ゲーム オブ スローン ズ 感想。 ゲームオブスローンズ【シーズン1】あらすじ感想!語彙の説明も! | カイドーラ

【ネタバレ】『ゲーム・オブ・スローンズ:シーズン8』最終章の最終回までの全話感想|遂に伝説が終わる!

ゲーム オブ スローン ズ 感想

ゲームオブスローンズを見た感想は、 米国版 です。 シーズン1の10話分を見ましたが 長~~~~ーーーーーいなあと思いました。 私にはテレビドラマは向いていないなあと思ったのです。 映画など2時間程度で起承転結がある程度が 飽きずに見られると思ったのです。 事前知識として いくつかの王が王の中の王の座を争うというのと、 県だけではなく魔法があったりファンタな世界観だというのと、 更に見始めのオープニングムービーを見ている時に 流れているBGMが、ネットでよく広告されているゲームのBGMと同じなので これがゲームになったのかあと そのゲーム自体はやっていませんが。 あとはの原作者の諌山さんが絶賛していたので 期待して見ようとしました。 あとは1話10億円 10話100億円? の製作費がかかっているというのと 米国で同時視聴者数2000万人というのを知っていました。 ところが、 私にはのは合わない。 たしかにじっくり見れば面白いのかもしれないけれど、 実は途中から飛ばし見して、そのまま飛ばし飛ばし シーズン1の10話まで見ました。 でちゃんと10話見ました。 ただし毎話毎話飛ばし飛ばし見ました。 最初は10秒コマ送りでしたがそのうち飛ばし飛ばしで だいたい1話1分~2分で見たのかなあと思います。 字幕を選んだつもりが吹き替えを選んで見ました これはもう、 誰かゲームオブスローンズのコアなファンが まとめ解説などをした動画を見た後であれば 私は楽しんでGOT本編を見れるのかなあと思います。 ともかく率直な感想は、 「なっげえぇぇぇーーー」 です。 その後になにで表現できるかなあと思ったら 「」 です。 のアニメの方が GOTよりもはるかに飽きずに見ていられるんですがこれは。 アニメだってシーズン3くらいまでで70話近くあるんじゃ ないかなあと思うのですが無理なく見れて、 GOTは70話まで見る気にはならんぞお。 米国の視聴者2000万人はおそらく普段からテレビドラマを見慣れているんだろうなあ。 自分ここ20年くらいテレビドラマ見ていないんだよなぁ。 hanatayan.

