振袖 成人式 購入。 成人式の振袖購入はいつ?最適な準備開始日を知る|京都さがの館

成人式の振袖【レンタル・購入・ママ振り】どれかお得?メリット・デメリット徹底比較

振袖 成人式 購入

人生のひとつの節目であり、一生に一度の晴れ舞台でもある成人式。 大切な記念日に向けて、振袖の購入を検討している方の中には、以下のような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 「いつから振袖の準備を始めたらいいのか分からない」 「できるだけお得に買うために、適切な購入時期が知りたい」 「一生の思い出となる成人式にするため、振袖選びで後悔したくない」 振袖の準備開始と購入のタイミングについて知っておくと、リーズナブルにお好みの振袖を購入することができます。 今回は、振袖をいつ買うのが一番お得になるのか、また買うためのポイントについてご紹介します。 成人式用の振袖の購入を考えている方は、ぜひ参考にしてください。 成人式の振袖はいつ買うべき?購入に適切な時期とは 振袖を購入する場合、数に限りがあるレンタルとは異なり人気商品がなくなってしまう、という心配はほとんどありません。 ただ、自分に合った振袖を、膨大な選択肢の中から慎重に選ぶ必要があります。 ・どこのお店で買うのか ・予算はいくらか ・すでに完成された振袖を買うのか、または反物から仕立てるのか ・中古品や前年以前の振袖を買うのか、最新作を選ぶのか ・どのような色にするか ・古典柄か、流行のデザインか 上記のように、振袖の購入に関して考えるべきことは多くあるため、着物を買いなれていない場合は余裕を持って準備を始めましょう。 納得のいく買い物をするためには、下見をしっかり行いたいもの。 カタログの取り寄せや展示会巡り、試着を行い、 複数店舗で見積合せをするには、一定の時間が必要です。 2-2. 事前に写真撮影をするため 振袖を購入したら、記念に写真として残しておきたいものです。 しかし、成人式当日は美容院やメイク、会場入りなど何かと忙しいため、事前に写真スタジオで撮影をするのが一般的となっています。 後日の撮影もありますが、成人式が終わってしまうと、新成人のモチベーションが下がってしまうことも多く、「前撮り」が人気です。 写真撮影は、夏前の涼しい時期に行われることが多く、日焼けしていない白い肌の写真を残せます。 また、普段着に比べれば、重くて動きづらい振袖でも撮影しやすい時期でもあります。 この場合、 振袖を仕立てるのであれば、遅くとも3月頃までには振袖を決めておく必要があります。 また、直前になるとスタジオの空きがなくなってしまうため、早めに予約しなければなりません。 美しい振袖姿をしっかり写真に残しておきたい方は、前撮りのスケジュールを立てられるよう早めの準備が必要になります。 2-3. 仕立てに時間がかかるため 成人式は、振袖一着だけ準備すれば良いということではありません。 着付けに必要な小物も一緒に用意する必要があります。 振袖の着付けに必要なアイテムとしては、下記のものが挙げられます。 ・帯 ・肌着 ・長襦袢 ・腰紐 ・足袋 ・タオル ・コーリンベルト ・半衿(はんえり) ・重ね衿(かさねえり) ・帯締め ・帯揚げ ・髪飾り ・草履 ・ショール ものによっては 店舗でレンタルしてくれることもありますが、自分で用意しなければならない場合もあります。 当日になって着付けで慌てることがないよう、何が必要なのか事前に店舗へ確認し、忘れずに用意しましょう。 このように髪飾りやバッグなどの小物にもこだわる場合や、家に着付けに必要な和小物がない場合は、余裕を持った準備が必要となるため、早めの準備が重要です。 成人式の振袖をお得に買う2つのポイント.

