えきねっと 事前 受付。 【えきねっとトクだ値】がおトク!割引率や事前予約の注意点も!

えきねっとの事前受付を利用してみてわかったこと

えきねっと 事前 受付

広告 「事前申込」と「10時打ち」 まず大前提として、新幹線は、1列車あたりの席数が多いので、1ヶ月前の午前10時に並ばなければ指定席券が取れない列車というのは、それほど多くありません。 とくに東海道・山陽新幹線は列車本数も座席数も多いので、あまり心配しなくていいでしょう。 一方、取りにくいのは、帰省シーズンの「はやぶさ」「こまち」などです。 こうした列車の指定席券を確保するためには、発売日の午前10時に駅に並ぶことになります。 しかし、そんな時間に並べない人のほうが多いでしょうから、JRの一部の駅では「指定券の事前申込」を受け付けています。 これは、事前に「10時になったらすぐに手配をしてくれ」という申し込みができるサービスで、「10時打ち」とも言われています。 「事前申込」はJRの公式サービスで、「10時打ち」は、非公式サービスと考えればいいでしょう。 主要駅のみどりの窓口で対応してくれますし、旅行会社でも受け付けてくれる店舗もあります。 ただし、いずれも希望の席を必ず入手することを保証してくれるわけではありません。 「10時打ち」のルールと申込方法 「10時打ち」は公式サービスではありませんので、ルールは駅や旅行会社によって少しずつ異なります。 一般的には、発売日の朝早く着た人から順番に受付をおこない、10時になったら駅の係員がマルス(コンピュータ端末)をその順番に打っていきます。 申込者は10時に駅にいる必要はなく、後で窓口を訪れて確保できた指定券を購入します。 そのため、全ての人が10時きっかりに打ってくれるわけではありません。 また、発売日以前に受付を行っている駅もありますし、旅行会社も同様です。 旅行会社はお得意さんに限ってサービスとして行っている場合もあるようです。 人気列車でも使えるサービス 「10時打ち」は、新幹線以外にも、豪華寝台特急の展望室など、人気列車の人気席の確保にも使われてきました。 JRはほとんどPRしないので、知る人ぞ知るサービスですが、知っておくと便利なサービスともいえます。 広告 「10時打ち」実施窓口では、発売日10時に指定券は買えない? 「10時打ち」を実施しているみどりの窓口では、発売日の午前10時に駅を訪れても、「10時打ちを申し込んだ人優先」とされて、すぐに指定券を発売してくれない場合があります。 そのため、午前10時にみどりの窓口を訪れるなら、「10時打ち」対応をしていない駅に行く方がいいかもしれません。 できない場合もある 何度も書きますが、「10時打ち」は公式サービスではありません。 そのため、「できない」と断られても抗議などはしないでください。 小さな駅では人手の問題もありますし、マルスが一台しかない駅では実施しにくいサービスなのです。 対応駅や対応旅行代理店で申し込みましょう。

次の

JRえきねっとの事前受付が残念な仕様だった件

えきねっと 事前 受付

JR東日本えきねっとできっぷを予約 「 えきねっと」はJR東日本の運営するウェブサービスです。 JR西日本は「えきねっと」ではなく、「」というサービスになります。 「えきねっと」は主に新幹線の予約や特急券の指定席きっぷの事前予約・決済をパソコンやスマートフォン上から簡単にできるサービスです。 その他にもJR東日本の国内ツアー商品の申し込み、鉄道グッズのショッピングなど、様々なサービスがあります。 ツアーの場合にはJRの鉄道と宿泊がセットになっているものが多数あります。 えきねっと新幹線の事前予約方法 えきねっとできっぷの予約をする際には「 JR券申込サービス」に会員登録をする必要があります。 これはパソコンからでもスマートフォンからでも携帯電話からでも簡単に登録することができます。 ブラウザから空席状況を確認しながら申込でき、乗換や運賃などを調べたり、乗り継ぎを調べたりすることができるので、便利です。 スマートフォンで予約する場合にも同様で、専用のアプリではなく、ブラウザからの利用となります。 この予約後も、「きっぷ受け取り前なら」急に予定が変わっても「変更・払い戻し」が可能です。 きっぷの受け取りと支払いは駅の 「指定席券売機」、「みどりの窓口」、「びゅうプラザ」で受け取ることができます。 えきねっとの「トクだ値」 えきねっとのトクだ値はえきねっと会員限定・インターネット予約限定のきっぷで、通常の料金よりもお得な割引きっぷです。 しかも、乗車日13日前の午前1時40分までに申込むことで、通常の「トクだ値」より、さらに割引率の高い「 お先にトクだ値」もあります。 通常、こういった割引きっぷは繁忙期は使用できないものですが、 えきねっとのトクだ値は年末年始やお盆などでも使えるので便利です。 1度の申し込みで6名まで予約が出来るので、友達や家族との旅行にも使いやすいです。 こちらも出発6分前まで変更は自由ですが、きっぷ受け取り後の変更はできません。 また払い戻しの場合には払戻手数料がかかります。 また、指定列車の乗り遅れなどは無効となり、違う列車に乗ることはできませんし、返金もできません。 えきねっとで申込み可能な列車 新幹線は北海道新幹線から東北・山形・秋田・上越・北陸・山陽・東海道新幹線、九州新幹線にいたるまで全て予約が可能です。 在来線の特急もエリアごとに、えきねっと特典対象列車があります。 (中央本線のあずさ・かいじも予約可能です) この他、JRの観光列車もあります。 また、「シートマップ申込サービス対象列車」もあります。 これは自分で空席の中から好きな座席を選ぶことができるサービスです。 窓際が良かったり、一緒に行く人と向かい合って乗ったりする際に便利なサービスと言えます。 えきねっとの予約キャンセルと払い戻しとサポートセンター 予約キャンセルと払い戻し方法ですが、まずインターネットで予約が成立する前の段階では手数料もかかりません。 また、「自由席」または「乗車券」の場合にも有効開始日の23時までに取り消しを申し込めば取消手数料はかかりません。 ただし、「乗車券」のみの取り消しはパソコンからしかできません。 例えきっぷを受け取らなかった場合にも、この取消手続きをしなかった場合、クレジットカードに購入予定の金額は全額請求されるので注意が必要です。 指摘席の場合には1席につき取消手数料がかかります。 「えきねっと特典対象列車」の取り消しの場合には310円かかります。 この場合も乗車日の出発時刻6分前かつ、22時54分までに払戻手続きをする必要があります。 えきねっとのサポートセンターの電話番号と受付時間は以下になります。 7時00分~23時00分 電話番号:050-2016-5000 えきねっと公式ウェブサイトはこちら。

