ローカル 5g 免許。 ローカル5Gとは 企業、自治体が推進するローカル5Gを簡単に解説

富士通、ローカル5G免許を取得 :日本経済新聞

ローカル 5g 免許

Contents• ローカル5Gとは ローカル5Gとは、通信事業者以外のさまざまな組織が自ら5Gシステムを構築可能とするものだということです。 つまりキャリアではなく、企業や地方自治体が独自の5Gを利用したネットワークシステムを構築することが可能になる5G周波数の領域のことです。 ローカル5Gを単純に多少つながりのよいWiFiのようなものと思っている方もいるようですが、キャリアが一般に提供している世界の電波を独自に利用できるということですので、圧倒的にトラフィックなどを時間帯を気にせずに独自で利用することができるというものなのです。 例えば、広い工場内でのみ利用できる5G通信回線というのが、このローカル5Gと呼ばれるものです。 WiFi環境であれば、キャリアのトラフィック状況によって安定的にデータの上り下りを維持することはできませんが、ローカル5Gでは利用者が限定された場所でのみ利用することができるので安定的にデータの上り下りを維持する通信回線を確保することができるのです。 ローカル5Gのメリット ローカル5Gのメリットは大きく3つあるといわれています。 ニーズに合わせた柔軟なシステム設計• 土地に合わせた独自の基地局設置• 災害や外的要因での通信障害を受けにくくなる という点です。 似ずに合わせたシステム構築というのは、多少難しい点もありますがローカル5Gを利用するための制限が申請許可範囲であれば独自のレギュレーションでシステムに合わせた通信設定を行うことができるという点です。 また建物や地形に合わせて5Gの電波が届きにくいところにも独自の基地局を設置することで、広域で5Gの電波を利用することが可能になります。 通常キャリアの5Gであれば敷地内の電波が悪いから電波がよくなるように基地局設置このあたりに設置してもできませんが、ローカル5Gだと可能になるということです。 さらに前段落でも説明しておりますが、トラフィック、電波が込み合って繋がりにくいということがありません。 それは利用する周波数そのものがキャリアが利用しているものと同じであり周波数帯が異なるだけですので、限定された利用者やモノからのアクセスになるので安定した通信を利用することが可能になります。 ローカル5Gってどこで利用される? ローカル5Gの利用が考えられるところ、スタジアムや体育館、建設現場、自治体によるテレワーク環境の構築、工場、農場、さらには町や村全体といった場所が想定されています。 スタジアムは、一定の場所に数千人数万人規模で人が集まります。 そのため、電波がつながりにくいという状況を経験したことはないでしょうか。 このようなトラフィックにおける交通渋滞を緩和するためにローカル5Gの設置が検討されています。 人が収容人数ほど集まったとしても独自のローカル5G回線であれば通信回線を一定に保つことが可能になるからです。 農場や工場、さらに工事現場で利用されるようなローカル5Gの場合、多同時接続でさまざまな機会への安定的な通信回線への接続が可能となります。 やはり安定的なトラフィックを確保することでスマート工場や農場などで利用しているロボットなどの動きや映像が途切れないとようにすることが狙いです。 ある程度人の集まる自体においてはスマートシティなる構想をローカル5Gで検討しています。 安定的なローカル5G回線を提供することで、住む人や訪れた人へのサービスを通信回線を通じて提供する子音ができるのはもちろんのこと、街角にあるような公共物にまでもネット回線につなげることが可能となるからです。 また過疎化地域置いては、遠隔治療が可能になるための遠隔診療所や自動運転ためにローカル5Gが検討されています。 ローカル5Gと「普通の5G」の違いとは 2つの5Gの違いというのは、• 利用する5Gの周波数帯が異なる• 5Gの利用者数が異なる• 利用する5Gの利用範囲が異なる の3つが異なります。 「普通の5G」というのはキャリアが提供する周波数帯の通信網を利用しますが、5Gはキャリアと並列にあたる5Gの周波数帯を利用することができるという点です。 つまり、ドコモの5G通信回線、auの5G通信回線、ソフトバックの5G通信回線、楽天モバイルの5G通信回線、そしてローカル5Gの通信回線ということなのです。 ただし「ローカル」という言葉通り、地域を限定しての5Gが利用できるものになりますので、限定されている地域以外でローカル5Gの通信回線を利用することができません。 ローカル5Gの割当領域と構築方法 ローカル5Gが実際に使用できる周波数帯というのは、4. 5GHz帯では、4. 6~4. 8GHz帯であり公共業務用のシステムとの併用、そして28GGHz帯では28. 2~29. 1GHz帯と衛星通信事業者との共有周波数帯ということになります。 特に28Ghzの周波数帯におけるローカル5Gについては、自己の建物内または自己の栃内の利用を基本としています。 5Gの電波は直進性が弱く距離も短いという弱点がありますが、キャリア同様にローカル5Gにおいても4Gのインフラを確保することが望ましいとされています。 つまりローカル5Gだけの基地局を設置するだけでなく、4Gが利用できる自営のBWA基地局を設置する必要があります。 このローカル5Gはすでに申請可能になるために水面下での動きがあるようですが、制度化されるのはスケジュールとしては2019年の12月頃の予定で動いているようです。