次の

成人式の後悔・失敗

振袖 成人式 購入

成人式の晴れ着は一般的に振袖を着用するかと思いますが、普段のお洋服とは違うため初めての成人式を迎えられる方やご両親は、一体いくらかかるのかと不安に思っている方も多いのではないでしょうか?特に今回は、振袖レンタルに着目し、相場はどれくらいなのか、購入する場合とどれほど価格に違いがあるのかをご紹介します。 ・成人式の振袖レンタルについて相場が知りたい ・振袖レンタルを利用するメリットが知りたい ・相場より安い振袖レンタルでも大丈夫? など、成人式の振袖レンタルの利用を考えている人の、共通の疑問にお答えしていきます。 一生に一度の大切な成人式で晴れ着を用意する際には、今回ご紹介する内容をぜひ参考にしてみてください。 振袖レンタル・振袖購入の相場はいくら? 成人式の振袖レンタルはお店やセット内容によっても異なりますが、振袖一式・和装小物(バッグや草履など)が付いた一般的なセットの場合、最低価格で約4万円~、相場は25万円前後となります。 新品オーダーだともう少し価格は上がり、30万円前後です。 店舗運営型の振袖店が提供するレンタルサービスの料金を比較した結果は、以下の通りです。 普通の振袖であれば、新品オーダーのレンタルと比較してもそれほど差がなく、購入した方がお得だと感じる方もいらっしゃるでしょう。 振袖店での振袖の購入価格を比較した結果は、下記の通りです。 店名 購入プラン ジョイフル恵利 180,000円(税抜)~498,000円(税抜) 京都さがの館 380,000円(税抜)~680,000円(税抜) ふりそでMODE 100,000円(税抜)~498,000円(税抜) 一蔵 198,000円(税抜)~880,000円(税抜) 京都きもの友禅 205,000円(税抜)~415,000円(税抜) オンディーヌ 298,000円(税抜)~880,000円(税抜) しかし、振袖レンタルには様々な小物やサービスなどがセットで提供されています。 一般的に振袖レンタルは、振袖一式とショール、和装小物、記念撮影などがセットになっています。 そのため、記念撮影までまとめて依頼したい場合は、振袖レンタルが便利です。 相場に幅があるのはなぜ? 振袖には高級品もあればリーズナブルな商品もあります。 相場に幅があるのは、振袖によって価格が異なるためです。 例えば、絞りや刺しゅうなどの加工が施されることで、相応の価格に変わります。 デザイン性が高く人気の商品となれば、価格が上がることもあるでしょう。 振袖レンタルでは様々な種類・デザインの振袖が借りられることで、相場にも幅が生まれます。 振袖レンタルの価格面でのメリット 多くの人が振袖レンタルを利用するのは、それだけ成人式の振袖レンタルにメリットを感じているためです。 具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?こちらでは、価格面でのメリットについてご紹介します。 購入よりも30%以上安い 素敵な着物をよりリーズナブルに楽しめる点が、振袖レンタルの魅力です。 振袖レンタルなら購入するよりも30~50%程度安いので、費用を抑えながら成人式の晴れ着を選びたい方におすすめです。 難しい着物のメンテナンスが不要 着用した振袖は、クリーニングに対応している専門店で適切にクリーニングしてもらう必要があります。 ただ、振袖のクリーニング料金は高めに設定されていることがほとんどです。 振袖をクリーニング(丸洗い)する場合、全国展開している大手クリーニングチェーン店数社の相場は約9,000~15,000円です。 また、全体の汗抜きには別途9,000円程度の料金がかかります。 振袖レンタルならこうしたクリーニングも不要で、別途料金がかかってしまうことはほとんどありません。 メンテナンスの手間や別途費用を抑えたい方は振袖レンタルを選ぶと良いでしょう。 流行のデザインを選べる 振袖の購入を考えた場合、成人式以外に着る機会や姉妹での共有することなども考えながら選ぶと、定番の色や柄に落ち着きやすいです。 特に、子どもや孫の代まで着られる振袖にしようと考えると、選択肢は定番の色や柄に絞られやすいです。 しかし、振袖にも時代それぞれのデザインがあります。 加えて、似合う色は人によっても違うので、自分の成人式のために振袖を選ぶなら振袖レンタルを利用するのがおすすめです。 