ガオガエン 対策 スマブラ。 【ポケモン剣盾】ガオガエンの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

【スマブラSP】ガオガエンで勝つ!立ち回りに活かせる全技を徹底解説!

ガオガエン 対策 スマブラ

任天堂Switchから『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』が発売されました。 今作は今までの歴代のキャラクターが全て参戦すると共に、新しいキャラクターも多く増えましたね。 今作ではポケモンシリーズから新しく『 ガオガエン』が参戦しました! 今作でも新しく参戦したキャラクターということで、使っている人も多いです。 ガオガエンの特徴としては、典型的な近距離パワー型のファイターです。 上必殺技の『クロスチョップ』の上昇力が低く復帰力がないのが難点ですが、横必殺技『 ロープスイング』はガード不能で威力が高く、バーストも狙えるのでスキがあれば差し込んでいきたい技です。 さてこのロープスイングですが、私が始めてガオガエンを使った時に『横Bでラリアットどうやって発動させるの?』という状態になりました。 結局発動の仕方が分からずに、適当に連打して上空に吹っ飛ばしていました。 この記事では『 ガオガエンの横Bロープスイングで、ラリアットを発動させるやり方』を解説していきます!ぜひ参考にしてみてください! 横B(ロープスイング) 横Bのロープスイングには『 ラリアット』と『 ショルダースルー』と『 失敗』の3種類があります。 また、ロープスイングは受けた側が回避することは出来ません。 ラリアット ガオガエンが ラリアットを成功させるにはタイミングが重要です。 相手がロープから跳ね返って技を繰り出す時に『 タイミングよくAorBボタンを押す』ことでラリアットを発動させる事ができます。 また、ボタン連打ではダメです。 少しシビアなタイミングですので、トレーニングなどで練習した方がいいかもしれません。 しかし一回タイミングさえ掴めば割と簡単に発動する事ができます。 この戦法は使っている人が多いのでオススメです。 上の画像のように上に吹っ飛ばしてしまう人は『 AorBボタンを押すタイミングが早い』場合です。 失敗するよりは全然ましですが、こちらの攻撃力はラリアットに比べると大きく劣っています。 失敗 ガオガエンのロープスイングは『 AorBボタンを押さなかった』または『 押すタイミングが遅い』場合はロープスイングが失敗となります。 その場合、 相手と自分にダメージが入ります。 仮にラリアットを出そうと思って失敗した場合は仕方ないですが、絶対に失敗したくない場合は、連打でもいいのでAボタンかBボタンを押しましょう。 その場合は『ショルダースルー』になります。

次の

【スマブラ】【対策】ガオガエンに全く勝てないから誰か倒し方教えてくれww

ガオガエン 対策 スマブラ

難易度:苦労なし 全体27位 ステージ 終点 学べること ラインの詰め方、ターン継続の大切さ 所感 えふじだ 弱キャラ界のスーパースターことです。 vip前マッチではかなり良く見ますね。 当たったら内心ラッキーと思いながら戦ってみると横b下スマNB空nのうざいことうざいこと、、、でも足遅すぎるのと上の復帰力なさすぎて死ねとまでは思えないずるいやつです。 ランクは苦労無し。 かなり高いです。 やっぱり壊し性能高いキャラはvip行き易い。 こいつは投げコンあり横b刺さるわ下スマ刺さるわお願い横スマのバースト力もあるわ復帰ルートが大抵かなり上の方からでハント対象であるワンパ猿には復帰阻止されないわで相当vip行きやすかったです。 っていうか強くないですか?普通に。 足の遅さと復帰のやる気のなさは確かに致命的ですけど、技の性能自体はかなり良いし。 の世界は脚が速いやつがヒーローっていう小学生男子みたいな価値観でキャラランクが作成されてるんで低評価になりがちですけど、一回ターン掴んだら相当リターンでかいです。 ターン掴むまでが大変だって?うるせえ横B擦るぞ。 まあ、遠距離相手にするとちょっとね、、あれなんですけど。 でも横bで無理やりゴリれるから、ただのキッズにはガードステップで詰めて緊急回避で逃げたところに横b繰り返してればとりあえず勝てます。 個人的に初心者にもおすすめしやすいキャラです。 