次の

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン5第4話<ハーピーの息子たち>のあらすじと感想

ゲーム オブ スローン ズ 感想

さらば、世界中にごまんとあるセオリー達よ… まぁ言ってしまえば色んな意味で地獄だった…。 なのでこの先は怒涛のツッコミ祭りになってしまいます。 ネガティブな内容ばかりを書くのは気が引けるんですが…すみません、今回ばかりは許して…。 ネタバレ全開の批判レビューになりますのでご注意を。 序盤の展開 果たしてあれだけ城壁や船に大量に設置されたンにどう立ち向かうのかと思いきや…ゴールデンカンパニー、ン諸共ドロゴンの火によって呆気なく秒で片付いてしまうという。 先週までのサーセイ有利、デナーリス不利感は一体何だったのかと言わんばかりに瞬溶けしましたからね。 城門前での両軍のスケールも異様に小さい感じがしたし、そもそもゴールデンカンパニー、本当にあの場に全員集合していた? 笑 暴君デナーリス 百歩譲ってデナーリスが無双するところまでは良しとしましょう。 その結果、サーセイ側についていた兵も降参し始めるっていうのも自然な流れですね。 一通り敵の戦力を削り降参の鐘も鳴り響くが、デナーリスの表情は曇ったまま。 ついに感情を抑えられなくなったデナーリスは暴走し始めます。 しかし、そんな彼女がまず先に火を放ったのはレッドキープではなく まさかの市街地。 もうこの辺から戦争映画を見ているような感じだった。 私もある程度は想像していましたよ。 デナーリスが暴走するだろうって。 ただそれにしても、ここまで冷静な判断を欠いて一般人を大量殺戮しちゃうとは…。 勿論この行動で彼女が座るつもりだった鉄の王座や、治めるつもりだった街も綺麗に吹き飛びました。 結果としては狂王以上のことを仕出かしてしまったと。 北部勢も「ほら見たことか」でしょうね。 結局デナーリスは自ら求めてきたものを全て破壊し、灰の女王になってしまったわけです。 ここまでの努力や葛藤はなんだったのか。 全てが水の泡になった瞬間でしたね。 取っ組み合いになり、ジェイミーは大ダメージを受けつつも、ユーロンに剣を突き刺して殺す。 まぁ単刀直入に言うと、あのジェイミーがユーロンに勝つなんてどう考えてもあり得ないよね。 個人的にこのシーンは今回のエピソードで1番無理矢理だな~と感じたところです。 原作と比べるとドラマ版ユーロンは穏やかに描かれているというのは有名な話ですが、この結末を見る限り私達が思っていた以上に弱体化されていたっぽい 笑 いやーユーロンの描き方は原作とドラマでかなり違ってきそう。 アリアの役目 シーズン1ぶりに王都へと戻ってきたアリア、またしても自軍の警備兵に止められるシーンは過去シーズンのコールバックともとれましたね。 デナーリスが攻撃を始めて混乱が渦巻く中、アリアとハウンドはレッドキープ内にまで辿り着きます。 しかし、ハウンドは彼女の身の心配をして引き止める。 そんなわけで結局何も達成することができず、アリアは終始王都内を徘徊して終わってしまいました。 要するにただ惨事に巻き込まれただけという。 うーん、どうだろうねこのオチ。 かなり意見が分かれそうですけど。 私はちょっとうーん…ですね。 少なくとも万人が予想していた「ジェイミーがサーセイを殺す」という展開では無かったですが。 となると魔女の予言でサーセイの命を奪うとされていた「Valonqar」は誰だったことになるの?ジェイミーだとなんか違くない? それとも、そもそもドラマでは「Valonqar」の部分はカットされていたし、全くの度外視?誰か説明求む 笑 とまぁ、あれだけ余裕ぶっこいていたサーセイも、デナーリスが容赦なく市民を焼き殺しているのを見て涙を流すという。 この涙は単純に「負けを確信したから」の涙なのか。 もちろん彼女自身身ごもっているということも大きいでしょうね。 流石に無残に殺されている市民に対しての涙ではないだろうし…。 正直、今回のエピソードではサーセイが物凄く不憫に思えました。 若干ウルッときたし。 ここまで彼女に同情したのはミアセラの死以来です。 そういう気持ちにさせるというのは、いかにデナーリスが仕出かしたことが罪深いか分かると思います。 てか、S5でブロンに打ち明けたジェイミーの 「の腕の中で死にたい」という発言、そのとは結局サーセイだったの…? そうなるとウィンターフェルで待つブライエニーの気持ちを考えただけで辛い。 別れ方が最悪だっただけに。 なんかジェイミーのストーリーラインのクォリティ、シーズン8の間だけで天と地レベルで上下している気がする。 今まで散々「ハウンド」「クソ野郎」呼ばわりしてきたアリアだったが、最後の最後は感謝を伝えると。 そして待ちに待ったクレゲインボウル。 マウンテンは生みの親でもあるクァイバーンの頭をかち割り、ハウンドとの一対一を受けます。 それにマウンテンの死に様が 焼死というのも皮肉が効いてて最高ですね。 ただ、私のガッカリポイントはアリアとハウンドが結託してマウンテンに挑むのを見れなかったこと。 長年、兄弟間にあった歪みの原因でもあった火、その中に飛び込んで2人共死ぬというオチも悪くはないですが、やはりあれで死ぬのはマウンテンだけで良かったかなぁ。 ハウンドには瀕死になりながらでも勝利してもらい、その後に慈悲としてアリアによって心臓を刺されて安らかに眠るという展開のほうが見たかった。 個人的な意見ですけどね。 ていうか、明らかにそのオチのためでしょ!ともとれる伏線は結構あったと思うのに。 なんだったんだあれは 笑 ジョンの過ち 間接的とはいえ、彼のその正直さが仇となりは反逆罪で処刑され、結果的に一連の惨事の片棒を担いでしまったジョン。 なんだかんだデナーリスは死の軍団よりも多くの人間を殺してしまいましたからね…。 ジョンはデナーリスのストッパーにもなりえたってこともあり、彼はそのことも抱え込みそう。 次回のエピソード、ジョンがデナーリスに掛ける第一声はなんなのか。 もはや狂ったように1都市を丸々焼いた人に近寄るのは中々度胸がいりますが、まさかこの期に及んでまでまだ「あなたは俺の女王です」とか言わないよね? "デナーリス王都破壊"のニュースを知ったサンサの反応も気になるところだが、この惨事を回避できる方法はあったのかな…。 特に「ジョンが鉄の王座の後継者」、この事実は彼女にどれぐらいのダメージを与えたのか。 もしこれが暴走化の最たる原因だとしたら、ジョンとブランが大戦犯過ぎる。 またこの話になりますが、ブランはこうなることを全て織り込み済みだったのか否か。 ブランはなぜジョンが正当な後継者だと知ることが重要だと思ったのか、その理由は不明ですよね。 ただ今回は想像以上にアレだった。 マウンテン以外の退場者、クァイバーン、ハウンド、サーセイ、ジェイミー、ユーロン…全てしっくりこないなーと。 もう次が最終回とか脳が追いついていませんが、盛り上がり的にここからの巻き返しは厳しいでしょうね。 オチはほろ苦いという情報は前から囁かれていますが、なんか色んな意味で後味悪くなりそう。 1つ言っておくと、個人的に期待していた展開にならなかったから満足していない、というわけではありません。 あれだけ最終章だと煽っていた割には今の所誰もが容易に予測できる範囲内の出来事しか起こっていないですよねぶっちゃけ。 しかも展開が早いから強引な印象を受ける。 GRRMがどこまで伝えたのかは定かでは無いですが、大まかな流れはほぼ一緒になるだろうと。 デナーリス暴走は原作でも普通に起こりそうだし。 今回のエピソードも、デナーリスが容赦なく市民を殺害する描写とかGRRMらしいといえばらしいし、その他キャラの結末に関してはGRRMならもっと段階踏んだだろうなと思う箇所もしばしば。 ただ、少なくとも本だとキャターの思考過程や行動理由を詳細に描けますからね。 特にS8のジェイミーの心情に関してはもっと情報が必要だったろうし! ドラマの失敗が展開を早めたことだと個人的に結論づけている私たら、どう考えてもストーリー自体は原作のほうが内容に厚みがある仕上がりになると思う。