成人式の他にも着る機会が3回以上ある場合、振袖の購入がお得になると言われていますが、最新の人気振袖を毎回着られる点は振袖レンタルの大きなメリットでしょう。 新品オーダー振袖のレンタルもある レンタルの場合、誰かが一度袖を通したものを借りるというイメージを思い浮かべる方も多いでしょう。 しかし、中には新品オーダー振袖のレンタルサービスを提供している場合があります。 新品オーダーレンタルとは、まだ仕立てあがっていない着物(仮縫いの状態)の新作振袖を初めてお仕立てをしてくれるレンタルの方法です。 通常のレンタルよりも高額にはなりますが、誰も袖を通していない新品の振袖を購入するより安く済むので、購入を迷われている方には新品オーダーの振袖レンタルを活用するのもおすすめでしょう。 成人式の振袖レンタルで注意すべきポイントは? 振袖で成人式を満喫するために、振袖レンタルを利用する際には次のポイントを押さえておきましょう。 セット内容の確認 振袖レンタルに含まれるセット内容は細かい部分まで確認してください。 前撮りと成人式当日の着付け・ヘアメイク、着付けに必要な小物、レンタル期間などで追加料金が発生する場合もあるので、どんな内容かはあらかじめチェックしておきましょう。 急なキャンセルはできるの? 万が一、振袖レンタルの予約をキャンセルしなくてはいけなくなった場合、基本的にはキャンセルすることは可能です。 ただし、振袖レンタルの店舗によってはキャンセル料が発生してしまう場合もあるので、念のためキャンセルに関する規定も確認しておきましょう。 店舗によっては毎月お得なプレゼントや特典も! 振袖レンタルを利用する際、店舗によってはさらにお得なプレゼントや特典を用意していることがあります。 例えば、通常のプラン料金よりも値下げされていたり、着物に合わせる小物が無料で利用できたりと、様々なプレゼント・特典が用意されています。 振袖レンタルのお店を探す時は、プレゼントや特典などにも注目してみましょう。 プレゼントや特典は期間限定で実施されている場合や、対象の条件が決まっている場合もあります。 事前にプレゼントや特典が受けられる期間と対象条件はチェックしておきましょう。 相場よりも安い振袖レンタルでも大丈夫? レンタル業者の中には相場よりも安く振袖レンタルを提供している場合があります。 相場よりも安く提供できるのには、様々な理由が挙げられます。 例えば、振袖本体のみのレンタルでその他のオプションが付いていないケースです。 髪のセットや着付けなどを自分で行えるなら振袖のみのレンタルでも問題ありません。 しかし、美容室を予約して髪のセットから着付けなどを行ってもらおうとすると、別途費用がかかりセットプラン以上の値段になってしまうこともあります。 また、振袖の種類が限られているケースもあります。 それほどこだわりがない方にはお得な振袖レンタルになるかもしれませんが、一生に一度の大切な成人式のためにたくさんの中から振袖を選びたいという方には、着物の種類が物足りなく感じてしまうかも知れません。 このように、相場よりも安い場合は価格が下がるそれなりの理由が存在します。 値段だけを見て選ぶよりも、どんなオプションが付いているのか、どれくらいの種類から振袖が選べるのか、なども事前にチェックしておくと安心です。 成人式の振袖は購入でもレンタルでも高価な品なので、相場を初めて知って驚いた人もいるでしょう。 ただ、振袖レンタルの場合は振袖だけでなく、必要な小物類や着付け・ヘアメイク、記念写真やクリーニング代などが含まれた料金設定なので、実は価格相応、もしくは購入よりもお得と言えます。 成人式の振袖レンタルは、人気の色・柄から決まっていくので、ぜひお気に入りの振袖は早めに確保しておきましょう。 ジョイフル恵利には成人式の振袖レンタルで人気のデザイン、色・柄が豊富に揃っています。 まずはジョイフル恵利のホームページ、または最寄りの店舗からカタログをお取り寄せいただき、イメージに合う振袖をお探しください。 店舗には、カタログ掲載以外の商品も豊富に取り揃えていますので、一度店舗へ足をお運びいただければと思います。 ご予算やお支払いに関してのご相談も賜ります。 ご試着は無料となりますので、ご満足いただける振袖選びをスタッフ一同全力でお手伝い致します。

