豚バラ 下味冷凍。 【レシピ】 驚きの下味冷凍!豚ヒレ肉とピーマンのコチュジャン炒め

角煮は「冷凍」するとトロトロになるって知ってた!?【料理家テク】

豚バラ 下味冷凍

料理研究家の岩﨑啓子さんが実践する、角煮をやわらかくする画期的な裏ワザを伝授! 圧力鍋ナシ、長時間煮込む必要もないのに、箸で切れるほどやわらかくなる角煮のレシピって…? 角煮をやわらかくする秘密は「冷凍」! 肉は冷凍すると、肉の中に含まれる氷の結晶が膨張し、繊維がダメージを受けるためやわらかくなります。 その性質を応用したのがこの角煮レシピ。 角煮を冷凍するだけで、煮込まなくてもやわらかくすることができるのです。 冷凍期間が長いほど繊維へのダメージが大きくなるため、肉がやわらかくなります。 冷凍した角煮の保存期間は冷凍庫で2週間程度なので、期限近くのタイミングで食べるのがおすすめです。 冷凍でやわらか! トロトロ角煮レシピ 材料(6〜8人分)• 生姜(うす切り)…1かけ分• 長ねぎ(青い部分)…10cm A• 酒…大さじ4• 醤油…大さじ3• 砂糖…大さじ2 作り方 1 豚肉を下茹でする 鍋に豚バラかたまり肉、長ねぎ、生姜、豚肉がかぶるくらいの水(分量外)を入れて中火にかける。 煮始めはアクが出るので取り除く。 沸騰後はふたをして弱火で1時間下茹でする。 2 豚肉が冷めたら食べやすく切る 火を止めてしばらくおき、手で触れるくらいまで冷ます。 豚肉を取り出し、食べやすい大きさ(写真は約5cm幅)に切り分ける。 4 煮汁ごと冷凍用保存袋に入れて冷凍する 3の粗熱を取り、1食分ずつ煮汁ごと冷凍用保存袋に入れ、空気を抜きながら口を閉じて冷凍する。 冷凍庫で2週間程度保存可能。 5 冷凍した角煮を保存袋から鍋に移す 流水解凍で冷凍用保存袋の四隅を溶かすとスムーズに取り出せる。 脂身トロトロ、赤身やわらか! ワンランク上の味わいに 2週間冷凍した角煮は、冷凍前に比べると圧倒的に柔らかく、箸ですっと割れるほど。 脂身はトロトロで、赤身部分にも煮汁が染み込んでしっとり。 まるで、じっくり煮込んだような味わいです。 【こんなひと工夫も】煮汁にとろみをつけると角煮に絡む 角煮を器に盛り付けたら、鍋に残った煮汁を煮立て、水溶き片栗粉(片栗粉小さじ1強+水小さじ3)を加えてとろみを付けて。 角煮にかければ煮汁がしっとりとからんで、より美味しくいただけます。 お好みで練り辛子や白髪ねぎを添えても。

