ひいらぎ スプラ トゥーン。 柊(ひいらぎ)の花言葉や花の特徴。セイヨウヒイラギとの違いは?

【スプラトゥーン2】有名な上位勢、配信者たちを紹介!解説が上手いおすすめの実況者も紹介します

ひいらぎ スプラ トゥーン

『スプラトゥーン2』を熱く盛り上げるため、腕におぼえのある上位勢が集い、しのぎを削り合うリーグ戦「Splat Japan League」。 今回は、Season2 Day10の様子をお届けします。 Meteorは優勝を目指すためにも、絶対に負けられない1戦。 左右に広がり中央の高台をチャージャーが陣取ることで大きくカウントを稼ぎます。 しかしMeteor、てんととん選手が相手陣地で3人のヘイトを買うことで、その隙にガチエリアを確保し返すことに成功。 その後、バブルランチャーでヘイトを集め、その間にお互いの前線が相手陣地に侵入する殴り合いが展開されます。 Meteorのばなん選手が連続キルを取り、オクラ選手がバブルランチャーを発動させることで、Meteorが延長時間を凌ぎ切ろうとしますが、しっかり相手を見ていたうどん店長選手。 むしきんぐ選手のジェットパック、のりすけ選手のイカスフィアが上手く刺さり、ガチヤグラを進行させます。 Meteorはガチヤグラを止めるためにアメフラシを発動させますが、うどん店長選手がさらにハイパープレッサーで返し、ガチヤグラの進行は止まりません。 Meteorは編成にハイパープレッサーを持っていなかったため、ガチヤグラの進行を阻止できなかったのが厳しかったのでしょうか。 しかし人数有利を確保する時点でハイパープレッサーを使用してしまったため、高台の相手を倒すことができず、49カウントでストップしてしまいます。 ここで人数有利を作ったMeteorのカウンター、ひいらぎ選手のみが右ルートを選択したかと思われましたが、他3人が上手くルート変更をし、ガチホコの前で戦うことで、16カウントまで進めることに成功。 その後はMeteor、しっかりと自陣高台を守ることで、リスクを避けつつ時間を稼ぎ、最後はオクラ選手がハイパープレッサーを保持する徹底さ。 Meteorの勝利。 序盤はMeteorがリードを許してしまいましたが、カウンターからの固めが上手く機能し、安定した守りで1勝を奪い返します。 その後はお互いにゴールこそ出ないものの、中央の塗りが確保できないMeteorが苦しい試合展開を強いられます。 しかし終盤、ひいらぎ選手ばなん選手が右通路から相手リスポーン前に侵入、パージにひいらぎ選手が合わせてゴールに成功。 さらにバブルランチャー+ジェットパックのコンボで大きく時間を稼ぎ、その間に高台下からアサリを投げ込み、ラスト20秒で逆転に成功。 最後まで勝負を諦めなかったMeteorが4戦目も取り返し、お互い2勝で最終戦にもつれ込みます。 のりすけ選手うどん店長選手が塗りを広げ、むしきんぐ選手反射神経選手が攻め込む形を作ろうとします。 むしきんぐ選手反射神経選手のツーマンセルで攻めることで、のりすけ選手がガチエリアに常に自インクを落とすことができ、うどん店長選手がハイパープレッサーでステージ端からサポートに入る、得意な戦い方を押し付けることができました。 安定感抜群の両チーム。 この試合に勝利すれば、優勝が目の前に見える状況。 Meteorは5試合プレイした直後だが、なんとか意地を見せることができるか。 ここでばなん選手、単独で相手陣地に抜けることで、味方と一緒に相手を挟む形を上手く作り、Meteorが打開に成功。 