次の

成人式の振袖レンタル・ご購入の流れ|京都さがの館

振袖 成人式 購入

新作振袖の相場 まず新しい振袖の購入費用についてですが、地域やお店によっても多少違いますが、お母様の お古などを使わず、お着物一式を何から何まで新しいもので揃えた場合、全国平均で 38~41万円ぐらいと言われています。 これはお母様の時代、とくにバブルの世代ですと50万円以上は出して購入されているケースが多く、100万円以上の高額な振袖もたくさん売れていたので、それから比べると最近の相場は、かなりお安くなっていると思います。 このように振袖のお値段の平均が下がってきている主な理由は、全国展開している大手着物チェーン店や地元で一番大きな呉服専門店を中心に、お値頃なセット商品を組み、どんどん打ち出してきているからです。 皆さんのお手元に届く ダイレクトメールにも 「えっ? これって レンタルの値段じゃないの!?」と思えるぐらいお値打ちなセット商品が掲載されていますよね。 例えば、振袖・帯・長襦袢はもちろん、お仕立て代や着るのに必要な小物も全て揃ってなんと 198,000円(税込み) とか・・・ かつて100万円以上で振袖を購入された おばあ様やお母様からすれば、衝撃的なお値段ではないでしょうか。 しかし その一方で、お値段が高い50万円以上の御品が まったく売れていないのか というと そういう訳ではありません。 先ほど 購入される平均価格は「お店によって違う」と申し上げましたが、私ども「きものやまなか」での新作の購入平均費用は 55万円前後となっており、セット商品の中では、59. 8万円の価格帯が 一番人気です。 また80万以上する とても素晴らしい古典柄も売れていきます。 「きものやまなか」振袖コレクション このように50万円以上の「いい加工の御品」を 希望されるお客様も大勢おられ、百貨店や高級呉服店を中心に その価格帯の振り袖を取り扱っているお店は たくさんあります。 つまり、振袖のお値段に関しては「価格が下がった」というよりは 「選べる価格帯の幅が広がった」といった方が正しいのかもしれません。 さらに成人式の晴れ着を用意する方法としては、新作を購入すること以外に「レンタル」や「ママの振袖リメイク」など、さまざまの方法とそれに応じた幅広い価格帯が存在します。 お母様の時代の成人式では、ほぼ「購入」しか選択肢がありませんでしたが、最近になり 色々な価格帯のサービスがでてきて 選択肢が増えたというのは、大学の学費などで 一番お金がいる ご家庭にとり とても良い傾向だと思います。 レンタルの相場 さて一方 振袖を購入するのではなく、レンタル(貸衣装)で済ました場合の相場ですが、 平均15~18万円と言われています。 この振袖レンタルは、お母様の時代 あまり普及していなかったサービスですが、お手入れや 保管の必要がない手軽さが受け、近年になり 購入を抜いてもっとも多い準備方法となってきました。 その割合ですが 全国平均で約5~6割の方が、貸衣装の振袖を着て成人式に出席していると言われています。 さらに東京や大阪など都心部では さらにレンタルの比率が高まり、7割以上のお嬢様がレンタルの振袖で成人式をお迎えになっています。 このレンタル料金の平均相場ですが、購入価格が下落傾向にあるのに対し、 逆に年々上昇する傾向にあります。 まだ レンタルサービスが出始めの頃、振袖は「新しく買えば高く、レンタルにすれば安い」と言われていましたが、近年必ずしも そうではなくなってきました。 これは何故かというと、購入に代わり レンタルが一番多い準備方法になったため、消費者の客層も広がり、レンタルの中でも様々な料金体系やサービスが現れてきたからです。 その典型的なのが オーダーレンタル という言われるサービス。 これは誰も着ていない「まっさらな振袖」をそのお嬢様のサイズに 一から仕立て上げ、決められた期間が過ぎると そのお店に返却するという、購入とレンタル両方の「いいトコ取り」をしたようなサービスです。 