも珍しくはないので、覚悟を決めてしっかりと狙いを定めて少しずつ距離を縮めることに注力すべきである。 愛情はしっかり表現する ただぼんやりとチャンスを待ち続けていても欲しいものは手に入らない。 自分が欲しいものは他の誰かにとっても欲しいものである。 何もせずにぼんやりと待ち続けていれば誰かに奪われてしまうだろう。 好きな人にはしっかりと好きという気持ちを日常的に伝えるべきである。 「あなたのことが大好き」だという愛情表現は恋愛において非常に重要で、気持ちを伝えることで見えないものが見えてくるようになるのである。 もしも相手があなたのことを満更でもないと思っていれば、あなたの愛情表現に対して同じような表現を返してくれる。 逆にあなたに対して興味が無ければ「これ以上は近づくな」と拒否されたり、誤摩化されたり、はぐらかされたりすることが多くなるものなので、相手の気持ちを察するのにも有効というわけである。 そして モテる人の多くはこの愛情表現がとても上手で、自分を受け入れてくれる人を見抜くのが非常に得意なのである。 しかし、愛情表現と言っても当たって砕けろの玉砕式の告白はするべきではない。 それはどんな関係でも相手にとっては重たすぎるからである。 挨拶のごとく自然に「好きですよ」「素敵ですね」「一緒にいると楽しい」という気持ちを素直に好きな人に伝えることが大切なのである。 この挨拶のように素直に気持ちを伝えるのは、慣れないうちはぎこちなく恥ずかしく感じるものである。 しかしそれは日頃そのような表現をしていないために下手くそで馴染まないだけで、日頃から練習しておけば素直で自然な表現ができるようになる。 親でも友達でも構わないので、まずは日常から愛情表現を口にするのである。 そうすることで上手に自分の気持ちを相手に伝えられるようになる。 なのに相手から先に連絡が来ることは一切ないし、「どう思っているのか?」という核心に触れようする時には決まってスルーされてしまう。 ほんの少し歯車が噛み合えば、トントン拍子で上手く進展しそうなのに、何故かあと少しのところでいつもうまくいかなくなってしまう。 実はこのような状態になってしまうのにも理由があるのである。 多くの人が犯す間違いとして、好きな人や気になる人のことになると、客観的になれなくなってしまう。 まだ二人の関係が成熟していない中で、気持ちが先走ってしまい、 自分だけすっかり恋人気分になってしまう。 そしてLINEやメールの一字一句に意味を求めたりして独りよがりに相手を自分の世界にハメようとしてしまうのである。 舞い上がってしまうと 相手との距離感を考えないメッセージを送ってしまうなど一方的で独りよがりの行動をしてしまうようになるのである。 例えば、恋人同士のLINEのやりとりでは、絵文字やハートマークが多用されたラブラブなスタンプを送ったり、他人には見せられないような、ラブラブモードで甘え口調なメッセージを送るというのはそれほど珍しいことではない。 このようなラブラブなやり取りは、他の友達などに送るメッセージとは明らかに違うもので恋人関係だけ許されるような特別なやり取りというものがある。 もちろん普通はこのような甘いやりとりは友達通し浅い関係ではけして送り合うようなものではない。 ところが、一人で先走って舞い上がってしまうと、超えてはいけないラインを飛び越えて恋人感覚のメッセージを送ってしまうようになるのである。 そのメッセージを見た瞬間、相手はあなたの先走った気持ちをすぐに気が付くので、必要以上に深入りしないように、あるいはこれ以上勘違いさせないように、核心に触れるようなメッセージはスルーをするなどして少し距離を置くようになるというわけである。 つまり、あなたからのメッセージを見て「勘違いしてない?」「怖いな・・・」と感じるのである。 距離感を考えないから距離を置かれてしまう 恋人感覚のやりとりはお互いがラブラブな気持ちであれば何の問題もないものである。 ところが一人で気持ちを先走らせて独りよがりに恋人気分のメッセージを送ってしまっている場合は大問題である。 