進撃 の 巨人 125。 進撃の巨人125話ネタバレ!リヴァイとハンジ生存!アニとヒッチが再会にフロックの謎|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

進撃の巨人125話、ネタバレ注意感想所 : 進撃の巨人ちゃんねる

進撃 の 巨人 125

Contents• リヴァイとハンジさん、アニ、ヒストリアたちと絡んで一悶着ありそうな予感。 そしてコニーは悲劇的な最期を迎えそう。 超大型巨人が壁から解放された事によって大混乱に陥っていたストヘス区。 そんな中で憲兵達は崩れた 建物の下敷きになった人々の救出作業を急いでいました。 瓦礫の中から女性を助けていたヒッチ。 ケガをした女性に優しく声をかけるも、 女性から出てきたのはエレンへの恨みの言葉。 そんな彼女と同じように 壁の崩壊で何人も死んだ事で叫ぶ人々の姿も。 一方ではそんな人々に反論する人々も大きく叫びます。 「エレン・イェーガーは自国の民を殺した!だが 彼が壁の巨人を呼び起こさなければこの島のエルディア人は外の奴らに皆殺しにされていた!!」 想像もしていなかった異常事態でエレンを強く支持する人々も多数。 過激な発言を繰り返す彼らと、エレンによって被害を受けた人々の言い争いはヒートアップする一方。 放っておけば住民同士で衝突が起きかねないとその時に備えて装備を整えることに。 ヒッチもそのために憲兵団の本部へと向かうのでした。 こんな状況であっても 一致団結する事はない人々。 思ったよりもエレン支持派の勢いが強そうですね。 人々がこんな状況だと余計にこの先の展開が心配になってきてしまいます。 ヒッチとアニ4年ぶりの再会 憲兵団の本部を一人歩くヒッチ。 しかしそこで 通路の床に水の跡が残されている事に気付きます。 転々と続くその水の跡は地下室からずっと続いているもの。 そこで嫌な予感を感じて、警戒しながら歩いていくヒッチ。 ゆっくりと扉を開けた瞬間、後ろから びしょ濡れのアニに口元を塞がれます。 「 叫んだら喉を斬り裂く」 指輪に仕込まれた爪を首に突きつけて脅すアニ。 しかしヒッチはそんな アニの手を取るとそのまま背負投げ。 「 力弱すぎておばあちゃんかと思ったわ。 あんたがまさか私に投げ飛ばされるとはね・・」 そこで自分が拘束しようとした相手がヒッチだった事に気付くアニ。 ヒッチはアニとの久しぶりの再会に動揺しながらも アニの危険性を感じ、再度拘束するために仲間を呼ぼうとします。 しかしアニは既に自らに傷をつけている状態。 「 いつでも巨人化出来る。 私に従うしかないの、あんたは」 ヒッチに押さえつけられながらも 巨人化を盾にして脅してくるアニ。 しかしヒッチもアニが弱っている事を指摘します。 「 そんなに弱っているのに巨人化する体力なんて無いでしょ」 そこでヒッチの声を聞いた仲間が駆けつけてきます。 ヒッチはそこで悩みながらも、 仲間とは合流せずにアニに従う事にするのでした。 遂にアニとヒッチの再会が描かれました。 アニが4年以上のブランクと体力低下によって、ヒッチに投げられてしまうというのがちょっと悲しくもありますね。 しかし 目覚めてすぐに過激な行動を取れるアニはやはり凄いです。 スポンサードリンク アニの4年間と聞こえていた二人の声 街を出ようとしているアニに従い厩舎へとやってきたヒッチ。 地下室でアニの顔を眺める仕事から解放される。 皮肉交じりにアニに語りかけるヒッチでしたが、アニから返ってきたのは意外な言葉。 「 あんたのくだらない男のグチ聞かされるのもこれでようやく終わり」 そんなアニの言葉に動揺するヒッチは、 水晶の中にいたアニに意識があった事を知るのでした。 4年間ぼんやりと夢を見ているようだったというアニ。 聞こえていたのはヒッチの話し声とアルミンの声だけ。 それ以外の時間はずっと闇の中だった。 二人の声から外の状況はある程度把握していたアニ。 そしてそんな中で 突如外に放り出されたアニが聞いたのがエレンの声。 信じ難いエレンの声を証明するかのように、 土煙をあげて歩き続ける無数の巨人達。 そしてその足元に広がるのは大量の瓦礫とそれによって被害を受けた人々の姿。 そこで ヒッチはアニに聞きたかった事を改めて問います。 「 あんた達の目的の為に踏み潰された人々の死体を見てどう思うのか、今なら答えてくれる?」 そう簡単ではないヒッチとアニの関係。 仲が良かったアニが突如女型の巨人として捕まっていた訳で、しかも 彼女が何を考えているのか分からずにいたのですから複雑な気持ちにもなりますよね。 まあアニは女型の巨人として凄まじい程被害を出しましたから当然ですが。 スポンサードリンク 父の元へと帰る為に アニにとっては人を殺す事も褒められる事。 エルディア人の贖罪と世界を救う使命の為であれば全ての行為は正当化される。 しかし アニにとっては世界を救うという事よりももっと大切な事がありました。 生まれて間もなく親に捨てられたアニ。 そんなアニを引き取ったのは 外国から来たエルディアの血を持つ男。 そして彼の目的はアニをマーレの戦士に鍛え上げて自分の生活を豊かにする事。 