次の

人気の下味冷凍レシピ11選!@mami_tasu0208さん直伝のレシピを一挙ご紹介♪

豚バラ 下味冷凍

なんとなく想像つくけど「下味冷凍」ってどんなもの? 出典:instagram. com 主婦や料理できる女子からじわじわ人気になっている「下味冷凍」とは、食材に下味をつけて冷凍する保存方法のこと。 「下味冷凍」を使った料理のタイトルや説明でこの言葉が使われることもあります。 com 美味しくて簡単!と口コミで評判になるレシピ・保存方法が載った一冊。 食材を安い日にまとめて買って一週間分・二週間分一気に作ってしまえば、忙しい日も雨の日もいつでも冷凍庫から美味しい食材が入っているというわけです。 「下味冷凍」にはジップロックフリーザーバッグが最適! 出典: 下味冷凍をする際には冷凍用保存袋「ジップロックフリーザーバッグ」が大活躍します。 2本&2種類のジッパー付きで下味をつけるための液体漏れ防止• 指の感覚で閉めた感じがわかるウルトラジッパー採用• 下味冷凍から解凍作業までジップロックのままで可能• 食材を乾燥や酸化から守る厚手素材 など、安心して冷凍できるクオリティを備えているジップロックは最強アイテムです! 【鶏肉編】おいしい「下味冷凍」の味付け方法&レシピ 基本!やわらかい鶏胸肉の下味冷凍から解凍まで 出典: 胸肉の重さの1%分の塩・砂糖、10%分の水を入れて揉み込むだけの下味処理なのでとっても簡単! 冷蔵庫で1時間寝かせてから1枚分ごとにラップして冷凍します。 解凍するは自然解凍が一番おいしいですが、夜に作るなら朝イチに冷蔵庫に移してもOK。 時間がない時など料理によってはレンジで解凍しつつ火を入れてしまうのもおすすめです。 バジル粉• レモン汁• コショウ の調味料を刷り込んだらジップロックなどで冷凍すれば完成です! まさに一石二鳥!一度に2つの味が作れる鶏もも肉の下味冷凍法 出典: 食べやすいサイズに切ったら油・塩コショウを揉み込み、そのうちの半分をジップロックに入れます。 残った半分にはクミン・ナツメグ・一味唐辛子を投入してよく揉みこんだら保存袋へ。 これでシンプルな塩コショウ味に加え、香辛料入りのスパイシー味が一度の下準備で作れます。 根強い人気!美味しい鶏もも肉塩麹漬けの下味冷凍法 出典: お肉料理が格段に美味しく仕上がる塩麹なら、鶏もも肉に混ぜて揉み込むだけの超簡単な下処理!• 一口サイズに切る• 塩麹を揉み込む• 空気を抜いたジップロックで冷凍保存 たった3ステップで唐揚げにも炒め物にも使える万能味付き鶏の完成です! お弁当に時短ディナーに!鶏胸肉のやわらか蒸し 出典: タイ料理の定番「カオマンガイ」風のやわらか~い蒸し鶏も下味冷凍で作れます。 ピリッとしたアジアンソースでいただくもよし、サラダやチキンカツにするのもおすすめです。 ごはんが進む!鶏胸肉のにんにく醤油漬けを下味冷凍 出典: にんにく醤油の味付けが食欲をそそる鶏料理はコスパの良い定番料理のひとつ。 下味冷凍で常備しておけば、忙しくて時間のない夜でも解凍して焼くだけ!酒・みりん・醤油・みりん・チューブのにんにくで作れる最強レシピです。 大きめのままでOK!鶏もも肉のソテー用下味冷凍法 出典: 大きい鶏肉を買ってきたら不要な脂をとってスジを切り、調味料を揉み込むのみです。 スジ切りも味付けも終わっているので解凍後ソテーするだけで立派なメインディッシュが作れます。 下味冷凍で簡単!塩麹の効いた鶏の唐揚げ 出典: 塩麹を揉みこんで下味冷凍した鶏肉を使えば揚げる作業のみでアツアツの本格唐揚げが楽しめちゃいます。 焦げることがあるのでやや低めの温度で揚げるのがポイントです。 トマト缶で作る!鶏胸肉のトマト煮込み 出典: 和風の味付けや唐揚げに飽きたらイタリアンなトマト煮込みもおすすめです。 片栗粉のとろみを野菜のうまみたっぷりのメインレシピも下味冷凍のチキンを使えば時短調理OK! 【豚肉編】おいしい「下味冷凍」の味付け方法&レシピ 安い豚肉でもやわらか!旨味もアップの豚こまケチャップ 出典: 「下味冷凍」ジャンルの中でもケチャップ味はおいしくできるので定番中の定番。 しかもケチャップ効果でお肉が柔らかくなって旨味もアップできるという下味冷凍にとって心強い味付けです。 酸味があとひく酢豚風豚こまバーグ 出典: ケチャップで下味冷凍した豚こまを使った酢豚風の調理アレンジは食べやすく小さいお子さんから大人まで楽しめるレシピ。 解凍したお肉の形を整えながらとろみをつけるのがポイントです。 野菜と卵も入りつつ、マヨネーズを加えれば食欲そそる一品が時短で作れます。 時短煮込みでおいしい肉じゃが!豚こま玉ねぎを使った定番レシピ 出典: 麺つゆで下味冷凍した豚こまを使っているので、順番に食材を煮込んでいくだけで作れる肉じゃがは女性の強い味方。 味付けが麺つゆでできちゃうところも時短レシピならではです。 フライパンで揚げ焼きにするので油っこすぎず、旨味たっぷりの下味冷凍レシピです。 中華調味料を効かせた下味冷凍タラのパン粉焼き 出典: タラの骨を取って下処理、味付けをして一晩以上冷凍します。 レンジで作れて栄養価も高いのでダイエット中の女性にもおすすめの下味冷凍レシピです。 家族で食べれるボリューム感!味噌ヨーグルトで下味をつけた鮭のちゃんちゃん焼き 出典: 鮭に玉ねぎ・キャベツ・しめじといえば、ちゃんちゃん焼き。 味噌とヨーグルトで鮭に下味がしっかりついているのでお店に負けない味が楽しめます。 下味冷凍で差がつく!あっさりで美味しいタラの唐揚げ 出典: タラの下味冷凍を作っておけば揚げ物も簡単にできちゃいます。 タラを入れていた袋に薄力粉を入れて揉み込み、片栗粉も同じ袋の中に入れて粉作業が完結できます。 フライパンで揚げられるのでとってもお手軽レシピ! 鶏肉よりもさっぱりいただけるので女性のお酒のお供にもおすすめです。 まとめ 出典:instagram. com さてさて、「下味冷凍」の味付けやレシピを食材別にたくさんご紹介してきました。 お肉から魚まで味付け次第で本当に様々な味付けを楽しめて、調理時間を短縮できるのが何よりのメリット。 週に一度でもしっかり料理の時間が取れる人にはかなりおすすめです! 忙しい日でも30分とかからずにしっかり手作り料理を食卓に並べることができるので、健康的にも自己充実感的にも最強の調理法。 たとえば時間のかかるメイン料理にしぼって1週間分作るのもいいですし、平日のお弁当分だけなんて作り方もありです。 「下味冷凍」テクを身につけると女子力もかなり上がります。 男性から見てもこういう下ごしらえ的保存がサクッとできる女性はしっかり者にうつるもの。 あなたもぜひ「下味冷凍」で時短スマート調理にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?.

