パワポ デザイン。 PowerPointでおしゃれなデザインの作り方

3/3 よく使うデザインはテンプレート化しておく [パワーポイント(PowerPoint)の使い方] All About

パワポ デザイン

MS Office カテゴリ 83 関連タグ 24 73 6 28 32• WordPress カテゴリ 73 関連タグ 4 10 3 22 42 12 23 43 21 26 32 19• Web関係 カテゴリ 33 関連タグ 20 4 10 3 20 22 6 42 12 23 43 21 28 26 32 22 19• 他プログラミング カテゴリ 18 関連タグ 24 5 6 20 7 32• 制作 カテゴリ 41 関連タグ 20 2 6 6 20 36 12 23 43 28 32 22 19 16• 読み物 カテゴリ 20 関連タグ 36 23 26 32 13 22 14• こどものこと カテゴリ 77 関連タグ 20 36 12 7 28 26 13 22 14 19 16• 雑記 カテゴリ 41 関連タグ 20 6 36 12 7 43 28 26 32 22 14 19 16 目次• プレゼンはただの発表ツールではない 人間を魅力的に見せる 私はどうやら、プレゼンテーションというものが好きなようです。 今まで、どのようにしたら分かりやすく、スマートな発表が出来るのかを考え、人の良いところを盗んだりしてきましたが、思うに、プレゼンが上手な人というのは賢くカッコ良く見えますw ホントです。 付随するものもより魅力的に見せる 就職活動中、とある会社の説明してくれた方(人事さんだったのかな)のプレゼンが超絶上手で、会社自体のイメージが急上昇してしまったことがありました。 それなのに、そう錯覚してしまうほど、プレゼンには力があるものなんじゃないかな、って思ったんです。 プレゼンが上手いということは、その場の成功だけじゃなく、次の仕事や繋がりを舞い込ませてくれるものなのかもしれません。 「序破急」 『序』 静かにゆったりと始まり 『破』 突然ドラマチックに主要部が展開し 『急』 急速に完結する 3部構成 「導入部」で、どういうふうに惹きつけるか? 「展開部」で、内容をどういうふうに説明するか? 「結論部」で、聞いている人にどういう行動を期待するか? 実際、こういう構成にしなければ 間延びして、聞いてもらえないんですよね。 より引用させて頂きました。 素晴らしいですね!• 導入部• 展開部• 結論部 というわけで、このような構成がオススメです! 斬新なプレゼンで有名なスティーブ・ジョブズは、結論の後、今後の活動方針や構想案などの「オマケ」を加えて、聞き手に「この話を聞きに来てトクした」と思わる工夫をしていたそうですよ。 via: 3. 資料のデザイン シンプルに 凝ったデザインのテンプレートを使っても、プレゼンの内容は濃くなりません。 シンプルすぎるとなんだか格好がつかないという場合は、表紙とか、各ページのワンポイントとか、ギュっと集中したところだけにしておきましょう。 テンプレートで凝ってしまうと、画像やグラフを挿入したときに見た目がうるさくなったり、目立たせたい部分が目立たなくなってしまうこともあります。 暗い会場(照明全部落ちてて、光源がプロジェクタのみとか)では濃背景+白文字のほうが見易いらしいのですが、通常の明るい会場なら、白背景+黒文字が無難かと思います。 もちろん、テーマカラーが決まっていたり、意図するものがある場合はその限りではありませんが。 余白は多めに 文字をぎちぎちに詰め込むと読み難い上、何が重要なのか分かり難くなります。 プロジェクト進行に必要なものと、プレゼンに必要なものは違いますので、思い切ってざっくり削りましょう。 