荒野行動 右射撃。 【荒野行動】左手射撃で命中率アップ!エイム力が格段に上がるぞ! 【KNIVES OUT】

【荒野行動】射撃場への行き方や仕様について解説|ゲームエイト

荒野行動 右射撃

リーン撃ち(斜め撃ち)とは? リーン撃ち(斜め撃ち)とは、 上半身だけを斜めに倒して撃つことです。 障害物(建物・塀・木など)に隠れつつ、顔だけヒョコっと出すイメージですね。 1対1の撃ち合いにおいて、 被弾率を圧倒的に下げることができます。 荒野行動では、「なるべく相手の弾に当たらずに、相手に弾を当てる」ことが大切です。 そのためにも、リーン撃ちはマスターしておきたいテクニックの1つだと言えます。 上級者は必ずと言っていいほど、リーン撃ちを使っています。 よって、障害物越しに、お互いがリーン撃ち状態になることも珍しくありません。 まずは、 慣れることです。 デフォルトではOFFになっているので、下記を参考に設定しておきましょう。 リーン撃ち(斜め撃ち)の設定方法 リーン撃ちの設定方法は、以下の通りです。 左に傾いている状態で、真っすぐに戻りたい場合は、左ボタンをダブルタップ。 「斜め撃ち・一」よりも複雑に思えるかもしれませんが、そんなことはありません。 右に傾くだけでなく、左にも傾きましょう。 左右どちらからも顔を出すことで、相手を惑わすことができます。 ヘッドショットを受ける確率も、格段に下がります。 すると、上記と同様に、相手を惑わすことができます。 こちらのエイムもズレるので、修正が必要ですが、勝率がグンと上がるでしょう。 いわゆる「 事故」です。 ADS状態でリーン撃ちを行えば、障害物に弾が当たる可能性は下がります。 ADSに関しては、こちらも併せてご覧ください。

次の

荒野行動の裏技・攻略情報【拡散希望】

荒野行動 右射撃

エイム 狙い方 の種類 エイム 狙い方 の方法は大きく分けて 2種類あります。 画面右側で照準を合わせ、画面左側の射撃ボタンを使用• 画面左側で移動しながら、画面右側の射撃ボタンを使用 それぞれの特徴をご紹介します。 画面右側で照準を合わせ、画面左側の射撃ボタンを使用 荒野行動(Knives Out)内でも 「左手射撃と右手エイム設定が最も効率が良い」という言葉が出てきますが、 遠距離もしくは中距離から狙撃する場合には、画面右側で照準を合わせ、画面左側の射撃ボタンを使用したほうが効率が良いです。 射撃しながら移動することはできませんが、スコープを使用する際はこちらの方法が特に有効です。 画面左側で移動しながら、画面右側の射撃ボタンを使用 標準を合わせにくいですが、移動しながら射撃することができるので、相手を追いながら射撃したり、逃げながら射撃することができます。 画面右側の射撃ボタンを押しながらスワイプすることで、 連射しながら標準を合わせることもできるので、近距離や接近戦では画面左側で移動しながら、画面右側の射撃ボタンを使用したほうが有効です。 近距離や接近戦では動いたほうが有利 近距離や接近戦では、相手に照準を合わせられないように動いたほうが有利です。 建物内などで「相手が入ってきたところを狙おう」と待ち伏せする戦い方も有効ですが、画面左側の射撃ボタンを使用していると移動することができないので、一発で仕留めないと返り討ちに合う可能性が高いです。 こういった待ち伏せをする場合も、まずは自分の身を隠し、相手が入ってきたら飛び出して射撃するほうが有効なので、 画面左側で移動しながら、画面右側の射撃ボタンを使用すると良いでしょう。 近距離や接近戦で有効な武器は? 近距離や接近戦では、散弾銃、短機関銃、アサルト小銃が有効なので、自分のスキルに合ったものを選ぶと良いです。 散弾銃は反動が大きく連射速度が遅いので、一発一発に時間がかかりますが、 命中範囲が広く近距離では高ダメージなので、当てやすく1~2発程度で相手を倒すことができます。 短機関銃はダメージが低いので、相手を倒すには数発当てる必要がありますが、 連射速度が速く反動が小さいので、比較的簡単に連射で相手を追うことができます。 連射すると反動 リコイル で照準が上に上がっていきますが、 画面右側の射撃ボタンを押しながら、少しずつ下にスワイプすると照準を安定させることができます。 アサルト小銃は短機関銃と比べてダメージが高く射程距離が長いですが、 反動が大きいので連射するときに照準を合わせにくいです。 荒野行動(Knives Out)ではパラシュートで着地した瞬間に接近戦になることも多く、武器を選んでいる余裕がない場合もあるので、 最初に拾った武器を扱えるように全ての武器を練習しておくと良いでしょう。 中距離で有効な狙い方 エイム 人差し指射撃についてはこちら.

次の

荒野行動で、銃のボタンは右と左どっちを使うのがいいのでしょ...

荒野行動 右射撃

人差し指射撃 エイム とは? 人差し指射撃 エイム とは、左手の親指で移動しながら、右手の親指で標準を合わせ、左手 または右手 の人差し指で射撃ボタンを押すことです。 人差し指射撃のメリットとしては、主に下記の3つがあります。 移動しながら打てるので、被弾しにくい。 標準を合わせてすぐに射撃できる。 弾切れをおこしにくい。 スコープを使用しない場合、左手で射撃ボタンを押すと動きが止まり被弾しやすいので、通常は左手の親指で移動しながら右手の親指で射撃ボタンを押しますが、これだと右手の親指で標準を合わせた後に再度右手の親指を使うので、一瞬の間が生じます。 また、右手の親指で射撃ボタンを押しながらスワイプすることで、連射しながら標準を合わせることもできますが、弾切れをおこしやすいです。 人差し指射撃を使用すると、左手の親指で移動しながら、右手の親指で標準を合わせ、左手の人差し指で迅速に射撃できるので、 標準を合わせた後の間がなくなり、無駄撃ちも減るので弾切れをおこしにくくなります。 スコープを使用する場合も人差し指射撃なら、移動しながら射撃ボタンを押せるので、 被弾する確率が下がります。 画面左側の 射撃ボタンを左手の人差し指でタップしやすい画面上部に配置します。 慣れるまではなるべく 射撃ボタンを大きくしたほうがタップしやすいです。 ボタンの大きさを変更するには、 ピンチイン・ピンチアウトで拡大縮小することができます。 拡大:2本の指を広げるように動かして、間隔を広げる操作「ピンチアウト」• 縮小:2本の指をつまむようにして、間隔を狭くさせる操作「ピンチイン」 戦闘の邪魔にならないように、 射撃ボタンの透明度を薄くします。 人差し指射撃 エイム の使い方 人差し指射撃 エイム の魅力は、 常に体を前後左右に振りながら、敵を追うことができ、標準が合ったときに素早く射撃ボタンを押せることです。 人差し指射撃は「タンッタンッタンッ」と タップ撃ちすることで弾を節約できますが、 長押しすることで連射も可能で、連射する場合は右手の親指でリコイルコントロールをしながら標準を合わせることができます。 デメリットとしては、慣れるまでに多少の時間がかかることですが、格闘技やスポーツなどで片手より両手を使ったほうが有利なように、指2本より3本のほうが有利に戦闘を運ぶことができます。 上級者の中には、アイテムの収集などを右手の人差し指で行う4本指使いの猛者もいます。 エイムに自信がある方は、中距離での戦闘でスコープを使用せずに狙撃銃を使うと強力です。

次の