パプリカ 平沢 進。 平沢進の人気おすすめランキング15選【独特かつ壮大な世界観】

パプリカ オリジナルサウンドトラック

パプリカ 平沢 進

『パプリカ』概要 『パプリカ』は2006年11月25日に劇場公開されたアニメーション映画である。 原作は筒井康隆の同名小説。 監督は『東京ゴッドファーザーズ』や『千年女優』を手掛けた今敏、音楽は『剣風伝奇ベルセルク』や『DETONATORオーガン』を手掛けた平沢進が起用されている。 第63回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門へ正式出品されており、また、animecs TIFF 2006のオープニング上映作品にもなった。 キャッチコピーの通り、この映画は夢を中心にストーリーが進んでおり、夢の中や心の中にいるもう1人の自分とどう向き合うのかを考えさせられるストーリー展開が話題を呼んだ。 あらすじ・ストーリー 天才研究者の時田浩作によって開発された夢を共有する装置、DCミニ。 千葉敦子は精神医療総合研究所の職員として働きながら、DCミニを使用して夢を共有し、夢の中でのみ現れる人格「パプリカ」を使ってサイコセラピーをおこなうサイコセラピストとして研究所の所長である島寅太郎らとともに活躍している。 警察官の粉川利美も島の紹介でDCミニを使った「パプリカ」によるサイコセラピーを受けはじめる。 そんなある日、そのDCミニが研究所から奪われる事件が発生する。 他人の夢に潜り込むことが出来るDCミニによって夢という深層心理の領域に他人が踏み込んでしまうことの危険性を危惧し、開発を凍結させようとする車椅子の理事長・乾精次郎と口論となる島と千葉であったが口論の最中にDCミニの悪用によって島が発狂、突如走り出し研究所から飛び降りて大怪我、昏睡状態になる事態となる。 この事態を受けて千葉と時田、研究所職員の小山内守雄らはDCミニを取り戻すために動き出す。 時田の部下であった氷室啓がDCミニを奪った犯人ではないかとみた3人は氷室の家へと向かう。 しかし、家はすでにもぬけの殻で氷室を見つけることはできなかった。 天才である時田はDCミニを盗んだとされる氷室の行動が分からず、千葉に相談するも天才ゆえの人の命を軽視した言動に怒られてしまう。 このことをきっかけに時田は千葉の力を借りず、氷室を説得しようとDCミニを独断で利用する。 しかし、逆に夢に犯されてしまい、昏睡状態となってしまう。 一方、千葉もパプリカの手助けによって目を覚ました島とともにDCミニを使って氷室の夢に侵入する。 氷室にDCミニの悪用をやめるよう説得するが、すでに氷室もほかの人に夢を侵食されており、昏睡状態となっていることが判明する。 千葉はその後も夢の中を探し回り、真犯人が乾と小山内であることを突き止めるがそれと同時に彼らに捕らえられてしまう。 不自由のない体を取り戻すという乾の野望を知るも絶体絶命の状況の中、サイコセラピーの途中に侵食された夢に巻き込まれてしまった粉川が姿を現す。 粉川によって千葉は助け出されるが、助け出す際に銃撃を受けた小山内が現実世界でも死亡してしまう。 この現象を皮切りに夢と現実世界が入り交じる事態になる。 瞬く間に現実世界は夢に侵食され、夢に犯されて自分を見失っている時田も現実世界に現れる。 パプリカもこの現象によって千葉と完全に分離、1つの人格として現実世界に現れて千葉や粉川のサポートを始める。 死亡した小山内の側にいて最初に夢に取り込まれた乾はこの不可思議な現象を利用して、当初の目的であった不自由のない体を取り戻すことに成功し半透明な巨人として現実世界に顕現する。 千葉はその間に暴走した時田に取り込まれてしまうが、乾と同じように現象を利用し半透明な赤子として乾と対峙する。 赤子の状態の千葉は乾をどんどん吸い込み、それに伴い身体の成長を始める。 最後には乾を丸ごと取り込むことで成人女性にまで成長し、この不可思議な現象を止めた。