そのまま逆転に成功します。 しかしNforce、自分達のチームが相手チームよりも塗り能力が負けていることをしっかり理解しているのか、ガチエリアを塗りを後にしてでも、相手を倒すことを選択。 単体でも強力なジェットパックを2人以上で発動させることで、一気に押し込むことに成功し、Meteorをガチエリアに届かせずに、Nforceの勝利。 Nforceの攻撃力がMeteorの安定力を突破しました。 本日のNforceは絶好調の模様。 てんととん選手が生存するものの、複数人で囲むことでしっかり処理し、確実に人数を減らしてからガチヤグラの進行を開始。 第1カンモンを突破したところで、ねくら選手のハイパープレッサーが発動。 ガチヤグラの進行ルートを貫くプレッサーには、Meteorはかわすことしかできません。 オクラ選手がハイパープレッサーを返すものの、ガチヤグラの進行は止まらず、再びジェットパックの連発でMeteorを倒し切り、ノックアウト。 Nforceの勝利。 Nforceの猛攻が止まらない!Meteorは何とか意地を見せることができるか。 しかしninniku選手が何とかストップさせ、カウントは31まで進攻。 Nforceのカウンターは非常に強力。 ねっぴー選手7ちゃん選手が攻め込み、ninniku選手の決死の特攻で30カウントまで進攻。 1カウントの逆転に成功します。 Meteorは少しずつ状況を返しつつガチホコを進めますが、Nforce陣地でガチホコがストップした場面、ninniku選手の献身的なガチホコ落としでピンチを切り抜けます。 その後はNforceの猛攻が再び始まります。 リードしている側とは思えないほどの攻撃で、Meteorに再度ガチホコを所持することを許さず、最後は自陣にガチホコを持ち帰り、Nforceの勝利。 Meteorは何とか意地を見せましたが、攻撃力だけでなく冷静さも兼ね備えているNforceがしっかりと切り返し、3連勝で勝ちを収めました。 そこを追いかける「Calamari」。 Nforceは勝利すると優勝決定。 大きくカウントを進めます。 NforceはCalamariの前線が少しでも孤立する場面を見逃さず、人数有利をしっかり確保することで打開。 Calamariはスペシャルウェポンの連携で塗り状況を有利な場面を作ることを意識し打開を図ります。 Nforceがガチエリアを確保している場面で、2438選手に好プレイが出ます。 ガチエリア右の広場に抜けていき、3人のヘイトを集めつつ味方にスーパージャンプすることで生存。 その間にあとばる選手が左からガチエリアに侵入し、右に固まった相手を3人連続で倒すビッグプレイ。 2438選手からあとばる選手へのバトンタッチが決まります。 Nforceはジェットパックを2人で合わせて打開に挑戦しますが、Calamariは無理に相手をせずしっかりと前線ラインを下げることで、誰も落とされずにすぐに打開に切り替えることに成功。 その結果、あとばる選手がアメフラシの中で再び3人を落とすことに成功し、最後はCalamariが一方的にスペシャルウェポンを発動させ、Calamariの勝利。 お互いに得意な戦法をぶつけ合うデッドヒートは、相手プレイヤーを上手く操作することに成功したCalamariが制しました。 ジェットパックを上手く利用し、カウントを22まで進めることに成功しました。 お互いに殴り合いの展開、Nforceが少しずつガチヤグラを進行させます。 