これは 「買えば 48万で、レンタルするなら 34万ですよ」という意味で、同じ商品であっても、そのお客様の着用頻度に合わせ、購入とレンタルの2つの方法が 自由に選べるようになっています。 消費者の皆様にとって 選択肢が増えることは有り難いことですが、お店側からすると入荷したばかりを 振袖のそのお嬢様のサイズに仕立てないといけないので、通常のレンタル品に比べると、かなり割高になってしまいます。 また オーダーレンタルではなくても、新作のブランド品ですと30~40万円するレンタル品はざらで、これら高額な料金のレンタルプランの登場が、全体の平均価格を押し上げる要因となっています。 ちなみに私が今までお客様から直接聞いた中でもっとも高額だったレンタル価格は、前撮りと成人式当日の2回だけで、なんとっ 68万円でした。。。 (汗) 「そのお値段なら、いいのが買えるのに!」と 思われた方も多いと思いますが、その方は それなりに満足されているご様子。 つまり、かなり高額な振袖を購入できる経済的な余裕のある方でも、購入後のメンテナンスや保管が煩わしいため、割高になると分かっていても貸衣装を選ばれる方が出てきました。 このような和服に対する価値観の変化は、当店のようにレンタルをしていない「昔ながらの呉服専門店」からすると少し寂しい感じもしますが、こればかりは時代の流れであり、仕方がないと思っています。 レンタルについては以上ですが、貸衣装であっても 非常に幅広い価格帯が存在しますので、昔のように「レンタルだから費用は そんなにかからないだろう」と思って、いざお店に行ってみると 「気に入った衣装が かなりの予算オーバーになってしまった。。。 」なんて事もよくありますので、その点は十分お気を付けください。 また ほとんどの貸衣装店では、今まで通り10万前後のお値打ちなレンタル品もおいているので、御予算があるようでしたら、最初の段階でしっかりと店員さんにお伝えした方が良いでしょう。 冒頭で「ママ振り」の平均相場は、 12~15万円と申し上げましたが、その費用は お振袖の状態や、お母様とお嬢様のサイズの違いなどによって大きく変わり、一般的な平均は申し上げる事ができても、お尋ねになったお客様がその費用で収まるかは、その振袖を見てみないと分からないからです。 例えば、こちらに2組のお客様がいらっしゃいます。 Aさんのリメイク総額費用・・・ 98,500円 Bさんのリメイク総額費用・・・ 225,900円 どちらも、当店でリメイクして頂いたお客様ですが、 Aさんのケースでは 帯揚げや帯締め・お草履などの小物で、かなり高額な御品をお買い上げ頂きました。 一方 Bさんのケースでは、平均的な価格の小物をコーディネイトさせて頂き、使える物はできるだけ使うようにしたのですが、それでも Aさんの倍以上かかっています。 この違いは何かというと、 Aさんのケースでは 振袖がとても綺麗で汚れもなく、サイズ直しの必要も全くありませんでしたので、お直しに関連する費用が一切かかりませんでした。 一方、 Bさんのケースでは 汚れや変色がとても酷く、ご身長も お嬢様がお母様より10cm以上も高かったため、振袖を解いて反物に戻し、染みを落としてから お嬢様のサイズに 一から仕立て直すという かなり大掛かりな作業をさせて頂いたため、トータルの費用が20万円を超える事になりました。 このように、ママ振リメイクの費用に関しては、新しくアレンジする小物の費用以外にも、お手持ちの振袖の状態によって、染み抜き・サイズ直し等のメンテナンス費用が必要です。 そして このお直しの費用については、なかなかお客様ご自身で判断することは難しいので、和服の専門家に一度見てもらいご検討してみると良いでしょう。 この帯のコーディネイトについては、コチラのブログ記事に詳しく掲載していますので、どうぞ御覧下さい。 「きものやまなか」振袖美人特集 「やまなか」にて新作振袖をご購入されたり、ママ振のアレンジをされたお客様のお写真です。 どうぞ御覧下さい。

次の