ほっかほっか亭。 ほっかほっか亭が390円「サポート弁当」緊急販売 お弁当を通じて元気を : 東京バーゲンマニア

「ほっともっと」と「ほっかほっか亭」の味や会社の違いを比較してみた。

ほっかほっか亭

お昼のランチとして食べるサラリーマンの皆さんや今日はご飯作るの面倒くさいなという主婦の方にも人気があるのがお弁当ですね。 そんなお弁当屋さんは街に溢れています。 現在ではコンビニやスーパーなんかでも安くて美味しいお弁当が手に入ります。 そんなお弁当業界の中で全国展開している大手のお弁当チェーンとして有名なのが「ほっともっと」と「ほっかほっか亭」です。 皆さんも一度は食べたことがあるのではないでしょうか。 しかし「ほっともっと」と「ほっかほっか亭」って似てますよね? 「同じだと思ってた」って人もいるんじゃないでしょうか? このお弁当チェーン店業界の2トップの「ほっともっと」と「ほっかほっか亭」の運営会社や味、メニューの違いなどを比較してみました。 まずは両者を経営する会社の違いについて創業の歴史から説明します。 「ほっともっと」と「ほっかほっか亭」の創業の歴史 「ほっともっと」と「ほっかほっか亭」の決定的な違いは「運営会社」が違うのです。 つまり全く別の会社となります。 しかし実はこのふたつの会社は、元々はひとつの会社だったんです。 様々な事情があって分裂し、今の形となったのです。 そもそもの発祥は埼玉発のチェーン店「ほっかほっか亭」としてスタートしました。 「ほっかほっか亭」はどんどん店舗数を増やしていき、全国に広がりました。 その後全国チェーンをまとめる役割を本部が行い、東日本、西日本、九州の3つのエリアで管理を分けたのです。 東日本エリアは、創業元の経営陣による経営• 西日本エリアがダイエーの経営• 九州エリアがプレナス 元タイヨー の経営 これらの3つが独自に経営し店舗を拡大していきます。 その後西日本エリアの経営を担当していたダイエーが経営危機に陥り、営業権利をハークスレイに譲渡します。 こうして経営体制は以下の4体制となりました。 ほっかほっか亭総本部• ほっかほっか亭 東日本統括• ハークスレイ 西日本統括• プレナス 九州統括 同じ暖簾を掲げる「ほっかほっか亭」が実は、これだけの経営体制となっていました。 その後「ほっかほっか亭 東日本統括」は、総本部と経営方針と考え方の違いから対立する形となりました。 そのことが原因で「ほっかほっか亭 東日本統括」は九州統括のプレナスに身売りをしてしまいます。 このような経緯で全国の3分の2を手中に収めたプレナスは権力を増し、独自路線を歩み始めます。 そうなると当然、総本部との対立は増々激しくなりました。 こうして親である立場の「ほっかほっか亭総本部」は、子供である「プレナス」を制御しきれなくなります。 そのような状況となった親である「ほっかほっか亭総本部」は、子供である「ハークスレイ」に株を売却してしまいます。 こうして親子逆転の現象が起こってしまいました。 つまり、元々子供であった「ハークスレイ」が親になり、親だった「総本部」が子供になってしまったのです。 その時と同じくして、「ハークスレイ」はプレナスの「ほっかほっか亭」運営の「フランチャイズ契約」の延長申請を拒否したのです。 つまり「プレナス」はグループから追い出された形となります。 このような経緯から、「プレナス」は「ほっかほっか亭」の暖簾を掲げて営業することができなくなってしまいました。 それが原因で新たな独自ブランドとして「ほっともっと」を立ち上げることになったのです。 これが、大手お弁当チェーンの分裂劇の内容です。 分裂してから既に10年が経過しましたが、今では「ほっともっと」がすっかり社会的にも認知され、現在では「ほっともっと」と「ほっかほっか亭」は同じ弁当チェーン店業界のライバル会社として、お互いがいまだに激しいデットヒートを続けています。 