ザ 少年 倶楽部 プレミアム。 ジャニーズの派閥で分かれる「ザ少年倶楽部」と「プレミアム」

ジャニーズの派閥で分かれる「ザ少年倶楽部」と「プレミアム」

ザ 少年 倶楽部 プレミアム

5月29日放送の『ザ少年倶楽部』(NHK BSプレミアム)は、新型コロナウイルスの影響で収録が行えず、過去の放送を編集した『特別編 パワーソング・セレクションPart. 1』を放送。 しかし、この編集にSnow Manのファンから「またスノ出てない」「いつになったらSnow Man出してくれるの?」と不満の声が上がっている。 のHiHi Jets、美 少年、7MEN侍、関西ジャニーズのなにわ男子らがレギュラー出演。 今回の再放送では、レギュラー出演しているグループを中心に2017年までさかのぼった映像が登場した。 ただ、この日の公式ページの番組紹介欄には、今年1月のデビュー以降番組出演することが少なくなったSixTONESもレギュラー出演者として名前が記載されており、これによってSixTONESの過去映像も多く流れていた。 「確かにSixTONESは、デビュー以前は番組にメインで出演していたのですが、それを言うならSnowManも同じです。 デビュー以降は、2組とも番組に出演する回数は減っていましたから、SixTONESだけを現在もレギュラー扱いするのはあまりにも不自然です。 そもそも、岩本が謹慎になって以降の『少クラ』では、ほとんどSnowManの映像は使われていませんけどね。 」(芸能ライター) まだ関西ジャニーズJr. として活動していた頃の向井康二(SnowMan)やSnowManに加入する前のラウールの姿は映っていたため、岩本を映さないための「Snow Man外し」であることは明らかだった。 「岩本はグループのセンターでしたから、岩本の姿だけを映さないというのは編集上どうしても無理が出てきます。 SixTONESのように個人でも人気があり、それぞれが1曲ずつソロで歌っているシーンでもあれば個別に登場させることもできたのでしょうが、6人時代のSnowManがソロで歌うなんてありませんでしたからね。 ネット上では『グループが無理なら個別で流してよ』という声もあがっていましたが、グループでの映像しか残ってないので、ほかのメンバーをソロで登場させるということ自体無理なんでしょう」(同) 視聴者の年齢層が比較的低い『少クラ』ではHiHi Jetsや美 少年、なにわ男子ら若手ジャニーズJr. による各グループの勢いが増している状態。 岩本の謹慎がとけ、晴れて出演できたとしても、アラサーの域に入ろうとしているSnow Manが『少クラ』で、どこまで受け入れられるかは微妙なところかもしれないが……。

次の

イベント詳細・申込(ザ少年倶楽部)