明朝体は、プレゼンには不向きですが、線が細く、文章量の多いものを紙に印刷したときに非常に読みやすいフォントです。 それぞれ特性がありますので、場面によって使い分けましょう。 分かりやすい資料づくりのために 目次をつける 1ページに収まるように作りましょう。 あんまり項目が多くなりそうなら小項目(1-1とか、1. 2とか)は省いても構いません。 そして、この目次は 見せるだけで読み上げないのがポイント。 」程度のつなぎにしておきましょう。 聞き手も、ざっと目を通して概要だけでも頭に入っていると、理解度が深まります。 リスト形式にする できる限りこの形式で書くと、聞き手が視覚的にも理解しやすくなります。 また、段落・区切りみたいなものが明確になりやすいので、進行がしやすくなると思います。 文章を書いて、ただそれを読み上げるだけだと、高確率で 寝られます。 だって後で読めばいいし、退屈なんだもん。 追記:プレゼンの目的によって変えてもいい 最近になって登壇することが何度かあって、自分でプレゼン資料を作りながらこの記事を見返したりしているのですが、「体言止め」は堅い場所向けですね。 学術的なこととか、カッチリしている場というか…。 もっと和やかで、なんならちょっと笑いを誘いたいくらいの場だったら、ちょっと文章っぽくなっちゃっても、くだけた表現で書いてあるほうがいいな、と思いました。 句読点は少なめに 読点(、)がたくさん必要になるような文には、説明すべき要素が詰め込まれすぎているかもしれません。 2個以上の要素が入っているような長い文になりそうなら、分けてしまいましょう。 句点(。 )はプレゼンでは不要だと私は思っています。 白黒印刷しても分かるような色合いにしておくと、資料を印刷して配布したりするときに便利です。 派手なアニメーションを多用しない 大きな動きのアニメーションは目を引きますが、やりすぎると何を伝えたいのかがボケてしまいます。 最重要な伝えたい部分は色や画像などを併用してより目立つように、ポイントとなる部分は視線を誘導するためのさりげないアニメーション、それ以外はできるだけシンプルに留めるなど、「メリハリ」が大事です。 発表前に 必ず、練習する! プレゼンが上手な人ほど、実は、入念な下準備と練習をしているものです。 私は学生時代演劇部でしたが、その感覚に似ています。 ストーリーを立てて、スライドをめくるタイミングや仕草まで、台本のように決めて覚えてしまうんです。 準備と練習を重ねると、それは紛れもない自信となり、発表時の堂々とした雰囲気も作り出します。 時間を測っておく 人前に出ると緊張して早口になってしまうものです。 出来るなら、同僚などに協力してもらって、聞き取りづらくなかったか、内容はどうかなど感想を聞いてみましょう。 ひとりで練習する際は、無意識に端折ったりしがちなので、ひとつひとつの単語をはっきりと発音するように心がけましょう。 時間を測ることによって、内容のボリュームの確認になります。 読む原稿を用意する方は、ちょくちょく目を離すことを前提として作っておきましょう。 聞き手の顔を見て原稿に戻ったら「次どこから読むかわからない!」っていうのが危険です。 超焦ります。 段落ごとに紙を分ける、どこまで読んだか色ペンでチェックするなどの工夫はやっておいても良いかもしれません。 発表後 発表が終わったら、そこで終わりではありません。 質疑応答などはきちんとメモを取っておき、あとで何を聞かれたか再確認しましょう。 事前準備ももちろん大事ですが、終わった後の復習も非常に重要です。 いかがでしたでしょうか。 だいぶ主観的な部分も入っているかと思いますが、プレゼン苦手だなぁって思ってる方の参考になれたら嬉しいです。 「あの人プレゼン上手くてカッコイイ!」って言われてみようぜ! 追記 デザインの基礎• こちらで紹介されているスライドが、資料づくりにとても参考になります。