経営する会社の違い 「ほっともっと」の運営会社 運営会社 株式会社プレナス 代表者 代表取締役社長 塩井辰男 福岡本社 〒812-8580 福岡県福岡市博多区上牟田1丁目19番21号 TEL092-452-3600(代表) 東京本社 〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1丁目7番1号 TEL03-3249-0311(代表) 店舗数 3,113店舗(直営店1,434店舗、加盟店1,679店舗) 事業内容• ほっともっと・フランチャイズ業• やよい軒・フランチャイズ業 創業 昭和35年3月 設立 昭和51年11月 資本金 34億61百万円 「ほっかほっか亭」の運営会社 運営会社 株式会社ハークスレイ 代表者 代表取締役会長兼社長 青木達也 大阪本社 大阪市北区鶴野町3番10号 東京本社 東京都港区浜松町2-4-1世界貿易センタービルディング32階 店舗数 3,113店舗(直営店1,434店舗、加盟店1,679店舗) 事業内容• 西日本地域における「ほっかほっか亭」のフランチャイズチェーン統括。 定番の人気弁当で比較してみます。 見た目的には両者それぞれそれほど違いがあるわけではありませんがそれぞれ独自のこだわりと特色があります。 のり弁当の違いは? 「ほっともっと」の「のり弁当」• 漬け物が沢庵• 白身魚のフライが若干小さい• フライがサクッと揚がってる• 海苔自体がおいしい、ほっかほっか亭より上• ご飯もちょうどいい固さで美味しい• ボリューム感では、やや劣る、あっさり食べれる• 女性向け 「ほっかほっか亭」の「のり弁当」• 漬け物が紅しょうが• 白身魚のフライが若干大きい• フライが少し油っぽい• 海苔は普通。 ほっともっとの方が美味しい• ご飯はふっくら、ほっともっとの方が美味しい• ボリューム感では、こちらが上• 男性向け のり弁当についての総評は、• ジューシーな白身魚のフライが好みでボリュームを重視するなら「ほっかほっか亭」• 白身魚のフライのジューシーさよりやボリュームよりも味を重視するなら「ほっともっと」 味重視なら「ほっともっと」、コスパ重視で見るなら、「ほっかほっか亭」です。 唐揚げ弁当の違いは? 「ほっともっと」の唐揚げ弁当• ポテトサラダが無い• 漬物が少なめ• スパゲティは少なめ• 全体的なボリュームは「ほっかほっか亭」より下がる• 唐揚げの下味は、しっかり付いているので、そのまま食べても美味しく食べれる。 濃い味が好きな人はむいている。 「ほっかほっか亭」の唐揚げ弁当• ポテトサラダが付いている• 漬物が多め• スパゲティは多め• 全体的なボリュームは「ほっともっと」以上• 唐揚げの下味はあまりついていないので、調味料で調整する。 調味料はゆずしょうゆとこしょうがある。 唐揚げ弁当についての総評は、• 付け合わせのボリュームがあり、薄味の唐揚げが好みでボリュームがあるものなら「ほっかほっか亭」• 付け合わせは少なめだけど、唐揚げの味にこだわっているのが「ほっともっと」 こちらも味重視なら「ほっともっと」、コスパ重視で見るなら、「ほっかほっか亭」のほうです。 最後にメニューの違いを書いておきます。 「ほっともっと」のメニューと価格 [日替わりメニュー]• 日替わりランチ 平日限定 11時〜なくなり次第終了 : 税込500円 [定番メニュー]• カルビ焼肉弁当: 560円 税込• Wカルビ焼肉弁当 肉2倍 : 860円 税込• カットステーキ重: 590円 税込• Wカットステーキ重 肉2倍 : 890円 税込• カットステーキコンボ: 890円 税込• から揚弁当 4コ入り : 390円 税込• 特から揚弁当 6コ入り : 490円 税込• しょうが焼き弁当: 500円 税込• おろしチキン竜田弁当 香味醤油 : 490円 税込• おろしチキン竜田弁当 和風ぽん酢 : 490円 税込• ネギおろし醤油ハンバーグ弁当: 490円 税込• チーズハンバーグ弁当: 490円 税込• デミグラスハンバーグ弁当: 490円 税込• チキン南蛮弁当: 530円 