割愛 させ て いただき ます。 割愛はなぜ「愛」と書くの?言葉の語源を探ると面白かった件

「割愛」の正しい使い方は?

割愛 させ て いただき ます

「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉を使ったことがありますか。 「ご配慮いただきありがとうございます」とは、ビジネスシーンだけでなく日常生活でもお礼のきもちを伝えるために使われる言葉です。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉の意味や使い方について、正しく理解しているでしょうか。 言葉は意味を正しく理解するだけではなく、正しい使い方を覚えることが大切です。 特に敬語は間違えて使ってしまうことで、相手に対して失礼になってしまったり、不快な思いをさせてしまったりする可能性があります。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉の意味と使い方について、くわしくご説明します。 「ご配慮いただきありがとうございます」の意味 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、お礼や感謝の気持ちを伝える意味があります。 「配慮(はいりょ)」という言葉は、想定するさまざまな場面の対処法を考えて行動することという意味があり、相手への心配りを示す言葉です。 「配慮」という言葉に「ご」をつけることによって、尊敬語となります。 「ありがとうございます」という言葉は、感謝を表す意味があります。 「ご配慮いただきありがとうございます」は、相手への心配りに感謝とお礼を伝える言葉です。 尊敬語とは 尊敬語とは、敬語の中のひとつで、目上の人に対して使う言葉です。 目上の人に対して失礼にならないように使ったり、相手を立てる時に使ったりする言葉です。 敬語にはそのほかに、謙譲語と丁寧語があります。 謙譲語とは、自分がへりくだって相手を立てる時に使う言葉です。 丁寧語とは、話を聞いている相手に対して丁寧に伝えるために使う言葉です。 尊敬語や謙譲語は、使い方を間違ってしまうことがあるため注意が必要です。 また、丁寧にしすぎてしまうことで、二重敬語にならないように気を付けましょう。 ビジネス ビジネスシーンで「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、感謝の気持ちを伝える時に使用されます。 「ご配慮いただきありがとうございます」は、目上の人に使う言葉のため、ビジネスシーンでは上司や先輩に感謝の気持ちを伝えるためにピッタリの言葉です。 また、「ご配慮いただきありがとうございます」は直接伝える方法のほかに、電話対応やメールでも使うことができます。 ビジネスは、人と人とのつながりで成り立っています。 思いやりや心配りができることは、相手を信用することにつながります。 相手の心遣いや気配りを受けた場合には「ご配慮いただきありがとうございます」と、しっかりお礼をいうことで関係が良好になるのではないでしょうか。 メール 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉をメールで使う場合には、「ご配慮」を「御配慮」と使うことがあります。 ビジネスではシーンに応じて、かしこまった表現を使うことをおすすめします。 「ご高配」 メールや手紙では、「ご高配を賜りありがとう」という言葉を使うことがあります。 「ご高配」とは、相手の自分に対する配慮という意味があります。 「ご高配を賜りありがとうございます」という言葉は、相手の自分に対する配慮に感謝の気持ちを伝える言葉です。 ビジネスシーンで多く使われる言葉として、覚えておくことをおすすめします。 「ご高配を賜りありがとうございます」という言葉は、目上の人や、ビジネスシーンでは取引先に対して使うことができます。 しかし、明らかに立場が下の人には使わないように注意しましょう。 「ご配慮いただきありがとうございます」の例文 「ご配慮いただきありがとうございます」の例文をご紹介します。 ・こちらの不手際にもかかわらず、ご配慮いただきありがとうございます。 ・先日はお忙しいところ、両親を案内していただき感謝しております。 両親の体調にご配慮いただきありがとうございます。 ・突然お伺いしたにもかかわらず、ご配慮いただきありがとうございます。 ・いつもご配慮いただきありがとうございます。 ・日頃よりご配慮いただきありがとうございます。 ・本来であれば、こちらから出向かなければならないところを、ご配慮いただきありがとうございます。 ・先日は体調不良で急にお休みをいただいたにもかかわらず、ご配慮いただきありがとうございます。 目上の人への使い方 目上の人には「お心配り」という言葉を使ってもよいでしょう。 「心配り」という言葉は、相手の心情を考慮して対応するという意味があります。 「お心配り」は、柔らかい表現の言葉のため、温かい印象を与えることができるでしょう。 「お心配りをしていただきありがとうございます」ということで、心情を考慮してもらったことに対して感謝の気持ちを伝えることができます。 お気遣い 「ご配慮いただきありがとうございます」という代わりに、「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉を使ってもよいでしょう。 「お気遣い」とは、相手の気持ちを考えて配慮するという意味があります。 「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉は、目上の人に対して配慮してもらったことに対して感謝の気持ちを伝えるために使うことができます。 注意点 「お心配りをしていただきありがとうございます」や、「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉は、目上の人に使うことができます。 また、柔らかい表現のため「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉よりも使いやすい場合もあるでしょう。 しかし、ビジネスシーンでは「お心配り」や「お気遣い」という言葉がふさわしくないと判断される場合もあります。 また、レポートなどを書く場合にもふさわしくないと判断される可能性があるため、判断がむずかしい場合には「ご配慮いただきありがとうございます」「ご配慮」という言葉を使うことをおすすめします。 ご配慮いただきありがとうございますを使おう 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉について、おわかりいただけたでしょうか。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、目上の人に対して感謝の気持ちを伝えることができます。 ビジネスシーンでは、「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、上司や先輩に対して感謝の気持ちを伝えるだけではなく、取引先に対して使うことができます。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、「お心配りをしていただきありがとうございます」や「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉に言い換えることができます。 しかし、ビジネスシーンではふさわしくないと判断される場合があるため迷った場合には「ご配慮いただきありがとうございます」を使うことをおすすめします。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉に、感謝の気持ちを込めて使いましょう。