次の

人気の下味冷凍レシピ41選&アプリ4選♪忙しい日は簡単時短調理

豚バラ 下味冷凍

stykさん 下味冷凍とは、その名のとおり食材に下味をつけてから冷凍保存しておく調理方法。 豚肉を始め、鶏肉や魚介類も長く保存できるようになることから、忙しいママたちの味方となっている調理方法です。 味がついた状態で冷凍されているので、解凍後は他の食材と合わせて火を通すだけで、あっという間に一品が仕上がります。 一週間分まとめ買いする派の人にも、下味冷凍がおすすめ!食材を買ってきたその日に、ジップロックの中へ調味料と食材を入れて冷凍しておけば、一週間分のごはんの下準備をたった一日で済ませることができます。 また、下味をつけて冷凍することで、食材にしっかりと味がしみ込み臭み抜きも同時に実現!ただ時短になるだけでなく、実は至れり尽くせりな調理方法なのです。 そのメリットと気をつけておきたいポイントについて、まとめました。 ・下味冷凍を活用することで食費も時間も節約できる 出典:photoAC 下味冷凍は、節約志向の人にこそ試してもらいたい調理方法。 1週間分の材料をまとめ買いして、使いきれず腐らせてしまったという経験はありませんか?下味冷凍の手段を知っておけば、食品ロスの削減もできるのです。 スーパーの特売日にまとめ買いをすれば、食費のカットも可能!調理時間はもちろん、毎日献立を考える手間もなくなるので、メリットの大きい調理方法だと言えます。 ・下味冷凍するときは食材を先にカットしておこう! 出典:photoAC 上手に下味冷凍をするポイントは、ジップロックなどの冷凍対応密閉袋へ入れる前に、食材をカットしておくこと。 食べやすい大きさにカットしてから下味冷凍をすることで、味のしみ込みが早くなるだけでなく、解凍後すぐに使えるというメリットも生まれます。 冷凍前に全て食材をカットしておけば、ごはんの支度をするときに包丁を使う必要もナシ!調理時間を短くするためにも、必ず冷凍庫へ入れる前に食材をカットしておきましょう。 ・冷蔵庫・レンジ・流水で解凍してから料理をスタート! 下味冷凍をした食材は、基本的にあらかじめ解凍してから料理に使用します。 食材を解凍する方法は、一般的な冷凍食材と同じ。 冷蔵庫の中で時間をかけて解凍する方法、電子レンジの解凍モードを利用する方法、流水で解凍する方法、どの方法を選択してもOKです!流水で解凍するときは、解凍の途中で袋の中に水が入らないよう注意しましょう。 ・下味冷凍に使用する保存袋は使い捨てのものを 出典:旭化成ホームプロダクツ 下味冷凍で使う保存用の袋は、「ジップロック」など使い捨てのものを利用するのがおすすめ。 長くても、1カ月以内に使い切るのがベスト。 挽き肉など空気にふれる面の多い食材は、2週間に使い切るようにしましょう。 いつ冷凍したものか忘れてしまうという人は、保存袋の表面に消費期限を書いておくのがおすすめ!パッと一目でいつまでに使えばいいのかがわかるので、使い忘れを防止することができます。 小分けにして冷凍するだけじゃもったいない! 下味冷凍を活用して、豚小間切れを使った料理の種類を増やしましょう。 ・解凍して炒めるだけで一品完成!豚小間切れ肉の生姜焼き 出典: ig. stykさん ごはんと相性ぴったりのおかずとして知られる、豚の生姜焼き。 実は、この豚の生姜焼きも下味冷凍の技を使えば、あっという間に仕上げることができます。 密閉袋の中に豚の小間切れとしょうゆや砂糖、みりん、しょうがチューブなどの調味料を入れます。 玉ねぎもいっしょに入れておくと、解凍後炒めるだけでお肉も野菜も入ったおかずが一品仕上がるのでおすすめです! 