次の

【高品質】海外のパワーポイント無料デザインテンプレート

パワポ デザイン

1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインに関心を持ち、デザインの中ですくすくと成長。 大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で書籍やWebサービスの企画・編集・ディレクションを幅広く担当。 その後経営企画部を経て独立し、株式会社トリッジを設立。 現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業や個人向けにデザイン・資料作成の講師兼アドバイザーとしても活動。 著書に『ひと目で伝わるプレゼン資料の全知識』(株式会社インプレス、2020年3月発行)がある。 ポイントとしては、パワポは 「とにかくシンプルにして、1回(1ページ)にたくさん情報を載せないことが大事」ということでした。 余白ができることを怖がる必要は全くなく、余計な情報が入っていることこそ怖がるべき。 それくらいスッキリ作っていくことが大前提ということですね。 ここまでが前回までのおさらいです。 これも意外と皆さんどんな背景にしたらいいか迷ったり悩んだりすることが多いと思いますので、今回はその辺りをはっきりさせちゃいましょう! 背景も同じ!とにかくシンプル・スッキリと!.

次の

パワポが生まれ変わるデザインとは?デザインアイデアの使い方も紹介

パワポ デザイン

フロントエンドエンジニアのほりでーです。 Web業界では、社内・社外の勉強会や上司や顧客へ向けたプレゼンなど、何かとスライド資料を作成する機会が多いかと思います。 LIGでは特にその機会が多く、前職に比べてスライド資料を作ることが増えました。 具体的には• 月数回開催されるエンジニアチームでの社内勉強会• STUDIO上野で担当している特別講義• 社内での上長への提案 などです。 こういったスライド資料を作っていく中で、次のような課題を解決したいと思うようになりました。 なるべく時間をかけず、スライド作成よりも内容に時間を割きたい• 見栄えはできるだけ綺麗にしたい• 伝えたいことが分かりやすく伝わるものにしたい• 内容に応じて柔軟にアレンジできるものにしたい• プロジェクター、Web、印刷などの多くの用途で遜色なく使えるようにしたい 今回は、こういった課題を解決できるスライド資料の作り方をご紹介します。 なお、学会発表や大規模なコンペでのガチな提案などには向かない場合もあるのでご了承ください。 比率は4:3か16:9か 一番はじめに考えたいのはスライドの縦横比率の選択です。 結論からいうと 流用性の高さを選ぶなら4:3、スクリーン表示に特化するなら16:9というのが私の意見です。 プロジェクターや画面表示のことだけを考えるのであれば、16:9サイズの方が有利です。 スライド1枚あたりに無理なく収められる情報量が多く、画面の隅々まで使えるためです。 しかし、そのメリットは他のメディアへの流用性を考えたときに崩れます。 作成した資料をSlideShareで公開したり、スマートフォンの縦表示での閲覧性や、A版への印刷のしやすさを考えると、4:3縦横比の方へ軍配が上がります。 自分が想定する用途にあわせてスライドの縦横比率を選択しましょう。 私の場合両方のフォーマットのテンプレートを準備していますが、4:3の使用実績の方が豊富です。 よく使うレイアウトをマスター化する KeynoteにしてもPowerPointにしても、スライドのひな型(マスター)を編集する機能が付いています。 この部分を自分のよく使うフォーマットにあわせて鍛えていくと、スライドの作成効率が飛躍的に上がります。 人によって使いやすいフォーマットには違いがあり、一概にこうするのが良いというのはないと思いますが、参考までに私の使っているフォーマットの種類をご紹介します。 表紙 白地と反転版のバリエーションを用意し、スライドのテーマによって使い分けられるようにしています。 大見出し センター寄せで、白地系と反転バージョンがあります。 同じレイアウトでも白地系と反転版を繰りかえすことで、文字だけで発表内容にメリハリを付けられるようになっています。 見出しと箇条書き 見出しと箇条書きをベースとした数種類のフォーマットを使い分けます。 私の場合、だいたいの事柄はこのフォーマットで間に合っています。 背景のみ 最低限の背景や、背景すらないシンプルなフォーマットも用意しておき、特別な図解や、図版をフルスクリーンで見せたいときに使います。 背景だけのテンプレートがあると上に好きなものを載せられるので、柔軟性の高い運用ができます。 自己紹介や裏表紙 フォーマットとは少し違いますが、自己紹介や裏表紙は毎回決まった内容となることが多いので、あらかじめ使いまわせるものを準備しています。 