ガルシン wiki。 TOP [ガールズシンフォニー:Ec (ガルシン)

ケシ

ガルシン wiki

この項目では、ロシア文学者について説明しています。 SF翻訳家については「」をご覧ください。 中村 融(なかむら とおる、 - )は、ロシヤ文学者。 日本ロシア文学会、日本文芸家協会、各会員。 東京生まれ。 旧姓下永。 妹の同級生がの娘園子の同級生だったため中村の家へ出入りする。 1934年、ロシヤ語科卒業。 1936年、園子と結婚し、男子のない中村家を継ぐ。 白葉とともに『全集』を刊行、また『全集』を訳出した。 大阪幼年学校教官、教授、東京大学、青山学院大各講師を歴任。 著書 [ ]• の文学 実業之日本社, 1951 翻訳 [ ]• 樺太島紀行 弘文堂書房, 1942• チェーホフ論攷 編訳 三学書房, 1943• 散文詩 白葉共訳 新星社, 1948• 信号 ガルシン 弘文堂書房, 1948• 曠野のリヤ王 ツルゲーネフ 大和書房, 1948• 白銀侯爵 時代の物語 共和出版社, 1948-50 のち岩波文庫• 赤い花 ガルシン 思索社, 1949 のち角川文庫• ガルシン全集 上下巻 創芸社, 1950• 貴族の巣 ツルゲーネフ 創藝社, 1950 のち新潮文庫• 文学的回想 ツルゲーネフ 角川文庫, 1951• 芸術とはなにか トルストイ 角川文庫, 1952• 兵卒イワーノフの囘想 赤い花・四日間他 ガルシン 創元社, 1952• 地下生活者の手記 ドストエーフスキイ 角川文庫, 1952• サハリン島 チェーホフ 岩波文庫上下, 1953 数度復刊• 死せる魂 新潮文庫, 1953• 盲音楽師 岩波文庫, 1954• 第二の日 新潮文庫, 1955• 悪い仲間・マカールの夢 コロレンコ 岩波文庫, 1958• 鋼鉄はいかに鍛えられたか 新潮文庫上下, 1958• 春の水 ツルゲーネフ 岩波文庫, 1961• ルーヂン ツルゲーネフ 岩波文庫, 1961• トルストイ 岩波文庫上中下, 1965-68• ドストエフスキー 偕成社, 1968 ジュニア版世界文学名作選• ガルシン全集 青娥書房, 1973• 人生論 トルストイ 岩波文庫, 1980• 現代の英雄 岩波文庫, 1981• ガルシン短篇集 福武文庫, 1990 脚注 [ ].

次の

ガールズシンフォニー 〜少女交響詩〜

ガルシン wiki

この項目では、の都市について説明しています。 の車種については「」をご覧ください。 シントラ Sintra 所属する県 316. シントラの市街地には約27,000人が居住しているが、市全域では、36万人を超える人口を誇る。 ムーア人が築いた城の跡や、ポルトガル王室の夏のなど、様々な年代の文化財が集積していることから観光地として有名であり、また、最西端のへの観光の拠点でもある。 歴史 [ ] シントラは、すでにのの地理学者であるアル・バクルによる記述が残っており、後には、詩人が「エデンの園」と称賛した。 ないしはには、ムーア人が、ムーアの城跡(カステロ・ド・ムーロ)を建設したとされる。 によるシントラのポルトガル併合は、のことであり、このとき、町の大部分の城砦が破壊された。 、が、スペイン国王のもとへ航海を続けた際に、突風に巻き込まれ、シントラの岩壁に避難したこともある。 ポルトガル国内で、安全な港を探すことができずに、このような事態に陥り、他に選択の余地もなく、シントラからリスボン港へ向かった。 世界遺産 [ ] シントラの文化的景観 () ペーナ宮殿 英名 Cultural Landscape of Sintra 仏名 Paysage culturel de Sintra 登録区分 2 , 4 , 5 登録年 1995年 公式サイト (英語) ・ 宮殿群や城跡を含むシントラの文化財は、「 シントラの文化的景観」として、1995年、のに登録された。 主な物件 [ ] 主な物件は以下の通り。 () - 14世紀にジョアン1世によって建てられた夏の離宮。 () - のが建設した。 () - 7から8世紀にムーア人によって建設された。 現在は、廃墟のようになっている。 ()- 12世紀に建設された王族の別邸を利用して、20世紀前半に、の建築家によって改築された宮殿。 登録基準 [ ] この世界遺産はのうち、以下の条件を満たし、登録された(以下の基準は公表のからの翻訳、引用である)。 2 ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。 4 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。 5 ある文化(または複数の文化)を代表する伝統的集落、あるいは陸上ないし海上利用の際立った例。 もしくは特に不可逆的な変化の中で存続が危ぶまれている人と環境の関わりあいの際立った例。 地理 [ ] 首都のからの列車で約40分(平日昼間は1時間に5本程度運行)である。 大西洋岸のとの間にはバスが1時間に2本運行されており、うち1本は最西端のを経由し、ロカ岬までの所要時間は40分である。 日本との関係 [ ]• 8月、ポルトガルに上陸していたの一行がシントラの王宮を訪れ、枢機卿(当時ポルトガル王を兼ねていた王からポルトガル副王に任命されていた人物)に謁見している。 天正遣欧使節の歴史的関係にちなんで、からと提携をおこなっている。 菓子 [ ] 小麦粉の生地にチーズクリームを詰め込み焼き完成となるケイジャーダが存在する。 ギャラリー [ ].

次の

ガールズシンフォニー 〜少女交響詩〜

ガルシン wiki

略歴 ロシアの(現在の領)に生まれる。 貴族であった父などの影響で、幼年期からなどのロシア古典文学を始め、やの著作に親しんだ。 、ガルシンはに転居し、地元の中学校へ通った。 このころから精神疾患に悩まされるようになり、生涯にわたりガルシンを苦しめた。 中学を卒業後、工業専門学校に通っていたガルシンは、に開戦したが激しくなると従軍を志願してなどに赴いた。 この戦地での経験や取材を元に、『四日間』や『戦争情景』などの作品を書き上げた。 に医学生のナジェージダ・ニコラエヴナと結婚。 同時期にガルシンは妻の名を題にした『ナジェージダ・ニコラエヴナ』を書き上げた。 しかしこの頃、精神疾患の症状が悪化したため、この頃に書かれた作品の数は少ない。 、に転地療養する直前に飛び降り自殺を図った。 その際の怪我が致命傷となり、同年に永眠。 作品について 精神病にたびたび悩まされ、33歳と言う若さで自殺したため、ガルシンが生涯に残した作品は20作品程度しかない。 初期の作品は、自らの戦争体験にもとづいたものが多い。 また学生時代にはのらとも交流があり、美術評論も数作著している。 戦場からペテルブルクに戻ったからにかけては、ガルシンが創作に没頭することができた時期で、『邂逅』『従卒と士官』『画家たち』『アッターレア・プリンケプス』など、この頃に書かれた作品も多い。 しかしその後精神疾患の発作に悩まされ、精神病院で療養する日々を送った。 この時期に書かれた作品として、『あかい花』『夢がたり』が挙げられる。 また歴史小説を執筆する計画もあり、資料の収集などを行っていたが、ガルシンの死によりこれは実現に至らなかった。 日本では、やなどが翻訳し、その著作を紹介した。 とともに、が傾倒した作家としても知られる。

次の