出典: ig. stykさん 冷蔵庫などで解凍したら、あとはフライパンで炒めるだけ。 ) 1. 玉ねぎは、繊維に対して直角になるよう1cm幅にカットします。 にんにくの芽は、4〜5cmの長さの斜め切りに。 えのきたけは、石づきの部分を切り落として全体の長さが半分になるようカットし、全体をほぐしておきましょう。 豚肉に火が通れば火を消して、別のお皿に入れておきましょう。 空いたフライパンへバターを入れて熱し、最初にカットしておいた野菜を入れて炒めます。 軽く塩を振って味をつけ、火を通しておいた豚小間切れ肉を戻していっしょに炒めましょう。 器にごはんを盛りつけて、フライパンで炒め終わった具材を乗せます。 <下味冷凍に必要な調味料>(豚ロース肉2枚200gあたり) ・塩麴…20g(豚ロース肉の重量に対して10%の量) ・こしょう…適量 密閉袋へ豚ロース肉を入れる前に表面の水分をしっかりふき取り、筋切りをしてお肉をたたいておくと、解凍後の手間を減らすことができます。 塩麴は、『marukome(マルコメ)』の「プラス糀 生塩糀」がおすすめ! キャップつきのパウチタイプなので、下味冷凍の下準備もラクラク行うことができます。 <材料>(2人分) ・小麦粉…大さじ1 ・溶き卵…大さじ1 ・パン粉…大さじ4 ・サラダ油…大さじ3 ・とんかつソース…適量 ・レモン…適量 ・からし…適量 <作り方> 1. 解凍した豚ロース肉の表面についている塩麴をふき取り、小麦粉・溶き卵・パン粉をつけます。 フライパンにサラダ油を熱して、衣をつけた豚ロース肉を投入。 衣がきつね色になれば裏返し、両面こんがり色づけば揚げ網に取りだしておきましょう。 わかめをよく洗って一口大にカット、白菜はざく切り、長ねぎは斜め切り、しめじは石づきを取って小房に分けておきます。 フライパンで解凍しておいた下味冷凍の豚バラ肉を、片面2〜3分ずつ焼いて香ばしく仕上げましょう。 鍋にスープの材料である、鶏がらスープのもとと昆布だしを入れて加熱します。 カットしておいた白菜・長ねぎ・しめじを入れて3〜4分煮てください。 スープにわかめを加え、うすくち醤油で味を調えます。 器にうどんを入れてスープを注ぎ、香ばしく焼き上げた豚バラ肉をトッピングしましょう。 お好みで小口ねぎとゆずこしょうをトッピングして、味わいに変化をつけてみてください。 下味冷凍のワザを駆使すれば、均等に味がつくのはもちろん、パーティー向け料理も簡単に仕上げることができます。 下味冷凍しておいた豚肩ロース塊肉は、調理を行う前日に冷蔵庫へ移動させ、解凍を始めましょう。 焼く1時間〜30分前になれば、冷蔵庫から取り出してお肉を常温に戻しておきます。 オーブンを180度に予熱。 予熱が完了したら、オーブン皿へアルミホイルを敷いて豚ロース塊肉を乗せ、20分加熱しましょう。 20分経過したら、オーブンを開けて豚肉に竹串をさします。 中から出てくる肉汁が透明であれば、中まで火が通っている証拠。 好みの厚さにカットして、お皿に盛りつければ完成です。 お好みで、スライスしたカボチャなどの野菜をお肉といっしょにオーブンへ入れてもOK!色味がプラスされるので、おもてなしのときにもぴったりです。 比較的安く手に入る豚肉は、下味冷凍に最適な食材のひとつです。 安売りの日にたっぷり買い込んで、下味冷凍をしておけばその後のごはんの準備がすごく楽になります。 今回ご紹介したもの以外には、味噌やケチャップなども下味冷凍によく使われる調味料。 茄子などの野菜といっしょに下味冷凍をしても、おいしく味わえます。 下味のレパートリーを増やして、スマートに料理をこなしていきましょう! 外部サイト.

次の