スクリーンタイム反映されない。 子供のスクリーンタイムが見れない時の対処方法は?(iPhoneファミリー共有)

保護者必見! iPhone設定『スクリーンタイム』で子供のスマホ依存度チェック

スクリーンタイム反映されない

ios12 スクリーンタイムとは? スクリーンタイムはios12から新たに搭載された機能です。 iPhoneをどれぐらいの時間や回数使ってるか確認できる• 時間や回数を見ながら、自分や子供がiPhoneを使う機能を制限できる 自分自身がついつち「スマホ依存」になってしまう事や、子供が遊んで使いすぎてしまうのを予防したり、状況を確認できたりできる便利な機能です。 スクリーンタイムがある場所 「スクリーンタイムのアプリがない!」という人は多いかもしれません。 「スクリーンタイム」はアプリというよりも、ios12から追加されたiPhone本体の機能のひとつです。 場所は「設定」アプリを起動して、その項目内の「スクリーンタイム」から見る事ができます。 また、スクリーンタイムはウィジェット上でも表示ができます。 ホーム画面から一番左にスワイプしたウィジェット上内にこんな感じで表示。 もし表示されていない場合には、赤枠の「編集」をタップして、スクリーンタイムをウィジェット内に追加する事で見れるようになります。 ウィジェット上では「簡易表示」されていますが、ウィジェットをタップすると「設定」で選択する時と同じ画面に移動する事が可能です。 スポンサードサーチ スクリーンタイムで設定できること スクリーンタイムが本領を発揮するのは、 使用状況を確認した後です。 ただ使っている時間を見ただけでは「ただの確認」で終わってしまいますが、状況を見た後で「制限する」という対策ができる所が、スクリーンタイムを使うメリットです。 スクリーンタイムで設定できる項目は、赤枠で囲まれた4つの項目に分類分けされています。 それぞれの機能の意味は次のとおりです。 休止時間• 使えない時間を設定• 画面を見ない「休止時間」を設定できる。 「何時〜何時までは見れない」という詳細設定が可能。 制限中でも許可したアプリや電話は使う事ができる。 App使用時間の制限• 使える 時間の長さを設定• 使うアプリをグループ別に使用制限できる。 例えば仕事中は仕事関連のアプリだけ許可し、ゲーム等の遊びアプリが使えないようにできたりする。 常に許可• 休止中でも使える状態にしておきたいものを設定 コンテンツとプライバシー• iPhoneそのものに表示するアプリを選択できる。 アプリの購入の制限。 コンテンツ制限など細かく制限できる。 設定した時間中は「許可したアプリ」と「電話」以外は使う事が出来なくなります。 使えない時間帯を設定するのがこちらです。 「App使用時間の制限」の設定 休止時間が使えない時間を指定する項目だったのに対して、こちらは「最大で何時間使えるか?」を設定する項目です。 例えば、子供のiPhoneをもたせる時に「ゲームは1日1時間まで」とルールを決めたら、その1時間を超えた後は、当日はゲーム関連アプリが使用不可になります。 時間を指定するのではなくて、 「時間の長さ」を指定しているのが特徴です。 「制限を追加」を選んだ後は、どのグループに「使える最大時間」を設定するか選ぶだけです。 「常に許可」の設定 使用制限中でも使えるアプリを選択できる項目です。 「コンテンツとプライバシー」の設定 アプリの購入を勝手にさせない。 自分のいち情報を共有しないなど、根幹に関わる部分を制限できます。 スポンサードサーチ 子供用のiPhoneをスクリーンタイムで制限設定するやり方 スクリーンタイムの画面に移動したら、下にスクロールして「スクリーンタイムをオフにする」を選択。 再びオンにします。 こうする事で、初期設定の画面が出てくるので、子供に持たせる時の設定がやりやすいです。 初期設定の画面が出たら「続ける」を選択。 「これは子供用のiPhoneです」を選びます。 「自分用のiPhoneです」を選んでも使える機能に代わりはありませんが、初期設定の段階で、以下に紹介するように「子供向け設定のガイダンス」をしてくれるので、設定すべきポイントが分かりやすくなります。 子供にiPhoneを使わせない時間帯を設定します。 ひとつのアプリで使える最大の時間帯を決めます。 前の項目で夕方の時間帯を設定。 こちらの項目で「ゲームを1時間」で設定しておけば、「子供が学校から帰ってきた夕方の時間移行に1時間だけゲームができる…」というような設定ができるというわけ。 コンテンツとプライバシーの説明項目です。 項目内では、「iTunes及びApp Storeでの購入」に制限をかけておき、子供が勝手に購入できないように設定しておくべきでしょう。 最後に親だけが知っているパスワードを決めておきます。 これは スクリーンタイム専用のパスワードで、iPhoneのロック解除等で使うパスとは別のもの。 例えば子供がゲームをやる時間をもっと伸ばしたくて「Appの使用時間の制限」をいじろうとしたり… 夜遅くまで遊びたくて「休止時間」を変更しようとしても、必ず「親のパスワード」を入力する必要があるので、勝手に変更する事ができない仕組みです。 このパスワードを自分が忘れてしまうと、設定変更できなくなるので注意しましょう。 親のパスワードを確認にために2回入力したら、 子供向けのスクリーンタイムの設定は終了です。 必要に応じて「常に許可」の項目にも移動して、メッセージのやりとりに必要なLINEだけは、いつでも使えるようにしておく等、ケースに合わせて設定を変更しておくようにします。

