ドラパルト 最強。 【ポケモン剣盾】マスターボール級1位!ドラパルト入りポケソルパの使い方

【ポケモン剣盾】ドラパルトの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

ドラパルト 最強

ドラパルト ステルスポケモン ガラルNo. 397 ぜんこくNo. 887 高さ 3. 0m 重さ• 0kg• けたぐり威力80 タイプ• 英語名• Dragapult タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 50で『ドラメシヤ』から進化• 相手の『オーロラベール』『リフレクター』『ひかりのかべ』『しろいきり』『しんぴのまもり』『みがわり』の効果を受けない。 技が無効化された場合や、自分が『みがわり』状態の場合は発動しない。 相手が2匹いる場合は、それぞれに1回ずつ攻撃する。 ただし、技『まもる』やタイプ相性などでダメージを与えられない時は片方に2回攻撃する。 相手が2匹いる場合は、それぞれに1回ずつ攻撃する。 ただし、技『まもる』やタイプ相性などでダメージを与えられない時は片方に2回攻撃する。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 消えている間はほとんどの技を受けない。 相手の『まもる』『みきり』『たたみがえし』『トーチカ』『キングシールド』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 なお、第7世代以降は相手が『ちいさくなる』を使っている時の必中2倍効果はない Lv. 相手が『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 空中にいる間は『うちおとす』『かぜおこし』『かみなり』『サウザンアロー』『スカイアッパー』『たつまき』『ぼうふう』以外の技を受けない。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『ほのお』タイプには無効。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 水中にいる間は『なみのり』『うずしお』以外の技を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 消えている間はほとんどの技を受けない。 相手の『まもる』『みきり』『たたみがえし』『トーチカ』『キングシールド』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 どの状態異常になるかはランダム。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 自分と味方1体の位置を交代する。 ダブルバトル用。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 また、相手の『こおり』状態を治す。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 攻撃後、相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 ダイマックスしている相手には追加効果は無効。