時が経ち、 アニは男が望んだ通りに強くなり、それまでに痛めつけられた分を男にやり返した。 二度とまともに歩けない程にしてやったにも関わらず、 男はアニの成長を喜んでいた。 そんなアニにとっては、どこの誰が生きようと死のうと関係がないものだと感じていました。 自分を含めて命というものには価値がないのだと。 しかし始祖奪還作戦のために島へと向かう朝、アニの考えが変わります。 このタイミングで突然アニに対して「教えた事は全て間違っていた」と言い出した男。 泣きながら全てを捨てていいから帰ってきてくれと懇願するのでした。 男はアニにとって父親であり、アニの事を自分の娘だと本気で思ってくれていたのです。 そこで 自分にも帰りを待つ存在がいる事を知ったアニ。 そして同時に自分以外の人にもそういう存在がいるのだという事も。 しかし自分が取り返しのつかない罪を犯したとは思いながらも、 それでもアニは強く言います。 「父の元へ帰るためなら、また同じことをやる」と。 アニと父親との関係の部分ですが、中々泣かせてきますね。 本当の親子ではない彼らの関係がこんなにも強くなるというのが素敵でもあります。 父の元に帰るためならもう一度同じことを繰り返せるというのは アニの決意の強さを感じさせますね。 スポンサードリンク アニとの再会の為に父も立ち上がる!! アニの語りを黙って聞いていたヒッチ。 「 そっか。 それが聞けて良かった・・・・」 そう答えながらも、残酷な現実をアニに突きつけます。 「 あんたが父親の元に帰っても、瓦礫と死体しか無いと思う」 超大型巨人が闊歩する絶望的な状態の中でのヒッチの言葉に、アニも静かに「そうね」と答えるのでした。 一方でレベリオ収容区ではアニの父親を筆頭としたエルディアの血を引く者達が必死に叫んでいました。 「 地鳴らしが発動されたんだ!!あんたの家もカミさんの実家も踏み潰されるんだよ!!」 エレンの言葉が聞こえた彼らは 今起こっている危機について訴えるも、エレンの言葉が聞こえていない兵士達には信じようがありません。 逆に一致団結して叫ぶ彼らを、 兵士達は共謀罪が確定だと言って拘束しようとしてきます。 銃を突きつけられたアニの父の頭に浮かんだのは アニと約束した時の記憶。 そこで彼は兵士に対して叫びながら抵抗していくのでした。 アニの思いとアニの父の思い。 再会を願いたい所ですが 『進撃の巨人』が残酷な物語だというのを考えると簡単ではないでしょうね。 アニとしてはそれが全てなのだから何とかなって欲しいものです。 生き返るべきだったのは誰か?? ファルコを連れてラガコ村へと向かった コニーを追うために準備をしていたアルミン。 そんなアルミンに対してミカサは問いかけます。 「 お母さんを人間に戻す事を諦めろって・・言うの?」 ミカサの問いかけに対して、苦しげな表情ながらも力強く「言うよ」とアルミンは答えます。 駄目だったとしても出来る事をしなければならず、 そうでなければガビの信用を得られない。 まだどこかに潜んでいるライナーや車力の巨人をどうにか出来るかはガビに懸かっているから。 9つの巨人の継承を懸けた問題は消える訳ではなく、最悪なのは巨人の力を巡ってこの小さな島の中で争いの歴史を繰り返してしまう事。 精神的にも肉体的にもボロボロながらも必死に考えていたアルミンは強い口調で言い放ちます。 「 コニーに言うよ!!お母さんはひっくり返った巨人のままでもいいじゃないかって!!」 そんな残酷な言葉を残して出発しようとするアルミンに、ミカサは弱々しく尋ねます。 「 私はどうしたらいいの?エレンのこと・・・どうするの?」 必死に気持ちを抑えていたアルミンでしたが、その言葉で感情を爆発させます。 「 わからないよ!!それに!!どうしようもないだろ!?」 ハンジやリヴァイもおらず、フロックが敵になり、アニも復活したかもしれない。 兵団としても機能していない状況でヒストリアの事なども心配しなくてはならず、 エレンのことを考える余裕はないのだと。 そこまで一気に抱えていた思いをぶつけたアルミンは弱々しいミカサの表情にハッとします。 「 エルヴィン団長がこの場にいたら・・・こんな無様に当たり散らしたりしなかったのにね・・」 想像も出来ないような状況に追い込まれて思わずミカサに当たってしまったアルミン。 「 ・・今答えが出た。 生き返るべきだったのは、僕じゃなかった」 何とも言えない表情のまま部屋を出ていくアルミン。 そして一方で ミカサは自分のマフラーが無くなっている事に気がつくのでした。 辛すぎる状況に追い込まえてしまった アルミンとミカサ。 その中でも必死に出来る事を考えるアルミンは考える事を放棄しつつあるミカサに当たってしまいました。 しかし アルミンが「生き残るべきじゃなかった」と語るのは辛い展開過ぎますね・・。 スポンサードリンク カヤとガビの別れと本当の名前 「 母親の為とはいえ、少年の命を引き換えにするのをコニーはためらうはずだ」 そう言ってガビの事を励ましていたブラウス。 ニコロもしばらくはブラウスの所でお世話になる事に。 そして向かい合うガビとカヤ。 「 ミア、元気でね」 そんなカヤの言葉に、ガビは言えなかった事をようやく口にします。 