トイ プードル。 トイプードルの性格は甘えん坊?しつけ方、運動量や体重は?飼い方まとめ

トイプードル

トイ プードル

愛らしく、人懐っこそうな見た目から、ペットとして人気のある犬種であるトイプードルですが、「トイプードルは性格悪い」や「知能が低い」といったマイナスな話を聞くことがあります。 新しくお迎えするペットがどのような性格なのか気になりますよね。 実際にはどのような性格をしているのでしょうか?また、トイプードルに向いているしつけ方などはあるのでしょうか? ここでは、• トイプードルの特徴やカラー・毛並みによる性格の違い• 飼い方のコツやしつけ方• トイプードルの値段や選び方• トイプードルのかかりやすい病気とペット保険 についてご紹介します。 トイプードルの性格はしつけによって変わってくるので、可愛いからとしつけを怠るとわがままな性格になってしまいます。 この記事をお読みいただければ、トイプードルの性格やしつけ方が詳しくお分かりになるかと思います。 ぜひ最後までお読みください。 トイプードルは フランス原産とされていますが、紀元前30年頃のローマ皇帝の記念碑には、トイプードルと思われる犬の彫刻の装飾があることから、その起源は古いと考えられています。 人との繋がりが強くなったのは、プードルが 猟犬として活躍するようになってからです。 フランスで鴨の狩りのとき、猟師が仕留めた鴨を取りに行く役割を果たしていました。 プードルの独特のトリミングは、元々は猟犬として働きやすいように考えられたものです。 足先に毛を残すことで浮き輪の代わりとなり、水中で体が冷えることを防ぐために胴回りの毛も残しました。 そしてその他の部分は水の抵抗を減らして泳ぎやすくするためにカットされたのです。 実に機能的ですね。 16世紀に入ると愛玩犬として貴婦人たちからの人気が高まりました。 おしゃれにカットして、アクセサリーを付けるなどして愛されていたようです。 そんな歴史を知ったうえでトリミングするのも飼い主の楽しみの一つですね。 くるくるとした被毛が特徴的なトイプードル。 体高は 24~28cm、体重は 4㎏以下が標準となります。 くるくるの被毛は量が多く、抜け毛を心配する方も多いかと思います。 シングルコートの被毛になるため、 抜け毛が少ないのが特徴です。 ただし、抜け毛は少ないのですが、毛自体はどんどん伸びるため、 定期的なトリミングが必要となります。 また、毛が絡まりやすいため、毎日ブラッシングをするようにしましょう。 被毛は毛色の種類が豊富で、アプリコットやレッドなどのブラウン系の被毛だけでなく、ブラック、ホワイト、グレー、クリーム、シルバー・ベージュなどとても種類が多くなります。 毛色によって性格に違いがあるとも言われています。 トイプードルは他の犬種と比べると、 体臭が少ないと言われています。 ペットの匂いがきになる、という方もトイプードルなら比較的安心して飼うことができます。 基本的なトイプードルの性格としては、• 人懐っこい• 好奇心旺盛• 活発 などが挙げられます。 頭の良さは小型犬の中では一番、とも言われています。 トイプードルの性格はオスとメスで違いがあります。 オスの場合、 甘えん坊な子が多く、留守番のときなどに寂しがってしまう場合があります。 メスの場合は 穏やかな性格をしている子が多くなります。 賢いのでしつけやお留守番もしっかりすることができます。 トイプードルの毛色には多くの種類がありますが、毛色によって性格が違うと言われています。 それぞれ毛色ごとの性格をご紹介します。 レッド・アプリコット レッドやアプリコットの毛色を持つトイプードルは、陽気で元気な性格が多いと言われています。 しかし、協調性があまり無いため、多頭飼いや他のペットと一緒に飼うことには向いていないと言われています。 シルバー シルバーの毛色を持つトイプードルの性格は、協調性が無く独立心が強いタイプと甘えん坊で温厚なタイプに分かれると言われています。 歴史の浅い毛色のため、性格は個体差が大きいです。 ブラック ブラックの毛色を持つトイプードルは、落ち着きがあり服従心が強い性格をしています。 ブラックの被毛は基本カラーで遺伝子が安定しており、遺伝子疾患の病気が発症しにくいとも言われています。 また、体臭は他のカラーよりも強くなります。 ホワイト ホワイトの毛色を持つトイプードルは、甘えん坊で他の犬とも友好的な性格をしています。 