コンセプトがシンプルだし、コンボも簡単。 おっぱっぴーって言ってれば横B擦りで友達界隈ではNo1になれると思うし、足遅いっていうのはキャラを制動しやすいとも言えるし、何より同時押しSJ空中攻撃がほかキャラに比べて使えるものになってるのも良い。 下り空中攻撃のほうが強いキャラの多い中、こいつは上りでもまあまあ使えます。 というか場合によってはそっちのほうが使う回数多かったりもします。 24%です。 しかもバースト力も高い。 頭おかc。 移動距離は2ステップちょっと届かないくらいの距離感で、慣れないと絶妙に届かない距離になってます。 これで何度相手の目の前で醜態を晒したか。 連打だと上に飛ばします。 弱いです。 使い所あんのこれ? で「はい、オッパッピー」のリズムでやったらになるって見たんで試したらマジで笑いました。 こういうのを求めてたんだよ俺は。 ガエンと密着状態になる瞬間を狙うとかそんなクソみたいな情報要らねえんだよ。 三ヶ月何やってたんだマジでお前ら。 横B押してガエンが「ンン!」っていうタイミングで「はい、おっぱっぴー」って声に出しながら言うと当たります。 オンのあの微妙なトグ時間にでも試してみてください。 距離だったりキャラだったりで若干変わると思うんですけど、よしおの前ではそんなもの誤差です誤差。 これからガエン使いはおっぱっぴーおっぱっぴーって呟きながら撃ってください。 これ、の義務教育な。 で擦ってもまあまあ強いのがまた腹立つ。 0to deathしちゃってもワンチャンこれ擦ってれば逆転まであるからなマジで。 しかもおっぱっぴーってつぶやいてれば絶対になるんだからもう溜まったもんじゃない。 やべえな、この記事でSランクキャラになっちゃうじゃん。 どうしよう。 一応速度は抑えめになってるんですけど、多分オンだと最警戒してないと見てから邪魔にあいません。 6Fラグ保証を思いっきり活かしましょう。 それがガエンの生きる道です。 万一外しても、目の前でスカす以外だったら死ぬ気でジャンプボタン連打すれば大抵後隙狩られません。 それもまた腹立つ。 そして空N暴れに当たって展開悪くなったりしてな。 普通に強いと思うんだけどなこいつ。 足遅いけど。 ガードだと掴み通るのも勿論ガード張るのも時間かかるんで多分DAとか通りがちです。 ジャンプにしましょう。 それかもう一回横B擦るのも相手を苛つかせるのにいい感じです。 復帰にも使えます。 の6割を占める技ですね。 水分です。 一応爆発エフェクト分のカス当て判定はあるけどガード硬直も短いからガードされたらとリスキーなわざになってます。 こいつでピンポイントで崖につかめるようになったら一人前のガエン使いですね。 因みにおれは全く掴めません。 着地狩り拒否とかにも使えるのかなあ、、どうだろ、試したことはないけど足遅いキャラならあるかもしれません。 空Nで暴れたほうがよっぽど良いとは思うけど。 バースト力は優秀ですが、超密着状態じゃないとガーキャンからバースト確定しないし、ガードしたら多少距離って離れるんで相当その状況はレアだと思います。 着地部分生当てもリスキーすぎるし、なら横Bで良いって話ですしね。 不意打ちでワンポイントで使うことはあるでしょうけど、攻撃技としてはリスク・リターンがあまり噛み合ってない印象です。 にもかかわらず、この技キッズ大好きなんですよね。 地上でなんの前触れもなく急に擦りだしてくる。 なんでだろう。 わかんねえ、奴らの思考は。 そんなかっこいいかこのわざ?むしろダサくて?て。 今日び新日でも見ねえぞ。 くらう技によって倍増するダメージ量は変わりますけど、その極悪さはもうオンを狂ったようにやりこんでる当サイト読者なら身にしみるほどわかっていると思います。 これを成功させたガエンはもう凄い血眼になって横B狙ってきます。 あんなに意味わからん小刻みステップでパーキンソン症かってくらい落ち着きのなかったが凄い自身満々に真っ直ぐして来ます。 キッズなんかは延々横B擦り続けてたり。 笑える光景なんですけど割と当たっちゃうから笑えないんだよなマジで。 まあでも横Bがやばいってことは知れ渡りまくってるんで、それを踏まえた上でスマッシュ狙ったりとかの読み合いに持っていくのがこの技の真骨頂かなとは思います。 横Bばっかり取りざたされてるけど横スマのほうがやべえからな。 マジで。 