がっちゃん 英語 本。 東方神起への時間旅行2004

【がっちゃん】英語やるならこの動画だけは見とけ【Youtube】

がっちゃん 英語 本

「OF」の前後は分母分子の関係• 英語の文法は、基本的に自分という自我、近い所から遠ざかっていく文章であるという事を理解しましょう。 日本語とは違い、名字 分母 から名前 分子 を言うのではなく名前 分子 から名字 分母 を言う文化であるということ。 「OF」の後が分母で、「OF」の後ろは「OF」の前より大きい物、もしくは同等の大きさが入ってくる。 これだけは覚えとけ!まとめ• 「OF」と「OFF」は関係している。 「OF」は繋がっているイメージを想像して解釈しよう。 「OFF」は完全に離れているイメージを想像して解釈しよう。 「OF」を使う時は、後ろに大きい物 分母 を置いて、前に小さい物 分子 を置こう。 英語の文法は自分に近い所から遠くに離れる文章で構成されている。 上記は、がっちゃん式の前置詞「OF」の覚え方です。 これだけ理解すれば「OF」完全攻略です。 流石がっちゃん。 メチャクチャ解りやすい。 最後に こちらが、今回、記事で紹介した、がっちゃんの動画です。 動画を見ても分からないと思いますが、がっちゃん、実は日本人では無いんです。 韓国人で英語も流暢。 日本語も完璧。 というか日本人の人よりも上手い。 何だこのバグ。 頭が良い方は本当に教えるのも上手ですね。 私は完全にがっちゃん信者となってしまいました。 過去最高レベルで英語が理解できたので、このまま、がっちゃんの英語解説動画を見て、今後も勉強していこうと思います。

次の

【2020年最新ランキング】英語勉強におすすめ最強本25選!※社会人・初心者向け。

がっちゃん 英語 本

でももう少しのところで「続きはに」と なってしまいます。 月額497円で入会できますが、本当に価値があるのかと気になっている方の為に記事を書きます。 結論から言うと充分価値が有ります。 がっちゃんは期待を裏切りません。 私は今までWeb上にある英語の教材を沢山購入しましたが、どれも失敗でした。 それらは人に依っては効果があるのかも知れないけれど、私に取っては苦痛で継続出来ないものばかりでした。 ところが このがっちゃんの Vimeoは楽しく学ぶことが出来ます。 もちろん「それはもう理解しているよ。 」という内容もあります。 でも私に取っては「なるほどなぁ」と思う事が殆どです。 有料なので、私が内容を紹介出来ないため 具体的に何も伝えられないのが歯がゆいです。 実は私も直ぐに入会したわけではありません。 月額500円未満なので、直ぐに入会しても良かったのですが、直ぐに入会しても動画の本数が少ないので更新が待ち遠しくなると思ったのです。 そろそろ動画も10本くらいになっているだろうと思って今月になってVimeo組に仲間入りしたわけです。 結果思ったことは、もっと早く入会すれば良かったということです。 1本の動画が約30分あるので全部観るのは大変時間が掛かります。 観ている間は全然飽きないので、時間は直ぐに過ぎていきますが、全部観る時間を作るのも大変です。 そして1度観て、感動して納得したはずなのに、私の場合 時間が経つと また忘れてしまっているという困ったことに。 がっちゃんは「ノートもえんぴつも要らない」と言ってくれるけど、年齢的にやっぱり動画を止めて書き出していかないと頭に残りません。 それから現在のところ、 まだVimeoで知的財産を公開していません。 少しずつ文法用語などを撲滅してからスムーズに英語学習できるようになっているようです。 それなら知的財産を公開してから500円で一気に観て、直ぐに退会しても良いんじゃないかと思う人も居るかもしれませんが、それでは身に付かないですよね。 今から助走を付けていく方が私も良いと思います。 でもがっちゃんは小学生の頃に日本で暮らしていたから日本のことを良く理解しています。 そして彼女は日本も韓国も愛しています。 もしかしたら世界中? 『がっちゃん』に英語を教わっているけれど、生きていく上で大切な事も毎回教えてくれます。 でも落ち着いてください。 私は がっちゃんのYouTubeの『Vimeo説明書』を見てその通りに進めていくと入会出来たんです。 もう一度見て ゆっくり確実に入力していくと出来るのではないですか? 私が入会したのが4か月前で、年齢的(還暦)に もうその時のことを覚えてなくて、何処か分かり難いところがあったのかも覚えてないんです。 お役に立てなくてごめんなさい。 YouTubeのコメント欄で がっちゃんに直接訊いてみましたか? コメントが多くて埋もれそうですけど。 他の方が答えてくれそうです。 無事入会出来たらコメントしてもらえると嬉しいです。 もちろん入会できなくても、またコメントしてください。 一緒に方法を調べましょう。

