青木康平。 青木康平

準決勝まで3Pシュート成功率5割『康平さんや3×3のおかげ』

青木康平

PROFILE 青木康平(あおき・こうへい) 1980年12月13日生まれ、福岡県出身。 ポジションはガード。 卓越したボールハンドリング技術で攻撃を組み立て、美しいフォームからのシュートで得点を量産する。 2015-16シーズンのbjリーグではフリースロー成功率で首位を独走している。 奇跡のメンバーでも全国制覇は果たせず 中学校まではポジションの概念がそもそもなくて、シュートが武器だというのは当時から変わっていないのですが、別にガードという意識もなく、今とは全く違うプレースタイルでした。 中学時代はみんな体が小さかったので、みんなが自然と役割分担をしながら動いていたんです。 中学のバスケ部は今思い出しても上手だと思うぐらいみんなレベルが高くて、普通の公立中学校であれだけのメンバーが集まったのはちょっとした奇跡ですね。 ただ、僕らの代は全国ベスト8で終わってしまい、全国優勝は果たせませんでした。 僕は自分の運動神経が良いとはあまり思っていません。 ただ、適応能力には自信があります。 何をしてもそつなくできるようになる、という部分ですね。 身長を含めて身体能力がない分、バスケットをすごく考えてプレーするようになりました。 小中高から今もそうですが、ずっと自分より大きな選手を相手にしてきました。 だから感覚的にはずっと一緒で、「自分がこうやれば相手はこう動く」ということを常に考えて「バスケットの頭」を鍛えてきたんです。 当時好きだった練習は……オールコートでの5対5ですね。 分解練習は中学校ではあまりやらないじゃないですか。 当時は女子のバスケ部とコートを分け合って練習していたので、オールコートが使えるとなって5対5ができると楽しかったですね。 嫌いな練習はランニング。 どの時代でもボールを使わずただ走る練習は嫌です(笑)。 ただ、ランニングも避けては通れないわけで。 プロになって、これだけ走ればどれだけ自分にプラスとして返ってくるのかが理解できるようになったのですが、中学や高校の頃は、その先に何があるのか考えることなく、とにかく走るだけ。 走ることのメリットを理解できていれば、もっと意味があった練習になったと今は思いますね。 バスケット・グラフィティ/青木康平.

次の

準決勝まで3Pシュート成功率5割『康平さんや3×3のおかげ』

青木康平

バスケットボールは3次元のスポーツです。 そのため、身長が高い選手が重宝される傾向にあります。 事実、日本のトップレベルのリーグでは平均身長が190cmを超えます。 しかし世界を見ると、身長が低くても活躍している選手がたくさん存在します。 本書では、日本人成人男性の平均身長である「170cm」以下の選手が、より高いレベルでプレイするための方法を解説しています。 監修は日本のプロリーグであるbjリーグで活躍する青木康平選手です。 青木選手は167cmという低い身長でありながら、2m級のプレイヤーがひしめくリーグで、常に結果を残してきました。 そんな青木選手が考える「小さい選手」のためのバスケットボール論、テクニック論、そしてこれらを実践するためのトレーニングを紹介しています。 トレーニングに関しては、付属のDVDで細かな動きまで確認することができます。 身長が低くて悩んでいる全国のバスケットボールプレイヤー必見の書となっております。 青木康平 COHEY AOKI 1980年福岡生まれ。 身長167cm、体重65kg。 福岡大学付属大濠高等学校より専修大学に進む。 大学4年時にはインカレ優勝。 自身はMVPに選ばれる。 卒業後ストリート(Far East Ballers)でプレイした後、bjリーグの東京アパッチに入団。 通算3回のフリースロー王受賞、2年連続の日本人得点王、唯一の5年連続オールスター出場、ベスト5を2回受賞(2006-2007、2009-2010)するなど輝かしい成績を収める。 2011-2012シーズンより大阪エヴェッサに移籍。 著者略歴 「BOOK著者紹介情報」より.

次の

U

青木康平

オフェンシブなタレントが揃う日本大学において、193cmの 8ジャワラ ジョゼフ選手が豪快なダンクを決めて勢いづけていく。 3Pシュートを決めれば、その歓声はひときわ大きくなる。 ラストゲームの3位決定戦・筑波大学戦は、4本放ったがこの日はネットを揺らすことができずに終わる。 「まだまだですね。 もっと練習してきます」 昨年のインカレは3本打って1本も決まっていない。 それでも打ち続けたことで上向き、インカレ3位へと躍進した日本大学の力となった。 ビデオを撮って確認しながら的確に指摘していただき、その後のシューティングでもそこを意識しながら続けていました。 そのときのサポートコーチが青木康平氏だった。 東京アパッチやライジング福岡(現ライジングゼファーフクオカ)などで活躍し、bjリーグを代表した選手である。 今は現役時代に立ち上げたで指導したり、EXPLORERS KAGOSHIMA. EXEでもアドバイザーとして、子どもからプロ選手まで幅広く後進の育成に励んでいる。 ジャワラ選手の第一印象について、 「動きが硬い」と青木氏は振り返る。 「もちろん選手としては身体もしっかりしていて、運動量も多く、ポテンシャルは素晴らしかったです。 ただアウトサイドシュートは砲丸投げのように、ボールが無回転でした」。 マンツーマンで指導にあたり、ボールの飛ばし方からシュートフォーム改革をはじめる。 ジャワラ選手自身も積極的に取り組んだことで、たった3日間ながらすぐさま成果が現れはじめた。 あれから8ヶ月、福岡にいる青木氏もインカレでの活躍をしっかり映像で見ていた。 僕はきっかけに過ぎないし、この結果は本人の努力です。 またジャワと一緒に練習したいですね」 城間修平ヘッドコーチが3Pシュートを打つよう指示をしたことはない。 だが、 「フリーになったら思いっきりシュートに行くようには言ってます。 あのサイズでシュートを打てるのは良いことです」と挑戦する姿を後押ししていた。

次の