リベンジが解除される条件もあって、投げられたとき、36%くらったとき、一分経過したとき(技を透かすたびに減る)らしいっす。 あとこの技三回まで重ねがけもできるんですよね。 飛び道具馬鹿みたいに擦ってくるやつにはこいつでプレッシャーを与えてお仕置きしてやりましょう。 二度とガエンに向かって飛び道具が打てないように念入りにトラウマを植え付けてやりましょう。 カウンターの特権着地狩り拒否にも使えて、しかもFE勢のそれと違って食らった場所次第ですかすとかそういうのもないんでそこも利点ですね。 後隙も少なめなんで積極的に振っていって良い技かとはおもいます。 やりすぎ注意ではありますが。 見たくないわざランキング三年連続トップ10入りの回転。 なにせ出処が見づらい。 発生もはやくていろんな技の後隙ごまかしに今日も元気に擦り続けられてますね。 密着状態なら19%とかいう高%、しかも四発くらい判定あってどこでガード解いていいかわかりにくい、ワンチャン途中でガード解いて当たったりとかよくある。 ほんとうざい。 これとか、の上Bとか、のNBとかさ、マジでそういう系の技くっそむかつくよなあ。。 ほんと。 読めったって。 最初の一発は当たるやろこんなん、糞がよ。 あとは崖上がりにも超有効。 崖際からちょっと離れたところで待機してればその場上がりにも回避上がりにも刺さる。 そんな感じでこの技意識させればあいてはジャンプ上がりしか択がないって思っちゃうからそうなったら読みあい有利。 崖際のはマジで強いっす。 ただまあ上記2つ以外の場面で使い所はないですね。 移動距離も短いんで、なんも無いところでぽんと出しても後隙かられてしまいです。 あと読まれてガードされたらです。 結構後隙は長いんで。 強い技は強いなりに弱点もちゃんとある。 あるけどうざいもんはうざい。 ガードもれるし。 割れるし。 下スマで誤魔化されるし。 マジでムカつくわ。 まじでやばい。 横B一発いれて空N暴れあたり一発いれたら軽量級なら崖際バーストするんじゃねえかな。 ワンチャン技ですね。 先端当てでクリティカル、それ以外は大した吹っ飛びじゃないと、SPの先端狂いはなんなんだという技。 amsaらない辺りが亀頭責めにはまったのか?だるいからやめてくれ。 にハマってくれ。 ハイリスク・ハイリターンを地でいく技です。 スカしたら大抵の技確定しますし。 これをこするガエンに当たったらラッキーと思って後隙を狩りに狩りましょう。 そういう奴は何回後隙を狩っても学習しないんで大丈夫です。 最大リターンなんて贅沢言わず、確実に入る技で確実に後隙を狩ってください。 崖上がり攻撃読みに絶大な威力を発揮します。 こういうスカす系の下スマってなんかやられたとき納得いかないですよね。 普通に読み負けてんだけど、なんか納得行かねえ。 というわけで相手のDA透かしたりとかもできるし、近距離で暴れながらワンチャンバースト狙いたいってときにも結構使い勝手が良いです。 横スマより信頼できるスマッシュ技ですね。 ただ後ろ方向への判定は想像以上に無いんで注意。 前から真下を狙いましょう。 後隙は長いけどガードさせられれば11f硬直なんで、2連続で振ってみたら意外と当たったりします。 相手あったまってんだろうなあと思いながらニヤニヤしてますね俺は。 逆にこの技ガードさせられたときは空Nか発生早い上B,上スマで反撃しましょう。 つかみは間違っても駄目です。 今作ガーキャンつかみ駄目な場面マジで多い。 発生、リーチ、後隙全部強攻撃の割に良くないんですけど、横強にあるまじきバースト力を誇ります。 ガエンの中では発生早い方なんで普通に横スマよりこっちのほうが大抵の場面で強いです。 立ち回りで使う技ではないですが、こういうバースト技があると一気に立ち回りが楽になります。 ありがてえ、、ありがてえ、、 崖際でこの技ガードさせて固めたら相手のガーキャン掴み読んで下スマとか結構はいったりしますんでおすすめ。 しかも発生もガエンの中では早く、リーチ、回転率も良い。 堅実に立ち回りたいガエンはよくこの技を振ってきます。 ガエンのDAバースト力あるけど発生クソ遅いから、からこの技振ったほうが強い場面も多いです。 というかほとんどの場合そう。 下強当てたらベクトル見ながらですけど低%なら上強が良い感じです。 空前は確定%帯広いんで使いやすい。 いずれにせよ使い勝手の良い技です。 