次の

【割愛させていただき】の例文集・使い方辞典

割愛 させ て いただき ます

日本語には、尊敬語・謙譲語・丁寧語など、さまざまな言い回しがあり、立場に応じて使い分けていかなくてはなりません。 しかし、上下の関係に不慣れな若いうちは、そうした言葉遣いが苦手な人もいます。 ここでは、「ご了承いただき~」という言い回しの、意味や使い方についてご紹介していきます。 了承の読み方は? 了承の読み方は「りょうしょう」です。 了承の意味は? 了承の意味は、「相手の申し出や事情などを納得して承知すること」です。 一般的には、目下の人が、目上の人から承諾を得る場合に用いる言葉です。 そのため、自分自身が誰かに承諾の意思を伝える時は「了承しました」とは言いません。 自分が目上の人に対して承諾の意思を伝える場合は「承知いたしました」「承りました」「かしこまりました」などが一般的ですし、それほど丁寧でない言い回しの場合は「分かりました」「了解しました」と言うことなどもあります。 「ご了承いただき~」の意味と使い方は? 「ご了承いただき」、は「目上の人から承諾していただき」という意味です。 「ご了承いただき~」の例文にはどんなものがある? 「ご了承いただきたく存じます」はどんな時に使う? 「ご了承頂きたく存じます」は、お客様や上司、目上の人に向かって了承を得たい場合に使用します。 例えば、受注した商品の納期が発注から一か月必要な場合です。 それをあらかじめ、顧客にも納得してもらわなくてはなりません。 その際、 「ご注文いただきました商品の納期は、ご発注から1ヶ月後となります。 その旨、あらかじめご了承いただきたく存じます」 という使い方をします。 「ご了承いただきありがとうございます」はどんな時に使う? 「ご了承いただきありがとうございます」は、自分が同意していただきたい内容に、お客様や上司、目上の人から同意していただけた場合などに使用します。 例えば、商品の納品までに一か月の納期がかかるということに対して、顧客が同意してくれた時などに、 「納期の件、ご了承いただきありがとうございます」 といった使い方をします。 「ご了承いただき~」の類語・同義語は? 【シチュエーション1】 顧客に納期の延長を願い出て、それが承認された。 先輩「君、このお客様の納期、当初予定していた月末から翌月の5日に変更されているが、これはお客様からご了承を得ているのか」 後輩「はい。 お客さまに事情を説明して、ご了承いただきました。 課長にも報告済みです。 気に掛けていただき、ありがとうございます」 【シチュエーション2】 前日、深夜まで残業していたため、翌日は午後からの出社が認められた。 先輩「どうしたの、遅刻?」 後輩「昨日深夜まで残業だったので、今日は午後からの出勤になりました。 」 先輩「上司の許可は得たの?」 後輩「はい。 部長にご了承いただきました」 目上の人に「ご了承いただき~」と使うのは失礼なの? よくある謙譲語の誤用 シチュエーション1 別の担当者が一度説明したことを改めて説明する時 誤用: 「既に別の担当者から伺っていただいていると思いますが」 「伺う」は謙譲語。 正用: 「既に別の担当者からお聞きいただいていると思いますが」「既に別の担当者からもご説明申し上げたとおり」 シチュエーション2 顧客に資料を見せる時 誤用: 「まずは、こちらの資料を拝見していただきたいのですが」 拝見は謙譲語。 正用: 「まずは、こちらの資料をご覧頂きたいのですが」 社会人1年生2年生と言った新人さんだけでなく、既に20代後半に差し掛かった中堅どころのビジネスパーソンの中にも、こうした言い回しをする人は実在します。 こうした間違いは、社外の人はなかなか正してくれません。 社内で上司や先輩にあたる人が、しっかりと教育してあげる必要があるでしょう。 ビジネスで「ご了承いただき~」を使う際の注意点は? 「了承を得る」ということと、「お伺いを立てる」ということは、似ているようで実際のニュアンスはかなり異なります。 ビジネスで「ご了承いただき~」という言葉を使う際は、ここを混同してしまわないよう、注意することが必要です。 確かに、有給休暇の取得は社員の権利です。 しかし、休暇を取得する時期については、それが事業に影響を与える時期である場合、上司は休暇の日程を変更する権限を持っています。 つまり、休暇が希望の日程で許可されるとは限りません。 にもかかわらず、勝手に自分が指定した日程で休暇の取得を了承していただきたい、というのは、話の進め方としては少し勇み足と言わざるを得ません。 ご了承いただきを使ったほうが良い場合 前章のパターンとは逆に、了承を得ておかなければならない場面で、お伺いを立てる形で話を進めてしまうと、ややこしいことになってしまうケースがあります。 例えば、最低限の納期や価格、契約条件など、契約を結ぶ上で変えることのできない要素は、「この条件で良いでしょうか?」とお伺いをたてる形ではなく、「このような条件になりますので、あらかじめご了承いただきたく、お願い申し上げます」といった表現が適切でしょう。 メールで「ご了承いただき~」を使う際の注意点は? 「ご了承いただき~」という文言をメールで使う場合も、基本的な使い方は変わりません。 ただ、言葉で話す時と文字に起こした時では、文字の方がキツく感じる、というのはよくあることです。 ただ、書いている時にはそれになかなか気づくことができませんので、自分が書いた文章が、相手にきつい印象を与えないか、失礼な点がないかなどをチェックしたい場合は、文章を書き上げた後、少し時間をおいてから再度読み返す、という方法がおすすめです。 尊敬語・謙譲語をスマートい使いこなせるビジネスパーソンはカッコイイ!.