次の

子供のiPhoneを管理・制限するなら【スクリーンタイム】で更に強化できる

スクリーンタイム反映されない

スクリーンタイムとは、iPhoneやiPad、iPodなどのApple製品を、その日に何時間使用したか?などの統計を取り、スマートフォンの使い過ぎを抑制するための情報を提供してくれるお役立ち機能です。 その機能を使用して、親や保護者が使用しているiPhoneから、子供が使用しているiPhoneに対して、アプリの使用制限をかけたり、スマホ自体を使って良い時間を曜日別に設定したりできます。 例えば、勉強時間の阻害になっていると考えられる、アプリを個別に、1日何時間までしか使えないと言う設定にしたり、夜何時以降は使えない休止時間を設けてアプリを操作できないようにする、昼間の時間帯だけ使えるようにするなど、細かな設定も可能です。 SNS系のアプリ全体を何時以降は使えないようにすると言うような分類別の設定も可能です。 もちろん、ゲーム系、動画系などを制御することもできます。 これらの設定は、親 保護者 が使用しているiPhoneから、子供が使用しているiPhoneに対して設定作業ができますので、子供側が勝手に変更できないような工夫もされています。 もちろん、iOS11までの段階で利用できた、iTunes・App Storeからの購入、Walletへのアクセス、特定の音楽・ポッドキャスト・ニュースへのアクセス制限、ムービー・TV番組の年齢制限、アクセス許可・禁止するWebサイトの設定、ゲームアプリの画面録画、マルチプレイヤーゲームの操作、友達の追加などをも引き続き制限可能になっています。 スポンサーリンク それでは、設定方法を解説してみたいと存じます。 iCloudファミリー共有 ドコモなどのキャリア店舗で直接購入した場合には、すでに設定されているかも知れませんが、まずは「iCloudファミリー共有」です。 制御する側、制御される側として「ファミリー共有」の設定がされている必要があります。 そのファミリー共有の「管理者」が、お子様などのiPhoneスマホをリモート管理することができます。 このiCloudファミリー共有から、下記のスクリーンタイムの設定にも進めます。 子供のスマホが使える時間などのスクリーンタイム設定を行う場合には、下の方にある子供の名前をクリックしましょう。 すると、休止時間、App使用時間の制限、常に許可するアプリ、コンテンツとプライバシーの制限を設定かることができます。 なお、子供のiPhoneを制御するためには、親のiPhoneも、子供のiPhoneも「iOS12」にアップデートしておく必要性があります。 スマホばかりに気を取られて、勉強する時間が減ってしまうのはよろしくありません。 本来であれば、子供がしっかりと自覚して、スマホをする時間 遊ぶ時間 、勉強をする時間と区別し、自分で時間を管理できるのがベストですが、どうしても、LINEの通知が来るとみてしまったり、もう少しだけとYouTubeを長く見たり、音楽を聴いたりと、時間をうまく制御できない場合があります。 子供が自分で、自分をコントロールできないのであれば、このように機械的に制御するのも、やむを得ないと言う事になってしまいます。 そのため、中学生・高校生には、そのときに流されることなく、スマートフォンを使うと言う事は、どのようなことなのか?、しっかり「自覚」して所有して頂きたいと願っております。 どうしても、保護者の方が制御する場合には、一方的にではなく、もちろん、充分に子供と話をしたうえで、設定されることを強くお勧め申し上げます。 以上、簡潔にスクリーンタイムで子供のiPhoneを制御する方法でした。