次の

ドラパルト|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ドラパルト 最強

皆さんこんばんは、バイソンです。 今回はシングル環境最強格のドラパルトについて解説していきたいと思います。 このは型の種類が非常に多く、型の判別が難しいので対戦する際に立ち回りに困っている方も多いかと思います。 そこで今回はこのドラパルトというの型をできるかぎり皆さんに紹介してこのに関する理解をより深めていただければと思います。 余りにも型が多種多様なのですべてを紹介することは不可能ですが、少なくとも上位帯で見かける型はすべて紹介していきたいと思います。 最後に自分たちが考案した特殊な型のドラパルトもご紹介するので最後まで目を通してくれると幸いです。 今回は物理編、特殊編、補助編の3つに分けて紹介していきます。 型紹介 ドラパルトは非常に型が多彩ということは先述しましたが、物理でも 鬼火や 大文字などの役割破壊技を持っている可能性が十分にあり得ます。 それを念頭に入れて以下の記事をお読みください。 ~物理編~ 物理型の持ち物は主に 等があります。 順に紹介していきたいと思います。 を持っている型は基本的には耐久に振らず、ASやCS等の火力&素早さぶっぱになります。 このアイテムを持たせる利点は行動保証による対面性能、ックスを切らずとも一定の活躍が保証される点にあります。 行動保証を利用したターン稼ぎを行うこともでき、+襷で最低3ターン稼いでックスを使わせられるのも強みになっています。 メインウェポンのほかに好きな技を選択でき、柔軟に対応できるのも魅力の一つです。 またこの行動保証を利用したストッパー性能はもちろんのこと、これを利用した龍舞型も存在しています。 保険が適用されたときの爆発力は凄まじく、簡単に相手のPTを崩壊させてしまうことができます。 ほとんどの 持ちが 空を飛ぶ ( ダイジェット)を持っているので 持ちで上から破壊することが困難なことも魅力の一つです。 ただし保険が発動しなかったときの弱さが際立ってしまい、上手な処理をしてくる相手にはなかなか難しい立ち回りを強いられてしまうことになります。 また、弱点保険を バトンタッチで裏につなぐ型も存在します。 最近最上位帯で ミラーが散見されるので 採用をするのであれば基本的に最速が安定する。 有利対面での制圧力、不意打ちでの縛り性能の高さが主な利点です。 A補正の理由は 等の高耐久に対する乱数が変化するので選択肢の一つになります。 HPを犠牲に火力と範囲を手に入れているので耐久調整を行うことが難しいからです。 その分 以上の火力を確保しながら では実現できなかった柔軟性を得ることができる扱い易さが利点です。 積技からの全抜きを狙う単純な型ですが、その単純さが強いです。 持ち物による状態異常耐性が非常に魅力的で意識の外から欠伸などに合わせられるとそのまま負けに直結するパワーを秘めています。 基本的に特殊の利点は受けてくる 、対 性能で差別化されていることが多いです。 鬼火で機能停止に陥らないのもGOOD。 それでは順に紹介していきたいと思います。 特殊 の利点は物理と大体同じですが、対面から勝てるなどが若干違い や に役割を持てることが利点です。 HCベース等の選択肢もあり、耐久を高めながらサイクル戦に参加しやすい型も存在しています。 利点はほとんど同じですが見れる範囲が変わります。 AS は ダイサンダー でックス込みでも確1が取れているので対面からでならワンパン、死に出しからでも切り返しができるのが利点です。 また、私が採用する受け崩しのドラパルトがこの道具を選択しています。 この場を借りて紹介していきたいと思います。 その構築においてや受けループ系の構築の処理に手間取っていたので考案された。 初期構想ではHBベースだったがHCベースのほうが対面性能が格段に向上し、PTコンセプトにあうことが発覚して今に至る。 大抵のこのより遅い物理型には勝つことができ、誘うに対する 役割破壊に特化しているので非常に使いやすい。 命の珠にすると や に対する確定数が変わってはくるが、その反面定数による自滅のリスクが向上してしまうため での採用となっている。 に対する処理の不安は若干残るが、それ以上に耐久振り 鬼火 & 祟り目による圧倒的な対物理性能が確保されている。 構築を組む際に受け破壊枠にでこいつを採用するレベルの強さと完成度になっているので是非試してほしい。 また に強いはこの型にも強いので同居はオススメできない。 は主に壁貼り型で採用されています。 特性呪われボディでの採用も多い。 呪いや蜻蛉帰り等の自主退場技も併せ持っていることもしばしば。 等の積みダイジェット勢や、その他積みがいた場合は特に気を付けたい。 耐久振りで安全にアッキ龍舞を起動させ、 バトンタッチで裏のエースを超強化する。 構築は選んでしまうが決まってしまえば Easywinを狙うことができる。 場合によって他もあり。 かなりの長文になってしまいましたが最後までお付き合いいただきありがとうございます。 (書くのに4時間かかりましたw) 歴代で最も型が多彩でまだまだ開拓されてない型も多数あると思います。 何かありましたら bisonMUTEKIまでよろしくお願いします。 マジで強い。

