主流 対義語。 「オルタナティブ」の意味と使い方とは?類義語や対義語などを解説

「オルタナティブ」の意味と使い方とは?類義語や対義語などを解説

主流 対義語

一般英語として [ ] の mainstreamはとして「主流」、として「主流の」という意味を持つ。 宗教 [ ] メインストリームという用語はの主要な(、、、)を、そうでない教派と対比させる時にも用いられる。 にが開かれ、そこでが採用され、その信条を採用する教派がメインストリームとなった。 世界的視点 現在、数的に見るとが最大の教派である。 (なおカトリックの信徒数の数が特に多い地域は、西やなどである。 )また、キリストの弟子、使徒(ペトロ、ケファ)の没した地がローマで、ペテロの墓の上に(カトリック教会の本部)があるとされており、カトリック教会側でカトリックは正統なものと述べる文脈でさりげなくそれに言及されることがある。 ギリシアや東欧やロシア がメインストリームである。 はもともとで記されており、早い段階でギリシアやその周辺に広まったという経緯があり、様々な面でその古式ゆかしき流れを継承しており、同教会は「orthodox オルトドックス」という名をかかげており(日本語でも「 正教会」とかかげ)、正統な流れであると自負している。 米国内 (ヨーロッパのの信徒が迫害から逃れるためにアメリカ合衆国にさかんに移住した結果、同国ではプロテスタントの数的比率が圧倒的に増えた(その代わりにカトリックの比率は小さい)という歴史的背景があるのだが)アメリカ合衆国内に限って着目すると、米国のメインストリーム・プロテスタントは 「」と呼ばれている(「」の記事が立てられているので参照可)。 「」および「」も参照 文化、芸術において [ ] においては、メインストリームとは以来の伝統的な に基づいたやのことを指す。 これに対して、特定のジャンルのファン向けに描かれた「ジャンルフィクション」(、、、など)は、メインストリームからは異質な非主流文学とみなされる。 ジャンルフィクションとメインストリームとの境界を崩すような、非リアリスティックな実験的文学はと呼ばれる。 この語はしばしば、、など諸分野に対しても用いられる。 この場合、メインストリームという語には「ありふれた」「ふつうの」「」「一般の人々にも手に入る」などを含意する。 この場合、メインストリームにはで紹介されるようなあらゆる(ポップカルチャー)が含まれる。 (その反対は「」「」「」」などの少数派の文化となる。 )時として、「メインストリーム」はサブカルチャーの側からは、売れ筋のポップカルチャーに対して批判する言葉としても使用される。 製品やサービスを指す場合 [ ] 製品やサービスに関してメインストリームと言う場合、それが一般層を目的としているということになる。 と同義である。 例えば「メインストリームの製品」とは「一般向け製品」を指し、多くの機能が省かれているか低性能であることが多いエントリーモデルと比べると、そこそこの性能を有しており基本的な機能も一通り備えている分価格はやや高い。 逆に少数のマニア層や富裕層に向けた製品に比べると機能も少なく価格も安いことが多い。 科学において [ ] (1922 - 1996)は、メインストリームサイエンス(の位置づけ)は以下のように理解できる、と説明した(主張した)。 科学的知識として化されている で取り扱われている 科学であろうとするか、科学であるように見える 等 メインストリーム・サイエンス メインストリーム・サイエンスと疑似科学をいかに区別するか、という問題はと呼ばれている。 メインストリームは個人に対して「 」になるよう圧力をかける存在であり、の反対側に位置するものである。 ジェンダー政策において [ ] ジェンダー・メインストリーミング、ジェンダー主流化(性別主流化、)とは、女性の地位向上あるいは男女の平等化のために用いられる手段で、政府などが行うあらゆる政策や事業等の中心に格差解消の視点を据えることを指す。 福祉政策において [ ] 障害者政策において、 メインストリーミング(Mainstreaming)とは、障害者児童を「主流の」健常者児童と同じ学校生活の中に置き、互いに区別することなく社会生活を共にさせようという試み。 日本では と呼ばれる。 メインストリーミングにおいては、障害者児童は健常者児童と同じ学級に出席するとともに、同じ障害を持つ児童だけの学級にも出席する。 これは、障害者を特別な学校または学級へと分離する方針と、障害者が完全に普通の学級にだけ出席し普通の生徒と同じ生活を送らせようという方針の中間にあたる。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 「mainstream American Protestant」という呼び方がたとえば次の書で用いられている。 Moorhead, James H. 1999 , World Without End: Mainstream American Protestant Visions of the Last Things, 1880—1925, Religion in North America, number 28, Bloomington: Indiana University Press, pp. xxii, 241• Thomas Kuhn執筆 "Reflections on my critics"の章。 (Imre Lakatos and A. Musgrave, "Criticism and the growth of knowledge". Cambridge University Press, London 1974 ,, 所収。 231—278)。 参考文献 [ ].