共通フォーマット スライド下部にはこのスライド資料全体のタイトルと、ページ番号を常に入れるようにしています。 これがあると印刷時にバラバラになってしまっても関係が分かりやすく、また、まるで書籍のフォーマットのような制式な雰囲気を出すこともできます。 他の要素を圧迫しない程度に入れてみるのがおすすめです。 スタイル機能を鍛える ここまでやるのは少し大変ですが、見出し、本文のフォーマットや、オブジェクトのスタイルも自分で使いたいものだけを整理していけば、さらに生産性がアップします! 全体の意匠を自分の好みで統一する 意匠とは外観や図案のことです。 色彩・文字・形体の種類をあえて限定することによって、スライド資料を通じて統一感のある整然とした印象を与えることができます。 使われている色彩を、無彩色・テーマカラー・アクセントカラー程度に整理する• フォントの種類を汎用的に使える1種類、3ウエイト 太さのこと 程度に整理する• フォントの大きさの種類をある程度整理する• よく使う矢印マークや表組みのフォーマットを統一する プレゼンソフトに最初から入っているテンプレートは、これらの意匠が既に整理されているため、通常は自分でこだわらなくてもスライドが作れるようになっています。 しかし、実際のところこれらのテンプレートは英語での利用を想定した作りになっていたり、自分の好みとマッチしていない部分があったりで、気にいらない部分も出てくるでしょう。 フォーマットをカスタマイズするのであれば、自分の好みが反映された意匠を作ってみるのも楽しいものです。 お気に入りのフォントや色彩を使ってテンプレート化してしまえば、以降ずっとそのテーマを使い回してスライドを作成できるようになります。 私の場合、緑のテーマカラーとピンクのアクセントカラーを中心にした色彩と、大きめのフォントサイズでウエイトの太いヒラギノファミリーを使ってフォーマットを作っています。 これにより、これまでのスライド資料を一覧化すると統一感のある意匠になっています。 よく使うパーツをストックしておく 矢印、表組み、マーク、吹き出しなどといった要素は、一度作ったものをどこかにまとめておくととても便利です。 都度パーツを作る手間が省けるだけでなく、全体を通して意匠が統一されるため、見た目も整理された印象となります。 スライド1枚あたりの情報量を制御する スライド1枚あたりの情報量を多くするか、少なくするかで、発表のテンポや資料の読みやすさにも影響があります。 スライド1枚あたりの情報量を増やし、全体のページ数を減らした場合:• 印刷したときの資源の消費が減る• スライドの情報量が多いので、スピーチの進行に対してスライドをめくる回数が少なくなる• 細かい情報が増え、スマホや縮小印刷時に内容が読みにくくなる スライド1枚あたりの情報量を減らし、引き換えに全体のページ数を増やした場合:• 印刷したときの紙の枚数が増える• スライドの情報量が少ないので、スピーチの進行に対してスライドをめくる回数が増える• 情報が少ないので、要素を大きくレイアウトできる。 結果、スマホや縮小印刷時でも内容が読みやすい どちらが良いか スライド1枚あたりの情報量の増減は、物理的なスライドの枚数や、スライドの内容のレイアウト的な自由さとトレードオフの関係にあります。 スライド1枚あたりの情報量を増やした場合は、スピーチの内容に対してスライドをめくる回数が少なくなります。 これは、画面の変化が少なくなるので聴衆が退屈しやすい、というデメリットと、画面の変化よりも登壇者のトークに注意を向けやすい、というメリットの両方の側面があります。 反対に、スライド1枚あたりの情報量を減らした場合は、頻繁にスライドをめくることになります。 とりあえず画面の変化があるので、聴衆をスライドの内容に集中させやすいというメリットと、登壇者自身へは注意が向きにくいというデメリットがあるでしょう。 このどちらを選ぶのが良いかは、自分の性格や、発表したいコンテンツに応じて選択するべきです。 私の場合は全体的に後者のアプローチを好んでいて、それは• 遠くの席、スマホ表示、縮小印刷での可用性を確保したい• 次々と画面を切り替えて、テンポよく進行している雰囲気を出したい• 1つ1つのコンテンツに多くの面積を確保して、自由に図解や注釈を入れたい• スライド1枚の情報が少なく趣旨が明確になるので、観る人にとって理解しやすくなる といった判断からです。 LTなどの比較的ラフな発表では、こちらの方針の方がマッチしやすいのではないかと思います。 「何秒〜何分に1回スライドをめくるのが良いか」をベースに、スライドの情報量を制御してみてはいかがでしょうか。 スライドをプレゼンの強力な武器にしよう 整った見栄えで要点をおさえた資料をサクッと短時間で作れるようになれば、資料を作るのが楽しくなり、発表の回数も増やしやすくなります。 是非、自分の用途に合ったスライドフォーマットを作成し、強力な武器を手にしてください。

次の