それはもう相手にとって恐怖でしかないのである。 要するに、あなたが好きな人や気になる人に対して恋人気分なメッセージを送った時、全く普通のメッセージが返って来るのは「これ以上近づかないで欲しい」「どうか勘違いしないで欲しい」という相手からの遠回しのメッセージなのである。 相手はなるべくやり取りが続かないように「うん」「そだね」「じゃあね」などの素っ気ないメッセージで話を終わらそうとしたり、スタンプなどは一切使わないシンプルな返信をしたりするようになるのである。 独りよがりの妄想で盛り上がる人 好きな人や気になる人とのやりとりは非常にテンションが上がり、1つ1つのやり取りがとても楽しい。 しかし常に客観的な気持ちを忘れないことが大切である。 浮かれて独りよがりに恋人気分になって先走ってしまえば、その後の関係を台無しにしてしまいかねない。 例えば、好きな人や気になる人からハート付きのスタンプやメッセージが送られてきたり、「有難う。 楽しかった(ニコニコマーク)」があるだけで「相手も満更じゃない」「あれ!?もしかして脈アリ!?」などとすぐに考えてしまうような人は特に注意が必要である。 「だってメッセージにハートマークが付いているんだよ?こんなメッセージは好きじゃ無い人には送らないでしょう?」などと、言葉尻や使用されたスタンプの一つ一つに意味を求めて考え過ぎている人が世の中には多い。 客観的に考えれば、誰にでも送るような普通のメッセージでしかないのに、客観的な視点を失い。 やりとりの一つ一つに意味や可能性を見出そうとするあまり、ハートマークやニコニコマークなど日常のやりとりでも使うことが充分考えられるものでも、好きな人からの好意の意思表示だと解釈してしまう。 それらの全ては妄想で独りよがりでしかない。 そして独りよがりに盛り上がってしまうと、妄想と現実の中での相手との気持ちの温度差も大きくなり、言動の一つ一つが空回りをするようになるのである。 末期にもなればいつの間にか相手にも自分と同じようなテンションを求めるようになり「好きな人からの返信がない」「好きな人の気持ちが離れたのか・・」などとトンチンカンなことを考えたりするようになる。 相手からすれば、あなたとの関係は特別なものではない。 連絡しないのは連絡する用事がないからである。 しかし独りよがりに妄想の中で創り上げたイメージと現実とのギャップに苦しむようになる。 これらの症状はストーカーの初期状態と思って良い。 一人で盛り上がり、先走ってしまうと陥ってしまいがちな状態である。 相手の気持ちや状況を 完全に無視して自分の気持や妄想の中で相手を縛り付けようとする。 しかし相手は思い描いた妄想のような楽しい反応をしてくれるわけではない。 だから不安になる。 不安になればなるほど連絡せずに居られなくなり相手に求めるものが多くなる。 相手はそれを重苦しく感じるため、あなたとの距離を置くようになるのである。 その結果、好きな人や気になる人にメッセージを送っても返信は用件に関するだけのシンプルな内容となる。 他愛のない日常報告のようなメッセージに対しては既読スルーや既読すらつかないような典型的なパターンにハマってしまう。 妄想を膨らませれば現実とのギャップに苦しめられる 恋愛においてネガティブシンキングは良くないものである。 しかしポジティブに解釈し過ぎて一人で盛上がってしまうのも良くないものである。 妄想で盛り上がれば、必ず現実とのギャップに苦しむことになるからだ。 しかし世の中には妄想で浮かれる状態が好きな人が沢山いる。 妄想すること自体も恋愛の楽しみと言えばそうであるが、多くの場合、妄想で一喜一憂しているような人は幸せのゴールまで辿り着くことがでない。 繰り返しになるが妄想を膨らませれば妄想と現実とのギャップに苦しむことになり、言動も空回りするからである。 教訓として言えることは、 メールやLINEなどのメッセージに関しては、相手からのどんな表現に対しても、深読みしたり過度な期待してはいけないということである。 