次の

【ポケモン剣盾】ドラパルトの育成論と対策

ドラパルト 最強

【ポケモン剣盾】ドラパルトの育成論と対策【変幻自在のトリックスター!なんでも屋の厨ポケ】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回は今作初登場の600族で速攻厨ポケ、トップメタの座に君臨したドラパルトについて育成論と対策を見ていきたいと思います。 さらに深堀りした記事はこちらをどうぞ。 「」 ドラパルトの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【ドラパルトの特徴1】圧倒的な素早さ なんといってもドラパルトの一番の特徴はその圧倒的な素早さ種族値です。 全ポケモン中3位(アギルダーとテッカニンはほぼ環境にいないので実質1位)となっています。 ポケモンにおいて「1」でも素早さが高いことは先制攻撃できることであり、一手先を取れることは非常に大きなアドバンテージなので一瞬で厨ポケになるのも納得です。 【ドラパルトの特徴2】少し足りないが強力な火力 攻撃種族値120,特攻種族値100とどちらも「あと、ちょっと足りない」という種族値になっています。 なので、これを補強するような運用が望ましいでしょう。 先発とんぼ返りで偵察しつつ相手のHPを2割前後削る役• バトル終盤のHPちょっと残しを倒していくお掃除役• むしろ攻撃しないサポート型• ダイマックス+じゃくてんほけんで足りない火力を補強する といった感じです。 詳しくは育成論のところで書きます。 【ドラパルトの特徴3】紙耐久 ドラパルトも高速ポケモンにありがちな紙耐久です。 HP種族値88,防御・特防種族値75というのは2倍でも弱点をつかれれば一撃で落ちる、そうでなくても6〜7割削られるレベルです。 一般的なドラパルトは紙耐久なんですがサポート型はHB型の高耐久型もあるので油断できません。 【ドラパルトの特徴4】優秀な特性 ドラパルトは3種類の特性を持ちます。 クリアボディ:相手の能力ランクを下げる技や特性の効果を受けない。 すりぬけ:相手の『オーロラベール』『リフレクター』『ひかりのかべ』『しろいきり』『しんぴのまもり』『みがわり』の効果を受けない。 技が無効化された場合や、自分が『みがわり』状態の場合は発動しない。 ドラパルトが厨ポケたるゆえんの1つはクリアボディです。 今作ダイマックスにより攻撃しつつデバフがかけられるようになり、ダイマックスポケモン同士の打ち合いでデバフのかけあいが見られるようになりましたが、ドラパルトはそのときデバフがかからないので優位に立てます。 すり抜け型は環境に多くありませんが、オーロンゲなど壁はり役や、オニゴーリなどみがわり害悪、サザンドラなどみがわり積みエースといった、対策しなければ詰むポケモンたちを一手に対策できるので採用している方もいます。 のろわれボディは紙耐久なのでさらに少数ですが、耐久に努力値をふっているドラパルトは採用していることもあります。 【ドラパルトの特徴5】豊富な技範囲と型 ドラパルトが強いもう1つの特徴は非常に一貫性の高いゴースト・ドラゴン技をタイプ一致でうてることと、特殊型ドラパルトであれば炎・水・電気・草といった基本タイプもすべて扱える点です。 さらに、ドラパルトの型は• 物理ダイマックスエース型• 物理偵察&掃除型• 物理積みエース型• 物理対面型• 特殊ダイマックスエース型• 特殊偵察&掃除型• 特殊対面型• サポートバトンタッチ型• 耐久鬼火祟り目型• 耐久壁貼り起点作成型• 高速起点作成型• etc… といった感じで環境に存在する主な型でも10個以上存在し、選出時点では一見同じドラパルトでも何をしてくるかわからない、何をすれば対策になるのかわからない、読み誤れば負け筋を踏みかねない恐ろしいポケモンであるとともに、どんなパーティのどんな要望にも答えうる非常に高い柔軟性をもったポケモンでもあります。 まさに変幻自在のトリックスターですね。 技の通りのよさはこちらの記事で考察しています「」 ドラパルトの育成論と戦い方 ドラパルトの型は非常に多く、すべてを書くことはできませんがその中でも特に扱いやすいと思われる型を紹介します。 