ナンバーズ 沢村。 沢村栄純(act2)の能力をパワプロ2018で再現 ※パワナンバーあり

【ダイヤのA】沢村の球速は?現在の球速と過去の球速を調査!

ナンバーズ 沢村

5 初期評価20 SR ,25 PSR Lv. 15 コツレベボーナス2 Lv. 20 初期評価30 SR ,35 PSR Lv. 30 初期評価40 SR ,45 PSR Lv. 37 SR上限開放時 初期評価50 Lv. 40 SR上限開放時 初期評価55 Lv. 特に投手時は 表示査定288 と 表示査定144 で 計432もの査定値を上乗せ可能なため、育成選手の査定を大幅に伸ばせる。 得意練習の組み合わせが優秀 スタミナと変化球の2種類の得意練習を持っているため、 変化タッグで大量経験点を稼ぎつつスタミナタッグでスタミナの直上げをすることが可能。 タッグ性能が高い 練習効果UP・やる気効果UPを持っており、 得意練習2種持ちでありながらタッグボーナスの値も高いため、タッグで稼げる経験点がかなり多い。 全レアイベでいいヤツ取得可能 全レアイベ成功でを取得でき、チームメイト評価を上げやすくなる。 序盤に取得できれば育成をかなり有利に進められる。 使用する際の注意点 初期評価が低くイベントでの評価UP量も少ない Lv35時点で初期評価が40とかなり低く、イベントでの評価UP量も少ないため、タッグ発生が遅くなりやすい点に注意したい。 新・青道以外のコラボシナリオで使用不可 であるため、やといったコラボシナリオでは使用不可となっている。 [不動]沢村栄純のシナリオ適正 最強シナリオ適正 A以上のみ クロスナイン: A ・との組み合わせで虹特を入手可能 ・全レアイベでの取得 新・青道高校: S ダイヤのAキャラのため、シナリオ金特一種増などの様々な特別効果をもたらす。 特に「バックアップ経験点2倍」効果のある青心寮イベをいつでも発動できるようになるのはかなり嬉しい。 初期評価が低く、初回タッグの発生が遅くなりやすい点に注意。 マントル辺境高校: S コツイベ率UP持ちかつメイン得意練習スタミナのため、方石採掘場の設計図を入手しやすい。 得意練習2種によりダイナマイト練習を発生させやすく、高いタッグ性能によりダイナマイト練習で大量経験点を稼げる。 シナリオ適正一覧.

次の

ナンバーズ34 ナンバーズ定番サイト

ナンバーズ 沢村

「エースには俺がなる!エースの中のエース!! キングオブエースに!! まっすぐさと闘志を剥き出しにした負けん気の強い性格で、よく「 おしおしおーし!」と吠えている。 実家は父、母、祖父の四人暮らし。 当初は地元の高校に進学して仲間と共に野球を続けるつもりであったが、中学最後の試合を観戦した野球部副部長兼スカウトのにその才能を認められ、渋々ながら見学に訪れた青道でと出会い、地元の高校に進むか野球留学で高い技術を身につけるかの板挟みになるが、自分の力を試すため、仲間の後押しと共に青道への入学を決めた。 今まで本格的な指導を受けていなかったのと、野球はもっぱらやるだけで見るということをしてこなかったため、野球の細かい知識は抜けている。 素直で単純なため他人には馬鹿にされたりからかわれることも多いが、野球に関しては人一倍熱心でありその点は他の部員にも認められている。 感情豊かで何かとすぐに泣き出すでもある。 入部当初からその熱い性格や言動が周囲の反感を買うことも多かったが、との衝突を機に、それまで自分に欠けていた投手としての大切なことを教わり、努力を重ねる姿はチームメイトからも少しずつ認められはじめた。 基本的に自分が尊敬する相手には礼儀正しいが、上級生であっても入部から振り回されることの多い御幸は苦手としており多少反抗的で、タメ口で話している。 また調子に乗りやすいことから試合中味方から罵声やヤジを受けることが度々ある。 学業成績は悪く、の知識に至っては 分数で止まっているほどだが、1学期の期末試験はの指導もあって、は回避できた。 とは互いに「春っち」「栄純君」と呼び合う。 同学年で同じポジションのをライバル視している。 1年生時 夏の大会にて、・と同じく一軍入りしており、いつも一緒にいることが多い。 寮では、と同室である。 倉持からは関節技をかけられたりパシリにされている。 さらには携帯電話で地元のとのメールのやり取りを勝手に返信される等の目に遭っている。 金丸と共にマネージャーのと同じクラスであり、自覚はないが気になる相手として意識されている。 選手として 1年生時 タイミングの取りづらい変則的なフォームとキレのあるクセ球が持ち味。 数少ない左投げ投手でもある。 投手に専念していたためフライもまともに捕れなかったり、打撃面はトスバッティングの球すら空振るなど投手以外の技術は壊滅的だが、 だけは天才的に上手く、マシンの150kmのボールにも当て、勢いを殺してライン上に転がすことを容易くこなす。 闘志を前面に押し出す姿勢は試合の流れを引き寄せ、多少のピンチにもほとんど動じずぶつかってゆける精神の強さといった「エース」としての稀な資質を持ち、その才能の原石の大きさに指導者陣や捕手の御幸、クリス、また対戦した相手校の監督なども将来性を感じている。 夏大会後はにより調子を崩すも、秋季大会で初先発登板した戦でイップスを克服。 フォーシームを取得して以降、以前のフォームほどクセ球ではなくなったがボールのキレは増した。 ピッチングの幅を広げるためコーチの助言により、の取得に取り組む。 結果、通常の握りのチェンジアップと鷲掴みで握る高速チェンジアップの取得に成功し、ムービングのさらなる発展の兆しを見せた。 2年生時 本作の2年生編であるダイヤのAactIIでは2018年10月3日に発売された44号 actII141話 にて読者共々、 念願のエースナンバーを得る。 第1期も合わせ、約12年 冊数は60巻 にも及ぶ長き道のりであった。 しかしこれがゴールではなく、ここからが本当の物語である。 最高球速は138キロとなり、ムービングファストを発展させ、、、縫い目に指をかけないゼロシームなどに派生、変化球も降谷の十八番であるも投げるようになり、更には以前から投げていたを改良し、 打者の手前で消えるような感じで鋭く、大きく曲がるという異次元の変化をするようになった。 まさに 七色の変化球を投げるエースと言える存在となったが、制球に課題が残るものも多く、更には実戦レベルには至っていないが、 これ以外にも数球種隠し持っている…とのこと。 青道のエースとして今後の成長に期待がかかる。 関連イラスト.