次の

子供のiPhoneのスクリーンタイムが制限できないのはなぜ?[iOS13]

スクリーンタイム反映されない

スクリーンタイムとは スクリーンタイムは、iOS12で追加された新機能です。 iPhoneやiPadのアプリ別の使用時間や通知回数、端末を持ち上げた回数などの使用状況を把握できるほか、アプリの使用時間の制限、休止時間の設定など使い過ぎを防止する機能などが利用できます。 複数端末でスクリーンタイムのレポートを共有したり、子供のスクリーンタイムのレポートや設定を管理することもできます。 ファミリー共有で保護者の端末から子供の端末のスクリーンタイムのレポートの確認や設定・制限などの管理も可能。 そのほか、子供が不適切なサイトへのアクセスしないように制限したり、利用できるアプリの年齢制限、設定変更の許可、アプリの削除や課金の制限などiPhoneやiPadのさまざまな機能制限を行うことができます。 スクリーンタイムの使い方・設定方法 最初にスクリーンタイムの設定をオンにしてみてみましょう。 設定アプリの中にある【スクリーンタイム】を開いて【スクリーンタイムをオンにする】をタップすると、スクリーンタイムに関する簡単な説明が表示します。 読み終えたら【続ける】をタップしてください。 続いて、利用者の設定です。 自分用か子供用か聞かれます。 自分が使う場合は、【これは自分用のiPhoneです】をタップすればスクリーンタイムはオンになります。 子供用として使う場合は、【これは子供用のiPhoneです】をタップして、休止時間の設定、App使用時間の制限の設定を行い「親のパスコード(スクリーンタイムパスコード)」を決めたら完了です。 自分用ではじめたとしても、スクリーンタイムパスコードは後から設定できます。 使用状況を確認する スクリーンタイムを開くと、一番上の欄には、iPhoneを使用した時間とカテゴリ毎に使用時間が分けられた横棒グラフが表示しています。 詳細を確認するには、【端末名(iPhone)】をタップします。 詳細な画面では、「今日」と「過去7日」のレポートを確認することができます。 まず一番上のスクリーンタイムの項目では、縦棒グラフでのレポートの確認。 その下の「よく使われたもの」の項目では、アプリ毎やカテゴリ毎の使用時間と使用時間の長い順に確認することができます。 アプリとカテゴリの切り替えは、右上の【カテゴリを表示】【AppとWebサイトを表示】をタップして切り替えることができます。 下の方がスクロールしていくと、端末の持ち上げ回数と通知の回数を確認できます。 通知回数の多いアプリがわかるので、今まで気づかなかった意外と通知の多いアプリに気づくかもしれません。 通知の欄に表示しているアプリ名をタップすると、通知設定の画面を表示できます。 通知が不要なアプリは、通知をオフにするなどの設定をしておきましょう。 通知だけでもデータ容量やバッテリーを消費するので必要最低限にしておくことをおすすめします。 アプリ毎・カテゴリ毎の使用時間を制限する 1日に使用できる時間や曜日を決めてアプリの使用時間を制限できます。 SafariやYouTubeなどアプリ毎、あるいはカテゴリ毎の制限ができます。 制限は毎日午前0時にリセットされます。 制限の設定は、使用状況を確認した「スクリーンタイムレポート画面」か「App使用時間の制限」から設定することができます。 それぞれ解説していきます。 スクリーンタイムレポート画面から制限する まずは、スクリーンタイムのレポートの詳細画面を表示させてください。 「よく使われたもの」に表示しているアプリの中から制限したいアプリをタップしてください。 右側の【カテゴリ表示】または【AppとWebサイトを表示】をタップして切替できます。 カテゴリ表示にすればカテゴリ毎の制限、AppとWebサイト表示にすればアプリ毎の個別制限が可能です。 ここでは試しにSafariを制限してみます。 下にある【制限を追加】をタップし、時間と曜日を設定して【追加】してください。 【Appを編集】から他にも制限をしたいアプリを追加することができます。 この画面でアプリを追加した場合の制限はSafariの制限時間は同じになるので、別条件で追加したい場合は、「よく使われたもの」から制限したいアプリを選んで新しい制限で設定してください。 こちらからはカテゴリ毎の制限などができます。 