次の

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5のネタバレ考察と感想。気になる2つの建物は?

ゲーム オブ スローン ズ 感想

hollywoodreporter. 少し短いような気がしてしまいますが、 1エピソードの長さはこれまでの約60分ではなく、80分ずつ(またはそれ以上)になるかもしれないといわれています。 HBOでプログラミングのトップを務めるケイシー・ブロイスは へ「1エピソードが2時間はちょっと長すぎるかもしれないけど、素晴らしい番組だ。 どうなるかはまだ誰にもわからない。 」と発言しています。 また、<玉葱の騎士>ダヴォスを演じたリアム・カニンガムは、 の2018年10月号で 「ファンの人たちにとって満足がいくものかどうかはわかりません。 がっかりする人も多いでしょうし、大喜びする人も多いだろうと思います。 みなさんの反応を見るのがとても楽しみですが、私は脚本を読んで、最後のページに『ゲーム・オブ・スローンズ 完』と書いてあるのを見て、もうただつらく悲しかったです。 ほんとう心にくるものがありました」 とも語っています。 ジョン役のキット・ハリントン、結末は妻ローズにも秘密 Kit Harington knows that the ending won't please everyone. — MTV NEWS MTVNEWS ジョン・スノウを演じるハリントンは(上記の)ターナーの考えに対して、 のインタビューで 「僕はみんながハッピーになると思うけど、もちろんみんながみんな気に入るような結末にするのは不可能だ。 」 と話しています。 またはハリントンは、妻でかつて本作に登場していた野人イグリット役のローズ・レスリーとはドラマの話題には触れず、結末についても話していないそう。 ティリオンが「死」を示唆? ティリオン・ラニスターを演じたピーター・ディンクレイジは とのインタビューで撮影最終日は「美しくほろ苦かった」と話しており、ティリオンの終わりについては謎めいた回答をしている。

次の