ねっぴー選手ninniku選手がダブルジェットパックで前線を押し上げ、ねくら選手とぴょん選手のハイパープレッサー対決に持ち込みます!ぴょん選手が勝利するものの、その間に7ちゃん選手が第1カンモンを突破。 押し込みたいNforce、ねくら選手がCalamari側の陣地で2人倒す超人的なプレイを見せますが、Calamariもぴょん選手のハイパープレッサーでガチヤグラの進行はしっかりストップさせます。 試合終盤、Calamariは攻めの手を緩めませんでしたが、Nforceはぴょん選手以外を倒すことに成功。 再びハイパープレッサー対決になるかと思われましたが、7ちゃん選手とninniku選手の爆風が重なり、ぴょん選手が抱え落ちてしまいます。 延長に突入し、Nforceは最後のチャンスを掴みたい場面、ガチヤグラ上にはねくら選手が1人。 この場面をあとばる選手は見逃しませんでした。 単独でガチヤグラに乗り込み、ねくら選手を倒し止めることに成功。 Calamariの勝利。 序盤のリードを活かしきったCalamariが2戦目も制しましたが、Nforceの爆発力がよく分かる試合でした。 なんと9カウントまで進めることに成功します。 その後は再び殴り合い、残り時間1分近くまで試合は動きません。 ここでNforceの反撃、アメフラシ+ハイパープレッサーでステージの左に相手を集めると、右からガチホコを一気に進行させ、カウント29まで進めます。 さらにガチホコバリアを破壊し、ねっぴー選手7ちゃん選手ねくら選手vsくろす選手あとばる選手の人数有利を作ることに成功。 Nforceは大きなチャンスを迎えます。 ここでCalamariのビッグプレイ。 ぴょん選手がねくら選手を射抜くと、くろす選手が単独でガチホコを所持、そして無人のNforce陣地に持ち込むことに成功します。 再びNforceは攻め込まなくてはならない場面。 この時点で残り30秒、そしてぴょん選手がハイパープレッサーを所持しており、Nforceは万事休すか。 しかしCalamari、ハイパープレッサーのタイミングが少しだけ早かったため、ガチホコ持ちのねくら選手はギリギリで耐えることに成功します。 Nforceは怒涛の攻めで3人を倒しつつ、Nforceのラストチャンス。 Calamariは絶体絶命。 ここで試合を決めたのは再びくろす選手。 自陣に侵入したねっぴー選手を直撃で倒すと、相手インクの中を強引に乗り込みねくら選手もダウン。 Calamariの勝利。 初動の大きなリードに対しても諦めず、怒涛の攻めで押し込みたかったNforce。 しかし大事な場面で、Calamariの頼れるブラスターが試合を決めました。 いよいよSseason2最終日。 Day11の結果によって順位が確定します。 優勝はCalamariか、Nforceか。 そしてGGBoyZは勝ち切ることができるか。 間違いなく熱い試合になるので、欠かさずチェックしてくださいね。 公式サイト: 「Splat Japan League(SJL)」とは 『スプラトゥーン2』をさらに熱く盛り上げるため、腕に覚えのある上位勢が集い、しのぎを削りあうリーグ戦「Splat Japan Leaague」を開催! プロや固定チームによるレベルの高いプレイに感動し応援したくなる。 自分もプレイしたくなる。 チームを作りたくなる。 参加しているチームの方達も激しくぶつかり合うことで切磋琢磨されていく。 そんな質の高いリーグを目指しています。 《編集部》.