物理偵察・掃除型• 特殊対面型• 鬼火祟り目型 【基本中の基本・初心者から熟練者まで】物理偵察・掃除型• 性格:ようき• 特性:クリアボディ• もちもの:いのちのたま・きあいのタスキ・こだわりスカーフ・こだわりハチマキ• わざ:とんぼ返り・ドラゴンアロー・ゴーストダイブ・はがねのつばさ 最も始めに流行った型で、汎用性は非常に高いです。 僕もとりあえず初めに育てて使ってみた型ですね。 先発で出して有利対面なら攻撃、不利対面やもっと有利対面にできるポケモンがいる場合はとんぼ返りで交代ができます。 相手がきあいのタスキ持ちでも潰せますし、ミミッキュの化けの皮もはがしつつ交代できます。 みがわりはドラゴンアローで2発目を貫通していきます。 最初の偵察の仕事を終えたら、あとは中盤に再度偵察として相手の技を確認するのに使ってみたり、その素早さを活かして最後のお掃除役をしても活躍するでしょう。 初心者でもサイクルを回しやすくなり、面倒な化けの皮やみがわりもある程度対策できるのでバトル初心者にもおすすめです。 持ち物は相手にかける負荷を重視するならこだわりハチマキ、もうちょっと柔軟性をもたせたい場合はいのちのたま、先発やお掃除でスカーフ持ちと当たることが多く上から殴られてやられることが多い人はスカーフやきあいのタスキを採用するのがいいでしょう。 わざは• とんぼ返り(偵察・サイクル回す用)• ドラゴンアロー(みがわりやたすきを破壊しつつ攻撃するときに)• ゴーストダイブ(相手のダイマックスを枯らすときに)• はがねのつばさ(ミミッキュなどフェアリー打点) ですが、はがねのつばさのところは• だいもんじ(ナットレイ打点。 アーマーガアなど2倍弱点相手には心許ない。 ふいうち・でんこうせっか(お掃除のときの先制わざ対策に)• りゅうのまい(積むスキがあれば積んでそのまま3タテもワンチャン)• サイコファング(ダイマックスして先制わざ対策にはっておくときに) というように、各パーティが苦手とする立ち回りをうめるようにかゆいところに手が届くなんでも屋ぶりを発揮します。 流行りすぎて対策されすぎましたが、現在は後述する鬼火祟り目型が異常に増えてきており、そちらの対策が重点的にされてきているので、逆にこちらの型は一周回って強くなっていると言えるかもしれませんね。 【物理じゃ勝てなくなった人に】特殊対面型• 性格:おくびょう• 特性:クリアボディ・すりぬけ• もちもの:いのちのたま・きあいのタスキ・こだわりスカーフ・こだわりメガネ・だっしゅつパック・じゃくてんほけん• わざ:りゅうせいぐん・シャドーボール・だいもんじ・かみなり 物理型が流行った次に流行ったのが特殊型です。 特攻種族値も100と低くはないので、特化させてあげることで十分な威力になります。 特化させないと威力は後ちょっと足りないので、基本はCぶっぱがいいでしょう。 ドラパルト自体が環境に多く、同族対面も多いことからSもぶっぱがいいでしょう。 前述した物理型と違ってドラゴンアローが微妙な威力になるため、みがわりを貫通しにくくなります。 そのため特性:すりぬけは物理型よりも有効な場面が多いでしょう。 逆にクリアボディは、ギャラドスやウインディのいかくが入っても特殊型は痛くも痒くもないので有効な場面は減ります。 もちものは基本は物理型同様各パーティによって変わりますが、りゅうせいぐんをうった瞬間だっしゅつパックを発動させることができる=先発に負荷をかけてうち逃げできるのは特殊型だけのメリットです。 (環境に多いミミッキュやニンフィアには無効化されます。 ) 最近のバトルだと、特殊型はダイマックスを切ってくるパターンが多い印象です。 エースアタッカーとして選出されているのでしょう。 ダイマックスを切るならじゃくてんほけんの発動機会もあると思うので、こちらもおすすめです。 【汎用性の塊】鬼火祟り目型• 性格:おくびょう• 特性:クリアボディ・すりぬけ• もちもの:たべのこし・オボンのみ・ひかりのねんど• わざ:おにび・たたりめ・みがわり・かなしばり 最近数を増やしている鬼火祟り目型ドラパルトですが、基本はHB特化させた耐久型です。 Sは絶対に先手を取りたいラインがどこにあるかですが、92ふると準速のスカーフエラがみ様(ウオノラゴン)を抜けるようです。 抜きたいラインをなどを参考に確認してSに振り、残りをBにふりましょう。 