広島 カープ ブログ。 広島東洋カープの選手ブログ

#広島東洋カープ 人気記事(一般)|アメーバブログ(アメブロ)

広島 カープ ブログ

『リリーフに光明』 本日の広島は5-4でソフトバンクに逆転勝ちを収めました。 先発床田は最速150キロの直球とスライダー、ツーシームを中心に投げていましたが、2回は長谷川に四球を与え、続く松田にタイムリー二塁打を打って1失点、更に上林にもカーブを打たれてタイムリー二塁打を浴びて2失点を喫します。 4回には守備にも足を引っ張られる形で2失点を喫し、4回を投げて5安打2奪三振2四球4失点(自責点3)でした(6:7:1、内F1)。 正直4回の拙守による失点も勿体なかったですが、2回の失点も長谷川に対してほぼ直球とスライダーのみ、松田にはスライダーとツーシームのみと1打者に対して偏りすぎのきらいがあり、上林のタイムリー二塁打についても昨日あれだけ大瀬良の直球に手も足も出なかった打者に対して緩いカーブを投げるのか少々疑問符が付く投球、今日のスピードなら今の上林に対してなら牛耳れたはずです。 昨季から言っていますが、もう少し直球とチェンジアップを多めに使っても良いのではないでしょうか。 二番手今村は直球とスライダーの投球で2三振を含む三者凡退無失点、最速は144キロでしたがスピード以上に速いのか、バレンティンが高めの直球に完全に振り遅れました(内F1)。 三番手中崎は先頭三森にヒットを浴びるも後続を併殺打と見逃し三振に打ち取って無失点(2:0:0)、こちらも最速144キロでスライダーやツーシームだけでなく、かつて使っていたチェンジアップも織り交ぜた投球でした。 四番手菊池は最速146キロの直球とスライダー、フォーク、ツーシームを駆使して1三振を含む三者凡退無失点(1:1:0)、五番手フランスアは最速154キロとスピードを徐々に取り戻しつつありますが、好守とフェンス直撃を浴びるなど不安定な投球でしたが何とか打ち取って無失点(1:1:1)、最後はスコットが先頭西田に投手ゴロを悪送球していきなり無死二塁、更に犠打を決められて一死三塁となって代打内川を迎えるもスライダーで空振り三振、最後は牧原を内野ゴロに打ち取ってピンチを凌いで試合を締めました(2:0:0)。 一方野手陣は先発和田の前に4回まではピレラの一発含む2安打のみでしたが、ライナー性の打球や良い当たりの打球が多かったので希望が持てており、事実5回は一死となって代打高橋がストレートの四球で出塁すると、続くピレラがレフト前ヒットでチャンスを広げ、更に菊池がショートへの内野安打で満塁となり、西川がライト線への2点タイムリー二塁打で1点差に詰め寄り、続く鈴木誠也が初球を打ってライトへの犠飛で同点、尚もチャンスで代わった津森から新人投手が緊張するであろう初球をメヒアが逃さずに捉えて勝ち越しに成功しました。 今日一番光ったのがリリーフ陣、実績組の今村と中崎が2試合続けて結果を残しており、クローザーに決まったスコットも守備に関しては不安が出たものの、非常に安定した結果を出し続けており、菊池も調子が上がり始めており、フランスアはまだ危うい部分こそあれどスピードは戻り始めており、形ができつつあります。 また、ピレラとメヒアの助っ人コンビはそれぞれ2安打(メヒアは四球も)を記録するなど打線も徐々に形ができつつあります。 特にメヒアは今日もしっかりと四球を選ぶなど球の見極めもできつつあるので楽しみですね。 それ以外にも選手記事でも書かせていただいた課題の引っ張った際の打球も特大の一発を何本も打ってきており、自身の課題二つを克服しつつあり、新たな不動の大砲として期待したいところです。 ただ今日は守備走塁で課題があり、特に守備はピンチの場面で落ち着いた打球処理を心掛けて欲しいところです。

次の

広島東洋カープの【東洋】とは何? 広島カープじゃないの?

広島 カープ ブログ

Contents• 広島東洋カープの『東洋』は企業名 広島東洋カープの「東洋」はある企業名です。 自動車メーカーの 【マツダ】です。 広島にある自動車メーカーですね。 マツダは 以前「東洋工業」という名前でした。 1968年から「東洋」の文字が入りました。 それまでは「広島カープ」でした。 何故、東洋工業(現マツダ)の名前が入ったのか? 広島カープは市民球団として設立されました。 設立以来、資金繰りは厳しく13社が出資し、球団代表は各社持ち回りで、いわゆる親会社というものがありませんでした。 そこで 当時の東洋工業社長の松田恒次氏のもと球団株を集約し、68年に東洋工業と松田家が 株主となり、球団名に「東洋」が入る運びとなったものです。 広島マツダカープにはならない? 「東洋工業」は「マツダ」に変わっているので、 「広島マツダカープ」とならないんですかね。 「東洋」を入れていても企業の宣伝にはならなにし、いわれを知らなければ意味が分かりませんね。 「広島マツダカープ」は言いにくいので、「東洋」を取って「広島カープ」ではどうでしょう。 「東洋工業株式会社」は 1984年に「マツダ株式会社」に改称しています。 もう 34年前ですか、 今更変える必要もないということか・・・ 終 まとめ 新庄選手が現役復帰を目指すと言って話題になりました。 新庄選手の見た目が若いので「できるかも!」と勘違いしてしまいそうですが、同期の顔ぶれを見るとオッサンばかりでした。 野球場やサッカー場、スポーツ公園などの近くで、自宅の駐車スペースが余っていたら、貸しませんか? 費用は0円。 私も、お小遣い稼ぎをやっています。

次の

広島カープ考察

広島 カープ ブログ

Contents• 広島東洋カープの『東洋』は企業名 広島東洋カープの「東洋」はある企業名です。 自動車メーカーの 【マツダ】です。 広島にある自動車メーカーですね。 マツダは 以前「東洋工業」という名前でした。 1968年から「東洋」の文字が入りました。 それまでは「広島カープ」でした。 何故、東洋工業(現マツダ)の名前が入ったのか? 広島カープは市民球団として設立されました。 設立以来、資金繰りは厳しく13社が出資し、球団代表は各社持ち回りで、いわゆる親会社というものがありませんでした。 そこで 当時の東洋工業社長の松田恒次氏のもと球団株を集約し、68年に東洋工業と松田家が 株主となり、球団名に「東洋」が入る運びとなったものです。 広島マツダカープにはならない? 「東洋工業」は「マツダ」に変わっているので、 「広島マツダカープ」とならないんですかね。 「東洋」を入れていても企業の宣伝にはならなにし、いわれを知らなければ意味が分かりませんね。 「広島マツダカープ」は言いにくいので、「東洋」を取って「広島カープ」ではどうでしょう。 「東洋工業株式会社」は 1984年に「マツダ株式会社」に改称しています。 もう 34年前ですか、 今更変える必要もないということか・・・ 終 まとめ 新庄選手が現役復帰を目指すと言って話題になりました。 新庄選手の見た目が若いので「できるかも!」と勘違いしてしまいそうですが、同期の顔ぶれを見るとオッサンばかりでした。 野球場やサッカー場、スポーツ公園などの近くで、自宅の駐車スペースが余っていたら、貸しませんか? 費用は0円。 私も、お小遣い稼ぎをやっています。

次の