精神 分裂 病。 統合失調症

精神病性症状 ≠ 精神分裂症_精神病性症状_精神分裂症_精神病性障碍_抗精神病药_医脉通

精神 分裂 病

抱歉这个热搜大概是前几天的,我就反应及其慢,才想起来写这篇专栏。 当时看到这个热搜的时候就觉得自己的智商被按在地上来回摩擦……. 首先青春型精神病是什么??? 对不起精神病是很多病的合称,它包括精神分裂症,双相情感障碍,人格障碍,抑郁症等等等,所以这个青春型是不可能将所有精神病定性的,这本身就是一个不存在的说法。 其次我们来说青春型是什么。 其三,咱们说说间歇性精神病是个啥,字面意思来说间歇性对应的是持续性。 精神病作为一个慢性疾病,是不会持续发作毫不停歇的。 这个意义上来说,所有精神病都是间歇性的(个人观点)。 我又要拿高血压做例子了,高血压大家都熟悉,它是慢性病,需要靠药物,需要保持情绪平稳和心脏的相对健康,保持血压的相对稳定。 没有高血压的患者持续犯病的吧?持续犯病的高血压患者是不能正常生活的,同理持续犯病的精神病患者,也不能够正常生活。 最后,咱来唠唠花痴。 花痴按照普通人的认知来说,对年轻漂亮的男性或者女性的爱慕。 我还没辞职的时候,也被钟情过,那个病人吃饭也不好好吃,总回头看我,然后笑的还挺瘆人的,我一般就躲的远远的,有一天科室另一个医生看他不好好吃饭就在那傻笑,他就去问病人笑啥,然后他指着我说要和我结婚……我后来就能离他多远就多远了哈哈哈哈哈;我还见过病人天天向外望,问他看啥呢,他就说范冰冰马上就来接他出去了哈哈哈哈哈哈,说实话我也挺想看范冰冰的,但是后来科室新来了个护士,那个病人就换了钟情对象天天缠着小护士去了;还有比如在女病区的男医生人均必会收到至少一封女病人的情书,每天都有好多女病人围着转,想体验后宫佳丽三千的可以去做精神科的大夫哈哈哈哈哈哈。 本文为我原创 本文禁止转载或摘编• 精神分裂症.

次の

精神分裂病とは?