次の

【ダイヤのA】沢村の球速は?現在の球速と過去の球速を調査!

ナンバーズ 沢村

データにない本格派投手に青道の1,2番コンビはあの手この手で動揺を誘い、ノーアウト一・二塁の好機を演出します。 その後3番白洲のスリーランで火が付いた青道打線は一挙6点を獲得し、沢村を援護しました。 沢村は先頭打者に内角高めでストライクを取ります。 2球目はファールで2ストライクに。 捕まえきれないと悔しがる打者を見て、大振りだけどスイングは鋭いと感じる御幸。 しかも徹底して低めを狙ってきていました。 御幸はコースは甘くてもいいから、まずは今日のナンバーズの状態を知りたいと考えます。 一方ベンチで見守る奥村と由井は、遊び球はいらないと思うけど、その日によって変わるのがナンバーズだと考えていました。 ここで3球目を投じた沢村。 打者はストレートだと考えてバットを振りますが、それはナンバー7のカットボール改でした。 結果、空振り三振を奪うことに成功し、青道の応援団は盛り上がります。 打者はベンチに帰りながら次の打者に向けて、ボールが消えたぞと忠告します。 次の打者は5番ピッチャーの卜部。 卜部は法兼の選手たちの声援を浴びながら、このままじゃ終われないと並々ならぬ思いでバッターボックスに立っていました。 シニアコーチに勧められるまま名門・帝東へと進学したものの、周りとの熱量の違いにただただ圧倒された卜部。 ここで3年頑張っても、この人たちには届かない。 そう考えた卜部は入部3日目に休んでしまい、顔を出しづらくなってわずか2週間で退部しました。 誰かと仲良くなる前だったので後ろめたさもなく、簡単に辞めることが出来ました。 しかし小・中と6年間それなりに一生懸命やってきた野球の代わりを見つけるのは簡単ではありませんでした。 転校するきっかけはネット。 アメリカ流の練習をする高校があるという何かの記事を読んだのです。 裏切ってしまったシニアのコーチや両親も、卜部が転校して野球がしたいと言ったら喜んでくれました。 今日も仕事を休んで応援に駆けつけてくれているのです。 そして沢村の球をファールにする卜部。 そんな卜部に「見えてるよ!卜部っち、ぶっ飛ばせ!!」と法兼の選手たちが声援を送ります。 この学校でやってきたことを全部、親やコーチ、チームメイト、監督、お世話になった人全員に見てもらいたいと考える卜部。 沢村は自分の失点をバットで取り戻そうとしている卜部の気持ちが、とてもよく理解できました。 そのため感情移入して鼻息荒くサインに頷く沢村を見て、卜部の力みまで伝染させるなと不安を感じる御幸。 しかし沢村はこの夏だけは譲れないんだと、心の中で謝りながら卜部に2球目を投じました。 卜部はその球を打ち、打球はファーストの正面へ。 前園がキャッチして自らベースを踏み、2アウトとなります。 青道の選手たちは、ナイスボール!と沢村に声を掛けます。 一方ベンチに戻ってきた卜部に、抜けてたら長打コースだ、惜しかったと声をかけるチームメイト。 高めを捨てて低めにだけ狙いを絞るという法兼の作戦は極端な指示ですが、これは明らかに実力が上の相手にしか出せない策でした。 考えすぎてプレーを小さくするくらいなら、開き直って全力でプレーをしてほしいという法兼の監督の狙いがあったのです。 一振りで流れを変えられるのが野球だ。 珍しく一発でいいところに決まったと満足気な沢村。 御幸はボールの状態を確認したかっただけでしたが、まぐれが一回目に来たと笑顔を見せます。 しかしこれは効果絶大で向こうのベンチも動揺するだろうと考えながら、法兼の監督を見つめる御幸。 法兼の監督は呆然とした様子でマウンドを見つめていました。 手を出してこない高めにはストレートを集め、狙い球の低めにはスプリットを。 そんな御幸のリードは低め狙いのバッターには悪魔のようなリードだと感じる奥村。 そして沢村は高めのストレートで空振り三振を奪うのでした。

次の