次の

パプリカとは (パプリカとは) [単語記事]

パプリカ 平沢 進

J界隈では名の知れた音楽家だろう。 (私はパプリカくらいしか知らないけど) 過去に何度かにもなっている。 そんな氏が、今度出したDVD作品での音楽製作にVOCALOIDを使っているらしい発言を、自身ののブログでしている。 どの製品かについてははっきりとは書かれていないが、声質を聞いた限りではどうやらMEIKOのようだ。 ブログでは、プロの視点からか、VOCALOIDについて「ネット上で公開されている(MEIKOの)作品はほとんどが無調整だが、磨けばプロ(の歌声)になる」と評している。 プロが自分の作品に使うなら、声質がしっかりしているMEIKOの方が使いやすいのかもしれない。 メインの日本語ボーカルとして使うのは、現時点のVOCALOIDではまだ難しいだろうけど、将来はもっと用途が広がるかもしれない。 … … … … 氏のサイトでは、いくつかの曲が公開されている。 例えば。 氏の曲にアマチュアのVOCALOID職人さんがチャレンジした作品がいくつもあるから、聞き比べるのも面白いだろう。 比較版もいくつかnico動にアップされている。 これなんかは私も大ファンだ。 2008-8-24 18:14 だから 女性の声は全部アレだと言っているのだ。 磨けばプロになると言っているのだ。 ソプラノだろうが何だろうが徹底的に調整すれば出るのだ。 ちなみに「白虎野の娘」も「確立の丘」のコブシ回しのお姉さんも皆同じエンジンだ。 とすると、「ネット上で公開されている(LOLAの)作品はほとんどが無調整」ってなんだろう。 LOLAの曲って数曲くらいしか聴いたことがないけど。 すでに、平沢氏が言うような徹底的な調整もそこそこで済む、「ぼかりす」だとか それを [hatsunemiku. info]も出ているので、知らないで聞いたら音声合成だった、 なんて世界に実は到達しているんでしょう。 もっとも、完全に機械の声帯を震わせて喋らせる合成技術では無いという意味では、 合成音声ってどこまでを指すのかという問題もあると思いますが。 平沢氏の弁は、つんく氏が言っていた「ProToolsで弄ればオンチでもオッケー」 みたいな意味であってボーカロイドを特別扱いしてる訳では無さそうですね。 直後に「これであなたもあの腹立たしいパッケージのキャラともお別れだ。 」 と言っていますし、要するに歌唱者の人格や特性を尊重する事に興味が無い。 素材として距離をおいた扱いが可能な人には、大して難しくなかったのでしょう。 ブツ切れな音声合成も、オンチも声帯から発声しているなら一緒だよという。 でも、「ぼかりす」に対して初音ミクのコミュニティが [fumi2kick. com]のは、 彼らは「彼女を調教している」というプロセス、「彼女という人格」を楽しんでいて、 出来ない事は製品の限界でなく、「彼女の個性」と変換して許容してしまっている。 だから、そのためには音楽としての質は二の次と思ってる人さえいるんじゃないかと。 ただ楽譜をなぞって楽しんでいるDTMの延長で使ってる人に比べれば、 調整に要する気力と作品の質は、ずば抜けていると思うけど一線を超えられない。 超えたところで、彼らのモチベーションは維持できないでしょう。 彼らと、平沢氏のように純粋に使い出す人とは別個に存在していくのでしょうね。 同人音楽とか、中田ヤスタカみたいにゴリゴリ無機質に加工された音楽になら、 そのまま使われても全然解らないので、コミュニティとは一線をおいて使う人とかは、 ぼかりすエディタが触れるようになれば録音物の採用は増加するでしょう。 まー、ライブでも口パクすればいいのか、どこかのオリンピック開会式みたいに。