精神 分裂 病

精神分裂病とはどんな病気なのでしょうか? また、ここでは、精神分裂病の患者さんやそのご家族にをお伝えします。 ------------------------------------ どんな病気か(青年期に発症する) ------------------------------------ 10歳代後半〜30歳代前半の間に発症し、徐々に進行します。 症状は、幻覚、妄想のほか、無為(意欲が低下し、何もしなくなる)、自閉(他人と交流を持たなくなり引きこもりがちになる)がおこってきます。 人格も、病気になる前と比べて、創造的で生き生きした部分がなくなります。 ---------------------------------- 原因(内因性の精神病) ---------------------------------- およそ120人に1人の割合(0. 8%)で発症します。 かなり高い頻度であり、けっして「珍しい病気」ではないのです。 脳内の神経と神経の間ではたらいている物質が関係しているといわれていますが、明らかな原因はまだわかっていません。 ストレスや環境の変化など、外部の因子でおこったのではなく、脳の中に原因があるという意味で、精神分裂病と躁うつ病は、内因性精神病ともいいます。 両親の一方が精神分裂病の場合、その子供が精神分裂病になる割合は約16%といわれ、一般人口中の精神分裂病になる割合より高いことから、発症には、ある程度遺伝が関係していると考えられています。 しかし、一卵性双生児の一人が精神分裂病であっても、もう一人が精神分裂病である確率は100%ではなく、約60%であり、このことは、精神分裂病の発症には、遺伝だけではなく、それ以外の要因も関係していることを示しています。 ------------------------------------------ 症状(幻覚、妄想、意欲の低下が主症状) ------------------------------------------ 幻覚、妄想、意欲の低下がおもな症状です。 そして、幻覚、妄想、興奮などの派手な症状(陽性症状)と、意欲の低下、自閉、感情鈍麻といった目立たない症状(陰性症状)に分けられます。 病気の初期には、陽性反応が主体ですが、徐々に陰性反応が主体になってきます。 抗精神病薬は、陰性症状よりも、陽性症状によく効きます。 陰性症状に対しては、薬物療法だけでなく、作業療法やデイケアなどを行っていきます。 知覚の内容によって、幻聴、幻視などに分けられます。 たとえば、「人の声が聞こえる」(幻聴)、「物が見える」(幻視)などと訴えます。 精神分裂病でもっともよくみられる幻覚は、幻聴です。 幻聴の多くは人の声です。 話される内容はさまざまですが、「 ・・・しろ」と命令したり、本人の悪口や本人を迫害するような内容が多く、このことで患者さんは非常に不安な気持ちになったり、被害妄想を抱いたりすることがあります。 周りの人が、「それはちがう」と説得しても、訂正できません。 内容によって、被害関係妄想(無関係なことを自分自身に関係があると被害的に確信したりします。 たとえば、「あの人がせきをしたのは自分へのあてつけだ」など)、注察妄想(「誰かから家の中を監視されている」など)、被毒妄想(「食べ物に毒を入れられている」など)、血統妄想(「自分は天皇家の子孫だ」など)、誇大妄想(「自分はすごい発明をした」など)と名前がつけられています。 程度の差はありますが、多くの患者さんにみられます。 仕事をてきぱきできなくなるという軽いものから、学校や職場を休みがちになる、家でごろごろするようになる、入浴をいやがったり、身の回りをかまわなくなるなどさまざまです。 意欲の低下がひどくなると、1日中ボーッとして、ほとんど何もしない状態となり、これを「無為(むい)」と呼んでいます。 友人との付き合いを避け、家にこもりがちとなることで、気がつかれます。 テレビをおもしろく感じなくなったり、笑顔がみられなくなったり、悲しいときも平然としていたりします。 よくみられるものに、「思路弛緩(しろしかん)」があります。 話が徐々に別の話題にそれていったり、唐突に別のことを言いだしたりします。 重症になると、他の人にはまったく話しの意味が理解できない「滅裂思考(めつれつしこう)」になります。 病気の初発症状や、再発するときの最初の症状であることが少なくないので、注意が必要です。 身体面には何も異常がないのに、動悸、頭痛、倦怠感などの、いわゆる身体愁訴(しんたいしゅうそ)を訴えることもあります。 しかめ顔(顔をしかめる)、ひそめ眉(眉をひそめる)がみられることもあります。 感情がにぶくなる感情鈍麻のため、顔の表情が乏しくなります。 --------------------------- 経過 --------------------------- 経過はさまざまですが、 最初は幻覚や妄想、落ち着きがない状態で始まり、薬物療法で幻覚や妄想がおさまっても、その後で意欲の低下した状態が続く場合が多くあります。 薬物をやめてしまった後や、ときには薬物服用中でも、ふたたび落ち着かない状態になり、病気が再燃(再発)することがあります。 このような再燃は何回かくり返すことがあります。 意欲の低下や自閉は、経過とともに徐々に強くなっていき、病気になる以前より人格の水準が落ちます。 これを「欠陥状態」と呼んでいます。 ほぼ完全によくなる場合が3分の1、欠陥状態になる場合が3分の1、人格の荒廃をきたす場合が3分の1といわれています。 ----------------------------- 治療(薬物療法が主体) ----------------------------- 薬物療法が治療の主体です。 抗精神病薬という薬を飲みます。 この薬は、とくに幻覚や妄想によく効きます。 幻覚や妄想が薬で消失した後に、軽度の抑うつ状態になることがあります。 抑うつ状態が改善しても、意欲の低下した状態が続きます。 この時期には薬物療法に並行して、軽作業やレクリエーションなどを行なう、作業療法やデイケアに通うなどして、意欲や自発性の低下を改善するようにします。 抗精神病薬の副作用として、手足の動きがかたくなったり、手の指が細かく震えたり、足がむずむずしたりする症状がでることがあります。 このため、パーキンソン病の治療に使う薬を飲んで副作用を防ぎます。 また、便秘、眠け、目が見えずらいといった副作用が出ることもあります。 このような症状がでたときは、医師に相談して、副作用を防止する薬をだしてもらったり、薬を調節してもらったりします。 副作用がでたからと言って、勝手に薬を中断するのはやめましょう。 薬は再発予防の効果もあるので、病状が落ち着いても、飲み続けることが多いのです。 病状が落ち着いた時期でも、良くなったからと言って、薬を勝手にやめないようにしてください。 心理的にはたらきかける精神療法(心理療法)も、薬物療法や作業療法に並行して行われます。 身体的治療法の電気けいれん療法は以前に比べて、行われることが少なくなりました。 -------------------------------- 家族はどう対応すればよいか -------------------------------- 病院で診察しても、すぐに精神分裂病と診断できないこともありますが、この場合は医師が経過をみていきます。 精神分裂病のような症状をだしながら、別の病気(脳炎、脳腫瘍、その他のからだの病気)が原因のこともあります。 精神分裂病の症状が軽いときや、家族が家で看られる場合は、外来治療になります。 患者さんの苦痛がひどいときや、症状が激しく家族が家で看られない場合は、入院になります。 「 精神分裂病」といわれた場合、非常に驚くでしょうが、前でも述べたようなまれな病気ではありません。 就職などなんらかのストレスの後で発症することもありますが、これはあくまでも引き金でしかないと考えられます。 ストレスや環境とかの外的要因でおこる病気ではありません。 ましてや、親の育て方が悪かったためにおこった病気ではないのです。 病気はよくなったり悪くなったりをくり返すことがあるので、あまり一喜一憂しないほうがよいでしょう。 どっしり構えてください。 そのほうが家族も疲れませんし、患者さんにとってもよい影響を与えます。 精神障害者対象の福祉関係の制度も、積極的に利用するとよいでしょう。 条件を満たせば、障害基礎年金の支給が受けられます。 通院費の公費負担や精神障害者手帳の交付制度もあります。 かかりつけの病院、保健所、役所の国民年金課などで相談してみてください。 なぜなら、精神分裂病はストレスや環境の変化などの外的要因でおこる病気ではないからです。 そこで、どんなケースでお役に立てるのかあげておきます。 【当ルームがお役に立てるケース】 1.投薬療法をおこない、ある程度病状が落ち着いているケース 例) 幻覚や妄想が目立たなく、普段の日常生活をおくれている 2.精神分裂病患者のご家族の精神的なサポート 例) 家族の誰かが精神分裂病の症状がでているものの、本人が病気でないといいはり、病院の受診や治療をいやがっている場合のご家族のサポート(アドバイス) その他、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。