税込• ロースとんかつ弁当: 500円 税込• 銀鮭弁当: 490円 税込• さばの塩焼き弁当: 490円 税込• ロースかつとじ弁当: 500円 税込• 肉野菜炒め弁当: 540円 税込• のり弁当: 300円 税込• 特のりタル弁当: 390円 税込• 和風幕の内弁当: 540円 税込• 鮭幕の内弁当: 660円 税込• 特撰 幕の内弁当: 790円 税込• BIGのり弁(コロッケ): 490円 税込• BIGのり弁(白身フライ): 520円 税込• 極うま親子丼: 390円 税込• ロースかつ丼: 470円 税込 [カレーメニュー]• ビーフカレー: 460円 税込• から揚カレー: 590円 税込• ロースカツカレー: 650円 税込 「ほっかほっか亭」のメニューと価格 [日替わりメニュー]• 日替り母さん御膳: 602円 (税込650円)• 日替り母さん弁当: 463円 (税込500円)• 日替りデラックス: 463円 (税込500円) [定番メニュー]• のり唐揚弁当: 389円 (税込420円)• とりめし: 399円 (税込430円)• 唐揚弁当 5コ :482円 (税込520円)• チキン南蛮弁当 :482円 (税込520円)• 極厚ハンバーグ弁当: 500円 (税込540円)• 牛焼肉重: 454円 (税込490円)• 肉野菜炒め弁当: 482円 (税込520円)• プチべんとう: 389円 (税込420円)• プチそぼろべんとう: 389円 (税込420円)• スポーツ弁当: 463円 (税込500円)• 豚塩とり天W: 399円 (税込430円)• しょうが焼弁当: 399円 (税込430円)• ビフテキミックス: 825円 (税込890円)• ビフテキミックスおかず: 732円 (税込790円)• ビフテキ重: 547円 (税込590円)• 紅シャケ重: 454円 (税込490円)• おろしえび天丼: 426円 (税込460円)• 和風ビビンバ丼: 399円 (税込430円) [カレーメニュー]• 唐揚カレー: 482円 (税込520円)• 厚切りかつ丼: 491円 (税込530円)• 厚切りかつカレー: 649円 (税込700円) 「ほっともっと」ののり弁は300円、唐揚げ弁当は4コリい390円、6個入り490円 「ほっかほっか亭」ののり弁は420円、唐揚げ弁当は5個入り520円 コスパならほっともっとですね。 ただ「ほっかほっか亭」の方がボリュームが上なので実際はあまり変わりません。 関連ページ ほっともっとは会社のランチタイムなどにすぐに安く弁当が買えて便利です。 そんなほっともっとですが、どの弁当が一番人気なんでしょうか? 私もほっともっとで弁当を買う傍ら気になったのでアンケートを取って人気メニューのランキングを作成してみました。 口コミも一緒に紹介するのでぜひ参考にしてください! 会社のランチタイムやご飯を炊き忘れたとき、料理する暇がないときに便利なほか弁(ほっかほっか亭)。 あなたはほか弁に行ったらいつも何を頼むか決まってますか? まだ決まってないと言う人のためにアンケートを取り、ほか弁の人気メニューランキングを作成しました。 口コミも一緒に紹介するのでぜひ参考にしてください。 オリジン弁当は弁当だけでなく、たくさんのお惣菜が売ってます。 料理が面倒なときにご飯のおかずが気軽に買えて便利です。 でも初めて行く人はたくさんありすぎてどのお惣菜を買っていいか迷ってしまうと思います。 そこで250人にアンケートを取り、オリジン弁当のお惣菜の人気ランキングを作成しました。 口コミも一緒に紹介するのでぜひ参考にしてください。 最近引っ越した場所の近くに弁当屋のオリジンが。 オリジンは弁当屋お惣菜を安く売ってて貧乏サラリーマンの味方です。 そんなオリジン弁当ですが初めて行く人はメニューがたくさんありすぎてどの弁当を買っていいか迷ってしまうと思います。 そこで250人にアンケートを取り、オリジンの弁当の人気ランキングを作成しました。