例にもれずクソ強いです。 発生強いは範囲広いは判定も強いは持続長いは。 文句の付け所ない空Nです。 ガーキャン暴れ、着地暴れ、コンボの締め、とりあえずこれで飛び込んで見るなどなど、、一番ガエンで振る機会の多い技です。 上手いガエンは復帰阻止にこいつ使ったりするんですけど、俺は怖いんでできません。 リーチ判定ともに強くて発生も早い。 着地隙は14fと長め。 差し込み技としてよく使います。 先端あたりを当てるようにふればガードされても痛い反撃はもらいません。 こういうキャラは多少ダメージもらってもまず近づかなきゃ話にならないんで。 ただ擦りまくってると流石に読まれるんで注意です。 コンボパーツとしてもいいですね。 復帰阻止にも使えて、崖上から復帰してくる相手にこれ当てたらバーストしたってことも多いです。 あと先端だと空後よりバースト力高いです。 しかも意外と先端当たります。 下りで出すとなんか当たりやすい気がする。 ただ使用頻度高い分OPもかかりやすいんで、空後のほうが実戦だとバースト力が安定することは多々あります。 余談なんですけど、空前はCステで出す癖つけると良いです。 スティックだとどうしても相手に近づきながら出ちゃうんで、cステなら例えばその場ジャンプで急に空前とかそういう使い方もできて読み合いの択が増えます。 できてるかと言われれば、出来てないんですけどね。 発生早い、バースト力クソある。 リーチはちょっと短めなんですけど、比較的当てやすい部類の技です。 後隙も短めでブンブンできる。 なにより低リスクで振れるのが良い。 はバースト技だらけなのが強みなんで、微妙な距離でこいつ連射して、当てるゾ当てるゾ~~って感じでプレッシャーかけて意識そらしたところに横Bとか、横強とかよく入りました。 下投げは広い%で空前が確定、前投げはトブーメランで崖外出すのにクソ便利、後ろ投げのはバーストにもダメ稼ぎにも優秀(17%)、空上はバーストにも使えれば低%なら空上にも繋がると、使えない投げが無いです。 ただ発生は遅いしつかみは超リスキー。 特に固め易いキャラでもなくなんなら横bの存在のおかげでガード誘いづらいから、使いどころは見極めが必要。 ・弱 5f 《B》 下強と選択で。 まあ5fなら悪くはないけどリーチは短いし弱界隈では弱い。 横bの存在ちらつかせたあとだと通り易い。 バ難時のバースト宅。 下強からのコンボパーツとか?あんま使わなかったから知らん。 普通に問題なく優秀。 範囲後隙ともにいい感じ。 速いし。 対空、コンボパーツにと頼る場面はまあまあ多め。 空上しっかり使えたら飛び込み処し易くなるし密着拒否もしやすくなるからおすすめ。 結構こいつでメテオ決められたりする。 ガーキャンからとか飛び込みながらとか、急に差し込んでみると美味しい思いできるかも。 メテオは、チャンスがあれば。 個人的には行かない方が丸い。 立ち回り とりあえず近づきましょう。 近づかなきゃ話になりません。 ガエン相手にしてわざわざ近距離まで来てくれる人はいないし、空から美少女は降ってこないし、ある日突然に転生してチート能力を手に入れられることもありません。 自分から動かなきゃ世界は変わらないんです。 よく小刻みパーキンソンステップで圧かけながら徐々に近づくガエンいるんですけど、あれやってるひと大抵上手そうな不利した弱者なんで適当にDAなりなんなり差し込んだらあっさり当たったりします。 自分がよくやるのはオーソドックスにステップガードで徐々に近づく、ワンチャン横Bで差しこむ(大抵失敗に終わる)、飛び込み空Nで無理やり近づくあたりですね。 飛び道具持ちはステップガードからの飛び込み空Nがやっぱり多いっすね。 っていうかそれ以外で良い近づき方あったら教えてくれ。 近づいたら投げ、下強からのコンボで火力とるのが安牌ですね。 まだ横B振るのは早いです。 我慢しましょう。 とりあえず近距離戦に持ち込めたらごちゃごちゃするのを嫌がって相手は距離を取りたがるはずです。 キッズなら大抵コロコロと女の子回避で逃げていきます。 そしたらもう横Bを擦りに擦りましょう。 一度横Bが当たってしまえばもうこっちのものです。 あとはターンを逃さないように積極的に低リスクの技(空N、下強、上強)中心に立ち回って圧かけながら横Bで%稼ぎましょう。 NBで暴れるのも有りです。 バーストは横強、横B、下スマ、空後がメインですね。 