飼い主に対して忠誠心が高い反面、初対面の人には警戒してしまう場合もあります。 ブラウン ブラウンの被毛を持つトイプードルはマイペースな性格をしています。 協調性にかける性格をしている個体ア多いため、他のカラーに比べるとしつけに根気が必要と言われています。 トイプードルに限らず、犬を飼うときには望まない妊娠を避けるために去勢や避妊手術を受けたいですね。 でも手術をすることで性格が変わってしまったらどうしよう、と心配になる人もいるかもしれません。 犬によって違いはあるものの、去勢や避妊手術によって性格が大きく変わることはないようです。 やや 穏やかな性格になりますが、そのおかげでむしろしつけがしやすく、飼いやすくなります。 手術後の変化としては、オスの場合、マーキングやマウンティングなどの行動が減り、また散歩中の突進や他の犬とのトラブルを避けることもできます。 メスの場合は、生理が無くなるので、出血によりカーペットが汚れるなどの心配がなく、また生理期の精神的なゆらぎや噛みつきなどの問題行動を抑えることができます。 また去勢や避妊手術を受けることによって、前立腺や精巣、卵巣、子宮などの病気を防ぐことができることも大きなメリットです。 大切な犬のためにも去勢や避妊手術は若い頃に受けておくと安心ですね。 トイプードルの大元となるプードルはもともと猟犬であったため、かなりの運動量を要します。 そのため、トイプードルも小型犬ですが、 しっかりと散歩させることが必要です。 トイプードルの散歩は、 1日40~50分程必要になります。 さらに、 1日2回散歩に行くことが理想となるため、1回20分程度の散歩を2回行うことが理想となります。 また、 散歩コースは適度に変えるとトイプードルにとっていい刺激となります。 いつものコースを反対周りにするだけでも効果的です。 また、歩く速度をたまに変えることでもいい刺激となります。 たまに早歩きをしてあげるだけでもきっと喜ぶと思います。 散歩に行かないとストレスが溜まってしまい、さらに運動不足を解消するため無駄吠えなどをしてしまう原因にもなってしまいます。 毎日散歩に連れて行ってあげるようにしましょう。 散歩をすることで飼い主さんと 信頼関係が築けます。 信頼関係があるとその後のしつけが楽になるため、しっかりと散歩で信頼関係を築き、しつけしやすいトイプードルになるようにしましょう。 トイプードルに必要な日ごろのケアとしては、• 被毛のケア• 目の周りのケア• 耳のケア• 口のケア などが挙げられます。 トイプードルはシングルコートの被毛で抜け毛はあまり無いのですが、特徴的なカールした被毛がどんどん伸びてきます。 このカールした被毛は 絡まりやすいため、被毛のケアは欠かせません。 できれば 毎日ブラッシングをしてあげるようにしましょう。 放っておくと毛玉ができる原因となってしまいます。 見た目にもよくありませんし、皮膚疾患などの原因となる可能性もあるため、こまめなブラッシングが必要です。 目の周りのケアと言うのは、 涙やけを防ぐケアになります。 目の周りに付着した涙をそのままにしておくと、涙が付着した部分の毛色が変化してしまいます。 こまめに乾いたガーゼなどで涙を拭き取るようにしましょう。 トイプードルは耳の毛が外側だけでなく内側にも生えています。 さらに垂れ耳のため通気性が悪く、耳の病気になってしまう事もあります。 耳の病気にならないためにも、 日ごろから耳の掃除をするようにしましょう。 耳の掃除はイヤークリーナーなどを使用して、1~2週間に1回ほどのペースで行います。 トイプードルだけじゃなく、3歳以上の犬の8割は歯周病と言われるほど、犬の歯周病はよくある病気です。 歯周病の菌が血管内に入り込むと、最悪の場合命に関わるともいわれているため、普段からしっかりと 歯のケアをするようにしましょう。 始めはガーゼなどでならせてあげ、徐々に歯ブラシで磨けるようにします。 犬用のデンタルジェルなどを活用してみてもいいのではないでしょうか。 こちらではトイプードルのお値段の目安、選び方について解説します。 トイプードルの値段 ペットショップやブリーダーからの購入の場合、トイプードル(子犬)の相場 は 10~40万円程度です。 一方、里親として譲り受けるケースならば、犬の譲渡に関する諸費用は 3万円ほどかかります。 里親として譲り受けるならば、費用負担は安く済みますが子犬でないこともあります。 また、持病のある犬かもしれません。 