次の

パプリカ オリジナルサウンドトラック

パプリカ 平沢 進

東京オリンピックのNHK公式テーマソング『パプリカ』という歌があります。 幼稚園児のダンス音楽としてめちゃめちゃ流行っているので、どこかで聞いた方も多いのではないでしょうか? 実は僕、今日初めてパプリカをフルでちゃんと聴いたのですが、そしてその時に強烈な違和感を感じたのです。 その後、どうしてもその歌の意味を掘らなければいけないような気がして、4時間ほど歌詞と向き合っていました。 そしてわかりました。 もうとにかく自分でも止められなくなるほど掘れば掘るほど意味が出てくる奥深い曲だったんです。 今からここに書くのは完全に個人の解釈によるもので言ってみれば僕の妄想です。 なのでそういう読み方もできるよねと言う程度でお楽しみ下さい。 先に結論を書いておきます。 僕が見つけたこの曲の裏ストーリーは、「 少年が友達を亡くした悲しみと折り合いをつけ、未来へ向かって歩き出す歌」です。 なぜそうなるのか、順をおって説明させてください。 まずはパプリカの歌詞全文を引用させてもらいます。 ーーーー以下引用ーーーー 【Aメロ】 曲がりくねり はしゃいだ道 青葉の森で駆け回る 遊びまわり 日差しの街 誰かが呼んでいる 【Bメロ】 夏が来る 影が立つ あなたに会いたい 見つけたのはいちばん星 明日も晴れるかな 【サビ】 パプリカ 花が咲いたら 晴れた空に種を蒔こう ハレルヤ 夢を描いたなら 心遊ばせあなたにとどけ 【Aメロ】 雨に燻り 月は陰り 木陰で泣いてたのは誰 一人一人 慰めるように 誰かが呼んでいる 【Bメロ】 喜びを数えたら あなたでいっぱい 帰り道を照らしたのは 思い出のかげぼうし 【サビ】 パプリカ 花が咲いたら 晴れた空に種を蒔こう ハレルヤ 夢を描いたなら 心遊ばせあなたにとどけ 【Cメロ】 会いにいくよ 並木を抜けて 歌を歌って 手にはいっぱいの 花を抱えて らるらりら 【サビ】 パプリカ 花が咲いたら 晴れた空に種を蒔こう ハレルヤ 夢を描いたなら 心遊ばせあなたにとどけ かかと弾ませこの指とまれ へ ーーーー引用終わりーーーー 別タブで開くためのリンクも貼っておきます。 パプリカの歌詞解釈 ではAメロから順番に説明させていただきます。 まずAメロの歌詞全体を通して、誰もが共感できるようなノスタルジックな情景を描いていますが、よく見るとあちこちにヒントがあるように僕には見えました。 「目には青葉、山ホトトギス、初鰹」という有名な俳句がありますが、これは全て初夏の風物詩を並べています。 すなわち「青葉の森」とは「初夏の森」であり、それを人生に当てはめると「人生の春が終わり、夏に差し掛かった頃」言い換えれば「少年期が終わり、青年期に差し掛かった頃」と読み解くことができます。 つまり青年のコミュニティに入り始めている まとめると「曲がりくねったはしゃいだ道」である少年期が終わり、「青葉の森」や「日差しの街」である青年期に入り始めたことがわかります。 青年期は先ほどの説明の通り。 そしてここで注目したいのが「季節の夏」です。 日本の夏のイベントといえば何でしょう?そうお盆ですね。 あの世とこの世が重なる期間です。 つまりこの分の意味は「あの世が近くなる」となります。 ここでは、この世に対してのあの世を表します。 そして夏は太陽の光も生命の力も強まる季節です。 つまり影が立つとは「光が強くなったことによって、あの世の輪郭が強く浮かび上がってきた」という意味になります。 では次の「あなたに会いたい」ですが、これは誰に会いたいのでしょう? 「あの世が近くなる」季節に 「あの世の輪郭が強く浮かび上がる」季節に 「会いたくなる」人とは誰でしょう? 僕はここで「亡くなった友達」と結論づけました。 「亡くなった友達に会いたい」と歌った後に続くのは何か? 「見つけたのはいちばん星」です。 子供に亡くなった人のことを説明する時なんと言います? もうズバリですよね。 「お星様になる」っていいますよね。 