状況に応じてで。 正直、堅実な立ち回りとターンとったとききっちり詰めることを理解してれば格下相手にそうそう負けることのないキャラだとは思います。 だからあんまり特別な立ち回りって無いんですよね。 いざとなれば横Bこすっておっぱっぴーって言ってればいいし。 ただキャラ相性の激しいキャラなんで、無理なキャラは無理です。 それはもう諦めましょう。 特にヤンリン、おめーだよおめー。 聴いてんのかコラ。 キャラ対策 ・ネス PKファイアは空N差し込みで回避しながら有利展開持ってけるんで狙いましょう。 空中攻撃には付き合わず、とりあえずこっちが追いかけ続ける展開にならないように中~近距離は維持するようにしましょう。 横BはPKファイアで止められるリスクあるんで擦り過ぎに注意。 着地狩りに合わせるのが安牌かな。 バーストは空中攻撃ガードしてガーキャン上スマが多かった記憶があります。 ・ 体重軽いんで積極的にワンチャン狙っていきましょう。 ファントムには付き合わない。 無理にジャンプで近付こうとするとネールならまだしも引き横スマとか痛い反撃くらうんで注意。 ファントムはそんな連発できないんで徐々に近づいていけばいいです。 というかむしろ中距離くらいになったら何故かあっちから近づいてくれるが多いです。 ほんと使いはばっかだな。 そこに横B合わせてもいいし、DAでガードで反撃狙っても良い。 DAガードしたら99%の確率でネール撃ってくるんで、そこまできっちりガードしたら後は好き放題やってください。 ただ横スマは間に合いませんので注意。 冷静で上手なに対してはガエンで当たったこと無いんでわかんないす。 多分不利。 がんばれ。 ・スネーク 無理。 ワンチャン手生成の隙を狙って横B擦りとか。 DAワンパキッズならDAジャンプかなんかで避けて横B擦っていけ。 浮かされたらリベンジリベンジアンドリベンジ。 あとは空N暴れ。 場合によるがあんまり崖に逃げるな、が飛んでくる。 ・ 泥沼の戦いっすね。 立ち回りで勝っていくしかないです。 最近上手い使いもちらほら見るんで。 まあまだまだの割合が高いけど。 余談ですけど上手い使いってマジ上手いんすよ。 キャラ愛が尋常じゃないんで。 何をそこまで惹かれる要素があるのかわかんないですけど、シリーズ通してずっと使ってるって人多いんですよね。 マジでこっちの行動全部読まれてる感が凄い。 やってて気持ちよさすらありますからね。 のDA下Bに横Bだと勝てないんでそこはガードかジャンプからの反撃できっちりリスクつけましょう。 に関しては横Bあんまこすんな方が良いです。 リーチで負けてるんで、後出しを意識して立ち回っていきましょう。 ただ着地隙マジ少ねえんだよなあ。 空Nこすられたら付き合わない。 空前狙ってきたらその場回避。 ワンステップ分の距離でガード固めてきたら横Bで崩し。 基本的なことしかかけませんけど、そんな感じで立ち回ってれば勝てるかと思います。 リーチとかワンタッチの火力はのが上ですけど、バースト自体はガエンのほうが簡単だと思うんで、そこの強みを押し付けていきたいです。 横bはそんな飛距離ないから、ギリですかさせて分からせろ。 横bにせよ掴みにせよ大体反応できないしリスクでかい。 離れるか近づくかハッキリしろ。 でそれされると、めっちゃ嬉しい。 横bからどうせ使ってくるから、それに合わせて何か技おけ。 下から上b復帰は、基本早くて間に合わないからキャラによるけどやめとけ。 復帰そうやって潰してたら時々上b早出しで直接ステージ戻ってくるやつおるけど、大体爆発に巻き込まれるからガードしてから反撃しろ。 コンボ 下強(下投げ)空前 お手軽 下投げ空上空上 上手い人に実戦で入れられた 下強上強空N ダメージ高くて有利状況継続できる。 バーストライン(終点初期位置OPほかほかなし) 横強 120 上強 192~200 空前(先端) 149 それ以外 163 空後 156 空上 180 上スマ 125~128 横スマ 61~65(先端) 密着 58 下スマ 98 横B(崖方向)120-130 グ 170 上B 密着状態あて 100 着地部分のみあて 124 投げ(崖際) 前 148 後ろ 101~112 崖近くじゃないとネスと違ってバーストしないです 上 160~170 参考:マリオ 140ー150 DA 150 fjihole.