こちらの場合は、保護している 団体の担当者とよく話し合い、納得の上で譲り受けることが大切です。 トイプードルの選び方皆さんの中には、好みの毛色のトイプードルを飼いたいと思う人も多いことでしょう。 オスとメスどちらにするか迷っている人がいるかもしれませんね。 家にいる機会が多く愛犬と仲良く接したい飼い主さんなら、甘えん坊でやんちゃなオスが良いでしょう。 逆に飼い主さんが仕事でよく外出するなら、大人しくお留守番のしっかりできるメスが最適です。 ただし、前述したようにトイプードルの個性は様々です。 そのため、 購入の際に性格をチェックしておきましょう。 トイプードルの寿命は小型犬の中では比較的長く、 15歳から17歳と言われています。 また、ギネス記録によると、世界最長寿のトイプードルは2014年5月18日に亡くなったアメリカの「seamus」という犬で、なんと 20歳と298日も生きたそうです。 そこまでの長寿は目指さなくても、やはり少しでも長く元気でいてほしいですね。 そのためには、• 良質なタンパク質を与えるなどバランスの良い食事を心がける• 適度な運動量を保ち、睡眠不足を避けるなどしてストレスのない環境をつくる• 定期的に健康診断を受けて病気の早期発見につなげる ということが大切です。 以下の記事ではトイプードルの平均・最長寿命や長生きの秘訣など詳しく紹介されていますので参考にしてください。 トイプードルのかかりやすい病気としては、• 外耳炎• 膝蓋骨脱臼• 涙やけ• 低血糖• 気管虚脱 などが挙げられます。 トイプードルは耳の内側にも毛が生えているため、耳の病気にかかりやすい犬種です。 こまめな掃除を心がけ、シャンプーした際には耳の中が濡れていないかを確認するようにしましょう。 トイプードルなどの小型犬は 膝蓋骨脱臼になりやすいと言われています。 高いところからジャンプしたり、フローリングで足を滑らせるなど、 膝への負担が増えると発症しやすい病気になります。 肥満も膝蓋骨脱臼の原因となります。 涙やけは目の周りの毛が涙によって変色してしまう病気です。 トイプードルは毛が長くなるため、毛が目に入ることで涙が出てしまう事も多いため、 目のケアとともに、毛が目に入っていないかも確認するようにしましょう。 5歳以上に多く見られる病気が 低血糖です。 元気がない、痙攣しているなどの症状が出ます。 体を冷やしたり、空腹時に運動をすることで発症するので、注意してあげましょう。 気管がつぶれてゼーゼーという呼吸音がするのが 気管虚脱です。 ひどい場合は呼吸困難になってしまう場合もあります。 遺伝や老化が原因になる他、肥満も気管虚脱の原因となります。 どの病気も 飼育環境や日ごろのケア、適度な運動を心がけることで予防することができます。 トイプードルを飼育する際は、適度な運動や飼育環境を整えるようにしましょう。 元気なイメージのあるトイプードルですが、かかりやすい病気があるとなると、獣医さんにお世話になることも出てきます。 そうすると費用がかかるのでペット保険に加入した方がよいのでしょうか。 トイプードルが病気にかかった場合の治療費についてみてみましょう。 外耳炎:およそ3,000円• 膝蓋骨脱臼:およそ20万円• 手術を必要とする骨折:およそ15万円 これは一例ですが、病気が再発したり、日々の遊びや運動の中で事故に遭ったりして通院や手術が必要になることもあるでしょう。 万が一の時に愛犬に十分な治療をしてあげられうように、 ペット保険 に加入しておくと安心ですね。 以下の記事ではトイプードルの保険について人気ランキングも交えて紹介されていますので参考にしてください。 いかがでしたか?この記事では、• オスは甘えん坊、トイプードルの特徴や性格• トイプードルの飼い方、しつけ方• 購入の仕方、選び方や値段• 注意したい病気と平均寿命 について解説しました。 愛らしくて人気のあるトイプードルですが、その特徴や性格を知って、きちんとしつけてあげたいですね。 また、 ブラッシング、目や耳のお手入れなど日々のケアを行うことで愛犬との 信頼関係 を築きましょう。 元々猟犬だったトイプードルは運動が大好きです。 適度な運動量を確保して元気に長生きしてほしいですね。 ただ、健康に気を付けていても、病気にかかってしまうことや老化は避けられません。 万が一の時に備えてペット保険に加入しておくことをオススメします。 ほけんROOMでは他にも保険に関する記事を多数掲載しています。 興味のある方はぜひ参考にしてください。