次の

主流 反対語

主流 対義語

「傍流」とは? 「傍流」の表現の日常の使い方• 「傍流」を使った例文や解釈• 「傍流」の類語や類義表現 「傍流」とは? 意味 「傍流」というのは本中から別れた流れ、あるいは主流から外れた系統や党派などを指します。 大元、あるいは正当な系統、主な流れから外れている場合などを指し、河川などの流れについて使われることもあります。 例えば、大学を卒業した後は一般的には就職し、同じ会社で定年まで働く、という考え方が存在します。 しかし、例えば大学を卒業した後は転職を経験しながらステップアップをしながら他の人とは違った人生を歩んできた、あるいは下請けのような仕事をして精神的に辛い思いをしたけれど最終的にはそこから学ぶことも多かったなど、他の人とは違う経験を持っている場合、 「自分は傍流を歩いてきた」などと表現することもあります。 「傍流」を使った例文1 「出世をしたいならば、傍流を歩め」 社長になりたい、役員になりたい、と思うならば、むしろ主流ではなくて 「傍流」を歩んだほうが良い、という考え方があります。 最近では社会が保守化になっており、就職したものの本流ではない部署に配属されてショックを受けてしまう新入社員が多いと考えられています。 しかし、実は花形職業というのはごく1部にしか存在せず、むしろ花形ではなく、 「傍流」で経験を積んだ方が良いのではないか、という見方も存在しています。 花形の部署で経験もないまま、大きな役割を与えられるよりも、 「傍流」で細かい経験を繰り返しながら成長していく方が良い、と考えられています。

次の

ニッチとは?意味や使い方、英語って?類語・対義語・関連語も解説

主流 対義語

」等々 あらかじめ 言っておくが 本稿は ある言葉に対して その反対だと新規に説かれている言葉が 正しいか誤っているか を考察する意図は 全く無い 上記の二例は 「左右」や「白黒」といった類とは 性質を異にする ことは 受け取る側の その言葉に対する 膨大なイマジネーションに 裏打ちされるが故の一説 いわば その人自身の価値観の確認作業である これまでの一般的な見方では、 学習は 遺伝と対立するものとされてきた。 (中略) それまでの考えでは、遺伝的に決まっているものは学習する必要がない、そうでないものは学習によって獲得する必要があるということであった。 (中略) 学習というのは遺伝的プログラムの一貫なのである。 遺伝的プログラムにしたがって学習も行われる、と考えざるをえないのだ。 (日髙敏隆『人間は遺伝か環境か?遺伝プログラム論』より) デモクラシーとは何か。 「民主主義だ」というのは答にならない。 訳しただけだ。 質問を変えよう。 デモクラシーの反対は何か。 多くの日本人はこの質問に「独裁政治」なんて答える。 とんでもない。 民主主義独裁ということだってある。 (中略) 中にはデモクラシーの反対は「軍国主義」なんて言う人もいる。 デモクラシーには、平和主義のデモクラシーもあれば、軍国主義のデモクラシーだってある。 スパルタなどは典型的な軍国主義のデモクラシーであった。 (中略) 語源的にデモクラシーの反対は何かというと、 シオクラシーである。 神聖政治である。 (小室直樹『田中角栄の遺言』より) 平和の反対は…戦争? 違う 「 平和」という(状態)の反対は…「 混乱」という(状態) では戦争の反対は? 「 戦争」という(手段)の反対は…「 話し合い」という(手段) (小林よしのり『新ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論』より) 死ぬということには二つの意味があると思うのだ。 これに反して、そもそも生まれてこないということには、二つの意味がない。 つまり、死ぬことによって失われるものと、生まれることによって生じるものとは、本質的にちがうような気がするのだ。 そしてぼくは、 死を 生の対立概念と考えるのは実はまちがいで、ほんとうは 生まれてこないということこそが生の対立概念なのではないか、と思っている。 『書経』皋陶謨の「乱而敬」は「おさまりて敬あり」と読む。 やがて、みだれた糸そのものに視点が移り、「みだれる」の意で用いられるようになった。 漢和辞典の「乱」のつく熟語はすべて「みだれる」の意であって、この字に「おさめる」の意味があることを知る人はまずいない。 このように、 一字で正反対の意味を持つことを「 反訓」という。

次の