たとえハートマークがあったとしても、特別な意味など無いと思った方が良い。 仮にそれが本当に相手からのラブを表現したメッセージだったとしても、相手の気持ちに気が付かない鈍感な方が良い。 実際問題でそのような鈍感なタイプの人の方がモテる。 裏を返せば・・・ 世の中にはあなたと同じように、好きな人からのメッセージを深読みして言葉やスタンプ一つに意味を求め、有りもしない妄想を膨らませてしまう人は少なくない。 つまり、裏を返せばあなたが何気なく送ったメッセージに心を動かされてしまう人も少なからずいるということである。 極端な話、あらゆるメッセージの中にハートマークを含めるようにするだけで、それに反応してしまう人も世の中には沢山いるのである。 そしてその性質を悪用する人ももちろんいるということも覚えておくと良いだろう。 理由3. 相手からのLINEやメッセージを待ち続けている 好きな人からの返信を待ってはいけない 好きな人や気になる人からLINEやメッセージなどの連絡が来ると嬉しい。 なので自分がメッセージを送ったあとは、ずっとケータイに張り付いて相手からの返信を待ち構えてしまう。 そして、 返信が届くと何よりも優先させてすぐに返事を返そうとする。 しかし、相手からの連絡を待つようなことはしてはいけないのである。 それは相手からの返信を待ち続けることが相手から連絡が来なくなってしまう最も大きな原因だからである。 そして、相手にすぐに返信する行為もまた相手から返事が返ってこなくなる原因になるのである。 返事をすぐに返してはいけないと言うと、恋愛テクニックでよく言われるような「じらし作戦」と勘違いされることがあるが、そうではない。 じらし作戦などとは全く関係のない法則である。 返信を待つことが相手へのプレッシャーになる 好きな人や気になる人からの返信を楽しみに待っているくらいは良いじゃないかと思うかもしれない。 しかし、そういう気持ちは必ず 相手にプレッシャーとして伝わってしまう。 こちらがLINEやメッセージを送った後に相手からの返信をケータイに張り付いて待ち続けていると、相手からの返信が返って来た時には、他の何よりも優先して返事を返してしまうようになる。 嬉しいのと、早く返したい気持ちで返事を返さずにはいられなくなってしまう。 もちろん、ヒマな時やすぐに返事を返すことができる状況の時にはすぐに返事を返せば良い。 それが自然だからである。 だがこのように相手からの返事を心待ちにしている人の多くは、他の誰かと会っている時や仕事中などでも関係なく返信を返そうとしてしまう。 それはしてはいけないことである。 何故ならば眼の前の何よりも優先して返事を返そうとすることは不自然なことだからである。 もしもあなたがそのような返事の返し方をしているのであれば要注意だと考えたほうが良い。 そのような気持ちで相手からの返事を待ち続けていると、返事がしばらく返って来ないと不安になってしまう。 「届いてないのかな?」「勘違いさせてかな?」「何かあったのかな?」などといろいろなことを考えて、追いメッセージを送ってしまうことになる。 その時、相手にプレッシャーを与えないように関係の無い話題で様子を伺ったりするだろう。 しかしそんなことをしても相手からすればそれは同じである。 返事を催促されたと感じてしまう。 待たれると逃げたくなる 好きな人や気になる人からのメッセージを心待ちにすれば、それは必ず相手にはプレッシャーとして伝わってしまう。 相手を気遣って自分の気持ちを抑えながら控えめに対応していたとしても同じである。 誰かのLINEやメッセージに対して返事を返すと、その相手からすぐに返事が返ってくる人がいる。 一度や二度なら、たまたますぐに返事が返せる状態だったのだと思うことができるが、いつでもすぐに返事が返って来ると話が違う。 最初のうちは「マメな人だな」「レスポンスが早い人だな」程度に思っていても、それがいつもいつもだと返事を待たれているのだなと思うようになる。 