次の

トイプードルを飼う前に知って欲しい10のこと。トイプードル10

トイ プードル

といぷ博士ですぞ! トイプードルを飼うためにはどのくらいお金がかかるのでしょうか? ざっくりですが計算してみましたぞ! トイプードルを飼い始めるにあたって必要なお金は意外とかかるもの。 子犬だけを買ってくれば良いというわけでは当然ありません。 毎日のエサ代はもちろんのこと、トリミングやケア、医療費など思っている維持費はかかるものです。 もちろん子犬を購入すると同時にかかる初期費用なども意外とかかってきます。 きつい話かもしれませんが、生き物を飼うのですから 「その生涯を面倒をみる」という覚悟は必要ですし、その覚悟がないのであれば、飼うべきではないのかもしれません。 そして トイプードルを家族として招き入れるのであれば、当然飼い主としての責任も負う必要がでてきます。 ここでは、 「トイプードルを飼い始めたいけど迷っている」そんなあなたにトイプードル一匹でどれくらいの年間維持費が必要となるのかまとめてみました。 トイプードルにかかる初期費用はどれくらい? まずは当然ですがトイプードルを家族として迎え入れるための費用が掛かります。 子犬をブリーダーから、もしくはペットショップのいずれから購入するにしても、その個体によってもちろん値段は変わってきますし、また好みの色によっても販売価格は変わってきます。 ペットショップでの平均的な購入価格の相場としては、15万~30万といったところになります。 チワワやミニチュアダックスなんかよりも平均相場としては若干お高めといえます。 また、トイプードルの中でもティーカップやタイニーと言われるより小型のものを選ぼうとすると購入価格はさらに高くなる傾向があります。 里親になるという選択ができるのであれば、子犬の購入費用としてはある程度抑えられることになりますね。 しかし、いずれにしても子犬の購入費用のほかに初期でかかる費用というのは意外とあります。 ケアグッズの中にはサークルやケージなど、室内犬として犬のハウスになるものは必ず必要になりますね。 もちろん餌代も含まれてきます。 また、お散歩グッズであるリードやハーネスも必要になります。 もちろんどのようなものを選ぶかによっても大きく値段は異なりますが、最低でも最初に30000円ほどは考えておいた方がいいかもしれませんね。 これら以外にも登録費や が必ずかかってきます。 ワクチンを受けていないと散歩にも連れていけませんし、病院にも通えなくなってしまいますから、初期登録にあたる部分として絶対的に必要になります。 子犬の購入時にワクチンをうっているかどうかによってもその回数は変わってきますが、概ね上記のような費用はかかると思った方がいいでしょう。 項目 費用(おおよその目安) フード 36000円 おやつ 12000円 ケアグッズ 6000円 トイレシーツ 12000円 トリミング 80000円 狂犬病予防注射 3500円 混合ワクチン接種 8000円 フィラリア症等予防薬 6000円 健康診断 4000円 上記の表が生活するうえで毎年かかってくる費用の相場です。 餌代に関しては、ピンキリとも言えますが、なんでもいいから与えればいいというモノでもありません。 愛犬の成長具合、 必要がありますし、あまりにも粗悪なフードを食べさせ続けるというのもかわいそうです。 愛犬の健康と寿命を考えるとなんでもいいというわけにはいきませんね。 また、飼い主の義務として混合ワクチンやも受ける毎年受ける必要があります。 ちなみに狂犬病の予防接種は絶対的な義務ですから「受けない」という選択はできません。 毎年、春ごろには保健所からお知らせが来るはずです。 費用は3000円~ですが、地方自治体により異なりますので気になる方はお住いの自治体に問い合わせてみると良いでしょう。 フィラリア予防もできる限り行うべきでしょう。 こちらは投薬タイプがほとんどで1ヶ月に一度食べさせます。 これを3~6ヶ月続ける必要があるのですが、この投薬が1粒1000円とちとばかり高いです。 健康診断については受けるか受けないかは自由ですが、人と同じように愛犬の健康状態を知るためにも年に1度は受けさせてあげたいところです。 意外とかかるトリミング代 また、トイプードルの場合は抜け毛が少ない代わりに毎日の手入れは欠かせませんし、トリミングは1~2ヶ月に必ず一度くらいは連れて行く必要はあります。 こういったトリミング代などは他の犬種に比べて、どうしても高めに見積もっておく必要があるでしょう。 