「 私の本当の名前・・・ガビって言うの」 ここへ来てようやく知った 彼女の本当の名前。 しかしカヤは正直な気持ちで返します。 「 えー、ガビって変。 ミアの方がいいよ」と。 そこで向かい合う二人は お互いを思って抱き合うのでした。 色々あったカヤとガビ。 ここでようやく 二人の関係が綺麗にまとまった感じとなりました。 お互いを理解した この2人のような関係が広がっていけば良いのですけどね。 スポンサードリンク エレンの代弁者となったフロックの思惑は? 義勇兵の指を銃で撃ち落として場を掌握していたフロック。 危険な状態のフロックを何とか止めようとするジャンでしたが、その声にも構わず皆に向けて語り始めます。 「 オレはエレンから今回の計画を聞いた!!ジークを利用し始祖の力をエレンが奪還する計画だ!!」 その言葉に驚くジャンをよそにフロックは続けます。 自分はその計画のために仲間を集め、そして その計画が今日達成されたこと。 対して義勇兵達は指導者を失い、そして故郷の復興という夢も失ったこと。 「 それでもエルディア帝国のために力を貸してくれる者がいるなら、我々は歓迎してエルディア人として迎える!!」 とんでもないフロックからの提案にブチ切れる一人の義勇兵。 しかしその瞬間、フロックはその 義勇兵に向けて容赦なく構えていた銃の引き金を引きます。 脳を吹き飛ばされて倒れる義勇兵の姿に戦慄する義勇兵とジャン。 フロックは鉛玉に屈することのなかったその義勇兵に敬意を払いながらも、 誇りに死ぬことはないと続けます。 こんな死に方をするよりは生きている方がと。 ざわつく義勇兵達にフロックは考える時間を与えるのでした。 暴走するフロックがめちゃめちゃ怖いですね。 というか フロックがエレンの計画を聞いていたというのが驚きです。 なんだかこの辺りには色々と秘密が隠されているような気もしますね。 スポンサードリンク フロックの言葉にジャンはどう答える?? フロックの命令で牢屋へと連れていかれた義勇兵達。 そしてその時ミカサもこの場所にやって来ます。 ジャンはフロックの言葉にまともに答える事も出来ずに膝をついて座り込んでいました。 そんな状態のジャンにフロックは優しく語りかけます。 エレンが島の外の問題を解決するのであれば、自分も島の中の遺恨を完全に消し去る事。 そして 地獄のような4年間を生き残ってきた自分達にとってはこれこそが自由なのだと。 「 もうお前は戦わなくていい。 好きに生きていい」 そんなフロックの甘い誘惑のような言葉に、 もはや反論する力も失い納得しそうになっているジャン。 しかしそこでジャンは連れて行かれる途中のオニャンコポンと目が合うのでした。 一方でここにやってきたミカサはフロックに尋ねます。 「 リヴァイ兵士長とハンジ団長はどうしたの?」 その質問に対してフロックは立ち上がりながら答えます。 「 残念ながらジークに殺された」と。 エレンの代弁者としてジャンに語りかけたフロック。 その言葉を受け入れてしまいそうになっているジャンですが、 オニャンコポンと目が合った感じの描写が気になる所ですね。 そしてリヴァイとハンジは死んだというフロックの言葉ですが、 これは逆のフラグに聞こえますよね(笑) コニーとファルコそれぞれの思惑 「 コニーさん。 助けてもらってありがたいんですが・・・」 目覚めたファルコがいたのはコニーが乗る馬の上。 助けてもらったという恩義を感じながらも、 進行方向が違う事を指摘します。 コニーの返事は、 記憶喪失のファルコを安全な病院まで送るというもの。 一人で倒れていたファルコを病院まで送るのは兵士として当然なのだと。 そう口にしていたコニーでしたが、 頭に浮かんでいたのは自分の家族の姿。 父や兄妹達は戻ってこなくとも母親だけは取り戻せる。 その思いでファルコに嘘をつき続けるのでした。 一方でファルコはコニーが良い人で良かったとまで思っている状況。 一部の記憶を無くしていたものの、とりあえず元の場所へと戻らなければならないという事だけは覚えていました。 そしてファルコは親切な コニーの事をどこかで見たことがあると感じているのでした。 今回はどの場所のどの組み合わせも微妙な空気感になっていましたが、 何気に一番ヤバそうなのがこことも言えますよね。 記憶を少しだけ失ってしまっているファルコがどうなっていくのか。 ファルコを巡ってまた戦いが続くような展開は避けたい所だと思いますが、果たしてどうなっていくのかが気になりますね。 マガトとピークが遭遇したのはハンジと生きていたリヴァイ!!! 空を飛んでいた2台の飛行船。 それを見ていたのはマガトとピーク。 見捨てられたかのように感じるピークに対して、マガトは賢明な対応だと評価します。 「 これで一早く本国に事態を知らせる事が出来る。 アレに踏み潰されるまで待つよりずっといい・・・」 しかし巨人の力を持つピークからしてもなす術がない状態。 それだけにマガトに何かあるかと尋ねるも、マガトは「・・・無い」と答えるしかありませんでした。 厳しすぎる現状に打ちひしがれながらも 最後まで足掻こうとする二人。 