修羅場 実話。 スカッとする修羅場まとめ

スカッとする修羅場まとめ

修羅場 実話

出産関係で立て続けに神経分からんに遭遇した。 自分も臨月なので洒落にならない。 1・妹の義実家があり得ない。 妹が先日二人目を出産。 分娩直後は実母と夫のみが入れる病室に姑が入り込み居座る。 同じ病院で分娩予定の私が丁度検診に来ていて、トイレで妹姑を見かけたためまさかと思い看護師さんに伝えて追い出して貰った。 この姑、一人目の時も似たような事をやり義弟も実母も気を付けてたけど洗い物等で目 を離した隙に入り込んだ。 その後も連日義実家が総出で義弟がいない時にゾロゾロと現れ入り浸り、妹はシャワーも浴びれず相当参ってる。 特にあり得ないのが大姑が赤の他人の大姑友人を連れて病室に来た。 その時は丁度私達家族が居合わせ、母が看護師さんに頼み「ご家族以外はダメだと」追い出して貰った。 舅がシャワーも浴びてないスッピンの妹にカメラを向けたりと色々ありすぎて、今は疲労で退院まで面会謝絶にして貰ってる。 2・両親学級に姑現れる 先日、夫と二人で参加した病院開催の両親学級。 予約制で参加資格は妊婦本人とパートナーのみ、子連れその他家族は参加不可。 となっているにも関わらず、一組の夫婦の姑が現れる。 もちろん追い出されたが、その後の院内見学にも付いてくる。 旦那さんは無言で奥さんは能面のような表情。 その姑は病室案内の際真っ先に入ろうとして看護師さんに「妊婦さんが先で、その後に旦那さんです」と注意されていた。 邪魔をしないようクギをさされて60代の女性. がふてくされてた。 妊婦押し退けてエレベーターに真っ先に乗ったり香ばしすぎ。 3・勝手にSNSに掲載 友人がやってしまった事。 勿論無許可、本人ドヤ顔で赤ちゃんモザイクなし。 何も知らない人は普通に「おめでとう」とコメントしていて、それに対しても「難産で大変でしたー!」「頑張って母乳で育ててます!」だと。 しかも暫くその嘘ブログを載せていて、冗談等の言葉もなかった。 さすがに産後の友人はその内容を見てキレて絶縁。 私も現在FO中。 これについては賛否両論だけど同じことされたら多分ぶん殴る。 本人は何が悪かったのか全く分かってない様子。 もう少しで私も産まれるけど、幸いにして義実家は遠方なのでそう簡単には来れない。 友人もまさか里帰り先までは来ないとは思う。 が、油断大敵なので今から対策を練ろうと思う。 タグ : 私子:大学生。 内気なオタク。 私彼:私と同じ大学で同い年。 真面目なオタク。 友子:私と同じ大学で同い年。 友彼と同棲中。 社交的。 友彼:社会人。 私子、私彼とは数回の面識。 あまりしゃべらない。 よく友子、友彼に誘われてダブルデートするんだけど、デートで外食するといつも友彼がお金を出してくれる。 年上の社会人とはいえさすがに悪いから私たちも出すんだけど友彼はそれを頑として受け取らない。 お会計時に横から自分たちの分を出した時もあったけど、友彼に毎回つっかえされる。 なのでいつも友子に自分たちの分の代金をこっそり渡している。 だけどそれを友子が友彼に伝えずにポッケナイナイしているのがスレタイ。 一応お会計は友彼がしてるから「ご馳走様です」とは言うけど、友子が冗談ぽく「たまには出してよね 笑 」と言う度すごくモヤモヤする。 「いや、自分の分は出してるじゃん」と言えばいいだけなんだけど、友彼のプライド?を傷つけるんじゃないかとか空気を悪くするんじゃないのかと思うと言えない。 オタクカップルじゃなかなか行く発想にないリア充施設なんかも誘ってくれてとても楽しいが食事の度にモヤモヤして憂鬱になる。 タグ : ちょっと長くなるけど聞いて欲しい。 旦那の実家って割りと親戚同士仲良くて頻繁に飲み会とかする。 と言っても年に1回程度旦那実家に皆集まる程度だけどね。 私ら夫婦は旦那実家から新幹線の距離で離れてるし 普段は各々適当に交流するから堅苦しくないしイイ人ばっかりで私は行くのが苦にならない。 でも義理兄嫁さんはそう言うの苦手な人で余り来ないし 来ても義理兄嫁さんと子供だけで固まってしまう。 で、先週旦那実家で法事があったんだけどさ、兄嫁さんは PTAだかなんだかで法事には来なくて料亭でご飯だけ食べにきた。 旦那実家や親戚さんは何にも言わなかったけどそれあり? ってモヤモヤしてしまった。 面倒事スルーして飯だけ喰ってろくな挨拶もしないでさっさと帰る。 