1回のトリミングがだいたい7000円~8000円程度と見積もり、年に10回とすると結構な額になってしまいますね。 これがけっこう辛かったりします。 でも、自分でやるとシャンプー代と用具代で済んでしまいます。 ちなみに我が家では、ここ1年ほどはシャンプーを月に2回ほど、カットを1~2ヶ月に一度の頻度で自分で行っています。 ただし、爪切りだけはどうしても嫌がってしまい面倒なので時折お店で500~1000円ほどでお願いしています。 この時、ちょっとむずかしい肛門腺絞りも行ってもらっています。 しつけに関しては、飼い主の義務であると思うべきで、子犬のうちからしつけをしておかないと成犬になってからも苦労することになります。 医療費にはお金をかけられても、しつけにはお金をかけないという方も多くいらっしゃいますが、これはしつけに対する意識の低さからくるものです。 愛犬がヒトの社会で生活をする上では、多かれ少なかれお金をかけてでも、しっかりとしつけを行う必要があることを理解しておきましょう。 愛犬の医療のことを考えると安いものでもペット保険の加入も考えるべきでしょう。 トイプードルの生涯費用はいくら? 月額で計算するといくら必要? トイプードルの生涯費用はおおよそ一頭で 300~400万円ほどかかると言われています。 高いでしょうか? それとも安く感じるでしょうか? 子犬から育てるトイプードルの寿命が仮に18年として考えると、 年間で18万円から22万円ほど。 これを月額で計算してみると、 15000円~20000円ほどが月々にかかる費用と考えておくべきでしょう。 もちろん、その月によって出費額は異なりますし、置かれている環境によっても異なりますがあくまでも目安としてこれぐらいの額はかかるものだと考えておくべきです。 トイプードルを飼うのって大変かしら? いかがでしょうか? 意外とこう書き出してみると維持費ってかかっているものですね。 加えてトイプードルは室内にいる方が多いですから、室温を最適にしておくための光熱費も考慮に入れるべきですし、お出かけの際のペットホテル代など、考え始めてしまうときりがないかもしれません。 特に飼い始めは、「あれもこれも」とつい色々欲しくなってしまいますし与えたくなってしまうものです。 愛情をもって接するのはもちろんですが、極端になりすぎてしまうとのちのち大変ですのでほどほどがいいかもしれませんね。 確かにこうやって金額を考えてしまうと現実を直視させられてしまいますが、金額には代えられない愛情と癒しをもたらしてくれることは間違いありません。 最後に「犬を飼って良かった」方のコメントです。 トイプードルと楽しく過ごすためのコツをたっぷり記事にしてみました! トイプードルのしつけ 愛犬と楽しく暮らすためにはやっぱりしつけは覚える必要がありますよ。 トイプードルの習性 トイプードルの知っておきたい習性について。 もちろん他の犬種にも共通する話題がいっぱいです。 トイプードルの食事 トイプードルに必要な栄養や食べていいもの・食べさせてはいけないものなど食事に関するあれこれ。 トイプードルの病気・医療 知っておきたい、愛犬の病気や医療についてまとめてみました。 こんな症状の時ってどうなの? ドッグフード トイプードルにおすすめのドッグフードの紹介です。 実際に試したレビューもたっぷりとお届け! 犬のしつけ教材 トイプードルと信頼関係を築きながら正しいしつけを行えるしつけ教材をご紹介します。 教えて! トリマーさん!! 元トリマーの茶々美さんの記事です。 トリマーだからわかるあんなことやこんなこと話してくれます。 よく読まれている記事なんですぞ!.

次の

「トイプードル」と「プードル」の違いとは?分かりやすく解釈

トイ プードル

くりっとした目。 ふわふわの毛。 テディベアのかわいさや、プードルらしい気品を併せ持つトイプードルは、瞬く間に人気犬種の座を得ました。 ただ、うまくしつけられずに手放す人や、食事やケア、被毛のことで悩まれる人も多いのではないでしょうか。 トイプードルを飼う前に、知っておくべきことはたくさんあります。 知っていなかったがために起こってしまう不幸。 知っていたからこそ、生まれるハッピー。 そんな、「トイプードルを飼う前に知って欲しいこと」を、10項目にまとめたのが、トイプードル10です。 基礎知識から、基本的な考え方まで、気軽に知ってもらえるように心がけています。 このサイトを通じて、一組でも多くの、人とトイプードルの幸せな関係がうまれることを願っています。

次の