その時 二人に向けて「あの・・」という声が飛んできます。 瞬間的に車力の巨人の力で攻撃を仕掛けようとするピーク。 しかし声をかけてきた存在は丸腰でしかも戦うつもりもなし。 「 とりあえず食べないで。 こちらには何の武器もありません!!」 両手を出してそう 二人に向けて語りかけていたのはハンジ。 そしてハンジのすぐ後ろには一頭の馬と、馬が引いていた荷物がありました。 当然そちらに 誰かが隠れているのかと心配するマガト達。 しかしそれにもハンジは問題ないとばかりに答えます。 「 ご安心下さい。 あれは・・・人畜無害の死に損ないです」 その言葉通り、馬が引いていた荷物の中にあったのは 包帯でぐるぐる巻になったリヴァイの姿でした。 ここへ来て 久々の登場となったハンジとリヴァイ。 絶望的な状態なだけに彼らが生きて再登場してくれたのは嬉しいですね! とはいえ、リヴァイは生きているのがやっとという感じですし、 この後どういう役割を果たしていくのかが気になる所です。 スポンサードリンク 進撃の巨人125話ネタバレの感想考察 物語のメイン部分ではなくその 周りのキャラクターにスポットが当てられて進んでいた今回。 アニも動き出したりハンジとリヴァイの生存も確認出来たりと中々盛り上がる展開ではありましたん。 もちろん状況が絶望的でどうしようもない事には変わりありませんが。 まずはやはりアニです。 復活したという事で ヒッチやアルミンと関わってくるとは思っていましたが、予想通りヒッチと行動を共にする事に。 逆に アルミンとはしばらく出会う感じではなさそうですね。 アニの父親への強い思いも描かれましたが、肝心の父親も絶体絶命といった感じ。 何とか再会させてあげたいですが、それがそう簡単に叶うような世界でもないんですよね・・。 そしてここまで共に行動をしてきたミカサとアルミン。 エレンが想像を超える動きをしてきた事で、 ミカサはもう自分で何も考えられない状態になってしまいました。 そして当然アルミンもいっぱいいっぱいで、 こんなに強くミカサに言葉をぶつけたのは初めてのことではないでしょうか。 メインキャラクターの二人なだけに、このヤバすぎる状況をどうにかする役割を持っているはず。 しかし 二人は別行動となってしまいましたし、この先の展開が余計に読めなくなってきてしまいましたね。 アルミンとエルヴィンのどちらが生き残るべきだったか問題や、 ミカサの無くなったマフラーの件なども今後も注目ポイントです。 そして何となく暴走している感じにしか見えないフロック。 しかし エレンから計画を聞いていたという事でジャンも完全に惑わされています。 まさかフロックがこういう立ち位置になってくるとは思っていませんでした。 そしてコニーと目覚めたファルコ。 記憶を失っている事でコニーの事を良い人だとファルコは思っています。 しかし記憶は当然取り戻すものですし、 その時また色々と悲劇が起きてきてしまいそうな気がしますよね。 ラストはマガトとピークのマーレ側の様子が描かれました。 彼らとしても 地鳴らしが起きてしまえばもはや打つ手はなしなだけにかなり辛い状況ですよね。 そこで出会うことになったのが ハンジと死にかけのリヴァイ。 敵同士の彼らの出会いで何が起きていくのかが大きなポイントとなってきそうです! スポンサードリンク 進撃の巨人125話ネタバレ展開考察 では、『進撃の巨人』最新話125話、そして126話以降で起こりうる展開考察をしたものを載せていきます! 進撃の巨人125話ネタバレ展開考察:コニーの安否 今回のエピソードでは、「地ならし」の発動で無数の大型巨人が動き出す中、ファルコを探して市街地を彷徨うガビがカヤを救う様子が描かれました。 どさくさでファルコを連れ去ったコニーを除き、ジャン・ミカサ・アルミンらが「無垢の巨人」と化した かつての仲間達を手に掛け、最期には地下室の アニが復活すると言う怒濤の展開となりました。 多くの事象が起こりすぎて正直どこから手を付けてよいのか定まらないのですが、ファルコを連れ去ったコニーがどうなるのかがかなり気になりました。 かつては襲撃してきたケニーの部下から、ジャンを守ろうと敵を射殺しただけで動揺を見せていたアルミン。 そんな アルミンすら大恩のあるピクシス司令を自ら始末することすら厭わなくなっている状況下、コニーの行動は極めて私的で有り感情移入しにくいものと感じられました。 またやはり突っ込まざるを得ないのは、折角巨人化できる能力を保有しているにも関わらず全くその 力を行使する気配のないアルミンです。 変な話、 ファルコを母に喰わせるとコニーが主張した際、以前のアルミンなら代わりに自分を喰われる位の反論をするように思えるのです。 スポンサードリンク 進撃の巨人125話ネタバレ展開考察:アニの巨人化 今回のラストで纏っていた水晶体から姿を現したアニ。 ライナー曰く、どうもエレンの「始祖の巨人」の能力によって 硬質化を強制解除されたことで復活した様子です。 以前巨人化する為に用いていた 指輪の刺の部分が、すでにむき出しになっていましたので巨人化を自らの意志で行おうとしていたのだと予想します。 