次の

ローカル5G免許を取得する 総務省の導入ガイドラインを徹底解説

ローカル 5g 免許

当社は、国内初となるローカル5Gの無線局予備免許を関東総合通信局から2月18日に付与されました。 これを受け、ローカル5Gの電波を発する無線局を富士通新川崎テクノロジースクエア(所在地:神奈川県川崎市)に設置し、ローカル5Gネットワークシステムの検証をしていきます。 今春には、同拠点内にお客様やパートナー企業とローカル5Gを活用したユースケースを実証する場として、「FUJITSU コラボレーションラボ」を開設します。 また、自社の他の事業所や工場およびグループ会社においても、順次、ローカル5Gの免許を申請し、製造業をはじめとした様々な業種のお客様の業務革新に向けて、ローカル5Gのネットワーク構築および最適な活用を支援することで、お客様のデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に貢献していきます。 背景 地域や個別の多様なニーズに応じて、企業や自治体などが自営のネットワークを運用するローカル5Gの導入が可能となり、業務革新の加速が期待されています。 ローカル5Gの導入に際しては、ネットワークの構築および運用における知見やノウハウが必要とされ、それらの習得など実環境の準備に課題があります。 当社は、ローカル5G向けのソリューション開発などの実績をもとに、お客様とのローカル5Gの技術検証やユースケース検証を進め、最適な活用の促進を目指していきます。 ローカル5G免許について• 目的: 多地点カメラとAI技術を活用した映像解析によるセキュリティシステムの運用、 「FUJITSU コラボレーションラボ」におけるローカル5Gを活用したユースケースの検証• 場所: 富士通新川崎テクノロジースクエア(所在地:神奈川県川崎市)• 周波数: 28.2GHz~28.3GHz 商標について 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