次の

ほっかほっか亭 放出駅前 Delivery

ほっかほっか亭

このページの目次• ほっかほっか亭の口コミ・評判 実際にほっかほっか亭で働いた人の体験談を紹介します。 オープンから三年働きました。 最初は楽しく仕事できたけど、 頑張っても時給あがらないし、売り上げよくても、評価されるのは店長のみ。 だんだんいやになり、辞めました。 店長もすぐに移動になるし私いた店は直営で、ほとんど店長不在。 クレーム処理もクルーが対応でしたね。 ほんと、店長不在すぎなくらい。 複数店舗兼任だから仕方ないんだろうけど。 それでもいいクルーさんばかりで、楽しく仕事できました。 今思えば、周りの人たちに救われていたと思います。 大学時代にほっかほっか亭でアルバイトをしていました。 主に学校が休みの土日に入っていましたが、土日は宅配の注文が多いので忙しかったです。 夏休みなどは平日も入りましたが、 平日でもピーク時はとても忙しかったです。 ただし、平日のピーク時以外はそれほど忙しくなかったですし、まかないがあるのでとても助かりました。 料理をすることが好きな人にとって、ほっかほっか亭はとても楽しくてやりがいのある職場であると思います。 食事の時間帯は多忙を極めますが、慣れてくると 手際よく仕事をすることができるようになり達成感がありました。 一緒に働いてるパートのおばさんたちがすごかったな。 どこにいってもおばさまたちは強いんだなって思った。 仕事自体は覚えるのが多いけど、大丈夫かな。 でも、混んでくるとみんなイライラしてるから新人さんとかには当たりが強くなったりしてたな。 一緒に働く人って大事だよね。 仕事内容は最初のうちは覚えるのが辛いけど働くうちにだんだんと慣れてきます。 俺は二ヶ月くらいで揚げ場焼き場、ライス、盛り付け〜レジまで覚えれましたよ。 慣れると簡単です。 でも 忙しくなるとオーナーとか20代のパートのおばさんのあたりが強かったの思い出します。 また、すごく嫌な人がいます。 嫌な人さえいなければほっともっとのバイトは慣れたら楽です。 ほっかほっか亭のアルバイトは、始めは覚えることも多く大変そうですが慣れてくると楽しい!と感じている人が多いようです。 一方で当然ながら働くスタッフによってもその度合いに違いがあるようで、嫌な人がいる場合は雰囲気ががらりと変わってしまうこともあるようです。 ほっかほっか亭のアルバイト求人を探すなら ほっかほっか亭のアルバイト求人を探すならタウンワークがオススメです。 他のバイトルやマッハバイトではなかなか見つけられないので、早速タウンワークから探してみてください。 店舗によってデータが異なることもありますのでご了承ください。 できたてのほっかほっかのお弁当を多くのお客さまにお届けすることをモットーに、豊富な種類のお弁当を揃えています。 アルバイトスタッフはお客さまに直接接するカウンタースタッフと、キッチンに分かれておりそれぞれ役割分担しておしごとします。 