そして何とか地上に出て、様々な計画を知っているアニだからこそ状況を瞬時に把握し、行動を開始するのではないでしょうか。 進撃の巨人125話ネタバレ展開考察:エレンの新巨人の完成 壁の超大型巨人達は動き出しましたが、 あり得ない程の大きさのエレンの巨人体はまだその全貌を現していません。 よって次回こそはその完成形が披露される展開ではないかと予想します。 背骨の部分が大きく飛び出した形状からは、ひょっとすると通常の人型とは異なる造形の可能性も捨てきれません。 進撃の巨人125話ネタバレ展開考察:ジークの変わり身 主要人物の中で今回は出番が無く、生死さえ不明なジーク。 しかし キャラクターとしての重要度や、単なる人間のフロックが生還した事からも死亡したとは考えられない事は当然だと考えます。 エレンに「始祖の巨人」を掌握された事で、これに対抗するには仲間が必要だと判断し、 再びマーレ勢力であるピークとマガトに協力を求めるのではないでしょうか? まだまだジークはあきらめてはいないでしょうから、ここから更なるどんでん返しもありそうですね! 進撃の巨人125話ネタバレ展開考察:目覚めたアニとの共同戦線 今回、遂に 水晶体から目覚める事となったアニ。 今から考えれば物語の序盤に退場してしまった訳ですが、その後にアニがどういう経緯でパラディ島へやって来たのかも明らかになっています。 しかし問題となるのは、 このタイミングでアニが復活した事の意味ですよね。 眠りについてはいたものの、エレンの言葉はアニに届いていたかもしれません。 おそらく 目覚めた瞬間から既に状況を理解しているのではないでしょうか。 そこで彼女がどう動くかが問題ですが、おそらく エレンを直接止めるために動き始めるのではないかと思います。 アルミン達と合流し現状を完全に把握した上で、 未だに残る女型の巨人の力で戦いに臨む。 そしておそらく エレンの行動を肯定しきれないアルミンと共同戦線で挑むのではないでしょうか。 進撃の巨人125話ネタバレ展開考察:リヴァイとハンジも登場する!? ジークの命がけの行動によって大ダメージを食らってしまったリヴァイ。 ハンジと二人で川へ飛び込んで以降、二人の様子はまだ描かれていません。 非常にヤバい状態ではありましたが、 あのリヴァイが死んだとも思えませんし、まだこれから出番が待っているはず。 とはいえエレンが地ならしを発動させてしまったので、リヴァイが復活してきたとしても、その力を何のために使うのかが難しいですよね。 パラディ島が滅ぼされるという最悪の状況から考えれば、 エレンが島の外の世界を滅ぼす選択をした事もリヴァイにとってはそこまで悪いとは言えないでしょうし。 この状況でリヴァイが登場するのであれば、 明確に戦う理由が必要となりそうです。 アニと同様に しばらく登場していないヒストリアが、リヴァイに戦う理由やエレンを止める理由を与えるような展開を予想します。 進撃の巨人125話ネタバレ展開考察:コニーとファルコはどうなる!? 今回、自分の母親を助ける為にファルコを拐っていったコニー。 しかしそんな コニーの望みが叶うとはあまり思えませんよね。 むしろこの行動によってまた争いが生まれ、 最悪コニーも危機に陥ってしまう・・・なんてことも考えられるでしょう。 エレンが持つ始祖の巨人の力ではどうすることも出来ないのであれば、やはり ガビがコニーを追う展開になるでしょう。 これ以上無駄な戦いは避けて欲しい気もしますが、そこで再び誰かの血が流れるという事もありそうです。 そしてファルコは今顎の巨人の力を保有している人物。 エレンが最後の敵となるのかは不明ですが、 最後の戦いではおそらく9つの巨人の力が揃うような展開も考えられます。 だとすれば ファルコか、ファルコから力を受け継いだ人物が最後の戦いに臨むのではないでしょうか。 スポンサードリンク 進撃の巨人125話ネタバレまとめ カヤとガビがお互いの気持ちを理解し、そして 遂にアニも解き放たれたという事で、正に今回のサブタイトル「氷解」にふさわしい回となりました。 一方で『進撃の巨人』の物語を古くから支え続けてきた ピクシス司令の最後も描かれたりと非常に厳しい展開でもありましたね。 前回その心の内を全て吐き出していたエレンは今回は登場せず。 それもあって大きく物語が動いていくという感じではありませんでしたね。 その分、 敵味方それぞれのキャラクター達の心情をしっかりと描いてくれていた印象です。 しかしエレンが選んだ選択が厳しすぎる事もあり、この先の展開が全く読めませんね。 そろそろ 物語のラストが見えていてもおかしくないはずですが、このままだと本当に最後の最後まで読者の予想を裏切る展開が待っていそうです。 出来ればハッピーエンドをお願いしたいですが、果たしてどうなっていくでしょうか!? >>> >>> >>> >>> >>> >>> 次回のを楽しみに待ちましょう! 今すぐお得に漫画やアニメ を楽しみたいなら U-NEXTがオススメ!• お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の

【進撃の巨人】125話ネタバレ!あらすじ振り返り&感想!