次の

次世代移動通信システム「5G」とは(7) 免許申請が始まったエリア限定の5Gネットワーク「ローカル5G」

ローカル 5g 免許

みなさま、こんにちは。 ローカル5Gとは一言で表すとWi-Fiのように自営で設置する5G 第5世代移動通信システム 通信網となります。 では、そもそも5Gとは何がそんなに注目されているのか、ローカル5Gはどんなことに使われるのか、そういった詳細を調べることは難しいですが、今すぐ知りたい核心的なことをこの記事で紹介できればと思っております。 まず、5Gの注目度はどの程度なのか、Googleトレンドを利用してLTEと比較してみましょう。 Googleトレンド 赤がLTE、青が5Gの全世界でGoogle検索された回数を示します。 LTEに対して2倍の検索数をとなる5Gは間違いなく注目の新技術と言えるでしょう。 ではなぜ、5Gがここまで注目されている理由を紐解いていきたいと思います。 4Gと5Gの比較 既存の4G LTE と比較すると、「高速・大容量」「大量端末接続」「超低遅延・高信頼性」の項目において秀でている事がわかります。 とりわけ、4K放送やNetflix、YouTube、Hulu等々のリッチな動画コンテンツをスマートフォン等で場所を選ばず閲覧する事が出来るようになり、インターネット全体トラフィックのうち、8割を動画コンテンツが占めると言われるようになった昨今、「高速・大容量」の実現は社会に最も求められている要件と言えるでしょう。 20Gbpsの性能がある5Gを利用したとしても、バックボーンがそれに見合う設計となっていなければユーザー体験は4G時代と大きく変わることは無いでしょう。 各キャリアには5Gに見合ったバックボーンへと増強する社会的責任があると言えます。 5Gの適応例を考えていきましょう。 「高速・大容量」動画のような大容量データを瞬時にユーザーへ届けます。 「超低遅延・高信頼性」建設機器等の遠隔操作に力を発揮します。 利用者はタイムラグによるストレスを感じることなく、実際の現場から離れ空調の効いた快適な操作室から作業が可能になると期待されています。 「大量端末接続」すべての機器がインターネットに接続されたIoTの世界を実現するには大量端末が接続できる環境が必要不可欠となります。 AIスピーカーに語りかけるだけでIoTデバイスが自動で動き家事が完結する世界や、遠く離れた家族をIoTで見守ることの出来る世界など、ドラえもんで描かれた21世紀の実現は案外すぐ近くまで迫っているのかもしれません。 もう少し詳しく5Gについて紹介します。 5Gの3つの特性 Wi-Fiとローカル5Gを比較します。 自営設備として利用する為、通信料金が発生しない部分は同じです。 Wi-Fiであればパスワードまたはクライアント証明書を利用しますが、ローカル5GではSIMを利用します。 データではなく物理的に存在するSIMを利用する事で、不正アクセスされ難い、高いセキュリティを担保します。 また、Wi-Fiに比べてローカル5Gの方が安定して通信できます。 Wi-Fiの「通信料が発生しない」というメリットを包含しつつ、認証にSIMを用いることで高セキュリティを、さらには公衆ネットワークを経由せず専用で利用できることから高速、高信頼、低遅延を担保できる為、産業用IoT、自動運転、ドローン等々ミッションクリティカルな場面での利用が予想されます。 ローカル5G基地局(Huawei) ドイツでは既にプライベートLTE 自営網LTE を利用して、工場のオートメーション化を行っています。 このソリューションをローカル5G化する計画のようです。 また、アウディ(Audi)は、工場でWi-Fiを活用しており、より高速かつフレキシブルに稼働させつつ、リアルタイムにデータを収集するために、2018年からローカル5Gの試験導入を始めています。 現時点では、部品を溶接するロボットに適用していますが、既に目覚ましい成果が得られているとして、数年以内に他のドイツ工場内に敷設し、その後で全施設のWi-Fiを5Gに更改することも検討しているようです。 アウディの他にも、ダイムラー(Daimler)やフォルクスワーゲン(Volkswagen)などの自動車メーカーに加え、ユーティリティー、ガス、オイル、化学工場、港湾設備関連の企業も5Gネットワークの構築に関心を示していると報じられています。 5Gは今後、ドイツが提唱するインダストリー4. 0を支える重要な基盤になっていくことがうかがえます。 インダストリー4. 0とは ドイツでは機械が自ら考えて生産を行う状態を第4次産業革命 インダストリー4. 0 と呼んでいます。 人間の目鼻手足等の感覚器の代わりとなるセンサーを工場内に設置して、様々な情報を収集し、その情報を元に未来を予測して生産計画を人工知能が考えるのです。 収集するデータは制度の高い予測を行う為にリアルタイム性を求められており、5Gによってレイテンシ 遅延 が少なくなることで、リアルタイム性は更に向上する事でしょう。 インダストリー4. 0の実現により、今まで人間の労力が必要だった部分をロボットで代用する事で、製品開発等のよりクリエイティブな業務に労力をかけることが出来るようになります。 5G総合実証試験の事例紹介 最後に、総務省主催で行われた5G総合実証試験の内から5Gの3つの要件 eMBB, mMTC, URLLC 毎に事例を紹介します。 博物館やスタジアム等に5G eMBB を導入し、高臨場・高精細の映像コンテンツを超高速で伝送し、新たなエンターテインメント体験を提供可能にします。 高速道路の橋梁に多数の振動センサーを設置し、5G mMTC で収容します。 収集する振動情報から橋の劣化具合を予測し、工事計画に反映します。 通常、橋梁の劣化を判定するには作業員が器具を利用して測定しなくてはなりません。 それをIoTセンサーで代用する事で、危険な高所作業を減らすことが出来ます。 冒頭でもお伝えしましたが、建設機器の遠隔操作へ利用します。 5G URLLC により1ミリ秒といった低遅延で操作が可能となり、操縦者は遅延による操作のストレスを感じることなく作業することが可能になります。 こういった働き方改革を支えるのもIoTや5Gといった最先端技術の役割と言えます。 さいごに.

次の