次の

英語学習 これが本当に最後の救世主 『がっちゃん』を見つけた!!

がっちゃん 英語 本

東方神起とユノとユチョンの2Uカップルのファンであるカリスマブロガー『 がっちゃん』。 がっちゃんは、日本と韓国の2か国でブログを運営しているのですが、韓国ブログがJYJファンに叩かれたことがありました。 がっちゃんは日本と韓国の2か国でブログを運営しておられます。 がっちゃん談 」だそうです。 日本では東方神起のカリスマブロガーながっちゃんですが、韓国では違うようですね。 しかし、このがっちゃんの韓国ブログの方が、JYJファンに叩かれまくったことがありました。 「年中休止以外のなんでもないようなブログ。 がっちゃん談 」の韓国ブログの方が叩かれるって、どういうことなのかな? JYJファンの怒りを買ったがっちゃんの韓国ブログ がっちゃんの韓国ブログ記事で叩かれたのは、東方神起分裂騒動について触れた記事。 そのブログ記事の部分が、JYJファンの怒りを買ったようで、アンチからこんな画像まで作成されて、話題になりました。 この画像が出回り、がっちゃんは「ジェジュンファンだと嘘をついています!この人信じないで!」とJYJファンやジェジュン様ファンから叩かれまくったようです。 しかし、このバッシングに対して、なんと!がっちゃん本人が、日本のブログで触れています。 がっちゃんご自身で、韓国ブログの真相について語っているのです。 なので、がちゃんのブログ記事をご覧いただければ、真相についてわかるのですが、結構長文ですので、ゆかこが簡単にまとめてみました。 まず、では何が書かれているかを箇条書きにすると…• アンチにとって都合のいい箇所だけ抜粋されている• 東方神起について韓国ブログに書いてある内容は日本のブログ『東方神起そして2U』とほぼ一緒• 韓国ブログで東方神起について書いた記事を、がちゃん本人がまんま翻訳 です。 がっちゃん「どうせ翻訳して画像つくるんなら、全部翻訳しろや。 」ってことで、全部日本語訳してます。 では、次にがっちゃんの韓国ブログ記事を書いていた当時の心境と記事の翻訳をまとめたものをご紹介しますね。 当時のがっちゃんはジェジュン様、ユチョン様、ジュンス様の主張を鵜呑みにして「訴訟の本質は奴隷契約で、ユノとチャンミンも時間差でSMを出るだろう」と本気で信じていて、ジェジュン様、ユチョン様、ジュンス様の勝訴を心から応援していて、SMエンターテインメント叩き動画を振りまいていました。 なのに、「ユノとチャンミン裏切り者説」が出回っていてショックだったがっちゃん。 がっちゃんはブログ記事で、「自分はジェジュンファン、2Uのファンである。 」と打ち明けました。 でも「黙ってるしか何一つ方法の無かったホミンの立場を、逆にそれを利用して2人をそこまで滅茶苦茶にしてまで…それがファンの義務?」とJYJファンに投げかけ、ジェジュン様に対しても「今回ばかりは擁護できない。 」と信じたいけれどもう信じられないという苦しい胸の内を語っています。 私いつから2人のファンみたいになってんだ?JJファンだっての。 」と書きつつも、JYJの3人を擁護してユノ様とチャンミン様をディスっているファンの事態に「意味が分からない」と言及。 韓国の国民としても、東方神起っていう国を代表するグループを奪われたようなものなのに、これは怒って当然のことじゃなねーか」的な事を記事に書く。 