進撃 の 巨人 125

スポンサードリンク 前回、、シガンシナ区の ガビはファルコを探し続けまが、自分の母に喰わそうとするコニーはファルコを連れ去ります。 逃げる途中の カヤが倒れたところをガビが救い、カヤはその姿にサシャの幻影を見て、ニコロの言葉もあり二人は和解しました。 砦に着いたジャンらは雷槍を集めて 巨人の討伐を行い、ここで アルミンはピクシス司令の巨人に気付きつつこれを屠ります。 その後アルミンとミカサは、ガビに ファルコの返還を訴えられ、そこで ライナーの鎧が剥がれたと聞いて アニの復活を感じ・・・? それでは、気になる『進撃の巨人』最新話125話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください! >>> スポンサードリンク 進撃の巨人125話ネタバレ:ストヘス区住民の騒ぎ 避難所がある場所では、ストヘス区住民が集まり今回の事態について騒いでいた。 「多少の犠牲が何だって言うんだ!!」 「あんた!!よくも…! こいつは息子が死んだんだぞ!?」 「何人も壁の崩壊で死んじまった!! いや…エレンのせいで殺された!!」 しかし、最初に犠牲について話し出した住民は周りに向かって叫ぶ。 「その通りだ!!エレン・イェーガーは自国の民を殺した!!」 「だが彼が壁の巨人を呼び起こさなければ、 この島のエルディア人は外の奴らに皆殺しにされていたんだぞ!!」 「我々エルディア帝国は尊い犠牲の下、生き残った!!つまり 我々は勝利した!!」 「犠牲無くして勝利は無い!!」 スポンサードリンク 進撃の巨人125話ネタバレ:愛されない過去 アニはもともと身寄りが無いエルディア人であり、収容所で父親だという人物に引き取られた。 血の繋がらない父親から格闘術を叩き込まれ、父にとって私は戦士になれるかどうかの価値しか無かったと語るアニ。 アニ 「だから私は どうでもよかった」 「どこの国の何人が死のうが 生きようが」 「自分を含めて命というものに 価値があるとは思えなかったから」 父から愛されなかったアニの告白。 しかし、そこからさらに話は続く。 進撃の巨人125話ネタバレ:愛されていた過去 始祖奪還作戦に向かう日の朝、父から言われた事を語るアニ アニ 「その男は…膝をついて私に謝った」 「そして泣きながら懇願したんだ」 「帰ってきてくれと」 「戦士隊の地位も、 名誉マーレ人の称号も、 全て捨てていいからと」 「男は…私の父親だった」 「私を…自分の娘だと思っていた」 「私には…帰りを待つ父親がいる」 「父の元へ帰るためなら、 また同じことをやる」 アニの言葉を聞くヒッチは 「それが聞けてよかった…」と答える。 進撃の巨人125話ネタバレ:リベリオ区収容所 リベリオ区の収容所では、アニの父を始めとした民衆が暴動にも迫る反発を警備に向けていた。 アニの父「このままではエレンが来てしまう!」 「地ならしが起きてしまったんだ!!」 しかし、警備は全く聞き入れず、逆にアニの父たちを逮捕しようとする。 そんな警備の態度にうんざりしたアニの父は、警備が持っていた銃に向かっていく… スポンサードリンク 進撃の巨人125話ネタバレ:シガンシナ区のキース 全ての無垢の巨人を倒し、新兵から手当てをされるキース シガンシナ区支部の一室のようだ。 新兵スルマがキースに報告をする。 スルマ 「イェーガー派が集結してこの砦を仕切ってます!」 「早く逃げましょう!」 しかし逃げる事を拒否するキース。 イェーガー派は民衆から支持され主権を握るだろうと予想し、自分は払拭されるだろうと語る。 それを聞いたスルマは、命の恩人であるキースを自分達がを守る、と宣言する。 しかし、それをも拒むキース。 進撃の巨人125話ネタバレ:スルマを導くキース キース 「馬鹿者どもが… 私が何のためにしょんべん小僧共の足蹴を大人しく受けたと思っておるのだ…」 「貴様らはイェーガー派に従い 決して背くな」 「せいぜいお前達が守れるものは 自分の身くらいだ」 「このまま体制の中にいろ」 キースの言葉を受け止めるスルマ達 キース 「…ただし」 「いつか立ち上がるべき日が来る…」 「それまで…決して自分を見失うな」 手当てを受け、立ち上がるキースだった 進撃の巨人125話ネタバレ: アルミンとミカサ 立体機動装置を準備しているアルミンに声をかけるミカサ アルミンは、ラガコ村へ向かうコニーを追いかけようとしていた。 しかし、今からでは間に合わないし、追いついて母を人間に戻すことを諦めろとでも言うのかと問うミカサ。 これに対しアルミンは反論する。 アルミン 「ダメだったとしても…できる限りの事を行動で示さなきゃいけない」 「じゃないと…ガビの信用を得られないよ」 「あの子が頼りだ」 「まだどこかに潜んでいるライナーや、車力の巨人を大人しくさせられるかどうかがガビたちとの関わりに懸かってる」 ガビの信用を得るためにコニーを追いかけると語るアルミン 進撃の巨人125話ネタバレ:キレるアルミン アルミン 「コニーに言うよ!!」 「お母さんはひっくり返った巨人のままでもいいんじゃないかって!!」 とんでもない事を言い切り、アルミンは そのまま立ち上がり部屋から出ようとする。 ミカサは不安でたまらなかった。 ミカサ 「アルミン…」 「私はどうしたらいいの? エレンのこと…どうするの?」 このミカサにアルミンはブチ切れる。 アルミン 「わからないよ!!」 「それに…!! どうしようもないだろ!?」 ミカサに向かって激昂するアルミン 進撃の巨人125話ネタバレ:生き返るべきは僕じゃなかった ハンジとリヴァイ兵長の安否、フロック達の今後の行動、アニの復活、さらにはヒストリアの危険性や義勇兵、アズマビト達の立場の危うさを語るアルミン。 これだけのことがいっぺんに起こっているから、エレンのことを考える余裕は無い、とミカサに叫ぶ。 それを聞いて俯き黙るミカサ 「ごめん…」と謝る。 