次の

スプラシューターコラボ・スプラシューターベッチューの長所短所

ひいらぎ スプラ トゥーン

用心深さ• 先見の明• 歓迎 この内 「用心深さ」「剛直」「保護」の3つに関しては、柊の葉の様子からとられたものです。 柊の葉は先端部分がとがっていて、まるでトゲのよう。 そんな様子が「用心深さ」や、一度決めた信念を曲げない「剛直」の花言葉となりました。 また柊は、キリストの足元から生えた聖なる樹木だという伝説が。 そこから自分や他人を守る 「保護」という花言葉へと繋がりました。 これらの花言葉は良い意味にもとれますが、やや否定的なニュアンスも。 なるべく良い意味になるように、使いどころには注意したいですね。 良い香りが 一方で柊には、 「先見の明」と 「歓迎」という明るい意味の花言葉もあります。 先見の明の花言葉は、柊が成長するにつれて葉のトゲが柔らかくなる様子から。 歓迎の花言葉は、柊の花が香り高いことから名付けられました。 もし贈り物に柊を使うのであれば、こちらの意味で使うのがおすすめです。 柊はどんな花? 2つの柊(ひいらぎ) 柊は モクセイ科モクセイ属の樹木で、とげとげした葉に特徴があります。 実はクリスマスの飾りに使われている柊は、正式には 「セイヨウヒイラギ」というもの。 こちらもギザギザした葉に特徴があり、見た目は柊とそっくり! しかしセイヨウヒイラギは モチノキ科モチノキ属の樹木で、 柊とは違う種類となります。 柊とセイヨウヒイラギの見分け方ですが、「実」の状態で確認が可能です。 柊(ひいらぎ)の実は・・・ 黒に近い紫色で、6月~7月頃に見られるもの。 セイヨウヒイラギの実は・・・ 赤くて大きく、晩秋から冬にかけて多く見かけます。 また、柊の実は鳥がよくついばみますが、セイヨウヒイラギの実は苦いので鳥も敬遠しがち。 そのため長く実がのこり、冬でも鮮やかな赤が目に飛び込むんですよ。 神を信じます になります。 クリスマスにはピッタリの花言葉と言えますね。 小さな白い花が 柊(ひいらぎ)もセイヨウヒイラギも、 白い小さな花を咲かせます。 柊の花は11月~12月に開花し、キンモクセイに似た甘い香りがします(実をつけるのは7月頃)。 一方、 セイヨウヒイラギの花は4月~5月頃に開花し、こちらも甘い香りに特徴があります(実をつけるのは11月頃)。 どちらも良い香りなので、見かけたらぜひ香りを楽しみましょう。 なぜ「柊」というの? 「柊」という名前ですが、 トゲトゲした葉からとられた名前なんですよ。 柊のトゲトゲした葉に触れると、ヒリヒリ痛んでしまうことが。 この様子を古語で 「ひいらぐ(疼ぐ)」といい、名詞に変化させて「ひいらぎ」という名に。 また冬に花を咲かせることから、 木+冬で「柊」という漢字が当てられました。 これは柊の葉が、キリストの棘冠に例えられたから。 そのため聖なるものである「holy」が語源となり、「holly」という綴りに変化しました。 さらにはキリストの逸話があることから、西洋では 「聖なる木」「キリストの棘」という別名も。 キリストによる魔除けの効果があるとされ、クリスマスシーズンになるとあちこちで飾られるんですよ。 節分の魔除け 柊の面白い点は、日本でも 魔除けとして使われていることです。 日本では「表鬼門」と呼ばれる北東の方角に柊を植えると、邪気の侵入が防げると言われています。 この時「裏鬼門」となる南西の方角には、「南天」を植えないと効果が発揮されません。 また節分には、柊の枝葉・大豆の枝・焼いた鰯の頭を玄関前に飾る風習が。 「柊鰯」というこの飾りは、鬼の嫌がるものをセットにした飾り物。 大豆は節分に鬼にぶつけて退治し、焼いた鰯の匂いは鬼が嫌がるもの。 そして柊の葉は、大豆と鰯から逃げてきた鬼に刺さるのだとか。 そのため柊には、 「鬼の目突き(おにのめつき)」という別名もあるんですよ。 関連記事: 棘(トゲ)が重要 クリスマスシーズンになるとよく見かける柊(ひいらぎ)は、実は日本のものと西洋のもので種類が違う樹木だったんですね。 いずれも葉にトゲがあり、触ると痛いので少し注意が必要です。 しかしこのトゲから連想されて、西洋でも日本でも魔除けの象徴となったのは面白いですね。 花言葉も、このトゲから連想されるものが多いですが、花の香りから連想されたものも。 香り豊かで魔除けの効果もある柊をプレゼントして、相手の方の平穏を祈りたいですね。