スタッフは女性が多い上に、あたたかい人柄の人が多いため働きやすい環境であるだけでなく、シフトも組みやすいので勉強や家事との両立も可能です。 時給は850円〜が平均的。 面接ではきちんとした清潔感が感じられる服装で、明るくハキハキとした受け答えができることや気が利く点をさりげなくアピールできると良いでしょう。 ほっかほっか亭の仕事内容 ほっかほっか亭のアルバイトには大きく分けて 以下2つのしごとがあります。 カウンタースタッフ• キッチンスタッフ 1. カウンタースタッフ カウンタースタッフはお客さまの来店されたらオーダーを伺って、お弁当を準備してお会計を担当するのがおしごととなります。 カウンタースタッフはお店の顔でもあるので、元気で明るい笑顔でお客様をお迎えすることが大切です。 また 身だしなみは常に清潔感を心がけ、気持ちの良い接客ができるように頑張りましょう。 メニューの説明ができるようにしておくことも大切です。 キッチンスタッフ キッチンスタッフは注文されたお弁当を作るのが主なおしごとなります。 ほっかほっか亭は基本的にオーダーを受けてから調理するので、手際良く対応できることがポイントとなります。 始めは慣れないかも知れませんが、 マニュアルもしっかりあるので先輩スタッフにわからないことは聞くなどして、少しずつ腕を磨いていきましょう。 ほっかほっか亭で働くメリット・デメリット それでは続いてほっかほっか亭でアルバイトをする上での、 メリットとデメリットをお伝えしたいと思います。 メリット• スピーディーな対応力が身につく• スタッフに温かい人が多い• シフトの融通が利く ほっかほっか亭はお客さまのオーダーを受けてから調理をします。 同系列のほっともっとは具体的に「お客さまをお待たせしない」ということをモットーに掲げていますが、 ほっかほっか亭もできるだけ早く提供できることを意識しなければなりません。 そのためカウンターもキッチンもスピーディーな対応力を身につけることができます。 その他にはスタッフは女性が多く温かい人が多い、というのも魅力です。 また シフトが組みやすいのも特徴のようで、全体的に女性にとって働きやすい環境が整っているのがメリットと言えるでしょう。 デメリット• 男性との出会いは少なめ• 時給があまり高くない デメリットはスタッフに女性が多いため、 男性との出会いは少なめだということです。 また時給があまり高くない、ということも挙げられるでしょう。 メリットを取るデメリットを取るかは自分次第ですが、ある程度の傾向は踏まえた上で、応募するかどうかを見極めることが大切です。 まとめ 以上、今回はほっかほっか亭のアルバイトの内容と評判についてご紹介いたしました。 お昼どきは混み合うものの、一日を通して温かく和やかな雰囲気の中で働くことができる。 ほっかほっか亭。 女性の方はとくに、この機会に注目してみてください。