がっちゃんは、「たまたまユチョンの誕生日だったけど、誰の誕生パーティーでも絶対同じこと書いてた」と言っています。 逆だろ、あの長い時間を待ってあげてたのはユノとチャンミンだったろ。 」とジェジュン様の発言にキレた文章を書く。 そして、がっちゃんが最後に書いた記事が「ラジオスターの作家さん、がんばってください。 JYJファンは恥を知れ」 ざっとまとめると、こんな内容かな? 私が特に心打たれたがっちゃんのブログ記事が2010年1月19日に書かれた「もうジェジュンを擁護できない」という記事。 ジェジュン様ファンで、ジェジュン様が大好きで大好きでたまらないんだけれど、この件に関してはもう擁護できない…という苦しくてつらい胸の内がすごく伝わってきて…ちょっとうるっときました…。 最後にがっちゃんは、『今回の記事を見てどう受け取ったかは、皆さんの脳みそで判断する、皆さんの意思です。 』と言っています。 私は、がっちゃんは自称ジェジュン様ファンじゃなくて、ホントにファンだったんだろうなあと思いました。 あなたはどう思いますか? スポンサーリンク がっちゃんが東方神起の本を執筆!?サイン会まで! 東方神起ファンから絶大な支持を集めるカリスマブロガーがっちゃんですが、なんと!東方神起に関する本を執筆してるんです。 そして、東方神起の東京ドーム公演が行われた2012年4月15日には、本の発売を記念して池袋にある旭屋書店でがっちゃんのサイン会が開催されました。 同じ東方神起ファンとして、ゆかこ一体どんな人物なのか気になる!! とゆーことで、がっちゃんの正体に迫ってみました。 なんでこんな格好しているのかというと、トマトのかぶりものは「トマトをぶつけられるくらいなら、いっそ最初からトマトをかぶっていれば、ぶつけられてもわからねえよ。 」 ということらしい。 何故トマトをぶつけられるかですが、アンチに「マジでトマト投げられるかもな」と本気で思い、自身のブログにも「おまえらトマトを投げるなよ~」と冗談で書いたことがあるからだそうです。 がっちゃん、なかなかに、ぶっとんだキャラクターのようですwww 画像からお分かりのとおり、がっちゃんは女性。 その 正体は、1986年生まれの韓国人です。 そう!日本人ではないのです。 がっちゃんのブログをご覧いただければお分かりかと思いますが、日本語ペラペラで、とても外国人が書いているだなんてわかりません。 がっちゃんのこの日本語能力は、東京外国語大学への交換留学生時代に身につけたそうですよ。 がっちゃんの正体はユーモアあふれる東方神起ファン 今回は東方神起ではなく、東方神起のカリスマブロガーがっちゃんについての特集をお届けいたしました。 東方神起ファンから絶大な支持を受けるカリスマブロガーのがっちゃんの正体は、「日本人バリの流暢な日本語を扱うユーモアあふれる韓国人女性」でした。 東方神起のファンになったのは、2012年2月からという新米ペン。 でも、ファンになってからののハマり方が尋常ぢゃない!! 「ユノ様、チャンミン様のことをもっと知りたい!!」 と、過去発売されたDVDやら写真集やら収集し始めました。 その額ざっと見積もって たぶん 50万円 いってると思う。 グッズの情報を集めるときに、一つにまとめられたサイトがなくてめちゃ苦労しました。 「きっと他のトンペン様も苦労してるハズ!!」 と思って作ったのが、このサイトです。 5人時代のものも扱ってますので、温かい目で見てくださると嬉しいのです。

次の