旦那に聞いたら「うちは顔出してくれるだけで良いって感覚だからねー」 なんて言ってたけどさ。 私が気にすることじゃないしそんな立場じゃ無いけどモヤモヤする。 タグ : うちの娘が7~8年ぶりに昔近所に住んでたAちゃんにバッタリ会ったらしいんだが あるホテルで彼と待ち合わせていたら「遅れそうだからホテル内の喫茶店で待ってて」ってLINEが入り 喫茶店に入ったらオーダーを取りに来たのがAちゃんだったらしい。 近所に住んでて同じ小中学校に通ってたけど高校で別々になってうちが引っ越したのでそれ以来だった。 元々Aちゃんは終わり際の時間だったらしくて、終業後勝手に娘のテーブルに来て彼が来るまで一緒にお茶することになったようだが その間に言われたことがいちいち嫌味ったらしくて最悪だったって。 元々同じ小中学校に通ってた頃から性. 格的にも合わなかったのに こちらの了解も得ずに同じテーブルに座ったのも不快だったそうだが、 娘の指の婚約指輪を見て「今時そんなの付けたがる女もいるんだね。 無駄じゃね?」と笑われ 「ホテルで待ち合わせなんて気取った彼氏だね」なんて言われたから そのホテルの式場を見学にきただけと言うと、そこから怒涛の嫌味炸裂だったそうだ。 いい家に生まれると何でもかんでも回りが金の面倒見てくれて幸せよね、 今時結婚式なんて一握りのお嬢ちゃんしか興味ないわよ、 そんな無駄なお金あったら生活費に回したいって普通は思うもん、 でもどうせ親が出してくれるんでしょう?大人になってもいつまでも親がかりでいいわね、 ・・・と、大体そんなふうなことをもっと辛辣な言葉を使って言われたらしい。 娘は言い返しても無駄だと思って黙ってフンフンって聞いてたらしいけど その話聞いて思い出したのは、私もAちゃんの母親から同じように言われたことがあったなーって。 うちは一人娘なんだけど、Aちゃんは8人の兄弟姉妹がいる。 Aちゃんちは真逆で1、2年毎に家族が増えてるから母親は専業主婦で父親の収入だけでは苦しそうではあった。 ちゃんと勉強できる環境ではなかったと思うし、高校に行ってない子もいた。 中学の父兄会の帰りに同じ方向だからと一方的に車に乗り込んでこられたことがあって、 子供が多いから一日中家事に追われて大変、洗濯機なんて何回回さなきゃいけないか、 のんびり働きに出かけられる奥さん(私)が羨ましいわ~とか うちは夫婦共に両親がいなくて頼れる人もいないとか聞いてもいないのに言い出して、 どうせ今度引っ越す家も親が頭金とか出してくれてるんでしょう?って言われたのねw その時も面倒臭くてフンフンって聞いてたけど、そんなに生活苦しいなら避妊を知らない獣じゃないんだから 自制すればいいだけじゃないって思ったわ。 なんだか母親そっくりに育っちゃってるな~ってAちゃんのことを思った。 ちなみに娘はその式場自体は良かったけど候補から外すそうだ。 Aちゃんがいると思うと気分悪いって。 タグ : 友人のA、結婚後旦那さんの母親と同居していた。 Aが結婚した時私はまだ独身で、結婚後招待されて一度だけ友達みんなで新居に遊びに行ったことはあるけど お姑さんが視界に入る位置に常にいて、なんとなく落ち着かなかった。 その後連絡を取り合う回数が徐々に減って行ったのは、Aが携帯電話を解約させられて 連絡をとるにはAんちの家電にかけるしかなくなったから。 家電には必ずお姑さんが出て、こちらが名乗るとハッキリと声のトーンが下がり Aを呼び出してもらうように告げるとこれまたハッキリ不快そうな声になる。 このお姑さんが苦手なことを告白して、専業主婦でも携帯ぐらい持ってていいんじゃない?って また持つように勧めたこともあったけどダメなものはダメなんだって。 連絡を取る手段が携帯どころかメールすら無くなってしまうと 気軽に連絡取り合えて、気楽に遊べる人たちとばかり遊ぶようになっていった。 その後私も結婚が決まって、その時はAにも招待状を出したんだが「欠席」で返事がきた。 なんとなくAは出席してもらえないかも・・・と予感あったのが的中した。 お祝いを送ってくることもなかったので、逆に心配になった。 その時の気持ちをうまく言い表すことができないんだけど、元々はそんな不義理するような子じゃなかったし そんなことがあって思い出してみると、Aの結婚ってなんかおかしかったなって。 