どのポケモンまで意識するかはこちらの集計も参考にどうぞ。 ちなみに僕の場合は準速スカーフエラがみ様はそんなに見かけませんでした。 「」 もちものは耐久を増やす回復系か、壁貼りもさせる場合はひかりのねんどもありです。 鬼火祟り目まではこの型の名前通り確定なんですが、後の2つは実際戦ったドラパルトたちをみてみると色々あります。 みがわり(鬼火やかなしばりと合わせてみがわりを破壊できる有効打を封じる)• かなしばり(みがわりとセットで。 ひかりのかべ(壁貼り役)• リフレクター(壁貼り役)• のろい(壁貼り後の自主退場)• でんじは(素早いドラパルトにはあまり噛み合わないので後続の起点作成)• とんぼ返り(たたりめが効かないノーマルタイプ相手に有利対面に交代するときに) 鬼火祟り目ドラパルトは現在流行の真最中で、僕も育てて使ってみようかなと思っているところです。 その他の型 その他の型については今後も続々とやYoutubeにあがっていくと思うので、要チェックです。 本当に多くの型をつくることが可能(しかも強い)なポケモンなので、ドラパルトが好きな人にとっては最高ですね。 育成論を動画でまとめているトレーナーがいたのではっておきます。 参考にどうぞ。 ドラパルトの対策 正直型が多すぎて後出しでも勝てるようなこれといった銀の弾丸となる対策はないです。 (だからこそトップメタに君臨しているんですが。。。 ) ただ、ドラパルトの特徴として最初に上げたとおり• なんだかんだで紙耐久 ということを考えると、1つ思い浮かぶものがありますね。 鈍足(中速)高火力エース+トリックルーム によって素早さの高さが仇となり、5ターン(シングルバトルでは実質4ターン)は鈍足紙耐久というショボいポケモンに成り下がります。 そうなるとほぼ確実に交代(=後続へ圧力をかける技を選択) or 狩る or ダイマックスを切らせることができるので、1つの解答になるでしょう。 もしくは きあいのタスキ+特殊高火力 後出しでは勝てないものの、死に出しならドラパルトは紙耐久なので狩れます。 特殊なので鬼火も意味がありません。 (とはいえとんぼ返りで逃げられることもあるんですが。。。 ) 僕はだいたいすりぬけたすきシャンデラでドラパルトを倒すことが多いです。 高耐久かつ弱点一致でうてる今流行のチョッキラプラスもおすすめです。 で見てみた所、特防無振りのラプラスでも特殊型メガネドラパルトのかみなりでも乱数2発で耐えられるようですね。 一方特攻無振りラプラスのふぶきでも、HCぶっぱドラパルトは確定2発、一般的なCSぶっぱドラパルトは乱数1発で落とせるようですから、後出しでも勝てそうです。 鬼火祟り目はラプラスに全然ダメージ入らないので問題外ですね。 あとは、そもそもドラパルトの弱点のうち4つは非常に通りのいいゴースト・悪・ドラゴン・フェアリーなので、これらの技をタイプ一致で打てるポケモンを選出することで、相手が交代してきても居座っても大きなダメージを入れられる編成をするのもおすすめです。 ただし高耐久にしておかないと上から高火力をうたれてやられてしまうので、そこは注意しましょう。 まとめ:【ポケモン剣盾】ドラパルトの育成論と対策【変幻自在のトリックスター!なんでも屋の厨ポケ】 いかがでしたでしょうか。 ドラパルトは型が多すぎて対策は難しいものの、流行り廃りがあるのでどんなドラパルトが多いか環境情報を実戦で確認しつつ、柔軟に対応していきましょう。 また、どんなパーティの隙間にも入り込めるので、好きなポケモンの相棒探しに疲れた方はとりあえずドラパルトを検討してみるといいかもしれません。 ドラパルトは比較的高めの順位でも使っているのでこちらもどうぞ。 「」 「」 それでは今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 長時間座ってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 「」 Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。 「」 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の