ザ 少年 倶楽部 プレミアム

「ジャニーズの派閥」とは、SMAPを育てた敏腕マネージャー・飯島三智氏の派閥 SMAP・山下智久・中山優馬・Kis-My-Ft-2・A. Say! JUMP。 この他、ジャニー社長直轄 Kinki Kids・タッキー&翼 と、無所属 V6など があるといわれています。 「ザ少年倶楽部」は飯島氏派閥、「ザ少年倶楽部プレミアム」はジュリー氏派閥で、出演者がブレることはほとんどありませんね。 「ザ少年倶楽部」は、ジャニーズの若手くんたちの番組になってます。 司会は、今年3月まではHey! Say! JUMPでしたが、4月からA. C-Zの河合くんとジャニーズWESTの桐山くんに代わりました。 番組の内容的には、以前とさほど変わっていないようですね。 観ていて、とにかく若さと勢いのある、とっても楽しいジャニーズ専門番組です。 C-Z、Sexy Zone、ジャニーズWEST、ジャニーズJr. あたりがレギュラーメンバーで、時々飯島氏派のゲストが出たりします。 ジュリー氏派のグループのことは、ほとんど番組内で話題にのぼりませんね。 こちらの番組は、NHKホールで収録されるので、番組観覧は毎月異常なほどの高倍率、ファンクラブの女子が、ステージ後方のひな壇に立って応援できることも人気のひとつです。 一方、 「ザ少年倶楽部プレミアム」は、今年3月まではTOKIOの国分くんがMCを務めていましたが、4月からKAT-TUNに交代となり、番組内容も一新して、まるで違う番組のようになりました。 4月と5月放送の2回分を観て、わたし的には大満足!以前よりずっとおもしろくなったような気がします。 っていうのは、全体的に「ジャニーズ一色」に近い内容になったから。 国分くんの時は、各界の話題の人物とか、いろいろな分野で活躍する女性とかが登場してトークしたりしてて、まあ、幅のある内容だったけど、なんかジャニヲタウケはしない感じだったんですよね。 それが4月からは、ゲストも毎回ジャニーズ(とジャニーズ以外のゲストも出ます)、ジャニーズの歴史をたどるお宝映像コーナー(けっこうオイシイです)、ジャニーズコンサートのレポ「WORKS」(これは以前と同じ)、MCのKAT-TUNも曲を披露するなど、「とにかくジャニーズを観たいのよ!」っていう視聴者向け、ヲタ向けの素晴らしい構成になったわけです。 こちらも同じジャニーズでありながら、飯島氏派のグループはほとんど取り上げられていません。 4月の放送分では、懐かしい映像が出た時、ちらっと映ったジャニーズのめんめんの名前のキャプションは付いてたのに、一瞬出た山Pのキャプションだけは出てませんでした(笑)。 あれは単なる付け忘れだったのか、気になるところです。 でも、なんのかんの言っても、ヲタとしては、国営放送ながらここまでジャニーズに肩入れしてくれるNHK様に、ただただ感謝ですね。 そしてこれらの番組、NHK海外向け放送(有料放送ではありますが)で、全世界に放送されているんですよ!私は、どちらの番組もすごく楽しみにしてるし、大好きなジャニーズ事務所にも、会社として派閥があるのも当たり前だ、と思っています。 でも、できれば派閥を超えた共演や、番組があるともっと楽しくなるのにな~と、日々考えてしまうんですよね。

次の

「ザ少年倶楽部」または、「ザ少年倶楽部プレミアム」ってBSでしか見れない...

ザ 少年 倶楽部 プレミアム

5月29日放送の『ザ少年倶楽部』(NHK BSプレミアム)は、新型コロナウイルスの影響で収録が行えず、過去の放送を編集した『特別編 パワーソング・セレクションPart. 1』を放送。 しかし、この編集にSnow Manのファンから「またスノ出てない」「いつになったらSnow Man出してくれるの?」と不満の声が上がっている。 のHiHi Jets、美 少年、7MEN侍、関西ジャニーズのなにわ男子らがレギュラー出演。 今回の再放送では、レギュラー出演しているグループを中心に2017年までさかのぼった映像が登場した。 ただ、この日の公式ページの番組紹介欄には、今年1月のデビュー以降番組出演することが少なくなったSixTONESもレギュラー出演者として名前が記載されており、これによってSixTONESの過去映像も多く流れていた。 「確かにSixTONESは、デビュー以前は番組にメインで出演していたのですが、それを言うならSnowManも同じです。 デビュー以降は、2組とも番組に出演する回数は減っていましたから、SixTONESだけを現在もレギュラー扱いするのはあまりにも不自然です。 そもそも、岩本が謹慎になって以降の『少クラ』では、ほとんどSnowManの映像は使われていませんけどね。 」(芸能ライター) まだ関西ジャニーズJr. として活動していた頃の向井康二(SnowMan)やSnowManに加入する前のラウールの姿は映っていたため、岩本を映さないための「Snow Man外し」であることは明らかだった。 「岩本はグループのセンターでしたから、岩本の姿だけを映さないというのは編集上どうしても無理が出てきます。 SixTONESのように個人でも人気があり、それぞれが1曲ずつソロで歌っているシーンでもあれば個別に登場させることもできたのでしょうが、6人時代のSnowManがソロで歌うなんてありませんでしたからね。 ネット上では『グループが無理なら個別で流してよ』という声もあがっていましたが、グループでの映像しか残ってないので、ほかのメンバーをソロで登場させるということ自体無理なんでしょう」(同) 視聴者の年齢層が比較的低い『少クラ』ではHiHi Jetsや美 少年、なにわ男子ら若手ジャニーズJr. による各グループの勢いが増している状態。 岩本の謹慎がとけ、晴れて出演できたとしても、アラサーの域に入ろうとしているSnow Manが『少クラ』で、どこまで受け入れられるかは微妙なところかもしれないが……。

次の