次の

えきねっとトクだ値の事前受付で惨敗した話

えきねっと 事前 受付

スポンサーリンク えきねっとの事前予約とは? もうすぐゴールデンウィークですね。 今年は天皇の退位もあるので、最大10連休になる企業もあるのだとか。 楽しみで仕方ない人も多いかと思います。 大型連休になると、家族やカップルで遠出をしたりというのが定番ですが、移動手段のひとつとして新幹線や特急列車があげられると思います。 しかし、新幹線や特急列車を予約する「えきねっと」と呼ばれる、JR東日本が管轄しているウェブ上での乗車券の予約サイトが非常に分かりづらいのです。 今回はそんな分かりづらい「えきねっと」の事前予約について徹底的に調べてみました。 まず、遠出の際の移動手段として、新幹線や特急列車を代表とするJRか、ANAやJALを代表とする飛行機に分かれるかと思います。 飛行機は「早割」などがあり、早期に予約しただけお得になりますよね。 とてもわかりやすいシステムだと思います。 しかしJRのえきねっとにはそのシステムがないのです。 JRの指定席の予約開始は、乗車日1ヶ月前の午前10時です。 たとえば5月1日に新幹線に乗りたい場合、その指定席の予約開始日は、1ヶ月前の4月1日の午前10時です。 これは大きな駅にある「みどりの窓口」でも同じです。 もっというと、旅行代理店などでJRと宿がセットで売られていると思うのですが、その際のJRの予約でさえ、この乗車日の1ヶ月前の午前10時に販売が開始されます。 しかし、 パソコンやスマートフォンのえきねっとのサイトでは、その事前予約の更に1週間前から予約が出来るのです。 つまり、5月1日に新幹線に乗りたい場合、3月25日(同曜日)の午前5時30分から4月1日の午前9時54分までの間で、事前予約が可能となるのです。 事前予約ではなく「事前受付」である と、ここまで「事前予約」と言っていましたが、実は本当はこのシステムは「 事前受付」と呼ばれています。 事前受付と事前予約、何が違うの?という人もいるかもしれないので、一応ご説明しておきますね。 上で説明した通り、えきねっとに登録しておくと、指定した列車の予約の申込みを受け付けてくれる、つまり「事前受付」が可能になるのです。 ただし、受付るだけなので、希望した列車に事前受付が殺到したときは、購入の成立も抽選となるので注意が必要です。 事前受付に申し込んだだけでは、座席の確保はされないということですね。 お盆や年末年始などは特にどの列車も人気で抽選になるので、事前受付に申し込んだだけでは安心できません。 ただ、年会費などは無料なので、世間の長期休暇に度々JRで帰省する人などには、とてもお得なものだとは思います。 えきねっとの事前予約。。。 あ、 事前受付の確率についてはこちらの記事を参考にしてみてください。 実はえきねっとで事前受付を済ませたからといって、100%座席が確保できる保証はないのです。 上述した通り、あくまでも、 「予約は乗車日1ヶ月前の10時からしかできないけれど、一応予約を預かるよ」というシステムです。 事前予約された予約は、乗車日1ヶ月前の10時以降に順次予約受付をされて、予約の成立・不成立を、登録してあるアドレス宛に送ってくれます。 もしえきねっとに登録せず、乗車日1ヶ月前に「みどりの窓口」に並んだり、えきねっと以外から新幹線などの予約を取ろうとするのは、既に出遅れているのです。 従って、予約が殺到しそうな長期休暇などで新幹線や特急列車を利用する際は、えきねっとで事前受付を済ませておくのが望ましいです。 事前受付のキャンセル料は 事前受付を済ませ、その受付が無事に成立した後のキャンセル料は、 「えきねっと特典」が適用の場合は1枚の切符につき310円です。 意外と安いですよね。 安いが故に、えきねっとで事前予約を済ませ、乗車日の1ヶ月前の10時には万が一に備えて再度チケットを購入する人も多いということです。 チケットが取れずに旅行に行けないとなるよりは、1枚310円のキャンセル料を支払ってでも、チケットが取れるほうが断然良いですもんね。 