次の

似ている統合失調症と精神分裂病の違いって?

精神 分裂 病

虽然精神疾病有上百种,但是对于精神科临床工作中,主要就是处理以下几种:精神分裂症、双相障碍、抑郁症、失眠、强迫症,也就是说,处理的疾病比较单一,按理来说,天天治疗这几种病,对于以上疾病的诊断、鉴别和治疗应该算是轻车熟路吧。 但里面让咱精神科医生感到棘手的一点就是,怎么鉴别精神分裂症和伴有精神病性症状的情感障碍?因为两者都是伴有精神病性症状,若不长期进行观察,基于症状学的诊断,误诊的风险还是很大的。 因为对于两者的鉴别,这一直是精神科老大难的问题,究其原因,莫过于目前没有客观诊断,不能像其他科室一样根据脑影像学、实验室指标来辅助诊断,因为精神疾病更倾向于一种功能性疾病,或者说是需要精度更高的脑影像学工具才能检测出。 所以,今天就针对精神科最容易误诊的两个疾病入手,来谈一谈对两者鉴别的一些经验。 一般而言,我们鉴别诊断是从二方面来考虑:临床症状和疾病过程。 精神分裂症与情感障碍鉴别点(一):临床表现 精神分裂症与伴有精神病性症状的双相障碍的临床表现上相似之处在于,两者都可有妄想或幻觉,但都有其各自的特点。 伴有精神病性症状的双相障碍:其妄想的特点并不像精神分裂症的妄想特征(原发性或荒谬性)。 我们都知道双相障碍有两个极端,一个抑郁发作,另外一个是躁狂发作,而两个极端伴有的精神病性症状主要表现为以下特点:• 伴有精神病性症状的抑郁发作:可以表现为精神病性症状的内容与抑郁心境相协调的,也就是,妄想内容与心境相一致的妄想,如无价值妄想、灾难妄想等;妄想内容与心境不一致的,如被害妄想和自我援引妄想等。 不管是协调还是不协调的,但是其特征都不是精神分裂症妄想那般荒谬离奇。 伴有精神病性症状的躁狂发作:其特点主要是早躁狂发作的顶峰时,患者可能会出现幻觉或妄想,但是其情感高涨和情感变化,都是与思维内容是相一致的。 精神分裂症:虽然患者也有兴奋躁动的表现,但是其情绪变化和思维内容与环境是不一致的,其动作也很单调刻板。 精神分裂症与情感障碍的鉴别点(二):病程和预后 从这两个疾病的自然病程和预后上看,它们有显著的差别。 精神分裂症:是一种阳性症状波动并减少,阴性症状波动并加重,逐渐进入一种特别的衰退状态,即所谓的「早老性痴呆」,但是其智力相对保持较好,与真正的痴呆不一样。 整个病程表现为进行性加重,社会能力逐渐减退,所出现的阴性症状基本上不能通过药物或者训练改善。 罕见有自然缓解。 情感障碍:兴奋症状,抑郁症状或者兴奋抑郁混合存在。 一般表现为反复发作,可以自然缓解(回到正常基线),尤其是前几次发作常常可以自然缓解。 其中双相情感障碍还具有两种完全相反的症状(兴奋,抑郁)交替发作的病程特点。 一般而言,情感障碍虽然可以历经多年,并且经历多次发作,在十余年以后仍然能够保持社会功能与人格的基本完整。 所以说,发作-缓解-基本没有衰退,是区别情感障碍与精神分裂症的关键。 如果在整个病程中还出现二种完全相反的症状发作,那么诊断就更加容易做出。 一般而言,与精神分裂症相比,对于那些伴有精神病性症状且间歇期很短的双相障碍更容易被误诊。 在有药物治疗的情况下,这两种疾病的病程情况可能有所不同,但是基本趋势还是不变的。 尤其是在治疗不足的时候(事实上,我们对这两种精神疾病常常是治疗不足),它们的病程特点仍然十分明显。 所以在发病多年以后我们的诊断就会比较容易。 原因在于:精神分裂症是一个相对「恶性」的过程,预后不良。 当然任何时候疾病都是有特例的,这就是我们不可能百分之一百的作出正确诊断的原因。

次の