次の

ガオガエン (SP)

ガオガエン 対策 スマブラ

コンテンツ• スマブラSPのガオガエンの評価は? ガオガエンはプロレスラーをモチーフにしたポケモンシリーズから参戦のファイター。 ラリアットやえんずいぎりなど技の多くがプロレス技で、一部技は相手にヒットすると自動でアピールをする面白い仕様もあります。 飛び道具は所持せず己の肉体のみでスマブラをしますが、 一度流れを掴んだ時の火力は圧倒的。 下強攻撃や上強攻撃を起点にしたコンボから火力を稼いでいき、爆発的な吹っ飛ばしを誇る横スマッシュ攻撃を当てて早期撃墜を狙いに行きましょう。 ガオガエンの猛攻を恐れて守りに入った相手には、 シールドを無効化出来る横必殺技のロープスイングで崩す事も出来るので、とにかくガンガン接近戦を挑めるのがガオガエンの魅力。 下必殺技のリベンジは、 相手の攻撃を受けると次に与える攻撃の威力を高める恐ろしい性能を持っているので、どんな試合状況からでも一発逆転を狙えるのもガオガエンが人気である理由と言えるでしょう。 ただし、ガオガエンは とにかくダッシュが遅く機動力に欠けるのがネック。 相手が空中横移動の性能に優れたのようなファイターだと、技を当て逃げされるだけでもかなり苦しい展開を強いられてしまいます。 いかに相手の動きを読んで、 的確な場所に技を置けるかどうかがガオガエン使いの腕の見せ所であると言えるでしょう。 接近戦をガンガン仕掛けに行けるファイターをお探しであれば、ガオガエンをおすすめします。 ガオガエンが地上で出せる技の中では最も発生が早く、地上でとっさに暴れたい時に使い勝手が良いです。 技を出すごとに前に進んでいく特徴があるため、弱1段目のすいへいチョップが当たらなくても2段目のニーバットが繋がる事もしばしば。 ただし、弱攻撃は相手に考える時間を与えてしまう技でもあるため、 シールドをされるなど当たらないと早めに判断出来たようであれば、出し切らずに逃げるなどの対応も大切です。 横強攻撃(じごくづき) 横方向に地獄突きを繰り出す技で、技を出す瞬間にスティックを上下に倒せば角度を変える事も出来ます。 強攻撃の中では威力がかなり高く、崖付近であればのような重量級ファイターでも100%程度で撃墜してしまうほど。 主に相手を崖に追い詰めた時の試行回数を稼げる撃墜手段として狙って行きましょう。 お互いにシールドを貼った状態からぶっ放すのも良し、 引きステップから相手のダッシュや暴れを読むのも良し、ガンダッシュを仕掛けてブレーキモーションから通しに行くのも良し。 上強攻撃(ジャンピングヘッドバット) 軽く飛び跳ねながら頭突きを喰らわせる技。 攻撃範囲が広く、ガオガエンの頭上だけでなく前後にも攻撃判定があるため使いやすいです。 主に 相手と接近戦になった時の暴れとして狙って行きましょう。 ヒットすると真上に飛んでいくため、もう一度上強攻撃を打ってみたり上空中攻撃にコンボに繋げて火力を稼いでいきましょう。 発生も比較的早いので、強気に暴れに行ってもある程度は問題ありません。 ガオガエンの前側で当てた時の方が後ろ側よりもコンボに繋がりやすくなるため、基本的には 相手に対して正面を向いた状態で狙いに行きます。 下強攻撃(すいめんげり) 相手の足元をすくうように蹴り上げる技。 2ヒットするだけで20%以上も稼げるお手軽コンボなので、地上で相手と密着したらまずは下強攻撃のすいめんげりを通す事を考えていくと良いでしょう。 相手と密着した時の暴れの他、しゃがみながら待機をして相手が突っ込んできたのを見てから当てるといった使い方も可能です。 下強攻撃自体は全然吹っ飛ばせる技ではないので、 100%以上であったとしてもコンボに繋がります。 崖付近で前空中攻撃に繋げればそのまま撃墜も可能です。 ダッシュ攻撃~各種スマッシュ攻撃 ダッシュ攻撃(ジャンピングニーバット) ダッシュをしながら飛び膝蹴りを相手に当てに行く技。 技の出始め部分で当てた時が最も威力は高いですが、持続部分にも攻撃判定があるのでなかなかに使い勝手が良いです。 ガオガエンはダッシュ速度がかなり遅いファイターなので、ジャンピングニーバットは 差し込み技として大活躍してくれます。 