次の

ほっかほっか亭 四国本部

ほっかほっか亭

このページの目次• ほっかほっか亭の口コミ・評判 実際にほっかほっか亭で働いた人の体験談を紹介します。 オープンから三年働きました。 最初は楽しく仕事できたけど、 頑張っても時給あがらないし、売り上げよくても、評価されるのは店長のみ。 だんだんいやになり、辞めました。 店長もすぐに移動になるし私いた店は直営で、ほとんど店長不在。 クレーム処理もクルーが対応でしたね。 ほんと、店長不在すぎなくらい。 複数店舗兼任だから仕方ないんだろうけど。 それでもいいクルーさんばかりで、楽しく仕事できました。 今思えば、周りの人たちに救われていたと思います。 大学時代にほっかほっか亭でアルバイトをしていました。 主に学校が休みの土日に入っていましたが、土日は宅配の注文が多いので忙しかったです。 夏休みなどは平日も入りましたが、 平日でもピーク時はとても忙しかったです。 ただし、平日のピーク時以外はそれほど忙しくなかったですし、まかないがあるのでとても助かりました。 料理をすることが好きな人にとって、ほっかほっか亭はとても楽しくてやりがいのある職場であると思います。 食事の時間帯は多忙を極めますが、慣れてくると 手際よく仕事をすることができるようになり達成感がありました。 一緒に働いてるパートのおばさんたちがすごかったな。 どこにいってもおばさまたちは強いんだなって思った。 仕事自体は覚えるのが多いけど、大丈夫かな。 でも、混んでくるとみんなイライラしてるから新人さんとかには当たりが強くなったりしてたな。 一緒に働く人って大事だよね。 仕事内容は最初のうちは覚えるのが辛いけど働くうちにだんだんと慣れてきます。 俺は二ヶ月くらいで揚げ場焼き場、ライス、盛り付け〜レジまで覚えれましたよ。 慣れると簡単です。 でも 忙しくなるとオーナーとか20代のパートのおばさんのあたりが強かったの思い出します。 また、すごく嫌な人がいます。 嫌な人さえいなければほっともっとのバイトは慣れたら楽です。 ほっかほっか亭のアルバイトは、始めは覚えることも多く大変そうですが慣れてくると楽しい!と感じている人が多いようです。 一方で当然ながら働くスタッフによってもその度合いに違いがあるようで、嫌な人がいる場合は雰囲気ががらりと変わってしまうこともあるようです。 ほっかほっか亭のアルバイト求人を探すなら ほっかほっか亭のアルバイト求人を探すならタウンワークがオススメです。 他のバイトルやマッハバイトではなかなか見つけられないので、早速タウンワークから探してみてください。 店舗によってデータが異なることもありますのでご了承ください。 できたてのほっかほっかのお弁当を多くのお客さまにお届けすることをモットーに、豊富な種類のお弁当を揃えています。 アルバイトスタッフはお客さまに直接接するカウンタースタッフと、キッチンに分かれておりそれぞれ役割分担しておしごとします。 スタッフは女性が多い上に、あたたかい人柄の人が多いため働きやすい環境であるだけでなく、シフトも組みやすいので勉強や家事との両立も可能です。 時給は850円〜が平均的。 面接ではきちんとした清潔感が感じられる服装で、明るくハキハキとした受け答えができることや気が利く点をさりげなくアピールできると良いでしょう。 ほっかほっか亭の仕事内容 ほっかほっか亭のアルバイトには大きく分けて 以下2つのしごとがあります。 カウンタースタッフ• キッチンスタッフ 1. カウンタースタッフ カウンタースタッフはお客さまの来店されたらオーダーを伺って、お弁当を準備してお会計を担当するのがおしごととなります。 カウンタースタッフはお店の顔でもあるので、元気で明るい笑顔でお客様をお迎えすることが大切です。 また 身だしなみは常に清潔感を心がけ、気持ちの良い接客ができるように頑張りましょう。 メニューの説明ができるようにしておくことも大切です。 キッチンスタッフ キッチンスタッフは注文されたお弁当を作るのが主なおしごとなります。 ほっかほっか亭は基本的にオーダーを受けてから調理するので、手際良く対応できることがポイントとなります。 始めは慣れないかも知れませんが、 マニュアルもしっかりあるので先輩スタッフにわからないことは聞くなどして、少しずつ腕を磨いていきましょう。 ほっかほっか亭で働くメリット・デメリット それでは続いてほっかほっか亭でアルバイトをする上での、 メリットとデメリットをお伝えしたいと思います。 メリット• スピーディーな対応力が身につく• スタッフに温かい人が多い• シフトの融通が利く ほっかほっか亭はお客さまのオーダーを受けてから調理をします。 同系列のほっともっとは具体的に「お客さまをお待たせしない」ということをモットーに掲げていますが、 ほっかほっか亭もできるだけ早く提供できることを意識しなければなりません。 そのためカウンターもキッチンもスピーディーな対応力を身につけることができます。 その他にはスタッフは女性が多く温かい人が多い、というのも魅力です。 また シフトが組みやすいのも特徴のようで、全体的に女性にとって働きやすい環境が整っているのがメリットと言えるでしょう。 デメリット• 男性との出会いは少なめ• 時給があまり高くない デメリットはスタッフに女性が多いため、 男性との出会いは少なめだということです。 また時給があまり高くない、ということも挙げられるでしょう。 メリットを取るデメリットを取るかは自分次第ですが、ある程度の傾向は踏まえた上で、応募するかどうかを見極めることが大切です。 まとめ 以上、今回はほっかほっか亭のアルバイトの内容と評判についてご紹介いたしました。 お昼どきは混み合うものの、一日を通して温かく和やかな雰囲気の中で働くことができる。 ほっかほっか亭。 女性の方はとくに、この機会に注目してみてください。

次の