やがてその人からのLINEやメッセージが届けばすぐに返事を帰さないと悪いような気がしてくるのである。 やがて相手からの返事が返ってくるのが早ければ早いほど、自分も「早く返事をを返さないといけない」というプレッシャーを感じるようになるのである。 すぐに返信を返さなければ、追いッセージが届いたりすればなおさらである。 鬱陶しい。 めんどくさい。 そのようなことが重なれば人はプレッシャーを感じて「早く返事を返さなきゃいけない」と追われるような気持ちになる。 そしてすぐに返事を返すのが「義務化」してしまうと、次は返事を返すのが面倒になってしまう。 加えて多くの場合は、好きな人や気になる人とは出来るだけ多くのやりとりをしたいと考えてやりとりをしているので適当に返事を返してもやりとりをなかなか終わらせようとはしてくれない。 やり取りを終了させたくても何度も何度もメッセージが届くのである。 早く返さなければというプレッシャーとともに時間も奪われてしまう。 そういうやりとりから人は逃げたいと思う。 面倒な人だなと考えるようになる。 その結果、自分からは連絡をしないようになる。 仕方なく返事を返す時には、なるべく早くやりとりが終わるような、素っ気ない淡々としたメッセージを送るようになる。 返事をすぐに返すのは不自然 LINEやメールの良い点は自分のタイミングでメッセージを送れるというところにある。 つまり、他に何かをしている時には無理に返事を返す必要がないツールである。 要するに、ツールの大前提として、LINEなどのメッセンジャーは 自分のタイミングで返事を返せば良いツールなのである。 他の人と会っている時や他に何かをやっている時に、それを中断してまで返事を返さなくても良いものである。 それを何よりも優先させて返事を返すというのはツールとして考えた時に不自然で気持ち悪い行為なのである。 あなたの中では普通かもしれないが、多くの人にとってはそれは不自然で気持ち悪い行為なのである。 モテる教科書では繰り返し繰り返し書き続けていることであるが、不自然な行為は気持ち悪さになる。 そして気持ち悪い人からは人は離れていくのなのである。 それを忘れてはいけない。 もちろん、いつもいつも返事を遅らせる必要はない。 先にも書いたが、ヒマで他にすることが無いときなどに届いたメッセージにはすぐに返事を返しても問題ない。 対策 好きな人からの連絡を待たない・すぐに連絡しない まずは好きな人や気になる人からの返事を心待ちにしないことである。 返事が来ても気づかないくらいののんびりとした気持ちで待つべきものである。 相手から返事が届いた時に、たまたますぐに返事が返せるような状況であればすぐに返事を返してしまって良い。 しかし何か他のことをしている時や誰かと会っている時くらいは、いくら好きな人や気になる人から連絡が来たとしても、目の前のことを優先してすぐに返事をしないようにするべきである。 よほど緊急を要する連絡でもない限り、空き時間などに返信すれば良いのである。 そうした生活リズムに合わせた自然なやりとりをするのが最も良いのである。 そうすれ 自然と「間」も良い感じになる。 例えば、生活リズムに併せて返事を返すようになると、相手が「もうそろそろ返信が来ても良いころだけどな・・・」とちょっと気になったりするようなベストな間隔でメッセージを送れるようになるのである。 この「間」というのは非常に大切で。 「間」が良ければ気軽なやりとりが継続できる。 早く返信を返さなければいけないというようなプレッシャーを相手に与えてしまうこともなくなる。 恋愛に限らず人間関係の全てにおいて言える事であるが、何かを意識して行動したり、意図的に何かを誘導したりするよりも、自然なスタイルで無理のない行動を心掛けた方が、あれこれ試行錯誤して作戦を練るよりもうまくいくことが多い。 そして何よりも無理がかからないので同じことを長続きさせることができる。

次の

LINEを返信してこない男性、4つの理由って?嫌われた…と悩む前に

好き な 人 から line が 来 ない