アプリ毎に制限したい場合は、レポートから制限してください(上述)。 曜日別に時間指定もできます。 「使用時間終了時にブロック」をオンにすると、制限を解除するにはスクリーンパスコードの入力が必須になります。 こちらから確認と時間・曜日・アプリなどの編集・削除といったことができます。 休止時間を設定する 休止時間に設定した時間中は、許可したアプリ以外は使えなくなります。 アプリの許可は、常に許可の項目で設定できます。 開始と終了の時間を決めて、制限する時間を設定してください。 「休止時間中にブロック」を有効にすると、制限時間中に利用したい場合は、スクリーンタイム・パスコードが入力が必要になります。 コンテンツとプライバシーの制限 iOS11以前のバージョンにあった「機能制限」の設定を、iOS12では「コンテンツとプライバシーの制限」で行えるようになっています。 主にiPhoneを利用するうえでの機能を制限するためのもの。 設定が多すぎるのでここでは一部のみの紹介になります。 例えば、お子様などが利用者の場合に、年齢に相応しくないコンテンツを保護者の方が設定し、各機能を制限することができます。 そして、詳細な設定を行います。 これで誤操作による切り替えを防止できます。 また、スクリーンタイムにより制限された場合に解除したい場合、スクリーンタイムパスコードの入力しないと解除できなくてきます。 ここで決めた4桁の数字が自分のスクリーンタイムパスコードになります。 以上で、スクリーンタイムの設定を変更する際にパスコードの入力が必要になります。 制限を解除する際にスクリーンタイムパスコードの入力を必須にする場合は、制限を設定する画面に「使用時間終了時にブロック」または「休止時間中にブロック」の項目が表示しているので、スイッチをオンにすることでスクリーンタイムパスコードの入力が必要になります。 詳しくは上記のカテゴリ・アプリ制限の設定や休止時間の設定の項目をご覧ください。 制限されるとどうなる?解除するには? 休止時間やApp使用時間で制限されたアプリは、暗くなってアプリ名の横に砂時計のマークが付いて使えなくなります。 試しにLINEアプリを開いてみると、「時間制限 LINEの制限時間を超えました。 」と表示し使えません。 どうしても使いたい場合は、【制限を無視】をタップして「15分後に再通知」または「今日は制限を無視」にして利用することができます。 スクリーンタイムパスコードの設定をし、「使用時間終了時にブロック」や「休止時間中にブロック」の設定などを有効にしている場合は、スクリーンタイムパスコードを入力しないと解除できません。 手順は次の通り。 制限中のアプリは通知も届きません。 例えば、友だちからLINEトークが送られてきたとしても通知の表示もなければ通知音も鳴りません。 デバイス間で共有 デバイス間で共有を有効にすると、同じにApple IDでサインしている全てのデバイスの合計の使用時間のレポートを確認できるようになります。 同一Apple IDでのスクリーンタイムの制限などに関する設定も連動します。 デバイス共有をオンにすると、スクリーンタイム画面上に表示していたデバイスの名前が「すべてのデバイス」になり、詳細画面の右上の【デバイス】をタップして端末の切り替えをできます。 ファミリーのスクリーンタイムを設定 ファミリー用のスクリーンタイムを設定すると、子供のスクリーンタイムのレポートの確認や設定などを自分(保護者)の端末からすべて行うことができます。 【ファミリーのスクリーンタイムを設定】が表示していた場所に、サインインした子供の名前が表示しているので、名前をタップして子供のスクリーンタイムのレポート確認や制限の設定などを行うことができます。 スクリーンタイムをオフにする、データを消したい スクリーンタイムは、いつでも設定をオフにすることができますが、オフにするとスクリーンタイムの設定や使用時間などのレポート全てが削除されます。 データを消したい場合はオフにすると良いですが、オフにするとデータが消える事にも注意してください。 スクリーンタイムの端末名を変更できない? 設定アプリからスクリーンタイムを開いたところに、「iPhoneに設定している名前」が表示します。 ウィジェットをタップすれば、すぐにスクリーンタイムの詳細画面を開くことができます。 ウィジェットの削除や追加は、【編集】からできます。

次の