その言葉を聞き、言った事を後悔するアルミン アルミン 「エルヴィン団長がこの場にいたら…」 「こんな無様に当たり散らしたりしなかったのにね…」 「…今、 答えが出た」 「生き返るべきだったのは」 「僕じゃなかった」 何とも言えない暗い表情でミカサに言うアルミンは、 そのまま部屋を出ていく。 進撃の巨人125話ネタバレ:マフラーがない 一人部屋に残ったミカサ すると、置いてあった場所にマフラーが無い事に気付く ミカサ 「… マフラーが無い…」 そして、アルミンとガビは共にラガコ村を目指すことに… スポンサードリンク 進撃の巨人125話ネタバレ:フロックが語る事実 フロックによって集められた義勇兵たち。 その義勇兵の一人の指を銃で撃ち落とし、義勇兵達を威圧するフロック ジャンは「撃つな」と叫ぶ。 しかしフロックは銃を見せつけ、義勇兵を拘束しようとする。 フロック 「俺は10ヶ月前、エレンから今回の計画を聞いた!!」 「ジークを利用し始祖の力をエレンが掌握する計画だ!!」 フロックの言葉に驚愕するジャン フロック 「俺は仲間を集めエレンの手助けをし、 計画は今日達成された」 「お前たち義勇兵は指導者を失ったんだ、 味方をしてくれる兵団もな!!」 進撃の巨人125話ネタバレ:フロックの提案 さらに地鳴らしによって故郷を失う事から、義勇兵達の目的である「故郷の復興の夢」も失う、とフロックは言い切る。 フロック 「それでもこの島でエルディア帝国ために力を貸してくれる者がいるなら声をあげよ!!」 「我々は歓迎しエルディア人として迎える!!」 フロックはとんでもない提案をする! それを聞いた手を撃ち抜かれた義勇兵が「ふざけるな、クソ野郎!!」とフロックに歯向かう。 しかし一瞬でフロックに頭を撃ち抜かれてしまい、 ドサッと倒れる義勇兵 フロック 「誇りに死ぬことはない」 「いいじゃないか、屈したって…」 「こんな死に方するより、 生きてた方が…」 冷たい目で死んだ義勇兵を見ながらつぶやくフロックは、 残りの義勇兵たちを地下牢に拘束する。 進撃の巨人125話ネタバレ:これが「自由」 崩れ落ちるかのように座り込むジャン、そしてミカサが合流。 フロックに頭を撃ち抜かれて死んでいる義勇兵を見て驚くミカサ。 真っ青なジャンに向かってフロックが説明する。 フロック 「俺はエレンの代弁者だ」 「エレンが島の外の問題を完全解決するなら、 俺も島の中の遺恨を完全に消し去る」 「もうすべてが終わったんだ」 「とにかく、 俺達は4年前…あの地獄を生き残ってようやくこれを手にしたんだ」 「これが何かわかるか?」 「自由だよ!!」 「もうお前らは戦わなくていいんだ、 好きに生きていい」 「 ジャン、 お前は憲兵になって 内地で快適に暮らしたかったんだろ?」 「そうしろよ、お前は英雄の一人なんだから」 「昔のジャンに戻れよ、 いい加減でムカつく生意気なヤローに」 進撃の巨人125話ネタバレ:リヴァイとハンジを心配するミカサ そしてフロックに尋ねるミカサ ミカサ 「フロック、 リヴァイ兵士長とハンジ団長は どうしたの?」 立ち上がりながら質問に答えるフロック フロック 「あぁ… 残念ながら」 「ジークに殺された」 この辺りは事実とは異なることを話しているフロック。 リヴァイとハンジの安否は? スポンサードリンク 進撃の巨人125話ネタバレ:コニーとファルコ 馬に乗りラガコ村に移動するコニーとファルコ ファルコは記憶がないのか、コニーによって助けられたと思い込んでいた ファルコ 「コニーさん」 「助けてもらってありがたいんですが… ずっと北に進んでますよね?」 「ほら…夕日があっちに」 右側を指差しながらコニーに聞くファルコ コニー 「いいんだよ、 危険な南から離れた方が…」 「記憶喪失のお前を安全な病院まで送る」 「お前は本当に一人で倒れていた」 「本当だ」 「俺は兵士だからそのくらいやって当然だ」 進撃の巨人125話ネタバレ:コニーとファルコお互いの思惑 本当はファルコを母巨人に捕食させ人間に戻すためにラガコ村に移動しているコニー 迷いがありながらも母を戻すためと心を決めている。 ファルコはコニーの言うことを信用しているけれど、ガビとコルトとまずは合流しなきゃと思っていた。 そしてコニーをどこかで見たことがあるように感じてもいた…。 スポンサードリンク 進撃の巨人125話ネタバレ:マガトとピーク 空に浮かぶ2台の飛行船を見ながらつぶやくピーク ピーク 「あの進路と速度から考えると」 「撤退船はあのままマーレに戻るようですね」 「地鳴らしの発動を見て我々マーレ軍の生存を絶望視したのでしょうか…」 車力の巨人のうなじから半身出した状態で、巨人の背中に乗っているマガトと話をしているピーク マガト 「いいや…賢明だ」 「これでいち早く本国に事態を知らせることができる」 「アレに踏み潰されるまで待つよりずっといい…」 進撃の巨人125話ネタバレ:マガトに策はない ピーク 「…しかし、 もうこれでは我々には なす術がありません…」 「アレを止める策は…何かおありでしょうか?」 マーレに事態を知らせたとして、地鳴らしを止める方法はあるのかとマガトに尋ねるピーク しばし考えてから、無いと答えるマガト マガト 「ただ…最後までみっともなくもがくまでだ」 会話をしている二人の後ろから、誰かが声をかけてくる。 「あのー」 その人物の方へと、車力の巨人が口を開けて飛びかかる! 進撃の巨人125話ネタバレ:ハンジ登場! ハンジ 「ちょっと待って!!」 両手を挙げて叫ぶハンジ 車力の巨人を止め、銃を構えた状態で止まるマガト ハンジ 「とりあえず食べないで!!」 「こちらには何の武器もありません!!」 両手を挙げたまま説明するハンジ その後方には、馬車が止まっていた。 進撃の巨人125話ネタバレ:リヴァイ登場! ハンジ 「え? あっちに誰かいる?」 後方を指差し、ピークとマガトの心を読み取るように先取りするハンジ ハンジ 「ご安心ください」 「あれは…」 「人畜無害の死に損ないです」 馬車の荷台には紐で縛り付けられているリヴァイ兵長が! 顔の半分以上が包帯だらけで眠っているような描写。 生者は死なない あの兵士に 意味を与えるまで….