次の

「割愛」の意味とは?「省略」との使い分けで差をつけよう!

割愛 させ て いただき ます

「割愛」という日本語、改めて見れば不思議な漢字で成り立っている…?と、疑問に思う気持ちは割愛しないで! 「割愛」という言葉、ビジネス会話や文書でも、よく使用されていますよね? 何かの契約を結ぶシーンでは「時間の都合で、説明は割愛します」というセンテンスの繰り返しがつきものです。 当たり前のように使用している言葉ですが、意外な漢字を使用しているな?と思った方、いらっしゃいませんか?語源まで紐解けば、この漢字で成り立つのも納得!という、実はとても奥深い単語なのです。 安易に使ってしまい、Respect(尊敬される)女性から、Shame(残念な)女性にならないために、言葉の成り立ちを今一度おさらいいたしましょう。 というわけで、ここでクイズです。 前章を踏襲してお答えください! もう、おわかりですよね? 2:A「お客様からのご意見をまとめた資料ですが、この場で読み上げてのご紹介は割愛させていただきます」が正解! 「惜しいと思うものを手放す」という意味の 「割愛」は、省略した部分への愛着や、丁重に扱う気持ちも含んでいます。 1:のように、 単純に合理的に省く、という際には、「割愛」ではなく「省略」を使用するべきです。 語源まで紐解けば、「割愛」を単なる「省略」と混同しなくなる 「割愛」の語源には諸説ありますが、最も有力なのが仏教用語説で、現代でもこれを採用して載せている辞書が多数存在します。 出家の際に、故郷や家族への愛を断ち切ったことを「割愛」と言い、そこから「愛着のある対象を手放す」という意味になった…というもの。 鎌倉時代の仏教法話集『沙石集』にも「割愛出家」という表現が登場しています。 「愛を割(さ)く」…というほどに、手放した対象は大切なモノであった、という語源を知ると、単なる「省略」とは使うシーンが異なる、奥深い言葉なのだ、と意識できますね。 「割愛」と「省略」をきっちりと使い分けられると、プレゼンテーションや大切な方との会話が、より魅力的になるはずです。 日本語の美しさを大切に、知的な会話のできる女性で参りましょう!.

次の