スポンサーリンク 好きな人からLINEが来ない時の対処法 送った文章を見直してみる 好きな人からLINEが来ない時は送った文章を見直してみましょう。 送った内容が返信に困るもの、返信しなくてもいいような内容であれば、相手からLINEは来ないでしょう。 例えば、「今日、〇〇なことがあったんだ、凄く面白かった」こんな内容を送られたらどう思いますか? 「へぇ~そうなんだ」としか思いませんよね。 相手が自分の事を好きであればそれなりに返信が来るでしょう。 相手も好きな人からLINEがくれば嬉しくてどんな内容でも返信したいと考えています。 しかし、恋愛感情の無い相手から上記の様な内容が来たところで、恋愛感情はありませんから返信する事は少ないでしょう。 他にも「今、誰か好きな人いる?」これもNGです。 相手に好きな人がいるのかは気になる所ですが、こんな質問されてもなんで答えなきゃいけないんだと返信に困ってしまいます。 自分が送られて、困ってしまう内容の文章は避けましょう。 それよりも、「今日凄い雨降ったけどそっちはどうだった?」とか「この間ピザの美味しいお店見つけたんだけどピザとか好き?」など比較的返信しやすい内容のLINEを送ると相手からの返信も見込めるでしょう。 返信が無いからと催促しない 返信が無いからと言って催促するのは止めましょう。 LINEはメールと違ってやり取りが全て時系列で並んでしまいますから、話題を変えるのが難しいのです。 しかし、だからと言って2,3日前のLINEの返信を求める様な事は止めましょう。 その話題には興味が無かったまたは、返信に困ってしまったと割り切り、違う話題でLINEを飛ばすのがいいでしょう。 そして、相手が興味を持って貰ったらその話題から話を拡げて行けばいいのです。 一度話題を投げて反応が無かったら違う話題をする様に心がけましょう。 スポンサーリンク グループに誘ってみる LINEの返信が無かった場合グループに誘ってみるのもいいでしょう。 2人きりのやり取りに慣れていない可能性もありますから、共通の知人がいれば協力してもらいグループを作るのもいいでしょう。 その方が、話題も飛び交いいい関係が築けるかもしれません。 まずは、グループで打ち解けてから、2人でLINEを始めてもいいのではないでしょうか。 頻繁に送り過ぎない 好きな人からLINEが来ない時に頻繁に文章を送るのは止めましょう。 既読にもなっていないのにドンドン色々な文章を送り続けるのは止めましょう。 そんな事をされては、返信の内容を考えていたのに次々違う事を送られてしまいログが流れてしまいます。 そうなると、相手も「めんどくさいな」と考え返信をしてくれなくなるでしょう。 出来るならば送った日に既読確認されたら1日待ってから次の文章を送る等の配慮をしましょう。 時にはLINEを送らない事も大切 好きな人からLINEが来ない時にこちらからも送るのを止めてみるのも手です。 所謂、じらしと言うやつですが、相手がどの程度自分に興味があるのかが分からない段階で使うのは少々リスクがありますが、毎日こちらからLINEを送っていたのであれば一度止めてみるのもいいでしょう。 毎日来ていた連絡が突然来なくなると、相手も「あれ?」と不思議に感じてしまいます。 そして、「どうしたの?」「大丈夫?」と連絡が来る可能性もあります。 この場合、相手はマメなタイプでは無いのかもしれません。 すると、もしかしらたあなたに興味を示しているかもしれませんから、未来は明るいでしょう。 スポンサーリンク 好きな人からLINEが来ないのは脈ありか脈なしか判断する方法 思い切って直接口頭で食事に誘ってみる 好きな人が自分とLINEでコンタクトできるにも関わらず、全くLINE連絡してくれない場合は、「きっとこの恋は脈がないんだなあ。 」と思ってしまう人も多いと思います。 でも、好きな人からLINEがなくてもあなたは両想いって場合もありますから、その確認をしないで恋を諦めるのはNGです。 