主に、地上で相手の隙を伺いながらステップから狙いに行ったり、着地に合わせて根元or持続を当てに行くのがおすすめの使い方。 相手がガオガエンの様子を見ながら中距離を維持しているようであれば、唐突なダッシュ攻撃で崩しに行くと良いでしょう。 横スマッシュ攻撃(えんずいぎり) プロレス技のえんずいぎりを喰らわせて攻撃するスマッシュ攻撃技。 根元よりも先端の足先で捉えた時のダメージはかなり高く、具体例を上げれば クッパの横スマッシュ攻撃と同程度の吹っ飛ばしを誇ります。 攻撃をする瞬間に一歩前進する特徴があるため、密着した状態から暴れとして出すよりも、 相手と少し距離が離れている位置での置き技として使うと機能しやすいです。 相手のダメージが70%近くになってきたら、ステップで相手を揺さぶりながら一点読みでえんずいぎりを当てに行きましょう。 上手く当てられれば試合の流れを大きくガオガエン側に引き寄せられるはず。 上スマッシュ攻撃(ハンマーナックル) の前空中攻撃もハンマーナックルですが、ガオガエンの場合は両手を組み、下から上へと振り上げるように拳で攻撃をする技。 この利点を活かして、基本的にはダッシュから仕掛けて、地上にいる相手や小ジャンプで様子見をしてくるような相手に狙ってみましょう。 上から攻めてくる相手にハンマーナックルを狙う場合は、真下に潜り込むのではなくほんの少し斜めで待機して置くようなイメージで振るのが上手く当てるコツ。 下スマッシュ攻撃(ボディプレス) 地上で軽く飛び跳ねた後、ボディプレスをして相手にダメージを与える技。 の下スマッシュ攻撃とモーションは似ていますが、ガオガエンのボディプレスには衝撃波が無いのが特徴となっています。 このボディプレスは吹っ飛ばしが強いのはさることながら、攻撃をする直前に飛び跳ねるため 相手の攻撃をかわしながらボディプレスを当てる事が出来ます。 などの身長が低いファイターが地上で技を振って来た時などが狙い目。 特に色んなファイターの下強攻撃はだいたいかわせるため、接近戦のごちゃごちゃした展開でいきなりぶっ放していくのもかなり強いです。 スマブラやスマホの見過ぎで目に疲れを感じていませんか? 強くなるためには毎日の練習と同時に、 疲れ切った目をケアして上げる事も大切! テレビCMでもお馴染み、ファンケルからの【えんきん】で頑張った目にご褒美を! 各種空中攻撃 通常空中攻撃(フライングボディアタック) 空中でボディアタックをして相手に体当たり。 お腹だけでなく全身に攻撃判定があるので、 近距離から小ジャンプで暴れたり上から強引に押し潰していくのが一般的なフライングボディアタックの使い方となります。 発生もかなり早い技なので、シールドを貼っているガオガエンに対して相手が攻撃してきたようであれば、小ジャンプから反撃を取る事も出来ます。 特に繋がるコンボこそ無いものの、 機動力の乏しいガオガエンにとって必要不可欠な技なので、適度に振って細かくダメージを稼いでいきましょう。 前空中攻撃(ドロップキック) 空中で前方に向けてドロップキックをして攻撃。 根元よりも先端で当てた時の方が、ダメージ&吹っ飛ばしが強くなるのが特徴です。 の後ろ空中攻撃のモーションもドロップキックですが、 ガオガエンの場合は持続部分が無く攻撃判定があるのは技を出した瞬間のみという事だけ注意しましょう。 基本的には前方向へのリーチの長さを活かし、ジャンプしたor空中に浮かした相手に対する差し込みとして使っていくのがおすすめ。 相手がガオガエンのロープスイングを警戒して上に逃げるのを読み、ドロップキックを上手い事噛み合わせていきましょう。 後ろ空中攻撃(ソバット) 空中で振り返りながら後方に蹴りを喰らわせる技。 前空中攻撃よりも吹っ飛ばしが強いので、こちらのソバットは 崖際に追い詰めた時の撃墜手段として狙って行きたいところ。 相手が地上でシールドを固めているようであれば小ジャンプから先端を押し付けて行ったり、シールドが小さくなってきてジャンプをしそうな気配を感じたら大ジャンプから狙いに行くなどがおすすめです。 上空中攻撃(あびせげり) ガオガエンを軸に弧を描くように上方向に蹴りを浴びせる技。 