ちなみに、乗車1ヶ月前の午前9時54分までは、事前受付を済ませている場合でもキャンセル料は無料です。 先ほども記載しましたが、ただの「事前受付」の段階なので、ここでキャンセル料が発生したらおかしいですもんね。 ちなみに、 「えきねっと特典」の適用外の場合は、乗車日前々日23時40分までで1枚330円のキャンセル料が取られます。 乗車日前日~出発時刻前まででは指定券の30%のキャンセル料が取られます。 キャンセル料に関しては、飛行機よりも良心的な金額に抑えてくれているような気がします。 スポンサーリンク えきねっと事前予約は先着順で受け付けされる? えきねっとの事前予約は、 実は先着順ではなく、ランダムに受付がされていると言われています。 実際に2件事前受付したけど、あとから予約した方が予約が成立したという人もいました。 先ほど、えきねっとの事前予約の開始日は、乗車日の1ヶ月1週間前の午前5時30分からと記載しました。 先着順ですと、遅くても朝5時20分ごろからはスマホやパソコンとにらめっこしていなくてはなりませんよね。 朝早くに、しかもそれがお仕事の前や学校の前ともなると、気持ち的に余裕がありませんよね。 しかし、先着順ではないということで、少し気が楽になった方も多いのではないのでしょうか。 先着順ではないにしても、繁忙期のお出かけは皆さん出発日も帰省日もかぶる傾向にありますし、なるべく早めに事前予約を済ませておいたほうが良いと思います。 えきねっと事前予約の座席指定方法は? 残念ながら、 えきねっとの事前予約では座席の指定ができません。 座席指定方法は、えきねっとでの事前予約はせず、通常の申し込みをする以外にありません。 普段の平日や土日の連休クラスであれば、このような座席指定方法は可能ですが、さすがに長期休暇クラスの連休になると、座席指定をしたいがために予約を遅らせることはリスクが高すぎると思います。 恐らく相当出遅れることになるので、座席の確保自体が難しいものになってくると思われます。 また、一番最初に「えきねっとはJR東日本が管轄しているウェブ上での乗車券の予約サイト」という説明をしました。 それなので、JR東日本管轄の路線であれば、えきねっとでの通常予約に関しては、座席の指定が可能です。 しかし、長距離移動ともなると、到着地がJR東日本の管轄外ということもあり得ますよね。 その場合は、「通路側or窓側」、「喫煙室の近くorそれ以外」、「車両の両端orそれ以外orどこでも良い」といった大雑把な座席指定しかできません。 まとめると、えきねっとの事前予約に関しては、座席指定方法はありません。 ちなみに、ご存じかと思いますが事前予約ではなく、乗車1ヶ月前以降の通常の申し込みであれば、JR東日本管轄内の区間に限り、座席の指定は可能です。 JR東日本の管轄外の区間が少しでもある場合は、とても大雑把な座席の指定しか受け付けてもらえません。 まとめ えきねっとの利点と欠点をまとめました。 事前受付は、乗車日1ヶ月前の更に1週間前の午前5時30分からできるとあって、安心ではあります。 しかし、その予約はあくまで事前受付であって、入れた予約が確定されるものではないことをご注意ください。 そして事前受付された予約は先着順ではなく、機械がランダムに予約の成立・不成立を決定していることもご注意いただきたいです。 予約が不成立になったからといって、「みどりの窓口」に苦情を言いに行っても意味はありません。 キャンセル料も1枚310円ということでリーズナブルさに驚きました。 これなら、チケットの予約が不成立になる可能性も踏まえて、乗車日1ヶ月前の10時にスマホやパソコンの前にスタンバイしても問題ないですね。 事前受付の際の座席指定方法はありませんでしたが、事前受付ではなく通常の予約をすればJR東日本の管轄内に限り、座席の指定は可能です。 なんだかややこしいシステムですね。 もっと座席指定方法を緩和していただきたいものです。

次の