次の

【進撃の巨人】リヴァイ兵長とエレンの今後について考察(125話時点)

進撃 の 巨人 125

2020年7月9日 木 発売の別冊少年マガジンに掲載予定の進撃の巨人本誌130のネタバレ最新確定速報をお届けします。 進撃の巨人の では、アニとライナーがイェーガー派から船とキヨミたちを守るために戦いますが、すでにボロボロの状態。 決死の覚悟で船に雷槍を打ち込むフロックは、ガビに撃たれ、海へと沈んでいきました。 また、マガトとキースは船に追手がいかないようにと、最後までイェーガー派と戦い、命を落としてしまいます。 ハンジたちが乗った船はマーレ大陸を目指しますが、果たしてどんな展開が待っているのでしょうか? 今回は「【進撃の巨人本誌ネタバレ130話最新話確定速報】イェーガー派との戦いが終わり舞台はマーレ大陸に移る?」と題し紹介していきます。 現在進撃の巨人は129話となっていますが、これまでの話を読み返したいと思われる場合は、単行本を 電子書籍でお得に読みましょう。 更には2020年秋にアニメFinalSeasonも始まりますので、アニメも一緒にイッキ見してみませんか? 今すぐ読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。 ハンジたちを乗せた船はマーレに向かっていますが、今後どうなるのでしょうか? 考えられる展開を紹介していきたいと思います。 フロックは本当に死んだのか? 海に落ちたフロックですが、このまま死んでしまうのでしょうか? これまでフロックは、エレンの代弁者だと言わんばかりにふるまってきました。 まさにイェーガー派の核となる人物だったと言って間違いないでしょう。 そんな敵勢力の中心人物がここまで呆気なく死んでしまうのは、少し違和感がありますよね。 以前、死んだと思われた人物が実は生きていたという展開があったのを覚えていますか? そう、あのリヴァイも、一度は死んだと見せかけて、数か月後に生きて登場したのです。 今回のフロックも確実に死んだという確証は持てません。 そのため、実は生きていて再登場する可能性も…。 既に船に乗り込んでいて、一波乱起こすような気がします。 ファルコは空を飛ぶ能力を持っている? 今回初めて巨人化したファルコ。 その姿はこれまでの顎の巨人と似て非なる不思議な姿をしていました。 一番の特徴は、体中に生えたふわふわの体毛と、鳥のような手 足?。 また、鼻から下は嘴のような部分に覆われています。 本来、顎の巨人の力だけを継承すれば、このような姿にはならないはず。 となると、獣の巨人であるジークの脊髄液を取り込んでいることが大きく作用しているのではないでしょうか。 もしそうだとすれば、23巻の1ページのファルコの言葉と93話での元帥の言葉はが伏線だったという可能性が…。 ハンジたちの間では飛行船を整備して使うという計画になっていますが、ファルコが飛行能力を持っているなら話が変わってきます。 いずれにせよ、130話以降でファルコの持つ能力について詳しいことが明かされるのではないでしょうか。 キヨミから明かされる東洋の一族の謎 船に乗り込んだ一行。 マガトとキースのおかげで追手は来ませんが、いつ命を落とすかわからない危険な状況には変わりありません。 そのことを悟ったキヨミは、東洋の一族の秘密をミカサに打ち明けるのではないでしょうか。 ここでミカサの秘密が明らかになることを期待しましょう。 ヒストリアの登場は? 今回もヒストリアの登場はありませんでした。 現在子供を身ごもっているヒストリアは、戦いには参加せず、ゆっくりとした時間を過ごしています。 パラディ島にいるヒストリアがマーレに移動することは不可能。 つまり、戦いの場がマーレに移る今、ヒストリアの登場はまだなさそうです。 130話以降は新展開となりますが、そろそろヒストリアも登場してほしいですね。 感想・予想ネタバレツイート 「真の英雄へーロスが必要」と強く感じていたマガトは、(期せずして)自らが世界を救う英雄となる。 今度の英雄は1人ではない。 そしてその英雄たちによって、エルディアもマーレも世界の敵ではなくなる。 — エドノポー 進撃の巨人ネタバレ考察マガジン edonopoh 以下が進撃の巨人129話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。 アルミンがマーレに行った時みたいな作戦上仕方なく…というかんじではなく、自分の意思で「今僕がこの力を使わなきゃ!」という顔で巨人化するところが見たすぎる。 この戦いでフロック、マガト、キースが命を落としています。 しかし、フロックが死んだという確証は持てないので、後々生きて再登場する可能性も…。 アルミンは巨人化して回復すると思われましたが、意外にも巨人化する展開はありませんでした。 ついにマーレ大陸へと移動し始めたハンジたちですが、これからどんな展開が待っているのでしょうか。 続きが気になりますね。 130話の内容がわかり次第確定速報として追記していきますので、ご確認ください。 以上「【進撃の巨人本誌ネタバレ130話最新話確定速報】イェーガー派との戦いが終わり舞台はマーレ大陸に移る?」と題しお届けしました。

次の