まだ25にもなってなかったのに、お見合いしてあっと言う間に婚約して結婚して、 しかも母子家庭でお姑さんと同居って、何をそんなに急いで結婚したんだろうって。 結婚後に新居に友達を招待した時にAの事が話題に上がったが(みんな共通の友人だった) みんな私同様にお姑さんのことが気になって連絡し辛くなって疎遠になってた。 やっぱりみんなAが携帯を持たなくなったのが気にかかってたらしい。 でも結局A本人が動く気がない以上どうしようもないねって話になって 私も自分の生活に一杯一杯で、いつかAのことは忘れがちになっていった。 年賀状だけは出してたし、Aからも届いてたけど「また会いたいね」って書いて出しても Aからはコメントがなくて印刷されただけのものだったので、徐々に形だけの年賀状になっていった。 タグ : 俺現在32歳。 この話をすると、大体年を疑われる修羅場w 俺が5歳の頃に母が三つ子を妊娠。 入院とか出産とかその後も入院とか、まあとにかく大変で俺の面倒 見れないからと、小学校に上がる前の1年と上がっての1年計2年間 母方のばあちゃん家の、超田舎に預けられて過ごした。 そこで母の姉の子(従兄弟)2つ上と、従兄弟の友達・俺と同級生のA、 Aの兄のBの4人でいつも仲良く遊んでた。 忘れもしない秋の夕方、近所のうちの山の神社脇 (といっても近所は全部山ww)で 木の実取りに夢中になっていた。 その日は絶好のポイント見つけられて 競うように取ってた。 しかし夕暮れが近くなって、ばあちゃんが 呼びに来て、俺は従兄弟とすんなり帰宅したんだが、 食い意地はってたAはB兄に促されるももうちょっと! と粘りついには切れたB兄に置いてけぼりにされた。 そしたらA夕食の時間になっても戻らない。 家族が捜しに出るも 見つからず、うちにも話聞きに来てた。 すぐ後に消防団やら自警団・警察の人が山狩りに出たが見つからなかった。 しかし翌朝、Aは惨杀殳体で発見。 なんと野豚に食い杀殳されていた。 雑食の豚コエェ!ってなってそこから 豚肉が食べれなくなった。 さらにその犯人の豚が射杀殳されて解体された んだけど、消防団のおじちゃんが、供養に食えって肉もってきて それ皆普通に食ってたのが激しくトラウマ。 Aくん食べた豚食べてるー!って錯乱したらしいwww あと小学校がボットン便所w年に1人は落ちてタヒんでた。 しかも落ちてすぐタヒぬんじゃなくて、2週間後ぐらいにタヒぬのな。 俺が入学したときも、トイレの注意ってすげぇされた。 にも関わらず、一こ上の女子が落ちてタヒんでた。 しかも引上げられて 私タヒんじゃう~!って号泣。 あの声は一生忘れられない。 タグ : 夫が失明していたこと 元々病院嫌いでインフルエンザでも市販のかぜ薬で何とかしようとする人 ある時、目薬を使っていたので「乾くの?痒いの?」と聞くと「何でもない」 頻繁に使うようになったので眼科行った方がいい、と何度か言ったら 隠れて目薬を使うようになった 目薬自体も車に隠したりしていた 痒そうにはしていなかったけど「変な感染症とかじゃないの?うつさないでよね!」と強めに言ったら 「うつらない。 何か見えづらいんだよね、というかほとんど見えなくなった」と言い出した びっくりして嫌がる夫を引っ張って病院に連れて行った 検査したら網膜剥離で完全に失明しているとの事 症状は半年前位から出ていたらしい 目薬で誤魔化していたようだ 医者からは「眼球が小さくなってきている 近い将来、義眼になるから覚悟して」と宣告 タグ : プチですし夫のほうが修羅場だったかもしれない 私はどうも海外の海と相性. が悪いらしい、結構な確率で落ちる。 子供のころ旅行で乗ったバナナボートでも落ちて沈みかけた 新婚旅行でも夫がマリンスポーツしてみたいと言い出し、バナナボートとジェットスキーは特に気を付けて無事乗りきった そのあと沖合いに固定してあるシュノーケリング用の船に送迎船から乗り移るとき 夫の後に続こうと船の縁をまたいだ瞬間に急に大波がきて、案の定船と船の隙間に落ちた 先に乗っててたまたまこっち見てた旅行客らしき人たちがアイヤー! とかオーマイゴッド! って叫ぶのと、 振り返って手を差し出そうとしてた夫の表情が驚愕に染まって行くのが全部落ちながらもスローモーションではっきり見えて 事故の瞬間ってテレビの回想演出とかじゃなくて本当にスローモーションなんだなあ……ってなった内心が修羅場だった なおそのあと自力で泳いで這い上がったけど帰りにまた落ちた タグ :.