与えられるダメージこそガオガエンにしては物足りなさがあるものの、発生が早く後隙が少ないのでの上空中攻撃のように浮かした相手にガンガン追撃に行く事が出来ます。 下強攻撃や上強攻撃を起点にしたコンボの繋ぎとしても優秀。 一度浮かせたら最低でも3発は当てる意識で、あびせげりを狙ってどんどんダメージを稼いでいきましょう。 ガオガエンは脚が遅いので、 斜め前に浮いているようであれば無理して狙わずに着地を狩りに行く立ち回りも頭に入れておきましょう。 下空中攻撃(メテオストンピング) 脚を丸めた後、真下にいる相手を踏みつけて攻撃する技。 クリーンヒットをすればメテオ判定となり、空中で当てれば相手を真下へと叩き落とす事が出来ます。 ガオガエンは復帰が強くないファイターなので無理をして狙いに行く必要はありませんが、相手の復帰が完璧に読めた時などにメテオストンピングを当てに行きましょう。 また、地上にいる相手にメテオ判定を当てる事が出来れば、 %次第ですが上スマッシュ攻撃などの強力な技を叩き込む事も出来ます。 100%近い相手には撃墜出来る可能性もあるため時には狙ってみましょう。 各種投げ攻撃 前投げ(タイガースイング) 相手を掴んでジャイアントスイングで前に投げ飛ばす技。 相手を崖に追い詰めた時などに使っていきましょう。 後ろ投げ(ジャーマンスープレックス) ガオガエンが崖を背負っている時に掴んだらジャーマンスープレックスを使いましょう。 吹っ飛ばしが強いので撃墜技としても機能してくれます。 上投げ(タイガーブリッジ) 投げられた相手は真上に浮きます。 特に繋がるコンボはありませんので、安定したダメージを稼ぎたい時などに。 下投げ(のどわおとし) ガオガエンが掴んだら基本的には下投げをして行きましょう。 各種必殺技 通常必殺技(DDラリアット) 腕をぐるぐる回してラリアットを喰らわせる技。 技を出している時にスティックを左右に倒せば、わずかではありますが移動する事も可能です。 弱攻撃並みの発生の早さを活かし、主に接近戦での反撃を取る手段やどうしようも無くなった時の暴れとして使っていきましょう。 初段は1発19%近く入るので上手く反撃が取れればかなり美味しいです。 の回転斬りなどは一度シールドされてしまうと攻撃判定は無くなってしまいますが、ガオガエンのDDラリアットは シールドを貼られても次の攻撃判定を喰らわせられるので、最大反撃を貰いにくいのが強みとなっています。 横必殺技(ロープスイング) 真横にダッシュをし、相手をキャッチしたら反対側のロープに投げつける技。 ロープに投げた後はBボタンを押すタイミング次第で出る技が変化し、早めに押せば上へと突き上げ、ピッタリのタイミングで押せばラリアットをし、遅いor何もしなければ衝突をして両者ダメージを受けてしまいます。 主に 地上でシールドを固める立ち回りが多い相手を崩す手段として使っていきましょう。 特にラリアットはロープスイングを繰り出した方向に飛ばす事が出来るので、崖際に追い詰めた時などは狙いに行くチャンス。 崖際であれば90%もあれば大抵のファイターは撃墜してしまいます。 上必殺技(クロスチョップ) 上昇した後、向いている方向の斜め下に向けてクロスチョップを繰り出して攻撃。 斜め下への急降下はスティックの入力で角度を若干変える事も出来ます。 最初の上昇で直接崖を掴んで復帰をするのも良いですが、時には ステージの横から上昇をしてステージ上に戻ってくる復帰方法も試し、相手の復帰阻止のタイミングをずらしていきましょう。 下必殺技(リベンジ) カウンターの構えを取り、身体が点滅している時に攻撃を受けるとリベンジモードに入ります。 カウンター時に貰ったダメージが高ければ高いほど、次に与えた攻撃技の威力を強くしてくれるのが特徴となっています。 技は外してもリベンジ状態が解かれる事はないので、試行回数を稼ぎながら強力な技を叩き込んでいきましょう。 一撃を狙いに行くのであれば横スマッシュ攻撃を始めとした各種スマッシュ攻撃、安定したダメージを稼ぎたい時には後ろ空中攻撃、リベンジ技を警戒してシールドが多い相手にはロープスイングからのラリアットがおすすめです。

次の