次の

【スプラトゥーン2】スプラ初心者だった私が0キル0デスを意識してエリアS+に到達した話

ひいらぎ スプラ トゥーン

引用・出典:スプラトゥーン2公式より 通称「プラコラ」。 メインの威力は42とかなりの高威力。 連射速度もそれなりにありますが、なにより強いのは、 その射程。 スプラシューターやザップ等を 一方的に殴ることができ、弾のブレが少なく、狙った場所に弾が飛びます。 つまり、エイムの要る武器。 サブのキューバンボムとスペシャルのバブルランチャー。 この2つの相性が非常に良い。 バブルを一つだしてキューバンで即起爆なんて使い方も出来ますし、バブルを3つ出してからキューバンボムとメインで打てば相当の範囲を攻撃できて、 しかも塗れます。 スペシャル性能アップのギアを詰めば、大体のステージのガチエリアを一人でほとんど塗れるレベルです。 (上手くバブルをまけば) 「スペシャル性能アップを積んだバブルランチャー」の塗り範囲と確殺の範囲はとんでもないので、プラコラを使う時は是非ギアパワーを考えてみましょう。 引用・出典:スプラトゥーン2公式より 通称 「黒ザップ」といわれる武器。 一発のダメージは28と少量ですが、 連射がはやく弾のブレが少ないので、 キルタイムは上位ランク。 標準でイカ移動速度アップが人移動速度アップのギアパワーが1. 0分付いているので、機動性が非常に高い。 射程はスシ(スプラシューター)よりほんの少し長く、地の利を活かせば、殆どの武器(シューター系)に有利に立ち回れます。 サブのキューバンボムも爆風範囲、牽制・威力共に優秀。 スペシャルも「最強スペシャル」と名高いうちの一つであるインクアーマーとなっており、 初心者にもオススメしたい武器。 引用・出典:スプラトゥーン2公式より ひけば一撃 振れば一撃 カーリングボムで忍び寄るその姿、 まさに悪魔。 近距離、中距離でしっかり相手を捉えること出来れば、 縦振り横振り共に一撃・一確の武器です。 少しエイムがずれた場合は 50〜68程のダメージ。 最大射程での縦振りだと 40ダメージほど。 近距離、近中距離では猛威を振るう武器。 縦振りはそれなりにエイムが必要になってくるのですが、 横振りは慣れて無くても意外と倒せます。 「潜伏ローラーがどこかにいる.. 」というだけで、相当動きが制限されます。 常に警戒する必要があるので、立ち回りがとても重要。 イノシシプレイはオススメしませんが、前に出れるタイミングを見計らって、ガンガン前線を上げて荒らしましょう。 引用・出典:スプラトゥーン2公式より 通称「洗濯機」 何回か前のアプデにより爆風(カス当たり)の範囲がせまくなったり、スペシャルの『ハイパープレッサー』の使用時間が短くなったりと、ちょくちょく弱体化をされていますが、依然として強力。 振りの速度と射程が中々に狂ってます。 曲射(直線でなく放射状に弾を打つ)でダメージが下がらず、安定したダメージを叩き出せる。 スペシャルの『ハイパープレッサー』は慣れるまで難しいですが、 味方が前線にいるときや、ヤグラやホコの防衛に使うと高い効果があります。 4.0以降の環境でも大暴れしているスペシャル。 どのスペシャルにも言えることですが、ハイプレは特にタイミングが重要なスペシャル。 引用・出典:スプラトゥーン2公式より 通称傘。 アプデで塗り範囲の減少、インク効率の減少、アメフラシの弱体化、他武器の傘に対するダメージアップ等、かなり様々な弱体化を食らっていますが、まだ十分強いです。 というより、 ナーフ(弱体化)前が強すぎました。 一人で突っ込んで前線でヘイトを買い、連続キルが出来る性能を持っていたので、 妥当な調整かと思います。 チックショット(傘を開きながら弾が打てるバグ)はさすがに擁護不可能でした。 このゲームにおける塗りの重要性は言うまでもありません。 かといって「対面が弱いか」と言われればそんなこともなく、 傘という唯一無二の防御性能で対面力はかなり高いです。 (後のキャンピングという環境を支配する武器も登場) 十分なキル性能で積極的に対面しにいったり、傘を開いて仲間のヘルプをしたり、粘って仲間のヘルプを待つという戦い方もできます。 傘の耐久は大体300程で、ボム一個とメインくらいならしばらく耐えるので、色んな場面で活躍できる臨機応変な武器です。

次の