つまり魂よ安らかなれという意味に取れます。 さあいよいよサビにいきましょう。 けれど僕は未来に向かって歩いていく。 なぜそうなるか説明します。 「種を蒔く」は未来へ向かって行動すること。 つまり「あなたの事は忘れないけれど、僕は未来へ歩き出す」と言っているのです。 日本的な宗教観では亡くなった人は神様にもなります。 つまりここでは「亡くなって神様になったあなたに感謝を伝えたい」を意味しています。 でもあなたの事は忘れない 「夢を描く」は未来へ心を向ける事。 自分の気持ちが未来を向き始めていることを表しています。 「心遊ばせあなたにとどけ」では「それでもそんな気持ちや描いた夢を、あなたに話したいんだよ」というという意味になります。 「未来に向かう事は決してあなたを忘れることではない」とすることで気持ちの折り合いをつけようとしているのです。 そんな時に木陰で泣いていたらもう死ぬほど心細いでしょう。 「こっちへおいで」と聞こえてしまったのでしょう。 しかし次のBメロで状況は変わります。 いい思い出を浮かべてみたら「あなた」との思い出ばかりだったのでしょう。 つまり「この世に帰ってくる道」 あなたを亡くしたショックで生きる気力を失い、声が聞こえるくらいあの世に近いところまで行ってしまったけれど、あなたの思い出が僕をこの世に引き戻してくれた。 という意味が読み取れます。 ここで見て欲しいのは、それでもその帰る道を照らしたのは「思い出のかげぼうし」であること。 かげぼうしとはつまり人の影。 Aメロの解釈でも出てきましたが「影」は死を表し、人の影は「亡くなった人」を表します。 つまり僕をこの世に引き戻してくれたのは「思い出の中にいる亡くなった人」なのです。 2番サビはAメロの繰り返しなので省略します。 続いて説明したいのがCメロの歌詞。 歌の流れとしてプロポーズはありえないでしょう。 そしてお墓まいりとは故人に挨拶や何かしらの報告がある時にいくもの。 ここでは「僕は未来に向かう」という報告をするという意味だと思っています。 そして最後、サビの繰り返し。 けれど僕は未来を生きる。 最後のサビで他と唯一違うのは「かかと弾ませこの指とまれ」の部分です。 それ以外の部分が「あなたへの感謝」と「未来へ歩き出す」を意味する事はもう書きましたが、この「かかと弾ませこの指とまれ」は未来への歩みをさらに進めて、そこで生きる決意を表明しています。 なぜなら「かかとを弾ませる」という事はやや駆け足気味に歩いているという事であり、「この指とまれ」は仲間を集めることを意味します。 つまり「未来へ向かって駆け足気味に歩き出し、その先で僕は仲間を見つける(君以外の友達をつくる)」という未来でいきていく事の決意表明と取れるのです。 よってこれまでの話をまとめると『パプリカ』は「少年が友達を亡くした悲しみと折り合いをつけ、未来へ向かって歩き出す歌」となるのです。 「パプリカ」というタイトルの意味 これまで読み解いてきた歌の意味を踏まえて「パプリカ」というタイトルをもう一度見てみると、ある仮説が浮かびます。 パプリカはピーマンと近しい植物です。 同じナス科トウガラシ属で、栽培方法なども似通っています。 そしてピーマンといえば、お盆にナス、きゅうりなどと共にご先祖様にお供えする野菜です。 ピーマンを「亡くなった人を想う野菜」と意味づけするならば、それと近しいけれど別のものであるパプリカにはどういった意味を見いだせるでしょうか。 「ピーマンに似ているけれど違う野菜」に「あなたを忘れはしないけれど、未来へ歩き出した僕」を見る事はできないでしょうか? そう思いながら歌を聞けば、違った意味合いを感じ取れると思います。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 この解釈があったからといって何がどうという訳ではありません。 ただどうしても、誰かに伝えずにはいられなかったのです。 この記事によって、あなたの日常の色が少しでも変われば、ぼくにとって最高の喜びです。

次の