次の

【馴れ初め 感動 実話】嫁は自販機の横で途方に暮れたようにしゃがみ込んでて、まだ夜が明けるには早くて・・・

修羅場 実話

みなさんこんにちわ。 いつも興味深くROMらせていただいております。 皆さん、暴 カはいけません。 油断、ではありました。 自分の注意が足りなかったのも確かですが・・・ 昨日のことでした。 わたくしは絵など描いて暮らしている訳です。 そういう商売の人間にとっての財産は 「完成原稿」「スケッチブック」だったりします。 特に後者は掛替えのないものである事が多い。 クロッキーやラフ、イメージスケッチが 描かれておりメシの種であると同時に自分の全存在だったりします。 無論、人によりけりで掲載済みの原稿は棄ててしまうという豪の者もいますが たいていのひとは紙に描いたものを後生大事にしています。 また、ペン入れされた原稿より鉛筆描きの絵の方を愛するひとも多いのです。 お絵書きするひとなら分かって貰えると思いますが・・・命の次に大事なものだと思ってください。 で、そのスケッチブックを携えて、とある出版社に行きました。 そして事仠は「会議室」で起ってしまいました。 とある企画のコンペが予定されており、わたすも候補であるようなので いそいそと打ち合わせに出向いたのですよ。 ひとに評価されるのは嬉しいですから。 ・・・・・・そしたら居たんですよ。 ニダーが。 つづく。

次の

嫁姑問題の実話 修羅場ありバトルあり…こんなに不仲なもの?

修羅場 実話

ありがとう! 私も、こ しかも、フェイスブックのメッセンジャーでメールのやり取りしていたようで、内容は知らない男性と今日 イチャイチャしたという内容のメールだったのです。 罪悪感もあったのですが、メールのやりとりを観ていくと浮気相手の男性の正体が分かりました。 浮気相手はパート先の営業マンの男性 妻は、勤務しているパート先の某ハウスメーカーの30代の営業マンの男性から、よく話しかけられると半年ほど前に話していました。 後から思うと、その話は1ヶ月くらい経ってから「ピタリ」となくなっていました。 浮気の始まりはどうやらその辺りでした。 浮気相手の男性も、妻子持ちでお互いの子供の話をよくしていたそうです。 それから2人で会うようになり妻の仕事終わり、夕方の時間帯に2人の時間を取るようになったようです。 僕は、抑えきれない怒りと悲しさに襲われました。 正直なところ間違えであって欲しい気持ちが強く、現実逃避したくなりました。 しかし、妻の潔い態度をみていると余計に辛くなり人間不信に陥りそうな精神状態でした。 【PR】 妻の浮気を知って家を出る 僕は仕事も手につかない状態で家に帰れなくなりました。 嫁の顔を見るのも、家の気まずい空気も全てが辛く逃げ出しました。 仕事終わりに、漫画喫茶で時間を潰す日々が1週間程続きました。 もちろん、妻の連絡は全て無視してましたが、妻が心配して会社に連絡してることは分かっていたので、僕が会社に行ってることは知っていました。 そして、1週間逃げて出た答えは、嫁との関係を修復したいと言う気持ちから、話し合いの場を持ちました。 そこで僕は、妻に怒りや悲しみを全てぶつけました。 浮気を問いただしたら逆ギレ! 気持ちを全て嫁にぶつけ、嫁から謝罪と後悔の言葉を聞いたのですが、その後に思いもよらぬ結果になりました。 何と、嫁が逆ギレしてきたのです! 逆ギレされた内容は、僕が昔付き合っていた女性から、結婚するという報告をLINEで受けた際のやり取りを、妻が何気なく観たことでした。 僕は、断片的にしか覚えていませんが、嫁曰く僕の未練たらしいLINE内容に嫉妬して、浮気をして復讐したかったそうです。 その後、妻との関係は 僕達夫婦は互いに腹を割って話し合いました。 妻は浮気をした事実は謝ってくれました。 しかし、僕と元彼女の関係をまだ疑っていました。 僕は、はっきり関係を否定し未練たらしいLINEのやりとりについても謝罪をしました。 その後、僕は妻の浮気の話はしていません。 今から思えば、妻は浮気で責められた時の理由として、僕に逆ギレしたような気がしますが、それはもう言わないことにしています。 管理人コメント.

次の