まずは、あなたが好きな人のキャラクターをチェックしてみましょう。 女の人では稀ですが、男の人の中には、文字を使ってのLINE連絡が苦手な人がいます。 LINEはもっぱら電話としての機能を使っているという男性も少なくありません。 それから、仕事に命を懸けているような真面目な仕事一筋の人もLINE連絡のようなちょこまかと気をそらすようなことに構っていられないという心境の人もいます。 あなたの好きな人がスマホで文章を打つことを苦手と考えていたり、仕事で超多忙という場合であれば、思い切って口頭で食事に誘ってみましょう。 まずは、男女何名かのグループでの誘いからだんだんと二人きりになれる誘いに移行してみましょう。 グループでの誘いに乗ってこないようであれば残念ながら、LINEの連絡とは関係なしにあなたに今のところ脈はないということになります。 あなたの誘いに嬉しそうにいつでも乗って来るようであれば、この恋は脈ありです。 好きな相手の他人への行動を確認する あなたの好きな人がLINEを全然くれない場合は、あなたの好きな人が他の人へのLINE連絡を頻繁にしているかどうか確認しましょう。 もしも、あなた以外の人とは楽しそうに頻繁にLINE連絡している場合は残念ながら、あなたの意中の人はあなたの事を異性として全く興味がないと言えます。 その場合は潔く諦めてあなたももっと違う人と知り合って新しい恋に行くのがベストです。 あなたに気がないからといって、あなたにだけ全くLINEの返事をくれないような冷たい人を好きでい続けてもいい事なんてありません。 次を探しましょう。 あなたの好きな人があなただけでなくて、他の人にもLINE連絡をしていない場合は単にLINEが苦手ということも考えられます。 そんな場合は彼の目線や笑顔の方向をチェックしましょう。 彼の目がいつもあなた以外の人を追っていたり、いつもあなた以外の人を見て微笑んでいるようであれば脈なしです。 あなたがどんなに彼に視線を送っても彼と目が合う事がない場合や、目が合った時にあなたに笑顔を向けてくれず怪訝な表情をする場合も彼があなたに興味がないということになります。 スポンサーリンク あなたへの態度を確認する 最近はSNSで連絡を取り合うのが普通なので、その普通の連絡が来ないとなると絶望的な気持ちになる人もいますよね。 しかし、全世界の100%の人がSNSを毎日利用しているということでもないということを知っておきましょう。 LINE連絡が好きな人から来なくても、脈がないということではないのです。 SNSを利用するのが嫌いな場合もありますからね。 それから、敢えてLINE連絡をしないことであなたの気をひきたいと考える人もいることを知っておきましょう。 あなたの事が好きなのに、LINE連絡をくれない人は、SNSが嫌いかわざとあなたにLINEをしないことで自分を印象づけようとしている人です。 その場合は、彼のあなたへの態度ですぐにあなたの事が好きかどうかわかります。 あなたの頭をポンポンと優しく叩いて来たり、あなたへの軽いボディタッチが頻繁にある場合は脈ありです。 それから、好きな人の腕を触ったりなどのボディタッチをあなたがしてみましょう。 顔を赤らめたり、笑顔が絶えなかった場合も脈ありです。 LINE連絡をしてこなくても、いつもあなたの側で笑顔を絶やさず、あなたとの触れ合いを楽しんでいたら、その時は脈ありということなんですね。 お互いの目を見つめ合ったり、ハグを交わしたり、一気に二人の距離を縮めて恋人同士になってしまいましょう。 好きな人からLINEが来ないと嘆く前に対処しましょう いかがでしたか? 好きな人からのLINEですから、どうしても慎重に動いてしまいがちですが、慎重すぎてLINEが来ない来ないと悩むだけでなく、自分で出来る所から改善していく事で、相手からLINEが来る可能性があるのです。 小さな修正を続けていく事で大きな成功を手に入れる事が出来るのです。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の